« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

12年4月の全走行距離&渋谷の新商業ビル「ヒカリエ」(光へ)

BIKE 3.5km(笑),15分程度

   

あぁ、いつの間にか連休最終日が終わってしまった (^^ゞ 「シェーン! カ

ムバック!」・・・古っ♪ 『シェーン』とは1953年の西部劇映画で、同名の

流れ者が活躍。最後に去って行く時、馴染んでた子供が切なく叫ぶ声が印

象的なのだ。そりゃ、蛇足か。って言うか、「カムバック」(帰って来て)しか、

話が関係ないだろ。

         

昨日の都心ロング・ジョギング&ランチで、予想外に長時間使ってしまった

から、今日はちょっと自宅でお仕事もしたいなと思ってたのに、雑用だけで

1日が終わってしまった。ちょっとアクビが多過ぎたか♪ いや、昨夜の記

事にはかなり時間がかかったから、また一段と寝不足なわけ。古いフラン

ス語の意味を探るのにも苦戦したもんな。ホント、情報ってものは、軽いも

のならすぐ集まるけど、ちょっと特殊なものだとなかなか手に入らないのだ。

代わりに、不要な情報ばかりが目に入って来て、ジャマにしかならない。

      

あわよくば軽い学問系記事でも書こうかと思ってたのに、もう時間が無いか

ら、今夜は毎月恒例のスポーツ記録記事にオマケをトッピングして、すぐ終

わりにしよう。ではまず、単なるオマケのネタから。

       

   

         ☆          ☆          ☆

昨日の青山・SELANでのランチの後、ついでにチョコッと渋谷に立ち寄っ

て、話題の新商業複合施設「ヒカリエ」を見物して来た。4月26日オープン

(一部)。渋谷駅の東口の敷地で、北側に宮益坂、西側(駅との間)に明治

通り、南側に六本木通り、東側に青山通り(国道246号・都心部)がある。

       

120430f

 ここは2003年ま

 で、東急文化会館

 があった場所で、

 たまに映画館や本

 屋に立ち寄ってた

 (写真はウィキメディ

 ア、Imtn氏)。た

 だ、全体的にビル

が古くて暗いし、東口は以前は開発が進んでなかったので、何となく避け

るような感覚があった気もする。

      

その後、渋谷駅の東側エリアの開発はどんどん進展。そしていよいよ先日、

120430d

 劇場を除く部分が先行

 オープンしたのが、渋

 谷ヒカリエ。未来を照

 らし、世の中を変える

 「光へ」、という思い

 で付けられた名前らし

 い(日刊・建設工業新

 聞、4月5日)。ちなみ

 に発音は、「カ」だけ

 高いイントネーション

 がフツーのようだ。「カ

 リ」を高く発音すると、

 田舎者っぽく感じるの

で念のため・・・と言っていいと思うんだけどな♪(不確定情報)。全体は地

上34階、地下4階。17階より上はオフィス、一番下(地下4階)はおそらく

駐車場。

        

上写真の右下に見える通路で駅と直結。東急系列らしく、東急東横線の

120430a

 改札口からすぐ

 行けるようになっ

 てる。オープン

 から4日目、

 29日の夕方の

 時点でも、あち

 こちに係員が立っ

て誘導。人の波がずっと続いてた。

     

ちなみにここは2階で、「入場規制してるので下の1階からどうぞ」って感じ

の誘導が一応行われてたけど、誰も従わず♪ 規制するほどひどい混雑

120430b

 でもない。ビル

 の中に入っても、

 普通に歩けるし、

 買い物も可能。

 ただ、予想以上

 に感じたのが、

 「男来るなプレッ

 シャー」だった

 のだ (^^ゞ

   

基本的に、ヒカリエ下部、地下3階~地上5階のシンクス(ShinQs=新・

東急施設)、あるいは6、7階の飲食店も含めて、ターゲットはOL(働く女性)

であって、男は何となく居心地悪いし、下手に写メとか撮ってると誤解される

120430c

 恐れもある。左

 の写真、上から

 下に向けて写し

 てるのは、誤解

 を避けるためな

 のだ。上に向け

 てシャッター音

 を響かせると、

 係員と揉める可

能性もある。ちなみにヒカリエのすぐそばには、渋谷警察署もあるのだ。

       

という訳で、元々ロング・ジョギングでかなり疲れてたこともあって、ロクに見

120430i

 ずにすぐ退散♪ まあ、いずれまたゆっくり

 チェックすればいい。ただ、ちょっと見た感

 じでは、以前の東急文化会館の地味さを

 いまだに引きずってる気がした。ハッキリ

 言って、地方の巨大な複合施設を知って

 る人なら、アレッと思うかも知れない。ま、

 地価が大違いだし、品揃えも違うんだろう

 けどね。。ちなみに左は、東急の5月のパ

 ンフレット。下側が渋谷駅と東急東横店

 (左下のビル)だから、体積ならヒカリエ

 がかなり大きいのは分かるだろう。。

     

     

        ☆           ☆           ☆

一方、今日の走りは、雑用で自転車に3.5km乗っただけ (^^ゞ 書くのは

止めようかとも思ったけど、月末だし、僅かな距離でも追加しとこうと思っ

たわけ。雑用の内容については、しばらく後で書くことにしたい。

      

で、結局、4月の全走行距離は

      RUN 235km ; BIKE 65km

    

ウ~ン・・・って、そればっかかよ! どうも、何となく月間走行距離250km

前後になっちゃうわな。自転車の距離は3.5分の1にして、19kmのラン

へと換算すると、合計でラン254kmって計算になる。とりあえず300km

まで増やしたいのに、踊り場状態が続いてるな。

    

まあ、右膝の痛みもほぼ消えた(?)ようだし、5月はラン換算で270km

にしたい。セコっ♪ いや、5月~7月は仕事が忙しいのだ。あくまでお仕

事優先、次が生活。3番目がブログ。4番目って言うか、ブログより少しだ

け下の3.5番目くらいがスポーツの位置付けなのだ。ではまた。。☆彡

           

                                 (計 2098文字)

      

120430g2

      

     

120430h

| | コメント (0)

渋谷~皇居ジョギング&青山SELAN(セラン)でコース・ランチ♪

JOG 約30km,約3時間,平均心拍130

    

あ~、充実した休日だったなぁ。。♪ 3連休・中日、日曜日の今日は、久々

120429e

 に都心ロング・

 ジョギング。そ

 の後は、神宮外

 苑そば、銀杏並

 木沿いのイタリ

 アンレストラン

 「SELAN」

 (セラン)でコー

 ス・ランチを楽

しんで来た。実は行くまで知らなかったけど、ここは有名なレストラン&洋菓

子店グループ「KIHACHI」(キハチ)系列の店。私は昔、キハチを知らない

と言って周囲の女性達にあきれられた覚えがあるから印象深かった (^^ゞ

   

120429j

 「SELAN」

 とは花束という

 意味のフランス

 語だと、あちこ

 ちの日本語サイ

 トに書いてある

 けど、しっかり

 した説明はどこ

 にも無いから、

大部分が請け売りの連鎖だろう。手元の『ロワイヤル仏和中辞典』(旺文社)

にも載ってないし、フランス語、英語、イタリア語のサイトを探してもなかなか

分からない。相当苦労した末、『Dictionaire de l’Academie francaise』

(フランス・アカデミーによる辞書)で発見。Googleが公開してる1835年の

古い本なので、著作権は問題ないようだ。

      

120429k  

            

語尾がMの「SELAM」(発音は同じくセラン)の語形もあるようで、直訳す

るとこう書いてる。「花束(Bouquet=ブーケ)であって、そのアレンジは一

種の書き言葉、沈黙の言語である。オリエント(東方)では、恋人たちが文

通と共にセランを用いる」。おそらく昔は、セランと呼ばれる花束の「書き

方」や「読み方」が知られてたんだろう。オリエントでは、文章と花を分けた

上で、一緒に送ったのかな。。

           

ま、ここまで調べるのが総合マニアック・サイトと言うもんだ。みんな、スク

ロールで読み飛ばしそうだけど。。♪

            

    

         ☆          ☆          ☆

で、セランのランチの前に、まずは肝心のランニングのお話。と言っても、

どっちがメインか微妙かも♪ 例によって早起きした後、ボーッとしながら

準備してたら、あっと言う間に時間が経過。女友達との青山の待ち合わせ

には、13分遅刻。。ま、携帯で連絡はしてるけど、後で埋め合わせにビー

ルをご馳走しといた。なかなか成長しないんだよな。反省、反省。。

    

120429f

 そこからまずは

 外苑を左回りに

 走って、途中で

 適当に広い道へ

 と逸れて行く。

 標識と太陽の位

 置とで、大体の

 場所や方向は分

 かるのだ。要す

るに、西向きに走れば新宿・原宿・渋谷辺りに着くはず。

           

適当に走ってると原宿に着いて、うっかり明治神宮に向かう流れに乗って

しまったら、すぐに「神社ですのでランニングは禁止です」って感じの注意

が飛んで来た (^^ゞ 恥ずかしい~。。もちろん私も知ってたけど、もともと

眠かったし、この日は快晴で暑かったから、頭がボーッとしてたわけ。ちな

みに、これは私のミスだから素直に認めよう。潔くて男らしい青年だなぁ・・

自分で言うか!

       

     

          ☆          ☆          ☆

明治神宮のすぐそばの代々木公園を2周くらい走った後、レストランの予

約をしたいからってことで、青山にバック。ちなみに、公園も青山通り(国道

246の都心部)も、ランナーの数は適度。連休の中日ってことで、普段の

日曜日よりやや少なめだったかも知れない。ただ、ドッグ・ランは盛況で、

大勢・・・じゃなくて沢山の犬が走り回ってた。犬好きの人、多いネ。

        

引き返す途中、原宿でSMAPの新曲関連のイベント(?)をやってたのか、

『さかさまの空』の看板の前に、女性がズラッと並んでた。単なるジャニーズ・

ショップの入店待ち行列かな。案外、今この記事を読んでる人が並んでたか

も♪ ウチは「同期の桜ブロガー」関連で、わりと木村拓哉ファンがいらして

るのだ。関連記事は少ないし、基本は中立的態度なのに、どうもどうも。

           

で、青山通りと神宮外苑を結ぶ銀杏並木の入り口にあるRoyal Garden

120429a

 Cafe(ロイヤル・

 ガーデン・カフェ=

 天皇の庭のカフェ)

 にまず行ってみると、

 ランチ予約は出来な

 いとのこと。そこで、

 奥側に隣接するSE

 LAN(セラン)で

 も聞いてみた。やっ

 ぱりダメ。どちらも

 丁寧な断り方だけど、

 セランの方がいかに

も申し訳ありませんって感じで、心のこもった親しみ持てる対応だった。私は

ホテルで長くバイトしてるので、サービスに対するチェックは細かいのだ。あ

る程度以上のレストランは接客業であって、単なる飲食店ではない。

       

仕方ないから、後で直接チャレンジすることにして、ジョギング続行。今度

は都内のランニング聖地、皇居。かなりのランナーが走ってたけど、やっ

ぱりちょっと少なめだった気はする。新緑やお堀の景色が爽やか、心地良

い風もあって、渋谷・青山辺りより1度ほど涼しく感じた。毎度の事ながら、

ずーっと喋りっぱなし。お互い、おしゃべりなのだ。足腰より、口の運動量

の方が多いかも知れない♪

       

120429b

 で、皇居は1周

 だったかな。も

 うお昼だったし、

 暑さもあって結

 構疲れてたから、

 青山へバック。

 ちなみに私は朝、

 遅刻したから、

 最大心拍172

に達する高速ランニングもやってたのだ。でも結局、膝の痛みは今日も最後

までゼロ。普通の事だけど、思い切り走れるってのは嬉しいね☆ 日焼けで

全身が熱いくらいなら、ガマンしよう。。

   

    

         ☆          ☆          ☆

青山で着替えを済ませて、再びセランへ。例の感じのいい黒服男性が、20

~30分くらいお待ち頂ければ・・・と言うので、予約を入れて、入口のすぐ外

の赤レンガ塀に腰掛ける。ここは日差しも無く、そよ風が吹いてて、予約せ

ずに座って本を読んでも快適かも知れない。コラコラ♪

   

私がちょっと離れたコンビニまで走って、「飲み物」(笑)を購入。ノドを潤しつ

つ、景色や人、犬を見ながらのんびり待つ。掲示も無いし、度々呼び出しに

来た店員にも何も言われなかったけど、飲みながら待つのはあの場所にふ

さわしくないのかも。我々以外、誰もやってなかった (^^ゞ 別に、食べ物は

無いし、ゴミを散らかしたわけでもないけどね。

        

120429c_2

 結局、45分くらい

 待ったんじゃないか

 な。まあでも、ただ

 座って喋るだけでも

 いいと思ったくらい

 だから、全然OK。

 一番奥側の席に行っ

 て、メニューを渡さ

 れた時、初めてキハ

 チという文字に気が

 付いたのだ。2人と

 も驚いて、あわてて

 確認したのは料理の

値段(笑) 安いランチが1800円くらいだったかな。サラダとパスタ。

    

まあでも、折角の機会だし、デザートと飲み物をつけた安いコース・ランチが

2625円(税込、サービス料は無し)だったから、清水の舞台から飛び降り

る覚悟で注文♪ ちなみにこれを「しみずのぶたい」と読んで笑われた話は、

以前にも書いた気がするね (^^ゞ

       

    

          ☆          ☆          ☆

120429d

 料理はスムーズに

 出て来た。まずは

 サラダで、サーモ

 ンもドレッシング

 も美味しかったし、

 見た目もオシャレ。

 今、写メを見て気

 付いたけど、ガラ

 スの器に緑が反映

 して模様みたいに

 なってる☆ パン

は2切れずつ、頼まなくても勝手にサービスしてくれて、黄色いオリーブ油に

つけてパクパク。かなり走った後だから、2人とも腹が減ってるのだ。ミネラ

ルウオーターは、時々緑のボトルで注いでくれた。ノドが渇いてたから、水

も美味しく感じたけど、普通の「東京水」(水道水)だったかも。コラコラ♪

         

サラダの次はパスタで、私のは小海老の何とかかんとか(笑)。5つくらいか

ら選べるけど、その下の5つくらいの選択肢は追加料金がかかるから要注

意。ま、「私は」そんな事は一瞬で見抜いたけどね♪ 

         

ちなみに、上の写真で分かるように、パスタのお皿には料理の献立メモ(?)

がデザインされてた。絵入りで具体的だったから、本物のメモかも知れない。

120429g

 案外、NHK教育

 テレビの『きょう

 の料理』か『キュー

 ピー3分クッキン

 グ』のメモだった

 りして。コラコラ。

  

 とにかく、上品な

 味のパスタで、海

 老も柔らかくて

 Good。量は少

 ないけど、サラダ、

パン、デザート、飲み物もあるから、ほとんどの人にとっては十分だろう。

30kmほど走った後の私でも全然満足だった。           

        

デザートは抹茶のティラミスらしき物と、卵型の可愛いミルク・ジェラートだっ

たかな。このジェラート、要するにバニラ・アイスの親戚みたいな物だけど、

食べたことのない繊細な味と香りで、友達は絶賛。もう一人回り大きければ、

もっと良かったね。次は、大盛り・つゆだくで頼もう。いや、礼儀正しい店員

の困った表情、周囲の客の冷たい視線を楽しむのだ。悪趣味かよ!

      

    

         ☆          ☆          ☆

120429h

 デザートの後は、

 私はアイスコー

 ヒー。ここで、

 ガムシロップの

 器がほとんど空

 になってたのが、

 細かい減点ポイ

 ント。「低糖」

 のコーヒーになっ

てしまった。ま、アスリートとしてはいい事だし、店員はかなり忙しそうだっ

120429i

 たから見逃してもい

 いけどね。ほとんど

 休みなしにみんな動

 き回ってた。午後か

 なり遅い時間帯になっ

 ても、フル回転の盛

 況なのだ。隣のロイ

 ヤルガーデンカフェ

 が、急に16時で閉

 店して貸切になった

 ことも関係したのか

 も(公式サイト)。

         

結局、約2時間ゆっくりランチを楽しんで、まったく店員のプレッシャーを感

じることも無かったから、料金的にはリーズナブル。すぐ目の前を、明治神

宮外苑テニスコートに向かう人がたまに通るのがちょっと気になったけど、

私もテニスは好きだし、スポーツの聖地でもある外苑らしくて、いいかも知

れない。ちなみに、テラスの隅にある私の席だけかも知れないけど、灰皿

が置いてあった(室内は禁煙らしい)。 

        

という訳で、ジョギングの距離も稼げたし、素敵な休日になったというお話♪

セラン、首都圏の方にはお勧めのスポットだ。お客様案内係の黒服の女の

子も、感じ良くて好みだったしネ。そこかよ♪ 

    

なお、今週は計19023字となった。まずまずかな。では、また明日。。☆彡

             

                                 (計 3899文字)

| | コメント (0)

いばら姫としての波留(竹野内豊)~『もう一度君に、プロポーズ』第2話

第1話に続いて「素晴らしい!」と書き始めるほどの出来でもなかったけど、

やっぱりいいドラマだと思うのは確か☆ ラストにキレイなシーンを持って来

るのが、謎の脚本家・桐野世樹の特徴なのか、あるいはこのドラマの基本

パターンなのかね。もし覆面のベテラン脚本家なら、まずまずって評価だけ

ど、新人なら上出来。何気ない会話から回想シーンの挿入まで、なかなか

のテクニック。低視聴率のプレッシャーに負けず、このまま貫いて欲しい。

       

ウィキペディアで『もう一度君に、プロポーズ』の項目を見ると、「初回視聴率

では同枠では『歌姫』以来となる一桁台となった」と書かれてる。07年秋の

『歌姫』は、毎回一桁で、平均視聴率7.9%に留まったらしいけど(私は『ガ

リレオ』に全力集中)、「第45回ギャラクシー賞第2回マイベストTV賞グラン

プリ」を受賞(放送批評懇談会主催)。

        

ちなみに去年春のテレビ東京系列の超低視聴率ドラマ『鈴木先生』(平均

2.2%)も、2011年・日本民間放送連盟賞・テレビドラマ部門・最優秀賞

を受賞して、この秋には映画公開も決定。有料ネット配信やDVDも好調ら

しいし、ウチのレビュー記事へのアクセスも多い。もちろん、私も高く評価

して、長谷川博己という俳優に注目するキッカケになったし、ドラマ通の間

での評判はオンエア当時から高めだったはずだ。まだ無名だった吉高由

里子が光った08年冬の『あしたの、喜多善男』(平均7.2%)でも同様。

     

視聴率というのは、ドラマに対する評価にも使えるが、実は逆に、視聴者

に対する評価にも使える。視聴率が低い時、視聴者を基準に考えるなら

「ドラマの質が低い」ということになるが、ドラマを基準に考えるなら逆なの

だ。「お客様は神様」であるテレビ局やスポンサーはさておき、視聴者の

側では、そういった相対的で多角的な観点の重要性を、もう少し自覚しと

くべきだろう。。

      

☆追記: 第2話視聴率はさらに少し下がって8.3%。驚きはない。

       竹野内の視聴率記事も更新した。)

      

     

        ☆          ☆          ☆

さて、『歌姫』は見てないので語れないが、『あしたの、喜多善男』と『もう一

度君に、プロポーズ』を比較した時、不思議な類似に気付くことになる。

    

どちらもまず、タイトルの中央に奇妙な「、」(読点)が入ってる。しかも、読点

の前には未来を示す言葉があり、読点の後では文字がガラッと変わってる

のだ。『あしたの、』の後は、そこまで使われてない漢字だけになり、『もう一

度君に、』の後は、そこまで使われてないカタカナだけになってる。日本なら

ではの、形式的テクニックだ。そしてタイトル全体では、どうなるか分からな

い宙吊り状態になってる。

    

       『あしたの、喜多善男』

    『もう一度君に、プロポーズ』

      

果たしてこれは、単なる偶然だろうか。『あしたの、』第7話で「偶然という名

のふれ合い」と題するレビューを書いたことがあるが、意識的か無意識的

かはともかく、私には控え目な形式的「オマージュ」(敬意を込めた模倣)

に見える。実際、内容的にも様々な類似に気付くし、そのことが『もう一度

君に、』の楽しみ方にも広がりをもたらしてくれるのだ。ただし以下、『あし

たの、』を見てない方にはネタバレになってしまうので、念のため。

      

外見はかなり違うが、両作品とも主人公はアラフォー男性。『あしたの、』

の主人公・小日向文世は、自殺願望の強いマゾヒスト(広義)で、心を病ん

でると言っていい状況。最後は松田龍平の助けを借りて立ち直るが、実は

この松田、当初は小日向を殺そうとしてたのだ。

      

一方、『もう一度君に、』では、助演の和久井映見が、最近5年間の記憶

を喪失。表面的キッカケは、クモ膜下出血だが、実はその奥に「心因性」

の問題が潜んでるようで、これも心の病と言っていい。そして、竹野内豊

の愛の力で立ち直っていく流れに見える。普通に考えれば、『あしたの、』

と同様のポジティブなハッピーエンドだろう。「サクラ咲く」という感じなのだ

    

ただ、朗読を用いる点でも似た両者(『あしたの、』では吉高)を比較する

と、まったく別の、深い闇のようなものも浮かび上がって来る。可南子=

和久井が過去5年だけ思い出せないのは、夫・波留=竹野内と過ごした

期間だし、思い出せなくなる直前には、2人の関係を何とかより良いもの

に変えようと頑張ってた。ところが、「映画お出かけ作戦」は失敗したの

だ。折角、お洒落してお出かけしたのに、夫のドタキャンによって。。

   

    

         ☆           ☆          ☆

いまや、『もう一度、』初回で登場した『いばら姫』というモチーフ(題材)の、

新たな意味、側面が見えて来る。前回の記事で書いたように、フランス系

の『眠れる森の美女』とドイツ系の『いばら姫』は、同じヨーロッパの似て非

なる古典的童話だ。そして、実は『いばら姫』のドイツ語原題に、姫という

言葉は入ってない。簡単に言うと、「いばら」(トゲのあるバラ)、あるいは

単に「トゲ」(のある低木)と言ってるだけなのだ。

       

すると、「いばら」とは、突然「眠り」に落ちて「トゲ」トゲしくなった和久井の

ことを指すだけでなく、和久井に刺さったトゲを指すとも考えられる。それ

はもちろん、ハル=竹野内だろう。トゲ=いばらとしての竹野内が、姫に

刺さってトゲトゲしくさせ、2人でいばらの道に迷い込んでしまった。「フラッ

グ」(先の展開を暗示する記号)が立ちまくってるので、この先、お金に苦

労することにもなりそうな気配だ(マンションのローンとか)。

      

可南子というバラが、カワイイ系の童顔と夫婦関係改善への(病気以前

の)熱意を誇示するのに対して、波留というバラは、壊れたものや仕事へ

の情熱を誇示する。しかし、そうした美しさの陰に潜むトゲこそ、問題だ。

そもそも波留がどうしてドタキャンしたのか。それは、壊れたオモチャの

修理に熱中したからだ。その時、彼は、見えないひび割れで壊れかけた

夫婦関係の方には気付いてなかった。優先すべき修理作業を、無意識の

内に忘れてしまったのだろう。。

         

    

        ☆          ☆          ☆

竹野内が「いばら」だと考えると、日本語タイトルに直せば「いばら姫」。つ

まり彼もまた、別のトゲに刺されて、ある意味で眠り続けてる「姫」(=バラ

のように美しい存在)かも知れない。

   

そうすると、彼を刺した別のバラに目が向くことになる。一見キレイなのに

トゲを隠し持つ存在。それはおそらく、彼の「親」だ。それが義父の宮本太

助(小野寺昭)か、彼に波留を預けた実の親か、あるいは両方なのか、そ

の辺りは来週の第3話から明らかになって来るだろう。今週の話の後半が

爽やかで心地良かったのは、あくまで嵐の中休み的なものに過ぎない。

    

ウチの記事も、ここで中休み的に、心がなごむ話に目を向けとくと、最後

のたい焼きの使い方は素敵だった♪ 

         

まずセピア色の回想映像で、赤い車(車種は多分トヨタ・カローラ・スプリン

ター)に乗った「最悪」のデートを振り返って、たい焼き屋さんを見つけた話

を伏線にする。実はそれが最高のデートだったと、可南子の密かな日記で

示した後、波留が実家(義父の家)へ何か探しに行って発見。何かと思わ

せて、2匹がつながるタイ焼き器の登場。

     

「甘すぎる」話だけど、たい焼きって物はそもそも、甘いアンコが売り物だ

し、私は甘党でもある。JUJUの主題歌『ただいま』の挿入もあって、ウル

ウルしてしまったのは事実だ。もちろん、「頑張りタイ」と「応援しタイ」、2匹

がつながるたい焼き器なんて、焼く時に切り離せばいいだけのこと。だか

ら、「つながった」のではなく、わざと波留が「つなげた」のだ。この甘い心

配りで、頑張りたい可南子と応援したい波留の気持ちがつながる。とりあ

えず、この時だけは。

       

それにしても、豆腐屋のチャルメラっぽいラッパの音とか、バイク、車、た

い焼き、江夏(プロ野球)、紙芝居っぽい朗読・・・ずいぶん古い昭和ネタ

を散りばめてるのは、単に中心人物2人の年代に合わせただけではない

気がする。中高年の視聴者をターゲットにした方針なのか、レトロによる

差別化戦略か。。

      

    

         ☆          ☆          ☆

ちなみに、レトロ(回顧的 or 回顧的なもの)の語源であるレトロスペクトや

レトロスペクティブ(retrospective)というのは、古典的な心理療法の基本

だ。それは、人間というものが本性として、レトロ(昔)をスペクトする(見る)

生き物だし、特に幼い頃の体験が心の奥に刻み込まれてるからだろう。

        

人間とは、現在を通して、未来へと生きていくものでもあり、また過去を生

きるものでもある。過去を生き直すことで、より良い未来を生きようとする

ことこそ、この物語の核心だろう。

            

ただし、その試みが本当に成功するかは別問題。「いつか壊れる物を直し

てる」という台詞は、壊れやすい物を支えてるというポジティブな意味と同時

に、直した後でまた壊れるというネガティブな意味をも含んでる。そして実際、

そういった展開は、心の病の世界では日常茶飯事なのだ。これはもちろん、

「いま壊れてないつもりになってるテレビ視聴者」にとっても、全く他人事で

はないだろう。

     

難しげな理屈に聞こえるかも知れないが、実はオンエア中には、カレー用

のネギを持った桂(倉科カナ)のショートパンツ姿に目線を奪われてたりす

る♪ 結局、そこかよ! マジメな話、あのコ、演技が自然でキュートだと

思う。グラビア・アイドル時代は何とも思ってなかったから、演技力の問題

か、あるいは女優として成長したんだろう。それでは、今日はこの辺で ☆彡

      

     

       

cf. 「眠れる森の美女」ではなく「いばら姫」

                  ~『もう一度君に、プロポーズ』第1話

   本気になったら時間なんて関係ない~『もう一度君に、プロポーズ』第3話

   退屈な作品とはどのようなものか~『もう一度君に、プロポーズ』第4話

   『もう一度君に、プロポーズ』第5話、軽~い感想♪

   意外にマトモな25km走♪&『もう一度君に、プロポーズ』第6話

   宮沢賢治『蛙のゴム靴』と、『もう一度君に、プロポーズ』第7話

   『ハーメルンの笛吹き男』と『もう一度君に、プロポーズ』第8話

   父の死、海への旅立ち

          ~『ビーチボーイズ』と『もう一度君に、プロポーズ』第9話

   波で留まったビーチファミリー~『もう一度君に、プロポーズ』最終回

               

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   なぜ『もう一度君に』最終回は最低視聴率7.9%に沈んだのか

   竹野内豊主演ドラマ、視聴率の推移&『流れ星』第6話

              

                                 (計 4171文字)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「強い精神力」を持っている人なら解読できる暗号問題、という記事を見て・・

通勤JOG 3km,18分程度

    

眠い・・・と書き始めるのはわりと久々のような気がするけど、それを調べる

気力が湧かないほど眠いのだ (^^ゞ ついさっき、コクンと頭を下げて10秒

くらいマイクロ・スリープしちゃったほど。「10秒は長い・・」、あっ、これ、今

夜のドラマの無意味なパロディね♪ 5年は長い・・を言い換えたわけ。そ

りゃ、蛇足か。って言うか、何で10秒って時間が分かるんだよ!

