« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

12年7月の全走行距離&再び朝練

BIKE 60.4km,2時間13分,平均心拍138

   

「ながら」だと、作業効率が落ちるね。特にテレビ。ドラマなら台詞だけ聞い

ても結構分かるけど、サッカーは画面見なきゃ分からないし動きが激しいか

らダメだ。仕方ないから、なでしこJAPANの女子サッカーに集中しよう・・・

って、コラコラ♪ ブログ記事は毎日書かなきゃダメなのだ。

       

と言っても、昨日の記事は追記を重ねて8000字近くに到達してるから、も

う今日はあんまし書けない。今週、残り6日で12000字しか残ってないか

ら、やりくりが大変なのだ。サラッと終わらせよう。

    

昨日は別に5日連続の朝練をやっても良かったけど、硬派の記事に全力を

注いだからパス。ほんと、ブログが無きゃ、乗鞍ヒルクライムなんて1時間切

れるんだけどなぁ♪ 言うだけタダって奴ね。しかし、ランニングと比べて自

転車は時間がかかる。ブログさえ無ければ、自転車だけなら毎月1000km

走れるのは間違いない。ま、当初はともかく、途中からブログの方を優先し

てるから、仕方ないけどね。これだけ毎日書いてれば、少なくとも認知症に

はならないだろう♪

       

    

          ☆          ☆          ☆

とにかく、昨日休んだから、今朝は早速また朝練に出かけた。今朝はなか

なか目が覚めなかったけど、目覚まし時計が鳴った15分後に起床成功。

最新のピンポイント天気予報が快晴になってたから、念入りの日焼け止め

を塗って出発。実際は、快晴は後半だけで、前半はくもってた。

     

序盤から妙に調子がいいなと思ったら、追い風だったりする (^^ゞ 普段の

多摩川上流側は、往路(上り)が向かい風なんだけど、今朝は逆だったわ

け。ま、1日休んで、ちょっと脚が回復してたし、自転車に慣れて来たってい

うのもあるけどね。ハーハー、呼吸に合わせてペダルをクルクル回す感覚

を思い出して来た。ランニングより、意図的にリズムを上げる必要がある。

    

バトル相手はゼロだったけど、単独走行でいい感じにスピードを維持して、

定番コースの今シーズン・ベスト、2時間13分で終了♪ あと、一番キツイ

登り坂で、タイムと心拍を測ることにした。第1回目の今朝は、1分54秒の

ベストタイム。初回はベストに決まってるだろ!って突っ込み、どうもどうも

(笑)。心拍は平均151、最大155。う~ん、もうちょっと気合入れたいね。

ただ、坂の前は心拍120くらいに落ちてるから、仕方ない部分もある。

      

それにしても、かなり肌のケアはしてるし、早朝なのに、全身が日焼けでヒ

リヒリして来た。もっと早くスタートしたいんだけど、今くらいが限界かも。さ

て、寝不足が蓄積した状態で、明日も起きれるか。乞う、御期待!

    

   

          ☆          ☆          ☆

一方、今月の全走行距離

       RUN 117km ; BIKE 458km

    

う~ん、BIKE(自転車)はボチボチとして、ランニングが全然ダメだな。左

足首の捻挫と、左膝下の故障が響いてしまった。ま、自転車の距離を3.5

分の1でランニングに換算すると131kmだから、ランの合計で248km。

仕事もブログモ頑張ってるから、こんなもんかね。

    

ってことで、今夜はもうおしまい。なでしこ、引き分けは計算通りかな。予選

のラスト、消化試合みたいな位置付けだからね。ちなみに今夜は、アレも流

し見したけど、それは明日つぶやくことにしよう♪ ではまた。。☆彡

                                  (計 1352文字) 

      

120731a

      

120731b

| | コメント (2)

古きを温め、新しきを育む~小阪淳&高橋源一郎&森達也「論壇時評」(朝日新聞・12年7月)

(☆13年4月28日追記: 最新記事をアップ。

 あの日から2年、疎通の深化~小阪淳「論壇時評」(朝日新聞・13年3月) )

     

      

          ☆          ☆          ☆

毎月、最終木曜日の朝日新聞・朝刊に、1ページにわたって掲載される大型

複合記事、論壇時評。今月も、色々な意味で刺激的な内容になっていた。ほ

ぼ同時にスタートしたロンドン五輪と比べるとどうか、という思いもあるので、

つい世界のトップ・アスリート達の活躍に目を奪われがちなわけだが、あえて

日本の知のトップ・アスリート達に目を向けることにしよう。小阪淳、高橋源一

郎、森達也の3人

          

ちなみに去年のこの時期は、なでしこJAPANのサッカー女子W杯優勝で、

国中が盛り上がってた。小阪淳のCGも「熱源」と題して、サッカーボールと

原子力エネルギー(核反応)を融合させたような作品になってたのだ。。

      

     

           ☆          ☆          ☆

さて、その小阪から見て行こう。これまで彼の作品のモチーフ(題材)は、基

本的に直近の「過去」の出来事を意識したものであり、「未来」の側はその

加工に使われて来たわけだ。たとえば先月なら、大飯原発の再稼働と富士

山噴火問題が中心的題材。加工された作品としては、原発が海に沈む寸

前で、富士山が爆発している。ただし、原発と共に、緑も海に沈みそうになっ

ている辺りが、際立った個性であり、長所でもあるのだ。

     

今回の「うちと、そと」と題する作品では、まだ開催前のオリンピックは題材

になってない。それどころか、論壇時評の中心に置かれてなければ、単な

る抽象的CGと思っただろう。先月の当サイトのレビューで、小阪の作品は

「一から」解釈を創り出す必要があるが「ゼロから」ではない、といった感じ

の事を前置き的に書いたが、今月は「0.5から」解釈を創り出す必要があ

る。正直、わざと分かりにくくして遊んだのではないかと、苦笑したほどだ。

          

作品の解釈とかレビューというものは、作者の意図と全く無関係の完全な

自由を持っているわけではないが、作者の意図に縛られるものでもない。

私=評者の側の考えと、作者の側の考え。まさに「うちと、そと」の双方を

意識しながら、意味内容や射程を論じてみよう。

   

ちなみに、タイトルを読んで、数学好きの私がすぐ思い付いたのは、ある意

味「うちと、そと」が連続的に移り変わるメビウスの輪だ。続いて思い付いた

のが、赤瀬川原平の古典的な前衛芸術、「宇宙の缶詰」。これは、缶の「内」

側にラベルを貼ることで、「外」側に無限に広がる宇宙全体を梱包したと称す

るもの。

     

いずれも、「内と外」や有限・無限について考えさせるものだが、今回の小

阪の作品とはかなり距離があるだろう。むしろ、もっと単純に、空を飛び回っ

た孫悟空が結局はお釈迦様の手のひらを超えられなかったという、西遊記

のお話に近い感じを受ける。何事においても、内から外へと「脱」出すること

は、意外なほど困難なことなのだ。。

      

    

           ☆          ☆          ☆

今回の作品も、あと数日、8月2日くらいまでなら、朝日新聞デジタルですぐ

に無料で閲覧できる。ただし、上部だけ。トップページから、「過去の朝刊」

をクリック、さらに「26日」をクリックして、7月26日の朝刊トップページを出

した後、一番下の辺りにある、「うちと、そ・・・」(末尾の「と」の代わりに点3

つ)と題するサムネイル画像を見ればいいのだ。クリックすると、無料登録

で全体図も見れるが、手続きがやや面倒ではある。

               

120730b

  縦長の画像の中央には、上下に細くて高い木が伸び

  ており、最上部だけ緑の葉が小さめに茂っている。木

  というよりはむしろ、か弱い「新芽」が伸びて来た様子

  にも見えるし、ある種の「菌類」にも見える。左は、ウィ

  キメディアで公開されてるエノキダケの画像を加工し

  たものだ(作者は Chris 73 氏)。

     

120730a

  宮本武蔵のファンとしては、枯木鳴鵙図

  (こぼくめいげきず)も思い出す所(左も

  ウィキメディア)。枯木の上に鵙(もず)が

  たたずむ姿がシンプルで味わい深い。

   

  小阪のCGでは、一番上の緑の部分が、

  拡大すると大勢の人間になってるように

  も感じられる。実際これまで彼は、細か

  い遊びのような技巧を織り交ぜて来てる

  のだ。もし本当にそうなら、アニメに弱い

  私でさえ例外的に知ってる『新世紀エヴァ

  ンゲリオン』で、綾波レイの多数のク

  ローンが不気味にうごめいていた様

  子も思い出すのだが、流石に話が飛

  躍しすぎかも知れない。。

     

    

          ☆          ☆          ☆

ただ、緑と木が人間に見えてしまうのは、CG全体の下部の影響も大きい。

そこには、細長い竹のような棒を並べて作った四角い柵が三重に出来てお

り、柵の向こう側は透けて見え、地面や周囲はすべて緑になってる。中心の

木が、三重の柵に囲まれながら、上側に飛び出す構図だ。同じパターンが

三重に組み合わさった形式といえば、4月の作品「家の家の家」を思い出

すわけだが、紙面の白黒画像だと、三重構造が分かり辛いと思う。朝日デ

ジタルのカラー画像の方が鮮明で分かりやすい。

        

私の曖昧な記憶を辿ると、この図は江戸時代の見せしめの刑に感じるの

だ。一番上の緑の部分が、人間の頭部に相当する。試しに画像検索をか

けてみたが、ものがものだけにピッタリ来る画像は発見出来なかった。ま

あ、仮に発見できてたにせよ、ここには転載しなかっただろう。「ウチ=う

ち」(当サイト)では、この程度のやや婉曲な文章表現が限界なのだ。

        

とにかく、三重どころか何重にも意味や題材らしきものが交錯してるのだが、

「現代社会をイメージした作品」とされてるのだから、何かもっと具体的な題

材を見出したい。垂直に伸びた構図から、話題の垂直離着陸機・オスプレイ

関連かなと思い、似た基地写真とかも探してみたのだが見当たらなかった。

都心のデモ写真でも覚えがないし、三大証券会社の「イン」サイダー(「内」

部者)取引事件とも結び付かない。あれも「外」国がらみだったが。。

        

    

          ☆          ☆          ☆

となると、残る有力な参照対象は、小阪の過去の作品だろう。1年前まで遡っ

て見直すと、ちょっと面白い事実を発見できた。2012年1月から、2ヶ月お

きに、「緑」をめぐる似た作品が登場してるのだ。

   

12年1月の「明日」では、国会議事堂の上に緑の木がそびえてる。3月の

「共生」では、墓地のようなビル街のあちこちに緑が増殖。そして5月の「空

の木の先」では、東京スカイツリーとパルテノン神殿の柱が融合したような

ものの上に、小さく緑がある。

    

つまり、1月、3月、5月と、人間の手によってそびえ立つ文明を、緑が浸食

する様子が描かれてたと言っていいのだが、今回の7月では、遂に緑だけ

になってしまったのだ。緑一色で、「うちと、そと」。こうなると、「現代社会」的

には、日本の左派を中心とする直接行動全体をイメージする所だろう。

     

例えば、首相官邸や国会を取り巻く脱原発・反原発デモの群れ。あるいは、

オスプレイ反対運動も加わった、山口県の知事選。原発は国の内(うち)側

の問題であり、オスプレイ配備は外(そと)側も加わった問題だ(米国、中国、

北朝鮮など)。尖閣諸島の防衛を考えるなら、オスプレイはまさに、「うちと、

そと」に関わる核心でもある。日本政府にとっては、広い意味で「内」憂「外」

患みたいな状況だ。民主党という与党にとっても、あるいは国民にとっても、

同様だろう。

         

歴史を遡ると、40~50年前の日本の直接行動でも、やはり「うちと、そと」

が2つの焦点になっていた。特に、大学「内」の組織運営問題と、「外」国と

の同盟関係である日米安保。日本の国「内」と国「外」で、同時発生的に運

動が盛り上がったのも、時代の大きな特徴だろう。。

      

    

           ☆          ☆          ☆

さて、最近の「緑」の動きに対する今回の見方だが、小阪はこれまで同様、

かなり距離を置いている。その作品には、冷めた視線が含まれ、「終末」の

予感さえ立ちこめているのだ。

        

かつての学生運動の頂点(の一つ)は、1969年1月の東大・安田講堂の

攻防であった。そこから72年の浅間(あさま)山荘事件以降に向けて、運動

は急速にしぼんでいく。だからこそ現在、左派論客の代表の一人である小

熊英二(去年から朝日の論壇委員)も、当時の状況を詳細に調べ上げたの

だろう(『1968』)。もちろん彼の見方では、現在の動きはかつてと異質の

新しいものであって、分散化して持続性のある、妥当な主張の集合体といっ

た感じなのだろうが。

   

しかし、「イン」サイダー取引が度々行われる株の世界では、最も盛り上がっ

ている時こそ、「買い」ではなく「売り」で対処する必要がある。上げの勢いに

応じて、下げの勢いも悲惨だからだ。実は、1年数ヶ月前には、中東の革命

が肯定的に大きく語られていたが、最近ではシリアの問題もあって、大幅に

トーンダウン。放射線・放射能そのものに対する意識も最近では薄れて、原

発を中心とするエネルギー問題の方に焦点が移動。先日のストロンチウム

確認のニュースなど、1年前であれば大騒ぎになってたはずだ。。

     

    

         ☆           ☆          ☆

「古きを温め、新しきを知る」ということわざは、やや受動的な知の姿勢を表

している。むしろ今、問われてるのは、古きを再考し、新しきを創る、あるい

は育むこと。過去をふまえた、能動的=創造的な知の姿勢だろう。実際、高

橋源一郎の時評、「新思考を育む」も、大まかに言うなら、そういった話の流

れなのだ。

  

日本にも「緑の党」が設立される一方、昨日の山口知事選では保守が脱原

発を破った。ネットやSNS(ツイッター、facebookなど)を通じてデモが拡大

する一方、原発再稼働に関する世論調査では、容認派が増えている(朝日、

6月)。ようやく日本に芽吹いた「緑」とどう向き合うのか、あるいは、新しき

日本をどう育むのか。ここはじっくり、過去の流れも見た上で、熟考すべき

だろう。40年前の日本や、ここ1年のシリアなども含めて、中立の立場から。

       

小阪のCGで描かれる、孤独な緑の木は、そうしたメッセージを伝えてるよう

に思われるのだ。古くて透き通った壁によって、三重に囲まれつつ、内(うち)

から外(そと)へと抜け出してはみたものの、想定内の低気圧による強風で

すぐに倒れてしまう。そんな、か弱い姿を通じて。そもそも、本当に外(そと)

へ抜け出してるのかどうかも、考えてみる必要がある。

             

そう言えば、フランス現代思想のロラン・バルトが東京都心について、「中心

は空虚である」と語った時(『表徴の帝国』)、空虚とは緑を表してたのだ。た

だし、平たくて優しい、多くの人に安らぎを感じさせる緑ではあるが。。

     

    

    

          ☆          ☆          ☆ 

一方、高橋源一郎によるメインの時評は、タイトルが「新思考を育む」、「国

や憲法 自分で作っちゃえ」となってる。冒頭が一番、刺激的だろう。坂口

恭平の『独立国家のつくりかた』を読んだ感想からスタートしてるのだ。高橋

自身が、「たいていの人は、坂口さんって頭オカシしいんじゃないのと思うか

もしれない」と書いてるが、私は面白いと思った。過去、朝日で彼が何度か

取り上げられた時にも、あまりに斬新な生き方に思わず微笑んだほどだ。

          

国の要件を定めたモンテビデオ条約によると、国民、領土、政府、外交能

力があれば、国家を名乗れるらしい。国民はツイッターのフォロワー、領土

は日本国内の所有者不明の土地。国連にも加盟申請するそうで、「困った

人を助ける」という簡単な「憲法」まで作ってるそうだ。

    

まあしかし、高橋は面白くて斬新な試みを評価してるに留まってるが、現実

にどんな問題が生じるのか、調べてみないと何とも言えないとは思う。戸籍、

法律、税金、住所、年金など。ただ、いわゆるアナーキズム(無政府主義)

と違うのは、適度な遊び心に満ちてる点と、他者・外部に対する破壊的な意

志・行為を感じない点だ。後ほど、本や周辺情報をチェックしてみたい。

        

   

          ☆          ☆          ☆

それに対して、東浩紀の雑誌『思想地図β・vol 3』の特集、「日本2.0」

における新日本国憲法は、遊び心よりも真剣さを感じるだけに、あまり興

味が湧いて来ない。真剣なら、大変な試みだからだ。

     

たとえば、国籍を持たない在日外国人が「住民」として全面的に政治参加

できることを、高橋は「開かれたもの」として褒めてるが、独立国家ではな

くこの日本という国家で実現しようとするなら、非常に険しい道のりになるだ

ろう。むしろ、「開かれたもの」が良くて「閉じられたもの」が悪い、というよう

な単純な二分法を越える「新思考を育む」ことこそ重要なのだ。

   

憲法が長い間、「守る」べきものか「改正」すべきものだったという二分法も、

あまり実態に合ってない。というのも、「解釈」という別次元の営みが大きな

影響力を持ってるからだ。実際、いま野田首相が狙っているのも、集団的

自衛権に関する新たな解釈だろう。

       

(☆追記: 朝日新聞・7月31日朝刊に、東の新憲法に関する記事が掲載

       された。大見出しは「新しい日本 憲法で描こう」。「新日本国憲

       法ゲンロン草案」(別名・憲法2.0)は、前文と全100条から成

       り、日本国とは国籍のある「国民」とない「住民」の「精神的共同

       体」とされる。

       

       衆議院はより強い権限を持つ「住民院」に、参議院は助言者と

       としての「国民院」になる。2つの院の名前が逆のような気がす

       るが、意図的なものか。天皇は「象徴元首」、総理は国民の直

       接投票による「統治元首」。自衛隊は合憲化。リベラルの側か

       ら保守に対抗する狙いとのことだが、「住民」以外はかなり保守

       的な草案のようにも感じる。)

       

さらに、ネットの「口語訳 日本国憲法」というのは、リアルタイムでネットの

住民みんなの考えを反映するそうで、面白い試みだし、基本的にいい事だ

とも思う。ただ、口語訳が新しいのではなく、その集団的な作り方が憲法に

とって新しいわけで、新思考というより「新試行」に近い。個人的には、様々

な意味で縁遠さを感じる試みでもあるから、まずは自分で現行憲法を直接

読み直してみたい。

     

最後に、現在と過去を激しく行き来する赤坂真理の小説『東京プリズン』

は、朝日の夕刊で紹介された時から気になってた作品だ。東京裁判や戦

争責任は、確かに古くて新しい重要な問題だと思うし、「新しいマインド」を

作るには「古いマインド」と向き合う必要があるというのも、異論はない。

ただ、高橋が「『古いマインド』を誠実に総括し、清算しなければ・・・」と書

いた時点で、まさに「旧思考」による暗黙の支配が感じ取れるのだ。

     

改めて過去と向き合うことと、総括・清算すること。この間の決定的距離に

対する繊細な感受性と語り口こそ、最も大切な前提条件の一つだろう。。

    

    

     

           ☆          ☆          ☆

3人目、森達也が担当するコラム「あすを探る」は、テーマが「社会」で、タイ

トルが「正義を掲げ追い込んだ先に」。左派というより「リベラル」な立場か

ら、独自の発言や活動を「自由に」続けてるが、有名なのはオウム真理教

の再考と死刑反対論だと思う。今回もやはり、死刑反対を訴えるのだが、

目新しい論点が2つ入ってるので刺激的だった。

      

まずは、イジメとイジメ非難の同質性の指摘。「イジメとは抵抗できない誰

かを大勢でたたくこと」。その意味では確かに、噂に聞くイジメ非難というも

のも、イジメに似た構図になってるだろう。すぐ気付くことではあるが、それ

を堂々と公言する所が刺激的なのだ。ただ、元のいじめの定義には重要

な要素が2つ抜け落ちてる。イジメとは、「大した罪もなく」抵抗できない誰か

を、「周囲の一般人が」大勢で叩くことだ。その意味で、イジメ非難はイジメ

そのものとは違ってる。むしろ、過度の個人的処罰と言うべきだろう。

      

背景に、「善悪二分化」や「厳罰化」、「自己防衛意識」があるのはその通

りで、日本ではオウム、世界では9・11が大きなキッカケになったという見

方もほぼ正しい。「ところが北欧は違う」という話の運び方は新しくないが、

昨年7月にノルウェーで起きた77人殺害テロの話はインパクトがあった。

    

被告が、自己防衛だから無罪だと主張したこと、死刑も終身刑も無いから

最大で禁錮21年ということには、さほど驚きはない。それより、死刑を求

める声が遺族からも全くあがらなかったという部分に驚くのだ。死者だけ

で77人、遺族はその2倍はいるだろう。日本ならおそらく、数十人の遺族

が(遠回しに)死刑を求めるはずだ。

     

犯行現場の島にいながら助かった10代少女の言葉も、出来過ぎなくらい

美しくて、作り話ではないかと思ってしまうほどだ。「一人の男がこれほどの

憎しみを見せたのなら、私たちはどれほどに人を愛せるかを示しましょう」。

具体的には、最大で21年の刑を終えた出所者に、帰る家と仕事を国家が

斡旋するとのこと。遺族の側への救済も国家レベルで行うらしい。

    

80年代に始まったという、この「寛容化」の流れ。「厳罰化」の逆であって、

犯罪数も減少し始めたという話だが、その種のデータは慎重かつ詳細に

考察する必要がある。国民感情の「本音」や異論も気になる所だ。しかし、

自分でも罪を認めてる場合はさておき、認めてない場合は冤罪の可能性

もあるし、抵抗できない人間を大勢の人間や国家が殺すというのも、「で

きれば」避けたいことではある。

      

避けるためには、様々な新しい仕組み・環境が必要だが、圧倒的に重要

なのは、国民全体の「新思考」だろう。それを育むにはまず、思わず目を

背けたくなるような、過去の死刑や犯罪の実態と向き合う必要がある。古

きを温め、新しきを育む。結局、この平凡な営みを地道に続けることこそ、

もっとも新しいことなのだろう。と言うのも、人はいまだに、それを十分行っ

てないのだから。

         

それでは、今月はこの辺で。。☆彡   

    

  

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.震災後、身の丈超えぬ「ことば」に希望

      ~高橋源一郎&小熊英二「論壇時評」(朝日新聞) (11年・4月)

  非正規の思考、その可能性と危険性

         ~高橋源一郎&濱野智史「論壇時評」(朝日新聞・5月)

  みんなで上を向いた先に真実はあるか

         ~高橋源一郎&平川秀幸「論壇時評」(朝日新聞・6月)

  スローな民主主義と『スローなブギにしてくれ』

          ~高橋源一郎&森達也「論壇時評」(朝日新聞・7月)

  柔らかさ、面白さが無ければ伝わらないのか

          ~高橋源一郎&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・8月)

  人を指さす政治的行為のマナー

          ~高橋源一郎&酒井啓子「論壇時評」(朝日新聞・9月)

  希望の共同体を楽しく探るために

          ~高橋源一郎&小熊英二「論壇時評」(朝日新聞・10月)

  アート・ロック・ゲーム、多様な変革運動

    ~高橋源一郎&濱野智史&小阪淳「論壇時評」(朝日新聞・11月)

  どの常識をどう疑い、何に立ち向かうのか

    ~高橋源一郎&小阪淳&平川秀幸「論壇時評」(朝日新聞・12月)

  対称的な関係の中にある前進

    ~高橋源一郎&小阪淳&森達也「論壇時評」(朝日新聞・1月)

  現在の中に過去を見ること

    ~高橋源一郎&小阪淳&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・2月)

  自ら切りひらく主体相互の共生

          ~小阪淳ほか「論壇時評」(朝日新聞・3月)  (未完)

  「常識がない」ということの意味

        ~小阪淳ほか「論壇時評」(朝日新聞・12年4月)  (未完)

  破壊と建設、善意と悪意

   ~小阪淳&高橋源一郎&濱野智史「論壇時評」(朝日新聞・12年5月)

  未来を「一から」創り出すこと

   ~小阪淳&高橋源一郎&平川秀幸「論壇時評」(朝日新聞・12年6月)

  変える楽しみ、保つ安らぎ

     ~小阪淳・高橋源一郎・菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・12年8月)

  不変の変化という、不変の夢

   ~小阪淳&高橋源一郎&酒井啓子「論壇時評」(朝日新聞・12年9月)

  方舟の針路、風任せにしない

  ~小阪淳&高橋源一郎&小熊英二「論壇時評」(朝日新聞・12年10月)

  和解の方向、未来からの審判

   ~小阪淳&高橋源一郎&濱野智史「論壇時評」(朝日新聞・12年11月)

  アートとツール(道具)

   ~小阪淳&高橋源一郎&平川秀幸「論壇時評」(朝日新聞・12年12月)

  対話するインテリジェンス

    ~小阪淳&高橋源一郎&森達也「論壇時評」(朝日新聞・13年1月)

  ひとりで揺れる時の振幅

    ~小阪淳&高橋源一郎&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・13年2月)

                     

                                   (計 8127文字)

| | コメント (0)

朝練4日目、コケないようにバトル♪&ロンドン五輪

BIKE 60.4km,2時間16分,平均心拍138

     

人間、やれば出来るもんだね♪ 何事もって言うとウソだけど、そこそこの

事までなら出来てしまうのだ。例えば、典型的な夜型人間が、超・朝型に変

えるとか。そんだけかよ!って突っ込み、どうもどうも(笑)。

    

いやぁ、暑さもあって、とんでもない寝不足のはずなのに、今朝も目覚まし

が鳴る前から目が覚めてしまった。「じいさんかよ!」とかネットで一般人が

書くと失礼かも知れないから、「高齢者かよ!」にしとこうか♪ やっぱ、ロ

ンドン五輪の刺激は間違いなくあるね。私はスポーツ好きだし、子供の頃

からお祭り人間だったから、基本的にテンションが上がってるのだ。

     

そう言えば、遠足や修学旅行の前夜は眠れない性格だったね。子供かよ!

