« 山P=山下智久『Cross Space』(クロス・スペース)、初回の感想ほか | トップページ | せっかく準備したネタを書けないことに気付いた夜・・ »

SMAP『世界に一つだけの花』、オンリーワンという歌詞の意味ほか

(☆16年12月27日追記: 新たにSPの記事をアップ。

 『SMAP×SMAP』最終回、

  スタッフとFAXのお花畑でさよなら・・「じゃないよな」♪ )

   

   

    ☆        ☆        ☆

RUN 12km,59分19秒,心拍測定できず

    

昨日(4月7日)の朝日新聞・朝刊別刷beで、大型連載「うたの旅人」が扱っ

たのは、日本人なら誰でも知ってそうな『世界に一つだけの花』だった。ここ

15年以上、芸能界のNo.1クラスをキープし続けてる大御所ジャニーズ、

SMAPの最大のヒット曲で、シングルの売上は275万枚(朝日)。ウィキペ

ディアを見ると、オリコン歴代シングルチャート9位、21世紀だけなら1位

らしい。

     

今日は、ランニング日誌のオマケとして、この歌詞を考察してみよう。無用

な誤解や反発を防ぐためにあらかじめ書いとくと、私は男だしファンでもな

いけど、SMAPや木村拓哉にはわりと好意的な方だと思う。キムタクその

他のドラマレビューで、冷めた見方を書くことはあるけど、『華麗』『ロンバ

ケ』『僕の歩く道』には好意的。SMAPの番組はたまに見て面白がってる

し、『全力坂』なんて企画は特にお気に入りだ。

     

ただ、この『世界に一つだけの花』(以下、『花』と略記)の歌詞は、「昨日ま

で」あまり趣味ではなかった。アンチというほど嫌いなわけじゃないし、メロ

ディーだけなら心地良い。でも、「No.1よりOnly one」という発想が根本

的に引っ掛かるし、「No.1のグループが、No.1になれなくてもいいと歌

う『花』を、No.1になれない普通の人達が喜んで、No.1ヒットに育て上げ

る」という社会的構図もどうかという気がする。一部の知識人(左派・リベラ

ル)による持ち上げ方(反戦歌、君が代の代わりの国歌扱いなど)にも共

感できなかった。

         

それが、昨日の朝日の記事をキッカケにして、「まあまあかな」と思えるよ

うになったのだ。相変わらず、いいとも好きとも思わないけど、これまで思っ

てたほど悪くもない歌詞かなって感じだ。ポイントはやはり「オンリーワン」

という言葉=概念の受けとめ方だろう。。        

   

     

         ☆         ☆          ☆  

恥ずかしながら私は昨日まで、『花』のサビの歌詞を、「もっともっと特別

なOnly one」だと思ってた。正しくは、「もともと・・・」。試しにGoogleの検

索オプションを使って正確に調べると、「もっともっと・・・」と書いてる記事

が約4680件ヒットするから、私以外にも勘違いしてる人は結構いるよう

だ。ひょっとすると、制作サイドでわざと誤解を狙ってる可能性もあるけど、

まあそれは単なる推測として、こだわらないことにしよう。

       

「僕ら」は「もともと特別な」存在だとすると、オンリーワンというのは一見、

何もしなくていいような気がしてしまう。努力も競争も避ける、非常に怠惰

で甘えた生き方の甘ったるい肯定ソング。そう解釈できなくもないけど、少

なくとも作詞家・槇原敬之としては、そんな事を言いたい訳ではなさそうだ。

     

朝日には、『花』の作者の「真意」として、次のように書かれてる。「自分に

植えられている種を真剣に見つめて、きちんと水をやろう。そうすれば相

手にもその種があることに気付くはず。競う相手は他人ではなくて自分自

身だ」。さらに、記者(渡部薫)がまとめた形で、「競争を否定もしないし、個

性偏重でもない」と書いてある。ちなみに記事全体の大見出しは、「『オン

リーワン』の真意」だ。

       