    

という訳で、こうゆう軽口が長引く時は眠い証拠だってことくらい、常連さん

は理解してくれてるでしょ。ではもうそろそろ、この辺で・・・と書きたい所を

グッとガマンて、コネタを1つ入れとこうかな。

      

     

         ☆          ☆           ☆

新聞社のサイトは別として、私が普段使ってるポータルサイトは、Yahoo!

とBIGLOBE。この2つは結構似てるんだけど、たまに見る livdoor(ライ

ブドア)のサイトは、コネタっぽい面白記事をちょくちょく載せてる。多分、

若者をターゲットにして差別化してるんだろう。

     

で、昨夜たまたまライブドアにアクセスした私の目に飛び込んで来た記事

タイトルが、「『強い精神力』を持っている人なら解読できる暗号問題」。

暗号より、精神力に釣られたのだ。と言うのも、私は小学校からずっと、

強い精神力を誇示して生きて来た・・・と勝手に思ってるからなのだ♪

    

で、その問題。手打ちで書き写してもいいけど、そもそも著作権とか全く

気にしない元ネタみたいだから、画像だけ縮小コピペさせて頂こう。実際、

その記事自体も、元ネタからコピペしてたのだ。まず、簡単な前置きが英

文で書かれてる。

    

  「Good example of a Brain Study. If you can read

   this you have a strong mind」。

  

いきなり、ちょっと怪しげな英文だけど、ほぼ直訳するなら、「脳研究の

いい例。あなたがこれを読めるなら、強靭な心の持ち主だ」。細かいけど、

強い精神力を持ってれば読めるんじゃなくて、読めるなら強い精神力を

持ってるという理屈だ。では、その暗号を貼り付けよう。

  

120427

  ちなみにその記事をライブ

  ドアに配信したのは、最新

  の軽い通俗的ネタが専門の

  ビミョーなメディア、「ロケット

  ニュース」。そこの記者の6

  人中、4人が何とか解読で

  きたって話だから、要する

  に誰でも解けるんだろう。

  コラコラ♪

       

  では、ちょっと改行を連発しとくので、強い精神力を確認したい皆さん、

  是非お試しあれ。どうぞ!

      

    

    

    

         ☆          ☆          ☆

ハイ、如何かな? マニアック・サイトの常連読者さんなら、簡単過ぎるだ

ろう。もちろん、管理人のマニアック・ブロガーにとってもすぐ解けたから、

強い精神力の証明には全くなってない。いわゆる「換字式暗号」、つまり、

アルファベットの各文字を他の記号で置き換えた暗号で、英語圏の人な

ら一瞬で解読できても不思議じゃない。30秒以内の人はザラにいそうだ。

      

ただし、日本人の場合、中学校レベルの英語が読める必要がある。大部

分は中学2年程度だと思うけど、それさえ忘れてる人には無理だ。つまり、

暗号化する前の英文を推測できないと、どうにもならない訳で、数字の0,

1,3,4,5,7をアルファベットに直すということさえ思い付かないだろう。

    

正解というか、解読のカギは、「0(ゼロ)→O(オー)、1→ I(アイ) 、3→E、

4→A、5→S、7→T」。英文和訳はあまりに簡単だから省略。分からなけ

れば、ロケットニュースで検索をかければすぐに出る。精神力が余りまくっ

た私は、最後の期待として、元ネタの出典サイト「imgfave」に期待したけ

ど、アクセスしてみたら、脳研究サイトどころか、単なるコネタ寄せ集めサ

イトみたいで、一瞬で引き返した。ま、ロケットニュースの元ネタだから、こ

んなもんだわな (^^ゞ 案外、実は記者が自分で投稿してたりして♪

   

という訳で、脳トレにもならないし、最先端の脳研究の状況も分からなかっ

たし、何のこっちゃ!って感じなのだ。ま、釣られた私の負け。悔しいから、

ウチの読者さんも釣ろうとしたってこと♪ 実際、暗号文の最後は「読める

なら、他の人に転送してください」と書いてある。「FORWARD」という英単

語は、普通は「前へ」といった副詞だけど、ここでは転送するという動詞だ。

    

あぁ、ラジオも聴かなかったな。『ジェット・ストリーム』(笑)。なお、今日の

走りは通勤ジョギング3kmのみ。有難いことに、ここ4日ほど、膝の痛み

はほとんど出てない♪ では、もう眠いので、今夜はこの辺で。。☆彡

             

                               (計 1855文字)

| | コメント (0)

「常識がない」ということの意味~小阪淳ほか「論壇時評」(朝日新聞・12年4月)

(☆13年4月28日追記: 最新記事をアップ。

 あの日から2年、疎通の深化~小阪淳「論壇時評」(朝日新聞・13年3月) )         

       

     

         ☆          ☆          ☆

ほぼ丸2年、毎月5000字超クラスの長文レビューを続けて来た対象であ

る、朝日新聞の複合記事、「論壇時評」。実は先月、2年目の最後の月で、

レビューが未完成のままになっている。主たる要因は、たまたま3月末か

ら自宅を離れる用事が入ったことだが、正直言って最近、高橋源一郎の

時評やコラム「あすを探る」について、あまり書く気がしないのも事実だ。

     

高橋や論壇委員にとって2年目、2012年度に入って最初の4月も、高橋

の時評「入学式で考えた ぼくには「常識」がない?」と小熊英二のコラム

「原発コスト 国民意識に比例」については、相当な手間ひまをかけない

限り、レビューするのは難しい。相変わらずの普通の左翼・反原発であっ

て、そのまま読む限りは本質的に新たな論点も無く、中立派の私としては

反応に困ってしまうのだ。

           

少なくとも高橋は、1年前にはここまで極端な態度ではなかっただけに、残

念な気がしてならない。日本の常識に世界の常識を、右寄りの常識に左寄

りの常識をぶつけて批判するという営み自体が、まさに「常識的」なものに

すぎないことの自覚が、もはや感じられなくなってしまった。

       

そこで、今月も差し当たりは、小阪淳のCGのレビューだけで記事をアップ

しておこう。後で余裕が出来て、気が向いたら、高橋と小熊についても論

評する。と言うより、高橋が扱ってる論文について、私自身の目で見直して

みたいとは思ってる。高橋が、現在の日本の「常識の無さ」を批判するた

めの拠り所としているそれらの論文が、実は別種の「常識の無さ」を露呈

してる可能性が十分あるからだ。。

    

     

         ☆          ☆          ☆

さて、もはや複合記事「論壇時評」の実質的メインとも言うべき、小阪の今

回の作品タイトルは、「家の家の家」。年度が変わったが、去年と同様に、

現代社会をイメージしたCGを掲載するようだ。

       

何度も書いてるように、朝日新聞・朝刊(4月26日)の画像しか見てない

方には、朝日新聞デジタルのカラー画像を見ることをお勧めする。今回も、

紙の新聞の白黒画像よりネットのカラーの方が、シニカルなユーモアを含

んでるのだ。

    

奇妙なCGタイトルについては後回しにして、まずはCG自体を見てみよう。

一番手前の島が大きく描かれて、その少し向こうにも島があり、海を挟ん

でやや遠くにも、3つ目の島がある。明らかに、日中で領有権争いが続い

てる尖閣諸島だろう。日本時間で4月17日の未明、ワシントンにて、「常識

がない」石原慎太郎・都知事が購入の意志を示し、いまだに大きな注目を

浴びてる場所だ。2010年秋の中国漁船衝突事件も、まだ記憶に新しい。

   

島の形や並びから考えて、手前から順に、南小島、北小島、魚釣島と思

われる。一番大きくて有名な魚釣島を手前にしなかったのは、元の素材

に使った写真の構図の影響かも知れないが、では写真がなぜそうなって

るのかまで考えると、構図のバランスや美しさはもちろん、この順に見た

方が3島を区別しやすいからだろう。

      

下の写真はウィキメディアからの借用(BehBeh氏の作品)だが、これだと

右端の南小島とすぐ左の北小島の区別がつけにくい。左端の一番大きな

魚釣島ばかりが目立ってしまうのだ。

          

120426

     

尖閣諸島の内、大きな島としては、他に久場島(くばしま)があるが、ここ

は在日米軍が使用という建前になってる。だから、都知事も差し当たりは

購入の必要がないと考えたのかも知れない。ただし、久場島も含めて大

きな4島は、すべて個人所有。それを国が賃借するという、一見奇妙な所

有形態になってるのだ。。

        

    

         ☆          ☆          ☆

CGでは、3島すべてに巨大な家が建ってる。向こう側の2島は見にくいが、

手前の島の家を見ると、家の壁や屋根に、小さな家が並んでる。さらに、

ネットのカラー画像では見にくいけど、新聞の大きな白黒画像で見ると、

大きな家の壁にある小さな家の壁に、さらに小さな家が並んでるのだ。

          

このパターンは、小阪が先月見せたものと同様で、フラクタル図形(下)や

120426b

 アルゴリズム建築を意識したものだ

 ろう。要するに、コンピューターなら

 ではの、デザインの「反復・縮小」と

 いうことだ。左図を見ると、三角形

 の中に三角形があり、そのまた

中に三角形がある・・・といった風に、正三角形が反復的に縮小されてるの

が分かる。小阪的表現を使うなら、「三角の三角の三角」なのだ。図はウィ

キメディアより(Georg-Johann Lay氏)。

           

ここで、小阪が付けた奇妙なCGタイトル、「家の家の家」について考えてみ

よう。私は最初、こうゆう名前のアートが別にあるのかと思って、ネットで探

してみたが、なかなか見当たらない。「小さな家の家」というショップがある

程度だ(小さな家のデザインの小物を販売)。そこで、オリジナルと考える

と、まず思い付くのが、不動産の所有者の通時的・規模的な3重構造だ。

島を個人が所有し、それを遥かに大きい東京都が買い上げる(とアピール

する)。さらに、いずれ日本という国家に買い上げて欲しいと、石原は語っ

てるのだ。

   

ただし、そういった奇妙さを風刺してるとだけ考えると、作品の面白さは

半減する。これまでの作品でも、そのような単純さを超える大きな意味、

複雑な内容を含んでたのだ。

         

    

          ☆          ☆          ☆

例えば、島の所有権が個人から都に移った時点で、一番下のレベルの

所有者は東京都だ。しかし、島も東京都も国土の一部だから、もう一つ

上の次元の「所有者」は日本国になる。これが「家の家」だ。では、「家

の家の家」と言う時、一番上のレベルの大きな家は何なのか。それは、

アメリカだろう。

        

アジア太平洋戦略の上で、なるべく西側、大陸側の土地が日本にある方

が、米軍にとって好都合のはず。実際、久場島は建前上、米軍使用となっ

てるのだ。島に基地や兵器など無くても、海軍や空軍にとって自由度が

増す。もちろん石原としては、アメリカのために島を買うという意識は無

いはずだから、やや皮肉な事態なのだ。購入をアメリカで宣言したこと

を考えても、喜劇的展開ということになる。

  

一方、遥かに根本的に見方を変えると、「家の家の家」という3重構造

が本当に奇妙なのか、という疑問も生じて来る。と言うのも、ミース・ファ

ン・デル・ローエに代表されるような均質な近代建築では、ごく普通に「家

の家の家」が見られるからだ。ありがちな高層ビルを考えてみると、ま

ずほぼ直方体の部屋があり、それが水平に連なってより大きな直方体

の各階となり、各階が垂直に連なってさらに大きな直方体、すなわちビ

ルになってるからだ。「直方体の直方体の直方体」。

         

単調であっても効率の良い、こうした近代建築が、世界に普及したこと

を考えると、案外、尖閣諸島の所有構造も普通のことなのかも知れな

い。実際、石原の案に対する国の態度はさほど厳しくないし、アメリカ

が難色を示してるという話も聞こえて来ない。という事は、普通に解釈

すると喜劇的展開であっても、実は理にかなった戦略と見ることも可能

なのだ。

       

     

        ☆          ☆          ☆

ただし、カラー画像で見ると、全く別のシニカルな笑いも見えて来る。実

は最初見た時、ずいぶんボケた画像だなと思ってしまったが、これはも

ちろん意図的なものだろう。私が個人的趣味で持ってる、中国の山水の

水墨画集と似てるのだ。

            

つまり、たとえ東京都、日本、米国が強引に「家の家の家」構造を作って

も、結局は自然の営みの中で朽ちて行く。大きな目で長期的に見るなら、

やがて中国のものとなるのが自然の流れなのかも知れない。中国の山

水画で、山や川は大きく、人為的なもの(家、船、人など)は小さく描かれ

がちなことを思い出してみよう。。

        

いずれにせよ、小阪の作品は、読者をより深い思考、新しい観点へと導

いてくれる。この点、つまり文字通り「常識がない」(固定的思考にとらわ

れない)ことこそ、小阪が論壇時評全体の中で誇示する長所なのだ。

       

とはいえ、その小阪のCGを大きく掲載し続けてる点において、朝日新聞

もそれなりの器を示してると言えるのかも知れない。もちろん、今月から

1ページ全体へと拡大されたスペースの大半は、いかにも朝日的な左寄

りの論調で占められてるのだが。。

                

       

(☆以下、後ほど追記の予定・・・)

    

   

    

cf.震災後、身の丈超えぬ「ことば」に希望

         ~高橋源一郎&小熊英二「論壇時評」(朝日新聞) (4月)

  非正規の思考、その可能性と危険性

         ~高橋源一郎&濱野智史「論壇時評」(朝日新聞・5月)

  みんなで上を向いた先に真実はあるか

         ~高橋源一郎&平川秀幸「論壇時評」(朝日新聞・6月)

  スローな民主主義と『スローなブギにしてくれ』

          ~高橋源一郎&森達也「論壇時評」(朝日新聞・7月)

  柔らかさ、面白さが無ければ伝わらないのか

          ~高橋源一郎&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・8月)

  人を指さす政治的行為のマナー

          ~高橋源一郎&酒井啓子「論壇時評」(朝日新聞・9月)

  希望の共同体を楽しく探るために

          ~高橋源一郎&小熊英二「論壇時評」(朝日新聞・10月)

  アート・ロック・ゲーム、多様な変革運動

    ~高橋源一郎&濱野智史&小阪淳「論壇時評」(朝日新聞・11月)

  どの常識をどう疑い、何に立ち向かうのか

    ~高橋源一郎&小阪淳&平川秀幸「論壇時評」(朝日新聞・12月)

  対称的な関係の中にある前進

    ~高橋源一郎&小阪淳&森達也「論壇時評」(朝日新聞・1月)

  現在の中に過去を見ること

    ~高橋源一郎&小阪淳&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・2月)

  自ら切りひらく主体相互の共生

         ~小阪淳ほか「論壇時評」(朝日新聞・3月)  (未完)

  破壊と建設、悪意と善意

   ~小阪淳&高橋源一郎&濱野智史「論壇時評」(朝日新聞・12年5月)

  未来を「一から」創り出すこと

   ~小阪淳&高橋源一郎&平川秀幸「論壇時評」(朝日新聞・12年6月)

  古きを温め、新しきを育む

   ~小阪淳&高橋源一郎&森達也「論壇時評」(朝日新聞・12年7月)

  変える楽しみ、保つ安らぎ

   ~小阪淳&高橋源一郎&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・12年8月)

  不変の変化という、不変の夢

   ~小阪淳&高橋源一郎&酒井啓子「論壇時評」(朝日新聞・12年9月)

  方舟の針路、風任せにしない

  ~小阪淳&高橋源一郎&小熊英二「論壇時評」(朝日新聞・12年10月)

  和解の方向、未来からの審判

   ~小阪淳&高橋源一郎&濱野智史「論壇時評」(朝日新聞・12年11月)

  アートとツール(道具)

   ~小阪淳&高橋源一郎&平川秀幸「論壇時評」(朝日新聞・12年12月)

  対話するインテリジェンス

    ~小阪淳&高橋源一郎&森達也「論壇時評」(朝日新聞・13年1月)

  ひとりで揺れる時の振幅

    ~小阪淳&高橋源一郎&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・13年2月)

                       

                                  (計 4371文字)

| | コメント (0)

今夜は全く余裕が無いから、超手抜きつぶやきで・・

休養RUN 14km,1時間11分16秒,平均心拍147

    

まあ、次から次へと色んな事が起きるよな。島倉千代子、『人生いろいろ』

なのだ。古っ! あぁ、もう月末の木曜日になってしまうのか。先月の硬派

の記事、まだ完成を先延ばしにしたままなのに。。(^^ゞ

      

今夜はわりと時間があったから、その記事に一通り形をつけた後、ちょっ

とだけ走る予定だった。ところが人生いろいろってことで、アッと言う間に

時間が消滅。おまけに、明日・明後日の夜は雨の予報になったから、今

夜の内に最低14kmくらいは走っとく必要が生じた。

        

結局、一ヶ月遅れの記事作りはまたしても延期。着替えて走り出すと、小

雨がポツリポツリ。ま、これは予想通りで、上に1枚余分に着込んでたか

ら大丈夫。走りの方は、昨夜スピードを出した後だから、わざとスローペー

ス。ジョギングと言うほど遅くもないけど、休養ランって感じだった。正直、

1km5分以上もかかるとは思わなかったな。ま、いいか。今夜も膝の痛

みは出なかったしね。左ふくらはぎが少し張ってる程度。

       

トータルでは1km5分05秒ペース。心拍もわりと低めだし、良しとしとこう。

気温18度、湿度90%。春にしては蒸し暑かったから、ホッと一息、アイス

ミルクティーでも飲もう・・・と思ったら、ギョエッ! もうダメになってるのか。

要冷蔵の紙パックをたった2日、室内に置きっ放しにしただけなのに (^^ゞ

 コラコラ! ビオフェルミン飲んどきゃ、OKじゃないのかなぁ。オイオイ!     

      

    

         ☆          ☆          ☆

あぁ、もっと中身のある記事を書かなきゃダメだよなぁ・・・と思いつつ、こ

のくらいでブログ記事は終わりとするしかない。ま、今日はトップページ

の写真と文章を入れ替えたから、OKでしょ、と言ってみよう♪ この作業

を3週間に1回続けるだけでも、意外と面倒なのだ。

   

ちなみに注目の大リーグ・ダルビッシュ。ようやく本領発揮のナイス・ピッ

チングだったらしいね。8回1/3を無失点、10奪三振で3勝目。さすが

超大物だけど、大リーグはスケジュールもキツイし、これからが本当の

勝負。しかし、実力や実績も凄いけど、やっぱ外見がカッコイイわな☆

一旦は見事に落としてみせた紗栄子の実力、恐るべし。。彼、アメリカの

女性にはどう見えるのかね。案外、その辺りも要注意かも。男にとって

女は、味方にもなるけど、最大の敵とか陥穽=落とし穴にもなるのだ。

      

・・・って感じで今日はもう終了。今夜は五輪・男子マラソンの特集がNHK

であったんだよな。見る余裕が無くて残念だった。。ま、あと少しでゴール

デンウイークだから、耐え抜くぞ! それにしても最近、婦警が乗ったミニ

パトカーの巡回をよく見るのは何でかね・・・とか不思議に思いつつ、では

また。。☆彡

           

       

 往路(2.45km)   13分22秒  心拍127  

  1周(2.14km)   11分02秒     146   

  2周           11分02秒     149           

  3周          10分48秒     153      

  4周          10分42秒     154     

  5周(0.54km)   2分49秒     155        

 復路          11分31秒     153   

計 14km  1時間11分16秒 心拍平均147 最大162 (ゴール時)

                

                                 (計 1250文字) 

| | コメント (0)

たった1回乗っただけで、下半身がモッコリ♪

RUN 14km,1時間02分54秒,平均心拍156

   

「眠れぬ森のいばら姫」なんて検索アクセスが入ってるから、「『眠れぬ』じゃ

なくて『眠れる』だろ!」とか突っ込みながら、試しに自分で検索してみたら、

ホントにあるんだね (^^ゞ 美少女アダルトゲーム『るいは智を呼ぶ』の関連

商品として出たドラマCDが、「眠れぬ森のいばら姫」。もちろん、先日始まっ

たドラマ『もう一度君に、プロポーズ』とは何の関係もなさそうだ。

         

PRサイトにアクセスすると、いかにもって感じの萌え系の絵で、女の子と

魔女と王子様らしき3人が描かれてる。う~ん、私には理解できない世界。

もうちょっとリアルな絵なら理解できるんだけどな♪ あっ、ホントは男の子っ

て設定なのか! 最近ひそかに流行とかいう、「男の娘(コ)」ってやつね。

     

ちなみに私は、パソコンを始めてまもなく、1回だけアダルトゲームをやって

みたけど、全く面白くないし、ほとんど萌えることもなかったので、その後は

やってない。ゲームの選択が悪かっただけかも知れないから、またチャレン

ジしてみようかな。コラコラ♪

        

    

          ☆          ☆          ☆

さて、今夜はもともと晴れの予報だったから、5日ぶりに20kmくらいのラ

ンニングを行うつもりだったのに、まさかの落雷&雨 (^^ゞ 気温が急激に

上がり過ぎたってことかね。と言っても、昼間の最高気温は25度だから、

雷雲が発生するほどでもないと思うけど。温度上昇のスピードが速かった

のか、上空に冷たい空気があったのか。

     

とにかく想定外の雷雨だから、国交省のXバンドMPレーダーとYahoo!

の雨雲情報を元に、しばらく待てば止むと判断。その通りで、夜10時くら

いにあがった。今夜に限らず、最近は私の予測の技術が上がってるのだ♪

コツは、「広い範囲」で雨と雨雲の「時間的変化」を見ること。あぁ、また気

象予報士の資格が欲しくなって来たかも。テレビで活躍したいよなぁ・・・っ

て、そりゃ、お天気お姉さんだろ!