・・・って、本当に子供だから突っ込みになってない♪ しかし、昨日の開会

式。妙に日本選手団が少ないなと思ったら、僅か76人。北京が約240人

だから、3分の1以下になってる。役員が32人、選手は293人中で44人

だから、選手の参加率は7分の1程度。淋しい~~。

    

ま、競技に集中してて、それどころじゃないのかも知れないけどね。私なら

絶対出るけどなぁ・・・ってこともないか。余裕ないかも。って言うか、機会

がないだろ!(笑) 世界の人口70億人で、今回の参加者は僅か1万人。

70万分の1かぁ。。トップ・アスリートの世界、恐るべし。

        

ちなみに28日には、日本の高校総体もスタート。こちらは2万7000人だ

から5000分の1くらいの確率だね。それでさえ、高校陸上部時代の私に

とっては雲の上だったよなぁ。。レ・ミゼラブル・・・あぁ、無情。。小市民の

運命も恐るべし。。

     

    

          ☆          ☆         ☆

ところで、昨日は自転車の男子ロードレースがあって、金メダルは38歳の

ベテラン、カザフスタンのヴィノクロフだった。最近、持久系のスポーツはホ

ント、選手寿命が延びてるな。日本は、別府史之が22位、新城幸也が48

位だった(時間内ゴールは110人)。これ、ネットで見れたらしいね。ウッカ

リした。なでしこのサッカーの流し見に気を取られてたわけ。個人タイムト

ライアルは試しに見てみようかな。不人気種目にとっても、いい時代になっ

たもんだ。

   

気になる日本人選手のメダルは、今のところ、柔道の男子60キロ級で平

岡拓晃が銀メダル☆ 重量挙げ・女子48キロ級で三宅宏実が銀メダル

(日本新)☆ 競泳・男子400m個人メドレーで高校生の荻野公介が銅メ

ダル(日本新)☆ なかなか順調な滑り出しに見えるね。さて、金メダル第

1号は誰なのか。男子体操の内村航平は今のところ、いま一つの出来(鉄

棒&あん馬で落下)という情報だから、金は苦しいかも。。

    

ところで、今日のGoogle・トップページのホリデーロゴは、「飛び込み」競

技(Diving: ダイビング)の可愛い絵。飛び込み台の下の青いプールに、

Googleの文字が入ってる。

          

話がオリンピックから逸れるけど、これを見て思い出したのが、首都圏でお

馴染みの大磯ロングビーチ♪ 私も2回行ったことがある。ここに飛び込

み台があって、私は上まで登ったんだけど、恐くなって降りてしまったのだ

(^^ゞ ビビラーかよ! 高さ10mどころか、5mでも白旗&撤退。。 

      

いやぁ、足から落ちるだけでも、何となくポキッと折れそうな気がしたもんで。

正しいリスク管理を行っただけなのだ♪ 言い訳かよ! ちなみに大磯、横

浜駅でやたら大きな広告が目に付いたけど、9年ぶりにキャンギャルを復

活させたらしい。

           

私のイメージにあるのはサトエリ=佐藤江梨子(99、01年)だけど、今年

はユニット全盛を受けて、アイドリング!!!に決定。全然知らないけど、

キャンギャル好きの私としては、いい流れだと思う。昨日の朝日新聞・夕

刊には、「キャンギャル 波再来?」って記事が大きく掲載されてた♪ 東

レの水着やトリンプの下着キャンペーンは、いつ見ても「いいね」☆

    

    

          ☆          ☆         ☆

最後に、今朝の走りについて、簡単に。一昨日、低速とはいえ思い切りコ

ケて、しばらく血が止まらなかったから、今日はもう安全運転。自転車がちゃ

んと直ってるのかどうかも不安だったから、完全に流しモードの予定だった。

     

ところが、多摩水道橋・北側あたりの魔の区間(笑)を慎重に走ってたら、後

ろでガマンしきれなくなったロードバイクが抜いて行ったから、私の闘志に

火が付いてしまった♪ 魔の区間が終わった後、追い付いて、追走開始。

さほど速くもないけど、抜くほど遅くもないし、危なっかしい運転だからヒート

アップすると危険。ってことで、大人しく後ろからプレッシャーをかけてたら、

早めに一般道へ逸れて行った。このパターン、多いな。

    

ちょっと疲れたから、国立折返しまではお遊びモード。って言うか、今日は

日差しもあって、かなり暑く感じた。ノンストップの折返し後、ボトルの水を

飲みながら適当に走ってたら、今度は巨漢ロードが抜いていったので、こ

れまた面白半分で追走♪ いや、どれだけスピードがもつのか、気になっ

たわけ。

   

最初はかなり速くて、白旗を上げそうになったけど、もつはずないと思って

ガマンしてたら、案の定、徐々にスローダウン♪ それはいいんだけど、前

が見えないのがやりにくかったね。ま、こちらの彼はスピードのわりに安全

運転だったから、恐さはなかったけど。最後は完全に低速走行になったと

ころで抜き返しておしまい。また今度、風よけになって頂こうかな。コラコラ。

     

ちなみに、一昨日コケた場所をチェックしたんだけど、確かに砂が浮いてて

ズルズル滑る場所だった。と言っても、フツーに走ってれば大丈夫だから、

やっぱブレーキをかけちゃったんだね、ハンドルを少し切った状態で。今後

は気を付けよう。他にも、Uターンとか鋭角ターンとか、この日はかなり気を

使って走った。タイヤのグリップ感覚が大切なのだ。胆に銘じとこう。

   

なお、今日はこの後、お仕事その他であおられる予定。月末恒例の硬派の

記事は明日か明後日になるので、悪しからずご了承を。今週は計18467

文字となった。暑さと朝練と転倒で、やや少なめかな。ではまた。。☆彡

            

                                   (計 2496文字)

| | コメント (0)

ロンドン五輪開会式の感想&朝練3日目・酷暑ジョグ

酷暑JOG 13km,1時間12分41秒,平均心拍143

   

ゴーン。。いい除夜の鐘だったね・・・とかツイートが飛び交ってるのかも♪

120728a

  もちろん、本当はウエストミン

  スター宮殿の時計台のビッグ・

  ベンを表してるんだろう。

  

  左はウィキメディアで公開され

  てる写真で、作者romainberth

  氏。その下は、ビッグ・ベンの

  鐘そのものの絵。確か、鐘は

  一般には非公開だったような

  気がするね。朝日新聞に書い

  てたかな。実際、ウィキには写

120728b

  真が1枚もない。絵の作

  者は、Jack1956氏。

   

  ロンドン五輪・開会式

  は合計1時間くらい見

  たかな。もちろん、お

  目当てはいまやNHK

の看板フリーアナ、山岸舞彩のミニスカ美脚だ・・・って、見てないだろ! 私

が走ってる間に映ったのかな。開会式担当は廣瀬アナだと分かった時点で、

すぐ走りに出かけたのだ。コラコラ♪ 局アナ代表に失礼だよな。

       

さて、今日は朝練の連続3日目。睡眠不足と疲れの極致で、起きれないだろ

うと思ってたのに、なぜか目が覚めてしまった。ちょっと早起きリズムに慣れ

て来たのかな。まあ、ロンドン五輪の開会式を見たかったっていうのもある

ね♪ 半ば、ブログのネタのために(笑)。毎日更新ブロガーは活きのいい

ネタが命なのだ。ま、数学記事みたいに、時代を超越したものもアリだし、

結局はかなり集客効率がいいんだけど。。

     

開会式のオープニング映像は、CGがゴチャゴチャしててゲームみたいだか

ら、私的にはパス。普通に美しい風景を映せば、会場の伝統的デザインと

120728c

 も合ってて良かっ

 たのに。左はウィ

 キで公開されてる

 ロンドン橋。作者

 Gonzolito氏。

    

 まあでも、聖火

 も含めて、若さ

 を強調してるん

だろうな。鐘はいいけど、黙とうはないんだね。新年の挨拶も当然無し♪ 

いや、私は子供の頃から、紅白歌合戦の後の『ゆく年 くる年』のファンだっ

たのだ。。

        

        

          ☆          ☆          ☆

その後、まずは24時間営業の郵便局までお散歩でウォーミング・アップ。

受け取った後はジョギングで家まで戻って、郵便物と免許を置いた後、ダ

ルイ身体にムチ打って公園へ。もう、今朝は最初から全然ダメだった。

    

実質的に4日連続の運動だし、昨日の自転車の転倒で身体は傷だらけ。お

まけに、後から分かったんだけど、今朝のこの辺りの気象条件は気温29度、

湿度95%くらいで、最悪の蒸し暑さだったのだ。汗が蒸発せず、ムダに流

れ落ちるばかり。雲で日差しは隠れてるのに、もう最初からノドが渇いて、

すぐ帰りそうになったほど。そこを必死に我慢して、公園を3周した後は今

年最初の(?)給水をゴクゴク。同時に全身も水で濡らす。

    

そう言えば、今朝はランナーやウォーカー(お散歩)が少なめだったけど、

蒸し暑さに加えて、みんな家で五輪見てたんだろうな。そりゃ、そっちの方

がラクだけど、スポーツはまず何より、自分でするものなのだ。他人の素

晴らしいスポーツより、自分の平凡なスポーツの方が遥かに価値がある。

ま、誰も認めてくれないから、自分で認めるわけ♪ これぞ、小市民アス

リートの日常。

          

    

           ☆          ☆         ☆

120728d

 ヘロヘロで帰っ

 て来た後は、水

 浴び、クールダ

 ウン、暴飲暴食

 (笑)に時間を

 費やして、慌て

 てテレビ視聴再

 開。ロンドン五

 輪・組織委員会

の会長、セバスチャン・コーの挨拶の時だったかな。彼、普通の人は知らない

だろうけど、かつての陸上中距離(特に1500m)の帝王、神様みたいな存

在だ。今見ても、貴公子って感じの雰囲気が漂ってるね。まだ走ってるのか

な。体型も締まってそうだ。写真はウィキメディア、Matt Lancashire 氏。

      

で、いよいよ五輪旗と聖火だけど、その辺りでモハメド・アリが映ってたね。

まだ健在だったのか。パーキンソン病との闘いも、もう30年近いんじゃない

かな。ボクシングの伝説も凄いけど、闘病生活も凄い。聖火は、前から話題

になってたボート選手が長めに走って持って来た後、会場で若い7人組に

交代。最後は、世界の国と地域を表す沢山のトーチに次々と点火。それら

が垂直に立ち上がって、一つの巨大な聖火になった。

   

120728e

 う~ん、コンセ

 プトとしてはい

 いんだけど、お

 盆前の日本人と

 してはどうして

 も線香に見えちゃ

 うかも♪ って

 言うか、ウチだ

 けかね。

    

ウチの実家では、線香に火をつける時、数十本まとめて点けることがよくあ

るのだ。それをそのまま立てたりするから、聖火が線香に見えちゃったわけ

(^^ゞ まあ、元々の発想まで遡ると、無関係でもないのかも。要するに、聖

なる火であって、炎を強調するか、香りを強調するかの違いだろう。写真は

同上。 

    

最後はイギリスを代表する世界的ミュージシャン、ポール・マッカートニー

の『ヘイ・ジュード』。ビートルズの名曲は、いつ聴いても「いいね」♪ ポー

ル、流石に年取ってるけど、ちゃんと歌ってた気がする。最初が変だったし、

ちょっと聞き取りにくい箇所もあったから、口パクじゃないだろう。北京五輪

が、CGの花火とか口パクで騒がれたから、どうしても目線が厳しくなっちゃ

うのだ。

      

ま、今回もまた後で色々、情報が出て来るのかも知れないけど♪ あっ、

早速「口パク」って検索アクセスが入って来た (^^ゞ それにしても、五輪の

花火はいつ見ても華やかでキレイだね☆ まさに世界最高のイベントだ。。

   

   

(☆29日の追記: 産経と報知によると、口パクの予定だったのに実際は

            生だったという話だ。いつ、なぜ切り替えたのか、説明

            はビミョーに食い違ってる。産経はポールの意志、報

            知は機材トラブルによる即興のような伝え方だ。)

    

      

         ☆          ☆          ☆

こうなったら、閉会式のラストは、『レット・イット・ビー』しかないだろう。あの

曲、なぜか妙に好きなのだ。泣けと言われれば、すぐ泣けると思う。誰も言

わない? あっ、そう♪ 

             

書くのを忘れてたけど、羽ばたきする自転車のパフォーマンスが面白かった

かも。あれ、電動じゃなくて人力なんだね。上体を伏せてペダルを踏み込む

と、羽が上がって、普通にすると下がるんだったかな。乗鞍ヒルクライム

誰かマネして、スタッフに制止されるかも♪ あとは、鳥人間コンテストとか。

        

ちなみに日本選手団の入場は、リアルタイムでは見てないけど、開会式終

了直後のニュースを見ると、「美人すぎる馬術選手」、武田麗子の派手な顔

が目立ってたかな。旗手は女子レスリングの吉田だった気がするね・・・とか、

アッサリ書いたりする♪ 世の中、何事も実力勝負で厳しいのだ。個人的に

は今回、陸上の女子選手に期待しよう。色んな活躍を♪

      

ってことで、今朝はこの程度で終了。あぁ、それにしても毎日ホントに暑い

ね。今日もまた、最高気温35度以上、猛暑日の予報なのだ。もうウンザリ。

夕立ちとか、来てくれないかなぁ。。では、また明日。。☆彡

      

            

  雑用(1.68km)  11分10秒  心拍129 

 往路(2.45km)   14分00秒     139  

  1周(2.14km)   11分43秒     144   

  2周           11分37秒     148           

  3周           11分14秒     153    

 復路(給水込み)    13分57秒     157   

計 13km  1時間12分41秒 心拍平均143 最大164 (ゴール時)

             

                                 (計 2835文字)

| | コメント (0)

朝練2日目、まさかの転倒で出血&打撲、戦意喪失・・

BIKE 60.2km,2時間18分,平均心拍130

    

ポキッと折れてしまった。私の心のフレームが・・・とか書いとくと、「フレーム

折れた」とか、検索アクセスが入っちゃうかも♪ 別の言い方だと、心のス

ポークが折れてしまったのだ・・・って、もうエエわ! あっ、スポークって、車

輪で放射状に数十本張ってある針金みたいなものね。そりゃ、蛇足か (^^ゞ

   

いやぁ、軽口はさておき、やってしまったのは本当なのだ。管理ページで、ブ

ログ内の検索をかけると、3年ぶりかと思ったら4年ぶりだね。前回も、まさ

かって感じの場所に砂があってズルッと滑ったんだけど、今回はイマイチ何

でこけたのか分からない。覚えてないけど、ハンドルを僅かに曲げた状態で

ブレーキを軽くかけたのかな。前回同様、なまじスピードが遅かったから、全

く油断してたら、一瞬で前輪を取られて、身体が草の上を滑ってしまった。

     

草のおかげで、地面にぶつかった衝撃は少なかったんだけど、ウェアが緑

と泥にまみれてグチャグチャになったし、小石か何かで手のひらを切ったよ

うで、血が止まらない。赤く染まったサドルの写真でも載っけようかと思った

けど、スプラッターっぽいから止めとこう♪ ホントは傷口の写真も載せたかっ

たんだけどな(笑)。しばらく血が止まらなかったから、ウェアを破って包帯に

しようかと思ったほど。ま、幸い、5分ほど待ったら止まってくれた。。

    

    

          ☆          ☆          ☆

コケた拍子に、ハンドルが180度回転したんだけど、ブレーキ・ワイヤーや

ギア・チェンジ用のワイヤーが複雑に絡みあってて、元がどうなってたのか

迷う状況。いまだに、あれで合ってるのかどうか自信ないけど、まあ走れて

止まれるからOKなのかね (^^ゞ でも、恐いよなぁ。この後、車道を走って

て、突然ハンドルに異常が生じたら、即死も十分あり得るね。しばらく様子

見で慎重に走るべきだな。

    

コケた後は完全にやる気を失って、手のひらの傷を気にしながらトロトロ帰

宅したんだけど、家でよく見たら、あちこちケガしてた。肘、腰、膝まわり。

気のせいか、ちょっと頭も痛かったりする。脳内出血かも・・って冗談になっ

てなかったりして。頭は打ってないと思うんだけど、一瞬の出来事だから、

記憶は怪しい。

   

意外に困るのが、傷だらけだからシャワーを浴びる気にならないこと。もち

ろん、風呂で居眠りするのも無理♪ 仕方ないから、使い捨てのボディー・

タオルとフェイス・タオルでゴシゴシ。これ、自分はいいんだけど、電車で隣

になった人は香りが強烈だったかも (^^ゞ 無香性って書いてても、メントー

ルとかすぐ分かるもんね。ま、よくいる音もれシャカシャカ人間よりはマシだ

と思うんだけどな。音は防ぎにくいけど、匂いは口呼吸すればいいだけな

のだ・・・って理屈は、女性には通じないのか(笑)。

          

    

          ☆          ☆          ☆

それにしても、あらためて何でコケたのか考え直すと、サングラスを変えた

のも大きかった気がする。今までのものより、光線の透過率がかなり低い、

暗いサングラスだから、路面の把握が甘かったんだろうね。ま、レースじゃ

なくて良かったし、幹線道路じゃなくてラッキーかも。バイク(オートバイ)に

乗る時の勉強にもなったはず。そうポジティブ・シンキングして、今夜はもう

寝ることにしよう。傷ついた心と身体を癒やすべき時なのだ。柔らかい愛に

包まれて・・・ブルブル、寒っ!♪

      

とにかく、朝練で仕事すると、寝るヒマがないのだ。電車内と、仕事中しか♪

コラコラ。仕事の後は、イラついたから、ストレス発散でまた本を買ってしまっ

た。約3000円、ムダでもないけど、さほど必要のない買い物だったね (^^ゞ

あぁ、もうすぐロンドン五輪の開会式か。ではまた、明日。。☆彡

    

                                  (計 1530文字)

| | コメント (0)

乗鞍ヒルクライムまで僅か1ヶ月、ようやく朝練スタート

BIKE 60.6km,2時間16分,平均心拍129

     

いまいち効かないなぁ・・・って言うか、もたないんだよな。冷却スプレーは。

120726

  去年買って、あんまし使わなかった資生堂

  「ウーノ クールボディ ミスト」を探し出して、

  1年ぶりに使ってみたんだけど、ヒンヤリす

  るのは一瞬だけ。後は数分ほど、地味に

  スーッとする程度だ。

   

  容器にちゃんと、「冷感持続 メントールの

  5倍」と書いてあるのにね。メントールだと

  数秒しかもたないってだけの話かも♪ 開

  封後は早めにお使いくださいとか、別に書

  いてないけど、去年の方が効いたと思うの

  は気のせいか。扇風機の風を当てると、少

しもちが良くなるけど、「超~気持ちいい!」とは北島でも言わないだろう♪

          

    

         ☆           ☆           ☆

さて、突然、冷却スプレーなんて使う気になったのは、猛暑の時期に入っ

たからってこともあるんだけど、それより日焼けのあとが熱いからなのだ。

一応、日焼け止めは塗ってたし、日差しの弱い早朝なのに、やっぱしお肌

が繊細なのな。心と同様に(笑)。ヒリヒリ熱くて、仕方ないから霧吹きで濡

らしたりしてる所 (^^ゞ 霧吹きはアイロンがけだろ!って感じで、冷却スプ

レーに変えたわけ。

  

もう間違いないね。私の場合、夏の暑さの半分くらいは、日焼けのせいだ

な。自転車の乗鞍ヒルクライムレースに向けて、夏だけ自転車に乗ってる

から、身体も紫外線慣れしてない。気温ももちろん高いから、夏は地獄な

のだ。ま、レース自体は、標高1500mくらいから2700mくらいまで登る

から、涼しいんだけどね。帰り路に時々やってる信州サイクリングも快適

だし、自転車仲間たちとも会えるから、頑張って続けてるわけ。

      

ところが、今年は例年以上に仕事その他が忙しかったし、捻挫のアクシデン

トまで重なったから、レースの準備が遅れてる。去年7月の走り込みと比べ

ると、今年はまだ全然ダメだから、マジでヤバイ状況になって来た。

    

ってことで、仕方なく今日から、早朝ランをスタートしたのだ。起きれるかど

うかが勝負で、最近は疲れてるから起きれないことも多いんだけど、乗鞍

まで僅か1ヶ月になったから、何とか早起き成功。ボーッとした頭でトロトロ

準備して、涼しい朝の街へ走り出した・・・と書きたい所だけど、実際はあん

まし涼しくなかったよなぁ (^^ゞ 今朝の最低気温は、この辺だと27度くらい。

夜の間に湿度も上がってるから、あんまし涼しくもないわけ。

      

     

          ☆          ☆         ☆

ただ、平日だからなのか、あるいはロンドン五輪のサッカーなでしこの応

援でみんな眠かったのか、早朝の多摩川はわりと空いててラッキー♪ あ

んましブレーキをかけずに走れたね。そうは言っても、多摩水道橋と多摩

川原橋の間にある「魔の区間」は、道をふさいで散歩してる人も結構いらっ

しゃるんだけど、まああの程度ならガマンの範囲でしょ。

     

しかし、やる気が出ないからゆっくり走ってるのに、ノドが渇いて仕方ない。

国立折返しまでの往路で、ボトル半分以上の水を飲んだかも。復路は日差

しが強くなって、「あぁ、もう30分早くスタートすれば良かったなぁ・・」と悔み

ながら走ってた。晴時々曇って感じの天気でもこれだから、快晴だと悲惨

だろう。明日はもっと早くスタートしたいから、今夜は22時には寝ることにし

よう・・・って、もう23時かよ!♪

        

実はさっき、あまりの眠さで、お風呂の中で寝ちゃったわけ (^^ゞ お湯と水

の中間ぐらいの低い温度にして、日焼けを冷ましてたら、あまりに気持ちよ

くて熟睡してしまった。だんだん、親に似て来るよなぁ。両親とも、風呂で寝

るのが好きだから、遺伝だね。DNA恐るべし・・・とか書いとくと、「それは遺

伝ではありません」とか突っ込んで来る面白い人がいらっしゃるかも♪

      

    

          ☆          ☆          ☆

ちなみに、夏の連続ドラマはまだ全く見てない・・・って言うか、ほとんど知ら

ない。まあ、リメイク版『GTO』がボチボチって話は聞いてるし、他のドラマの

噂もたまに耳には入ってるけど、どの時間帯に何をやってるのか、まだ全く

理解してない。今年は、変則的スケジュールでNHK『はつ恋』が挟まったせ

いで、感覚がズレてるって事情もあるわけ。あれはアクセス多かったなぁ・・・

って、早くも過去形かよ♪

   

これでロンドン五輪が本格的にスタートしたら、もうドラマ見る余裕なんてな

いかも。って感じのことを書いてるヒマがあったら、もう寝よっと。さて、睡

眠不足と夏バテの中、明日も早起きできるかな。乞う、ご期待。

           

ちなみに、自転車はいまだに、ビンディング(ペダルと靴の固定金具)を使

わないお気楽走行のままだ。それにしては、ゆっくり走ってもそこそこスピー

ドが出てるね・・・と思うのは甘過ぎるわな (^^ゞ  ではまた。。☆彡

   

     

     

P.S. 五輪サッカー男子、何と優勝候補のスペインに1-0で勝利!

     予選とはいえ、まさかの大金星。。☆ 96年・アトランタ五輪で

     ブラジルを破った「マイアミの奇跡」を思い出すね。あの時は、

     たまたま運良くって感じのゴールだったけど、今回はコーナー

     キックに大津が右足を合わせたキレイな得点らしい。まさに、

     「グラスゴーの奇跡」。。

               

                                 (計 2082文字)

| | コメント (2)

文科省が10都県で確認、ストロンチウム(Sr)90の実効線量係数など

いわゆる放射能、正確には放射性物質の中で、話題になるのはほとんど

ヨウ素131( I 131)とセシウム134、137(Cs134、137)であって、ス

トロンチウム90(Sr90)については、反原発の朝日新聞でさえ少ししか報

道してない。その理由は、一言でまとめるなら、量や濃度が少な過ぎる(と

されてる)からだ。

     

ただし、放射性セシウムに対して一定の割合(例えば数%)で確認されると

いう話は前から分かってたことだし、福島県と宮城県では既に昨年6月に確

認されている。「文部科学省による、プルトニウム、ストロンチウムの核種分

析の結果について」と題するpdfファイルの報告を信用するなら、問題ない

量に留まってる。

       

だから、周辺の県や東京都でもごく僅かに確認されるのは自然なことであっ

て、今回(7月24日)の文科省の発表は決して大きなニュースとは言えない。

実際、ネットでの確認によると、原発推進派の読売や産経はもちろん、反原

発の毎日や東京新聞でさえ、(今の所は)小さな扱いのようだ。

   

ところが今日、7月25日の朝日新聞・朝刊を見ると、1面トップで大きく報道

されてる。「10都県でストロンチウム」、「原発事故 福島・宮城以外で初」。

この大見出しの少し左側、「リード」(前置き的説明)の最後に、小さい活字

で、「38面=『影響まずない』」と書かれてる。実際、38面(第二社会面)の

記事では、人間にも環境にもまず問題ないだろうという、複数の専門家の

意見が掲載されてる。ちなみに、1面は石塚広志記者、38面は大岩ゆり

記者と岡崎明子記者の署名記事だ。

       

問題ないのなら、これほど大きく報じる必要もないだろうと思うが、甲状腺

被曝記事の時と同様、書いてることに「間違いはない」。おまけに今回は、

さほどミスリーディングな(=誤解を招きやすい)内容でもないから、当サ

イトとしても特に批判するつもりもない。ただ、気になる方も少なくないだろ

うし、この機会にストロンチウム90の話をまとめとくのもいいだろう。

        

    

         ☆          ☆          ☆

朝日が、国内での観測値のグラフの中で書いてる「ストロンチウム90の特

徴」は、次の4つだ。「食品に移行しやすい」、「人体では骨にたまりやすい」、

「体内で半分になる半減期は約50年」(末尾P.S.参照)、「水に溶け、土

の中で移動しやすい」。これだけ読むと、かなり恐く感じるかも知れないが、

要するに量の問題であって、放射能や放射線の量が少なければまず大丈

夫なわけだ。

       

その量を考える際に、一番簡単でよく使われるのが、シーベルト(Sv)とい

う単位で表される被曝線量。特に、全身の線量をまとめた実効線量だ。身

体の外側からの「外部被曝」に関しては、ガンマ(γ)線ではなくベータ(β)

線を放出するという点が気になるものの、量が少ないし、ガンマ線よりも

遮られやすいから、まず問題はないと思われる。

    

それに対して、内部被曝は一応、考えてみる価値はあるだろう。「もし」骨

に溜まって大きなダメージを与える「のであれば」、全身の実効線量も当

然大きくなるはずだ。この実効線量を計算するには、体内に取り込んだ

放射能の量(単位はベクレル=Bq)に、実効線量係数をかければよい。

     

実際は小さい実効線量になるので、骨のダメージもさほど大きくないこと

になる。この大まかな逆算には、仮に骨以外の「等価線量」(器官・組織

単位の被曝量)がゼロとして、骨だけの等価線量の最大値を求めればよ

い。骨髄の組織荷重係数が0.12、骨表面だと0.01だから、すべて骨

の表面と仮定して、実効線量を0.01で割れば(つまり100倍すれば)、

骨の等価線量の最大値を求められる。実際にはそれ以下ということだ。

       

    

          ☆          ☆          ☆

ICRP(国際放射線防護委員会)による、ストロンチウム(Sr)90とセシウム

(Cs)134、137の実効線量係数を比較してみよう。以下は、成人の場合

で、単位はμSv/Bq (マイクロシーベルト・パー・ベクレル)。つまり、1ベ

クレルで何マイクロシーベルトになるかを表す係数だ。吸入摂取(吸うこと)

と経口摂取(食べて飲み込む)とで異なるのは、いつもの通り。

          

            吸入摂取    経口摂取

   Sr 90     0.030      0.028  (μSv/Bq)

   Cs134    0.0096     0.019

   Cs137    0.0067     0.013

     

これを見ると、経口摂取、つまり食べ物に関しては、ストロンチウムはセシ

ウムの1.5倍~2倍程度の係数だと分かる。ただし、放射能の量(ベクレ

ルの値)はストロンチウムの方が遥かに少ないから、係数と掛け算して求

める実効線量では、ストロンチウムはセシウムよりかなり小さくなる。吸入

摂取、つまり呼吸の場合、セシウムの3~5倍の係数だが、同じく掛け算

によって小さな実効線量になる(朝日はCs137の4~5倍と説明)。

        

この係数、ストロンチウム90の場合、「チタン酸ストロンチウム」と「チタン

酸ストロンチウム以外の化合物」に分けて書いてることも時々あるが、多

くの場合、後者で代表させてある。という事は、前者は例外的なのだろう。

一応書き添えておくと、前者の吸入摂取の係数は0.077、経口摂取の

係数は0.0027だ。

      

また、食品に含まれる放射能の基準値で、ストロンチウムという名前は

一見出てないが、実はセシウムの基準値を決める時、一定の割合でス

トロンチウムも含まれてると想定してある。無視してるとか、隠してるとい

う話ではないので、念のため。反原発の朝日新聞でさえ、以前からその

点は報じてた。

     

なお、幼児や子供に対する影響については、年齢によって細かく異なる。

あまり細かく考えると分かりにくいし、数値の信頼性も下がると思うが、Sr

90の経口摂取の場合だけ一応、年齢別に書いておこう。「摂取時の年齢」

で分けてあるので念のため。70歳になるまでの合計(預託線量)を求める

係数だ。成人と比べるとかなり多いが、これはあくまで係数であって、掛け

合わせる放射能の量が少ないから、まず心配いらないだろう。      

     

    3ヶ月    1年    5歳    10歳    15歳

   0.23   0.073  0.047  0.060   0.080 (μSv/Bq)

    

   

          ☆          ☆          ☆

最後に、確認されたストロンチウムの量について。発表されたのは、1ヶ月

ごとに屋外の容器に降下して溜まった塵(ちり)に含まれる量。2010年4

月~2011年12月まで、47都道府県で測定。文科省のpdfファイルです

べて確認できる。「都道府県別環境放射能水準調査(月間降下物)におけ

るストロンチウム90の分析結果について」という、長いタイトルの文書だ。

10都県とは、茨城、群馬、山形、栃木、埼玉、東京、岩手、神奈川、千葉、

秋田。もちろんこれ以外に、福島と宮城も判明している。

      

1平方メートルあたりの降下量が最も多かったのは、茨城県(ひたちなか市)

の去年3月、6.0ベクレル。東京都(新宿区)の最大値も去年3月、0.89

ベクレル。ちなみに茨城の最新のデータは去年11月で、0.13Bq、東京

はND(Not Detectable=検出不可能、つまり検出限界である0.07Bq

程度未満)。どちらも、去年12月分はまだ「分析中」となってる。

  

元のpdfファイルでは、単位はMBq/km²、つまり、1平方キロメートルあ

たりのメガベクレル数だが、1Mbq=100万Bq、1km²=100万m²だか

ら、結局100万という部分は消し合って、Bq/m²になる。つまり、1平方

メートルあたりのベクレル数になるわけだ。

     

なお、セシウム(134&137)と比べると、ストロンチウムの放射能の量は

1/1000~1/10000程度。おまけに、原発事故と無関係に、以前から

核実験の影響で、1平方mあたり数千ベクレル(=数キロベクレル)のスト

ロンチウムが堆積してるそうだから、茨城県でさえ、事故によるストロンチ

ウムはさほど影響ないと考えられる。極端に放射能の値が高い、いわゆる

「マイクロスポット」に非常に長くいるなどといった不運がない限りは。

        

もちろんこれは陸上の話であって、海の魚における生物濃縮の影響など

は、一応、別問題だ。海洋汚染でもおそらく、セシウムの方が遥かに問題

だろうが、実際に測定して確かめる必要はあると思う。ちなみに同じく昨日、

汚染水からストロンチウムその他を吸着除去する装置を、東電が発表し

た。9月上旬までに福島第一原発に設置、試運転を始めるとのことだ。。

      

   