この手短な説明から考えると、自分に植えられてる種=可能性はもともと

オンリーワンだけど、それを現実に十分開花させるには、水=配慮&努

力が必要だということだろう。あくまで、自分の種をキレイな花に育て上げ

ることが一番重要。でも、その過程で、他人の種や花の価値にも気付くは

ず。作詞家としては、そうゆう事が言いたいようだ。

    

    

        ☆          ☆          ☆

ただ、解釈の仕方は各個人の自由だという話は当たり前として、槇原の

意図に従って考えても、別にNo.1を目指そうが他人と比べようが、ほと

んど問題ないはずだろう。

            

スポーツ、文化・芸術、実業その他、他人と競い合う中で、自分の種の

性質や育て方が分かることもあるだろうし、水のやり方として競争とい

うのは効率が良かったりもするのだ。逆に競争とか比較なしでは、水の

量が足りなかったり、変に甘い水をかけて種をダメにしてしまう恐れもあ

る。競争・比較には、現実的な価値や必要性があるし、人間として自然

でもあるし、面白かったりもするのだ。

      

そうした点を考えると、『花』の歌詞の中盤で、「比べたがる」ことや「一番

になりたがる」ことをハッキリ疑問視してる点が奇妙に感じる。比べてもい

いし、一番を狙っても取ってもいいはず。そもそも、比較や競争をしたが

ること自体も、ほとんどの人にとって、自分の種の基本性質なんだから。

      

それぞれオンリーワン(唯一つ)と言っても、共通の性質は多々あるから

こそ、同じ人間なのだ。そして、共通の性質の主要な1つが、他人との比

較や競争の中で自分という存在を生きていくことだろう。比較や競争とは、

種や花にとって余計なものとは限らず、水やりや花そのものかも知れな

いのだ。特に、他人との比較なくして、自分の種や花の認識は難しい。

            

本当は、槇原もそんな風に考えてると私は思う。ただ、世の中の現実とし

ては、競争や比較があまりに強調され過ぎてるから、それへの一時的で

表面的な対症療法として、自分自身を見つめて育てればいいんだよ、と

温かいエールを送ってみた。みんなに対しても、また、どん底を味わった

自分に対しても。そんな所が「真意」ではないだろうか。。

    

    

        ☆          ☆          ☆

少し視点を変えると、他人との比較や競争より自分を大切に磨こうという

考えは、仏教的なものだ。他人より、ひたすら自分。槇原がSMAPのアル

バム用に『花』を書いたのは2002年。覚せい剤で逮捕されて、執行猶予

3年の有罪判決を受けてからちょうど3年目だから、まだ執行猶予中の身

分で書いた曲かも知れない。

      

事件後、彼は仏教に傾倒したようで、翌年(2000年)のゴールデンウイー

クには、山梨県の日蓮宗総本山、身延山・久遠寺を訪れたそうだ。朝日

の記事「うたの旅人」での旅先も、その久遠寺。ここで、彼の姿を見た観

光客が騒ぐ中、僧侶は静かにお経を唱え、「芸能ヒット祈願」と書いたお

札をそっと渡してくれたとの事。

    

そんな風に、ちゃんと他者に接し、寄り添う歌を届けたい。そう考えて、年

末からアルバムを次々に発表。やがて02年に、文字通り大きな『花』が

咲いたわけだ。まあ、現実問題として、7億円の借金を返すために必死

に頑張ったという部分もあると思う。

    

ところで、その仏教というものが、なぜ他人との比較や競争を必要としな

いのか。そこを具体的に追求すると、悟りの境地とかいうキレイ事ではな

い。ごく一部の聖人を除けば、要するに他人から特別扱いしてもらってる

からだ。

    

一般人なら、生活していくために必然的に比較や競争に巻き込まれる所

だが、仏教の世界では周りからお金や物が自然に手に入る。しかも、それ

はしばしば相当な金額や量なのに、僧侶たちはそれを普通の事だと考え

てる感がある。

             