      

で、すぐ走り出すと路面の水溜りが嫌だから、少し待ってスタート。泥水で

靴が汚れると、落とすのも乾かすのも大変なのだ。公園への往路からすぐ

感じたのは、太腿から膝にかけての筋肉のプチ肥大。見て分かると言うよ

り、筋肉の内部感覚としてモッコリしてるのが分かるのだ。

        

ここで読むのを止めようとしてる、そこの貴女(あなた)♪ 「乗った」とか「下

半身がモッコリ」って記事タイトルで、何か誤解したのかな。ウチは元々ス

ポーツ系サイトだから、よろしくネ。

          

ちなみに、自転車があっちの機能には良くないって記事には、地味にアク

セスが入り続けてる。ま、レーサー的なロードバイクにかなり乗ってる男性

の話だから、街乗り用クロスバイクにたまに乗るだけの私にはまったく無

関係だろう・・・じゃなくて、実際に無関係なのだ(笑)。

        

    

         ☆          ☆          ☆

話を戻して、太腿がモッコリするとストライド(歩幅)も伸びるんだけど、それ

より嬉しいのが、膝の痛みの消失。一昨日、自転車に乗った後、昨日から

痛みがほぼ消えて、今日はもう走っても何ともない状態まで回復♪ 嬉し

い誤算だね。変速機の不調で、かなり重たいギアでペダルを回したのが

幸いしたのかも。ジムのマシンでスクワットしてるみたいだったもんな。

   

まあ、痛くないと言っても、急に膝が完治するはずはないから、単に筋肉で

守られてるだけだろう。一応少し膝を曲げて用心しながら、1km4分30秒

ペースを目標にして、普段より強めにキックしてみる。うん、痛くない♪ これ

これ! 去年の7月に左ふくらはぎを故障して以来、ずっと痛みとの闘いだっ

たけど、今夜はほとんど問題なしに走ることが出来た。

   

とはいえ、足腰も心肺機能もまだ衰えたままだから、スピードには限界があ

る。あわよくば4分28秒ペースとか狙ってたのに、トータルで1km4分30

秒ペース。たった14kmでこれだから、まだまだ論外だね。ま、レース用

シューズを履いて飛ばせば、1km6秒くらいはすぐ縮まるけど(細かい・・)。

   

        

         ☆          ☆          ☆

ところで今日は、例のガールズケイリンの開催概要が発表された。1964

年9月以来、48年ぶりで、7月1日の平塚競輪から開始。日本競輪学校を

卒業した1期生33人全員が選手になるらしいけど、調べてみると、入学者

は36人。ということは3人、率にして8%はどこかで止めたんだね。まあ、

「虎の穴」の訓練や規律の厳しさを考えると、健闘とも言える。

     

競輪は、男子の場合はチームプレイがあるんだけど、女子は人数が少な

いからなのか、個人プレイになるとのこと。安全性への配慮は、男子より

しっかりしてるらしいけど、ケガとか大事故のないように頑張って欲しいね。

発表の際に壇上に上がった女子選手7人を見ると、やっぱり下半身がモッ

コリしてた♪ ロードレースやヒルクライムと違って、短距離の瞬発力が勝

負だから当然だな。1600mを7人で競うのが基本というお話。

      

「ガールズケイリン」と名付けただけあって、ウェアはかなりカラフル。ただ、

どうせ観客は男性がほとんどだろうし、もうちょっと派手にした方がメディア

対策にもなると思う。ナイターで短距離だし、足首まで覆うタイツにするの

もいいんじゃないかな。脚がキレイに見えるし、広告を入れることも可能な

のだ。それでは、今夜はこの辺で。。☆彡

      

       

 往路(2.45km)   11分49秒  心拍138  

  1周(2.14km)    9分35秒     155   

  2周            9分29秒     161       

  3周           9分33秒     163 

  4周           9分29秒     163

  5周(0.54km)   2分30秒     163   

 復路          10分29秒     157   

計 14km  1時間02分54秒 心拍平均156 最大168(ゴール時) 

               

                                  (計 2287文字)               

| | コメント (2)

板橋Cityマラソン完走証到着&自転車の修理が難しい・・

通勤・傘JOG 4km,24分程度

   

う~ん・・・14才・中学3年生のバス運転手刺傷、18才の無免許運転・過失

致死傷。。まあ、統計的に大きく見ると、そんなに少年犯罪が増えてる訳で

もないのかも知れないけど、後味が悪過ぎるね。部活でバカにされたから

バスジャックを狙ったとか、3人で夜通し無免許運転して大事件を起こした

直後に、携帯いじってる映像とか。

                 

携帯で事故の連絡するだけなら問題はないけど、どうしても遊んでるように

見えてしまうわな。とんでもない大事件を起こしてしまったっていう衝撃や反

省があまり感じられないような気がしてしまう。。変な話、少年たちの「暴走」

連発で、三井化学の爆発死傷事故が吹き飛んでしまった感じだ。少なくとも

経済的には、爆発の方が大変な事件のはずなのに。。

        

・・・なんて事を書くつもりは無かったんだけど、朝日新聞・夕刊を見てたら

どうしても一言つぶやきたくなってしまったわけ。バスジャックと言えば、西

鉄高速バス乗っ取り事件(2000年)の「ネオむぎ茶」(当時17歳)が頭に

浮かんで来る。さらに、彼が賛美してたらしい神戸連続児童殺傷事件の

酒鬼薔薇(同14歳)まで思い出してしまった。彼、おそらくかなり前に、社

会復帰してるはずだ。もちろん別名で、おそらく外見も相当変わって。

        

私はその辺り、かなり関心を持ってるけど、今夜そうゆう話を突っ込んで

書く気も余裕もないから、この程度で気持ちを切り替えよう。元々、単なる

個人的なスポーツ・コネタ記事を書こうとしたのだ。。

    

    

         ☆          ☆          ☆

で、まずは1ヶ月以上も前の、板橋Cityマラソンのコネタ。昨日か一昨日、

120423a

 ようやくスポーツフォトで写

 真が公開されたのに続い

 て、今日は大会事務局か

 ら完走証が届いた。4月中

 旬と分かってたことだけど、

 今日はもう23日。大会か

 ら1ヶ月と5日もかかったこ

 とになる。しかもこれ、レー

 スの2週間後くらいにRUN

 NETのサイトで作った完走

 証と似てるのだ (^^ゞ

 ま、大会会長の名前と赤

 い印鑑マークに重みがあ

るってことかね。あと、右上にある9時現在の気象条件とか♪ くもり、気

温10.0度、湿度74%、風は東北東0.6m/秒。やっぱり、荒川としては

絶好の条件だよな。あれで自己ベストを更新できなかったとは、ガックシ。。

            

120423c

 ちなみに、RUNNETで自分で

 作った完走証は左の通り。枠

 組だけなら、こっちの方がいい

 かも♪ あぁ、あとちょっとで自

 己ベストだったのになぁ・・・と

 か今更ボヤいても仕方ない。

 明日のために、左ジャブを磨

 いて打つべし!! いきなり、

 あしたのジョーかよ♪

        

 と、ここでしばらく執筆中断。

 いや、まったく意外な急用が飛び込んで来たもんで。。

       

     

           ☆          ☆           ☆

ようやく復帰。もう眠いから、自転車の話は超簡単に。昨日、久々に多摩

川を走ったら、帰りにリア(後ろ)の変速機のワイヤーが切れてしまった。こ

れを自分で修理して、また自転車記事にしようと思ったんだけど、どうもか

なり厄介な事になりそうだ。

         

意外な躓(つまづ)きの元は、私の自転車がクロスバイクだってこと。ロード

バイクの場合の解説なら、本もネットも色々と情報があるけど、クロスバイ

クの場合の分かりやすい説明がなかなか見当たらない(難しそうなのはあ

る)。仕事帰りに中くらいの書店で探したけど、やっぱりダメだった。後ろ側

のセットの仕方ばかり説明してて、肝心のハンドル側の説明が少ない上に、

私のクロスバイクと違うタイプの変速機ばかりなのだ。

        

MTB(マウンテンバイク)用の解説書を探せば大丈夫のような気もするけ

ど、実はもう一つ問題がある。工具が必要で、マトモな物を買うと結構な値

段なのだ。と言っても、合計で数千円レベルだけど、そこまでして自分で苦

労するくらいなら、自転車屋にやってもらった方が遥かに安くて手軽だ。ま、

勉強にならないし、記事にもならないけどね。。

      

   

          ☆          ☆          ☆

という訳で、どうしようか悩んでるわけ。モタモタしてると、また蒸し暑さと蚊

に悩まされる夏が来ちゃうから、サッサと直して走らなきゃね。

        

なお、今日の走りは通勤・傘ジョギング4kmのみ。雨より傘が鬱陶しかっ

たけど、不思議なことに自転車に乗った直後から、膝の調子がイイ♪ 太

腿はまだ疲れてるんだけどな。膝回りだけ早くも超回復で筋肉が肥大したっ

てことかね。ともあれ、今週中には自転車屋に行かなきゃダメだな。自分で

やるにしても、部品や工具を買う必要があるのだ。

    

あと、そうそう。帰宅後、ボーッとしたままテレビをつけたら、たまたまテレ

ビ東京『未来世紀ジパング』で格安海外ツアーの話をしてて、エクスペディ

アっていうオンライン旅行会社を大きく扱ってた。早速検索して、試しに2つ

ツアーを探してみたけど、テレビで強調してたほどの安さは感じなかったし、

サイトも工夫が足りない。おまけにちょっと重いから、とりあえずパス。

   

番組だと、アジア3泊4日旅行16000円!、5つ星ホテルなんて凄いツ

アーを紹介してたのだ。ま、日程で細かく違うんだろう。ではまた。。☆彡

               

                                 (計 2054文字)

| | コメント (0)

バーベキュー軍団が消えて、桜が残ってた多摩川

BIKE 61.7km,2時間32分,平均心拍130

    

太腿が重い・・・(^^ゞ 自転車に乗ったのは1ヶ月ぶり。この半年で僅か3回

120422c

 目で、しかもこ

 れが最長距離♪

 ランニングはそ

 れなりにやって

 るけど、やっぱ

 り太腿の前側が

 鍛えられてない

 から、2時間半

 ずっと筋トレ(ス

クワット)やったみたいだね。おまけに変速機の不調で、かなり重いギアを多

用するハメになったのだ。

   

・・・って感じの長い言い訳を書いてる余裕はない♪ 今週は既に18900

字ほど書いてるから、最終日の今日は1100字ほどしか書けないのだ。字

数制限、週2万字。単なる自主規制とはいえ、ルールは守る。これが社会

人ってもんだろう。大げさだわ!

      

   

         ☆          ☆          ☆

120422b

 さて、今年もま

 たまた夏の乗鞍

 ヒルクライム

 当選したってこ

 とで、そろそろ

 少しずつ足慣ら

 しを始める必要

 がある。今日は

 天気が悪いし、

寝不足だから気が進まなかったんだけど、頑張って朝から多摩川を走っ

て来た。上流側、国立で折り返す定番コース。写真は、護岸工事でスッ

キリした風景(多摩水道橋の少し上流側)。

   

120422a

 一部でバーベ

 キューが禁止さ

 れたって話だか

 ら、ホントに守っ

 てるのかなと怪

 しんでたけど、

 ホントにキレイ

 に消え去ってた。

 左は小田急・小

田原線の下だけど、上流側のポイントでも全く集団を見かけず。極端だね。     

    

120422d

 その代わり(?)、

 多摩水道橋の少

 し上流には、桜

 が残ってたから

 デジカメ撮影。

 川の風で寒いか

 らかね。赤い方

 も桜なのか、私

 には区別がつか

120422e

 ないけど、仲間

 に入れてあげよ

 う♪ 桜の向こ

 う側では、体育

 会系の気合の入っ

 た練習が行われ

 てて、コントラ

 スト(対比)が

 面白かった。

     

    

          ☆          ☆          ☆

走りの方は当然、非常に重かったけど、3分の1くらいは自転車の不調の

せいだろう。後ろのギア8段の内、中央の4段分くらいが使いものにならな

い状況だから、一番重いトップに入れたまま、前のギアのアウター(外側)

とセンター(中央)だけで変速する感じだった。仕方ないから、ダンシング

(立ちこぎ)を多用。ま、風が冷たかったから、身体が温まっていいけど♪

    

で、問題は復路。過去最大、トラブルが生じたのだ。何と、後ろの変速機

のワイヤーが切れてしまった! こんなの、初めて♪・・・とか悦びの声を

上げてる場合じゃない。去年のチェーン交換に続いて、また苦労しなきゃ

いけないわけね。ホント、あちこちガタが来てるわな。ブレーキワイヤー

にも気を付けなきゃ! マジで命に関わるもんね。

        

120422f

 ってことで、も

 う字数制限。今

 週は19979

 文字となった。

 ちなみに午後か

 らは予報通り、

 冷たい雨になっ

 たから、午前中

 に走ったのは正

解だった。ではまた。。☆彡

           

                                  (計 1087文字)

| | コメント (0)

「眠れる森の美女」ではなく「いばら姫」~『もう一度君に、プロポーズ』第1話

通勤JOG 3km,18分程度

     

素晴らしい!・・・という賛辞でドラマ・レビューを書き始めたのは、冗談やス

カシの類を除くと超久々じゃないかな。最近だと、亀梨和也『妖怪人間ベム』

のレビューで書いてるけど、あの時は多少の軽口も混ざってた。でも、今夜

のTBS・金ドラ『もう一度君に、プロポーズ』第1話は、地味ながら抜群の完

成度。視聴率はあまり期待できそうにないけど、私の個人的なツボも色々

と入ってて、まさかの大満足だった♪

  

☆追記: 第1話視聴率は8.8%。地味だし、放送枠自体が数字を持って

       ないということだろう。今期のミステリー人気に押された面もあり

       そうだ。私の高評価に何の変わりもない。)

       

という訳で、久々に真面目にドラマレビューを書こう・・・と言いたい所だけど、

残念ながら私は昨日3時間しか寝てないから眠いし、明日の予定も詰まっ

てる。本当はドラマを見た後、早めに寝るつもりだったのだ。そこで、妥協と

して、短めだけどマニアックな記事を書くことにしよう。

     

     

         ☆          ☆          ☆

まずは、普通の感想から。私はもともと、名作ドラマ『ビーチボーイズ』の大

ファンだし、『ロングバケーション』も高く評価してるから、竹野内豊には好

感を持ってる。と言っても、男だからファンではないし、ドラマや映画もあん

まし見てないけど、一昨年の秋の『流れ星』は意外なほどいいドラマで、マ

ニアックなレビューを執筆。『輪舞曲』や『氷の世界』も結構好きだった。

     

それらはいずれもフジテレビの竹野内出演ドラマ。一方、今回の『もう一

度』と同じTBSの作品だと、10年前の『First Love』を思い出した。和久

井映見は3番手くらいのキャラだったけど、今回と同じ春ドラマのラブストー

リーで、桜が印象的に使われてたのだ。

     

主題歌も、宇多田ヒカルの『SAKURAドロップス』。確かラストシーンは、桜

の花びらが舞落ちるファンタジックな映像だった気がする。まさに桜は、恋

愛の初々しさや儚さの象徴にふさわしいのだ。ちなみに宇多田の曲のタイ

トルは明らかに、定番のキャンディー『サクマ ドロップス』(古っ・・)をもじっ

たお遊びだろう♪

      

今回の『もう一度』、私は1分遅れで見始めたんだけど、冒頭は桜のシー

ンだったんじゃないかなと想像する。と言うか、私が脚本家か演出家なら、

童話本の朗読にせよ、並木道のバイク・ツーリングにせよ、絶対に桜のあ

る風景からスタートするだろう。

           

もちろん、最終回のエンディングも、桜しかない。6月だからと言って、紫

陽花(あじさい)はあり得ないのだ。最後は当然、桜の下でのキスシーン。

薄くピンクがかった桜の映像から、ホワイトアウトで「The end」。その後

は、綾瀬はるかの白っぽいCM(パンテーン)でも続ければ完璧だ。。♪

       

     

        ☆          ☆          ☆

桜の使い方やロケーションもキレイだったけど、竹野内豊の演技も凄くい

い。私が今まで見た中だと、最高だろう。正直言って今までは、雰囲気や

声、味わいで売る俳優だと思ってたけど、今回の演技はほとんど完璧。

妻・可南子(=和久井映見)やその弟(山本裕典)との微妙なやり取り

を繊細に表現してた。

           

例えば、可南子の実家で、「あなたを好きだって気持ちが思い出せないん

です」と冷たく拒絶された直後も、過不足のない絶妙な表情を見せてる。

あそこで夫・波留(=竹野内)が過剰な演技をすると、一気に台無し。その

後、自宅で控え目に「本」を払い落すシーンの効果も薄れるのだ。もちろ

ん「本」とは可南子の象徴でもあるし、よそよそしい医学的知識でもある。

         

もう一つ挙げるなら、自分に関する可南子の記憶が手術で欠けてしまっ

た直後、自宅で一人、愛妻弁当を食べるシーン。演技もいいし、大人の

味わいの演出も見事。さすが、経験豊富なベテラン演出家、村上正典だ。

フジの永山耕三みたいに、ゆったり落ち着いた静寂さを醸し出してる。実

はこの2人、7年半前に原点回帰の月9『ラストクリスマス』で成功した仲

間でもあるのだ。

              

演出、カメラ、編集の共同作業なのか、バイクの映し方もなかなかいい。私

はバイク好きで、今も400ccに乗ってるし、「思い出」も沢山ある。バイク

とか皮ジャン、お揃いのヘルメットが映るだけでも、個人的にポイントがアッ

プするのだ。タイトルバックで、グレーのノートの下側をタンデム(2人乗り)

バイクの小さいイラストが走るのも可愛いアイデア。サイドカー(バイクの横

につける超小型の平たい車)なんてマニアックな話も、何気に「いいね」。

   

☆追記: バイクの車種はkawasaki Z1-Rのようだ。1977年発売、

      排気量1000ccクラスの大型バイク。空冷4ストローク、最大

      出力90ps(馬力)。かっこいいカウル(風防、つまり風よけ)は、

      小さいからビキニカウルと呼ばれる。グレイがかったブルーメタ

      リックの色も渋い。ちなみに私もカワサキ党で、ZZR400だ♪

      なお、73年発売の有名な「ゼッツー」(750RS,Z750FOUR)

      はナナハン、つまり排気量750cc。全て、「Z」(ゼット)の系譜。)

         

竹野内のヒゲも、意外なほど気にならなくて、少年みたいな純粋さは自然

に保たれてたし、整備士のつなぎ姿もなかなか似合ってる。コアなファンな

ら、普通の白いタオルを頭に巻いた出会いのシーンに萌えるのかも知れ

ない♪ 頭の左側についた花びらを可南子がそっとつまんで撮る所とか、

絵になるカットになってた。竹野内の減点は、可南子の日記をこっそり見

たことくらいだろうか。。(笑)      

    

    

         ☆          ☆          ☆  

一方、可南子=和久井の側も、ほとんど不満がない。実は、和久井も演

技派と思ったことはなくて、童顔の危うい演技で不思議な魅力を放つ女優

だと見てたのに、今回はくも膜下出血で倒れる前の可愛い妻と、その後の

「トゲ」のある女性、どちらも上手くこなしてた。

     

さて、彼女の非常に刺々(とげとげ)しい反応を理解しようとする時、ポイ

ントになるのが、朗読会で使ってた童話、『いばら姫』だ。正直、絵本で姫

が寝てる姿を見て、似てるなとは思ったけど、『眠れる森の美女』と「ほぼ

同じ」話とは知らなかった。どちらも、若きお姫様が糸車で指をケガして、

百年眠った後、王子様がやって来て目を覚まし、めでたく結婚する。

    

ただし、それらは「ほぼ同じ」であって、「全く同じ」内容ではない。おそらく、

脚本家・桐野世樹(新人かな)のこだわりだろうけど、『眠れる森の美女』

では少し物足りないのだ。ペロー童話(フランス)の『眠れる森の美女』と、

グリム童話(ドイツ)の『いばら姫』、2つのヨーロッパ民話の微妙な差異を

考察してみよう。

         

   

         ☆          ☆          ☆

そもそも「いばら」とは、バラなど、トゲのある低木の総称。実際、いばら

き(茨城)県の県花は、バラになってる。という事は、『いばら姫』とは「ト

ゲのあるバラ姫」ということだろう。これはどう解釈すればいいのか。

       

実は、『いばら姫』というタイトル、元のドイツ語に、「姫」という単語は入って

ない。「Dornroschen」(ウムラウトの記号は省略)だから、直訳するなら、

「とげバラ」とか「いばらバラ」♪ つまり、「とげ=いばら」と「バラ」の合成語

なのだ(英語なら thorn-rose)。一応、この単語はドイツでも童話のタイト

ルを指すらしいけど、言葉の成り立ちを考えると、意味に厚みが生じてくる。

       

「とげバラ」とみなすと、とげのあるバラ、つまり、とげのある姫と考えられ

120421a

  るし、とげが刺さった姫とも考えられる。左図の

  下は、刺さったとげ、つまり糸紡ぎに使う紡錘

  (ウィキメディアより)。両端が尖ってるようだ。

       

  一方、「いばらバラ」とみなすなら、似た単語を

  繰り返してるだけで、要するにバラのこと。こ

  れは、人生とか運命の比喩と考えられるだろ

  う。美しいけれど、多数の小さな痛みを伴う。

           

  『眠れる森の美女』の場合、一見キレイなタイ

  トルだけど、上に書いた微妙な意味合いはす

べて消えてしまし、ドラマの要素としてハッキリした弱みもある。『いばら姫』

の山場である王子様のキスが、『眠れる』には無いようなのだ。

         

私はそれを、青空文庫で公開されてる『眠る森のお姫さま』と、近代デジタ

120421b

  ルライブラリーで公開さ

  れてる英語の『グリム童

  話』(開拓社、著作権切

  れ)、さらに鹿児島大の

  論文「イバラ姫(KHM

  50)に見られる文化的

  変位について」(梅内幸

  信)でチェックした。

   

  左はグリム童話『いば

  ら姫』の英訳で、学校教

  育用の非常に簡単な英

  語だから読みやすい。中

  央部に、王子様がキスし

  たら眠り姫が目を開けた

と書いてる。

         

ちなみに、この話の英訳タイトル、『The Sleeping Beauty』(眠れる美女)

となってるから頭が混乱するけど、わかりやすさとイメージのためだろう。あ

くまでグリム童話だから、元は『いばら姫』だ。ペロー童話の『眠れる』の方

では、王子様が来ただけで姫は自然に目を覚ましてる。これでは、ドラマの

ネタとして物足りないのだ。

      

    

          ☆          ☆          ☆

『いばら姫』でも『眠れる』でも、姫が眠ると同時に周りをトゲの壁(いばらな

ど)が囲んでしまう。ところが、百年後に王子様が来ると自然に道が開ける

のだ。『もう一度君に、プロポーズ』の場合、おそらく数年後の4月7日、出

会いの記念日に、波留=竹野内がプロポーズし直すと、可南子=和久井

や弟のとげとげしい態度が消え去るのだろう。

        

120421d

  可南子の心に刺さったトゲも消

  え去り、記憶が蘇るだけでなく、

  新たな愛が始まるわけだ。さん

  ざんトゲ=苦難を味わった後は、

  バラ色の人生ってことで。より良

  い結婚生活への再スタートとい

  う意味では、『流れ星』と同様だ。

  

  ちなみに左の絵で、老婆が右手

  に持ってるのが紡錘=とげ、左

  手の大きい棒には糸のもとになる塊がからめとられてる(ウィキメディア)。

       

ドラマ全体の最後の少し前には、2人でベンチに座って、仲良くお食事する

シーンが映るかもしれない。もちろん、おにぎりとサンドイッチ、両方一度に

120421c

 食べる「変な」夫婦に

 なるわけだ♪ その脇

 にはヘルメットが2つ、

 仲良く並んでる。そこ

 で、波留の頭に桜の

 花が舞落ちて、可南

 子がつまみ取る。そ

 の手を波留がギュッと

 握って、熱いキスで決

まり。上はドイツの切手で、左端に「いばら姫」と書いてる(ウィキメディア)。

        

何なら最後辺り、波留が修理したラジカセからJUJUの主題歌『ただいま』

を流してもいい。その頃、シスコン(姉貴コンプレックス)らしき弟は、姉を

諦めて、代わりに可愛い市川由衣を抱き締めるのだった。すべて分かって

しまったから、後はもう見なくていいだろう。コラコラ♪ 竹野内の視聴率記

は毎週更新の予定。

           

なお、今日のランニングは通勤ジョギング3kmのみだった。それでは翌朝、

王女のキスで目覚めるシーンを夢見つつ、今夜はこの辺で。。☆彡

    

     

    

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S. ちなみに、『眠れる森の美女』(La Belle au bois dormant)と

     いうタイトルも、2つの解釈が可能だ。物語の内容から普通に考え

     れば、眠ってるのは美女。一方、単語の直接的な結び付きを重視

     すると、眠ってるのは森(美女を含む)で、この場合には『眠りの森

     の美女』と訳した方が明確だろう。。

     

       

cf. いばら姫としての波留(竹野内豊)~『もう一度君に、プロポーズ』第2話

   本気になったら時間なんて関係ない~『もう一度君に、プロポーズ』第3話

   退屈な作品とはどのようなものか~『もう一度君に、プロポーズ』第4話

   『もう一度君に、プロポーズ』第5話、軽~い感想♪

   意外にマトモな25km走♪&『もう一度君に、プロポーズ』第6話

   宮沢賢治『蛙のゴム靴』と、『もう一度君に、プロポーズ』第7話

   『ハーメルンの笛吹き男』と『もう一度君に、プロポーズ』第8話

   父の死、海への旅立ち

         ~『ビーチボーイズ』と『もう一度君に、プロポーズ』第9話

   波で留まったビーチファミリー~『もう一度君に、プロポーズ』最終回

   

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   なぜ『もう一度君に』最終回は最低視聴率7.9%に沈んだのか

   主役と演出家が再会、『ビーチボーイズ』の変奏~『流れ星』第1話

   竹野内豊主演ドラマ、視聴率の推移&『流れ星』第6話

   クラゲ流星群のウエディングドレス~『流れ星』最終回

   

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   映像美と俳優の存在感~『輪舞曲』第1話

   美しく自然なエンディング~『輪舞曲』最終回

    

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   奇跡のリターンをもたらす輝き~『ロングバケーション』第1話

   完璧な重層的リターンという奇跡~『ロングバケーション』最終回

    

                                (計 5099文字)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

全国学力調査2012・中学数学B、スキー・ジャンプの問題(原田vs船木)

最初に正直にお断りしとくと、この記事の内容は、もともと直前の記事に

P.S.として付け加えてたものだ。でも、全体が少し長くなったし、ここだ

け明らかに別種の話だから、翌日の朝、別記事の形でまとめ直した。悪し

からずご了承を。。

    

    

        ☆          ☆          ☆

では、本題に入ろう。昨年、大震災で中止となった文科省の全国学力・学

習状況調査(=全国学力テスト)が、4月17日に実施された。2年ぶり、5

回目。全国の小中学校から3割を抽出、さらに自主参加校が5割ほど加

わったので、参加率は81.2%。文字通り、全国規模の調査となった。内

容的にも、今までの国語、算数・数学に加えて、理科も実施。生徒はます

ます大変になったと思うけど、理科の問題は流石に工夫されてた。

    

ただし、忙しい中、どうしても一言書きたくなったのは、私の好きな数学。

応用力を問う中学・数学Bの3番だ。早生まれの中学3年生だと、1998

年生まれで、ちょうど長野オリンピックの年だから、金メダルで日本中を

沸かせたスキー・ジャンプ競技の問題を作ったようだ。特に印象深かった

選手は、原田雅彦と船木和喜の2人だろう。

     

問題は、この2人のどちらが次の1本で遠くに飛びそうか、「ヒストグラム

(柱状グラフ)の特徴を比較して」論じるもので、どちらを選んで説明して

もいいと書いてある。正解が複数と言うか、多数あって、グラフの読み取

りと論理性が問われる面白い問題だ。「特徴」という言葉は、別にグラフ

の大まかな形という意味とは限らず、要するに情報をしっかり読み取る

ようにと言いたいだけのようだ。実際、文科省の解説や正答例は、ごく

「普通」のデータの読み取りに過ぎない。「正しい」かどうかはさておき。

        

以下、問題文・写真・イラストは除いて、グラフだけ掲載させて頂こう。国

がネット公開した全国テストのごく一部の縮小コピー&ペーストで、非営

利の個人サイトによる批評の参考資料だから、著作権の問題は生じない

と考える。

               

120419

        

  

          ☆          ☆          ☆     

さて、私が気になったのは、問題自体ではなく、文科省が示した模範解答

の方だ。朝日新聞と公式サイト(国立教育政策研究所)で確認したけど、

論理的にかなり怪しくて、数学の正解とは思えない。以下、解答例をその

まま引用しよう。

    

     原田選手の記録の方が船木選手の記録より130m以上の

     階級の累積度数が大きいので、原田選手の方が次の1回で

     より遠くへ飛びそうな選手である。だから、原田選手を選ぶ。

    

「階級」(5mごとの記録の区分け)とか「累積度数」とか、統計学の用語

を使うのも採点ポイントらしいけど、そんなものは数学の応用力の評価

にとって枝葉の問題に過ぎない。

            

要するに、「原田の方が130m以上のジャンプの本数が多いから原田を

選ぶ」というのが解答例だけど、なぜ130m以上の大ジャンプの本数だけ

で選ぶのが正解とされるのか、疑問なのだ。

           