         ☆          ☆          ☆

おわりに、結局自分がどれだけ、原発由来のストロンチウムで被曝するの

か知りたい方は、ある程度なら計算可能だ。つまり、飲食に関しては、セシ

ウムの量の数%程度、何なら多めに10%と見ておけば十分だろう。量が

分かれば、経口摂取の実効線量係数を掛けることで、被曝線量を求めら

れる。

   

呼吸による吸入については、まずお住まいの都道府県のデータを去年3月

分から足し算して、1平方メートルあたりの全ベクレル数を求める。そして、

自分がどのくらいの面積(m²)の分を吸い込んだか、非常に大まかに多め

に想像して、吸入した全ベクレル数を計算。さらに吸入摂取の実効線量係

数を掛けることで、被曝線量を求められる。

           

もちろん、経口摂取と吸入摂取の合計が、内部被ばくのすべての線量だ。

皮膚からの「経皮摂取」は話題になってないので、念のため。

     

それでは、今日はこの辺で。。☆彡

     

   

  

P.S. ストロンチウム90の「体内で半分になる半減期」が約50年だと

     朝日は書いてるが、これはいわゆる「生物学的半減期」であっ

     て、体内からの排泄のスピードを示すものである。一方、単純

     な物理的半減期は約29年だから、両者を考え合わせた実効

     半減期は次のように計算される。「和分の積」、つまり、2つの

     期間の和(足し算)で、その積(掛け算)を割ればよい。

        

       (50×29)÷(50+29)=1450÷79≒18(年)

     

     つまり、ストロンチウム90の実効半減期は約18年だ。計算式

     の理由についても、去年の記事で数学的に説明しておいた。

        体内摂取した物質の放射線量の計算

                       ~物理学的&生物学的半減期

   

   

cf.原発から各地までの距離と、放射線の年間総量(by文科省データ)

  放射線(放射能)の危険性と距離~2つの逆二乗法則(情報源明示)

  シーベルト、グレイ、ベクレル~放射線・放射能の単位について

  雨の長距離ランニングで浴びた放射性物質の計算(by定時降下物データ)

  原発事故評価レベル7と、セシウムのヨウ素換算値の計算(by INES)

  福島原発レベル7の基準を読む~INES(国際原子力・放射線事象評価尺度)

  なぜセシウムのヨウ素換算値は40倍か~放射性物質の計算理論(by INES)

  実効線量、等価線量、線量当量~様々なシーベルトの関係

  各地の放射線量、文科省データと「本当」のデータの比較

  ランニングの呼吸で内部被曝した放射線量の計算

 被曝する年間放射線量すべての計算方法(自然・医療、外部・内部、屋外・屋内)

 セシウム牛肉、食後1年間での内部被曝線量の計算方法(定積分&実効半減期)

  放射性物質の半減期、壊変定数、質量(重さ)~微分方程式の初歩など

  外部被曝におけるベクレルとシーベルトの計算式(by IAEA)

  ラジウム温泉の放射線について~低線量被曝の影響

  福島のスギ花粉の放射能による内部被曝の計算式(by林野庁)

  朝日の甲状腺被曝87ミリシーベルト報道の意味~実効線量と等価線量

  WHO(世界保健機関)による被曝線量の推計(全国、年代・経路別)

  確率的影響と確定的影響~放射線被曝の二分法の再考

  湖や海、水浴場における放射線(外部&内部被曝)の計算

              

                                  (計 4683文字)      

| | コメント (0)

競輪場デビューレースでプロポーズ、番組にウルウルした後・・

リハビリ RUN 16km,1時間20分47秒,平均心拍 150

       

イチローの電撃移籍はインパクトあったね。マリナーズからヤンキースに移っ

た直後の23日(日本時間24日)、いきなり古巣マリナーズと試合。初打席

では、マリナーズの本拠地で拍手に迎えられ、帽子を取って深々とお辞儀し

てた。結果は4打数1安打、1盗塁で、ヤンキースも勝利。無難なスタートだ

ね。ヤンキースの日本人って言うと、つい松井を思い浮かべるけど、今のゴ

ジラはレイズで、大苦戦中。38歳、もう一花咲かせて欲しいな。。

    

さて、今夜はもう、コメント欄のレスだけで2300字ほど書いてるので、ノル

マ終了。ではまた明日・・・と終わりたい所だけど、たまたま見たNHKのバ

ラエティ番組の話を書いとこうかな。久々にちょっと、ウルウルしちゃった

んだけど、その後で・・・って話なのだ♪ どうでもいいけど、今夜はやたら

暑いね。昼間はそれほどでも無かったのに、気温が下がらない。。

    

     

           ☆         ☆          ☆

昨夜の私は、睡眠わずか30分でお仕事した後だから、逆に神経が興奮

して、ちょっと寝辛い感じだった。数日続いた涼しさが終わったのも影響

してたかも。とにかく気分転換で、珍しく夜中のテレビなんて見始めたら、

意外にハマってしまったのだ。

    

番組名は『ドラクロワ』。「ドラまちっくなクロう話」(ドラマチックな苦労話)の

省略だそうで、この日は第14回の再放送(本放送は20日・金曜の夜)。

「奇跡のプロポーズスペシャル」。最近まったくバラエティを見なくなってる

私としては、さほど興味もなかったんだけど、途中から引き込まれてしまっ

た。バンドでメジャーデビューを目指してた夢見る少年が、うどん屋に進路

変更した後、急に競輪選手を目指し始めたのだ♪

   

妙にドラマチックな展開だけど、たまたま義兄(姉の旦那)が競輪選手で、

高収入に魅力を感じたとか。でも、そう簡単になれるはずもなく、失敗し続

けてる間に年齢制限で挫折。その後は鉄工所勤めで元気を失ってたら、

競輪の年齢制限が撤廃になって、再び挑戦。遂にプロ養成所である競輪

学校に入学して、いよいよ卒業記念レースを迎える。その後はもう、プロ

選手として自立、大金稼ぎを狙うわけだ。

        

そのレースの日、新人選手としてのご挨拶タイムがあったようで、やがて

彼の番になった。バンド時代からずっと付き合って来た彼女を競輪場の

観客席に呼んでたんだけど、まったく結婚の話なんてしてなかった彼が、

大勢の前で「結婚してください」って感じの大声のプロポーズ。驚きと恥ず

かしさで一瞬ためらったものの、彼女も大声で「よろしくお願いします」とか、

OKの返事。2人とも何とも素朴な外見で、微笑ましい内容だったのだ。

     

      

         ☆          ☆          ☆

で、テレビはすぐ消したんだけど、その後の彼はどうなったのかなと思って、

試しにネットで検索。すると、意外なことが分かってしまった。実は彼、鉄工

所では社長だったのだ。東スポWEBの情報だからちょっと不安だけど(失

礼♪)、4月2日の記事から引用してみよう。

    

   野見泰要 社長から転身! 競輪場でプロポーズ

    <競輪学校101期の注目選手: 野見泰要>

    飲みたいよう! パッと名前を見るとそう読める。・・・・・・社長から

    の転身だ。「親父の後を継いで小さな鉄工所の社長をやっていま

    した」

    のうみ・ひろもと・・・・・・岡山県出身・・・身長175.4センチ、体重

    86.3キロ

      

いやぁ、そうと知ってたらウルウルしなかったのにな。。(^^ゞ 苦労話って企

画だから、親父の後継ぎで社長なんて話はカットした訳ね。てっきり安月給

で肉体労働やってた平社員かと思ったわ。NHKにやられた。。ま、何度も

落ちた末に競輪選手になって、すぐプロポーズしただけでも美談だけどね。

   

しかし、「のみたいよう」♪ 美談なしでも一発で覚える名前だな。早速、次

のレースでは彼の車券を買うことにしよう・・・って、買い方知らないんだっ

たわ♪ あぁ、競輪の勉強しよっと。いや、バクチとか賭け事って言うより、

日本独特の「プロ自転車」として興味があるのだ。。

      

    

          ☆          ☆          ☆

最後に、今夜の走りについて。日曜が休み、月曜は通勤ジョギングのみ

だし、月末だから、もう休めない。夜遅くになっても気温が下がらないから

自転車にしようかと思ったけど、気分的にはランニングで故障の回復状

況を確認したかったから、渋々と公園に向かって走り出した。

    

土曜の夜に無理してハーフ21km走った時は、気温が20度だったのに、

今夜は27度! 湿度も80%あったから、ひたすら蒸し暑さとの闘いだ。

左脚の故障(足首の捻挫&膝下全体)はかなり治って来たけど、まだ歩く

だけで気を使うから、とてもハーハー頑張る気にはなれない。膝上の内側

に力を入れて、膝を伸ばし気味にして、痛みが発生しないように気を配り

ながら、何とか無難に16km走破。トータルでは1km5分03秒ペース。

ま、身体と気象の条件を考えれば、こんなもんでしょ。

    

ゴール後はすぐ自販機で炭酸飲料を買って、ゴクゴク飲みながらクールダウ

ン(=徒歩)。これが楽しみで走ってるようなもんだね♪ 一応、そこそこラン

ニング出来るようになったのを確認したから、今後は自転車に切り替えよう。

乗鞍ヒルクライムまで、もう1ヶ月しかないのだ。ではまた。。☆彡

       

    

 往路(2.45km)   12分59秒  心拍131  

  1周(2.14km)   11分29秒     144   

  2周           10分54秒     150           

  3周           10分41秒     154      

  4周           10分35秒     156

  5周           10分36秒     157    

  6周(0.4km)     1分58秒     157

 復路           11分37秒     157   

計 16km  1時間20分47秒 心拍平均157 最大169 (ゴール時)

            

                                 (計 2301文字)

| | コメント (0)

睡眠30分の夜、草なぎ剛100kmマラソン in SMAP×SMAP

リハビリ通勤 JOG 5.5km,34分程度

   

あぁ、折角、丸1日ガマンしてたのに、つい油断して虫刺されのあとをボリ

ボリ掻きむしってしまった (^^ゞ これをやると、痒みも痕も残っちゃうんだよ

な。失敗した。

          

痒い時はガマンして、高級品のムヒ・アルファEXを塗るのが最善策なのだ。

安物のムヒではダメだから念のため・・・とか、妙なこだわりを見せたりする♪

両方使ってるんだけど、値段が高いEXの方がちょっとだけマシな気はする

ね。気のせいかも知れないけど。。

 

     

          ☆          ☆          ☆

さて、毎週月曜日は睡眠3時間くらいのことが多いんだけど、今日は何と、

30分でちゃんと起床。マジメにお仕事して来たのだ。それほど暑くなかっ

たのはラッキーかも。明後日には完全に真夏に戻るんだよな。ヤダヤダ。。

     

眠くて疲れた時ほど、立ち読みをしたくなっちゃうから、今日はまず書店で

色々と本を漁って、3000円近い高額書をフラフラと買ってしまった♪ い

や、前からアマゾンで中古品を買おうと思ってたんだけど、面倒だからズ

ルズル引き延ばしてて、結局今夜、もう買っちゃえ!となったわけ。600

円くらいの巨額損失になってしまった(笑)

    

その後はコンビニで立ち読み&買い物。たまたま目の前にあったから、

3年ぶりくらい(?)に『週刊プレイボーイ』なんてものをペラペラめくってみ

たら、グラビア美少女たちのビキニ・サッカー写真が可愛かった・・・って

話じゃないのだ♪ 

        

「政府が黙殺した米軍データ 『福島汚染地図』を完全解析!!」って記

事が、意外なほどマトモな内容でちょっと感心した。書き方は大げさ過ぎ

てパスだけど、内容は朝日新聞のスクープを更に突っ込んだもの。GIS

=地理情報システムで米軍提供データを可視化できるわけね。ホーッ、

暇が出来たら自分でやってみたいな。。

    

      

         ☆          ☆          ☆

あぁ、超~眠いのにまた前置きが長いぞ (^^ゞ ハイハイ、草彅剛&SM

APね。いや、全く知らなかったんだけど、22時10分くらいに帰宅して夕

刊の番組欄をチラッと見たら、すぐ目に飛び込んで来たから、テレビを付

けてみたのだ。ホントはロンドン五輪関連番組を流し見したかったのに♪ 

   

私が見始めたのは、草なぎが控室で左足親指のケガを見せてる時。練

習と関係なしに、風呂場の浴槽でぶつけただけ。足が上がらなかったと

か、老人みたいなことを言うから笑ってしまった。それは軽い挿入だった

みたいで、すぐに画面は折返し地点の埼玉県の神社へ。なるほど、縄と

び用の縄を受け取って、たすきみたいに肩にかけて、フジテレビのビル

まで持って帰るわけね。

   

  (☆追記: 『週刊女性』8月14日号によると、舘氷川神社とのこと。)

     

その後、荒川らしき河川敷(江戸川かも・・)を走ってるシーンになって、既

に80km近くじゃなかったかな。膝が痛み始めた65kmは飛ばした気が

する。そんな日テレ24時間マラソンみたいな重い映像の代わりに、フジら

しく、子供たちの応援(先頭は鈴木福)を映した後、その前には黄金ペイン

トの「ツルベカーメン」登場。後で草なぎは、ジャマだったとか突っ込んでた♪

      

     

          ☆          ☆          ☆

その後だったかな。プラスバンドの応援と共に、SMAPのモノマネ軍団が

突然登場。私の目には、キムタク=木村拓哉の偽物が一番そっくりだった

ように見えたけど、キムタク本人は稲垣吾郎がそっくりだと言ってた。ま、

自分は認めたくないってことかね♪ ああゆう時、キムタクは爆笑せずに、

笑いを必死にこらえるような表情をすることが多い気がする。その辺りも、

彼独特の「クセ」なのだ。ファンには、萌えポイントの一つかも。

      

この辺り、草彅は一見まだ元気に走ってるようにも見えたけど、すぐ後ろ

でブラスバンドが歩いてるから、やっぱりそうゆうスピードなのだ。時速5

kmくらいかな。その後、草なぎがタモリに対して持ってる熱い思いをたっ

ぷり見せた後、夜のお台場までシーンが飛んで、残り1kmでキムタク&

稲垣の助っ人登場。歩いてた草彅も当然、元気に走り出した。Tシャツ

はお揃いで、手書き風の「団結」ロゴ入り。

    

最後は一人でスタジオへ。やっぱり、日テレの武道館と違って、バラエティ

のノリなんだよな。普通のスタジオで、タモリと抱き合った後は涙目に。そ

れでも、番組用の決まり文句なのか、「超余裕」と繰り返してた。ラスト10

kmに3時間かかってるんだけどね。平均時速3.3km♪

        

しかし、初めてチョコッと見ただけでも、日テレとフジの違いがよく分かった

気がした。まあ、元々の局のノリも違うし、後からパクったフジが独自色を

強調してるって部分もあるんだろうね。24時間テレビより3時間長いんだ

から、110kmに延長するか、時間を24時間で区切ればいいのに。実際

の合計タイムは、昨日の記事に書いたように、24時間55分とのこと。27

時間テレビっていう企画に合わせて、わざと時間だけ伸ばしてるのかも。。

    

ともあれ、無事100km完走でめでたし、めでたし。27時間テレビ最後の

大縄跳びはやらなかったものの、今日の昼には早速『笑っていいとも』に

出演したというお話。来年はいよいよ、長距離の苦手なキムタク登場か、

あるいは人気女子アナがコスプレで登場か♪

        

    

cf. 全力坂・目黒区編、アスリートはキムタクに代わって草なぎ剛

   

     

         ☆          ☆          ☆

最後に、今日の私の走りは、通勤ジョギング5.5kmのみ。左足の故障が

まだまだ怪しい状態だし、堅い靴底のビジネスシューズだから、走り始めは

かなり痛くて、顔を歪めてしまった。ま、スピードを落として、上下動を少な

くして、身体が温まるのを待てば、痛みは治まるんだけどね。

     

ホントなら、涼しかった昨夜、16kmくらいジョギングするつもりだったのに、

家での仕事に追われて時間が無くなったわけ。ま、寝るヒマが30分しか無

かったくらいだから、走るどころじゃないわな。社会人は仕事が命なのだ。

って言うか、社会人も歯が命。歯医者に行きたいんだけどなぁ。しばらく前

から、痛くて、痛くて。。夜やってる所をネットで探そうかな。

      

なお、元祖タレント・マラソンランナーの間寛平は、8月の被災地復興マラソ

ン(約440km、9日間)を最後に、長距離からは引退するとのこと。ま、最

近は引退後の復活が多い世の中なんだけど、ひとまずゆっくり休んで欲し

いもんだね♪ 前立腺ガンのその後も心配だし。

             

それでは、今夜はこの辺で。。☆彡

              

                                 (計 2599文字)

| | コメント (0)

鼻から胃カメラ、経鼻内視鏡はラクかも♪

結局、まったく見れなかったけど、SMAP・草なぎ剛の100kmマラソンは

無事成功とのこと(by オリコン)。最後の1kmは、キムタク=木村拓哉と

稲垣吾郎も併走したそうで、ゴール後はタモリと熱い抱擁。涼しさに恵まれ

たものの、65km過ぎの膝の痛みは大変だったらしい。そうそう、ランナー

なら分かるはず。長距離の最大の難関は、しんどさではなく、痛みなのだ。

無事完走おめでとう☆ 私も一生に1回くらいなら、100km走ってもいい

かな。。♪

     

 (☆翌朝の追記: サンスポHPによると、草彅剛の出発は午後7時9分、

            ゴールは午後8時4分、タイムは24時間55分。

            折返し地点は埼玉県とだけ書かれてた。

   cf. 全力坂・目黒区編、アスリートはキムタクに代わって草なぎ剛 )

     

   

さて、週末の今日はもう、週間字数制限2万字まで約800字しか残ってな

いから、前置きとコネタを1つずつ書いておしまいだ。手持ちのコネタは沢

山あるんだけど、一番オオッと思ったのは、今日の朝日新聞・朝刊の全面

広告、「『鼻から胃カメラ』 体験してみました」。体験者のスケーター・八木

沼純子の写真がキレイに撮れてたのだ・・・って話じゃなくて、幼い頃から持っ

てた恐怖感がちょっと薄らいだわけ♪

        

「ウチはガン家系だから、いずれガンで死ぬよ」って感じの話は、小さい頃

からよく聞かされてたし、親戚も2人、胃ガンを経験。おまけに、私は父親

ゆずりでノドが細いから、胃カメラだけは飲みたくないなとズッと思ってた。

実際、父が胃カメラで検査した時も大変だったらしい。

   

今朝の富士フィルムの広告によると、鼻からの胃カメラ(経鼻内視鏡)な

ら舌の奥を押さえ付けないから、オエッとなる嘔吐感もなくてラクとのこと。

検査は僅か5、6分で、途中に会話も可能。話半分としても、「いいね」♪

スコープ(管&カメラ)は、経口内視鏡の6割ほどの太さ(5.9mm)だか

ら、画質がやや劣るものの、柔らかいし、実用的には十分らしい。

   

あぁ、これでもう胃ガンは大丈夫だ・・・って話じゃないわな♪ 野菜をしっ

かり食べて、運動も適度に行って、ガン死亡の確率を下げるとしよう。な

お、今週は合計19998字となった。

   

あぁ、明日からまた熱くなるのかね。ではまた。。☆彡

           

                                  (計 826文字)

   

   

     

P.S. 経鼻内視鏡は、まず問診で可能かどうか判断。可能なら、粘膜

     血管収縮剤をスプレーし、鼻の奥にゼリー状の麻酔剤を入れて

     行う。全国で約3500の医療施設で受診可能(12年4月現在、

     施設数だけは公式サイト「鼻から.jp」の情報)。        

     

P.S.2 ツール・ド・フランス2012が終了。最終・第20ステージを無難

      にクリアして、英国の32歳、ブラドレー・ウィギンス(Bradley

      Wiggins)が初の総合優勝。マイヨ・ジョーヌ(トップ選手用イエ

      ロー・ジャージ)を守り通した。日本の新城幸也(27歳)も84位、

      合計2時間半遅れで、09年、10年に続く3度目の完走☆

            

                               (追記 381文字)

| | コメント (0)

折角の涼しい休日は想定外だらけ&激痛ごまかしハーフ走

故障 RUN 21.1km,1時間48分38秒,平均心拍145

       

あぁ~、いつの間にか貴重な土曜が終わってしまった。。涼しい休日、あれ

もやり、これもやり、超充実のはずだったのに、ほとんど出来てない (^^ゞ

全く想定外の用事が入って来て、3時間ほど費やすハメになったのだ・・・

と書くのは苦しい言い訳かな♪ いや、事実なんだけど、残念ながらプラ

イベート過ぎる内容だからここには書けないのだ。  

     

休日だろうが想定外だろうが、ブログは毎日更新するから、書くネタの事は

常に考えてる。今日はローテーション的に自転車関連で書きたいんだけど、

いつの間にかツール・ド・フランス2012は終わろうとしてるから、もう遅い。

代わりに、いつの間にか始まってたガールズ・ケイリンの話を書こうと思っ

て色々調べ始めたら、どツボにハマってしまった (^^ゞ 

    

そもそも私は競馬さえ全く知らないから、競馬と競輪を比較してみようと思っ

たら、知らない事だらけで収集がつかない (^^ゞ 馬券も「車券」(競輪の馬

券)も買ったことがないし、馬券の買い方は昔2回聞いたけど覚えてないし、

競馬場も競輪場も行ったことがない。どこで何がどう行われてるのか、い

くら稼げるのか、あれこれ見てるとキリが無いし、そもそも今週はもう週間

字数制限2万字に接近してるのだ。

       

     

          ☆          ☆         ☆

で、仕方なく方針変更。フジの27時間テレビは一度も見たことないから、

草なぎ剛が100kmマラソンに挑戦する様子でもちょっと見て、コネタにし

ようと思ったわけ。ところがまず、地デジが映らない(^^ゞ チューナーのト

ラブルだったようで、何とか直してフジを見ると、大好きな明石家さんまが

タモリと爆笑トーク中♪

     

28年前(?)の2人のトークとか見てると、さんまは昔の方が出っ歯だね♪

よく自分で、昔はキャーキャー言われてたとか自慢してるけど、さんまは中

年になってからの方がイケてると思うな。

         

申し訳ないけどかなり笑えたのが、震災復興がらみの宮城(?)のボーリン

グ大会。コロコロ太った女性解説者が現地で登場した時、スタジオのさん

まが「ボールですか?」とかツッコミ(爆)。女性は苦笑、現地のアナウン

サーも困ってた♪ その後、プロ(?)が10人連続ストライクを目指したの

に、全然ダメで、3回のはずが7回くらいやっても、最初の1人か2人で失

敗。あれ、震災がらみじゃなかったら、さんまもタモリも、もっと厳しく突っ

込んでただろう。

   

結局、その辺で私は諦めて、テレビ視聴終了。公式サイトの特設ページも、

日テレの24時間テレビと違って中身がないから、草なぎが走る姿はまだ

全く見てない。明日のゴール前くらい、見てみたいもんだね。運良く、かな

り涼しいから、走りやすいと思う。  

    

   

          ☆          ☆          ☆

最後に、今夜の私の走りについて、時間も字数もないから簡単に。夜の気

温は20度まで低下♪ 折角の涼しさだから、自転車よりランニングだと思っ

て、また無理して走って来た。依然として、左足首の捻挫より、それをかばっ

てる内に痛めた膝下のあちこちの方が痛む状況で、歩くのも不自由。

         

ただ、ごまかし方が分かって来たから一昨日より遥かにラクだった。左の

膝上の内側に軽く力を入れると共に、膝を伸ばし気味にして着地すると何

とか大丈夫なのだ。身体が温まってない序盤だけ痛みを我慢すればOK。、

                   

そうは言っても、足首もまだ伸ばせないし、不自然な走りだから疲れる。途

中たまたま、スピードが1km4分20秒ペースまで上がったこともあって、

ハーフ走り切るのは大変だった。ま、頑張った後はお楽しみの暴飲暴食♪

トータルでは1km5分09秒ペースだから、ジョギングと言うより半月ぶり

のランニングだね。めでたし、めでたし、一安心。

    

なお、朝日新聞が大きく報じてる、鉛カバーで覆った「APD」とは、警報付き

ポケット線量計(Alarm Pocket Dosimeter)という意味だ。ってことで、

字数がヤバイから今日はこの辺で。。☆彡

     

        

 往路(2.45km)   14分28秒     119  

  1周(2.14km)   11分43秒     136   

  2周           10分00秒     153           

  3周            9分54秒     162      

  4周           11分00秒     151

  5周          11分00秒     149

  6周          11分04秒     148

  7周          11分09秒     148

  8周(1.22km)    6分20秒     150          

 復路          12分01秒     151   

計 21.1km 1時間48分38秒 心拍平均145 最大169(3周目)

             

                                (計 1793文字)

| | コメント (0)

涼しいから無理して走ったら、左脚の痛みが悪化・・

(19日) 故障 JOG 14km,1時間18分52秒,平均心拍136

      

やっと秋が来たか・・とかボケをかましたくなるくらい、一気に涼しくなったね。

マジでラッキー。。♪ エライぞ、北のオホーツク海高気圧の張り出し☆ 日

曜まで涼しいらしいから、この隙に普段やる気がしない用事を済ませとこう。

と言っても、溜まり過ぎてどうにもならない状況だけど (^^ゞ

    

ちなみに、1週間後に開幕のロンドン。夏の五輪なのに、最近かなり涼しい

らしい。もちろんそれは、世界中で話題の金利不正操作の疑惑によるもの

だ・・・と書いても間違いじゃないと思うけど、ホントに気温が低いらしいね♪

朝日新聞の朝刊によると、最高気温でも20度以下で、街中ではコートも見

るってお話だ。写真をよく見ると、コートを着てるのは朝日の記者だった、な

んてオチはない。

    

ちなみに今、ウチの辺りの屋外だと、ちょうど20度くらいのようで、かなり

涼しい。これが「最高」気温ってことは、マラソンとか時間の長い競技はや

りやすいんじゃないかな。ま、日本勢にとっては、全体のペースが速くなる

から嬉しくないわけか。

          

なお、ロンドンの南で行われてる世界最大の自転車レース、ツール・ド・フ

ランスは、そこまで涼しくもないようだ。下は、フランス語の公式サイトの実

況中継。前に、間違えて英語版をキャプチャーしちゃったもんで。。(^^ゞ

午後3時(サマータイムで4時)前で、気温26度の快晴。14人の先頭集団

をプロトン(大集団)が追ってる所。

        

120720a

       

            

          ☆          ☆         ☆

それにしても、仕事帰りに週末恒例の雑誌の立ち読みをしたら、まあ五輪

美女特集だらけで苦笑しちゃうね (^^ゞ あれ、載る選手は内心まんざらで

もないだろうけど、載らない女子選手は「なんで?」と思ってるかも♪ 今

回、意外に(?)私の好きな陸上競技がいいから、本気で萌えよう・・・じゃな

くて応援しようかな。

     

そんな浮ついた話の一方、重い話ももちろんチェックしてて、中でも気になっ

たのが雅子さまをめぐる「論争」。6月まで天皇の「主治医」を務めた金澤一

郎医師が、『文芸春秋』8月号の独占インタビューで、雅子さまの話も少し語っ

てる。言葉は慎重に選んでるけど、全体的に批判めいた文章。現在担当す

る大野裕医師を選んだのは自分だけど、その後、自分の説明不足や不手

際もあって、上手くいってないという話だ。

       

これに対して『週刊現代』8月4日号(7月20日発売)で、大野医師が応答。

大げさな『現代』らしく、「雅子妃の担当医が天皇家の元主治医を大批判!」

なんて見出しをデカデカと付けてるけど、内心はともかく、話の内容はごく穏

やかなものだった。元々トップクラスの精神科医で、皇太子妃の担当だから、

大人の振舞いは当然だろう。ま、同じく医師でも、専門が神経内科と精神科

だと、コミュニケーションが微妙なのかも。

       

とにかく、色んな人が色んな事を言い続けてるけど、ずいぶん長い闘病生

活なのは確か。日本の精神医学・精神医療全体の象徴としても、そろそろ

快方に向かって欲しいと願ってる。。

        

     

          ☆          ☆          ☆

最後に、昨夜の悲惨な走りについて。前日のリハビリ・ジョグの後遺症で、

ちょっと左脚が痛かったけど、折角の涼しさだから無理して挑戦。これは痛

かった。。元々の足首の捻挫じゃなくて、かばってる内に痛めたらしい膝下

全体がミシミシ、ピキピキしたのだ。

   

序盤ですぐ中止しそうになったけど、月曜の夕涼みの時もしばらく歩いてる

と痛みが消えたから、ガマンしてスロージョグ続行。身体が温まるに連れて

痛みは和らいだけど、最後まで痛かったし、終わって身体が冷えた後も論

外。今日もずっと、歩くどころかイスから立ち上がるだけで痛かったほど。

    

ただ、涼しかったから心肺的にはまったくラクで、脚さえ痛くなければハーフ

21kmは走ってたと思う。結局、トータル14kmでは1km5分38秒ペース。

ま、序盤は6分以上かかってたから、こんなもんでしょ。今はひたすら我慢

なのだ。

   

それにしても、ドラマ『はつ恋』のレビューばっか、妙にアクセスが多いのは

ちょっとビミョーだね (^^ゞ あと、ラジオによると、「青年」がエロイのは周囲

の大人の影響とのことだ(笑)。福山とリリーがくしゃみしてるだろう♪

では、雨が降り続く中、今日はこの辺で ☆彡

    

     

 往路(2.45km)   15分20秒  心拍117  

  1周(2.14km)   12分34秒     134   

  2周           11分57秒     140           

  3周           12分09秒     138      

  4周           11分44秒     142    

  5周(0.54km)    2分57秒     148

 復路           12分13秒     145   

計 14km  1時間18分52秒 心拍平均136 最大158 (ゴール前)

              

                                  (計 1885文字)

| | コメント (0)

数学甲子園2012・サンプル問題の解き方&リハビリジョグ2

(18日) リハビリJOG 10km,55分09秒,平均心拍148

 

今夜は時間も無いし、週間字数制限2万字にも接近しつつあるから、手短

な理数系記事をアップしとこう。最近、去年の「数学甲子園」の記事に検索

アクセスが続いてるのだ。参加申込締切は明日、7月20日とのこと。

 

そう言えば、夏は様々な甲子園の季節でもある。まだ第5回、始まって間

もない全国数学選手権大会は、地区予選が8月下旬、東京都内の本戦は

9月16日とのこと。数検=数学検定の募集ページを見ると、予選と準々決

勝のサンプル問題が掲載されてるけど、「解答」のpdfファイルにはなぜか、

単なる最終的「答」しか載ってない。まあ、参加希望の生徒なら、自力で解

けて当然って意味かな。

 

著作権の扱いがビミョーだから、予選はパスで、準々決勝の1~4番は出

題に関するコメントと解答の方針のみ。5番と6番は英語の問題文も引用

しとこう。まずは問題を公式HPでご覧あれ。6問とも教科書レベルの普通

の問題であって、難問は一つもない。

 

1チーム3~5人で15問を20分ってことは、5人のチームだと1人3問だ

から、1問に7分近くかけられる。同じ問題を2人で解く場合があるにせよ、

1問4分はあるだろう。「答」だけなら満点続出で、選抜試験として機能しな

い気もするけど、記述式ではないようだ。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

では1番の基礎解析から。3次曲線の傾き5の接線だから、y´=5から接

点の x 座標を出せばおしまい。1~2分くらいかな。

 

2番は空間ベクトルの成分表示。垂線AHのベクトルを求めるのだから、垂

線の足Hが線分BCを t : 1-t に内分すると考えれば、

  (ベクトルAH) = (1-t)(ベクトルAB)+t (ベクトルAC)

これとベクトルBCが垂直だから、内積ゼロとおいて、 t を求めておしまい。

2分くらいか。

 

3番は対数の底(てい)と真数の関係。a、b、x、3つの未知数で、簡単な

等式が2つあるから、文字を2つ消せばいい。a と b を x で表せば、

「log ab x」の値はすぐに出る。1~2分くらいか。

 

4番は、3次方程式の解と係数の関係。そのままでも簡単だけど、実数解

が1つ、すぐに分かるから、2次方程式にしてもOK。1~2分くらいか。

 

 

          ☆          ☆          ☆

では、いよいよ5番、英語の問題。

 

   A card is drawn at random from an ordinary deck

   of 52 cards. This is done three times. Each card

   is replaced in the deck before the next card is 

   drawn. What is the probability that at least one of

   the cards will be a spade?

 

トランプをランダム(無作為、でたらめ)に1枚引いて元に戻す操作を3回く

り返す。少なくとも1枚がスペードである確率は?、という問題で、余事象の

確率でおしまい。つまり、3回ともスペード以外になる確率を求めて、1から

引けばいい。正確な英文解釈に神経を使うから、3~6分くらいか。

 

 

6番は応用問題で、この中だと一番面倒だろう。英文は次の通り。

 

   Consider the following statement.

     “ The sum of any N consecutive integers is

      always odd.”

   This statement is true when N=2. Find the next

   value of N for which the statement is true.

 

「連続するN個の整数の和が常に奇数となる」ような最小の自然数Nは2。

では、次に小さいNは?、という意味で、N=3,4,5の場合はすぐ反例が

見つかるから、6だと予想。証明などしなくても、「1+2+3+4+5+6=

21」(先頭が奇数)と、「2+3+4+5+6+7=27」(先頭が偶数)を計算

すれば十分だ。問題文が少し紛らわしいから、4~7分くらいか。

 

数学検定のイベントだから、ごく普通の問題が並んでるけど、野球の「甲子

園」準々決勝のレベルと比べてどうかというのは気になる所。もう少し問題

のレベルを上げるか時間を短縮すべきだと、少し前の数学大好き少年(笑)

は感じるのであった。。

 

 

P.S. 100ヶ国・地域、548人参加の国際数学オリンピックは先日終了。

     日本は銀4、銅1、国別17位。いずれ数学五輪の記事も書く予定。

 

P.S.2 9月16日、数学甲子園2012の本戦終了。公式HPの速報によ

      ると、優勝は海陽学園・海陽中等教育学校・Dチーム。

 

      少人数(1学年120人、1クラス30人)、全寮制の中高一貫校で、

      06年4月開校。1年間で、学費などが約120万円、寮費120万

      円、食費その他50万円、計300万円弱の教育費がかかる。他

      に、入学時に入学金40万円、入寮費20万円。特別給費制度や

      奨学制度はあるものの、富裕層向けエリート校だ。

 

P.S.3 9月19日、予選の問題が公開されたので、記事を追加した。       

       数学甲子園2012、予選問題&3日ぶりのラン、まだ暑い・・

 

P.S.4 翌年(2013年)の予選問題の記事を追加。

       数学甲子園2013予選のポイント、問題15の解説&解答

 

P.S.5 2014年の記事も追加。

  四角形の外接円の半径の求め方~数学甲子園2014予選問題13解説

 

 

 

         ☆          ☆          ☆

最後に、昨夜の走りについて簡単に。前日、ようやくリハビリ・ジョグを7km

こなしたばかりだから、捻挫してる左足首が恐かったけど、何とかごまかす

ことに成功。ただ、前半は左脚の膝下全体が痛くてギクシャクしたし、蒸し

暑さも強烈だった。前日より気温は1~2度低かったけど、湿度が高くてムッ

としてたのだ。軽く一雨、降った後だったし。

 

トータルでは1km5分31秒ペース。ま、これでも思ったよりは速いね (^^ゞ

ただ、身体が冷えた後、左脚の膝下がかなり痛んでるから、今夜は無理か

も。リハビリの調整は難しいのだ。それにしても暑いね。ではまた。。☆彡

 

 

 往路(2.45km)   14分11秒  心拍135  

  1周(2.14km)   12分23秒     145   

  2周           11分51秒     152           

  3周(0.82km)    4分29秒     156      

 復路            12分15秒    158   

計 10km  55分09秒 心拍平均148 最大167 (ゴール時)

 

                                 (計 2547文字)

| | コメント (6)

NHK『はつ恋』最終回&リハビリジョグ開始

リハビリJOG 7km,39分56秒,平均心拍136

             

凄いね。全国の「大人の女性」から絶賛の嵐☆ 平成男子ブロガーとして

120718a

 も一応、メモメ

 モなのだ♪ N

 HK『はつ恋』、

 最終回視聴率は

 11.9%でシ

 リーズ最高。「ド

 ラマ10」の放

 送枠でも、最高

記録を塗り替えたらしい。これまでは2010年・秋の『セカンドバージン』最

終回、11.5%が最高だったとのこと。ちなみに写真は、ウィキメディアで

一般公開されてるタヌキ湖・・・じゃなくて田貫湖の逆さ富士の写真で、作

者はNNE氏だ。

      

この人気を受けて、NHKのBSプレミアムでは、8月18日からディレクター

ズカット・スペシャル55分版の放送を決定。毎週、「土曜の夜、寝室から主

婦がいなくなる」はずだ♪ そりゃ、『東京ラブストーリー』だろ! 「月曜の

夜、街からOLがいなくなった」って伝説ね。ハーメルンの笛吹き男かよ・・・っ

て言うか、古っ! ちなみにあちらは、最終回視聴率32.3%を記録。バ

ブル末期、トレンディ・ドラマの代表格は、流石に別格なのだ。

     

    

          ☆          ☆          ☆

これ、単なる思い付きで書いた軽口だけど、考えてみれば、『はつ恋』の視

聴者の多くは、『東京ラブストーリー』を見てるだろう。当時のOLや女子大

生、女子高生が、恋愛、結婚、出産、離婚、不倫、再婚、病気、別れ・・等々、

色々と人生を重ねて来た後、大人のリズムや感性でゆっくり味わう良質の

恋愛ファンタジーが、この『はつ恋』なのだ。

       

全然、書こうとした内容と違って来てるけど、もうちょっと続けてみよう♪

ウィキペディアの僅かな情報を調べてみると、『東京ラブ』も一応、初恋が

結ばれた物語になってる。ただ、初恋ではない側の女性(赤名リカ)がヒ

ロインで、しかも当時の女性が憧れる性格や生き方(繊細かつサバサバ、

強くて自立して自由奔放だけど弱さもあり)だったから、めでたく初恋が結

ばれた側の女性(関口さとみ)は、女性視聴者から冷たく扱われたらしい。

女優の有森也実も大変だったようだ。

        

一方、NHK『はつ恋』で、夫と子供を捨てて不倫に走ったドリ=緑(木村佳

乃)を責める声は非常に僅かで、特に女性視聴者は素直に感情移入でき

たようだ。ウチには、検索サイトのいたずらもあって、はつ恋に関する検索

アクセスが多数入ってるが、緑や三島(伊原剛志)を責めるワードは非常

に少ない(人数的に・・)。

     

    

          ☆          ☆          ☆

もちろん、『はつ恋』の緑の場合はヒロインだし、『東京ラブ』の脇役・さと

みとではキャラクターも違うんだけど、2つのドラマの脚本、あるいは物語

が根本的に違ってることも関係してるだろう。

            

『東京ラブ』(原作・柴門ふみ、脚本・坂元裕二)は意外にも、ラストのリカ

の選択をのぞけば、当時の現実的な話になってる。平凡な新米社会人と

学生のお話。特に、実はさとみが一番、現実味のある女性だったのでは

ないか・・・と書いても、大人の女性なら穏やかに受けとめてくれるはずだ♪

       

ところが、『はつ恋』(脚本・中園ミホ)の場合、完全にファンタジー=幻想

なのだ。女性が初恋の相手に冷たく捨てられるのはともかく、スーパード

クターになった彼に命を救われ、今度は失語症になった彼を自分の技能

で助ける。不倫(&離婚)の後、楽しく暮らしてたら病気が再発して治療不

能。彼の配慮で、優しい夫と息子と父のもとに帰って、さほど身体的苦痛

を味わうこともなく、幸せな死を迎える。そしてさらに、死後は、彼と夫と息

子と父も仲良くする。旦那の部下(藤澤恵麻)も寿退社で、スッキリ爽やか。

              

まさにサブタイトル通り「ONLY LOVE」。文字通りの意味で、愛あるのみ。

当日の新聞のテレビ欄にあったサブタイトル「オンリーラブ~ありがとうを

言うために」にしても、再会した緑と夫が互いにかけ合った愛の言葉、「あ

りがとう」を意識したものだろう。『東京ラブ』にあった現実社会と「自我」は、

『はつ恋』では運命と愛に変わってるのだ。

       

一応、2人の「罪」に対しては、運命の手で「罰」がくだされた形にはなって

るものの、ジャニーズの美青年(笑)なら、「どんだけぇ~」と古い叫び声を

あげるくらいのサービス・ストーリーだろう。悲劇というよりは、広い意味で

ハッピーエンドに近い話で、幸せ7割、切なさ2割、ほろ苦さ1割くらいかな。

これ、男性や若い女性がどう感じるのか、大規模の統計や、最近流行り

始めた「ビッグデータ」分析を知りたいもんだ。

          

私自身は正直言って、物語=ストーリーにはハマれない。でも、映像・演出

(最終回は岡田健、他に井上剛と一木正恵)・音楽は良かったと思う。前に

も書いたように、ゆっくりした展開と静けさ、沈黙や落ち着いた音楽が心地

良いし、特にオープニングとエンドロールのダンス(鹿島聖子)が美しくて

幻想的かつ官能的=セクシャル。富士山その他もキレイで、緑の家のそ

ばの畑も、まさに「緑」色に敷き詰められてたのが効果的だった。。

     

     

         ☆          ☆          ☆

120718b

  という訳で、私も10回以上行っ

  てると思う、富士山の話に向か

  おう♪ 三島が緑を旦那と息子

  のもとに返す直前、再び訪れた

  思い出の地、静岡県富士宮市、

  田貫湖。ここまではあちこちに

  書かれてる情報だけど、意外な

  のは、ロケ地自体、あの桟橋

  の写真をズバリ紹介してるサ

  イトがなかなか見当たらない

ことだ。掲示板やファンサイトなら書いてるのかも知れないね。

        

上の写真は、手前側の湖畔に2000年オープンの「休暇村 富士」の、デ

ジタル・パンフレットから頂いたもの。2001年までは「国民休暇村」で、国

や行政が関わって来た財団法人だから、この程度で著作権の問題は生

じないと判断した。

    

120718c

  おそらく上の写真だと、湖

  の手前側、少し狭まった辺

  りにあの小さな桟橋がある

  んだろう。左は国交省の写

  真で、この右側=東側に富

  士山がある(国土画像情報・

  カラー空中写真)。ただし、

120718d

  これは1975年の撮影だか

  ら、まだ休暇村は出来てない。

  一応、小さな桟橋みたいに突

  き出た部分がいくつか見える

  し、方角的にも合ってるから、

  マニアックなカップルのご

参考になれば幸いだ。

   

もちろん、桟橋が見つかったら、お姫様だっこがお約束だろう♪ あれ、ス

タッフ・ブログによると、伊原の「たくらみ」でいきなり撮影時にやったらしい。

道理であそこの映像はリアルだと思ったわ。オンエア中に、アドリブ的な空

気を感じてたのだ。だっこの後は、桟橋の先に女性が座って、両足の膝下

を可愛くブラブラさせるわけだ。木村佳乃になり切るためには、現地訪問の

しばらく前からダイエットやエステが必要かも。あくまで、「かも」だけど(笑)。

               

ただし、今年6月、7月の様子をインターネット自然研究所のライブカメラの

写真でチェックすると、雲・モヤ・ガスなどで、富士山はなかなかキレイに見

えないようだ(12時に撮影)。その場合は、休暇村の宿のテレビで『はつ恋』

の録画DVDを楽しめばいい。こうフォローしとけば、休暇村関係者の皆さん

にも納得して頂けるだろう。小市民ブロガーとは、こうゆうものだ♪

       

ちなみに、富士箱根伊豆国立公園に指定されてるこの湖、周回道路が整

備されてるそうだから、ランナーやサイクリストにもGoodだろう。話題の地

震・噴火リスクについては、自己責任ってことで。。

      

    

          ☆          ☆          ☆

最後に、ドラマ自体に戻って、少し突っ込んだお話も書いとこう。まず、細か

いドラマ作りについて、3つだけ。1つ目は、緑が自分の本当の病状を知ろ

うとした時。三島は、「いい薬が出来たからそれで治そう」と言いつつ、緑に

飲み物をいれてあげる。これ、要するに、手術できないと宣告する代わり

に、「優しく飲み物=薬を差し出す」構図になってたわけだ。

     

もちろん緑も分かったから、「美味しい。優しいね、三島くんは♪」と言った

後、「私、来年は・・・・・・あの桜、見られないのかなぁ」とつぶやく。それは

既に、病院の桜のそばで、三島の熱い抱擁を受けた時に薄々気付いてた

ことだが、今回も三島は無言で抱き締めるだけだった。   

     

2つ目は、エンディング。三島と旦那(青木崇高)が並んで座ってる間に入っ

た緑の父親が、2人の肩に両手を伸ばす。これ、ありそうでなかなか無いカッ

トだろう。私には、父親の包容力と身体の姿勢が、富士山に見えた。実際、

直後に、富士山の麓でのエンディング・ロールへとつながったわけだ。3つ

目は軽いお約束だが、三島が緑を見つけたのが、クリスマス・ツリーのすぐ

そばだったこと。ドラマの基本とはいえ、微笑ましいシーンだった。

     

最後に、男性目線の一言をご参考までに書き添えとこう。私にとって、最終

回で一番印象に残ったのは、緑が自宅の前で引き返しそうになったシーン。

「やっぱりいい。帰ろう」と言ってたのに、「ママ!」と叫ぶ息子が駆けよって

来ると、あっと言う間に息子のもとへ駆け寄って、結局そのまま。最後に2、

3回、離れた位置から三島の方を振り返ったのがお別れになったわけだ。

     

春ドラマ『もう一度君に、プロポーズ』でも感じたことだが、「女性と子供」のつ

ながりは、二重の意味で、男性とでは比較にならない。「男性と子供」よりも

強いし、「女性と男性」よりも強いのだ。男としては、これまたメモメモなので

あった。。

      

    

      

P.S. 第5話のレストランがお勧めだという情報が入ったので、早速チェッ

     ク。「リストランテ・ラ・ヴィータ・エ・ベッラ」(Ristorante La Vita e

     Bella)ね。イタリア語を英語に訳すと、レストラン・ライフ・イズ・ビュー

     ティフル。人生は素晴らしい、命は美しいという意味だ。お店とロケー

     ションも美しくて、ウェディングにも良さげだね♪

       

    

cf. 大人の女性がハマる恋愛ドラマ、NHK『はつ恋』♪ (第6話レビュー)

   記事の準備だけで終わった夜、あとはアレとか♪  (第7話)

      

   

       

           ☆          ☆          ☆

一方、もう長くなったので、昨夜の走りについては一言だけ。ドラマが始ま

る前に、僅か7kmだけリハビリ・ジョギングをやってみた。左足首の捻挫

から11日経過。1km6分に近い超スローペースの短距離ジョグなら、何

とかなるようだ。良かった、良かった。ま、気温29度の暑さだから、短い

ガマン大会みたいだったけどね。

    

予報通り、雷がなって来たから、一雨降って涼しくなることを期待しよう。

昨夜は期待はずれだったもんな。ではまた。。☆彡

            

       

 往路(2.45km)   14分08秒  心拍130  

  1周(2.14km)   12分07秒     140   

 復路           13分41秒     138   

計 7km  39分56秒 心拍平均136 最大147 (ゴール時)

              

                               (計 4231文字)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

自転車で夜の多摩川、涼しいけど遅くて危ない・・

(16日) BIKE 73.7km,3時間19分,平均心拍115

   

厚い・・・と打ち間違えるほど暑い。。(^^ゞ いやぁ、ここ3日間、つまらない

ミスが増えてるし、今日なんて最高気温35度の「猛暑日」。。これ、2007

年に気象庁が制定した予報用語、正確には解説用語だ・・って、細かいわ!

        

あぁ、ダメだね。日本も早く長期ヴァカンスを取り入れるべきだろう。3連休

の増加やお盆休みくらいじゃ、全然足りない。一部の職場では夏休みが増

えてるって話も聞くけど、私の職場ではどんどん減ってるのだ。夏が苦手な

私にとって、忙しくていい事だ・・・なんて思う余裕はない。。

       

って感じのボヤキをつい書いちゃうね♪ 個人ブログだから別にいいのだ。

開き直りかよ! あぁ、関東が早くも梅雨明けしてしまった。梅雨前線、粘

120717

  りが足りないぞ! 左は

  相変わらず白黒の気象

  庁・天気図(17日15時)。

  左下の台風7号には期待

  できそうもないか。

    

  最近ウチには、冷却スプ

  レーの検索アクセスがちょ

くちょく入ってるけど、去年の残りをどこにやったか探す気力が湧かない (^^ゞ

色々買って、どれもかなり残ってるはずだけどね。あれ、ホントに暑い時は、

スプレーするのも面倒になっちゃうのだ。自動のスプリンクラー型が必要か

も。もちろん、最近たまに見かけるミストのタイプ。あれは、「いいね」♪

    

     

         ☆          ☆          ☆

さて、やたら緩い文章になってるのは、単に暑いからだけではない。昨夜、

7600字の長文記事をアップしたから、まだ疲れてるのだ。週間字数制

限2万字もあるし、今夜はもうアッサリ終わらなきゃいけない。

     

昨日は、またしても早起きに失敗。惜しかったんだけどな (^^ゞ 夏バテの

初期症状で、身体が睡眠を要求してるんだろう。私の強靭な精神力でさ

え、身体をコントロール出来なかった。精神力の方が弱ったなどと、ネガ

ティブ・シンキングしてはいけないのだ♪

    

流石に、これほどサボリまくるとマズイから、夕方になって渋々と準備。短

いリハビリ・ジョグにしようかなと思いつつ、ものは試しってことで、久々に

夜の多摩川へ。これは損得、ビミョーだったね。風が強かったこともあって、

涼しくて快適だったのはいいんだけど、夕闇の時間帯の多摩川は、自転車

にとって極度に走りにくい。

     

なまじ空に明るさが残ってるから、ヘッドライトがボケるし、ランナーが非常

に多いのが誤算。ほとんどの人は無灯火だけど、せめて何か光るものを

見に付けて走って欲しいわな。公園や街中と違って、すぐそばには街灯が

ないから、すごく見にくいのだ。誰か、有名な女性ランナーとかが、光りもの

を流行らせてくれればいいのに。

            

ちなみに自転車の側は、流石に無灯火はほとんど見なくなってるけど、ピカ

ピカした点滅で自分の存在を知らせるタイプが主流で、前の道を照らしてる

人は少ない。特にロードバイクで飛ばしてるのを見ると、危ないと思うけどね。

      

    

          ☆          ☆          ☆

あっ、もう字数がヤバイ。とにかく暗くて危なくて、さっぱりスピードを出せな

いから、心肺も足腰も非常にラク。心拍数はウォーキング・レベルの低さ♪

ただし心理的に疲れるし、やたら時間がかかるから、上流側の国立折返し

であっさり帰宅モード。最後に、公園で少し距離を稼いで、74km近くまで

持って行った。しかし、3連休でこれだけだから論外。。(^^ゞ

    

もうグッタリしてるから、今夜は22時前に寝るとしようかな (笑) 火曜の

夜、他に何か、用事でも?♪ 今夜は一応、雨が降ってくれるらしいから、

ちょっとは涼しくなるかな。ではまた。。☆彡

              

                                 (計 1454文字)

| | コメント (0)

義務教育における放射線・放射能~中学校・理科の教科書&副読本

今日、2012年7月16日には、「さようなら原発 10万人集会」に「17万人

参加」と報じられた。これは主催者発表の数字であって、いつものように警

視庁の数字(7万5000人)より遥かに多いわけだが、写真・動画も含めて

各種情報を総合すると、相当な人数が毎週デモに参加してるのは間違い

ない。原発推進派の読売新聞HPでさえ今回、「再大規模」と報じたほどだ。

      

その一方、反原発派の朝日新聞の世論調査(RDD=ランダム電話方式)

を見ると、関西電力・大飯原発の再稼働に関する反対の声は、決定後に

少なくなっている。決定前の5月19、20日には、賛成29%、反対54%

の大差だったのに、決定後の6月26、27日には、賛成37%、反対46

%。かなり接近して来たわけで、この解釈は色々可能だろうが、少なくと

も人数比においては、反原発の動きが強まってるとは言えない。

  

いずれにせよ、エネルギー政策や核・放射能の問題は、国家の根幹に

関わる問題であって、今後も延々と議論されることになる。好みに関わら

ず、誰もがこの種の事柄を学び、考えるだけでなく、態度に表す必要も

あるのだ。例えば、選挙の投票という形で。

       

そんな中、今年の4月から全面実施の新・学習指導要領に従って、義務

教育に放射線の話が登場。中学3年生は全員、理科の授業で放射線や

放射能の勉強をするのが建前になった。教科書の最後の方の位置付け

だし、教え方も難しいので、実際問題どのような授業になるのか読みにく

いが、とりあえず教科書自体の内容を見ておこう。その上で、一部の批

判を招いてる、文科省の「副読本」もチェックしてみる。

    

     

         ☆          ☆          ☆

私の手元にある今年度の教科書は、書店で見た5種類の教科書の内で

もっとも詳しく書いてあった、大日本図書のものだ。3学年すべての分を揃

えてあるが、放射線の説明があるのは『理科の世界 3年』。しかしその前

に、比較のため、以前の教科書ではどうだったのかを見ておこう。

       

啓林舘の平成21年度用の教科書、『未来へひろがるサイエンス 1分野

下』では、「7単元 科学技術と人間」において、原子力発電の話が少し書

かれてる。ただ、3・11の2年前にも関わらず、公平に見て、原発の扱い

は普通以下だ。火力発電が圧倒的に多いことは最初からハッキリ示され

てるし、原発が特に重要だという話は全く書かれてない。

    

それどころか、原発だけは特別扱いで、短所や問題点の説明が補足され

ており、そこに「放射線」という言葉が出て来る。引用してみよう。

     

   「原子力発電には二酸化炭素をほとんど発生しないという長所

   はあるが、燃料のウランや発電後の廃棄物から人体に有害な

   放射線が出るという短所がある。そこで、放射線が外部にもれ

   ないように厳重に管理するとともに、放射性の廃棄物の管理も

   万全にしなければならない。また、放射線は外部にもれると危

   険なだけに、発電機の故障などの情報を積極的に公開し、地

   域の理解を得ることも重要である」。

    

ここで注意したいのは、放射線の危険性がハッキリ書かれてるのに対して、

その有用性は全く書かれてないことだ。それに対して、好意的に扱われて

るのは、落差2mで実用化できるとされる「マイクロ水力発電」で、わざわ

ざ1ページ全体をグリーン(緑色)系にしてアピールしてある。

   

ある意味、これは当時の余裕の表れだったのかも知れない。反原発の動

きなどごく僅か、「脱原発」なんて言葉はまだほとんど聞かなかった時代だ

から、原発や放射線のイメージ・アップをはかる必要など無かったはずだ。。

     

     

         ☆          ☆          ☆

これに対して、今年度(平成24年度)からの教科書では、放射線の話が

2~3ページにわたって説明されている。大日本図書の場合、3年の単元

6、「地球の明るい未来のために ──自然と人間と科学技術──」の3

章、「たいせつなエネルギー資源」の中で3ページ使用。

   

ただし、放射線自体の説明の前に、原子力発電を説明する箇所の「発展」

で、核分裂による核エネルギーの発生が簡単に説明されている。そこに

は、分裂後に生じる原子として、お馴染みの名前が書かれてるのだ。ヨウ

素、セシウム、ストロンチウム。。     

       

その4ページ後から、「原子力の利用と課題」と称して、放射線の話が始ま

る。最初の本文は、以前と似たようなものだ。1/3が原子力発電、少量

の燃料から大きなエネルギー、二酸化炭素を排出しない。放射性物質や

放射線は危険だから、「原子力を利用するときには、安全に十分注意して

行う必要がある」(p.272)。

         

ただし、今年らしいのが、冒頭の写真と説明だ(図33 原子力発電所の事

故)。いきなり1986年のチェルノブイリ原発事故のモノクロ写真を大きめ

に掲載。説明文の後半には、こうも書かれてる。

     

   「2011年3月に起きた東北地方太平洋沖地震では、福島第一

    原子力発電所の原子炉が破損する事故が起きた」(同上)。

     

反原発派の立場なら、どうして福島を写真付きでメインにしないのかとか、

死者の話がないとか、批判があるかも知れないが、以前の教科書と比べ

るとなかなか思いきった構成だと思う。いきなり大事故を写真付きで載せ

た所がポイントなのだ。

     

      

        ☆          ☆          ☆

その後の2ページ半近くは、原発とほとんど切り離された形で、放射線の

みの説明となる。まずはページ右端の補足の形で、次の説明がある。

   

   「放射線を出す物質のことを放射性物質という」。

   「放射性物質は、放射線を出すとほかの物質に変わり、

    時間と共に減少していく」。 (同上)

    

そして、1895年のレントゲンによるX線発見&命名に続き、1896年の

ベクレルによるウランからの放射線発見が語られる。ベクレルの写真の

下には、実質的に「放射能」の単位の説明もあった。

   

    「放射性物質が放射線を出す能力の強さを表す

     単位ベクレル(記号Bq)は彼の名からつけられた」(p.273)。

    

他の教科書(の一部)には、「放射能」という言葉も見かけたが、単位の話

までは無かったと思う。ちなみに、新・学習指導要領で指示されてるのは

「放射線の話」であって、放射能までは指示されてない。一応、原文を引

用しておこう。「内容の取扱い」という項目における指示の文章だ。

   

    「アの(イ)については、放射線の性質と利用にも触れること」。

   

「アの(イ)」とは、教科「内容」における「エネルギー資源」の項目のことだ。

ここでわざわざ、「利用」の説明が指示されてるから、各教科書とも、実質

的には放射線の有効利用を語ることになる。核兵器など、負(マイナス)の

利用も考えられなくはないが、それを書くと流石に教科書検定で落とされる

のかも知れない。

    

    

          ☆          ☆          ☆ 

さて、利用の前に「性質」について。まとめ直すと以下のような説明がある。

3・11後に、あちこちで見かけたものと同様だ。ちなみにこうした説明は、

以前だと高校物理の範囲になってたが、教科書の最後の方だし、大学受

験の関係であまり教えないことが多かったかも知れない。だから多くの人

にとって、3・11後の勉強が必要になったのだろう。

           

   アルファ(α)線  プラスの電気を持ち、高速のヘリウム原子核の

              流れ。透過力がもっとも弱く、紙で止まる。

  

   ベータ(β)線   マイナスの電気を持つ、高速の電子の流れ。透

              過力はα線の次の弱く、アルミニウムなどの薄い

              金属版で止まる。

    

   ガンマ(γ)線・X線   電気をもたない、光の一種。透過力が強く、

                 防ぐには鉛などの厚い板が必要。 

   

   4種いずれも目に見えず、原子をイオンにする能力(電離能)がある。

                                      (同上)

          

     

          ☆          ☆          ☆

そして、いよいよ「シーベルト」という単位が登場。なぜか、ベクレルとは違っ

て、ご本人の話は省略されてるが、本文の大きな文字でこう書かれてる。

           

    「シーベルト(Sv)とは、放射線が人体にあたえる影響を表す

     ときの単位である」(同上)

     

1mSv=1/1000Sv、胸のレントゲン撮影1回で約0.1mSvといった話

の他に、意外なほど詳しく書かれてるのが「自然放射線」の話だ。一見「人

工放射線」と比べて詳しいようにも感じるが、人工の方は原発や利用の話

の中で出て来るから、バランス的には適度だろう。この自然放射線の説明

の中で、実質的に、「内部被曝」と「外部被曝」の区別も登場する(体内、体

外という表現)。まとめ直すと、次のような内容だ。

      

    自然放射線全体=年間2.4mSv(世界平均)

       体内にとりいれられた放射性物質から受ける放射線

          呼吸 1.26mSv  食物など 0.29   

       体外から受ける放射線

          宇宙 0.39mSv  大地 0.48mSv   (同上)

     

最後の274ページは、最上段が放射線測定器と放射能鉱物標本の写真

で(説明抜きで放射能と書かれてる)、「放射線量をはかってみよう」と勧め

ている(以前は高校)。

         

その下は、本文最後の項目で、利用と危険性の説明。利用については、

脳などの医療診断や、放射線治療、非破壊検査について簡単に説明。

危険性については、大量に浴びるとやけどのような症状が出たり、遺伝

子DNAが傷ついてガンが発生しやすくなったりするという説明。

    

本文右側の補足には、やや突っ込んだ話もあった。

    

   「国際放射線防護委員会(ICRP)では、浴びる放射線量が大きく

    なるほどがんの発生する危険性が高くなり、放射線量が小さくて

    も影響があると考えて対策を立てるべきであると指摘している」。

    

これは、ICRPの公式見解の一つである「LNT(直線しきい値なし)仮説」

の簡単な説明であって、ここまで書いてる教科書は確かこれのみだった

と思う。そしてページ下段には、枠で囲まれた「発展」で、放射性同位体

と半減期の説明がある。ウラン235が約7億年、セシウム137が約30

年、ヨウ素131が約8日。中学の教科書としては十分だろう。

   

ちなみに同位体については、放射線の話よりかなり前の「発展」で説明が

ある。要するに、原子核の構成において、陽子の数(=原子番号)は同じ

だけど、中性子の数が異なるもののこと(放射性とは限らない)。原子番

号の順に並べた原子の周期表において、「同」じ「位」置に置かれるから、

「同位」体ということだ。。

      

     

         ☆          ☆          ☆

以上、中学の教科書について見て来たが、小学校の新しい教科書はまだ

確認していない。以前(平成21年)の大日本図書『新版 たのしい理科 6

下』では、火力発電、太陽電池、二酸化炭素、地球温暖化といった話はあ

るが、原子力発電も放射線も載ってなかった。

              

私自身の小学校時代だと、理科とは関係なく、原爆の話の中で放射線と

いう言葉を聞いた気がする。放射能という言葉も、ゴジラとか怪獣の影響

で一応知ってたと思う。いずれにせよ、人体に非常に有害なものとして受

けとめてただろう。レントゲン撮影とかX線という言葉は知ってたが、それ

と放射線は頭の中で結び付かず、放射線の有効利用を知ったのは高校

以降だったはずだ。

    

        

        ☆          ☆          ☆

では、最後に簡単に、問題となってる副読本についても触れとこう。去年

120716

  の秋(十月)、文科省が

  発表。その後、学校その

  他に広く配布すると共に、

  ネットでも公開してるが、

  反原発・脱原発派には

  かなり不評のようで、現

  場でもなかなか使いにく

  いようだ。教員に左派が

  多いという事情も絡んで

  るかも知れない。

      

  まず、知らない方は副読本

  の現物をチェックすることを

  お勧めする。下のリンクから、

簡単に無料でpdfファイルを閲覧・保存可能。登録も不要で、文科省の公式

HPだから違法性もなく、まず安心していいだろう。ただし、今後のサイバー

攻撃の類までは読めないので、自己責任でご了承を。。

    

   http://radioactivity.mext.go.jp/ja/contents/1000/131/view.html

      

小学校から高校まで、生徒用と教師用、丹念に作られた内容で、一般向け

の参考書や参考ページとしてなら、さほど問題にはならなかったと思う。実

際、あちこちで見たことのある内容が多いし、はっきり間違ってると言える

部分は(ほとんど)無い。多くの専門家が関わった公式見解だから、当たり

前なのだ。

         

ただ、原発や放射線への公的な対応にとって、好都合な内容が多く、しか

も強調されてる一方、不都合な話は少なくて、弱めに扱われてる感はある。

まあでも、福島の事故の後、極端に放射線の害や危険性が強調されて来

たことを考えると、ささやかなバランス感覚の表れに過ぎないとも言えよう。

書店の震災関連本コーナーを見ても、反原発的な本が圧倒的なのだから。

    

一応ここでは、全国レベルの新聞としては朝日新聞以上に反原発的と思

われる、東京新聞(主な内容は経営母体である中日新聞と同じらしい)の

批判に目を向ける(2011年11月1日)。

          

全体では量が多過ぎるし、当サイトのこの記事は主として中学に関するも

のなので、『中学生のための放射線副読本 知ることから始めよう 放射

線のいろいろ』だけを扱うことにする。表紙と裏表紙を除くと、全22ページ

でカラー。小学校、高校の副読本のみに関する批判の考察は省略しよう。。

       

    

         ☆          ☆          ☆

東京新聞による最初の批判は、福島が「本文では」語られず、原発事故に

よる人の死の話もないこと(放射線による死の話はある)。これは確かに、

私も不適切だと思う。今さら隠しても逆効果であって、当然載せるべきだっ

た。実際は、「はじめに」で福島に触れてるだけなのだ。

    

続いて、原発自体の写真が無いという批判も、大きな問題とは思わないが、

その通りだと思う。他の写真は沢山あるのに、原発が無いのは奇妙だ。施

設の「絵」と、「周辺の測定器(モニタリングポスト)の写真」しかない。ただ、

教科書にはちゃんとあるのだ。チェルノブイリの他に福井県美浜町の写真

もあった(p.269)。あくまで副読本なのだから、教科書と合わせて評価す

る必要がある。

        

ただし、事故死の話が無いのは教科書も同様で、不適切だろう。チェルノ

ブイリに触れるのなら、そこまで踏み込むべきだが、現場の教師が補えば

いいとも言える。副読本は、教える範囲を限定してるわけではないのだか

ら、授業その他で教師や専門家らが補完・拡大していけばいいのだ。

          

原発再稼働に向かう文科省の「意図」は確かに感じるが、それに対する批

判というのは、副読本の内容や使用の是非とは分けて考えてもいい。意

図の話にこだわると、東京新聞の記事執筆の意図も問題となる。本筋か

ら外れた対立が深まってしまうわけで、批判するにせよ冷静さが重要だ。

    

    

          ☆          ☆          ☆

最後に、東京新聞が「違和感を強く覚える」のが、次の文章だ。

    

   「ICRPでは、仮に蓄積で100ミリシーベルトを1000人が受けたとする

    と、およそ5人ががんで亡くなる可能性があると計算しています。

    現在の日本人は、およそ30%の人が生涯でがんにより亡くなって

    いますから、1000人のうちおよそ300人ですが、100ミリシーベルト

    を受けると300人がおよそ5人増えて、305人ががんで亡くなると計

    算されます」。

      

普通に死ぬ300人と放射線で死ぬ5人とは一緒にできない、と東京新聞

は批判し、人数についても異論があるので両論併記が必要ではないか、

とも語る。

    

しかし、「一緒にできない」という話をするのであれば、300人の側も一緒

にできないことになる。と言うのも、この300人は「避けられない死者」だか

ら、「もともと死ななくてもよい人たち」5人とは別、としてまとめられてるが、

もしタバコの販売や喫煙を政府が厳しく制限すれば、300人の内、何人か

は「死ななくてもよい」からだ。

         

実際、国立がん研究センターHPの「日本におけるがんの原因」によると、

がん死亡の要因の24%が喫煙(能動&間接)だから、300人中の72人

はタバコが原因となる。販売制限で1割減少すると、7人減る計算なのだ。

         

ちなみに、東京新聞に次ぐくらいの反原発的姿勢を見せる朝日新聞でさ

え、去年の6月くらいから、このICRPの見解は冷静に認めている。別に

副読本やICRPが、「五人はがん死することを受容せよ」(東京新聞)と語っ

てるわけでもない。それをどう考えるか、授業の中で、あるいは生徒各自

が考えればいいことなのだ。

    

人数計算の異論については、両論併記と言うより、参考として別の計算を

書き添えても良かったと思う。ただし、それはもっと多く死ぬ場合だけでは

なく、もっと少なく死ぬ場合も示す必要がある。100mSvでは0人と考え

る学者もいるのだから。

          

例えば、『人は放射線になぜ弱いか』(講談社)の著者、近藤宗平。あるい

は、『放射能と理性 なぜ「100ミリシーベルト」なのか』(徳間書店)の著

者、ウェード・アリソンなど。しかも両者とも、原爆のような急性被曝でなけ

れば、遥かに高い被曝総量でも問題はないという内容を示してるのだ。

    

さらに言うなら、実際には100mSvではなく20mSv以下の被曝がほとん

どなのだから、20mSvなら「1000人中の300人が301人になる」とい

う説明があってもいい。ICRPのLNT仮説は実際こうゆう内容なのだから。。

          

   

         ☆          ☆          ☆

とにかく、義務教育でさえ原発・放射線の話がそこそこ導入されたのだ

から、社会全体がもっと学び、考えていくべきだという点に関しては、共

通意見だとみていいだろう。とりあえず、今日はこの辺で。。☆彡

   

    

   

cf.原発から各地までの距離と、放射線の年間総量(by文科省データ)

  放射線(放射能)の危険性と距離~2つの逆二乗法則(情報源明示)

  シーベルト、グレイ、ベクレル~放射線・放射能の単位について

  雨の長距離ランニングで浴びた放射性物質の計算(by定時降下物データ)

  体内摂取した物質の放射線量の計算~物理学的・生物学的半減期

  原発事故評価レベル7と、セシウムのヨウ素換算値の計算(by INES)

  福島原発レベル7の基準を読む~INES(国際原子力・放射線事象評価尺度)

  福島原発によるガン発生の厳しい試算~欧州放射線リスク委員会

  なぜセシウムのヨウ素換算値は40倍か~放射性物質の計算理論(by INES)

  実効線量、等価線量、線量当量~様々なシーベルトの関係

  各地の放射線量、文科省データと「本当」のデータの比較

  ランニングの呼吸で内部被曝した放射線量の計算

 被曝する年間放射線量すべての計算方法(自然・医療、外部・内部、屋外・屋内)

  久々に涼しい1日&放射線量の「ホットスポット」など

 セシウム牛肉、食後1年間での内部被曝線量の計算方法(定積分&実効半減期)

  放射性物質の半減期、壊変定数、質量(重さ)~微分方程式の初歩など

  外部被曝におけるベクレルとシーベルトの計算式(by IAEA)

  津波の物理学~浅い海、水面波の波動方程式と速度

  ラジウム温泉の放射線について~低線量被曝の影響

  福島のスギ花粉の放射能による内部被曝の計算式(by林野庁)

  朝日の甲状腺被曝87ミリシーベルト報道の意味~実効線量と等価線量

  WHO(世界保健機関)による被曝線量の推計(全国、年代・経路別)

  確率的影響と確定的影響~放射線被曝の二分法の再考

  文科省が10都県で確認、ストロンチウム(Sr)90の実効線量係数など

  湖や海、水浴場における放射線(外部&内部被曝)の計算

  日本人の自然放射線と医療被ばく線量(『新版 生活環境放射線』2011)

                    

                                  (計 7728文字)

| | コメント (0)

盆踊りの歌に誘われ、夕涼みのお散歩&ジョグ♪

リハビリJOG 3km,約20分 ; リハビリWALK 5km,約1時間 

     

暑い! あらかじめ分かってた事とはいえ、今年一番の猛暑だから、気温

以上にキツかったね。今日はもう、朝からまったくダメな1日だった (^^ゞ

   

最初の躓(つまづ)きは、家庭教師をしてた少女・登美子との仲を断ち切れ

なかったことだ・・・って、そりゃ石川達三『青春の蹉跌』だろ♪ 分かりにくい

ボケだねって言うか、古っ! 私が可愛い少年の時(ってことは今か・・笑)、

たまたま本屋で見つけて、題名の「蹉跌」(つまづき)って言葉の響きと、あ

らすじの妖しい物悲しさに魅かれて読んだ小説だ。男の愚かさと女の恐さ

をまざまざと教えてもらった気がするね。哀れ、主人公の賢一郎。あまり

に世間知らずの法学エリート青年だった。。

      

エッ、誰も付いて来てない? 第1回芥川賞に加えて菊池寛賞にも輝いた

有名作家なんだけどね。ほんじゃ、話を戻そうか♪ ちなみに昨日書いた

「ケッチン」ってバイク用語は、最初の手痛い失敗ってことだから、あのヤ

ンマガの漫画は、現代版『青春の蹉跌』でもあるのだ。余計わからない?

あっ、そう。。♪

           

    

        ☆          ☆          ☆

今日の最初のつまづきって話ね。ハイハイ。それは、早起き出来なかった

ことなのだ。涼しい朝の内に、自転車に乗ろうと思ってたのに、全く起きる

気になれず。ま、想定内だけどね♪ 元々あんまし起きる気がなかったの

が敗因だな。どうも左足首の捻挫が、精神的に響いてる気がする。

      

で、起きたらもうカンカン照りで、すべての予定がズルズルと遅れていく状

況。結局、暑さに身体を慣らしただけで夕方を迎えた感じだった。そこへ、

遠くから鳴り響いて来たのが、盆踊りの歌声と太鼓の音♪ ちょっと早い

気もするけど、夏らしくて「いいね」☆ 捻挫のリハビリと、ブログのネタ作

りも兼ねて、夕涼みに出かけることに決定。デジカメも持って、ほとんど近

所のお散歩気分でスタートした。

   

ところが、まず想定外だったのが、盆踊りの曲の音量が激変すること。風

が時々強く吹いてたから、その強さと向きによって、聞こえたり聞こえなかっ

たりするのだ。近所の公園は3つともハズレだったから、ずるずると「盆踊り

をたずねて三千里」。一里が4km弱だから12000km弱ってことになる♪

アメリカ横断、2往復かよ!(一部読者向けサービス・笑)

      

    

          ☆          ☆          ☆

途中で何度も、諦めて帰りそうになったけど、「デジカメの立場は?」って

120715a

  感じで、粘ること

  数十分。ようやく

  探し当てた時には、

  既に遥か遠くまで

  来てた。まったく

  知らない場所 (^^ゞ

  よくこんな所から

  ウチまで歌が届い

たもんだね。。ホッとしたから、撮影する時にうっかりフラッシュを使って

しまった。夜景モードにしなきゃ、感じが出ないんだよな。今さらフリーの

画像処理ソフトで軽くいじっても、夜っぽくなんなかった。失敗。。

   

って言うか、知らない場所だから、撮影の時にちょっと緊張。いや、こうゆ

う時代だから、勘違いされても困るし、撮影禁止とか部外者立ち入り禁止

も十分あり得るもんね。ま、何とか大丈夫そうだから、私は可愛い浴衣姿

の少女ばっか撮って来たのだ・・・って、コラコラ♪ 小心者にそんな度胸

はないって話でもなくて、健全な社会人男性にそんな趣味はないのだ。

    

    

         ☆          ☆          ☆

120715b

  私は実はダンス好

  きだし、盆踊りも

  好きなんだけど、

  知らない地域で飛

  び入りで男が踊る

  のも変だから、グッ

  とガマン♪ 

           

代わりに(?)、屋台の写真でも撮ろうと思ったのに、地域のサービスしか

見当たらなかった。ま、音量の大きさと会場の広さと、提灯の多さでカバー

してるんだろう。太鼓は、折角ならやぐらの上で叩けばいいのにね。風が

強かったからか、あるいはライティングの都合か。あっ、音の響きの問

題かも。太鼓って、素人が思い切り叩くと手がしびれるんだよなぁ。。

        

帰りは、半分ほど歩いた後、試しにゆっくりジョギング開始。実は、家を

出発した直後は、変な激痛が左脚の膝下全体にあったんだけど、この

頃には何とか治まってた。まあでも、大事を取って、僅か3kmのスロー

ジョグで終了。後遺症が無ければ、明日もそのくらい走るかも。ま、地

道なリハビリなのだ。

     

ってことで、今夜は熱帯夜だから、そろそろ寝るとしよう。なお、今週は

計19023字となった。それでは、また明日。。☆彡

              

                               (計 1754文字)

| | コメント (0)

記事1本に35ツイート、「I’m Feeling Lucky」ボタンを押す気分♪

あぁ、いつの間にか連休初日が終わろうとしてる。。オレの土曜日を返して

くれ~~と叫びたくなる、24時前のブロガーであった (^^ゞ マトモな記事を

書きかけてたのに、また準備だけで疲れたから、気分転換も兼ねてコメン

ト欄のレスを2つ打ってる間に、時間が無くなっちゃったわけ♪

   

仕方ないから、また間に合わせ記事でお茶を濁しとこう。今日は総合雑用

デーってことで、久々にバイクの街乗りをしたり、長いメールを打ったり、買

い物したり、ブログのレスや追記を書いたり、愛読書『週刊ヤングマガジン』

を楽しんだり♪ 子供かよ! 今週は特に、きらたかし『ケッチン』が爽やか

で、「いいね」☆

     

タイトルの『ケッチン』とは、バイクの世界のマイナーな用語で、乗ってる人

でも意味を知らない人が多いと思う。エンジンをかける時、キックレバーを

踏み込むバイクがあって、強く踏んだ途端にレバーが弾き返されて、足を

強打することを指す(実際にそんな感じのシーンがあった)。要するに、こ

のバイク&ラブコメ漫画では、主人公を含めて高校生世代の少年・少女た

ちが、いろんな事をスタートしようと頑張る度に痛い思いをするわけで、そ

れを「ケッチン」で象徴してるのだ。

     

今現在は、主人公ユウが北海道ツーリング、マコが海、シュウが妊娠&中

絶騒動。特にバイク好きとしては、北海道の描き方が爽やかで、読みなが

ら微笑んでしまった。知らないライダーと一緒に走ったり、対向車線のバイ

クとお互いピースサイン出したり♪ これ、今どき本州でやると無視されて

傷つく可能性が高いから、要注意(笑)。 

             

あぁ、バイクでは当分ツーリングしてないけど、あちこち行ってるんだよなぁ。

自転車レースを止めたら、夏はオートバイの季節に戻してもいいけどね。

いつ卒業なのか、自分でもよく分からない状況なのだ。。

        

   

         ☆          ☆          ☆

・・・って話じゃなかったわ (^^ゞ そうそう。ツイート&Lucky ね。いや、ウチ

がお世話になってるココログ(ニフティのブログ)でも、しばらく前から twitter

用のボタンが付いてて、クリックの回数が表示されることになってる。私は

ツイッター利用者との交流がほとんどゼロだし、このボタンを使わなくてもツ

イート出来るって事情もあって、フツーは0(ゼロ)カウントなんだけど、時々

いくつかツイート回数が表示されてる。

        

正直、普段はまったく確認してないけど、今まで私が見た記憶だと、8ツイー

トが最高じゃなかったかな。せいぜい10前後なのだ。ところが今夜、レス

を書く時にふとボタンを見ると、何と、35 Tweet ☆ 素晴らしい。一体、い

120714a

 つの間にって

 感じ。まあ、この

 甲状腺被曝記事

 は、3月にアッ

 プした直後から

色んな場所でリンクして頂いてるので、なるほどって感もある。新たなニュー

スが出た7月11日にも、ちゃんと追記しといたし。今日も200字弱。

   

ちなみに、だからと言って、この人気が関連する他の記事に広がるかって

言うと、そんなに甘くはない (^^ゞ この記事に限らず、他サイトからリンク

で来た方(特にツイッター、facebook)は、すぐに帰ることが多いのだ。そ

れに対して、自分で検索して来た方は、他の記事も読んでくれることが多

い。特に連続ドラマ関連だと、10本以上の記事を熟読する人もよく見る。

数時間かけて30~50本くらい読む人でさえ、時々いらっしゃるのだ。あり

がたいことだね。Lucky(ラッキー)♪

       

    

         ☆          ☆          ☆

話を戻すと、とにかく35ツイートっていう反応は、ブロガーとして素直に嬉し

いもの。そこで早速、Googleの検索窓の下の「I’m Feeling Lucky」ボ

タンを押してみた・・・って言うのは、半ばウソかも♪ いや、押したのは本

当だけど、それは単にブログのネタにするためなのだ。正直で、「いいね」。

    

実はこのボタンの話、5日前からコネタに使おうと思って用意してたのに、

ここまでずっと書かないままだったから、強引に話をくっつけたわけ♪ た

だ、話の本質は外してない。何年も前から付いてたこのボタン、私は一度

も使ったことが無かったけど、要するに「自分はラッキー(幸運)だと感じて

る」状況で押すもの。まさに、「I’m Feeling Lucky」なのだ。

           

120714b

     

たまたま、どこかで話題になってるのを見かけたから、早速あちこち追求。

やっぱり、英語版ウィキペディアが役に立つ。

      

このボタン、環境によって反応が多少違うようだけど、基本的には、検索

フレーズ(ワードの組合せ)を窓に入力して押すと、検索順位が1位のペー

ジに直接ジャンプする仕組みのようだ。

          

広告と10位までの検索結果が表示されないから、4年半前には、「毎年

11000万ドルの損」って報道が英語であった。これを日本で紹介する時、

当時のレートで「120億円の損失」とか伝えたみたいだけど、今だと90億

円弱。ま、今ならドル表示の広告料がもっと高いかも知れないし、とにかく

巨額の損であって、それを気にせずボタンを削除しないグーグルは、やっ

ぱり遊び心が豊かな企業なのだ♪

                   

    

          ☆           ☆          ☆        

私が一番気になったのは、「I’m Feeling Lucky」ボタンの名前の意味っ

て言うか、由来。ここで英語版ウィキがシャープな答を示してた(「Google 

Search」の項目)。

   

  The thought is that if a user is "feeling lucky", the search engine

   will return the perfect match the first time without having to

  page through the search results.

      

もしユーザー(検索者)が「ラッキーと感じてる」なら、検索エンジンは一発で

お目当てのサイトを示してくれるだろう、という発想で名付けられたとのこと。

いかにもアメリカンと言うか、ポジティブ・シンキングだね。くじびきをする時

に、「当たる!」と願えば当たるってこと♪ 「できる!」と強く思えばできるっ

て発想ともよく似てる。

     

ちなみに、私が試しにGoogleトップページで「テンメイ」と検索窓に打ち込む

と、ボタンを押す前から自動的にページが切り替わって、検索語の候補が

120714c

  8つ並んだ。いきなり1コだけ玉

  が出る、福引の「ガラガラ」じゃ

  なくて、自分で一応選べるクジ

  引きってことだね♪

  

  それぞれの候補の右側に、か

  なり離れて「I’m Feeling 

  Lucky」と表示されるから、押

しにくいし、そもそも候補が思い切りハズしてる (^^ゞ 何で勝手に漢字に変

換しちゃうのかね。カタカナのテンメイの人気がまだまだってことか。35ツ

イートに慢心せず、今後も精進するとしよう。

      

ってことで、キレイにまとめたつもりになった所で、今夜はこの辺で。。♪☆彡

            

                                  (計 2743文字)

| | コメント (0)

金曜の夜、まだ仕事が終わらない・・

リハビリ通勤JOG 2km,14分程度

      

ダメだ。もう深夜なのに、まだまだ仕事が終わらない。昨日もあんまし寝て

ないから、眠いんだけどね。ま、そりゃ単に、かき過ぎたってだけの話だけ

ど。成人男性が、かき過ぎて眠いと言えばもちろん、ブログ記事しかない♪

また、ひらがなかよ! 一回、一部の読者ウケたら、何度でも繰り返す辺

り、芸人みたいだわな (^^ゞ

   

今日は、魔の歩道で左足首を捻挫してから丸1週間目。じーっと座ってる

だけなら全く痛くないし、ゆっくり歩くのもほぼ大丈夫。でも、スタスタ歩くと、

足首をかばってるせいもあって、古傷の左ふくらはぎがちょっと痛い。無理

してゆっくり小走りすると、流石に足首自体が痛む状況。ウ~ン・・・自然に

ランニング出来るまで、まだ丸1週間はかかるね。ホント、大失敗だった。。

   

オッと、ここでいきなり強い雨! 天も、テンメイの不運に涙してるわけか・・

って感じで、また強引に名前を入れたりするのだ♪ いや、相変わらず激し

い検索ダービーの真っ最中なもんで。人間が負ける訳にはいかない! ブッ

クマークやお気に入り登録で来てくれてる皆さんも、たまには「テンメイ」検

索でのご訪問、よろしく☆ GoogleでもYahoo!でもOK。1位と2位、金メ

ダルと銀メダルは大違いなのだ。。 、

      

       

         ☆          ☆          ☆ 

で、職場でのお仕事を一通り終えて、例によってコンビニで週刊文春・新

潮・Fridayを立ち読みした後、マナーとしてその店でお買い物。残念なが

ら、雑誌の内容について書く余裕もないんだけど、今週はネタ的にはハズ

レ気味でしょ。ま、フライデーのカラー写真にはそこそこ萌えるものが入っ

てたけど・・・って、そこかよ!

        

しかし、陸上女子短距離の木村文子(あやこ: 100mハードル)って、確

かにちょっと可愛いね♪ フライデーのカラー紹介写真が大きめになって

た。フツーっぽい顔だけど、アイドル的な愛嬌があるし、身長168cmの

スタイルもなかなかGood。頭もわりと優秀らしい。

         

これでロンドン五輪出場は凄いな。多分そこだけ瞬間視聴率が上がるだ

ろう。男性視聴者だけで(笑)。ちなみに彼女、私の自転車仲間のお気に

入りでもあって、わざわざ私にプッシュするためにメールを送って来たほ

どだ。しかも職場のPCから。コラコラ (^^ゞ 今時、どんだけ緩い職場や!

      

話を戻すと、コンビニの後、また色々とよそでお買い物をして(4つ目の虫

よけバリアとか♪)、帰宅したのはもう22時近く。ご飯食べたり、コメント欄

のレスを打ったりした後、自宅でお仕事再開。たっぷり持ち帰ってるわけ。

これで残業代が出ないって所が、労働基準法違反じゃないのかね。そこを

職場で追求して、クビにされるのもなかなかオシャレかも。レフト・ヒーロー

って感じなのだ。オイオイ!

          

   

         ☆          ☆          ☆

では、もう時間がないからこの辺で・・・と書いちゃうと、こんな記事まで読

んでくれた読者に申し訳ないから、ほんのオマケを付けとこうかな。

      

持ち帰りの仕事は、わりと単純な頭脳労働だから、ラジオ聴きながらでも

出来るかなと思って、23時ちょっと過ぎから、キムタク=木村拓哉の「ワッ

ツ」の試聴開始。聴くのは5、6回目くらいかな。

             

「いまさら・・」な質問を募集して答える企画で、最初はたぶん、飛行機で

困り者のオジサンを注意した武勇伝だろう。その後、若いのにしっかりし

てるとか褒めてもらったそうだから、10年くらい前の話かね。実は私も、

遥か目上の人に堂々と意見して、褒めてもらった経験があるんだけど、

その話はまた「テンメイ回想録」にでも書くとしよう♪

      

後は、ドラマ『Good Luck!!』のビデオかDVDの話かな。テレビ放送

と、携帯の着信が違ってたとかいう話で、『スター・ウォーズ』のダース・ベ

イダーの曲を使うとお金がかかるから替えたとか言ってた。なるほど、やっ

ぱ、本放送とビデオ・DVDとは、色んな事情でチョコチョコ違うわけか。私

が絶賛するドラマ『ビーチボーイズ』でも、確か広海=反町隆史がエッチ

系の話を口にした箇所がビデオで消えてるとかいう話だった。97年の放

送だから、今さら調べようがないけど、たぶん本当だろう。

          

後は、ビキニの水着は女の子にお勧めだとか(笑)、使ってるサーフボー

ドはロングボードでシングルフィン(飛行機の尾翼みたいなものが1枚だ

け着いてる)とか。ボードの話をする時、やたら恥ずかしがってるのが印

象に残ったね。ふ~ん、恥ずかしいくらい、身近で大好きってことか。要

するに、家族の話をするのが恥ずかしいみたいなもんでしょ。ちなみに私

のボードはショートだけど、聞いてない? あっ、そう♪

        

    

         ☆           ☆          ☆

それでは、今日はこの辺で(笑)。エッ、「青年」? そりゃ、先週ちゃんと

書いたでしょ♪ 今週はお休みなのだ。アルバムのタイトルが『エロ』になっ

た理由が、普通のオシャレなものとは違って、しかもインパクトがあるもの

を狙ったから、なんて話は聴いてない(笑)。あっ、そんな話は公式サイトに

すぐ載るのか。

         

じゃあ、途中で一瞬、妙にテンションを上げた直後、恥ずかしそうにしてた

所が可愛かった・・・なんて話は全く知らないのだ♪ これだけ細かい話な

ら、公式サイトには載ってないはず。実はファンサイトからのコピペなのだ・・

ってオチもない♪

        

ウチは、硬派の社会人男性が運営する、総合マニアック・ブログ。ジャニー

ズ情報だの芸能ネタだの書いてるヒマがあったら、お仕事に戻るべきだね。

とか言いつつ、この記事を芸能カテゴリーに登録してたりする♪ あぁ、ま

た震災関連記事を書けなかったな。準備だけはもう出来てるのに。

    

なお、今日の走りは結局、超スローペースの通勤ジョギング2kmのみ。リ

ハビリの水準にさえ、なってないかも (^^ゞ それでは、この辺で。。☆彡

             

                                 (計 2344文字)

| | コメント (0)

いじめの定義と、小学校の思い出~テンメイ回想録8

今夜は雨で、自転車は無理だし、いきなり友達から小難しげな思想の質問

なんてものも来襲♪ 時間が無くなったから、いま話題のいじめをめぐって、

10ヶ月ぶりに「テンメイ回想録・下書き」をアップしよう。

     

記事タイトルは「回想録」とだけ書いてるけど、あくまでいずれ完成させる予

定の長大な回想録の「下書き」にすぎない。もちろん、ネットの一般公開用

だから、個人情報保護のために書かない事も色々ある。でも、意図的なウ

ソは全く無し。書いてる内容は全て本当の事か、私の記憶違いや誤解だ♪

ちなみに前回の回想録7、「コーヒーに入れないクリープ(Creap)なめて♪

には、クリープ関連の検索アクセスが時々入ってたりする(笑)。

         

    

         ☆          ☆          ☆

さて、滋賀県大津市の中学生いじめ自殺問題が波紋を広げる中、今日は

宮崎県で、男子高校生を川で溺れさせて動画撮影したなんていうニュース

も飛び込んで来た。ここまで来ると、いじめという言葉を越えてしまってるけ

ど、そもそも「いじめ」とは何なのか。まず、定義を簡単に考えてみよう。

       

手元の定番の中型辞書『広辞苑』(岩波書店、第四版、1991)で「いじめ

(苛め)」の項目を見ると、「いじめること。特に学校で、弱い立場の生徒を

肉体的または精神的に痛めつけること」、と書いてある。その左横の「いじ

める」の項目を見ると、弱いものを苦しめる」となってる。Yahoo!で『デジ

タル大辞泉』(小学館)や『大辞林』(三省堂)を見ても、ほぼ同様。

     

一方、ウィキペディアを見ると、ちょっと興味深い話が書かれてた。文科省

の定義が、しばらく前に少し変更されたと言うのだ。早速、文科省HPで

チェックすると、「いじめの定義」というpdfファイルを発見。新旧を比較し

てみよう。ウィキは2007年から変わったと書いてるが、06年中の調査

から変更されたようだ。

     

   (旧・定義)

     自分より弱い者に対して一方的に、身体的・心理的な攻撃を

     継続的に加え、相手が深刻な苦痛を感じているもの。

   

   (新・定義)

     当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、心理的、

     物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じてい

     るもの。

      

   

          ☆          ☆          ☆

どちらも、「いじめられた児童生徒の立場に立って」判断すると書き添えて

あるが、大きな変更が4つある。

    

まず、「一方的」という条件が消えたこと。少しやり返した場合も含めるとい

うことか。次に、「身体的」という言葉が「物理的」になってる。これは、金銭

を奪うとか、持ち物を隠すという行為を含めるためらしい。三番目は、「継

続的」という条件も消えたこと。1回限りでもいじめになり得るということか。

そして四番目は、「深刻な苦痛」が「精神的な苦痛」になったこと。深刻で

なくてもいいし、やられた側の心の苦痛を重視するという意味だろう。たと

え外見的に大した事ないように見えても。

    

この新定義、配慮は分かるが、1回限りなら単なる「暴力」や「嫌がらせ」

だし、心理的・物理的攻撃という言い方も冗長だ。文末の「もの」という言

葉も曖昧。さらに、いじめは学校の生徒に関するものとは限らないし、本

人がいじめと思ってるかどうかもビミョー。逆に、本人たちがいじめと思っ

てても、実は単なる「いたずら」レベルに過ぎないということもあるだろう。

「いじめ」という言葉が、軽く広くなり過ぎると、役に立たなくなる。そこで、

私としては、次のように定義しておこう。

       

   (いじめの定義)

     ある人を、一定の関係を持つ他人が、継続的に苦しめること。

     当事者(被害者や加害者)自らが感じたり訴えたりしなくても、周

     囲が明らかに認知できる場合は、いじめと考える。逆に、たとえ

     当事者が感じたり訴えたりしても、周囲がいじめではないと考え

     ることも可能だが、こちらの場合はなるべく当事者を優先する。 

         

     

          ☆          ☆          ☆

そうするとまず、私自身は、「いじめられた」ことが一度もないことになる。一

度や二度程度の嫌がらせや暴力なら、何件か思い当たるが、継続的なも

のはないし、そもそも件数も少ない。

    

例えば、昨日の記事に書いたような、地域(ムラ)の「タテ社会」で、遊んで

る途中に年長の子どもから幼稚な嫌がらせを受けて、泣いた覚えはある。

小学校の3年くらいまでだろう。ただ、継続的ではなかったし、私も周囲も

大した事とは思ってなかった。私は、泣かされると凄まじい叫び声を上げ

て、激しく当たり散らしてたから、「いじめ」にくい子どもだったと思う♪ 扱

いが面倒だし、私もある程度やり返すし、周囲の大人たちに気付かれてし

まうからだ。

       

一方、「いじめた」経験については、ビミョーな感じがある。私は子どもの

時から、基本的に「悪いこと、卑怯なことはしない」人間だから、クラスでい

じめがあった時も参加はしなかった。積極的に止めもしなかったけど、い

じめたのと同じ、とは思わない。加害者と傍観者は、無関係ではないけど

別物だ。それを同じだというのは、教育的・倫理的な配慮や理想論であっ

て、現実にも法的にも全く別物として扱われてる。加害者は「悪者」、傍観

者は「あまり良くない者」だ。

    

ちなみに、クラスのいじめというのは、小学校6年の時のこと。親の職業と

当人の外見、2つの点で「ヴァルネラビリティ」(vulnerability; 傷つけられ

やすさ)を持ってた女の子が受けてたもの。クラスの男子の一部がいじめ

てたんだけど、それほど陰湿でも過激でもなかったと思う。

         

ただ、そのコにとっては結構辛かっただろうし、結局は担任の先生が激怒

して、一気に収まった覚えがある。人気はあったけど、体罰が強烈な先生

だったから、みんな恐かったんだろう。圧倒的な力を持つ先生一人に、み

んな揃って「いじめ」られるのが。。♪

       

     

          ☆           ☆          ☆

話を戻すと、私が「いじめた」かどうか。いじめてないとキッパリ胸を張り

たい所だけど、今から思うと「あれはイジメに近かったかな・・」という経験

が2回あるのだ。

      

最初は、小学校低学年。2年か3年かな。クラスに、個人的に嫌いな女の

子がいて、時々口ゲンカみたいな対立があったんだけど、ある時、私がそ

の子の手の指をケガさせてしまったのだ。血は流れてないし、骨折でもなく、

筋を痛めたようなことだったと思う。

        

でも、流石に自分でもやり過ぎたと思ったし、すぐ先生に怒られて、それ以

降はこの子には関わらなくなったはずだ。別に「無視」とかいうほどのこと

ではない。肌の合わない仲間と距離を保つ権利くらい、誰だって持ってる

し、悪いことでもないだろう。この事件、暴力に継続性はないし、私としては、

少なくとも当時の基準だと「ケンカ」のエスカレートだと思うけど、今なら「い

じめ」と言われるかも知れない。後で民事訴訟の時効の年数を調べとくべ

きかも。。(^^ゞ

        

ちなみに、女の子のスカートめくりは何度かやったし、物を隠すこともたま

にあったけど、単に女の子の気を引くための幼稚な行動であって、別に下

着を見たかったわけでもない。その程度で「いじめ」と言われたら、逆に「男

の子いじめ」だろと言い返したくなる。そもそも、私が悪いのではなく、男の

Y染色体のDNAが悪いだけなのだ♪

         

     

          ☆          ☆          ☆

もう1回は、小学校6年だと思うけど、5年かも知れない。いつも一緒に遊

んでた友達の1人、F君は小太りで少し大人しめ。身体的にも精神的にも、

それほど「弱い」子どもではなかったけど、時々「からかう」対象ではあった。

             

と言っても、たまに体型をからかったり、テストの点が私より悪かったこと

をからかう程度で、暴力も無ければ、金銭を奪い取ったりもない。物を隠

したことはあったかも知れないけど、たかが子供のお遊びレベル。「いた

ずら」にすぎない。そもそも、私は彼の家によく遊びに行ってて、向こうの

母親がいる状況で仲良く遊んでたし、母親同士もよく知ってる仲だった。

    

ところが1度だけ、「遊び」がエスカレートしたのだ。何のゲームだったか

思い出せないけど、F君が弱いゲームがあって、負けた者が「しっぺ」(=

にっぺ)されることになってた。しっぺとは、人差し指と中指を揃えて、相手

の手首をビシッと1回叩くこと。検索すると、しっぺもにっぺも沢山出て来

るから、全国どこでもやってる子供の罰ゲームだろう。デコピンみたいな

ものだけど、デコピンは私の地域では全く流行ってなかった。

      

で、そのゲームでF君の負けが多かったから、結果的にみんなでF君の手

首にしっぺをすることになったのだ。彼は痛がってるのに、私達は笑って

面白がってる。構図的には完全に「いじめ」かも知れないけど、たかがしっ

ぺ=にっぺだし、可愛い「罰ゲーム」に過ぎない。

   

今でもそう思うけど、事実としては、F君は手首が腫れて病院に行ったよ

うで、母親から学校に連絡。私たちはごく軽く「注意」されて、すぐに止め

たし、その後もF君とは仲良く遊んでた。ただ、これは集団で何日間か継

続してやったから、イジメと言われればウ~ン・・という感じだ。まあ、彼は

男だし、長年の遊び友達。民事訴訟や賠償請求の心配はないだろう♪

         

   

        ☆          ☆          ☆

という訳で、結論としては、私は「いじめられた」ことも「いじめた」こともない

幸せな人間なのだ・・・そう思い込むことこそ、幸せな性格かも知れない (^^ゞ

中学以降も、ビミョーな体験が何度かあるけど、それはまた続きで書くこ

とにしよう。

   

とにかく、「いじめ」かそうでないかの判断は微妙な時もあるけど、明らか

なものは迅速かつ適切に処置すべきだ。当事者双方も、周囲の教師や

親たちも。場合によっては、「監視と処罰」も必要だろう。フランス現代思

想の四天王の一人、ミシェル・フーコーの書物を熟読しなければダメとい

うことだ♪ ま、邦訳だと売れ線の副題を前面に出して、『監獄の誕生』に

なってるけどね。編集者さん、新潮社さん、儲かってまっか?って感じだ。

       

実は、監視や処罰といった行為も、別の観点から「いじめ」とみなせるか

も知れない。特に処罰の方法は重要で、いずれまた考えてみよう。意外

なほど長くなってしまった。それでは今夜はこの辺で。。☆彡

            

                              (計 4060文字)

| | コメント (0)

つぶやきモードで、ダルの筋トレ論&『タテ社会の人間関係』

今日はもう、ブログ記事を書く余力が無い。って言うか、もう既に1600字

近く書いてるのだ。アップから4ヶ月後に、またツイッターやfacebookで紹

介して頂いた、甲状腺被曝記事への加筆が600字弱。『もう一度君に』視

聴率記事のコメント欄のレスが1000字。どっちも手間ひまかけてるから、

文字数以上に時間と精神力を使ってる。特に放射線関連は、正確さにも

表現にも、繊細な配慮が必要なのだ。

    

ってことで、今日はもうおしまい・・・と書きたい所を粘るのが、持久系アスリー

ト・ブロガーってもの♪ いや、ブログに時間かけ過ぎだから、ホントはまた

軽く自転車に乗りたかったんだけどな。まだ左足首の捻挫でヨロヨロ歩きの

状態だから、普段走り回ってる私としては超運動不足なのだ。それどころか、

ストレス発散のために、いつも以上に食べちゃったりしてる (^^ゞ あぁ、ホン

トに大失敗だった。。

      

   

         ☆         ☆          ☆

で、じゃあ粘って何をつぶやくのか。コネタやミクロネタは豊富なんだよな♪

まず、我が道を行く大物、ダルビッシュ。折角ギリギリで選ばれた大リーグ

のオールスター・ゲームは、残念ながら登板機会が無かったらしいけど、そ

れより気になったのが、筋トレに関する発言。日本の野球界で、筋トレに対

する冷たい見方があることを痛烈に批判してるのだ。

   

  「体が違うのではない。こっちはそもそも(日本とは)トレーニングの

   内容が違うから、(選手の身体は)でかい。日本人は単純に、トレー

   ニングをしないから」。

    

  「筋肉がついたら体が重くなるとか、動きが悪くなるとか、訳の分か

   らないことを言う人がいる。だから抜け出せない。日本はそういう

   変な固定観念に縛られすぎて、全く野球が伸びていない。ここ何

   十年も・・・」。

                            (スポニチ,7月11日)

   

内容のポイントは昔からある話だけど、言い方が強烈だね。飛び抜けた

実績と人気があるからこそ言える言葉。ここ何十年ってことは、エリート

集団である野球選手を、1万人以上もバッサリ斬り捨てたことになる♪

        

   

         ☆          ☆          ☆

しかし、確かにこの手の話は、昔から聞き覚えがあるな。たとえば、代表

的な反論は、「普通のトレーニングの中で必要な筋肉をつければ十分だ」っ

て感じの主張だろう。しかし今現在、野球界でホントに筋トレを避けてるの

かね? ダルが言いたいのは、まだまだ足りないってことかな。あるいは、

個人的にかつての自分のコーチ達を批判してるとか♪

      

大きくみると、スポーツ界全体で、筋トレは着実に増えてるし、定着してる

と思う。スピードが重要なものだけ見ても、男子短距離も格闘技も筋肉モ

リモリ。サッカーも結構やってるはず。それどころか、女子マラソンの野口

みずきだって、バーベル上げてる所がテレビに映ってたほど。

   

ちなみに私自身は、ここ数年ほとんどやってないけど、その前は数年、週

に1、2回、ジムで自転車用の筋トレやってたし、高校卒業後1年くらいは、

ベンチプレス(仰向けに寝て行う練習)でバーベルを持ち上げたりもしてた

(格闘技向け)。高校陸上部時代も、器具を使わないスクワットや腹筋・背

筋・腕立て伏せは結構やってて、それなりにマッチョだったのだ。当時はす

ぐ上半身裸になってたもんね。今思えば、かなり恥ずかしいかも。。(^^ゞ

    

   

         ☆          ☆          ☆

あぁ、ほんの前置きのつもりが、結構書いてしまった。仕方ないから、もう

一つだけ簡単に書いて、おしまいにしよう。

   

さっき、お蕎麦を食べながら、居眠りモードで昨日(7月10日)の朝日新聞・

夕刊を見てたら、ちょっと興味深い話が書いてあった。昔の有名人へのイ

ンタビュー企画かな。「時の回廊」シリーズで、今回の見出しは、「中根千枝

 『タテ社会の人間関係』」、「場を重んじる構造 今も」(聞き手は編集委員

・村山正司)。女性で初めて東京大学教授になった社会人類学者で、2001

年には文化勲章受章。

   

表題の本(1967年)は100万部突破のベストセラーで、十数カ国の外国

語版も出たらしい。ところが、肝心の「タテ社会」という概念はしばしば誤解

されてるとの事。タテとは、上意下達や権力構造とは別物だし、そもそも「タ

テ社会」という言葉も編集者がタイトルに付けただけで、本文では使ってな

いそうだ。

    

   

         ☆          ☆          ☆

「社会構造」、つまり社会に内在する、個人と集団の間の変わりにくくて基

本的な関係を分析する際、彼女が設定した概念が、「資格(属性)」と「場」。

たとえば、記者が資格で、新聞社が場。

  

どんな社会にも、資格と場の両方があるけど、日本では場の共有が非常

に重視される。「ウチの会社」、家(イエ)、村(ムラ)など。しかも、様々な場

を通じて、共通性も見られる。一方、インドやイギリスでは資格が重要で、

例えばカーストや階級も資格によるもの。

      

さて、日本のように場が大事な社会では、集団参加の新旧が重要であっ

て、そこから生じる上下の順番のつながりを、「タテ」と呼ぶ。入社の年次、

会合の席順などの儀礼的なシステム。当然、出身校の同窓会の卒業年

度とかも、そうだろう。

           

タテの序列を守る傾向は自然に現れる、という説はいいとして、集団の排

他性を招くという流れには、二重の理由がありそうだ。まず、集団の外か

ら見ると、集団内のタテの関係は分かりにくくて厄介だから。また、外から

集団に近づくと、タテ関係の一番下あたりに位置づけられてしまうから。

       

重要なのは、「タテ関係は権力行使とは必ずしも相関していません」という

点。タテのトップは単なる順番であって、権力行使につながる実力は、むし

ろ中堅が持ってる方が多いとのこと。大企業を考えると、そうでもない気が

してしまうけど、イエやムラなら確かにそんな気がする。

    

逆に、資格による集団では、実力者がトップに出やすいし、極端な独裁も

可能になる。結局、場が大事なタテ社会が上下の権力行使に結びつくと

は限らないし、むしろ資格による集団(ヨコ社会?)の方が権力行使と結

びつくかも知れない・・・等々。

    

   

         ☆          ☆          ☆

知的刺激に富む話だけど、疑問も湧いて来る。タテ社会が必ずしもタテの

権力行使につながらないとしても、つながりやすいのは事実ではないか。

   

一方、資格を重視する集団というもののイメージがつかみにくいのも気に

なる。カーストや階級だけ例に挙げられても、遥かに疎遠な世界だし、同

じ資格の者が集まった集団の中で、本当に実力差が最重要視されてるん

だろうか。元に戻って、場を重視する集団の中では、本当に集団参加の新

旧が最重要視されてるだろうか。最重要視の「最」は私が付け加えたもの

だが、これが無いと、2集団の対比が曖昧になってしまう。

   

まあ、数学みたいな人工的で形式的な学問ではないから、現実の非常に

複雑な社会を、少し理解しやすくする枠組を提示するだけで十分なのかも

知れない。いずれにせよ、元の本を読むことも含めて、もっと勉強する必

要があるだろう。50年近く前の本だから、現代史を学ぶ必要もある。

     

ちなみに、単行本から45年経過して、日本社会も多少は変わって来た

けど、基本的にはあまり変わってないと言いたそうな感じで、最後は3・

11以降お馴染みの、「原子力ムラ」の話で終わってた。まあ、これは、

反原発の立場に立つ朝日新聞の編集によるものかも知れない。本物の

学者なら、原子力ムラなどという平凡な概念やイメージには疑問を抱い

て、自ら再考するだろう。

   、  

あぁ、結局3000字も書いてしまった。では、今日はこの辺で。。☆彡

            

                               (計 3022文字)

| | コメント (0)

記事の準備だけで終わった夜、あとはアレとか♪

BIKE 40.7km,1時間32分,平均心拍125

       

あぁ~、時間がない。ちょっと待った。もう1日、24時間経っちゃったのか。。

プログ書くヒマあったら、歯医者に行きたいんだけどなぁ。ずーっと行かない

まま、放置プレイで我慢してたら、あちこち変になって来た。「インプラントの

総入れ歯、計300万円ですね♪」とか笑顔で言われたらどうしよう。。(^^ゞ   

      

さて、今夜はローテーション的に震災関連記事を書こうと思ってた。大震災

直後も毎日書き続けた、総合マニアック・ブロガーとしては、たまにその種

の話をきっちり書くのが義務だし誇りでもあるのだ。「私の・・プライド・・♫」。

古っ! そう言えば今井美樹も、不倫&略奪結婚だったね。しかし私とし

ては、今井も布袋も山下も、全員わりと好きなんだよなぁ。。

   

・・・って話じゃなくて、震災関連記事ね。ハイハイ。いや、サラッと書いて

アップしようと思ったんだけど、この種の記事はあんまし手抜きする訳に

はいかない。

           

最近のいい例が3月の甲状腺被ばくの記事。アップした直後は、かなり軽

い間に合わせ記事だったんだけど、ちょっと気になったから、仕事の隙を見

て大幅に加筆。これは大正解で、加筆した直後、有名な組織から続々とア

クセスが入って来たのだ(追記: 翌日・7月11日にまた関連情報が出て大

量アクセス、加筆も行った)。何と、IAEA(国際原子力機関)まで熟読してた

から、手を入れて良かった~って感じ。あやうく国際指名手配で銭形警部に

追いかけられる所だったわ。そりゃ、ICPO(国際刑事警察機構)だろ!

     

とにかく今夜も一応、それなりの準備をし始めたら止まらなくなって、結局

準備だけで終わってしまったのだ (^^ゞ ま、勉強になったし、近々ちゃん

と書くから良しとしとこう。ホントはその気になれば、今夜でも書けたけど、

22時に大事な予定が入ってたからパスした。

           

そう。日本国民の22時と言えばもちろん、『報道ステーション』だ(笑)。テ

レ朝はいまや、視聴率三冠王(4~6月)にまで登りつめてるのだ。。

    

    

         ☆          ☆          ☆

・・・って話じゃないわな♪ ハイハイ。大人の女性に大人気、昭和の香りが

漂う恋愛ドラマ、NHK『はつ恋』ね。

         

いや、今週は見るだけにして、記事的には完全スルーのつもりだったんだ

けど、震災関連記事が準備だけで終わっちゃったから、コネタとしてチョコッ

と書いとこう。ただ、あえて記事タイトルにはドラマ名は入れない。オマケ程

度のお遊びのつぶやき感想だし、先週の記事だけでずいぶんアクセスを稼

いじゃってるしね。苦笑するほど多かったりする。

  

  cf. 大人の女性がハマる恋愛ドラマ、NHK『はつ恋』♪ 

    

第7話のサブタイトルは「Promise」。そう、三井住友銀行系列の消費者金

融だ・・・って、そりゃ「プロミス(=契約)」だろ! Promiseはむしろ、約束、

あるいは誓い。真面目な話、このドラマ、サブタイトルの付け方か美味いね。

最近のドラマだと一番じゃないかな。ま、他の連ドラが悲惨だって所もある。

      

前回の「Endless Kiss」の意味を求める検索アクセスがちょこちょこ入っ

てるけど、既に書いたように、失語症のリハビリを通じて、口と口で思いを

込めて触れ合い続けるってことだろう。その前には本当のキスをしてたら

しいし、今回の第7話も熱いキスをしてたから、まさにエンドレス・キス、終

わりなき接吻だ。

          

ちなみに、キスだけだと必ずしも不倫にはならないって話をネットで読んだ

けど、信じていいのかね♪ 結局は裁判官の裁量次第だもんな。法律や

判例の解釈なんて、何とでもなるのだ。実際、一審と二審で判決が逆転す

るのは珍しくない。ま、キスを越えてもバレなきゃいいんだけど。オイオイ!

    

   

          ☆          ☆          ☆

ドラマに戻ると、キスを越えて、おまけにバレたって言うか、バラしたらしい

のが緑。「らしい」って言うのは、私は会話のその箇所だけ、よく聞き取れ

なかったのだ。

            

前後の台詞から考えると多分、「寝た」って言ったんだろうね。本気じゃな

くて浮気なら、バレないようにしてくれれば我慢するって話は時々聞くけど、

本気に近くてオマケにバレたら、昨今の優しい男でもついカッとなるだろう。

その結果、旦那役の青木崇高は、全国の奥様方を敵に回して仕事が無く

なるのだ。コラコラ♪

      

しかし、「本気に近い浮気」のシーン。良かったね☆ あんまし本数を見て

ない私の記憶だと、過去のドラマのラブシーンで最高のような気もするな。

国営放送の22時18分(細かい・・)にしては大胆なエロス(性愛)で、それ

でいて抑制も効いてる。そして何より、映像的に美しかった。

        

背景が青紫&白で、2人は半ば陰。余計な音もまったく無し。緑の「手術の

痕(あと)」、「心臓」を見せた後、緑からキスする流れも上手い。ま、「始発

で帰ります ドリ」ってメモ(置き手紙)は、まるでドラマみたいでビミョーだっ

たけど。あっ、本当にドラマだからいいのか♪

      

キレイと言えば、公民館のピアノ演奏とお別れのシーンも、途中まではそ

うだったね。「さ・よ・な・ら」の約束(Promise)までは。もちろん、「約束は

破られるためにある」のだ。そりゃ、記録だろ♪ まあ、恋愛ドラマで女か

ら「さよなら」を言った時、守られないのは定石(セオリー)ってもんだ。

  

  さよならは別れの 言葉じゃなくて 

  再び逢うまでの 遠い約束

                       (『夢の途中』 作詞・来生えつこ)

    

現実には、約束が守られるどころか、頭からすっかり消えたりする(笑)。

だからこそ逆に、ドラマ=虚構では、愛に一途な女性像が延々と描かれ

続けてるわけ。欲望の対象は欠如。人間は、存在しないものを求める生

き物なのだ(ラカン)。

        

   

          ☆          ☆          ☆

ちなみに、私にとっては2回目の視聴になった今回は、前回よりかなり満

足できたけど、残念だったのがラストシーン。正確には、その直前。バスに

乗って後部座席から後方を見てる緑を、健太が追いかけて転ぶのは、ドラ

マのお約束だからまあいいとして、サッカーごっこから家に帰った健太が

ママを追いかけて家を飛び出す流れが、かなり不自然だった。まるで、パ

パに問い詰める前から台本で読んでたみたいだ♪ あれならむしろ、サッ

カーしてる時、ママが出かける後ろ姿をチラッと見とく方が自然だろう。

         

最後に、脇役の幸絵(佐藤江梨子)と桃子(藤澤恵麻)。緑のメモの扱い

が対照的で、綺麗なコントラストになってた。ひそかに、メモが潤の目に留

まるようにした幸絵と、それを拾った後、潤に距離を置かれてクシャクシャ

に丸めた桃子。幸絵がメモを置いた時、ちょっと状況は違うけど、ふとユー

ミン=松任谷由実の名曲、『真珠のピアス』の歌詞が頭に浮かんで来た。

   

   Broken heart 最後のジェラシー

   そっとベッドの下に片方捨てた

   Ah・・・ 真珠のピアス

                    (アルバム『PEARL PIERCE』より)

   

        

          ☆          ☆          ☆

という訳で、男が引越しする時には、まずベッドの下を調べなきゃいけな

いのだ。長い髪の毛や、トイレットペーパーの三角折り攻撃にも要注意・・・

って話をしてる場合じゃない。今夜の走りも書かなきゃね。ウチは元々、ス

ポーツ系ブログなのだ。

     

正直言うと、今夜はこの記事を一旦アップした後で、すぐ夜の公園に向かっ

た。だから、明日の記事に書いてもいいんだけど、気分的には今日なのだ。

捻挫5日目、まだまだ歩くのも不自由だから、ジョギングも全然無理。仕方

ないから、衝撃の少ない自転車で足腰に負荷をかけて来たわけ。

       

公園の周回だから、本気で走るわけにはいかなくて、心肺的にはジョギング

どころかウォーキングに近いんだけど、筋肉への負荷はそこそこかけてる。

ちなみにライトは、前後に3つも付けてるから、お巡りさんが来ても大丈夫。

最近、取り締まりが厳しくなってるもんね。

    

中休みとはいえ、まだ一応梅雨だから、深夜の気温はたかが24度。湿度

は95%くらいあったけど、自転車だと全く暑くなかった。水は300mlほど飲

んだだけ。明日からまた天気がグズつくらしいから、眠いのに頑張って、40

km稼ぐことに成功♪ 自転車だと、雨の中の傘ランってわけにもいかない

もんね。あぁ、早く左足首が完治しないかなぁ。。

    

          

         ☆          ☆          ☆      

ちなみに来週はいよいよ、ドラマ『はつ恋』の最終回、「ONLY LOVE」。

語順が逆なら「愛のみ」って意味だけど、この場合は「唯一の愛」。ってこと

で、緑は離婚して、三島の略奪婚が成功。それで終わりにすると、良識あ

ふれる方々からNHKにお叱りの声が殺到するから、何か天罰がくだると

予想する。でも、女性視聴者は圧倒的にハッピーエンドを好むから、脚本

家・中園ミホのプロフェッショナルな技に注目しよう。

    

一昨年、意外な人気を集めた春ドラマ、『同窓会』最終回のエンディング

はなかなか上手かったね。中園と同様に実力派の脚本家、井上由美子

の技が冴えてた。古典的なバスの使い方でも同様。

      

それにしても歯が痛い。マズイよな。。それでは、今日はこの辺で。。☆彡

   

     

   

cf. NHK『はつ恋』最終回&リハビリジョグ

             

                                (計 3645文字)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

捻挫4日目、すべての行動が遅いし大変・・

BIKE 32.3km,1時間15分,平均心拍128

    

参った。。普段、あちこち走り回ってるから、いざ歩くのも不自由になっちゃ

うと、生活全体がガタガタに崩れてしまう。今日はまず、余裕を持ってたつ

もりなのに移動が遅過ぎて、通勤にタクシーを使うハメに。。(^^ゞ まあ一昔

前はタクシーがクセになってたから、あの頃に比べるとマシだよな・・・とか、

変な納得でお茶を濁してる場合じゃないのだ。

   

また、こうゆう時に限って、降りる寸前にタクシーが1メーター上がったりす

るし、それがハッキリ見える位置にメーターがあったりもする(笑)。ここでも

ういいです・・・と言おうとした場所で、すぐ前の路線バスが停車したから、

タクシーは既に道路の中央側に寄って、バスを追い越す態勢。状況を冷

静に理解できる私としては、もういいですとは言えなくなったから、90円く

らいの大損になってしまった♪ セコっ!

        

で、足を引きずりながらお仕事頑張った後は、すぐ帰宅して色々やろうと

思ってたのに、また本屋に寄ってしまった (^^ゞ 何となく、本を買いたくなっ

ちゃったのだ。買い物依存症かよ! それは流石に恥ずかしいからガマ

ンして、代わりにたっぷりと雑誌の立ち読みをしてしまった。カウンターの

女性店員たちの熱い視線を浴びながら。違った。冷たい視線か♪ あそ

この店員は露骨だよなぁ。ま、開き直る私も私だけど。

     

何をそんなに立ち読みしまくったのか、本来ならここに書きたい所なのに、

残念ながらもう眠くて限界♪ 最近、月曜はいつもロクに寝ないまま仕事

に出かけるハメになってるのだ。今日は3時間半睡眠だったから、ここ2

ヶ月だとマシな部類かも。でもまあ雑誌ネタはとりあえず保留ってことで。。

     

    

         ☆         ☆         ☆

本屋の後は、日用品を色々買って、帰宅は結局22時。遅っ! いや、男

性社会人の月曜としてはフツーかも知れないけど、予定では20時過ぎく

らいを狙ってたのだ (^^ゞ 

   

眠いし時間も遅いし、どうしようかなぁと迷いつつ、渋々と自転車のナイ

トランの準備。捻挫で通勤ジョギングさえ出来ない状況だし、梅雨の貴重

な中休みってことで、足の負担が軽い自転車で32kmだけ稼いで来た。

ホントは30kmのつもりだったのに、1周数え間違えたらしい(笑) 子ど

もかよ!

     

しかし、気温24度だから、昨日より1度高いだけなのに、妙に暑く感じた

な。疲れと寝不足のせいかね。あと、湿度が90%あったし、風が弱かった

からとか。昨日は50km走って、まったく水分補給なんてする気にならな

かったのに、今夜は前半からもうノドが渇いて、僅か32km走る間にボト

ル800mLくらいが空(カラ)になった。

    

走りは、昨日の疲れで序盤が遅かったけど、中盤から盛り返して、結局

平均時速25.7kmほど。ビンディング(ペダルに足を固定する金具)も

使ってないし、左足首の捻挫をかばって踵でペダルを踏む状況だから、

わりと速いと思う(靴はランニングシューズ)。夜の公園の周回コースは、

減速しなきゃいけない場所もかなりあるのだ。平均心拍128、最大心拍

143だから、心肺的にはお遊びモードだけど、脚への負荷はそこそこあっ

たと思う。ギアは前42×後13(または15)って感じかな。

      

とにかく僅かな距離とはいえ、この状況でちゃんと走ったのは大きいね♪

エライぞ、自分☆ 自画自賛かよ! あぁ、今年は全く見ないまま、全英

(ウィンブルドン)テニスが終わっちゃったね。やる事が多過ぎるから、仕

方ないか。ツール・ド・フランス2012は、水・木辺りでマジメにチェックす

るつもり。では、今夜は早めにこの辺で。。☆彡

       

                               (計 1480文字)

| | コメント (0)

足首捻挫のまま公園で自転車&ツール2012

BIKE 50km,2時間00分,平均心拍125

   

あ~涼しかった☆ 心拍、低っ!・・・って話の前に、まず「青年」について

(笑)。ここまで省略すると、もう次は、「彼」とでも略すしかなくなるね♪ 

          

一昨日の金曜日、1ヶ月ぶりくらいに青年の話を書いたら、土曜はあんまし

反応が無かったのに、今朝になって急にアクセスが増えてた。どなたか、

またどこかで宣伝してくれたわけネ。どうも、どうも☆ ただし、辛口の時は

宣伝なしってことで宜しく。通勤電車で耳にした話とかもね(笑)。私はファ

ンではない男性ブロガーだし、基本的に何事も「是々非々」、中立の姿勢。

良いものは強めに褒め、良くないものは弱めに「コメント」するのだ。

        

青年との付き合いも、既に6年半が経過。冷めた記事も結構あるけど、彼

に関しては、いまだに「論外の反応」はゼロ。そこそこ良好な関係が続い

てると言っていいんじゃないかね♪ ゼロなのは彼と藤木だけど、その他

も意外なほど少ない。アクセス数が右上がりを続ける中、アレはまだ1ヶ月

に1回程度だから、まあまあじゃないかね。その程度なら、「ならぬ堪忍、

するが堪忍」。そもそも持久系アスリートは、寛容で我慢強いのだ。

   

何でそんな話をここで書いてるかって言うと、今、アレの1歩か2歩手前く

らいの反応が続いてるわけ (^^ゞ 読者には全く分からないことだけど、

こうゆう時、管理人は陰で色々と大変なのだ。ひそかに報われない努力

をしてると、つい喋りたくなってしまう。ただし、あくまで小声でね。。♪

     

    

        ☆          ☆          ☆    

話はガラッと変わって、自転車ワールドへ。去年も、開幕から1週間ほど

経った頃に、いつの間にかツール・ド・フランス開幕って記事を書いてる

けど、今年ももう1週間経っちゃったのか。早っ! 

         

平日はなかなか余裕がないから、1週間後の週末にならないと、なかな

かじっくり公式HPを見る気にもなれない。じっくり見なきゃいいじゃないか

と突っ込まれるかも知れないけど、フランス語が基本だから、サラッと読

むだけでも緊張しちゃうのだ (^^ゞ ツールは、単なる自転車イベントじゃ

なくて、語学の勉強の機会でもある。

            

都合のいい(?)ことに、公式サイトには日本語ヴァージョンがないから、

逃げ道は英語になる。ま、たまに「J sports」の日本語とかも参照してる

けど。何と正直なんだ!(笑)

      

ちなみに今年の公式サイトは、全面的にリニューアルしてて、最初「ア

レッ?」って感じだった。特に、コースのプロフィール(距離と高低差を表

す断面図)を背景にして、クルクルとペダルを回してた自転車選手のア

ニメが消えたのは残念! あれ、可愛いし、ちょっと物哀しさも漂ってて、

いい味出してたのに。。ま、今年の方が立派なのは確かだけどね。

      

    

        ☆          ☆          ☆

それでは、極東の島国でこっそりコピペさせて頂こう。どうせあちらは、日

本語を読めないだろうし、治外法権なのだ♪ ちなみに下図はうっかり英

語ヴァージョンのキャプチャーになってた (^^ゞ 仏語版はまた今度。。

        

120708

    

第8ステージ(8日目)の今日は、フランスのベルフォール(Belfort)から

スイスのポラントリュイ(Porrentruy)まで、中級の山岳コース、157.5

km。断面図の右側にある赤い縦線が、現在のトップの位置。左上は気

温17度と、風の時速20km(秒速5.6m)。

       

下側に並んでる数字は、125.8が現在の走行距離(km)、31.7が残

りの距離。43.2は平均時速43.2kmって意味で、このコースだと普通

の成人男性の3倍くらいの速さだろう。2h31minはそのまんま、2時間

31分のレースタイムではないはずだけどね。あれ? 後でまた調べてみ

よう。これじゃ、平均時速50kmになっちゃうわな (^^ゞ 

         

半ば理系のマニアック・ブロガーは、そうゆう所も流さずに計算するのだ♪

最初しばらくは、レースじゃなくてデモンストレーション走行だったのかね?

そんな情報、なかなか見当たらないけど。。ちなみに一番下側の自転車は、

先頭が1人、追いかけてるのが14人、大集団(プロトン)が続いて、最後

に遅れた集団がいることを表すもの。それぞれのタイム差もほぼ表示。

          

続いて、下は平面図。曲がりくねった白い線の左側がフランス、右側がス

イスだ。ひらがなの「し」の字を書くようにして走ることが、よく分かる。知ら

ない地名ばっかなのが辛い所だけど、赤丸の数字は峠のキツさを表すも

の。①が一番キツイ山登りってことで、今日のコースだと、ゴール手前にあ

る。美ヶ原の激坂というより、首都圏で有名な和田峠みたいなもんかも。

自転車好き以外の人には、まったくピンと来ない話かな♪    

          

120708b

   

      

         ☆          ☆          ☆

おっと、ツールの話を書くとやっぱ時間がかかるね。後はもう、今夜の走

りについて書くだけにしよう。

   

金曜の午後に左足首を捻挫して2日経過。ちょっとずつ良くなってるけど、

まだゆっくり歩くのも不自由だから、ランニングなんて論外。自転車のペダ

ルを踏むのもちょっと辛いけど、折角の梅雨の中休みだから、安全な公園

で軽く50kmだけ走ってみた。

            

まだビンディング(足先をペダルに固定する金具)は使ってないから、左

足は踵辺りでペダルを踏む感じ。これだと、足首はほとんど使わないん

だけど、ちょっと痛みはあって、ごまかしながら走り続けるハメになる。ま、

走らないよりはマシでしょ。

       

     

         ☆          ☆          ☆

それにしても、今日は梅雨前線が南下したおかげで、涼しかったね♪ 最

高気温26度、夜は23度だから、そんなに低い気温でもないし、湿度も高

かったのに、すごく涼しく感じた。この状態が秋まで続いて欲しいんだけど

な(笑)。ボトルは持ってたけど、水なんて全く欲しくなかったし、途中でトイ

レに行きたくなったほど。いや、ランニングと違って、自転車は風の天然

クーラーが強烈なのだ。もちろん、気温が高い時は逆に、ドライヤーの温

風になっちゃうけど (^^ゞ

     

結局、トータルではぴったし平均時速25km。捻挫した足での公園ランに

しては、まあまあじゃないかな。おまけに、心拍が超低い! やっぱ、私

の場合、暑い時と涼しい時で極端に違うね。ちなみに、レースは涼しい山

(信州・乗鞍)でやるから、夏でも爽やか。暑がりの私が本気で登っても、

あんまし暑くないのだ。一方、最大心拍でもたかが154。危ない走りで

飛ばしてるロードバイクを少し追いかけてしまった時(反省・・)。ま、向こ

うはすぐにいなくなったけど。

    

なお、今週はトータルで18042字。ま、2万字が続いてたから、こんな

もんでしょ。それでは、今夜はこの辺で。。☆彡

              

                               (計 2665文字)

| | コメント (0)

ε-δ論法における、∞(無限大)や発散の扱い方

当サイトではこれまで、関数の極限についてのε-δ(イプシロン・デルタ)

論法の記事4本、数列の極限についてのε-N(イプシロン・エヌ)論法

記事2本をアップ。かなりお堅い内容にも関わらず、地味なロングセラーに

なっている。

     

検索アクセスで使われたワード(単語)を見ると、時々「発散」という言葉が

入ってるので、以前から少し気になってた。と言うのも、ε-δ論法という

のは普通、x がある特定の数に近づく時、f(x)がある一定の数(有限確定

値)へと収束することを証明する方法だからだ。手元の参考書を複数チェッ

クしても、発散に関する話はごく僅かで、はっきりした証明は省略されてい

る。似て非なる話だが、x が∞(無限大)に増加していく時の極限も、ほとん

省略されてるのだ。

       

まあ、少し考えればすぐ分かる程度の話ではあるが、私自身も含めて、適

当にスルーしてる人は少なくないような気もする。実際、時々検索アクセス

も入ってるので、今日は簡単にその辺りの話をまとめてみよう。なお、この

記事は、普通のε-δ論法ε-N論法に関する基本知識を前提として

るので、その辺りから知りたい方は、以前の記事を参照して頂きたい。

        

    

        ☆          ☆          ☆

ではまず、数列の極限に関するε-N論法とほぼ同じものとして、関数

の極限に関する「ε-M論法」を見てみよう。x を制限するものとして、

小さな数δの代わりに、大きな数Mを用いるわけだ。この言い方は、な

ぜか(ほとんど)使われてないようだが、nに対してNを考えるのと同様、

xに対してMを考えるのだから、ε-M論法と呼ぶことにする。

      

それを言うならむしろ、x の大文字を使った「ε-X論法」の方がふさわ

しい気もするが、基本的な参考書としている杉浦光夫『解析入門Ⅰ』(東

京大学出版会)でMを使ってるので、それに合わせただけの話だ。

    

まず x→∞の場合の簡単な例として、次の極限を考えてみよう。システムの

制約上、limの書き方を少しだけ変えてあるが、意味はすぐ分かるはずだ。

      

     lim 1/x = 0 ( x → ∞)

   

これは、ε-M論法だと、「任意のε>0に対して、あるMが存在して、

x>Mならば|(1/x)-0|<ε」、ということを意味している。それを証

明するには、このMをεの関数として求めればよい。

        

まず準備作業として、x>0の範囲で、導くべき不等式|(1/x)-0|<ε

を変形すると、x > 1/ε。したがって、Mを1/εとすればいいことが分か

る。では一応、証明の形にまとめてみよう。

       

   

 (証明) 任意のε>0に対して、Mの値を1/εと決める。すると、

      x > Mならば、x > 1/ε  ∴ 1/x < ε

                       ∴ |(1/x)-0|<ε

      これで、題意の極限は証明された。

        

   

           ☆          ☆          ☆

続いて、関数が+∞へと発散する場合について。簡単な例として、次の極

限を考えてみよう。

     

       lim 1/x ² = +∞  ( x → 0 )

    

細かい話だが、『解析入門』ではこの種のlimを書く時、「x≠0」と書き添え

ることになっている。もし書き添えないのなら、x=0になる時も考える、とい

う立場なのだ。しかし杉浦自身も認める通り、普通は書き添えなくても x≠0

と考えるし、とりあえずここでの議論にとっては、枝葉の問題にすぎない。

だから上の式でも、x≠0 とは書き添えてないので、念のため。

     

この場合は、大きな数を示すMの使い方が変わって来る。先ほどは、

「x > Mならば・・・」という形で用いたが、今回は「・・・ならば f(x) > M

という形で用いるのだ。

   

つまり、「任意のMに対して、あるδ>0が存在して、0<|x-0|<δなら

ば 1/x ² > M」、となることを示せばよい。いわば「M-δ論法」による証

明だ。そのための準備として、まず導くべき不等式 1/x ² > M を変形し

てみる。

        

M ≦ 0 なら直ちに成立するから、M>0として、x ² < 1/M。つまり、

|x-0| < 1/√M。よって、δ=1/√Mと決めればいいことが分か

る。では一応、証明の形にまとめ直しておこう。

       

         

 (証明) 任意のM≦0に対してなら、直ちに1/x² > Mとなる。一方、

      任意のM>0に対しては、δの値を1/√Mと決める。すると、

        0<|x-0|<δならば、0<|x|<1/√M

                      ∴ 0< x ² <1/M

                      ∴ 1/x ² > M

      以上より、題意の極限は証明された。

     

     

          ☆          ☆          ☆

では最後に、x→∞ の時、関数 f(x) が+∞に発散する場合について。

極端に簡単な、次の例を考えてみよう。

        lim 2x = +∞  (x → ∞)

   

この場合、x と関数 2x、それぞれに対して大きな数を考える必要があるの

で、Mだけでは文字が足りない。右下の添字で区別してもいいが、ここでは

LとMを使って、「M-L論法」としておこう(逆に「L-M論法」でも同じこと)。 

       

すると、「任意のMに対して、あるLが存在して、x > L ならば 2x > M」、

を示すことになる。示すべき不等式 2x > M を変形すると、x > M/2 。

よって、L=M/2と決めればよい。では一応、証明の形にしておこう。

     

        

 (証明) 証明すべき極限の式は、

      「任意のMに対して、あるLが存在して、x > L ならば 2x > M」

      であることを示している。

      いま、任意のMに対して、LをM/2と決めると、

        x > L ならば、x > M/2  

              ∴ 2x > M

      よって、題意の極限は証明された。

         

      

         ☆          ☆          ☆

なお、-∞(マイナス無限大)が絡む場合、つまり x → -∞ とか、

lim f(x) = -∞の場合も、これまでと同様の議論で処理できるのは明ら

かだろう。

            

それに対して、いわゆる「振動」の場合(x→∞における sin x の極限など)

は、有限確定値に収束しない(つまりδが存在しない)ことと、正の無限大

や負の無限大へと発散しない(つまりLが存在しない)ことを示すわけだ。

   

とりあえず、今日はこの辺で終わりとしとこう。ではまた。。☆彡

       

    

      

cf. イプシロン・デルタ(ε-δ)論法による極限の定義

   ε-δ論法による極限の定理(線型性)の証明

   イプシロン・デルタ(ε-δ)論法の問題の解き方

   ε-N(イプシロン・エヌ)論法~数列の極限の定義と解き方

   ε-δ論法による基本定理の証明~関数の積の極限

   ε-N論法による基本定理の証明~数列の商の極限

      

                                 (計 2481文字)

| | コメント (8)

左足首を捻挫!、走るどころか仕事と生活が大変・・

通勤JOG 2km,12分程度

   

また、やってしまった。。あぁ~、怒りのやり場がない。。まあ、私も不注意

だし単なる不運もあるけど、「あいつら」が道をふさいでなきゃ、こんな事に

はならなかったのだ。「あいつら」って、ある程度は特定できる相手なわけ。

      

現場は、去年の秋、鉄柱に激突した場所の近く。これは偶然ではない。要

するに、狭い歩道が道の片側だけにあって、人通りがかなりある場所なの

だ。そこを小走りで駆け抜けようとすると、向こうから歩いて来る人とぶつか

りそうになるから、車道側に出れる場合はこっちが出ればOK。しかし、ガー

ドレールとかで出れない場合は、一瞬減速したり立ち止まったりすることに

なる。そうすると、向こうから来る人も端に寄ったりするから、何とか通り抜

けできるわけ。

     

ところが、今日は狭い歩道を3人横に並んで歩いて来た連中がいて、オマ

ケにまったく前を見ずに、お喋りに夢中になってる。逃げ場がないから、私

は減速しながら、相手の目線をチェック。エーッ、全くこっちを見ないのか!

・・って感じで、顔をしかめながら、歩道の左端ギリギリに軽くステップ。する

と、たまたまゴルフボールくらいの大きさでアスファルトがポコッと盛り上がっ

てて、そこに左足がのってしまったのだ。グキッ!! やってしまった。。

      

前も見ずに歩道をふさいで歩いて来たあいつらが悪いんだけど、まあ私も

ゆっくり端に寄ればグキッとなることもなかったはず。サッカーのフェイント

みたいな動きだったから、変な力が加わってしまったわけ。それにしても、

何なんだ、あの下手くそな舗装は! もしこの後遺症がずっと残ったら、行

政と業者を訴えてやろう・・・って、証拠も証人もゼロだけど。クレーマー失

格だね。。 (^^ゞ

      

   

          ☆          ☆          ☆

とにかく、その後はどんどん内出血が広がって、走るどころか歩くのも大

変。って言うか、立ってるだけでも足首の方に血流が行って痛むから、仕

事も帰りも大変だったのだ。今日、手摺りを支えにヨロヨロ階段を昇り降

りしてる男性社会人を見た人がいたら、確率1%で私だろう♪ 証拠の写

メを送って頂ければ記念品を贈呈・・・とか軽口とばしてる場合じゃない。

      

実は、仕事や移動のスピードが一気に落ちたから、いまだに今日やるべ

き仕事が終わってないのだ。ってことで、今夜はもうおしまい。。とだけ書く

と営業努力が足りないか♪ 別に営業じゃないんだけどネ。ま、いいか。。

     

   

         ☆          ☆          ☆

今夜どころか、明日も明後日もしばらく走れそうにないから、夜食をとりな

がら3週間ぶり(?)に美青年のラジオを聴いてみた(笑)。今夜のテーマ

は、『LOVE CHASE』(ラブ・チェイス)。「愛の追いかけっこ」とか言って

たけど、「愛を追いかける」とも読めるタイトルになってる。恋する相手と恋

そのもの、両方を重ねて追跡するゲーム。言葉としてはわりと男性的だと

思うな。もちろん、男性的にアグレッシブな女性も含めて。

      

発売されたばっかのアップテンポの曲を宣伝するってことで、心なしかテン

ション高めだった美青年♪ ダンス・ミュージックは確かに、大きめの音量

の方がいいね。ま、電車の中のシャカシャカは止めて欲しいけど。

          

ただ、夏はハイテンションで冬は小田和正っていうのも極端だよな。ほんじゃ、

『クリスマスの約束』とか、毎年しんみり見てたりして。ちなみにあれ、「眠り

姫」も好きとかいうウワサだ(笑)。って言うか、美青年、やっぱ時々「昭和」

が入ってる気がするな♪ お友達もリリーとか福山雅治とか、ドップリ昭和だ

し。亀梨和也との『青春アミーゴ』(修二と彰)だって、ビミョーに昭和の香りが

漂ってたもんね。

            

試しにさっき「ラブチェイス」で検索かけたら、美青年に続いて、昭和の歌姫

(?)、欧陽菲菲(オウヤン・フイフイ)が登場(笑)。ひょっとして、ワザとだっ

たりして。確か『青春アミーゴ』は、わざと昭和歌謡の香りを狙ったとかいう話。

      

それはそうと、美青年が自ら作詞・作曲したっていう、『LOVE CHASE』

のカップリング曲(通常盤)、『君と風と三日月』。わりといいかも♪ 作詞は

もう一人、手伝ってるようだけど、作曲はホントに一人でやったのかね。こ

れもどこか、懐かしい響きがあるんだよな。90年代前半とか。ってことは、

平成ブロガーはまだ幼かった頃かも知れない(笑)。

    

    

         ☆          ☆          ☆

で、来週はいよいよ、新アルバム・タイトルの「エロ」がテーマ。わざわざネタ

に出したくらいだから、好きな下着の色も公表してくれるんだろう。メーカー

さん、大増産の準備しといてね。ま、私は買わないけど。そりゃ当たり前か♪ 

ちなみに私自身は、シンプルで光沢のあるキレイな色が好きなのだ。ピンク、

パステル・グリーン、あるいはパールホワイトとか。聞いてない? あっ、そう♪

      

ま、トップ・アイドルといえども、27歳の男性。脳内メーカー(古っ!)で調べ

たら、頭の中は、「エロ エロ エロ 仕事 趣味 エロ」って感じのはず(笑)。

ひそかに本気で狙ってるそこの貴女(あなた)! 来週は録音&リピートで

必死に分析しなきゃね。目指せ、お持ち帰り&『FRIDAY』☆

     

ってことで、久々に「テンメイ 美青年」とかいう検索アクセスを期待しよう♪

硬派のマニアック・ブログがこんな運営でいいのかね (^^ゞ とにかく、まだ

お仕事しなきゃ寝れない状況なのだ。なお、今日の走りは、捻挫の前の通

勤ジョギング2kmのみ。あぁ、ランニングは2週間くらい無理かも。

それでは、また明日。。☆彡

    

                                (計 2232文字)

| | コメント (3)

夜型から朝型へ、生活リズムの切り替えに苦戦中・・

RUN 16km,1時間15分11秒,平均心拍157

     

あぁ・・・、もう熟睡してるはずだったのに、これからブログかよ。。(^^ゞ 眠

いし、蒸し暑いし、日焼けが熱いし。夏の恒例行事、ガマン大会だな。夏の

恒例が沖縄リゾート旅行だった頃が懐かしい。。ま、今の方がフツーで健

全な生活かも知れないけどね。フツーと幸せと満足、なかなかビミョーな関

係なのだ。おぉ、「深イイ」言葉かも♪

        

それはさておき、アップから丸2日経ったけど、相変わらずドラマ『はつ恋』

の記事へのアクセスが妙に多くて苦笑中。。まあ、7割くらいは単なる検索

サイトのイタズラなんだけど、3割はハマってる女性の多さを表してるんだ

ろう。ちなみに昨日から、「NHK はつ恋」でYahoo!検索すると、トップ

ページの下の辺りに、次のような表示か出てるのだ。

     

120705

     

「テンメイのRUN&BIKE」、イチオシ状態♪ って言っても、別に珍しい話

じゃなくて、たまたま(?)Yahoo!の「ブログ検索」で拾ってくれると、こん

な感じでフツーのウェブ検索でも紹介してもらえる。ただ、丸2日近く表示さ

れたままなのは珍しいし、これをクリックする人がこんなに多いのも珍しい。

なるほど、ああゆうのが大人の女性のツボなのか。メモメモ。次は、少女の

ツボも研究しなきゃね。コラコラ。。

          

    

         ☆          ☆          ☆

ブロガーの個人的なつぶやきに続いて、一般社会のネタを探すと、今日は

結構あるんだな。しかし隠れ将棋ファンの私としてはやっぱり、天才・羽生

善治の偉業を讃えたい。棋聖戦の防衛で、通算タイトル獲得数が81期。

大山康晴十五世名人を越えて、単独1位になったのだ。81回も優勝したっ

てことで、0回の棋士も多いことを考えると、神は不公平だね♪

    

しかし、一番上に立つっていうのも、ちょっと孤独だったり淋しかったりする

んだろうな。先日どこかで読んだけど(朝日新聞かな?)、将棋の道でどん

どん先に行くのはちょっとビミョーな所もある・・・って感じのことを語ってた。

ナンバーワンゆえの苦悩って所か。

         

将棋の場合、おそらく無限の変化はなさそうだから、研究が進むと「答」に

辿り着いてしまう可能性もある。そうすると、もう面白くないだろうし、当然コ

ンピューターにすべてインプットされてしまうから、人間はまったく勝てなくな

るだろう。棋士の地位や生活も危うくなるのだ。ま、羽生はもう一生寝てて

も生活できるだけの収入を得てるはずだけどね。昔の勝負師たちと違っ

て、あんまし無駄遣いもしてなさそうだし。

       

こうゆう事を書いてると、ついまた将棋をしたくなるんだけど、それは老後

の趣味として封印してるわけ。あまりに一般ウケが悪いしね。特に女性ウ

ケとか (^^ゞ 女性にウケるのは恋愛ドラマかダイエットネタか、あるいは生

足ブーム終了でストッキングが復権って話とか。夏なのにアツギで厚着っ

て感じ。寒っ。。

      

パンダ・ネタなんてのも女性向けかな♪ シンシン出産、上野動物園で24

年ぶりって、そんなに大変なのか。しかし、名前を「センセン」「カクカク」に

しろっていう石原慎太郎の皮肉は強烈だね。ま、中国側の同意が必要だ

から絶対無理とのこと。あそこは台湾も絡んでるから、まだ大変なのだ。北

方領土もまったく話が進展しないし。。あっ、いつの間にかまた、女性ウケ

の悪い話になってたわ (^^ゞ 男性ブロガーだから仕方ないのだ。。

                 

       

         ☆          ☆          ☆

で、今日のランニングについて。1週間ぶりだから、またハーフ21km以上

走りたかったのに、起きれなかったと言うか、ボーッとしてたら時間が無く

なってしまった♪ 早寝早起きだけでも、夜型人間の私にとって大変なの

に、早起きして蒸し暑い中を走るっていうのは無理があるね。自転車の方

が涼しいよなぁ・・とも思ったけど、たまにはランニングもしなきゃと思って

我慢。同じ持久系の有酸素運動でも、似て非なるものなのだ。

       

食べたり着替えたり、トロトロ準備してたら太陽が昇ってしまったから、やっ

ぱ止めようかなぁと思いつつ、渋々スタート (^^ゞ 往生際が悪いね。土日

の自転車のおかげで、太腿に筋肉がついてるから、不自然な走りだけど

自然にストライド(歩幅)が伸びる。往路は意外に早くて、気を良くしてたの

に、そこからすぐバテてしまった。

    

たった1周走った辺りで、早くもペースが落ちて、ジリジリと下がる珍しいパ

ターン。往路が早過ぎたし、予想以上に蒸し暑かったね。気温25度、湿度

90%くらい。それに加えて、苦手な日差しがあったから、お肌の弱い私は

ダメージを受けてしまった。朝ランだから日焼け止めは要らないや、と思っ

たのが失敗。いまだに腕と太腿がヒリヒリする。

    

心拍も高くて、汗もビッショリ。時間もないから、僅か16kmで終了。効率が

悪いなぁ。トータルでは1km4分42秒ペース。論外だね。これで平均心拍

157、最大心拍174まで行っちゃうって、悲惨だわな (^^ゞ ま、一応走っ

たし、別に故障もしなかったから、良しとしとこう・・・と書いとこう♪ 

     

朝走ったから、夜は他の事を色々とやってたんだけど、もう時間が無くなっ

たから、おしまい。それでは、また明日。。☆彡

    

    

 往路(2.45km)   11分45秒  心拍141  

  1周(2.14km)    9分54秒     154   

  2周           10分04秒     157           

  3周           10分01秒     161      

  4周           10分11秒     163

  5周           10分19秒     162    

  6周(0.4km)     1分57秒     164

 復路            11分01秒    162   

計 16km  1時間15分11秒 心拍平均157 最大174 (ゴール前)

               

                                 (計 2236文字)

| | コメント (0)

視聴率や視聴質とも関連、朝日新聞・夕刊「民意をつかむ」とか

暑い・・・って感じの、ワンパターンの出だしがピッタシ来る1日だったけど、

最高気温はまだ31度だし、夜の最低気温は21度だから寝苦しくもない。

去年くらいから気付いて来たけど、私の場合、夏の暑さの半分くらいは、

紫外線の影響みたいだ。

     

8月末のヒルクライムレースを目指して、夏は無理やり自転車に乗るから、

腕・脚・顔は日焼けするし、それ以外の部分も服を通して紫外線を浴びる

ことになる。UVカットの素材でも、紫外線をかなり通してるようで、繊細な敏

感肌の私は身体が火照って仕方ない。今週は、土日の自転車の影響で、

やたら身体が熱くて困ってる所 (^^ゞ 背中に日焼け止め塗るのも面倒だし、

シャツに日焼け止めスプレーをかけてみようかな。。

    

   

        ☆          ☆          ☆

さて、もう毎日やる事が多過ぎて、処理するどころか溜まる一方 (^^ゞ ど

うにもならなくなったから、今夜はランニングもせず、ブログも手抜きで済ま

せて、他の事に時間を回すことにした。特に、8月半ばまでは仕事が大変

だな・・とは思ってたけど、9月半ばにズレ込みそうな気がする。で、その後

は、1年で一番忙しい秋が続くわけ。正月も休みって感じがないから、お空

の上でゆっくり休むしかないのかも。オイオイ!

   

昨夜の思い付きのドラマ記事も、時間を使い過ぎて失敗だったなぁ・・と思っ

てたんだけど、妙にアクセスは多いし、身近でまた一人、『はつ恋』にハマっ

てる女性を発見できた。木村佳乃になり切ってるわけか(笑)。でも、「はつ

恋 木村佳乃」って感じの検索アクセスは全く入ってなかったりする。

         

NHKの『ドラマ10』って放送枠、たぶん他に見たことないし、思い付く作品

名と言えば『セカンドバージン』程度かな。いつも大人の女性向け恋愛ドラ

マをやってるのかと思って調べてみたら、それほど極端でもないんだね。

マニアック・ブロガーとしては、後で男女別の視聴率を調べちゃうかも♪ 

NHKはある程度まで、細かいデータも公開してくれてるのだ。

      

    

          ☆          ☆          ☆

おっと、また前置きが長過ぎて、書こうとした内容に到達できなくなっちゃっ

たわ♪ 今夜は、朝日新聞・夕刊で月曜からスタートしたミニ企画、『民意

をつかむ 米大統領選から』の話を書くつもりだったのだ。

   

はい、このタイトルを見てすぐパスしそうになったそこの貴女(あなた)♪

これ、消費増税や脱原発とも関係あるけど、テレビやドラマとも関係する

話なのだ。要するに、みんなの思い(=民意)をどうやって調べるかって

いう、最新の世論調査方法のお話。たまたま昨日、コメント欄のレスで、視

聴率調査の方法について書いた後だったこともあって、今日の夕刊の地味

な記事が目に留まった。意外と面白いから、月曜まで遡って読んだわけ。

        

まず、連載初回の月曜は、見出しが「属性・好みから選挙戦術」。ある調

査会社だと、180万人もの登録者の細かいデータを集めて、度々調査。

すぐに大統領選に反映させてるらしい。若者のオバマ支持率が低ければ、

直ちに若者向けの政策を出して、それを若い登録者に伝えるとか。日本

だと法律的にどうなのかね。選挙違反のような気もするし、露骨なやり方

が反感買いそうな気もするけど。

    

続いて2回目の火曜日は、見出しが「好感度測り演説に生かす」。演説

を見てる有権者がどう感じてるのか、リアルタイムで(?)表示するテレビ

番組があったらしい。パルス・ライン分析とか呼ばれるようで、使う測定器

は超単純。好感を持てたらダイヤルを右に回し、持てなければ左に回す。

目一杯回すと100という数値になるらしい。テレビ局も、選挙の陣営も使っ

てるとのこと。日本でも僅かながら測定例があるようだ。番組の途中で数

回、電話・FAX・メールで調査して集計する形なら、何度か見た気はする。

      

これ、ドラマの「視聴質」調査でやると面白いだろうね。いい場面でCMが

入ったら、みんな一斉に「-100」とか、キスシーン直後は「+80」とか。

残りの20ポイントは何の不満?って感じ♪ 

         

確か、去年の朝日新聞だと、日本の大学の一部でも似た器具を導入して

ると書いてあった。学生にとって、口で喋ったり手を上げたりするより、小

型の端末の反応の方が気軽だし、分析や表示も一瞬とか。ただし、費用

の問題もあって、まだ普及はしてないようだ。携帯やスマホも、一部では利

用してそうだね。

      

   

        ☆          ☆          ☆

そして3回目の今日(水曜日)は、見出しが「否定?肯定?つぶやき探る」。

要するに、ツイッター分析の話で、今年5月の米世論調査協会の大会でも

テーマの一つになったらしい。会議を紹介するつぶやきを大型画面に映し

てる写真が載ってた。う~ん、すごく通俗的に感じるね♪ ま、良し悪しは

さておき。

         

興味深いことに、大統領選候補者に対するメディアの論調は、少し否定

的といった程度なのに、ツイッターだと遥かに否定的なものが多いらしい。

気軽に突っ込みを入れてストレス発散してるってことかな。ドラマや映画

だと、また違う傾向になる気もするね。実際、私は時々、テレビ関連でツ

イッター検索を利用してるけど、肯定的ツイートの方がかなり多いと思う。

まあ、テレビの場合、嫌いなら見ないからって事情もあるのかも。

     

あるつぶやきが肯定的か否定的か、その分類が、人間とコンピューター

で違うって話もあった。人間は色んな情報を加味して判断するけど、コン

ピューターの自動処理だと表面しか見ないから、皮肉のニュアンスとかが

分からないらしい。まあ、あんましコンピューターに理解されるのも嬉しく

ない気がするけどね。人型ロボットなら、まだ許せるけど。特に、「人肌」

メイド・ロボットとか。コラコラ♪

     

という訳で、この程度書けば十分でしょ。昨夜、4000字以上書いた後だ

しね。それでは、今日はサラッとこの辺で。。☆彡

           

                                (計 2353文字)

| | コメント (0)

大人の女性がハマる恋愛ドラマ、NHK『はつ恋』♪

☆7月18日追記: 最終回のレビューをアップ。

      NHK『はつ恋』最終回&リハビリジョグ開始

    

   

          ☆          ☆         ☆

前にもつぶやいたように、ウチにはここ最近、「NHK 初恋」とか「はつ恋」

といった検索アクセスが増えてる。5年も前のドキュメンタリー、『初恋の人

を探したい』についての記事が、何で今頃人気なのかなと思ったら、同じ

NHKのドラマがヒットしてるから。単なる「ハズレ検索」だらけなのだ (^^ゞ

拍子抜けと言うか、ちょっと申し訳ないと言うか。。

           

先日まで、同じく大人の恋愛ドラマ『もう一度君に、プロポーズ』をレビュー

し続けたばかりだし、ホントはしばらくドラマはお休みしたい所なんだけど、

今夜は疲れで走る気もしないから、試しに『はつ恋』第6話を見ることに。

私の周囲でも人気みたいだし、実力派のベテラン脚本家・中園ミホの作品。

「Endless Kiss」っていうサブタイトルもちょっと気になったわけ。なぜか

『もう一度君に』最終回ではキスが無かったから、「エンドレスに続くキス」

を見たかったって部分もある♪

        

まったく物語を知らないから、先に公式HPで軽く情報をゲットしようと思っ

て、あらすじを第3話まで読んだ所で、21時58分。中途半端だけどそこで

止めて、テレビに向かうことにした。だから、イマイチ物語も登場人物も理

解できてないまま見ることになったわけ。終盤、緑(木村佳乃)のお父さん

が突然怒り出した所とか、エッ?って感じ (^^ゞ なるほど、そうゆう事だっ

たのか。はつ恋って、淡い思いだけじゃなかったわけね。。

   

    

          ☆          ☆          ☆

さて、お話よりまず気になったのが、主演の2人。私はあまりテレビを見

ない人間だから、どちらもかなり久し振りだ。三島役の伊原剛志を見るの

は、2004年のフジ月9『ラストクリスマス』以来のこと。いつオヤジギャグ

を飛ばすとのか、待ち構えてしまった♪ 失語症になった直後、初めて言

葉を出す時とか、チャンスだったと思うけどな(笑)。

           

木村佳乃は、06年のTBS『輪舞曲』以来かと思ったら、09年のテレ朝

『夜光の階段』で何度か見てたね。佐山(藤木直人)に殺されたんだった

かな・・・と思って、ウィキペディアのリンクから公式HPにアクセスしたら、

既に削除されてる (^^ゞ DVDや再放送もあるんだから、残しとけばい

いのに。サーバーの容量やコストを心配するほどのデータ量でもないは

ずだけど、写真の肖像権の問題とか、大人の事情が絡んでるのかね。

          

で、いよいよドラマの内容について。難病のヒロインを直したスーパードク

ターの元彼が、脳出血で失語症になって、逆に言語聴覚士のヒロインの

リハビリを受ける。う~ん、昼ドラマと言うか、韓国ドラマと言うか。映像的

にも、私が唯一知ってる韓流、『冬のソナタ』を思い出しながら見てた。あ

れもNHK。そう言えば冬ソナのヒロイン、チェ・ジウは、『輪舞曲』で木村

と共演してたね。当時は人気絶頂だったし、竹野内豊ファンも色々心配し

てたかも♪

         

言語聴覚士とか言われてもピンと来なかったけど、緑=木村はどこに所

属してるのかね。まるでフリーでやってるように見えたな。臨床心理士の

知り合いは以前、週に何度か病院に行く契約になってるとか言ってた。

あっ、ウィキを見ると、緑は「富士峰リハビリセンター」なのか。故郷の実

家の散髪屋(?)近くで働いてるってことかね。

   

とにかく、三島=伊原は大好きなオヤジギャグを飛ばすことも出来ずに、

ストレスが溜まる日々♪ 代わりに、周囲が軽いボケをかまして、軽く笑

いを取ってた。

       

広瀬(カンニング竹山)が、唐揚げ弁当差し入れを「やり直し」するシーン。

あるいは、緑の旦那・潤(青木崇高)が、部下の桃子(森昌子じゃなくて藤

澤恵麻)の告白を受けた後の反応とか、突然なだれ込んでジャマした保

険セールスおばちゃん(?)2人とか。分かりやすいキャストでベタだけど、

あの手の女性は確かに実在する。意外なほど大勢(笑)。

         

     

         ☆          ☆          ☆

そもそも、舞台がどこなのかも、しばらく分からなかったんだけど、あれは

故郷の沼津(?)が中心だったのかな・・・と思ってウィキを見ると、ロケ地

は富士宮市だから合ってるか。静岡だから、男の名字が「三島」ね♪ 分

かりやす過ぎ! 

          

折角だから、もうちょっと風景の美しさを強調すれば良かったのに。もう、こ

れまでの回で映してるのかな。リハビリセンターの庭に面した場所とか、綺

麗だったね。直後のカラオケルームはケバイけど♪ 大竹まことも、数年

ぶりに見た気がする。流石にちょっと枯れて来たのか、あるいは言語障害

の患者だからそう見えたのかも。クセのあるあのキャラ、私は結構好きな

のだ。彼、頭も回るし、口も達者だし。

   

しかし、今期見てた『もう一度君に』がいい人だらけだったから、悪役とか

露骨な嫉妬とか、新鮮で「いいね」。理解を示そうと無理して頑張ってたの

に、我慢できなくなって来た緑の旦那とか、チクった部下の女とか。ある

いは、東都医科大学(これまた分かりやすい名前♪)で三島をダメ扱いし

てた白衣の上司2人とか。

           

三島の元・妻、幸絵(サトエリ=佐藤江梨子)も、もうちょっとトゲとか屈折

があった方がいい気もする。ま、所属事務所の社長に突然の不幸があっ

た直後だから、元気がないってことか。ナイスボディのサービスもゼロだっ

たし。あっ、視聴者が女性だから、サービスにならないのか♪

         

    

          ☆          ☆          ☆

ところで、肝心の「Endless Kiss」。寝不足の私が居眠りして見逃したの

かと思って、念のためにツイッター検索もかけたけど、やっぱり今回はキ

スしてないはず。

             

という事は、サブタイトルはメタファー(比喩)ってことか。つまり、愛し合う

2人が口と口で熱い思いを交わし続ける行為。要するに、延々と続く失語

症のリハビリ自体が「エンドレス・キス」って意味ね。ま、緑が三島の手を

優しく握るシーンはあったから、ホントは凄い行為があったのに編集でカッ

トされたのかも。コラコラ♪

   

ちょっと惜しかったのが、公民館(?)のピアノのシーン。セピア色(または

GOLD)の光を背景に、ピアノと回想を交えて美しく撮ってたのに、フタ(笑)

を開けたグランドピアノになってなかった。リハビリか検査の時のピアノの

絵と合わせるべきだと思うけどな。まあ、高校時代の映像と合わせる方を

優先したってことかね。フタを開けると、演奏する姿を正面から写しにくいし。

   

あの時、三島が「・・どり」とだけ言ったのがまた、私には不思議だったの

だ。当然「み・・ど・・り」って感じの台詞を入れるべきなのに、言葉が不自

由だからかなと思ってたら、実は「ドリ」が緑の愛称だったってことかな。

道理で妙に、緑が動揺してると思ったわ。

   

しかし、発話が不自由なだけなんだから、あそこは普通の男ならキュッと

抱き締める所だけどね。ま、国営のNHKだから、人妻との不倫はダメっ

てことか♪ あるいは、前回か前々回に既にそうゆうシーンがあったから

とか。次はもう、最終回ってことで。エンディングは2人がエンドレスにキス

して朝を迎える一方で、旦那は息子と2人で淋しく朝食。淋し過ぎるから、

夜はオフィスで負けずに部下と不倫。おばちゃん達に見つかった所で終

了とか(笑)。

          

      

         ☆          ☆          ☆

お遊びモードで色々書いて来たけど、なるほど、大人の女性のハートをつ

かむドラマだな、とは思った。シンプルで分かりやすい構成で、過去から現

在へと続く思いをじっくり描いてる。BGMも映像も落ち着いてて、全体的

に音が静か。無音のシーンの多用が心に滲み入って来る感じ。

   

私も、見てる分にはいいと思うけど、真面目にレビューするのは難しい。桜

のイメージの女子高生は可愛いんだけど、制服のスカートが長過ぎるのだ。

そこかよ! いやいや、ウチはマニアック・サイトだから、もうちょっとクセ

がないと書けないのだ。例えば、同じ大人のドラマでも、『もう一度君に』に

挿入された童話とか、『最後から二番目の恋』に漂ってた死の香りとか。

         

まあ、『やまとなでしこ』は好きだったし、脚本家・中園ミホの健在も確認で

きて良かったと思う。一番気に入ったのは、エンドロールの幻想的ダンス

映像。あれ、しばらく前に朝日新聞で話題になってたから、期待してたん

だけど、ホントに美しかったね。ダンスは、見るのも踊るのも好きなのだ。

ストリート系のスクールにも通ってたことがあるし。1ヶ月だけ (^^ゞ。

   

あっ、朝日デジタルで検索すると出て来た。6月19日の朝刊か。言葉に

できない思いや揺らぎをダンスで表してるとか。背景は初恋の象徴、富士

山。ダンサーは鹿島聖子。「コミュニケーションダンス」とも言える「CI(コン

タクト・インプロビゼーション)」を推し進める国際派ダンスグループの一員

とのこと。踊りの映像と同様、高尚なアートの香りが漂ってる女性だ。

    

そのエンドロールで流れる主題歌「恋は終わらないずっと」(MISIA)は、

『やまとなでしこ』の主題歌『Everything』と比べると、ちょっと大人しい印

象かな。しかし、どっちもストレートなタイトルだね。

         

ってことで、まだ見てない大人の女性にはお勧めのドラマだった。ミステ

リーとか、事件ものが全盛の今、こうゆうドラマには頑張ってもらいたい

もんだね。それにしても、携帯とPCが無かったら、完全に昭和のドラマ。

平成ブロガーにとっては新鮮だったかも(笑)。

   

    

         ☆          ☆         ☆

ところで最近は、実名のSNS(ツイッター、facebook)を通じて、昔好き

だった人と再びつながる例も増えてるようだけど、中園ミホは冷静にこう

語ってた。「自制する自信がない人は、ツーショットでは合わないほうがい

い。全部失って、人でなしになる覚悟がある人だけが、先に進んでいいの

だと思います」(ネットで見た『女性セブン』の記事、7月12日号)。

   

逆に言うと、全部失った後の人や、元から人でなしの女性なら、ズブズブと

ハマっていいのだ♪ なお、ネットで発見できない人がどうすればいいか

については、下のリンクの記事をご覧あれ。「初恋の人探します社」が、貴

女(あなた)の手助けをしてくれるだろう。調査費用の5%が私に入る契約

になってるのだ。コラコラ。

         

瀬戸内海の男性なら、私だったりして。ドキドキ(笑) それでは。。☆彡

              

   

cf. 記事の準備だけで終わった夜、あとはアレとか♪ 

                          (『はつ恋』第7話の感想など)

   NHK『はつ恋』最終回&リハビリジョグ開始

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   過去への思いを胸に生きること~NHK『初恋の人を探したい』

    

                               (計 4250文字)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

久々に2日連続の自転車、小雨が気持ちいい♪

(1日) BIKE 60km,2時間16分,平均心拍137

(2日) 通勤JOG 6km,18分程度

     

あ~、月曜は毎週疲れる。。フツーでも仕事と通勤ジョギングで疲れるの

に、今日はまた一段と疲れることがあったのだ・・・とだけ書いとこうか。ホ

ラ、またアレなのよ。2、3ヶ月に1回のあれ。私は周期が長いのだ♪ い

や、単なる軽口で書いてるんじゃないから、分かる人だけ分かってくれれ

ばOK。ホントに疲れるネ。あれは。。

     

ま、それはさておき、今日は書きたいネタが溢れてて、困っちゃうほど♪

眠気と疲れが無ければ、かきまくる所だけど(ひらがな・笑)、残念ながら

余裕がないから、まず一番ゆるい「ミクロネタ」からコメントしとこう。

     

   

         ☆          ☆          ☆

3流メディアに徹して、ある意味頑張ってるJ-CASTが、また笑わせてくれ

た。同じネタでも、ガジェット通信よりマシな記事だ。「女の子が全裸に見え

る『透けるカメラ』」♪ もちろん、エロネタとして笑ったんじゃなくて、バカバ

カしさに笑ってしまったわけ。スマホ用の170円のアプリなんだけど、当然

(?)まったく透けないらしい。透けてない写真まで載せてた(笑)。

     

ちなみに、「透けるカメラ」というものが無いわけじゃないし、技術的にも少

しは可能みたいだ。私もかなり前に、その種の写真を見たことがあるけど、

水着だったかな、ホントに少しだけ透けて見えた。でも、倫理的問題以外

に、そもそも面白くも何ともない写り。色もすごく変だし、ハッキリ言ってこ

れなら、普通の服の写真の方が遥かにいいだろと思ったほど。今回はカ

メラじゃなくアプリだから、単なる悪ノリの詐欺的商品みたいなもんだろう。

       

私がその記事に食いついたのは、奇妙な宣伝文句の効果も大きかった。

  「透けて見えるあたかも女の子は全裸です」♪

  

「見える」の後に「。」を入れ忘れたのだとしても、「あたかも」という言葉

の使い方が変。フツーの日本語に直せば、「女の子がまるで全裸みた

いに透けて見えます」だろう。ただ、外国風の不自然な日本語の面白さ

を狙ってわざとそう書いたのなら、なかなか高級テクだとは思う。実際、

私は見事に「釣られて」しまったしネ (^^ゞ

     

     

        ☆          ☆          ☆

あぁ、また前置きが長くなって、本文が書けなくなってしまった。。本当は、

昨日に続いて、朝日新聞の面白い記事をネタにしようと思ったのだ。時間

が無くなったから、予定変更でサラッと終わらせよう。自転車のネタだけ

でも、私が以前ずっと出場してたツール・ド・美ヶ原2012と、ツール・ド・

フランス開幕があるんだけど、今夜はもう自分の話で終了。

          

昨日の日曜日も、土曜に続いて早起きに失敗 (^^ゞ 予定より大幅に遅れ

て出発すると、すぐにポツリポツリと小雨が降って来た。マニアックな私の

ことだから、出発直前まで、ピンポイント予報2つと雨雲情報とXバンドMP

レーダーの画像をチェックしてたんだけど、僅かな小雨までは分からなかっ

たわけ。

   

まあでも、本降りになるとは思えなかったし、気温が高めだから寒くもない。

不愉快どころか、適度に涼しくて気持ちいいほど。ミストシャワーみたいな

もんだろう。「ミスト(霧)じゃないだろ!」って突っ込み、どうもどうも♪ 呼

び方はともかく、小雨のおかげなのか、土曜日と違って人が少なめだった

のも嬉しかった。

          

前日は、前をふさがれる度にストップ&ダッシュの繰返しで、高校陸上部

時代のショート・インターバル(短めの緩急走)みたいだったもんね。しん

どいのはトレーニングだからいいとして、ブレーキ・シューがちびるのが

嫌なのだ。セコっ♪ って言うか、買いに行って自分で交換するのがダ

ルイわけ。ああゆう作業を苦にしない自転車好きは少なくないけど、私

はすべてメカニックに任せたいほどだ。プロ・レーサーかよ!

          

  

         ☆          ☆          ☆

話を小雨に戻すと、少しずつ天気が崩れて行ったのは予報通りで、流石

にちょっと不安になったから、70kmの予定を60kmに変更。途中、非

常に珍しいことに、なぜか同じ自転車に2回抜かれて、しかも相手は何

と、高齢者。。(^^ゞ 

              

一応、個人情報は保護するけど、スピードだけじゃなく、車間距離や対人

間隔の面でもかなり危険な走り方で、追走し続ける気にもなれなかった。

心拍的にはまだ166だったから、その気になれば抜き返せたけど、あれ

はもうヤバイね。横から一言、注意しそうになったほど。

          

ともあれ、多摩川・上流側の最低単位、60kmを無難にこなして、小雨

も気持ち良かったし、満足満足♪ ま、何も後始末をしてない自転車の

側は不満かも (^^ゞ 先月がかなり少なかった分、今月は序盤から頑張

るとしよう。

      

なお、今日のランニングは、ゆっくりめの通勤ジョギング6kmのみ。流

石に太腿が疲れてた。それでは、もう眠いからこの辺で。。☆彡

      

                              (計 1949文字)

| | コメント (0)

12年6月の全走行距離&心の国ブータンの金と物欲

(30日) BIKE 71km,2時間48分,平均心拍132

   

朝日新聞・朝刊の長期大型企画、「カオスの深淵」はいつ読んでも面白い。

今日(7月1日)から始まった新シリーズは、ハッキリ書いてないが、「立ちす

くむ税金」というテーマでの5回連載だろう。もちろん、日本の消費増税を念

頭に置いた企画だ。

      

初回の今回は、1面トップから2面全体に続く大きな扱いで、トップの見出

しは、「物欲を税で抑える幸せの国」。適度に刺激的で正確な、上手い表現

だね。記者は西本秀、内容はもちろん、ブータンだ。トップには小さく、あの

イケメン(?)のブータン国王が自転車に乗ってる写真が掲載されてる。ヘ

ルメットとサングラスはちゃんと身に付けてるけど、膝を出してる辺りがあの

国王らしい♪ 「車に乗らない日」の初日のアピールとの事だ。

          

ブータンと言えば、去年の秋に国王夫妻が来日して、小国にも関わらずか

なり話題になってた。王妃ペマが美しくて、国王も感じのいい外見だったの

が大きいと思うけど、「幸せの国」とか「国民総幸福」っていうキャッチフレー

ズも上手かった。

      

この「幸せの国」という呼び方。05年の国勢調査で、97%(!)が「はい」と

答えたことによるものらしいけど、質問や手法を変えて10年に調査すると、

経済や健康などから「幸福」と判断されたのは41%に留まったとのこと。そ

れなら、世界的に見てフツーだろう。日本とも大差は無いんじゃないかな。

   

ま、私自身は、自分が幸福とも不幸とも思ってないけどね (^^ゞ ただし、「人

生、面白いですか?」と聞かれれば、「はい」と答える。不満だらけだけど、

退屈だけは全くしてないのだ♪ しかし、面白がることが可能なのは、やっ

ぱり心身が健康だからだろうね。少なくとも、表面的には。。

     

    

         ☆          ☆          ☆

話をブータンの記事に戻すと、経済が少しずつ成長して、テレビ放送やネッ

トが解禁されたことで、人々の消費欲に火がついてしまったらしい。ローン

頼みでインドから輸入が続いて、支払う外貨・インドルピーが底をつくあり

さま。政府は仕方なくインドの銀行から借金してるけど、金利10%とのこと。

経済成長率は7%程度みたいだから、この金利は重いし、元金も重い。

        

そもそも、精神的豊かさから物質的豊かさへ向かう動きは、仏教国として

も静観できないわけで、仕方なく税金をアップして抑え込もうとするものの、

首相でさえ、物欲のコントロールは無理だと諦めてるようだ。「民主主義だ

から、最後は人々の選択だ。政府は国民に、立ち止まって考えるよう訴え

るしかないんだ」。

        

具体的には、車の登録台数が5年で倍増して65000台超。人口は70万

人。去年の交通事故死100人超は、日本に換算すると18000人に相当

するから、かなり悲惨だ。首都ティンプーにはいまだに信号機も整備されて

ないらしい。で、最近の増税決定後の税率は、大型車が最大70%、それ

以下は最大55%。と言っても、買ってるのは裕福な人達だし、あまり抑え

込みの効果は期待できそうにない。

      

他には、輸入品が並ぶ大型スーパーの開店とか、マンション開発、クーラー

など。クーラーって、日本よりかなり気温が低いはずなのに、単なるリッチ

願望じゃないのかね。夏の最高気温でさえ、30度になることは少ない国

なのだ。冬用のエアコンの間違いなのかも。

     

    

          ☆          ☆          ☆

国全体で見ると、所得税の課税最低限の10万ヌルタム(約15万円)に到

達するのは、労働人口の1割。それなのに国民総幸福を目指して教育や

医療を無料にできるのは、インドなど外国の援助が大きいようだ。約450

億円の予算の内、税収と援助が約4割。残りは国債かな。

   

水力発電でインドに電力を売って儲けてるって話は、前に調べてたんだけ

ど、今現在は援助の方が遥かに大きいから、発電用ダムを続々と建設中

で、2020年の自立が目標とか。巨額の設備投資や安全対策、自然保護

は大丈夫なのかね。

   

他に、インド人の出稼ぎとか、職業格差、農村と都市の格差とか書こうと

思ったら、字数制限が来てしまったからここで終了 (^^ゞ

    

   

          ☆          ☆          ☆

最後に、昨日は昼間の暑い中、多摩川&浅川で自転車71km。その結

果、6月の全走行距離は、

        RUN 168km ; BIKE 142km

     

少ない! ただ、ランは長めの距離が多かったし、6月に2回自転車に乗っ

ただけでも3年ぶり(笑)。ツール・ド・美ヶ原に出なくなって以降、ダメだね。

今日がレース日で、ツール・ド・フランスの開幕日とも重なったわけか。

   

なお今週は計20000字となった。ではまた ☆彡

                                 (計 1860文字)

       

120701a

         

    

120701b

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »