« 意外にマトモな25km走♪&『もう一度君に、プロポーズ』第6話 | トップページ | 12年5月の全走行距離&つぶやき日記 »

破壊と建設、悪意と善意~小阪淳&高橋源一郎&濱野智史「論壇時評」(朝日新聞・12年5月)

(☆13年4月28日追記: 最新記事をアップ。

 あの日から2年、疎通の深化~小阪淳「論壇時評」(朝日新聞・13年3月) )

          

           

         ☆          ☆          ☆

朝日新聞・朝刊、月末恒例の大型複合記事、「論壇時評」。ほぼ1ページ全

体になったのは、一昨年の4月、東浩紀が担当することになってからで、そ

れ以降、当サイトでは5000字程度の論評記事を書き続けている。

   

ところが、ここ2ヶ月は、論壇時評が内容的に物足りなかったのに加えて、

個人的に慌ただしかったので、小阪淳のCGだけを批評して、後は執筆中

断という形でスルーしたままになってた。

       

今回(5月31日)も正直、小阪のCGしか興味が無かったのだが、本当に

久々に、全体がまずまず面白かったと思う。メイン記事である高橋源一郎

の時評、「漂流する悪意 『奪われた人々』が標的探し」は、毎度お馴染み

の左派的内容だけど、丸1年続けて来た反原発の連呼とは違ってるし、

議論に厚みや含みもある。また、色んな意味で若い批評家・濱野智史の、

メディアをテーマとするコラム、「あすを探る AKB的『劇場』を政治に」も、

本質的に新しくはないものの、語り口や素材で引き付けるものがあった。

       

残念ながら今、個人的に余裕がない状態が続いてるので、また時評とコラ

ムは論評しないままになるかも知れないけど、今回は「悪意」が無いどころ

か、それなりに評価してることを、最初に記しておこう。

   

      

          ☆          ☆          ☆

では連載3年目、去年に引き続き、現代文明をイメージした小阪淳のCG、

120531_sky_tree

  「空の木の先」について見て行こう。そのCG

  自体が、複合記事全体の中央に大きくそび

  え立つ人工的作品なのだが、CGの中身も

  また、中央に大きくそびえ立つ人工物=建

  築となっている。今は2012年5月末。誰で

  もまず思い浮かべるのは東京スカイツリー、

  「東京の空の木」だろう。左はウィキメディ

 アで公開されてる、今年の写真だ(Kakidai氏)。

         

スカイツリーというのは、CGがタイトルと共に持つ内容、あるいは意味の

話だが、その前に、「空の木の先」という言語表現のタイトル自体にも触

れておきたい。これは明らかに、先月(12年4月)の作品のタイトル、「家

の家の家」のヴァリエーション=変化だ。形式が、「○×○×○」となって

る点が一致する。ただし今月は、3つの「○」の中身が「空」、「木」、「先」

と変化してるわけで、「○₁×○₂×○₃」のパターンだ。いずれの丸

(○)も、ある意味で「上」方向を漠然と指し示しながら。

       

こうした解釈においては、「空の木の先」というタイトルは、必ずしも言語

表現とは言えず、漢字・ひらがなという文字を特殊な2要素とする、小さ

な絵画のように受けとめることも可能だろう。

       

         

          ☆          ☆          ☆

タイトルからCGの方に視線を移すと、自然に迫ってくるのは、ひび割れ

た石柱のようなメインの塔だ。もちろん、東京スカイツリーの塔ではなく、

ギリシャのパルテノン神殿だろう。

           

120531_parthenon

  と言うのも、小阪は去年の10月、ハッキリとパル

  テノンだと分かる作品を発表してたからだ。当時

  は今現在と同様に、ヨーロッパでギリシャその他

  の金融問題が大きくクローズアップされてた時期

  だった。ちなみに、左図は小阪の作品ではなく、

  ウィキメディアで公開されてる写真の一部分だ

  (Harrieta171氏の作品)。意図的に、ひび割れ

  が分かりやすい柱を選んでるが、全体の痛みが

  激しいのは確かで、修復作業が続いてるらしい。

日本の財政や膨れ上がった国債も、本格的な修復作業が必要なのに、

その前の時点でもめるのみで前に進まないわけだ(消費増税など)。

         

小阪のCGの塔に戻ると、下部は鉄塔になってる。外観とスカイツリーから

120531_transmission

  まず連想されるのは東京タワーだが、鉄塔部

  分の形と現在の日本の状況を見ると、むしろ

  送電用の塔に似たものだ。左はウィキメディ

  アでフリーとされてる写真のごく一部で、作者

  の名前はロシアの文字だから転載できない

  が、「He・・・・・・・」氏だ。ちなみにこの写真、たま

たま下が緑になってる点も、小阪のCGと共通なのだ。

       

    

           ☆          ☆          ☆

緑の上に、送電塔が立ち、その上部はひび割れたパルテノン神殿の柱。

これだけでも、現在の日本と世界の状況を象徴したものになってる。例え

ば、自然エネルギーを基本としたい脱原発派の反対運動を、ひび割れた

原発が「おおい」隠して、大飯(おおい)原発が再稼働しようとしている現

状への、ヒネった見方にも思えるのだ。

    

しかし、ここまでならまだ「空の木」であって、「空の木の先」にはなってな

い。では、「先」には何があるのか。当然、空の木=スカイツリーの天望

デッキや天望回廊らしきものもあるのだが、それは少し右脇に押しやら

れて、中央には2つの尖った先端が見える。

        

これは、3つのものを示してるだろう。まず、3・11の10年前、9・11に崩

壊した世界貿易センター(WTC)のツイン・タワー。あれは尖ってないし、

やや古い話ではあるが、私がすぐ思い出したのは、小阪のCGの左上に、

まるでミサイルのように見える飛行機が1機、不自然に飛んでるからだ。

そのまま進めば、空の木の先に命中するだろう。もちろん、最近の事件

で言うなら、北朝鮮のミサイル発射事件を思い出す所だ。

   

続いて思い出されるのは、東京を代表する2つの「先端」、都庁の2つの

庁舎だ。これも形としては尖ってないが、東京全体、あるいは日本全体を

見渡した時、ツイン・タワー的なデザインの代表であるのは確かだろう。

そして、2つの尖端から思い出される3番目のものが、都庁のトップ・石原

慎太郎と大阪市のトップ・橋下徹の2人だ。

        

石原と橋下は、父権的な力を誇示する代表的な政治家で、わりと近い立場

でもある。これまでの小阪のCGでも、決して単純な批判や皮肉の形ではな

く、素材=モチーフとして使われて来た。そう考えると、CG「空の木の先」

の左側や中央下部に、妙な家があるのも納得がいく。先月のCG「家の家

の家」を自分で引用してるわけで、あの時は石原による尖閣諸島購入がメ

インテーマだったのだ。

          

面白いことに今回、塔の上部で空中に飛び出た家の屋根から、「左側」に

向けて、奇妙な柱みたいなものが斜めに飛び出ている。よく見ると、突撃

して来たミサイルに対して、強引に手のひらでストップをかけてる感じだ。

つまり、「家」=尖閣によって、力づくで中国や北朝鮮を抑え込むイメージ

だろう。もちろん、素手でミサイルや戦闘機は止められないわけだが、素

手による意思表示が、相手側にはっきり認識されるのは間違いない。。

      

   

          ☆          ☆          ☆

結局、トータルとして何を「主張」するCGなのかと言うと、主張は特に無い

のだ。もちろん、例えば前回と今回だけ表面的に見るのなら、右寄りの2

人(=空の木の先)の強権的姿勢に対する皮肉のようにも感じられる。

      

しかし、そうした単純なメッセージから一歩か二歩、後ろに下がった立ち位

置を保つのが小阪の特徴、あるいは長所だ。左か右、革新か保守、反原

発か原発推進・・・決して片方の単純な主張にとらわれることなく、冷静に

「現代文明」全体を俯瞰して独自のアートに仕上げ、後の解釈=改釈は鑑

賞者に任せる。簡単なことのようで、実は意外なほど見当たらない営みだ

と思う。世間に溢れるのは、大衆迎合的な風刺画にすぎない。

          

言語的にも、非言語的にも、人はある特定の立場から、固定的に別の立

場を批判したがるものだ。それは、過去1年間(11年5月以降)の高橋源

一郎の時評を見れば明らかだし、その前の東浩紀でも似たような傾向は

あった。いずれも左寄りだが、高橋なら脱原発、自然、共産的な社会を好

み、東ならネットを中心とする新しい動きを好む。

        

ところが、小阪自身はさておき、彼のCGはもっぱら、挑発的な中立の立

場を保ってるのだ。雄弁な先導ではなく、物静かな刺激。かなり高度な表

現なので、何らかの立場に利用されることもないだろう。私の周囲でもそ

うだが、朝日の論壇時評を読む人の多くは、有名な論客の言語的主張

に目を奪われる一方で、CGは一瞥して素通りする。実際それは、ブログ

のアクセス解析からもすぐに推測できることなのだ。

    

    

           ☆          ☆          ☆

ちなみに、作者がまったく意図してないことかも知れないが、私には「空

120531_edamame

  の木の先」の左側で奇妙な曲線を描く建築物

  が、エダマメのように見える。つまり、童話の

  「ジャックと豆の木」を意識した遊び心が感じ

  られるのだ。そう考えると、右側で戦闘機の

  発射台みたいに見える妙な構築物も、豆の

  「枝の」ように見えて来る。非常に婉曲ですっ

  とぼけた、ミクロの風刺と言ってもいいだろう。

送電塔の上なら「枝野(エダノ)」だろう、とまでは言わない。写真は同上、

yomi955氏の作品からのトリミング。

          

スカイツリーでもエレベーターがよく話題になるが、SFなどで軌道エレベー

ターの事を「豆の木」(beanstalk)と呼ぶことがあるそうだ(ウィキペディア)。

一方、童話タイトル「ジャックと豆の木」もまた、「○×○×○」の形式を持

つもので、「空」まで伸びた豆「の木の先」には巨人が住んでた。

        

先まで昇って行った少年ジャックは、童話だと上手くお宝を手に入れて、地

上に降りて幸せに暮らすことになる。果たして現代日本で、「空の木の先」

の巨人に遭遇した人達は、ジャックのように上手く成功できるだろうか。。     

       

     

         ☆          ☆          ☆    

なお、この私の論評記事に付けた、「破壊と建設、悪意と善意」というタイ

トルは、高橋源一郎の時評と濱野智史のコラムも考え合わせたものだ。

   

善意はともかく、小阪のCGが破壊と建設、悪意と関わってるのは明らか

だろう。高橋は、格差を背景として漂流する悪意(反ユダヤ、反クラブ&ダ

ンス)によって、奇妙な破壊的動きが建設される様子を話題としている。一

方、濱野は、たとえ稚拙で未成熟な日本政治であっても、AKB48のよう

にリアルな劇場的交流を通じて、見守りながら成長していこうと主張する。

     

悪意はどこにでもあり、しばしば破壊へと向かう。しかし、悪意とは善意と

表裏一体でもあり、建設に向かう力も秘めてるのだ。かつて、東浩紀がお

得意とするフランス現代思想のジャック・デリダは、破壊(デストラクション)

と建設(コンストラクション)を一体化して、脱構築(デコンストラクション)と

いう概念・思想を提示した。

            

あり余る負のエネルギーを排除することなく、その多くを正=生のエネル

ギーへと転化させること。精神分析的な「昇華」のような政治が求められて

いる、と言うよりも、そうした政治を自分たちで建設していくべきだろう。本

当に追い詰められた状況では、エネルギーは破壊よりも建設へと配分さ

れるはず。他者を攻撃するより、まずは自らを維持する必要がある。

        