その論法だと、「船木の方が115m以上が多いから、船木を選ぶ」とか、

「船木の方が115m『未満』(つまり失敗)が『少ない』から、船木を選ぶ」

と答えてもいいことになってしまう。実際、それらも正答になるらしいけど

(文科省の解説)、同様の論法で全く逆の答が導かれるのなら、論法に

問題があると言っていい。

        

     

         ☆          ☆          ☆

この問題は、「どちらがより遠くへ飛びそうか」を考えるのであって、「メダ

ルを取る確率はどちらが高いか」ではない。よって、130m以上とかの大

ジャンプだけでなく、失敗ジャンプの多さやばらつきの大きさも考慮する必

要がある。

        

解答の字数制限は無いのだから、もしデータのごく一部(130m以上)だ

けで決めるのなら、そのための根拠を示すべきだ。たとえば、「全体的に

はほとんど差が無いから、勝つ確率の高い大ジャンプだけに注目する」

と書き添えるとか。ただしもちろん、この問題では「全体的にはほとんど

差が無い」とは言えないし、他の根拠もなかなか見当たらないのだ。

           

各柱の横幅中央の値を用いて、飛距離の平均値を計算すると、原田が

112m、船木が118m。「20本の飛距離の平均値で6m上回っている

ので、船木を選ぶ」という解答が正解にされるのなら、別に問題はない。

もちろん、唯一の正解ではないけど、平均値による考察は実社会でよ

く使われてることだからだ。

     

実は、文科省の解説を読むと、原田のグラフがバラついてるから平均値

で判断してはいけない、と言いたそうだ。しかし、使ってはいけない場合

の明白な基準はないし、平均値の回避を恣意的に(意のままに)行うこ

とにも相当なリスクがあるのだ。

   

また、たとえ原田の失敗ジャンプ3本を除いて、上位17本の平均値を取っ

ても、原田が118m、船木が120m。やはり船木の方が上になる。上下

3本ずつ、計6本を除いて、残り14本の平均で比較しても同様の結果だ。

          

     

         ☆          ☆          ☆

いずれにせよ、130m以上の本数で考えるとか、別の正答例の「原田選

手の最大値を含む階級の中央の値が大きい」(137.5m)などという考

えよりは、20本(または17本とか14本)の平均の方がまだマシだ。原田

より船木という話ではなく、データ全体を数学的かつ実践的にとらえてい

るからだ。平均を使わない答を要求したいのなら、問題の設定を変える

べきだろう。データを変えるとか、メダル獲得の確率を問うとか。

    

ちなみに原田は06年引退、船木はまだ現役選手として頑張ってる。団体

で金メダルを取る直前、日本の最後のジャンプを待つ原田が「船木~~」

と祈ってた姿を思い出しつつ、今日はこの辺で。。

    

    

    

cf. 全国学力調査、伝説の確率の問題が登場♪  (2009年)

   第3回全国学力調査~結果と分析について   (同上)

   第4回・全国学力調査、ランニングと自転車の問題(中学・数学B)

                                  (2010年)

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   PISA2009~国際学習到達度調査で一番難しい問題

   確率論の原点と教育~中学校・数学の教科書など

             

                                 (計 2418文字)   

| | コメント (4)

フルマラソンから1ヶ月、ようやく25km走まで回復♪

RUN 25km,1時間59分38秒,平均心拍157

    

フーッ・・・長かった。。25kmって距離も、ここまでの回復の道のりも。フル

マラソンのダメージは最大3ヶ月残るなんて記事を去年書いた時には、正

直言って半ば他人事だった (^^ゞ それはトレーニングが足りないランナー

であって、そこそこ走ってる私ならせいぜい2週間だろう・・・とか思ってた

のに、早くも1ヶ月経っちゃったね。まさかまさかの深いダメージになった。

       

ま、板橋Cityマラソンのレース直後、身体が冷えてからの痛みがひどかっ

たから、ちょっと長引くのは覚悟してたけど、丸1ヶ月経っても25km走が

やっとの状態とは誤算だな。膝を痛めたのが余計だったね。

          

これは、レースで痛めたというより、レース後にわざとゆっくりジョギングし

て痛めたって感じだ。ブレーキをかけるような力の入れ方が、膝に悪かっ

たらしい。実際その後も、むしろ膝下を素早く動かしてスタスタ走った方が、

痛みが少ないのだ。今夜なんてまさにそうで、最初から最後までスタスタ

走ったおかげで、ほとんど痛まなかった♪ まだまだ油断大敵だけど。。

   

    

         ☆          ☆          ☆

さて、今夜は予定外でちょっと時間が出来たから、天文学的に溜まりまくっ

てる雑用を片付けようかな・・とも思ったけど、3月18日のレースからほぼ

1ヶ月後だし、25kmの長距離走にチャレンジすることに決定。途中で腹

が減りそうだから、軽く食料と水分を補給して、直前にトイレにも行ってス

タート。走ってる途中にトイレに行くと、流れが途切れるのがイヤだし、ク

セになるとレースの時に困ってしまう。レース中にトイレ待ち行列なんてい

うのは最悪。私はスタート前なら数回あって、時間を数分ロスしてる (^^ゞ

        

で、距離が長いし膝も怪しいから、控え目に走り出したんだけど、予想外に

脚が動いて、痛みも感じない♪ 実は昼間から、なぜか具合が良かったの

だ。何でかね? 昨日、一日だけ走らなかったけど、その前はかなり不自

然な走りで18kmこなしてるし、心身ともに疲れてるんだけどな。トップ選

手でもよくある事だけど、ホント、走ってみないと体調は分からないもんだ。

     

とにかく、序盤がいい感じだったから、25km完走はもちろん、出来れば

2時間くらい切りたいなと思い出した。調子がいい時なら楽勝のタイムだ

けど、今だとかなり頑張る必要がある。頻繁にタイムと心拍をチェックしな

がら、1時間59分台を目標に頑張って、ギリギリ達成。前半、2人のラン

ナーとプチ・バトルになったのもラッキーだったかな。今夜はランナーが多

くて、公園が賑やかだったのだ。

     

トータルでは、1km4分47秒ペース。ま、歩くだけで膝をかばう状況だし、

こんなもんでしょ。今日も、痛みこそほとんど無かったけど、膝は軽く曲げ

たままだし、特に右膝には力を入れないように気を使ったのだ。

      

           

         ☆          ☆          ☆

話は変わるけど、スポーツフォトで販売予定の板橋マラソンの写真、やた

ら遅いね (^^ゞ 競争相手のオールスポーツなんて一週間以内に公開する

のに、1ヶ月経っても「4月中旬販売予定」なんて書いたまま。運営の国際

航空写真株式会社、本職の方でしっかり儲けてるから、レース写真の販

売なんてお遊びなのかな。ま、RUNNETの公開で、ゴール写真だけは頂

いたけどね。なかなかいいラストスパートだった☆ 自画自賛かよ♪

   

昨日が硬派の長文記事だったから、今夜はこのくらいにしとこう。日月に

かけて、天気が崩れそうだね。これぞ、春の天気。ではまた明日。。☆彡    

       

   

P.S. 第一回近代五輪(1896年)のマラソンで優勝したギリシャ人選

     手に贈られた銀製の優勝カップがオークションに出品され、ギリ

     シャの財団が落札。約7000万円で国外流出を阻止したそうだ。

     それにしても、これまたギリシャの金融危機の深刻さを表す出来

     事だね。資産を子供に残したかった持ち主(選手の孫)が、政府

     や博物館に売ろうとして失敗、仕方なく(?)オークションに出し

     たそうだ。結果的には得した形かな。あくまで金銭的には。。

       

    

  往路(2.45km)   12分31秒  心拍139  

  1周(2.14km)   10分17秒     154

  2周           10分00秒     160    

  3周           10分06秒     161

  4周           10分10秒     160

  5周           10分11秒     158

  6周           10分08秒     159

  7周           10分07秒     160

  8周           10分08秒     161

  9周           10分26秒     159

 10周(0.84km)    4分11秒     160

 復路           11分24秒     162

計 25km 1時間59分38秒 心拍平均157(85%) 最大172(ゴール時)

             

                                  (計 1853文字)

| | コメント (0)

原始再帰的(リカーシヴ)関数と加法、乗法

最初に書いておくと、この記事は、ペアノの自然数論や公理を多少理解し

てる人向けの内容になってる。それらを知らない方は、ペアノの公理足し

算(加法)の構成、掛け算(乗法)の構成を先に一通り見ておくことをお勧

めする。ちなみにペアノとは、数学基礎論の代表的先駆者の一人であっ

て、自然数とは何か、足すとはどうゆう操作か、といった根本的問題を、

深く巧みに考えた数学者である。

      

さて、ペアノの自然数論では、まず0(ゼロ)が自然数とされ、「自然数 n

の次の数 n´ も自然数」とされる。この時、0、0´、0´´、0´´´・・・と次々

に自然数が決まって行くことになる。これがいわゆる自然数、0、1、2、

3・・・と同一視される。

      

また足し算の定義では、まず「n+0=n」とされ、次に「n+m´=(n+m)´」

とされる。この時、n+0´=(n+0)´=n´と計算できるし、順に計算して行

けば、n+0´´、n+0´´´・・も計算できることになる。これがいわゆる n+1、

n+2、n+3・・・と同一視される。さらに、掛け算は、0との掛け算(=0)と

足し算から定義される。

     

結局どれも、一つ前のものから次のものが順に構成されていく手続きに

なっている。簡単に言うと、こうゆう手続きを通じて作られる自然数関数全

体が、「原始リカーシヴ関数」(primitive recursive function)と呼ばれ

るものである。これに関しては、足し算や掛け算同様に、正しい命題を有

限回の手続きで論理的に証明することが出来そうだ。

    

証明とか「計算可能性」といった話は高次元のものだから、しばらく後に

別記事で扱うことにして、今回はとりあえず、原始リカーシヴ関数の定義

と、その使い方を見ることにしよう。手元の2冊の参考書、『現代数学小

辞典』(講談社)、『新版 現代論理学』のどちらにも、具体的な説明が無

いので、私は自分で考えて補った。つまり、足し算や掛け算はなぜ原始

リカーシヴなのか、それを定義にしたがって証明したわけで、以下それ

を書き記しておく。

   

なお、「リカーシヴ」(recursive)という英語は、ラテン語の語源まで遡る

と、「前へと走る」、つまり「戻る」という意味だ。「帰納的」とも訳されるが、

有名な数学的「帰納法」の英語は「induction」なので、念のため。ネット

検索だと「再帰(的)」と訳してる方が主流みたいだから、記事タイトルに

も「再帰的」と入れておいた。。

     

     

        ☆          ☆          ☆

ではまず、前掲『現代論理学』から、原始リカーシヴ関数の定義を引用

しておこう。ただし、原文では関数を表す記号がギリシア文字φ(ファイ)、

ψ(プサイ)、χ(カイ)になってるが、ここではより一般的で分かりやすい、

F、G、Hを使うことにする。あと、例えば「1)」の代わりに「(1)」と書く。カッ

コは左右両方で閉じる方が見やすくて自然だからだ。

           

更に、途中で引用者による簡単な説明も少し入れ、原文の「表わす」は「表

す」に直した。入力文字の制限で小さい添字が打てない場合は、適当に小

文字を使って補ってある。「・・・・・・」は短くして、「・・・」と直した箇所もある。

     

大前提として、扱う関数は「数論的関数」のみ。つまり、自然数の組合せ

(1個~n個)に対して、ある1つの自然数を値として対応づける関数の

みである。簡単な例は、2つの自然数の組合せに対して1つの値を与え

る、足し算や掛け算である。

   

              

『定義』  以下の(1)~(6)の操作を有限回繰り返すことによって構成

      される関数を原始リカーシヴ関数という。ただし、F、G、Hは

      数論的関数、n、mは正の整数、1≦ i ≦n、qは自然数(0を

      含む)である定数を表す。また引続き、x´は x+1 を示す。

      

 (1)  F(x) = x´

 (2)  F(x₁,x₂,・・・,xn) = q

 (3)  F(x₁,x₂,・・・,xn) = x i 

     

      ☆引用者による説明

       (1)は要するに、次の数への対応付け、F(x)=x+1。これ

       そのものは、(1)の操作を「1回繰り返す」ことによって構成

       されると言いたいわけだ。この参考書には、やや不自然な日

       本語が時々あるが、そのまま引用しておいた。(2)は、何で

       も定数qに対応付ける定数関数。(3)は、与えられた自然数

       の組から i 番目の数を取り出す関数だから、n=1の時には

       F(x₁) = x₁。つまり、恒等関数も原始リカーシヴである。

       では引き続き、(4)~(6)を引用しよう。この3種の操作によっ

       て、次々に原始リカーシブ関数が増えて行くことになる。

    

   

 (4)  原始リカーシヴ関数G(y₁,y₂,・・・,ym)、H₁(x₁,x₂,・・・,xn)、

     ・・・・・・、Hm(x₁,x₂,・・・,xn)から

      F(x)=G( H₁(x₁,x₂,・・・,xn),・・・,Hm(x₁,x₂,・・・,xn) )

     を作る。

     

      ☆引用者による説明

       添字の「m」と「n」に注意。m変数関数Gに、n変数関数H₁~

       Hmの値を代入することで、n変数の合成関数Fを作っている。

      

 (5)  定数qと原始リカーシヴ関数G(x,y)から

       F(0) = q

       F(x´) = G( x,F(x) )

     を作る。

     

      ☆引用者による説明

       言葉が省略されてるが、F(0)とF(x´)がそう定義されるよう

       なF(x)を作る、という意味で、次の(6)も同様。(5)では、1個

       定数 q と2変数関数Gを用いて、1変数関数Fを作っている。

         

 (6)  原始リカーシヴ関数G(x₂,・・・,xn)、H(y,x₁,x₂,・・・,xn)から

       F(0,x₂,・・・,xn) = G(x₂,・・・,xn)

       F(y´,x₂,・・・,xn) = H(y,F(y,x₂,・・・,xn),x₂,・・・,xn)

     を作る。

      

      ☆引用者による説明

       添え字や変数の個数に注意。n-1変数関数Gと、n+1変数

       関数Hから、n変数関数Fを作っている。ただし、n≧2。

       これで定義は終了。

    

    

         ☆          ☆          ☆ 

以上の定義で、(1)~(3)は簡単だが、(4)~(6)はなかなかピンと来な

い構成法だろう。『そこで以下、具体的にいくつかの原始リカーシヴ関数を

作ることで、正確な理解を目指したい。その作業はやがて、足し算(加法)

の関数x+yが原始リカーシヴ関数であることの証明にもつながる。

               

まず、F(x₁,x₂,x₃) = x₂´ 、つまり3つ組の変数に対して、中央の

変数の次を与える関数は、原始リカーシヴ関数である。証明は、定義(4)

で簡単に可能だ(式の右端は、次の数を表すダッシュ)。

    

   原始リカーシヴ関数G(y) = y´、H(x₁,x₂,x₃) = x₂から、

   定義(4)にしたがって新たな原始リカーシヴ関数Fを、

    F(x₁,x₂,x₃) = G( H(x₁,x₂,x₃) ) と作る。

   すると、 F(x₁,x₂,x₃) = G(x₂)=x₂´ となり、ここで作った

   Fが証明すべき関数であることが分かる。

   よって、「F(x₁,x₂,x₃) = x₂´ 」は原始リカーシヴ関数である。

                                 (証明終了)

       

     

次に、ペアノの足し算の定義を意識しつつ、

   A(0,x₂) = x₂

   A(y´,x₂)= ( A(y,x₂) )´

によって定まる2変数関数A(x₁,x₂)が原始リカーシヴ関数であることを

証明する。先ほど原始リカーシヴだと証明した関数Fを、新たにHと名付け

直して、定義(6)を利用する。

       

   原始リカーシヴ関数G(y) = y (恒等関数)、H(y,x₁,x₂) = x₁´

   から、定義(6)にしたがって新たな原始リカーシヴ関数Aを、

    A(0,x₂) =G(x₂)

    A(y´,x₂)=H(y,A(y,x₂),x₂)  と作る。

   すると、A(0,x₂)=G(x₂)=x₂

        A(y´,x) = H(y,A(y,x₂),x₂)=( A(y,x₂) )´。

   となり、ここで作ったAが証明すべき関数であることが分かる。

   よって、 A(0,x₂) = x₂

         A(y´,x₂)= ( A(y,x₂) )´

   によって定まる関数A(x₁,x₂)は原始リカーシヴ関数である。

                                  (証明終了)

     

    

このAを用いて、ペアノの足し算が原始リカーシヴであることを証明する。

   原始リカーシヴ関数A(x₁,x₂)、B₁(x₁,x₂) = x₁、

   B₂(x₁,x₂) = x₂ から、定義(4)にしたがって新たな原始リカー

   シヴ関数Cを、

    C(x₁,x₂) = A( B₂(x₁,x₂),B₁(x₁,x₂) ) と作る。

   すると、C(x₁,0) = A(B₂(x₁,0),B₁(x₁,0))

               = A(0,x₁)

               = x₁

       C(x₁,y´) = A( B₂(x₁,y´),B₁(x₁,y´) )

               = A(y´,x₁)

               = ( A(y,x₁) )´

               = (A(B₂(x₁,y),B₁(x₁,y)))´ 

               =( C(x₁,y) )´

   よって、ペアノの足し算の定義を用いると、

       C(x₁,x₂)=x₁+x₂

   したがって、足し算は原始リカーシヴ関数である。

                                 (証明終了)

     

     

         ☆          ☆          ☆

最後に、ペアノの掛け算が原始リカーシヴ関数であることの証明は、足し

算の場合と同様の流れだから、少し省略して書くことにしよう。掛け算の

定義に足し算が使われてるから、上で足し算を表した原始リカーシヴ関

数Cをそのまま用いる。

     

まず、原始リカーシヴ関数C、H₁(x₁,x₂,x₃)=x₂、

H₂(x₁,x₂,x₃)=x₃から、定義(4)にしたがって新たな原始リカー

シヴ関数Fを、

   F(x₁,x₂,x₃)=C(H₁(x₁,x₂,x₃),H₂(x₁,x₂,x₃))

              =C(x₂,x₃)

              =x₂+x₃    

と作る。

   

次に、FとG(x)=0(定数関数)から、定義(6)にしたがって新たな原始リ

カーシヴ関数Dを、 

   D(0,x₂)=g(x₂)=0

   D(y´,x₂)=F(y,D(y,x₂),x₂)

          =D(y,x₂)+x₂

と作る。

     

さらに、D、B₁(x₁,x₂) = x₁、B₂(x₁,x₂) = x₂から、

定義(4)にしたがって新たな原始リカーシヴ関数Eを、

   E(x₁,x₂)=D(B₂(x₁,x₂),B₁(x₁,x₂))

           =D(x₂,x₁)

と作る。この時、

   E(x₁,0)=D(0,x₁)=0

   E(x₁,y´)=D(y´,x₁)

          =D(y,x₁)+x₁

          =E(x₁,y)+x₁

   

よって、ペアノの掛け算の定義を用いると、

   E(x₁,x₂) = x₁× x₂

したがって、掛け算は原始リカーシヴ関数である。

                               (証明終了)

       

   

         ☆          ☆          ☆

なお、ここまでの説明で定義(5)だけは一度も用いてない。(5)は、変数

が0の時と x´ の時を分けて、1変数関数を定義するためのものである。

それに対して定義(6)は、変数が0の時とx´の時を分けて、n変数関数

(n≧2)を定義するためのものである。『小辞典』やネット情報を見ると、ど

うも(5)は必要ないみたいだから、他の定義でカバーできるのだろう。後

で、(5)が不要であることの証明にチャレンジしてみたい。

      

以上、原始リカーシヴ関数の定義と、加法・乗法が原始リカーシヴである

ことの証明を中心に説明した。しばらく後に、一般リカーシヴ関数とか、計

算可能性、決定可能性の問題について記事を追加する予定。

それでは、今日の所はこの辺で。。☆彡

    

    

    

cf.1+1=2はなぜか?~ペアノの自然数論(足し算)

  「1×1=1」はなぜか?~ペアノの自然数論2(掛け算)

  集合論における自然数の表記と計算

  自然数に関するペアノの公理~論文『数の概念について』に即して

  0、1、「次の数」に関する哲学的考察~フレーゲ『算術の基礎』

  引き算の証明、負の数~ペアノの整数論(減算=減法)

    

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  「1+1=2」はなぜか~小学1年生の算数の教科書

  引き算、足し引き連続、0(ゼロ)~小学1年生の算数2

  掛け算の導入、足し算・引き算との関係~小学校の算数3

  同じ数ずつ分ける計算、割り算(除法)~小学校の算数4

              

                                 (計 4687文字)

| | コメント (0)

乗鞍ヒルクライム2012、またも当選♪

(☆8月27日追記: レース終了、レポート記事をアップ。

      マウンテンサイクリングin乗鞍2012  )

   

      

      

          ☆          ☆          ☆

RUN 18km,1時間28分17秒,平均心拍148

      

いくら何でも今年はそろそろ落選だろうと覚悟してたのに、またまた当選♪

ランニングと違って、自転車はサボリまくりなのに、いいのかね (^^ゞ ちょっ

と申し訳ないというか、恥ずかしいというか。。

    

毎年当選っていうのは確率統計学的に奇妙な事だから、試しに「乗鞍 落

選」でGoogle検索。一週間以内の記事に絞って、全56件をざっと見渡す

限り、ほとんどの人が落選ではなく当選してる感じだ。去年も思ったけど、

やっぱり倍率が低いというか、下がってるんだろうな。高い時は倍率2倍

前後あったはずで、それなら毎年当選する確率は非常に低いんだけど、

おそらく1.5倍以下だと思う。

    

ここ5年ほどの自転車ブームやヒルクライム・ブーム、大震災以降の首都

圏の自転車増加、自転車雑誌の数とかを考えると、意外な感じもあるけ

ど、自転車の乗り方が多様化してるのかね。わざわざ信州の山奥まで前

日から出かけて、全長20.5km、標高差1260mの坂道をひたすらハー

ハーゼーゼー登り続けるような人は、そろそろ頭打ちってことか。

    

あるいは、レースの数が増えて参加者が分散してるとか。今後の研究課

題としよう。誰がヒルクライム研究者や!   

      

    

         ☆          ☆          ☆

去年の乗鞍は、5年ぶりのマトモな走りでV字回復を果たしたから、今年

は一気に自己ベスト更新を狙いたいね。ちょうど都合よく(?)、膝を痛

めてランニングが辛くなってる所だから、今週末は自転車に乗ろうかな。

変速機の調子が悪いから、いまいちノリが悪いんだよなぁ。。

   

まあ、最初から変速機が無いピスト車なんて物が流行ってるくらいだか

ら、なるべくギアチェンジ無しで走ればいいんだけど、重いギアで踏みこ

むとチェーンが「歯飛び」するから難しいのだ。困ったもんだね。変速機

とギアを全部取り替えて調整するくらいなら、新しい自転車を買う方がお

得だしラクだよな。夏までに考えることにしよう。

     

ともあれ乗鞍当選で、いよいよ本格的に自転車シーズン開始。早速、今

日から自転車トレーニングを開始した・・・と書きたい所だけど、早朝は苦

手だし、夜の自転車は危ないから、結局まだランニングなのだ。しばらく

は、週末しか自転車に乗れないね。ま、社会人ならフツーだけど。。

     

    

         ☆          ☆          ☆     

で、代わりに夜のランニング。夕方、雨が降ったけど、キレイに止んでく

れたし、気温もちょうどいい涼しさ♪ 問題は膝痛なのだ。特に右膝は日

曜日に悪化させちゃったから、ちょっとした事でピリピリ痛むようになって

る。大した痛みでもないけど、長引く左ふくらはぎ痛みたいにガマンする

のは難しいし、無理すると取り返しのつかない故障になりそうだ。

        

仕方ないから一日中かばってる状況で、膝回りの筋肉に変な力を長く入

れてるから、すごく疲れてしまう。立ち上がったり歩いたりするだけで厄介

だから、走るのは遥かに大変。基本的に、右膝を左脚でかばうので、公

園までの往路から早くも左脚がジーンとして来る。ただ、おかげさまで右

膝はほとんど痛まなかったから、身体が温まった中盤以降は徐々に右脚

にも体重を乗せて、何とか18km完走。目標は16kmだったから、十分

かも知れないね。

   

トータルでは1km4分54秒ペース。遅過ぎるけど、膝痛を抱えた状態に

しては健闘かも・・・と書くのは流石に甘いわな (^^ゞ ま、心拍が少し下がっ

て来た気はする。実際、ムダな力を入れてる脚の筋肉が疲れるだけで、

心肺的にはかなり余裕があった。膝が完治するまでは、安全第一で辛抱

するとしよう。持久系アスリートはひたすらガマン、忍耐力勝負なのだ。。

      

   

        ☆          ☆          ☆

それにしても、ロンドン五輪・マラソンの猫ひろし問題は、ますます深刻な

状況になって来たね。国際陸連は五輪代表の資格を疑問視してるそうだ

し、「本物のカンボジア人」のライバルは7分も速いタイムを出して、裁判

に持ち込む構え。日本の反応もかなり冷たいものになって来た。

           

こうなったら、五輪代表は本物のカンボジア人にすぐ譲って、目標は別の

大会に切り替えた方がいいんじゃないかな。あるいは間寛平みたいに特

殊なイベントを企画するとか。芸人として飛び抜けた速さなのは確かだし、

日本の大会のゲスト出場やマラソン関連の講演だけでもそれなりに仕事

は獲得できるはず。あくまで基本は芸人、人気商売だから、倫理的・制

度的な問題はともかく、損得を冷静に考えるべきだろう。

           

これ以上、混乱が深まる前に、素早く決断すべきだね。勇気ある潔い撤

退なら、私も含めて、拍手する人は多いと思う。

         

それにしても、今後の国籍はどうするつもりなんだろう。法的には、日本

国籍に戻せるだろうけど(帰化)、すぐには無理のはず。たとえ可能でも、

しばらくはカンボジア人として、なるべく向こうで頑張るのが筋じゃないか

な。1年の内で3ヶ月とか。それでは、また明日。。☆彡    

   

    

 往路(2.45km)   12分55秒  心拍132  

  1周(2.14km)   10分47秒     144

  2周           10分36秒     147    

  3周           10分26秒     151

  4周           10分33秒     151

  5周           10分24秒     151

  6周           10分06秒     153

  7周(0.26km)    1分15秒     155

 復路           11分16秒    149

計 18km 1時間28分17秒 心拍平均148(80%) 最大158(ゴール時)

             

                                  (計 2196文字)

| | コメント (0)

ZARD『負けないで』、応援歌か失恋ソングか、男の幻想か・・

通勤JOG 4km,24分程度

    

最近たまに、5年前のZARD関連つぶやき記事にアクセスが入ってるなぁ

と気付いてたけど、六本木で回顧展をやってるわけね。今朝の朝日新聞

で初めて知った。2月10日オープンの、「ZARD GALLERY」・・・・・・と、

ここまで土曜日の飲み会直前に書いて、そのままになってた (^^ゞ 

   

今日は、春ドラマの月9『鍵のかかった部屋』(=密室)を後半だけ流し見

したから、それでサラッと記事を書いて寝たい所だけど、キリが悪いから

ZARDの記事を簡単に仕上げとこう。キッカケは、14日の朝日・朝刊別刷

beに掲載された大型企画「うたの旅人」で、今回の見出しが「歌い継がれ

る応援歌 ZARD『負けないで』」だったのだ。記者は中島耕太郎。

      

    

         ☆          ☆          ☆

話を最初の段落に戻すと、回顧展「ZARD GALLERY」は5月31日まで、

ビーイング鳥居坂ビルで開かれてる。ここは、5年前にZARD=坂井泉水

(いずみ)が病院の「手すりから転落死」して以降、聖地となってるそうで、

命日の5月27日には毎年2000人のファンが手を合わせに来るとのこと。

本物のメッカの大行列を思わせる凄い人数だね。

   

私には、『負けないで』と『揺れる想い』しかすぐには思い浮かばないけど、

坂井は90年代に最もシングルを売った女性歌手らしい。『負けないで』が

160万枚以上、『揺れる想い』はシングルもアルバムもミリオンセラー。ア

ルバム9作連続のミリオンは日本記録。91年のデビュー以来、3700万

枚以上のCD売上。それでいて、テレビ出演もライブも僅かで、40歳の早

すぎる他界。まさに神話的存在となるための要素が揃ってる。いまや永遠

のヒロイン、女神、崇高なる歌姫なんだろう。

      

どうしてそこまで爆発的に売れたのか。ウィキペディアも参照しながら理由

を羅列していくと、レースクイーン上がりの美しいルックス、親しみやすくて

伸びやかな歌声、等身大のわかりやすい歌詞、極度に露出を避けてファン

の関心をあおる「飢餓」戦略。さらに、日テレ・24時間マラソンや選抜甲子

園での『負けないで』採用、音楽教科書での掲載、CDの爆発的普及期と

の合致、カラオケブーム、バブル崩壊後の社会状況との適合、ドラマ主題

歌やCMソング採用、等々。

    

まったく知らなかったと言うか、気付かなかった話としては、「ビーイング・

ブーム」というのも当時あったらしい。音楽制作会社ビーイングの系列所

属アーティストが爆発的に売れた流れの一つがZARDブームだったのだ。

他には、B’z、T-BOLAN、大黒摩季、WANDS、TUBEなど。なるほど、

90年代っぽいね。小室哲哉&avexの系列よりも、少し先に時代をリード

してたようだ。。

     

     

          ☆          ☆          ☆

で、前置きが長くなったけど、朝日が注目してたZARD最大のヒット曲、『負

けないで』の歌詞について。私にとっては、24時間テレビのマラソン応援ソ

ングだけど、サビの前半、「走りぬけて」という歌詞は、最初は「あきらめな

いで」だったようだ。直筆の歌詞ノートの写真から、推敲(=洗練作業)の様

子がうかがえる。「あきらめないで」のままにしてたら、マラソンの定番ソング

には選ばれなかったかも知れない。ちなみにウィキによると、中学時代は

陸上部だったそうだ。一気に親近感が湧いたかも♪

     

朝日の記者は、「何度も推敲した様子」と書いてるけど、赤ペンや下線での

強調が目立つ程度で、変更はそんなに行われてない。実際、坂井本人は

「一気に書き上げました」と語ってるようだ。織田哲郎から曲を受け取った

後、ありがちな恋愛の歌詞ではなく、応援・励ましの歌詞を付けたのは、確

かに上手かったと思う。

    

とはいえ、メロディー無しに、歌詞だけをよく読むと、必ずしも「応援歌」って

感じではない。私はむしろ、昔の恋愛の輝きを追い続ける女性の、切なく

て愛しい歌詞に感じた。読み終えると、歌詞の下にはディレクター・寺尾広

の言葉があって、「事情があって遠く離れてしまった女性の『失恋の歌』」と

のこと。事情があってと言うと、お互い好きなのに仕方なく・・・というニュア

ンスが含まれるけど、歌詞だけならそこまで分からない。あくまで、元カレを

遠くで見つめて応援する女性の側の気持ちを描いてるのだ。

      

       

         ☆          ☆          ☆

ここで、特に男として注意すべきことは、歌詞の女性と現実社会の女性の

違いだろう。大差と言ってもいい♪ 現実には、逆に男の側が昔の輝きを

思い出す方がフツーだろう。女心は「秋の空」か「山の空」、あっさり変わっ

てしまって、昔話には興味を失くしてしまう。それはまるで、捨て忘れてクロー

ゼットに残ってる昔の洋服みたいなものに過ぎない。これこそ、私があらゆ

る情報や経験から導き出した真理だ(笑)。確率80%以上の信頼度だろう。

         

だから、『負けないで』の歌詞も、素直に受け取るのは難しいというか、恥

ずかしい。別れた後に遠くで自分を応援し続けてくれる女性なんてものは、

男の儚い幻想に過ぎないからだ♪ はかな過ぎて、涙を誘われるほど。

        

ここでふと思い出したのが、同じ朝日の「うたの旅人」で、半年前に扱われ

てた、都はるみの演歌『北の宿から』(2011年10月22日)。まだTBSの

『日本レコード大賞』に権威があった時代、第18回(1976年)に大賞を受

賞したミリオンセラーだ。

       

曲や都はるみの姿、歌い方から考えると、『北の宿から』の方が遥かに「女

々しい」(めめしい)歌詞で、これこそ典型的な古臭い男の幻想のように思

われるかも知れない。何しろ、「着てはもらえぬセーターを 寒さこらえて編

んでます」なのだ。

           

でも、作詞家・阿久悠や作曲家・小林亜星の側では、あれは自立した力

強い女性の歌のつもりだったらしい。つまり、男の気持ちとか社会常識と

かと距離を取って、あくまで自己決定として未練を持ち続け、勝手にセー

ターを編むわけだ。そう言われてみると、確かにあの昭和を代表するド

演歌には、現実の平成の女性みたいな力強さも感じ取ることが出来る。

         

それと対比すると、やっぱり93年の『負けないで』の方が、古典的な男の

甘い幻想に近い。ここではもはや、北の宿で必死に寒さをこらえつつ、「女

心の未練でしょう」と自分を客観視して突き放す力強さや、怨念みたいな

迫力はない。「涙唄」も歌わなければ、「死んでもいいですか」と訴えること

もない。あくまで心地良く離れた距離から、「あの日のように輝いてる あ

なたでいてね」と優しく可愛く励ましてくれる。「今も そんなあなたが好き

よ 忘れないで」。最初から最後まで、男にとって甘いささやきが続くのだ。

      

ZARDファンの男女比は、おそらく女性の方が多いと思うけど、朝日の写

真を見ると男性の姿も目立ってる。これは結局、バブル崩壊から草食系

男子増殖へと向かう、日本の男性の衰退を映し出してるのだろう。あるい

は中立的に、「変化」とだけ呼ぶべきだろうか。。

    

        

         ☆          ☆          ☆

そこで、いまや無形文化財並みの希少価値を持つ肉食系男子としては、

最後にこう訴えたい。

    「男なら、『負けないで』の幻想的誘惑には、負けないで!」

     

まあ、ほとんど誰にも届かない叫びだろうから、実は私自身への応援フレー

ズなのかも知れないね。少なくとも私は、幻想的な古典的女性像の誘惑に

は負けない「つもり」なのだ。ま、つもりと実際は、同じとは限らないけど♪

      

なお、今日の走りは通勤ジョギング4kmのみ。昨夜悪化させてしまった右

膝が、何もしてない状態でもピリピリ痛むようになってしまった。辛いから、

『負けないで』でも聴いて元気を出すとするか♪ オイオイ! 

     

ちなみに月9は、相変わらず月9だった。映像、効果音、音楽(Ken Arai)、

ドラマ作りの基本的な水準が高いのは確か。セットとか、制作費をかけて

るなとも感じる。ただ、肝心の種明かし部分(死後硬直、ハエの侵入)のイ

ンパクトが弱かったし、戸田恵梨香と佐藤浩一の出来(or 使い方)がいま

一つだった。天才防犯オタク役の嵐・大野智は、演技としてはそれなりに

頑張ってたけど、キャラ(役柄)自体にガリレオ=福山雅治みたいな魅力が

感じられなかった。

      

今期は見たいドラマが一つも見当たらなくて困ってる所。まあ、他にもネタ

は溢れ返ってるんだけどね。ではまた。。☆彡

         

                                 (計 3356文字)

| | コメント (0)

システムトラブルが長引いて、苛立ちの極致・・

RUN 15km,1時間16分48秒,心拍147

     

あ~~っ、超イラつく! やっぱり、どうもブラウザが IE 9に自動更新され

てから、変な事が増えた気がするな。あの時の記事には地味に検索アク

セスが入り続けてるから、私と同様の不満を抱いてる人が結構いるんだ

ろう。ブラウザのシェアの推移を見ると、1位のIEが減った分、Google 

Chromeが増えて、2位だったFirefoxとほぼ同等になってるらしい。

   

そんなデータより、個人的なトラブルが問題。あっ、先に正直に書いとくと、

今夜は仕方ないから、まず23時頃に「システムトラブル発生中」という記

事をお知らせとしてアップした後、この記事を26時(=深夜2時)頃によう

やくアップ。その時点で、前の記事を消して、この記事の日時を15日の

23時59分へと変更した。何と正直なんだ♪ 

    

いや、元のままでもちゃんと毎日更新にはなってるんだけど、単なるトラブ

ル告知記事を残すのも変だから。こうゆう操作は、今までもやった事があ

るし、報告もしてある。私は何事にも筋を通す人間なのだ。

            

そう言えば昔、ちょっと怪しげな迫力を持った人に、「お前はヤクザなら幹

部になれるよ」と褒められたことがあったな。そりゃ、話がちょっとズレてる

か。って言うか、幹部になっても嬉しくないけど。あの人、元気かな。私と同

様に、筋を通す人ではあった。懐かしいね。首都圏・北東部に在住してた

Kさん。ボーリングと野球がわりと上手かった人だ、とだけ書いとこうか。。

       

   

         ☆          ☆          ☆

話を戻すと、今夜はコメント欄で3200字の長文レスを付けた後、20km

程度走るつもりだった。ところが、その前にちょっと IE9で特殊な操作をし

た所、PCが言うことを聞かなくなったわけ。特殊と言っても、ちょっとした

事情で言葉を濁してるだけで、誰でもやるような操作にすぎない。

          

普通そんな時は、ブラウザを変えたり再起動したりすれば直るんだけど、

どうしてもトラブルが連発するから、一旦諦めて、お知らせ記事だけアッ

プ。まったくやる気が出ないまま、渋々と近所の公園へ走りに行った。し

かし、昨夜せっかく友達と飲んでストレス発散したのに、その3倍くらいの

ストレスを溜めこんじゃったね。差し引き、大幅なマイナスの週末だな。走

るより、超珍しくヤケ酒を飲みたくなったけど、そこはグッとガマンなのだ。

   

時間が勿体ないから、ウォーミングアップの歩きは省略して、代わりに超

スローペースで走り出す。う~ん、あんまし時間の節約になってないかも。

まあ、15分くらいで足腰は温まったけど、途中で2回、右膝が痛んで止ま

りそうになったほど。路面が悪いのもあるけど、やっぱしブレーキをかける

ような力が加わるとダメなんだな。下り坂は、特に要注意。ある程度スピー

ドを出して、右膝の下を素早く後ろに流す方がいいみたいだ。今夜は気分

が悪過ぎてゆっくり走ってたから、逆に右膝の負担が増えたんだろう。

      

心を落ち着かせるためにゆっくり走りたかったのに、走り方までイライラ。

まあでも、やっぱり走ってると余計な事は考えにくくなるね。特に、しんどく

なると、走りに集中することになる。

             

確か私が20歳の時に、「必死になると心が固定される」とか言ったら、年

上の友達が珍しく、なるほどと頷いてくれたんじゃなかったかな。座禅を

組んで「無の境地」を目指すのと逆に、単純な身体運動で心の揺れを抑

えることも出来る。これを私は、「動禅」と呼んでるのだ♪ もちろん、禅

僧の道元をパロったもの。そりゃ蛇足か。

    

   

         ☆           ☆          ☆

とにかく、イライラ、スタスタ。右膝は時々ピキピキ。ひどい走りのように感

じたけど、心拍は思ったほど乱れてないんだね。流石は自律神経、脳の余

計な動揺なんて相手にしないようだ♪ トータルでは1km5分07秒ペース。

ま、公園の中だけなら5分切ってるし、苛立ちの極致だったから、15km耐

えただけでも良しとしよう。

    

あぁ、もっと中身のある記事を書くはずだったのに、また予定が狂ったか。

人生、思うようにならないね。明日は仕事が忙しいしなぁ。早く来い来い、

ゴールデンウイーク! 

       

そうそう。ロンドン五輪マラソンのカンボジア代表を狙うヘム・ブンティンが、

パリ・マラソンで2時間23分29秒の自己ベストを記録。代表に決まってる

猫ひろしより7分も速いタイムだから、ますます状況が混沌として来た感じ

だ。なお、今週は計16831字となった。少ないね。ではまた。。☆彡

    

      

 往路(1.15km)  7分25秒   平均心拍114 

  1周(1.1km)   6分00秒         131

  2周         5分48秒         139

  3周         5分43秒         142

  4周         5分35秒         146

  5周         5分22秒         150

  6周         5分26秒         151

  7周         5分19秒         153

  8周         5分17秒         154

  9周         5分11秒         156

 10周         5分14秒         157

 11周         5分03秒         159

 復路 (1.75km) 9分25秒         154

 計 15km 1時間16分48秒  147(80%) 最大162(11周目)

           

                                (計 2013文字)

| | コメント (0)

飲み会から帰宅、日記系の記事で精一杯・・

やっぱり無理だったか。。昨日書いたように、今日はもともとお花見の予

定で、写真日記みたいな記事をアップする予定だった。ところが、昨日か

らの雨続きで、花見は中止。代わりにフツーの飲み会になったのだ。

、    

そこで、ブログも予定変更。先日の『花』に続いて、音楽記事を書くことにし

たわけ。出来れば飲み会の前に半分くらい書いときたかったんだけど、実

際は飲み会の場所探し、予約、連絡その他で全く書けず。仕方ないから、

少し早めに帰宅して書くことにしたのだ。我ながら超~甘い計画 (^^ゞ ア

ルコールの量をなるべく少なくしようって考えも、全然ムリだった。。♪

        

    

          ☆           ☆          ☆

こうなると、日記っぽい記事を書くしかないね。今日、本当は六本木で花

見をする予定になってた。昨日からの雨もあって、かなり散ってるのは分

かってたけど、まだある程度残ってるはずだし、ライトアップなら5割増で

キレイに見えるはず。実際、さっきツイッター検索で最新の画像を見たけ

ど、東京ミッドタウンも六本木ヒルズも何とか大丈夫みたいだった。明日で

終了って感じじゃないかな。

      

まあでも、夜遅くまで雨が止まなかったから、花見ってイメージじゃないし、

外だと寒かったかも知れないね。とにかく、花見は中止。代わりに渋谷の

和風の居酒屋へ行って、ずっと喋りまくって笑ってた。お喋りかよ! 

    

ブログの字数から考えても想像できるだろうが、もともと口数が多いのに、

お酒が入ると止まらない。自分ではあんまし感じないけど、声も時々大き

くなってるみたいで、店を出る直前に「傘、忘れた!」と私が言うと、隣の

女の子グループがシーンと静まり返って私の方を見てた (^^ゞ そりゃ、反

応が大げさ過ぎるだろ。

           

一般に、女性の反応は露骨だわな。男ならフツー、平然とスルーするはず

だ。ま、XXとXY、染色体の違いなのかね♪ Xは劣性の染色体で、2つ重

なった場合、つまり女性においてのみ、露骨な形質をもたらすんだろう。。

          

      

         ☆          ☆          ☆

ところで、話はちょっとズレるんだけど、誰も読まないようなマニアックな話

も書いときたい(笑)。居酒屋を出た後、カフェに行こうって話になって、T

フロント・・・じゃなくてQフロントのスターバックスの方に向かい始めた。で

も、あそこは混んでそうだし、他にあるだろうと思って、渋谷センター街の

雑踏に揉まれつつキョロキョロと探索。ちなみに私は、去年から始まった

「バスケットストリート」とか「バスケ通り」なんて名称を使う気はないし、い

まだに直接聞いたこともない。

         

とにかく、旧・センター街をキョロキョロしてると、ふと「カフェ・ミヤマ」という

名前が目に入った。アレッ、ここ、懐かしの喫茶店「銀座ルノアール」じゃな

かったっけ? 普通の人なら、そんな古臭くてやぼったい「喫茶店」より、今

風のスタバやタリーズやエクセルシオールを選ぶだろうけど、私は普通で

はない。マニアック・ブロガーなのだ♪

      

試しに1階の入口をのぞいてみると、ルノアールとは書かれてないけど、ど

う見ても昔と同じ基本路線の「喫茶店」。「カフェ・ルノアール」って感じだ。

おまけに、2階の店へと上がる階段には「サークル、マルチおことわり」な

んて妙な貼り紙もある (^^ゞ 

             

ノスタルジーと言うよりマニア心がくすぐられたので、お遊びのノリでここに

決定。店内は、昔のルノアールを少し綺麗に改装してあるけど、座席、キャッ

シャー、トイレの配置はほぼ同じ。メニューを持ったウエイトレス(死語か♪)

が座席まで来て、水を置くのも昔のままだった。流石にメニューは多少新

しくなってるけど、やっぱりレトロな雰囲気が漂ってる。飲み物は500円~

600円で、最近のカフェの2倍近い高さ。と言っても、昔の値段のままだか

ら、驚きはない。要するに「繁華街の喫茶店」の料金設定だろう。

            

     

          ☆          ☆          ☆

知らない人や地方の人のために、もう少し基本情報を書いとくと、ルノアー

ルというのは古くからある首都圏の喫茶店チェーンで、広めの空間に昭和

時代の豪邸の応接間(笑)を再現したような内装。あるいは、ホテルのコー

ヒーラウンジを庶民っぽくしたと言ってもいい。恐ろしく古いメニューで、高

いわりに美味しくないコーヒーを出してたから(過去形)、カップルや若者

グループは普通来ないけど、じっくり話し込むのには向いてた。

     

私は以前、友達と2、3時間、くつろぐのに使ってたし、仕事で使うサラリー

マンはもちろん、ソファーに沈み込んで居眠りする人もいたと思う。特にセ

ンター街の店舗は朝までやってるから、電車の始発待ちにも便利。店員が

追い出すようなプレッシャーも少なくて、たまに水と灰皿を交換する程度。

追加のオーダーを要求されることも無かった気がする。

    

ちなみに今日、我々は「カフェ・ミヤマ」の禁煙席に座ったけど、今だに喫

煙席も堂々と存在。その辺りの感覚も、レトロ♪ 結局そこで1時間半ほど

喋って、十分満足。コーヒーの味も、スタバとかと比べると微妙だけど、昔

のルノアール時代よりは美味しかった。

         

で、最後にキャッシャーに向かうと、そこで「ルノアール」と書いた何かが目

に入ったのだ。あっ、やっぱし銀座ルノアール系列なのか!

       

    

         ☆          ☆          ☆

マニア心をくすぐられて、帰宅後すぐ検索。なるほど、ルノアールが2003

年に新業態として始めたのがカフェ・ミヤマ(Cafe Miyama)ね。他に、少

しシックで大人向きの「Cafe ルノアール」もある。「ミヤマ」の意味や由来

が分からないけど、社長の名前のコミヤマ(小宮山)から来たのかも。セ

ンター街のルノアールがミヤマへと改装されたのが2004年だから、もう

8年も前なのか。気付かなかった。。

       

さらに調べてみると、銀座ルノアールは上場株式会社で、バブル崩壊以

降に株価が8分の1くらいまで下がってるけど、その後今まで、15年間に

わたって値動きは少ない。ある意味、安定した企業なのだ。ネットで利用

者の評判を見ても、全体的にまずまずのクチコミ。いまや希少価値を誇

る店として、存在感を保ってるようだ。ノートPCや携帯充電用の電源を借

りられる「電源カフェ」としても知られてるらしい(ウィキペディアその他より)。

         

あと、ネット情報によると、貼り紙が出る前のことかも知れないけど、実際

には学生サークルも使ってるようだし、マルチの勧誘にも使われてるらし

い。ま、バブル期のマハラジャ系ディスコじゃあるまいし、黒服店員が客を

拒否するのも難しいわな♪ 我々への応対は、20代前半くらいの女性。

わりとキレイだけど、ややキツめに見えたから、ひょっとすると一部のお

客さんにはあっさりダメ出しするのかも。

        

という訳で、酔っぱらった頭で夜中にまた、マニアックな記事を書いてし

まったわけ (^^ゞ こんな事なら、音楽記事を書けたかも。私自身はスッ

キリ満足してるから、後は「センター街 ミヤマ」なんて検索が1ヶ月に2、

3回入れば十分だろう♪ 一体、誰が読むんだって記事でも、必ず読者

はいるし、誰よりも書いてる私自身が熱心な愛読者なのだ。

ではまた。。☆彡

                

                                (計 2850文字)

| | コメント (2)

週末の夜、まだお仕事中のつぶやき

通勤JOG 3km,18分

   

あぁ~、仕事が終わらない。。って言うか、明日までずっと雨かよ! お花

見の予定なのになぁ。運が悪いね (^^; 「薄幸の人生」なんて古い言い回

しがふと浮かんだ。薄幸の美少女とは言わないことにしよう♪ 男だろ!

眠くて疲れてると、どうしてもこうゆう軽口を叩きたくなるわけ。

       

ちなみに今、私は仕方なしに仕事を中断して、ある事をしながらPCに向かっ

てる。金曜の夜遅くに大人がする心地良い行為と言えば、そう。FM東京

で『ジェット・ストリーム』を聴くことだ♪ ラジオをつけたのは23時53分と

言っとこう。『ビリージーン』とかマイケル・ジャクソンのダンスビデオなんて

話は知らないし、映画『フラッシュダンス』や『ブレイクダンス』を見て育った

日本人ストリートダンサーなんて話も聞いてない、と書いとこうか(笑)。 ま、

後は熱狂的ジャニーズ・ファンの方々にお任せってことで。。

       

      

         ☆          ☆          ☆ 

さて、新年度になって、ますます仕事が忙しくなって来たから、ブログに回

す時間がなかなか取れない。実は、瀬戸内海に行ってる間に苦労して一

応アップした硬派の記事が、2週間経っても未完成のままなのだ。ま、あ

んまし人気のない記事だから、放置プレイでも実害は少ないけど、私自身

の気持ちが落ち着かない。今週末はもう無理かも知れないから、完成は

来週かな。「まだ?」と思ってる一部の読者の方々、悪しからずご了承を。。

    

      

では今日はこの辺で・・・と書いて、早くも終わらせたい所だけど、もうちょっ

とだけ書いとこうかな。色々調べたり考えたりして、まとまった話を書く余

裕はないから、色んなネタについて一口コメントを羅列しよう。去年の1月

1回だけやったことがある企画で、今はもうツイッター全盛期だから、読者

の側でも抵抗が少ないと思う。ツイートを集めたブログなんてものもあるし

ね。では、つぶやき6連発スタート。

              

   

  ミサイル(or 人工衛星打ち上げロケット)、発射失敗

    ─── 失敗した方が怖いんだけど。国家の運営にはもうしばら

         く成功して欲しいな。自国のために、周辺国のためにも。

     

  木嶋佳苗被告、地裁で死刑判決

    ─── 判決の妥当性や真相はともかく、朝日新聞によせた手記

         はなかなかの実力。一ヶ所も間違えずに12000字以上も

         書いて、しかも文字がキレイだ。やっぱり只者じゃないね。

        

  AKB48を卒業する前田敦子、24時間マラソンの噂(by 週刊実話)             

    ─── ホホーッ、ホントなら上手い戦略だね。ファンの間では絶

         対エースでも、一般社会では普通の人気。24時間マラソ

         ンなら、数字も取れるし、人気も仕事も取れそうだ。決定

         は来月くらいかな。誰が選ばれるのか、注目しよう。

    

  猫ひろし、ロンドン五輪・マラソンのカンボジア代表は金のおかげか

                         (by 週刊文春、週刊新潮)       

    ─── この2つのライバル雑誌が、同じ週に同じ内容を書くのは

         珍しい。猫の走りの実力と努力は本物だけど、周囲の動

         きやタレント活動の良し悪しは別。今の所、決定的な話は

         見当たらないけど、もうしばらく揉めそうだね。

            

  男子高校生にセクハラ、神戸の40代・女性教師がクビ (時事通信)

    ─── ヘェ~~。。本当にいるんだね。その女教師も気になる

         けど、男の子も気になるな。すごく可愛いか、カッコイイっ

         てことかね。私は高校時代、何もされなかったけど♪

       

  福島産の牛肉、兵庫の業者が鹿児島産と偽装 (読売)

    ─── これは罪が重い! 改善指示じゃ甘過ぎるわ。論外!

         ウソつかなくても、値段を下げれば買う人はいるはず。

         ちなみに私は最近、東北産の牛乳を飲んでる。       

       

      

と言う訳で、一口つぶやき集はおしまい。なお、今日の走りは通勤ジョギ

ング3kmのみ。昨夜のハーフ21.1km走の後遺症は、それほど大きく

なくて助かったけど、まだ両膝が怪しいまま。引き続き、注意しよう。明日

は雨と花見でまったく走れそうにないね。しめしめ・・・じゃなくて、残念♪

       

では、今夜はこの辺で。。☆彡

            

                               (計 1604文字)

| | コメント (0)

心拍計ようやく帰還♪&ハーフ走まで体力回復

RUN 21.1km,1時間39分28秒,平均心拍156

     

「必ずここへ~ 帰って来ると~」♪ 昨日、実写版を流し見して、レビュー

まで書いてしまった『宇宙戦艦ヤマト』の有名なアニメ主題歌は、必ず帰っ

て来ると力強く誓ってる。私も、失くした心拍計は必ず帰って来ると信じて

たけど、苦節10日間、遂に帰還に成功した☆ 長かった。。

    

・・・って感じで、ヤマトの歌を前フリに使ったんだけど、ここからがマニア

のマニアたる所以(ゆえん)。この歌詞の漢字に引っ掛かってしまったの

だ (^^ゞ 実は、歌詞サイト「うたまっぷ」に掲載されてる歌詞(作詞・阿久

悠)だと、「必らず」と書かれてる。送り仮名が「らず」になってるわけ。

      

アレッと思ってネットで軽く調べてみたけど、納得のいくハッキリした情報

が出て来ない。今現在、正しいのが「必ず」なのは当たり前だけど、年配

の人は「必らず」と習ってる場合があるらしい。おそらく、途中で旧・文部

省か内閣告示か、国の指示が変わったんだろうけど(73年の告示以前)、

なかなかその情報が見つからないのだ。とりあえず「今日はこれぐらいに

しといたるわ!」・・・って、吉本新喜劇かよ♪

       

まあ、74年開始の『ヤマト』の主題歌が「必らず」となってるってことは、

やっぱり1973年(昭和48年)の内閣告示・第二号が分かれ目なのか

も知れないね。罰則のある刑法じゃないから、普及には当然、数年以

上かかったんだろう。今だともう、PCの変換で「必ず」しか出て来ない。

      

   

        ☆           ☆           ☆

で、話を戻すと、瀬戸内海で紛失した心拍計のトランスミッター(送信機)

120412

 がようやく向こうで発見さ

 れて、送られて来たのだ。

 これ、安くて手軽なクロネ

 コヤマトの「メール便」を

 使ってるんだけど、安い

 だけあって遅いんだね。

 近くでも3日、遠くだと4日

 かかるみたいで、検索す

るとあちこちで不満の声が上がってる。

    

まあでも、安いから仕方ないでしょ。メール便だとB4サイズまで160円だ

けど(厚さ1cm)、定型外郵便物で送ると240円(250g以内)か390円

(500g以内)。遥かに高くつくのだ。それならむしろ、メール便で速達料金

100円をプラスして、翌日か翌々日到着にした方が得だろう。コンビニで

いつでも出せる所も便利だしね。。

     

       

         ☆          ☆          ☆

とにかく、心拍計の無事帰還を祝して、今夜はハーフ21.1km走をやっ

てみた。板橋Cityマラソン以降だと、今まで18kmのジョギングが最長だっ

たから、ちょっと緊張してしまう (^^ゞ レース前は30kmとか何本も走っ

てたけど、何しろ激走のダメージ&体力低下が長引いてるのだ。

      

1日休んだ後だし、慎重にスタートしたのに、いきなり左ふくらはぎが痛ん

だから、警戒モード。両膝を曲げてかばうと共に、身体の上下動を抑えた

走りを心がける。今夜は不思議なくらい、公園にランナーが多くて、3周

目から4周目にかけて久々のプチ・バトル! 1km4分20秒ペースまで

上がった所で、残念ながら白旗。そもそもハーフ走るだけで自信が無い

ような状況だから、無理は出来ないのだ。第一目標はあくまで完走。

      

心拍計が戻って来たから、心拍167から160くらいまで落ち着かせて、後

は地道にガマン大会。復路で油断して、右膝あたりがミシッと痛んだけど、

ほぼ無事に完走することが出来た。トータルでは1km4分43秒ペース。

ま、今の体調だとそんなもんでしょ。たかが21kmでさえ、かなり長く感じ

ちゃったもんね (^^ゞ 久々に測った心拍も、やっぱりかなり高いし。

    

それにしても、一気に気温が上がったなぁ。今夜も16度もあったから、T

シャツで走ってる人が多かった。私は上2枚だったこともあって、汗ビッショ

リ。またタオルを忘れたから、次はちゃんと持って行こう。桜は早くも、満

開を過ぎちゃった感じだね。今年の花見客はやたら少なくて、走りやすい

と言うより淋しいくらいだったかも・・・って、早くも過去形だったりする。

   

ホント、花の命は短いよなぁ。それが分かるってことは、まだ人間の命の

方が多少長いってことだね。無駄遣いしないように、気を付けなきゃ!

では、また明日。。☆彡

        

       

 往路(2.45km)   12分17秒  心拍135  

  1周(2.14km)   10分19秒     150

  2周           10分08秒     156    

  3周           10分11秒     157

  4周            9分22秒     164

  5周            9分47秒     162

  6周           10分05秒     160

  7周           10分10秒     159

  8周(1.22km)    5分51秒     161

 復路           11分20秒    159

計 21.1km 1時間39分28秒 心拍平均156(85%) 最大169(4周目)

                  

                                   (計 1864文字)

| | コメント (0)

映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』、軽~い感想♪

他の用事を片付けながらの流し見とはいえ、意外なことに最後まで見ちゃっ

たね。テレビで2時間半の映画を最後まで見たのは、福山雅治主演のガリ

レオ・シリーズ『容疑者Xの献身』以来かも。

         

あの素晴らしい感動的名作とは比較にならないけど、少なくとも『ヤマト』も、

途中でテレビを消そうとは思わなかった。その意味では、それなりに引き付

けるものはあったんだろう。萌え要素がほとんど無いにも関わらず♪ ま、

もう一人くらい、可愛いコが欲しかったけど、観客の大部分はキムタクファ

ンとヤマトファンだろうから、関係ないのかね。

         

直接関係ないけど、私は先日、SMAP最大のヒット曲『世界に一つだけの

花』について、冷めたレビューを書いてるから、今日は甘口の記事を書い

た方が良さそうだ♪ ・・・と言うのは(半ば)冗談として、『ヤマト』が「予想

より」良かったのは確か☆ 正直、あんまし期待してなかったから、最初の

15分くらいだけ見ておしまいにする予定で、ブログでも10行ほどつぶやく

だけにしようと思ってたのだ。

          

予定変更で1本の記事にまとめるってことは、「男の子」としての私がそれ

なりに楽しめたってこと。兵器や戦闘シーンのVFX(Visual Effects=

CGによる特撮)だけでも、ついワクワクしてしまうし、『エイリアン』を思い

出させるガミラスの不気味な姿も懐かしくて、可愛く感じたほど。不謹慎な

がら、モデルとなった悲運の戦艦「大和」やカミカゼ(神風)特攻隊との類

似にも、心地良い切なさが湧き出てしまう。

     

ナレーションでささきいさおの魅力が生かされてないのはやや残念だった

けど、輝かしい歴史を背負った初の実写版としてはなかなかの健闘だろう。

       

ただ、木村拓哉ファンの女性がこれをどう感じるのか、ビミョーな所はあ

るね。口には出せないけど・・・ってファンが結構いるような気はする。と

言うのも、やっぱり全体的に少年マンガとか少年アニメっぽい特撮作品

だし、主題の多くも男性的だから。地球防衛、放射能除去、勇気、決断、

行動力、人類愛、等々。

    

キムタク主演の人間物語やラブストーリーを味わいたいファンや、ドラマ

好きの女性にとっては、肩透かしになっても不思議はない。ま、キムタク

の顔とプチ・マッチョな上半身だけでも十分かも知れないけど♪

         

    

        ☆          ☆          ☆

さて、私は映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』も昔の『宇宙戦艦ヤマ

ト』も、ほんの少ししか情報を持ってなかった。当然、元のアニメとの類似

点や相違点もほとんど分からない。

             

アニメの主題歌は流石に聞き覚えあるし、主要な登場人物の名前(or 苗

字)、波動砲、ワープ(宇宙空間の歪曲を用いた超光速航法)、イスカンダ

ルとか、断片的な要素も一応知ってるけど、ガミラスという名前は忘れて

たし、そもそも何のために旅立つのかも忘れてた (^^ゞ そうそう、放射能

除去装置を手に入れて地球を救う訳ね。これが、まず個人的に興味ある

ポイントとなった。

     

1974~83年を中心とする原作(TVアニメ&アニメ映画)はもちろん、今

回の実写映画でも、除去する放射能というのは基本的に、核兵器(原爆&

水爆)をイメージしてるんだと思う。スリーマイル島の原発事故は一応79

年だけど、遥かに深刻なチェルノブイリの事故は86年で、大部分の原作

より後の騒動だ。

       

ところが、映画公開から数ヶ月で3・11の東日本大震災が発生。1年後に

地上波テレビ初登場となると、どうしても原発や福島=フクシマをイメージ

することになる。ただしそこに、瀬戸内海出身者としては当然、広島=ヒロ

シマも重なるのだ。

     

地球を遊星爆弾で汚染して放射能まみれにするガミラスが、実は放射能

除去をもたらすイスカンダルと表裏一体の集合的存在なのだから、明ら

かにガミラス=イスカンダルとは現代科学のメタファー(比喩=たとえ)だ

ろう。もっと限定するなら、原子核物理や放射線医科学と言ってもいい。

         

敵かと思ったら味方だった、と言うよりむしろ、敵かと思ったら必ずしもそ

うではなかった、と言う方が正確だ。つまり、彼らは味方ではない。もとも

と、ガミラス=イスカンダル=核科学が無ければ放射能まみれになること

は無かったし、結末までのトータルで、人類は結局、得をしてないどころか、

大損になるのだから。

  

エンディングの美しいイメージと新しい命(=子供)に目が行きがちだが、

大量の破壊と死滅が生じてしまったわけだ。見方によっては、脱原発や

反原発の遠回しのメッセージと受けとれなくもない。。

      

    

          ☆          ☆          ☆

今回の放送局はTBSで、関係の深い毎日新聞は朝日新聞と共に、反原

発・反放射能を前面に押し出してるマスメディアだ。ひょっとすると、そうい

う背景がTBSによる企画&放送に影響してる可能性はある。

    

というのも、昔のアニメは日テレだから読売新聞の系列。キムタクとのつな

がりが一番深いフジテレビは産経新聞の系列。どちらの新聞社も今現在、

原発肯定派のメディアだからだ。放射能による大規模被害を強調する映

画『ヤマト』とは、やや結びつきにくい。それに対してTBSなら、反原発の

毎日新聞系列だし、キムタクとのつながりもフジの次に深いから、『ヤマト』

と結びつきやすいのだ。

     

しかし、『ヤマト』の中身をもう少し細かく見ると、リスクテイク(危険な可

能性への賭け)とか、犠牲を乗り越える勇気の大切さ、全体を見る大局

観の重要性も強調されてる(特にリーダーにおいて)。

    

リスク=危険は放射能や原発以外にも、常に我々を取り巻いてるから、完

全に避けることは出来ないし、僅かな可能性に賭けるべき状況というのも

ある。イスカンダル星に放射能除去装置があるという大ウソをつく罪(沖田

艦長=山崎努)とか、自己犠牲(キムタク、真田=柳葉敏郎、斉藤=池内

博之、etc)などを乗り越えて、未来も含めた人類トータルの利益や幸福を

考える必要性も示唆してるのだ。

            

そう考えた時、『ヤマト』が暗に示す方向性は、反原発や脱原発とは多少

違うものかも知れない。実際、ヤマトの過激でハイリスクなチャレンジは、

与えられた悲惨な状況の中では成功したわけだ。放射能除去という任務

=ミッションは無事に果たされた。

    

また、「必ず、生きて還る。」という基本ポリシー(&映画キャッチ・フレーズ)

も、ある意味で守られてる。古代進ほか、大勢が死んだけど、島=緒方直

人らは生き残ったし、森雪=黒木メイサに乗り移ったイスカンダルのおか

げで放射能除去にも成功。一部の「個人」は死んでも、「人類」という集合

的な形では、生きて還ることが出来たのだから。もちろん古代は、新たな

命の姿で生きて還った形になってる。

  

ちなみに、宇宙戦艦ヤマトが用いてる波動エンジンは、原子力エンジンで

はないけど、素粒子物理学と深く関わる技術ではあるらしい(ウィキペディ

アからの推測)。核との関係が微妙な領域でも、科学の平和利用なら全面

的にプッシュされる形になってるのだ。もちろん今現在の時点では、架空

の理論&技術ではあるけれど。。

       

     

         ☆          ☆          ☆

なお、まったく違う視点も可能で、たとえば詳細不明なガミラスの視点に

立つと、(おそらく)生きて還れなかったし、核攻撃を使って地球に移住す

る自己防衛的チャレンジは失敗に終わったことになる。核兵器の保持や

転用(=原発)はともかく、攻撃兵器としての使用は否定的に扱われてる

のだ。対称的に、人類が用いた波動砲は核兵器ではないらしい(ウィキ

からの推測)。

        

さらに大きな視点に立つと、人間とガミラス=イスカンダルを区別せず、要

するに生命が「生きて還る」ことに成功した物語とも受け取れる。つまり、

相討ちの形で全滅することなく、人類という片割れは生き延びた。

    

その意味では、人類が助かったというより、人類=ガミラス=イスカンダ

ルが全滅の危機を乗り越えたことになる。古代と森雪の2人が奇跡的に

あの星から脱出できたのは、ガミラス=イスカンダルが無意識的に「逃が

した」からなのかも知れない。全滅よりはまだ、人類と森雪=イスカンダ

ルだけでも生き延びる方が、多少マシだから。

     

もっと遥かに巨視的な見方なら、大山鳴動ネズミ一匹、あるいはお釈迦

様の手のひらの上で孫悟空が大暴れした気になったようなものかも知

れない。人間とか生命とかではなく、宇宙全体からすると、ほんの一瞬

の時間だけ、僅かな事件が起きたに過ぎないから。

          

エンディングを、地上の森雪と子供じゃなく、宇宙の映像にするだけでも、

全体のイメージはかなり変わっただろう。地球からズームアウトする流

れで、地球が含まれる銀河系とイスカンダル星が含まれる大マゼラン星

雲を映して、さらにロング(遠写)で暗黒の静かな夜空まで持って行くとか。。    

     

     

         ☆            ☆           ☆

「軽~い感想」のはずが、「堅~いレビュー」に近くなったから、最後に通

俗的な感想に戻ろう。演技力とか台詞回しはともかく、黒木メイサはやっ

ぱり絵になるね♪ 最後近く、古代のパルスガン(?)に撃たれて気を失っ

た黒木が、静かに横たわるシーンだけでも美しかった。

   

あの時間の長さを考えると、制作サイドも自信を持ってたはず。独特の東

洋的ルックス、長い黒髪、スレンダーなスタイル。流石は人気モデルだ。

ま、イスカンダルと一体化した憑依シーンは、突然ユニクロのCMが始まっ

たのかと思ったけど♪

      

それにしても、単なる流し見だったせいか、いつの間に子供が出来たのか

分からなかった(笑)。そうゆうラブシーンを私が見逃したのかな。映画公

開当時、年末恒例のバラエティ『美女と野獣クリスマス2010』で、キムタ

クの「波動砲」がネタにされてたのを思い出した♪ あるいはゴールデン

タイムの放送用に、138分の映画の核心部分がカットされたとか、ディレ

クターズ・カットなら凄いシーンが入ってるとか。

         

あの子供の父親、実はキムタクじゃなくて・・・とつい想像してしまった視

聴者は、日本中に500万人くらいはいらっしゃるだろう・・・・・・とか、他人

事のようにつぶやいた所で、今夜はこの辺で。

           

あっ、そうそう。もう一言だけ。バイク(=オートバイ)に乗ってる者として

ちょっと感心したのは、放射能除去能力の証拠が示された場面。キムタ

クが防護ヘルメットを脱いだ時、髪型が全く崩れてなかったのだ。小道具

やヘアメイクの力も含めて、流石はここ20年間のトップ・スター。隙が無

いね。髪質がしっかりしてるのかも。

          

テレビ離れが進む私が見たくらいだから、視聴率は高そうだけど、20%

確保できたかどうか。明日の発表に注目しよう。ではまた。。☆彡

             

   

   

P.S. 関東の平均世帯視聴率はまさかの7.9%。連ドラと比べて映画

     の視聴率は全般的に低いのだが、それにしても厳しい数字だ。。

       

   

cf. 完璧な重層的リターンという奇跡~『ロングバケーション』最終回

   なぜ明日の太陽を見ないのか~『華麗なる一族』最終回

   キムタクは素うどんかたぬきで♪~『CHANGE』第1話

   脳科学コメディーの綱渡り~『MR.BRAIN』第1話

   キムタク=木村拓哉主演ドラマ、視聴率の推移&『月の恋人』第4話

   2つの月が照らす太陽のハート~『月の恋人~Moon Lovers~』最終回

   鉄の悲劇から犬の感動物語へ~『南極大陸』第1話

     

                                (計 4528文字)

| | コメント (3) | トラックバック (2)

「毎日安売り」vs「時々大安売り」、デフレ下のスーパーの闘い

RUN 14km,1時間04分37秒,心拍測定できず

  

ちょっと古いけど、半月前の3月24日、朝日新聞・朝刊の経済面に、「デフ

レで続く圧縮策 スーパー『毎日安売り』」という見出しの記事が掲載されて

た。シリーズ「岐路に立つ産業」の第4回。日本人なら誰でも実感しやすい

ネタだろう。

       

急に半月前の記事を思い出したキッカケは、今日の朝刊の折り込み広告

を見て、オヤッ・・と思ったから。1年半前に、値下げ競争で近所のスーパー

が危ないって話を記事にしたけど、ますます苦戦中のそのスーパーが一気

に値段を下げて、あからさまに他店への反撃を宣言してたのだ。肉、卵、

その他、今までの大安売りより更に10~15%くらい下げた値段になって

て、確かにトップクラスの安さだと思う。

       

ただし、それはごく一部の品物だけであって、他の物は安くない。店とし

ては、他の物を一緒に買ってもらえば採算が取れるんだろう。まあ、そん

な事より、他店に移って行くお客さんを引き留めるのに精一杯の状況か

も知れない。実は私も、ついにこの店をほとんど使わなくなってしまった

のだ。裏切り者みたいで、ちょっと申し訳ないけど。。(^^ゞ

    

     

         ☆          ☆          ☆

もともと、ウチの周辺には色んなスーパーがあって、ごく一部の特殊な店

を除くと、種類と言うより値段、つまり安さを競ってる。今までも、あちこち

使うことはあったけど、場所の便利さの点から、例の近所のスーパーを一

番多く使ってた。

   

ところが最近、その近くに、「毎日安売り」のスーパーが出来たのだ。元祖

「エブリデー・ロープライス」、米ウォルマート傘下の西友ではないけど、戦

略的には同様の店。凄く安い商品は少ないけど、全体的にいつも安いか

ら便利ではある。放射能の風評被害にあえぐ東北産の牛乳を堂々とプッ

シュしてる所も好感できる点で、最近はそれを買うのが習慣になった。

         

で、冒頭に触れた朝日の記事によると、「『時々大安売り』の店から『毎日

低価格』へ、スーパーが動き始めている」らしい。具体例としては、西友の

成功以外に、イオン系列の「ザ・ビッグ」とダイエー系列の「ビッグ・エー」を

挙げてた。どちらも、出店を加速させるようだ。

    

ダイエーの筆頭株主はイオンだから、西友にイオンが追随した形と言える

かも知れない。たぶん、主力商品はイオンの低価格ブランド、トップバリュ

(TOPVALU)だろう。昔、ダイエーが独自の低価格ブランドを出してた頃

は、あんまし売れてなかったと思うけど、長引くデフレの中、消費者の選択

もシビアで実用的になって来たということか。イオンはここ数年、セブン&

アイと並んで業績好調。スーパー2強の地位を築き上げてる。ちなみにイ

オンの本体は、旧・ジャスコだ。

        

   

        ☆          ☆          ☆

「毎日安売り」戦略だと、少なくとも理屈上は、広告費を削りやすいだろう。

でも消費者としては、チラシで大安売りを探す楽しさを奪われてしまう♪

「毎日安売り」店で98円で売ってる物は、「時々大安売り店」だと普段が

128円、大安売りで78円って感じだろう。この78円を見つけるのが小市

民の喜びだったりするのだ(笑)。

    

実際、朝日の記事は触れてないけど、「時々大安売り」でも成功してる店

はあるし、例の面白グッズ販売のドン・キホーテも、どちらかというと「時々」

タイプ。ディスカウント・ショップ扱いされることはあっても、普段の値段は

決して安くなくて、むしろ定価とか標準価格販売だろう。それでも、個性的

な品揃えと陳列の仕方で人気を保ってるわけだ。

     

ま、小市民としては、いいトコ取りの「毎日『大』安売り」店が欲しい所だけ

ど、差し当たりは「毎日安売り」店を基本にして、たまに「時々大安売り店」

の特売商品だけ買うことにしよう♪ セブン&アイ・グループのセブンイレ

ブンとか、平気で高い値段をキープしてるコンビニなんてものは、なるべく

使わず、立ち読みだけにして(コラコラ・・)。

     

そうは言っても、出来心でムダな買い物1つしただけで、些細な節約努力

なんて吹っ飛ぶんだけどね。あるいは、安い食品を買い過ぎて、余って捨

てるとか。。(実話) (^^ゞ

     

    

          ☆          ☆          ☆ 

最後に、今夜の走りについて。本当は余裕があったんだけど、パソコンの

中身の整理をしてる内に時間が無くなって、結局14kmしか走れなくなっ

てしまった。ハードディスクがCドライブもDドライブも一杯になって来たか

ら、不要なファイルを処分しなきゃヤバかったわけ。

           

やっぱし、地デジのテレビ録画ファイルが重過ぎるんだよな。とりあえず、

バンクーバー五輪のカーリングの録画を削除するだけでスッキリした。あ

の頃のプチ・フィーバー、懐かしいね♪

     

で、走りの方は、ボチボチかな。まだちょっと膝が怪しいから、一歩一歩注

意しつつ、1km4分35秒くらいを目標に、スタスタ、ハーハー。ちょっと脚

が重かったのは、疲れだけじゃなく、気温の高さもあったかも。夜なのに

15度もあったから、汗ビッショリになった。あっ、湿度が90%もあったの

か! いずれにせよ、そろそろタオルが必要だね。桜は満開、気温もポカ

ポカなのに、今夜もなぜか花見客は少なかった。

   

トータルでは1km4分37秒ペース。ほぼ目標通りなんだけど、回復が遅

れてる感はあるな。僅か14kmなら、3分57秒ペースでもおかしくないん

だけどね♪ ま、つい先日まで5分台でヨロヨロ走ってたんだから、こんな

もんか。とにかく、板橋Cityマラソンのダメージその他で、予想外に「低迷」

が長引いてる。そう言えば、「テイメイ」のRUN&BIKEって検索が昔続いて

たのを思い出した (^^ゞ   

         

明日の夜は雨の予報だから、ランニングはお休みかも。それにしても、味

方の打撃に助けられて大リーグ初勝利を手にしたダルビッシュも大物だけ

ど、4打数3安打で完勝したイチローはまだまだ凄いね。日本での開幕戦

の大活躍にも脱帽だった。それでは。。☆彡

     

     

 往路(2.45km)   11分58秒  心拍測定できず  

  1周(2.14km)    9分45秒   

  2周            9分47秒       

  3周           9分46秒 

  4周           9分40秒

  5周(0.54km)   3分37秒   

 復路          11分05秒   

計 14km      1時間04分37秒 

               

                                 (計 2496文字)

| | コメント (0)

せっかく準備したネタを書けないことに気付いた夜・・

通勤JOG 4km,24分程度

     

手抜き記事でブログの毎日更新を済ませようとして、逆にドツボにハマっ

ちゃうことがあるけど、今夜がまさにそうだった (^^ゞ あぁ、こんなヒマが

あったら、近所でジョギングした方が良かったかも。ま、そう言いつつも止

められないのが、マニアック・ブロガーの哀しい性(さが)なのだ♪

    

今夜はある生活ネタを軽く書こうとして、ネットで情報を探してみたわけ。

ところが、公式サイトの類、ウィキペディア、ニュース検索、普通の検索、

あれこれやっても、なかなかいい情報が集まらない。要するに、まだわり

と新しい情報だし、ちょっと「ニッチ」(隙間)っぽい話なんだろうね。まあ、

それでも多少の情報をかき集めて来て、では記事の形にまとめようか

な・・・と思ったんだけど、ついさっき、ふとマズイ事に気が付いた。

       

ややマイナーな話を正確に書くと、色んなプライバシーを守れないから、

品行方正なブロガーとして感心しないのだ。失敗した・・・ここまでの地味

な努力は何だったんだ。。ま、勉強には一応なったけどね。仕方ないから、

もうちょっとメジャーな話題になった後で書くことにしよう。たかが2年後く

らいでしょ・・・って、遠すぎるわ。。(^^ゞ

        

    

         ☆           ☆          ☆

そうゆう訳で、珍しい失敗をしてる内にもう24時の締切時間が迫ってるし、

私はまだ晩ご飯も食べてないのだ。しっかりお仕事して、帰宅が21時過

ぎ。その後、着替えて、しばらくレモンスカッシュを飲みながらボーッとして、

メールやアクセス解析その他をザッと見て、ブログ記事用の調べものに

ずぶずぶハマったら、もう23時半なわけ。もうブログは終わりにしよう。

ちょっと、ボーッとしてる時間が長かったかも♪ 

       

そうそう、今日は昼間、暑かったんだよなぁ・・・と思って気温をチェックす

ると、何と25度☆ 初夏かよ! 朝の気温は7度だから、僅か6時間ほ

どで18度も上がったことになる。道理で、レモンスカッシュなんて珍しい

ものが欲しくなったわけだわ。いや、毎度お馴染みのコカ・コーラももち

ろん飲んでるけど、それは白飯みたいな主食だから別なのだ♪

           

ちなみに「レモンスカッシュ」。『大辞泉』だと、レモン果汁に甘みをつけて炭

酸水で割ったものとされてて、私もこれが正解だと思ってた。ところが、オー

ストラリア&ニュージーランドでは、レモン果汁で濁ってたら「レモンスカッ

シュ」だけど、無色透明なら「レモネード」と呼ぶらしい(アメリカ以外の英語

圏の傾向かも)。単なるレモン水みたいに聞こえちゃうけどね。それどころ

か、単なるレモン果汁を「レモンスカッシュ」と呼ぶこともまれにあるとか。

スカッとしないだろ♪

  

☆追記: 「レモネード」=lemonade の語尾のadeは水を表す接尾辞かと

       思ってたけど、英語版wiktionaryを見ると、単に飲み物を指

       すらしい。それなら、レモンスカッシュやレモン果汁のことを「レ

       モネード(=レモン飲料)」と呼んでもおかしくはない。)

          

ウィキペディア、信用していいのかどうか分からないけど、もう自分で調

べる時間がないから、単なる請け売りに留めとこう。試しに、スカッシュ

(squash)って英単語を英和辞典で見ると、やっぱり果汁入り炭酸飲料

なんだね。オレンジだったらオレンジスカッシュ。この用法が英語の基本

なのだ。スポーツだったら、単なるスカッシュ。そりゃ、別の用法か♪    

     

なお、今日の走りは通勤ジョギング4kmのみ。ようやく、堅い革靴でも

走れる所まで回復したし、階段を一段飛ばしで降りることにも成功。少

年かよ! ま、単に時間が無くて慌ててたってだけのことだけど。今日

は色々、意外な事件が連発して焦ったんだけど、もうそれは省くとしよ

う。ではまた。。☆彡

    

                               (計 1538文字)

| | コメント (0)

SMAP『世界に一つだけの花』、オンリーワンという歌詞の意味ほか

(☆16年12月27日追記: 新たにSPの記事をアップ。

 『SMAP×SMAP』最終回、

  スタッフとFAXのお花畑でさよなら・・「じゃないよな」♪ )

   

   

    ☆        ☆        ☆

RUN 12km,59分19秒,心拍測定できず

    

昨日(4月7日)の朝日新聞・朝刊別刷beで、大型連載「うたの旅人」が扱っ

たのは、日本人なら誰でも知ってそうな『世界に一つだけの花』だった。ここ

15年以上、芸能界のNo.1クラスをキープし続けてる大御所ジャニーズ、

SMAPの最大のヒット曲で、シングルの売上は275万枚(朝日)。ウィキペ

ディアを見ると、オリコン歴代シングルチャート9位、21世紀だけなら1位

らしい。

     

今日は、ランニング日誌のオマケとして、この歌詞を考察してみよう。無用

な誤解や反発を防ぐためにあらかじめ書いとくと、私は男だしファンでもな

いけど、SMAPや木村拓哉にはわりと好意的な方だと思う。キムタクその

他のドラマレビューで、冷めた見方を書くことはあるけど、『華麗』『ロンバ

ケ』『僕の歩く道』には好意的。SMAPの番組はたまに見て面白がってる

し、『全力坂』なんて企画は特にお気に入りだ。

     

ただ、この『世界に一つだけの花』(以下、『花』と略記)の歌詞は、「昨日ま

で」あまり趣味ではなかった。アンチというほど嫌いなわけじゃないし、メロ

ディーだけなら心地良い。でも、「No.1よりOnly one」という発想が根本

的に引っ掛かるし、「No.1のグループが、No.1になれなくてもいいと歌

う『花』を、No.1になれない普通の人達が喜んで、No.1ヒットに育て上げ

る」という社会的構図もどうかという気がする。一部の知識人(左派・リベラ

ル)による持ち上げ方(反戦歌、君が代の代わりの国歌扱いなど)にも共

感できなかった。

         

それが、昨日の朝日の記事をキッカケにして、「まあまあかな」と思えるよ

うになったのだ。相変わらず、いいとも好きとも思わないけど、これまで思っ

てたほど悪くもない歌詞かなって感じだ。ポイントはやはり「オンリーワン」

という言葉=概念の受けとめ方だろう。。        

   

     

         ☆         ☆          ☆  

恥ずかしながら私は昨日まで、『花』のサビの歌詞を、「もっともっと特別

なOnly one」だと思ってた。正しくは、「もともと・・・」。試しにGoogleの検

索オプションを使って正確に調べると、「もっともっと・・・」と書いてる記事

が約4680件ヒットするから、私以外にも勘違いしてる人は結構いるよう

だ。ひょっとすると、制作サイドでわざと誤解を狙ってる可能性もあるけど、

まあそれは単なる推測として、こだわらないことにしよう。

       

「僕ら」は「もともと特別な」存在だとすると、オンリーワンというのは一見、

何もしなくていいような気がしてしまう。努力も競争も避ける、非常に怠惰

で甘えた生き方の甘ったるい肯定ソング。そう解釈できなくもないけど、少

なくとも作詞家・槇原敬之としては、そんな事を言いたい訳ではなさそうだ。

     

朝日には、『花』の作者の「真意」として、次のように書かれてる。「自分に

植えられている種を真剣に見つめて、きちんと水をやろう。そうすれば相

手にもその種があることに気付くはず。競う相手は他人ではなくて自分自

身だ」。さらに、記者(渡部薫)がまとめた形で、「競争を否定もしないし、個

性偏重でもない」と書いてある。ちなみに記事全体の大見出しは、「『オン

リーワン』の真意」だ。

       

この手短な説明から考えると、自分に植えられてる種=可能性はもともと

オンリーワンだけど、それを現実に十分開花させるには、水=配慮&努

力が必要だということだろう。あくまで、自分の種をキレイな花に育て上げ

ることが一番重要。でも、その過程で、他人の種や花の価値にも気付くは

ず。作詞家としては、そうゆう事が言いたいようだ。

    

    

        ☆          ☆          ☆

ただ、解釈の仕方は各個人の自由だという話は当たり前として、槇原の

意図に従って考えても、別にNo.1を目指そうが他人と比べようが、ほと

んど問題ないはずだろう。

            

スポーツ、文化・芸術、実業その他、他人と競い合う中で、自分の種の

性質や育て方が分かることもあるだろうし、水のやり方として競争とい

うのは効率が良かったりもするのだ。逆に競争とか比較なしでは、水の

量が足りなかったり、変に甘い水をかけて種をダメにしてしまう恐れもあ

る。競争・比較には、現実的な価値や必要性があるし、人間として自然

でもあるし、面白かったりもするのだ。

      

そうした点を考えると、『花』の歌詞の中盤で、「比べたがる」ことや「一番

になりたがる」ことをハッキリ疑問視してる点が奇妙に感じる。比べてもい

いし、一番を狙っても取ってもいいはず。そもそも、比較や競争をしたが

ること自体も、ほとんどの人にとって、自分の種の基本性質なんだから。

      

それぞれオンリーワン(唯一つ)と言っても、共通の性質は多々あるから

こそ、同じ人間なのだ。そして、共通の性質の主要な1つが、他人との比

較や競争の中で自分という存在を生きていくことだろう。比較や競争とは、

種や花にとって余計なものとは限らず、水やりや花そのものかも知れな

いのだ。特に、他人との比較なくして、自分の種や花の認識は難しい。

            

本当は、槇原もそんな風に考えてると私は思う。ただ、世の中の現実とし

ては、競争や比較があまりに強調され過ぎてるから、それへの一時的で

表面的な対症療法として、自分自身を見つめて育てればいいんだよ、と

温かいエールを送ってみた。みんなに対しても、また、どん底を味わった

自分に対しても。そんな所が「真意」ではないだろうか。。

    

    

        ☆          ☆          ☆

少し視点を変えると、他人との比較や競争より自分を大切に磨こうという

考えは、仏教的なものだ。他人より、ひたすら自分。槇原がSMAPのアル

バム用に『花』を書いたのは2002年。覚せい剤で逮捕されて、執行猶予

3年の有罪判決を受けてからちょうど3年目だから、まだ執行猶予中の身

分で書いた曲かも知れない。

      

事件後、彼は仏教に傾倒したようで、翌年(2000年)のゴールデンウイー

クには、山梨県の日蓮宗総本山、身延山・久遠寺を訪れたそうだ。朝日

の記事「うたの旅人」での旅先も、その久遠寺。ここで、彼の姿を見た観

光客が騒ぐ中、僧侶は静かにお経を唱え、「芸能ヒット祈願」と書いたお

札をそっと渡してくれたとの事。

    

そんな風に、ちゃんと他者に接し、寄り添う歌を届けたい。そう考えて、年

末からアルバムを次々に発表。やがて02年に、文字通り大きな『花』が

咲いたわけだ。まあ、現実問題として、7億円の借金を返すために必死

に頑張ったという部分もあると思う。

    

ところで、その仏教というものが、なぜ他人との比較や競争を必要としな

いのか。そこを具体的に追求すると、悟りの境地とかいうキレイ事ではな

い。ごく一部の聖人を除けば、要するに他人から特別扱いしてもらってる

からだ。

    

一般人なら、生活していくために必然的に比較や競争に巻き込まれる所

だが、仏教の世界では周りからお金や物が自然に手に入る。しかも、それ

はしばしば相当な金額や量なのに、僧侶たちはそれを普通の事だと考え

てる感がある。

             

戒名1つ、葬式1回で数十万円~数百万円。法事で10分のお経を唱え

れば1万~数万円。一般社会ではあり得ないくらい効率のいい金儲けを

する一方で、競争より自分を見つめようとか言われても、それは前提が

違うと言いたくなるし、あまりにも浮世離れし過ぎた態度にも感じる。葬式

その他の簡素化が人々に望まれる中、今後は仏教も、比較や競争と無

縁ではいられなくなるかも知れない。

     

念のために言い添えると、私は数ある宗教の中では仏教に親しみを感

じてる。お寺は好きだし、お経も嫌いじゃない。ただ、現実の仏教のあり

方にはおかしな部分も少なからずあって、その奇妙さがやがて、『花』の

歌詞のやや不自然な競争否定&自分重視につながってるのだと思う。

    

   

        ☆          ☆          ☆

結局、普通はお寺や法事が年に数回で十分なのと同様、『花』も年に数

回程度で十分だろう。迷ってたリ、疲れてたリする時、特別な支えになる

かも知れないが、「もともと特別なオンリーワン」という甘いささやきには、

誤解や中毒の恐れもある。もともと特別であっても、それを育てることの

は大変なことだし、比較や競争を避けたままでは自分の種がダメになる

どころか、周囲の他人の種や花にも悪影響が及ぶ恐れがあるだろう。

        

という訳で、『花』のメロディーはもともと嫌いじゃないし、歌詞へのネガティ

ブな思いは薄らいだけど、やっぱり私にとっては、微妙な曲のままなのだ。

まあ、槇原も、わかったフリをされるより色々言われる方が嬉しいそうだか

ら、この程度書いとけば喜んでもらえるだろうと信じてる。。

     

   

P.S. 11月5日のJASRAC(日本音楽著作権協会)の発表によると、過

     去30年間の著作権使用料(カラオケ、テレビ、ラジオ)の第一位は

     『花』。日刊ゲンダイは6日、この10年の印税収入を10億円と見積

     もってた。

    

     

        ☆          ☆           ☆

最後に、No.1からは程遠い市民ランナーの今夜の水やり=走りにつ

いて♪ No.1ソングの考察に時間を取られて、オンリーワンである自

分のためのランニング時間が大幅に削られてしまった (^^ゞ

    

僅か10kmずつだけど、金・土と走ってるし、よっぽど今日は止めようか

と思ったけど、汗という水を自分の種に与えようってことで、軽く12km

だけ走ってみた。相変わらず、両膝をかばった不自然な走りだけど、お

かげで痛みはほとんど無し。疲れもそれほどでも無くて、適度なスピー

ドで無難に走り終えて帰宅。

   

トータルでは1km4分57秒。心拍は高めだと思うけど、落ち込んだ体

力が少しずつ回復してるのは間違いなさそうだ♪ 明日は仕事が忙し

いから、たぶん休むと思う。

            

ちなみに公園の花=桜は満開に近いと思うのに、夜遅くだったからか、

花見客はごく僅か。一昨年まではもっといたと思うけど、大震災の自粛

120408

 の余韻が残って

 るのかな。まあ、

 流石に昼間の上

 野は、大勢の人

 で賑わってたと

 いうお話だ。

   

 左は、ウチの

 「近所に一つだ

けの花」。夜桜のつもりだけど、たとえ他の花でも、「どれもみんなきれい」

だからOKなのだ♪

           

120408b

 なお、今週は合

 計18885字。

 土日の長文で、

 まずまずの量に

 到達した。では、

 また明日。。☆彡

     

      

    

 往路(2.45km)   13分10秒  心拍測定できず  

  1周(2.14km)   10分32秒   

  2周           10分32秒       

  3周          10分23秒 

  4周(0.68km)   3分27秒   

 復路          11分16秒   

計 12km      59分19秒 

    

                   (計 4192文字)

         (追記 74字 ; 合計 4266字)

| | コメント (0)

山P=山下智久『Cross Space』(クロス・スペース)、初回の感想ほか

RUN 10km,46分18秒,心拍計まだ発見できず

     

私は男だし、ウチは当然ファンサイトじゃないから、あんまし特定のジャニー

ズを扱うのは気が引けるんだけど、熱心な営業活動(笑)に敬意を表して、

試しに1回、聞いてみることにした。東京FM系列で4月6日の23時30分

にスタートしたラジオ番組、山下智久『Cross Space』(クロス・スペース)。

聴くと当然、感想を書きたくなるし、感想を書き出すと長くなって、結局は

レビュー=批評に近くなっちゃうのだ♪

       

「クロス」とは、「交差する・させる」、「組み合わせる」といった意味だから、

山Pが色んなものとクロス=交差しながらお喋りする番組。スタッフ・ブロ

グを見ると、上側に

    山下智久× □ =???

と書いてある。何かと掛け合わせて、化学反応みたいに新たなものを創

造したいわけだろう。

        

ただ、cross の語源は「十字架」であって、人間に与えられた死の運命の

象徴でもある。主演ドラマの関係もあって、ここ数ヶ月の彼がかなり死を意

識して来たことを考えると、番組タイトルは「十字架の間(ま)』という興味

深い意味も秘めてるのだ。実際、初回の内容でも、死の話が2回も登場し

たのだった。。

      

     

         ☆          ☆          ☆

では、初回の内容を見て行こう。実は、ラジオを真面目に聴くことなんて

滅多にない機会だから、直前のキムタク=木村拓哉の『What’s up

SMAP』(ワッツ・アップ・スマップ)も聴いてみようかなと思ってたんだけ

ど、例の電車乗り換えミスもあって、時間が無くなった。

      

私が10kmの短いランニングから帰宅して、慌ててラジオをつけたのが

23時25分頃。SMAPの新曲『さかさまの空』が流れた後、誰か謎の男

性の録音トークが入って、キムタクがその名前を当てようとしてた。今ま

で2回くらいしか聴いてないけど、いかにも彼らしい、クセのある滑らかな

トーク♪ 

    

例えば、SMAPのテレビ生放送(『がんばりますっ!!』かな)のPRをす

る際には、皆さん頑張ってアラ探ししてください、とか言うのだ(笑)。SM

APの中だけでなく、ジャニーズの中でも、こうゆう事をサラッと口にする

タレントは珍しいと思う。それでいて、嫌みがない所が超大物なわけだ。

      

  

         ☆          ☆          ☆

で、その後、外国人が「トモヒサ ヤマシタ」とか読み上げて、いよいよ智君

のご登場。初めてのラジオDJだけあって、喋りが堅い♪ 『ルート66』

自然体と天然ぶりを見た後だから、尚更そう感じるのかも知れないね。ま、

あの堅さがまた「カワイイ!」とか「初々しい」ってことになるのかも。

       

番組やタイトルの意味を型通りに軽く説明して、1曲目は、Red Hot Chili

 Peppers 『Dani California』。やたら渋い曲だけど、カリフォルニアの

若い女性ダニーの死を悼む曲だから、要するにルート66への思いを込め

たってことだろう。実際、すぐ後のトークはしばらくルート66の話だった。こ

れが死者の歌なのは偶然かも知れないけど、注目に値する点でもある。

   

初回のこの日は、山P自身とのクロスってことで、もっぱら自分の話をした

んだけど、当然大きな体験として、アメリカ横断旅行を振り返ることにな

る。『ルート66』を見てた人なら、すぐに「ナメック星」の映像とかが浮かん

だことだろう♪

         

細かい話だけど、ルート66が「4000km」って表現(テレビでは3755km)

はいいとして、「日本列島2往復」(?)って表現はちょっと引っ掛かるかも。

「2往復」は私の聞き間違いかも知れないけど、要するに日本の2倍だと言

いたかったはずだ。

            

でも普通、日本列島(全体)は約3000kmとされてるし、本州だけなら

1300km。あえて「2000km」で検索してみると、テレビの企画ツアーや

個人旅行の移動距離以外には、「南北」(縦方向だけの長さ)や「東西」

(横方向だけ)の距離、ネットワークの距離がヒットする程度だ。まあ、大

変な距離だと言いたかっただけだろうけどネ。

       

要するに彼は、誰かに聞いた話を素直に受け取ってるわけで、この辺り、

彼の良さでもあるし、幼さでもある。もうすぐ27歳、人から聞いたことを公

の場で話す時には、あらかじめ自分でチェックすることも必要なのだ。。

       

    

         ☆          ☆          ☆

おそらく、今この記事を読んでる人の多くはファンだろうから、そんな細か

い距離の話はどうでもいいと感じるかも知れない。でも、これは彼にとって

も、番組にとっても、本質的な問題なのだ。つまり、「クロス」すべき番組な

のに、あまりに素直で従順な性格だから、レシーブ(受け取り)とかリフレ

クト(反射)してしまう恐れがある。

    

『ルート66』をよく見れば分かるように、彼は他人の話はちゃんと聞くし(レ

シーブ)、自分の考えも一応話すけど、他人の話を自分なりに解釈=改釈

して独自のアウトプットを行う姿は見られない。普通に繰り返す(リフレクト)

段階に留まってる。この辺り、野心を持ってると自分で認めてる山Pとして

は、殻を破って先に進む際のポイントになるだろう。実際、彼が尊敬する

リリー・フランキーや福山雅治は、もう少し独自のものをアウトプットする人

間なのだ。

      

話をラジオの内容に戻すと、ルート66の道中に聞いた、母なる自然への

感謝の大切さとかを話した後、2曲目はLou Reed 『Walk on the 

wild side』。これまた渋い選曲で、アメリカのワイルドな大地を走り抜け

たイメージなんだろう。

   

その後、27歳っていう年は子供の時はすごい「大人」だと思ってたけど、

実際には凄い子供だったって話をして、尊敬する人の話題へと進む。例

によってリリーと福山の名前が出て、40歳なのにギラギラして諦めてない

所がカッコイイとのこと。この時、「どうせ死んじゃうんだけど一生懸命や

る」とかいう言葉を口にしたのだ。どうせ死んじゃうって言葉は、ルート66

のトークでも登場。26歳の超人気ジャニーズとしては珍しいだろう。

   

    

        ☆          ☆          ☆

最後のテーマは、ドラマと同じく、「最高の人生の終り方」。死んだ後は、他

人の心の中でしか生きられないから、いい思い出を持ってもらえるように

したい、とかいう話だった。再び、死の登場なのだ。私は、ドラマは3分の

1ほどしか見てないけど、ひょっとすると山崎努あたりがそんな話をしたの

かも知れないね。いずれにせよ、人気タレントらしい考えではあるし、一般

ウケもしやすいだろう。

     

ただ、興味深いのはその直後にかかった曲。Nancy Sinatra 『All By

Myself』。これはEric Carmenの有名な同名曲とは別物だけど、タイト

ルだけじゃなく、歌詞の内容も似てる。要するに、「オール・バイ・マイセル

フ」=「一人っきり」は淋し過ぎるということだ。

    

死んだ後の自分がどうなるか、正直分からないし、色んな考えもある。他

人の心の中でしか生きられないというのは、「1つの考え」だし、死んだ後

に他人にどう思われようと、もはや何の関係もない可能性も少なくない。

ただ、いま生きてる自分にとって、死んだ後、まだ生きてる人達に忘れら

れるのは辛過ぎることだろう。特に、人気絶頂のアイドルタレントとしては。

そしてもちろん、まだ生きてるみんなに思い出してもらえるのなら、良く思

われたいのは自然なことだ。

      

でも、生きてる人達に忘れられたからと言って、「一人っきり」とは限らな

い。あの世で他の死者たちや魂、神や仏と幸せに暮らすかも知れないの

だ。また、「一人っきり」が淋しいのは、生きてる間だけの煩悩かも知れな

いし、人恋しい今だけかも知れない。

         

山Pがリリーや福山の年代になった時には、『All By Myself』という曲

や言葉が全く別の意味を持つ可能性はあるだろう。つまり、「自分とは基

本的に『一人っきり』の存在だ」というポジティブ=肯定的な意味、あるい

は東洋的な諦念(静かな諦めの境地)に到達するかも知れないのだ。そ

の時には、「最高の人生の終り方」も全く違うものになるだろう。

     

番組のラストは、自分の新曲『愛、テキサス』を流しながらお別れ。思いや

経験を言葉にするのは楽しいし、伝えることは大切だ、とかいうまとめだっ

た。23時52分くらいの終了だから、30分番組というより25分番組だね。

流石に来週以降はもう、ファンの方々にお任せするとしよう。私は総合マ

ニアック・ブロガーではあるけど、あくまで一般男性だから♪

        

まあ、後に続く人気長寿番組『ジェット・ストリーム』なら、たまにBGMにす

るかも知れないね。超久々に聴いたら、またパーソナリティーが変わって

た。09年4月から、ドラマ『仁』の大沢たかおなのか。それにしても、45年

も放送が続いてるって、凄い人気だよな。。

          

    

cf. 山P=山下智久『ROUTE(ルート)66』最終回、最も美しきもの☆

   愛と死を目指して生きる~『最高の人生の終り方』第1話

    

       

          

         ☆         ☆          ☆

最後に、今夜の走りについて。16km前後のジョギングにしたかったの

に、あれこれ用事を片付けてたらまた時間が無くなって、前日同様、僅か

10kmのランニングに変更 (^^ゞ それでも時間が足りないから、ウォー

ミング・アップもそこそこに、最初からスタスタ走るハメになった。

     

まだ板橋Cityマラソン後のダメージ&サボリから回復してないし、昨夜ほ

んの少しスピードを出した後だから、両膝や左ふくらはぎが心配だったけ

ど、途中で右膝がほんの少しピキッとした程度で、後は問題なし。と言っ

ても、膝をかばって走ってるのは相変わらずで、特に着地の瞬間は気を

抜けない。不自然な力が加わらないように、自然に足を動かすことを心

がけつつ、ハーハーゼーゼー、本調子から程遠い状態で頑張る。

   

トータルでは1km4分38秒ペース、2周目だけなら1km4分29秒ペー

スで走ることが出来た。まだまだ遅いけど、少しずつ回復してるね♪ 明

日もジョギングか自転車で汗を流すとしよう。変な痛みが出てなければ。

          

それにしても、心拍計のトランスミッターがなかなか戻って来ないな。今

夜なんて、心拍見ながら走れば充実感が増してたと思うのにね。ま、置

き忘れたのは自分だから、自業自得ってことか (^^ゞ 深く反省しよう。

ではまた。。☆彡     

      

        

 往路(2.45km)   12分22秒  心拍測定できず  

  1周(2.14km)    9分55秒   

  2周            9分35秒       

  3周(0.82km)    3分45秒   

 復路          10分41秒   

計 10km        46分18秒 

           

                                (計 4215文字)

| | コメント (2)

電車の乗り換えミスはするし、心拍計は見つからないし・・

RUN 10km,47分31秒,心拍測定できず

通勤JOG 3km,18分程度

    

疲れてるなぁ・・。昨日は朝からマヨネーズ・パンをベチャッと落として後始

末に追われるなんていう、子供みたいなミスをしたけど、今日はまた信じら

れないミスをして、走る時間が30分以上も減ってしまった。いつも乗ってる

通勤電車の乗り換えミス。しかも、10分以上も気付かなかったのだ (^^ゞ

こんなの、初めて~~とか遊んでる場合じゃないネ。

   

「現象には必ず理由がある」って言葉は、ガリレオ・福山雅治の決まり文

句だけど、私のミスにもちゃんと理由がある。疲れや寝不足に加えて、今

日は電車内で仕事に熱中してたのだ。

    

家に着くまでに一仕事終わらせたかったから、途中のA駅でわざとスピー

ドの遅い電車に乗り換えようと思ってたのに、いつの間にかA駅を通り過

ぎてしまって、B駅に到着。しまった!と思って、あわてて電車を降りて、同

じホームの反対側に止まってた電車に飛び乗った。

       

これ、A駅でよくやってる事なんだけど、B駅では初めて。何か変だなぁと

思いつつ、またイスに座って仕事を続けてたら、あり得ない駅のアナウン

スが聞こえて来たから、ようやくミスを認識。あわてて逆戻りしたけど、居

眠りしてた訳でもないのに、おそろしく幼稚なミスだね。これさえ無ければ、

今夜は14~16kmくらい走れたはずだった。

    

まあ、おかげで電車内での仕事ははかどったから、悪いことばっかでもな

い。前に記事を書いた、漢文の「塞翁が馬」って話にちょっと近いかな。人

生、何が良くて何が良くない事なのか、すぐには分からないのだ。それにし

ても、職場や図書館より、空いてる電車の座席で仕事する方が好きだって

人間、私だけかね♪ 適度な雑音、振動、景色の変化が、心地良いBGM

みたいな役割を果たしてくれるのだ。。

    

   

         ☆          ☆          ☆

一方、一部の常連さんは不思議に感じてただろうけど、今週のランニング

系記事には、「心拍測定できず」って言葉が書いてある。実は、しばらく瀬

戸内海に行ってた間に、胸に付けるトランスミッター(送信機)を紛失してし

まったのだ。大体どの辺にあるかは分かってるのに、まだ発見できてない。

私が自分で探せば一発だと思うけど、あちらの知り合いに頼んでる関係で、

なかなか発掘作業が進展しないのだ。

                  

トランスミッターが無くても、手首の腕時計型レシーバーだけで、ラップ(区

間)タイムは測れる。ただ、7年近くもずっと心拍を見ながら走ってるから、

心臓の頑張り具合を数字で確認しながらでないと、落ち着かないのだ♪

スピード、呼吸、しんどさなどから、心拍数は推測できるけど、推測と実測

とのズレはやっぱり少なからずある。調子がいい時は実測値は低めにな

るし、悪い時(ここ1ヶ月半とか)は高めになるのだ。

    

ま、心拍計とか関係なしに、走り続ける必要はある。電車の乗り換えミス

で僅か1時間ほどしか走れなくなったけど、帰宅後にサラッと着替えて、公

園に出発。昼間は暖かかったのに、夜になって急激に寒くなったね。今日

はもう4月6日で、昼間は暖かかったのに、走った時の気温は8度しかなく

て、また手袋を使用。最後まで外さなかった。

      

走りの中身の方は、少しずつマシになってるけど、回復が遅い気はするな。

まだ両膝(特に右)が怖くて、意識的に膝を曲げたまま走ってる。危ないの

は着地後の0.2秒くらいで、そこから後方へのキックまでは一応大丈夫。

ただし、左足はふくらはぎ痛もあるから、キックは弱めになる。結局、右足

を後ろにキックするだけで前進するような、ぎこちない走りが精一杯。

       