戒名1つ、葬式1回で数十万円~数百万円。法事で10分のお経を唱え

れば1万~数万円。一般社会ではあり得ないくらい効率のいい金儲けを

する一方で、競争より自分を見つめようとか言われても、それは前提が

違うと言いたくなるし、あまりにも浮世離れし過ぎた態度にも感じる。葬式

その他の簡素化が人々に望まれる中、今後は仏教も、比較や競争と無

縁ではいられなくなるかも知れない。

     

念のために言い添えると、私は数ある宗教の中では仏教に親しみを感

じてる。お寺は好きだし、お経も嫌いじゃない。ただ、現実の仏教のあり

方にはおかしな部分も少なからずあって、その奇妙さがやがて、『花』の

歌詞のやや不自然な競争否定&自分重視につながってるのだと思う。

    

   

        ☆          ☆          ☆

結局、普通はお寺や法事が年に数回で十分なのと同様、『花』も年に数

回程度で十分だろう。迷ってたリ、疲れてたリする時、特別な支えになる

かも知れないが、「もともと特別なオンリーワン」という甘いささやきには、

誤解や中毒の恐れもある。もともと特別であっても、それを育てることの

は大変なことだし、比較や競争を避けたままでは自分の種がダメになる

どころか、周囲の他人の種や花にも悪影響が及ぶ恐れがあるだろう。

        

という訳で、『花』のメロディーはもともと嫌いじゃないし、歌詞へのネガティ

ブな思いは薄らいだけど、やっぱり私にとっては、微妙な曲のままなのだ。

まあ、槇原も、わかったフリをされるより色々言われる方が嬉しいそうだか

ら、この程度書いとけば喜んでもらえるだろうと信じてる。。

     

   

P.S. 11月5日のJASRAC(日本音楽著作権協会)の発表によると、過

     去30年間の著作権使用料(カラオケ、テレビ、ラジオ)の第一位は

     『花』。日刊ゲンダイは6日、この10年の印税収入を10億円と見積

     もってた。

    

     

        ☆          ☆           ☆

最後に、No.1からは程遠い市民ランナーの今夜の水やり=走りにつ

いて♪ No.1ソングの考察に時間を取られて、オンリーワンである自

分のためのランニング時間が大幅に削られてしまった (^^ゞ

    

僅か10kmずつだけど、金・土と走ってるし、よっぽど今日は止めようか

と思ったけど、汗という水を自分の種に与えようってことで、軽く12km

だけ走ってみた。相変わらず、両膝をかばった不自然な走りだけど、お

かげで痛みはほとんど無し。疲れもそれほどでも無くて、適度なスピー

ドで無難に走り終えて帰宅。

   

トータルでは1km4分57秒。心拍は高めだと思うけど、落ち込んだ体

力が少しずつ回復してるのは間違いなさそうだ♪ 明日は仕事が忙し

いから、たぶん休むと思う。

            

ちなみに公園の花=桜は満開に近いと思うのに、夜遅くだったからか、

花見客はごく僅か。一昨年まではもっといたと思うけど、大震災の自粛

120408

 の余韻が残って

 るのかな。まあ、

 流石に昼間の上

 野は、大勢の人

 で賑わってたと

 いうお話だ。

   

 左は、ウチの

 「近所に一つだ

けの花」。夜桜のつもりだけど、たとえ他の花でも、「どれもみんなきれい」

だからOKなのだ♪

           

120408b

 なお、今週は合

 計18885字。

 土日の長文で、

 まずまずの量に

 到達した。では、

 また明日。。☆彡

     

      

    

 往路(2.45km)   13分10秒  心拍測定できず  

  1周(2.14km)   10分32秒   

  2周           10分32秒       

  3周          10分23秒 

  4周(0.68km)   3分27秒   

 復路          11分16秒   

計 12km      59分19秒 

    

                   (計 4192文字)

         (追記 74字 ; 合計 4266字)

|

« 山P=山下智久『Cross Space』(クロス・スペース)、初回の感想ほか | トップページ | せっかく準備したネタを書けないことに気付いた夜・・ »

「ランニング」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山P=山下智久『Cross Space』(クロス・スペース)、初回の感想ほか | トップページ | せっかく準備したネタを書けないことに気付いた夜・・ »