それは、AKB48の可愛い少女たちを応援しつつ共に成長することよりも、

むしろ古びたパルテノン神殿の修復作業に近いように思われる。長い年

月を経たものの良さを保ちつつ、崩壊を防ぐこと。もちろん、歴史的・世界

的に見るなら、後ろ向きに見える後者の方が、遥かに価値あることなのだ。

人間なら、高橋が悪意と反対側の存在として例に挙げた、自分を壊しつつ

も前向きに生きて行く、統合失調症の女性漫画家(元AV女優)だろうか。。

          

後ほど追記する可能性は一応あるものの、今日は差し当たり、この辺りで

終わりとしよう。ではまた。。☆彡

          

    

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.震災後、身の丈超えぬ「ことば」に希望

      ~高橋源一郎&小熊英二「論壇時評」(朝日新聞) (11年・4月)

  非正規の思考、その可能性と危険性

         ~高橋源一郎&濱野智史「論壇時評」(朝日新聞・5月)

  みんなで上を向いた先に真実はあるか

         ~高橋源一郎&平川秀幸「論壇時評」(朝日新聞・6月)

  スローな民主主義と『スローなブギにしてくれ』

          ~高橋源一郎&森達也「論壇時評」(朝日新聞・7月)

  柔らかさ、面白さが無ければ伝わらないのか

          ~高橋源一郎&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・8月)

  人を指さす政治的行為のマナー

          ~高橋源一郎&酒井啓子「論壇時評」(朝日新聞・9月)

  希望の共同体を楽しく探るために

          ~高橋源一郎&小熊英二「論壇時評」(朝日新聞・10月)

  アート・ロック・ゲーム、多様な変革運動

    ~高橋源一郎&濱野智史&小阪淳「論壇時評」(朝日新聞・11月)

  どの常識をどう疑い、何に立ち向かうのか

    ~高橋源一郎&小阪淳&平川秀幸「論壇時評」(朝日新聞・12月)

  対称的な関係の中にある前進

    ~高橋源一郎&小阪淳&森達也「論壇時評」(朝日新聞・1月)

  現在の中に過去を見ること

    ~高橋源一郎&小阪淳&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・2月)

  自ら切りひらく主体相互の共生

          ~小阪淳ほか「論壇時評」(朝日新聞・3月)  (未完)

  「常識がない」ということの意味

        ~小阪淳ほか「論壇時評」(朝日新聞・12年4月)  (未完)

  未来を「一から」創り出すこと

    ~小阪淳&高橋源一郎&平川秀幸「論壇時評」(朝日・12年6月)

  古きを温め、新しきを育む

   ~小阪淳&高橋源一郎&森達也「論壇時評」(朝日新聞・12年7月)

  変える楽しみ、保つ安らぎ

     ~小阪淳・高橋源一郎・菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・12年8月)

  不変の変化という、不変の夢

   ~小阪淳&高橋源一郎&酒井啓子「論壇時評」(朝日新聞・12年9月)

  方舟の針路、風任せにしない

  ~小阪淳&高橋源一郎&小熊英二「論壇時評」(朝日新聞・12年10月)

  和解の方向、未来からの審判

   ~小阪淳&高橋源一郎&濱野智史「論壇時評」(朝日新聞・12年11月)

  アートとツール(道具)

   ~小阪淳&高橋源一郎&平川秀幸「論壇時評」(朝日新聞・12年12月)

  対話するインテリジェンス

    ~小阪淳&高橋源一郎&森達也「論壇時評」(朝日新聞・13年1月)

  ひとりで揺れる時の振幅

    ~小阪淳&高橋源一郎&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・13年2月)

             

                                 (計 5616文字)

|

« 意外にマトモな25km走♪&『もう一度君に、プロポーズ』第6話 | トップページ | 12年5月の全走行距離&つぶやき日記 »

文化・芸術」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 意外にマトモな25km走♪&『もう一度君に、プロポーズ』第6話 | トップページ | 12年5月の全走行距離&つぶやき日記 »