それでも、距離が短かったこともあって、トータルでは1km4分45秒ペー

スでクリアできたし、2周目だけなら1km4分半ペースで走れた♪ やっぱ

り、膝さえ治れば4分半にはすぐ戻せるね。後は、心肺能力の低下&不

調をどうにかしなきゃいけない。特に心拍は、1ヶ月半もの間、7くらい高い

ままだから、困ったもんだ。ちなみに公園の桜は、7分咲きくらいだったか

な。それにしては、金曜の夜にも関わらず、花見客が少なかった。そうそ

う、あと今日は、堅い革靴の通勤ジョギングも3km出来たんだった。

    

あぁ、もう眠さの極致。。最近なぜか、眠りが浅いことが多いから、夢を見

るのが楽しみだったりする♪ もうほとんど忘れちゃったけど、昨夜も面白

い夢だったな。ま、20歳くらいの時の日記に、「眠りに逃げ込むな!」な

んて書いてあるんだけどね (^^ゞ 当時は生活リズムがグチャグチャだっ

たこともあって、睡眠時間の合計が多かったと思う。細切れの睡眠を何度

もとってたのだ。懐かしい。。

      

   

         ☆          ☆          ☆

最後に一言、オマケを付け加えとこう。いまや人気女優の座に昇りつめた

吉高由里子が、ツイッターで奇妙な絵を披露して話題になってるらしい。4

月4日の「こんばんは」とだけ書いてるツイートに、リンクが貼ってあって、

クリックすると大きな画像が登場。現在それを見た人間は21万人超(!)。

と言っても、フォロワーが81万人もいることを考えると、それほどでもない

のかも。

       

絵の内容は、吉高が空き時間に描いた落書きみたいな絵だと思うと面白

いけど、絵描きの作品だと思うとごくフツーでしょ。ま、本人もよく分かって

るようで、「この位しか書けない 絵がうまくなりたい だれかだれか おし

えてください」なんて書き込んでる所が可愛いね♪ 

          

ちなみに、「塀の中」のホリエモンも、吉高のことはお気に入りらしい。私自

身は、まだ彼女があんまし売れてない時、『あしたの、喜多善男』第1話

すぐ絶賛したのが小市民的自慢だったりする(笑)。って言うか、この超低

視聴率ドラマを評価してレビューし続けたことの方が自慢かも。実はその

後、地味に検索アクセスを集め続けてるのだ。ま、吉高にとっても記念す

べき出世作だろう。

      

では今夜は、そろそろこの辺で。。☆彡

    

   

 往路(2.45km)   12分52秒  心拍測定できず  

  1周(2.14km)   10分15秒   

  2周            9分38秒       

  3周(0.82km)   3分57秒   

 復路          10分49秒   

計 10km       47分31秒 

               

                                (計 2460文字)

| | コメント (0)

マーフィーの法則の実体験&私の好きな色の晴れ着写真♪

マーフィーの法則」(Murphy’s law)というのは、かつて日本で流行って

た時(90年代半ば)にはあんまし面白いと思わなかった。ところがその後、

ジワジワと面白さが滲みて来たから、本も買っちゃったし、数ヶ月に1回く

らいブログに書いて遊んでる♪

     

要するに、「良くない事(の組合せ)は意外なほど高い確率で起きる」、とい

哀しい経験則、あるいは実感を、ユーモア混じりに語ったものだ。アメリ

カ空軍のマーフィー大尉が名前の由来と言われてるが、バリエーションは

無限で、世界各国で色々と語られてる。

    

日本版ウィキペディアが最初に挙げてる具体例は、

   「落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、

    カーペットの値段に比例する」。

   

もっと簡単に言うと、

   「トーストを落とすと、バターを塗った面を下にして着地する」

だろう。英語版ウィキの参照文献を見ると、

   「Toasted bread lands butterd-side-down」

と言うらしい。

    

私は今まで、これは子供っぽい例だなと思ってたけど、今朝ホントに自分

で経験してしまった (^^ゞ 流石は平成ブロガー。やっぱりまだ少年だったっ

てことか。。♪

      

   

          ☆          ☆          ☆

久々にマヨネーズ・パンが欲しくなって、食パンにマヨネーズをたっぷり塗っ

て焼いた後、いざ食べようとした時、うっかりポロッと落としてしまったのだ。

子供じゃあるまいし、パンを下に落とすミスなんて滅多にしないのに、眠気

と疲れのせいかね。ともかく、マヨネーズを塗った面を下にして着地したか

ら、忙しい朝なのに後始末に追われたわけ (^^ゞ 折角だから、3つのマー

フィーの法則にまとめとこう。

   

 「マヨネーズ・パンを落とすと、マヨネーズを塗った面を下にして着地する」

 「マヨネーズをたっぷり塗った時に限って、食パンを下に落とす

 「下らないミスの後始末に追われるのは、必ず忙しい時である」♪

       

    

ちなみに日本版ウィキは、「洗車し始めるとすぐに雨が降る」など、いくつ

かのマーフィーの法則には欠陥があると書いてる。要するに、法則と言う

より単なる印象に過ぎない、ということだろう。

   

無粋な突っ込みだってことは別とすると、もちろん、洗車し始めてすぐ雨

が降る確率は低いだろう。そもそも日本では、梅雨を除けば雨が降らな

いことの方が多いし、雨が降りそうな天気なら洗車を避ける方が普通だ

からだ。

   

でも、バターなどを塗ったトーストを落とす場合、バターの面が下になる確

は、1/2より高くても不思議はない。3/5(=60%)とか、4/7(=

57%)とか。

            

と言うのも、ジャムでもマヨネーズでも、塗った面を上にして持ってるから、

それが1m~1.5mほど落下する間に、半回転(180度)前後すると思

われるからだ。と言うより、1回転以上は考えにくい。他にも、塗った面の

方が重いだろうから、そちらが下になる確率が高いことは一応考えられ

る。調べれば、ホントに実験したアメリカの科学者がいそうだね♪ 総合

マニアック・ブロガーの私としては、そこまでこだわらない事にしよう。。

     

      

    

         ☆          ☆         ☆

では、今夜はこの辺で・・・と書くと、タイトルに合ってない記事になっちゃう

わな。ハイハイ、晴れ着の色ね。トップページで写真に添えて書いたよう

に、私は先日まで、瀬戸内海に出かけてた。そこで親戚の女の子の晴れ

着写真を見せてもらったら、まさに私の趣味の色だったのだ。

   

細かいけど、「私の好きな晴れ着の色」って言うより、「私の好きな色の

晴れ着」と言った方が正確だろうね。小学校低学年くらいまでは、黄色

好きだった覚えがあるけど、その後は男の子らしく黒っぽい色を好むと

同時に、いつの間にかパステルグリーンが好きになってた。

     

何度も書いて来たように、基本的にはおそらく、生まれ故郷の瀬戸内海

イメージだろう。浅くて水質のいい海が太陽でキラキラ輝く時、透明なエメ

ラルドグリーンに見えたのだ・・・という気がする。そもそも田舎の街だった

し、他にパステルグリーンの物は、身近で見当たらないのだ。

     

   

         ☆         ☆          ☆

という訳で、ウチのブログのテンプレート(背景の型)も、自転車も、パステ

ルグリーンになってる。グリーン(緑)と言うより、空色とか水色に近い方が

好みだ。透明な青緑って感じかな。他に、勉強や読書で使うライン・マーカー

の影響なのか、蛍光ピンクも好きになってた。

          

だからウチの記事の強調には、薄めの青緑とピンクを使ってるのだ。ただ

し、目で見やすいのはむしろ濃いだろうから、それも時々使ってる。あと、

細かいけど、「本当の私好み」(左の色)より少しだけ濃い色(左の色)を

多用して、見やすさにも配慮。上の2色、微妙に違うのがお分かりだろう。

         

で、晴れ着写真はどうしたのかって? それはわざと、一番下に載せた

わけ♪ 本人の許可を得てないから、あんまし目立たせたくなかったっ

120405

  て理由もある。ま、顔も個人情報も載せてない

  し、昔、2人きりの部屋で「個人授業」してあげ

  た関係だから大丈夫だろう。授業の内容は当

  然、ヒミツなのだ(笑)。実は顔も可愛いんだけ

  ど、残念ながら掲載はできない。

          

  左の晴れ着&バッグ&草履は、まさに私の好

  みの色合いだ☆ 透明な青緑を基調に、薄い

  イエローとピンクが入ってる。ひょっとすると、

  DNAに刷り込まれてるのかも知れないけど、

  別に親戚一同がこの色に染まってるわけでは

  ない。ただ、身内でもう一人、似たような色の晴

  れ着を着てた気がするから、遺伝や環境の要

  因が絡んでる可能性は十分ある。下側の拡大

  図を見ても、やっぱり「いいね」☆

          

120405b

  という訳で、完全なつぶやき系

  のコネタ記事を書いちゃったけ

  ど、ホントはこの後、ランニング

  日誌を続ける予定だったわけ。

  ところが、夜のにわか雨なんて

  ものが降り出したから、走るの

  は止めたのだ。

  

  「走りたい時に限って、にわか雨

  が降る」。

う~ん、マーフィーの法則はやはり偉大なのだ♪ 

  

なお、「晴れ着」って言葉は最近、単に「よそゆき」って意味でも使われる

らしいし、辞書にもそう書いてあるけど、「晴れ着」でGoogleの画像検索

をしてみると、出て来たのはほとんど女性の晴れやかな着物姿。やっぱ

り晴れ着とは、ハレ(特別な時)の着物だろう。

   

では、今夜はまったりこの辺で。。☆彡

       

                                (計 2538文字)

| | コメント (0)

まだしばらくは、日常生活を取り戻せず・・

JOG 14km,1時間13分47秒,心拍測定できず

    

フーッ、年度替わりの忙しさのピークは越えたけど、まだまだ色んな用事が

片付いてない。来週一杯くらい、かかっちゃうかも・・・とか60字ほど書くだ

けで、ツイッターならおしまいに出来るけど、ブログだとそうは行かないのだ。

ツイッターが簡易ブログと言われる所以(ゆえん)だね。ちなみに所以とは

理由のこと。そりゃ、蛇足か♪ でも、知らない人は意外なほど多いと思う。

    

それはさておき、そもそもブログ自体も簡易HPなんだよな。ということは、

   ツイッター = 簡易ブログ = 簡易・簡易HP

ってことになる。つまりツイッターとは、ツイートの内容や開設手続きとし

ては、超お手軽なHPってこと(トータルの手間は別)。

    

ま、情報発信より緩やかなつながりを重視する、SNS(ソーシャル・ネット

ワーク・サービス)としての側面もあるから、特に日本では勢いがあるけど、

そろそろツイッター人口も頭打ちだと思う。ちなみに私のツイッターは、こ

こ数カ月、完全に放置プレイになったまま。そもそも最初から、非公開の

設定だけどね♪ 勉強のために、試しに作ってみただけなのだ。

    

同じSNSでも、ミクシィとかFacebookは、実名主義や閉鎖性が嫌だから、

全くやる気がしない。わざわざ実名ポリシーに逆らってまでやりたいとも思

わないしね。それよりはむしろ、本格的なHPを作りたいんだけど、当面は

ブログの毎日更新だけで精一杯かな。瀬戸内海に出かけてた関係で、こ

の一週間だけでも恐ろしく大変だったのだ。。

         

    

(☆追記: 去年発表の公式データによると、mixi(ミクシィ)は実名でない

       ユーザーの方が多数派らしいけど、「知人なら分かる名前」で

       登録してるユーザーを合わせると、実名が多数派のようだ。特

       に若年層で顕著で、24歳以下だと4分の3に達するらしい。)

      

     

        ☆          ☆           ☆   

で、その恐ろしく大変だった状況から、少しずつ日常生活を取り戻して行

かなきゃなんない。個人的な復旧&復興活動が必要なのだ。仕事の話は

別として、それ以外だと、まず毎度お馴染みのバイクのちょい乗り。バッテ

リーが上がってしまうから、時々動かして充電しなきゃいけないのに、ここ

半月以上(?)乗ってなかったから気になってた。実際に動かしてみると、

気温が上がってるから、ほぼ問題なし☆ やっぱ、大変なのは冬だね。

     

続いて、ブログのトップページの写真&文章も更新したし、コメント・レスも

ようやく先ほど追いついた。色々調べて1600字以上書いてるから、これ

だけで十分、記事1本に値する。ってことで、今日はもう終了・・・と言いた

い所を頑張って粘ってるわけ♪ 

        

しかし、レス関連で5年前のドラマレビューをカウントしてみたら、1本で

3万字もあるのには驚いた。半年前、長さが話題になった杉本彩の記事

でさえ1万字に過ぎない。頂いたコメントも含めてとはいえ、我ながら

凄いことやってたね。道理で、アクセス解析を見てると、1時間以上読ん

でる方がちょくちょくいらっしゃる訳だわ (^^ゞ お互い、お疲れさま。。

     

他に、パソコンのデスクトップがファイルだらけで埋まってたのも整理した

し、溜まった新聞も少しだけ片付けた。でもまだ、未完成のまま中断して

る硬派の記事も完成させなきゃいけないし、それ以外の記事も85%くら

いの出来で放置プレイのまま (^^ゞ そしてもちろん、一番大変なのはお

仕事。春からの新年度は多分、ここ5年で一番大変だろう。。

     

    

         ☆          ☆           ☆

という訳で、他の用事を片付けたいよなぁ・・とか思いつつ、今夜も少しだ

け走って来た。板橋Cityマラソンのダメージその他で一気に落ち込んた

体力を、早く回復させたいのだ。

    

無理は出来ないけど、ほんの半月前まで30km前後を何本も走ってたか

ら、1時間くらい軽く走るだけなら、お散歩気分で大丈夫。と言っても、そ

れは気分の問題で、体力はまた別問題なのだ。昨日ちょっと頑張ったわ

りには、疲れが少なかったけど、ちょっとスピードを上げるとすぐ心肺が

悲鳴を上げるし、右膝だけでなく左膝もちょっと怪しくなってる。

    

仕方ないから、積極的休養みたいな感じで、相当なゆとりを持ったままジョ

ギング。膝の痛みは最後までほとんど出なかったから、上手くごまかせた

と思う。トータルでは1km5分16秒ペース。ま、今の体調ならこんなもん

でしょ。昨日よりかなり寒くて、手袋をはめたのは正解。最後まで外す気

になれなかった。

   

ちなみに、公園の桜はまだ1分か2分咲き程度。花見客もほんの僅かし

かいなかったから、みんなしっかり開花情報をチェックしてるんだね。次

の日曜日あたりが、天気も良くて、お花見には絶好のタイミングだろう。

それでは、また明日。。☆彡

       

            

 往路(2.45km)   13分34秒  心拍測定できず  

  1周(2.14km)   11分33秒   

  2周           11分11秒       

  3周           11分14秒   

  4周           11分04秒   

  5周(0.54km)    2分55秒   

 復路           12分16秒   

計 14km    1時間13分47秒 

                 

                              (計 2025文字)

| | コメント (0)

春の嵐が吹き荒れた夜、近所でも大騒動・・

RUN 14km,1時間08分25秒,心拍測定できず

     

冷凍の黒豆ごはんを頂いたのを忘れてて、常温でずっと置いてたら、自然

解凍されてたから、試しにそのまま食べてみた。う~ん、コメントに困る (^^ゞ

やっぱ、レンジで解凍しなきゃいけないのかね。

     

逆に、レンジで解凍しちゃダメって場合もあるのを、ふと思い出した。昔、バ

イト先の厨房で冷凍エビフライを揚げる時、あまりにカチコチに凍ってると

時間がかかるから、油に入れる前に軽くレンジにかけることがあった。ホン

トに軽くなら問題ないんだけど、やり過ぎると変な揚がり方になって、お客さ

んから苦情が来ることも時々あったかも。コラコラ・・。

    

微妙なもんだね。科学的には物性物理の分野になるかな。実験と知識が

中心で化学に近いから、私の趣味ではないけど、本気でやればそれなり

の理論や計算もあって面白いのかも。いまや世界的に、料理も科学の時

代なのだ。。

         

   

          ☆          ☆          ☆

さて、冒頭から料理ネタなんて珍しいものを書いちゃったけど、今日はそん

な事より、まずは大荒れの天気だろう。雨はそれほどでも無いけど、風は

完全に台風並みだったな。現在分かってるだけで数人の死者が出てるら

しいし、瀬戸内海をまたぐ瀬戸大橋の上でJRが7時間も立ち往生したとの

こと。島の所ならいいけど、ホントに海の上なら怖かったろうな。私も何度も

通ってるけど、海面からの高さは結構あると思う。

     

実はウチの近所でも、ついさっきまで、謎の事件が発生してたのだ。雨混じ

りの強風で濡れて帰宅した後、ランニングは危険だよなぁと思って、風が収

まるのを待ってたら、近所でサイレンの音が止まった。あぁ、やっぱ強風で

何か飛んで来てケガしたのかな?と思ってたら、消防車っぽい音も聞こえ

て来た。ギョッ・・?! 火事だと、風で広がる恐れもある。

      

まさか・・・と思いながら、家の中でジッと物音に耳をすませてたけど、どう

も状況がよく分からない。火事でもケガでもなさそうなのに、何か大騒ぎに

なってるのだ。仕方ないから外へ出ると、当然のごとく、野次馬の皆さんが

集まってらっしゃる♪ 「俺は単なる冷静な情報収集だから違うぞ」と心の

中で叫びつつ、野次馬と一緒にじっと見てたら、まるで人質立てこもり事件

みたいな気もして来た。とはいえ、パトカーや警官は少ないし、人質解放

を促す声も聞こえない。道路の通行規制も、最低限に留めてる。

    

消防士らしき人(制服は違う)に事情を尋ねたいけど、お仕事のジャマをす

る最低の野次馬みたいだから、どうしてもためらってしまうわな (^^ゞ 結局

よく分からないまま、冷静な情報収集を終えて帰宅。何だったんだ、あれ?

実際は、流石にもうちょっとだけ情報を持ってるんだけど、個人情報保護

の観点から、書くのは控えるとしよう。おそらくアレだと思うんだけどな。。

         

とにかく、超強力な低気圧が通過した夜、ウチの近所も騒然とした雰囲気

だったわけ。静かになるまで1時間くらいかかったかな。当然(?)その間、

何も手につかない状態だったけど、少なくとも火事や乱射事件じゃなかっ

たのはラッキーかも。火事の個人的経験については、また別の機会に書く

としよう。。

         

      

         ☆           ☆          ☆

最後に、今夜のランニングについて。妙な事件が収まった頃、風と小雨も

収まったから、10日ぶり(!)に本拠地の公園へスタート。気温は13度く

らいあったけど、まだ風がちょっと残ってたから、上は3枚着てみた。ファ

スナーの開閉で温度調節できたし、ちょうどいい服装だったと思う。ちなみ

に下は、例によって、ワコールCW-Xのランニングタイツ。

     

板橋Cityマラソン以降、ダメージその他でロクに走ってないから、一気に

心肺能力も衰えたようで、スタート直後のウォーミングアップから、早くも

息が切れる (^^ゞ まあでも、膝痛を何とかごまかせるようになって来たし、

右足の甲の痛みは消滅。ハーハーゼーゼー、しんどい中で頑張るだけな

ら、長距離ランナーにとって、さほど大変でもない。

     

ただ、調子に乗ってスピードを上げて行ったら、1km4分40秒ペースくら

いになった辺りで両膝がミシミシ痛み出したから、ややスローダウン。その

ままキープして帰宅。トータルでは1km4分53秒ペースになった。この程

度でも、レース以降では初めてのスピードだから、ちょっと嬉しかったりす

る♪ 膝さえ完治すれば、4分30秒台にはすぐ戻せると思う。

   

でも、左ふくらはぎの痛みなんて、もう9ヶ月も治らないままだもんな。膝に

はしばらく要注意。歩く時や立ち上がる時、あと、階段を降りる時も気を付

けよう。逆に、階段を登るのは平気なのだ。膝を曲げた状態なら、相当な

力が加わっても大丈夫らしい。

      

    

          ☆          ☆          ☆

ちなみに、桜はまだほんの少ししか咲いてないけど、今週中には一気に咲

きそうな気配だ。また、お花見の酔っ払い軍団にランニングを邪魔される

季節が来たってことね♪ そう言えば去年は、大震災直後で、お花見自粛

なんてものも話題になってた。今年はほとんど自粛ムードを感じないけど、

東北の被災地が普通に花見を楽しめる状態まで回復するには、まだ10

年前後かかるんだろう。

    

そう考えると申し訳ない気分もするんだけど、私は近々、お花見に出かけ

るかも。首都圏だと、今週末から来週末までが見ごろじゃないかな。たま

にはのんびり、夜のライトアップを楽しみたいもんだね。花見の「はしご」な

んてものもいいかも。それでは、また明日。。☆彡

    

  

 往路(2.45km)   12分50秒  心拍測定できず  

  1周(2.14km)   10分58秒   

  2周           10分32秒       

  3周           10分05秒   

  4周           10分11秒   

  5周(0.54km)    2分40秒   

 復路           11分09秒   

計 14km    1時間08分25秒 

               

                                (計 2313文字)

| | コメント (0)

12年3月の全走行距離

WALK 3km(荷物4kg),40分程度

     

フーッ。。この1週間ほど、ホントに大変だったなぁ・・・と過去形で書く段階

でもないね。まだ現在形で大変なのだ。ロクにブログも書けないし、走る余

裕も僅かしかない状況。今夜は10kmジョギングくらい出来るかなと思っ

てたけど、やっぱり無理だった。

    

実生活でギリギリ追い込まれると、趣味や遊びに時間を回してるヒマなんて

無いよな・・・とか言いつつ、今も最低限、ブログを書いてたリする (^^ゞ そ

れどころか、帰りに本屋でチョコッと立ち読みまでしてたりする♪ ま、実生

活とブログ記事に関連する内容の立ち読みが大部分なんだけど。1冊は気

に入ったから、明日買うかも。駅前の本屋さん、たまにはちゃんと買ってる

んだから、よろしくネ。

   

ところで、何でここ1週間、特に週末はバタバタしてたのか。数年前からの

真面目な常連さんなら大体お分かりだろう。楽しくて刺激的だけど、かなり

疲れるアレをやってたのだ。本気でやると時間も結構かかるアレ♪ そう。

遥か遠い世界にイカせて・・・じゃなくて行ってたわけ。もうヘトヘトだから、

今日もこんなつぶやきで終了・・・と書きたい所だけど、先月の走りのまと

めくらいやっとこうか。物事には、けじめが必要なのだ。。

    

    

        ☆          ☆          ☆

さて、2012年3月の全走行距離

     RUN 223km ; BIKE 57km ; WALK 21km

     

「WALK」(ウォーキング)は「走行」じゃないだろ!って突っ込み、どうもど

うも♪ 「走行&歩行距離」じゃ長いし、「移動距離」だと乗り物も入っちゃう

から、省略表現として全走行距離と書いてるのだ。一昨年から、ウォーキン

グをランに換算する時には半分にしてるから、WALK 21kmはRUN 11

kmに相当する(端数は四捨五入)。

    

一方、BIKE(自転車)をランニングに換算する時には3.5分の1にして

るから、BIKE 57kmはRUN 16kmに相当。結局トータルすると、

   223+11+16=250km   

ってことで、先月はランニング250kmの計算になるのだ。

   

   

               ☆          ☆           ☆ 

ま、寄せ集めてもその程度だから、イマイチかイマニだね (^^ゞ 他に、ス

ノボ1日なんて運動もあるんだけど、ランニングに換算して10kmにもなら

ないだろう。う~ん、フルマラソンの悲惨なダメージと月末の忙しさとが、想

定外だったよなぁ。。

       

一番下のグラフから分かる通り、今シーズンの秋冬の走り込みは、去年・

一昨年より少なめだから、惜しくもフルマラソンの自己ベストを更新できな

かったのは自然な結果とも言える。まあ、7月から過去最悪の故障続きだっ

た中、よく頑張った方とも言えるけどね(甘いか♪)。川口マラソン(ハーフ)

も板橋Cityマラソン(フル)も、一応自己ベストに近いタイムではあったのだ。

        

ま、そんな言い訳してるヒマあったら、気を取り直して自転車シーズンに突

入しなきゃダメだわな。乗鞍ヒルクライムのエンリトーも忘れずにやっとかな

きゃ! フルのダメージは、この半月でようやく半減したって感じだ。やる気

は全然あるから、明日の夜は走る予定。でも明後日は、台風並みの低気

圧とかいう予報だから無理かも。

(☆追記; 低気圧はホントは翌日だった。)  

      

あぁ、とにかくもう、色々疲れ切ってるのだ。皆さん、さようなら。オイオイ!

では、また明日。。☆彡   

                                 (計 1355文字)                   

      

120402a

     

120402b

| | コメント (0)

凄まじく努力してもこの程度のボヤキが限界の状況・・

参った。。「ならぬ堪忍、するが堪忍」をモットーとする温厚寛容なマラソン・

ランナーとしても、これはもうガマンの限界だ。通信その他、環境が悪過ぎ

て、どうにもならない。バカバカしくて、やってられない。ま、今、流し見して

る『ものまね最強コラボ祭り』はちょっと笑えたりするけど♪

    

一体どれほど苦労してるのか、分かりやすい具体例を示すと、先ほど手

短なコメント・レスを送信したけど、それだけで2時間!もかかったのだ。

当然イライラの極致で、パソコンを叩き割りたくなるし、コードを引きちぎ

りたくもなる (^^ゞ

             

こんな時間があったら走れたのになぁ・・・と今さら思っても、時間は返っ

て来ないのだ。しかめっ面のまま、エラー、フリーズ、待機、再起動、終了

&電源ONの繰り返し。凄まじい「騒音」攻撃も止まず。

    

その間、一応NHKの『東京カワイイTV』(再放送?)なんてものをチラ見

してたけど、特に記事にする感じでもないな。中国のモデルコンテストに

日本人が1人チャレンジして、最終選考まで一応残ったってお話。正直、

日本の感覚からすると、大規模のわりにはコンテストが地味。モデルも、

これなら北京モーターショーのコンパニオンの方が上だろ、とか思いな

がら見てた♪ ま、私が極度にイラついてたからって部分はあるかも。

     

明日も辛い状況だけど、明後日にはマトモな状態に戻したいと思ってる。

とにかく、年度替わりの今、非日常の生活が続いてるのだ。もう精神衛

生上、ムリだから、この辺で。今週は僅か14474文字となってしまった。

フーッ。。。☆彡

              

                                 (計 668文字)

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »