« 未来を「一から」創り出すこと~小阪淳・高橋源一郎・平川秀幸「論壇時評」(朝日新聞・12年6月) | トップページ | 久々に2日連続の自転車、小雨が気持ちいい♪ »

12年6月の全走行距離&心の国ブータンの金と物欲

(30日) BIKE 71km,2時間48分,平均心拍132

   

朝日新聞・朝刊の長期大型企画、「カオスの深淵」はいつ読んでも面白い。

今日(7月1日)から始まった新シリーズは、ハッキリ書いてないが、「立ちす

くむ税金」というテーマでの5回連載だろう。もちろん、日本の消費増税を念

頭に置いた企画だ。

      

初回の今回は、1面トップから2面全体に続く大きな扱いで、トップの見出

しは、「物欲を税で抑える幸せの国」。適度に刺激的で正確な、上手い表現

だね。記者は西本秀、内容はもちろん、ブータンだ。トップには小さく、あの

イケメン(?)のブータン国王が自転車に乗ってる写真が掲載されてる。ヘ

ルメットとサングラスはちゃんと身に付けてるけど、膝を出してる辺りがあの

国王らしい♪ 「車に乗らない日」の初日のアピールとの事だ。

          

ブータンと言えば、去年の秋に国王夫妻が来日して、小国にも関わらずか

なり話題になってた。王妃ペマが美しくて、国王も感じのいい外見だったの

が大きいと思うけど、「幸せの国」とか「国民総幸福」っていうキャッチフレー

ズも上手かった。

      

この「幸せの国」という呼び方。05年の国勢調査で、97%(!)が「はい」と

答えたことによるものらしいけど、質問や手法を変えて10年に調査すると、

経済や健康などから「幸福」と判断されたのは41%に留まったとのこと。そ

れなら、世界的に見てフツーだろう。日本とも大差は無いんじゃないかな。

   

ま、私自身は、自分が幸福とも不幸とも思ってないけどね (^^ゞ ただし、「人

生、面白いですか?」と聞かれれば、「はい」と答える。不満だらけだけど、

退屈だけは全くしてないのだ♪ しかし、面白がることが可能なのは、やっ

ぱり心身が健康だからだろうね。少なくとも、表面的には。。

     

    

         ☆          ☆          ☆

話をブータンの記事に戻すと、経済が少しずつ成長して、テレビ放送やネッ

トが解禁されたことで、人々の消費欲に火がついてしまったらしい。ローン

頼みでインドから輸入が続いて、支払う外貨・インドルピーが底をつくあり

さま。政府は仕方なくインドの銀行から借金してるけど、金利10%とのこと。

経済成長率は7%程度みたいだから、この金利は重いし、元金も重い。

        

そもそも、精神的豊かさから物質的豊かさへ向かう動きは、仏教国として

も静観できないわけで、仕方なく税金をアップして抑え込もうとするものの、

首相でさえ、物欲のコントロールは無理だと諦めてるようだ。「民主主義だ

から、最後は人々の選択だ。政府は国民に、立ち止まって考えるよう訴え

るしかないんだ」。

        

具体的には、車の登録台数が5年で倍増して65000台超。人口は70万

人。去年の交通事故死100人超は、日本に換算すると18000人に相当

するから、かなり悲惨だ。首都ティンプーにはいまだに信号機も整備されて

ないらしい。で、最近の増税決定後の税率は、大型車が最大70%、それ

以下は最大55%。と言っても、買ってるのは裕福な人達だし、あまり抑え

込みの効果は期待できそうにない。

      

他には、輸入品が並ぶ大型スーパーの開店とか、マンション開発、クーラー

など。クーラーって、日本よりかなり気温が低いはずなのに、単なるリッチ

願望じゃないのかね。夏の最高気温でさえ、30度になることは少ない国

なのだ。冬用のエアコンの間違いなのかも。

     

    

          ☆          ☆          ☆

国全体で見ると、所得税の課税最低限の10万ヌルタム(約15万円)に到

達するのは、労働人口の1割。それなのに国民総幸福を目指して教育や

医療を無料にできるのは、インドなど外国の援助が大きいようだ。約450

億円の予算の内、税収と援助が約4割。残りは国債かな。

   

水力発電でインドに電力を売って儲けてるって話は、前に調べてたんだけ

ど、今現在は援助の方が遥かに大きいから、発電用ダムを続々と建設中

で、2020年の自立が目標とか。巨額の設備投資や安全対策、自然保護

は大丈夫なのかね。

   

他に、インド人の出稼ぎとか、職業格差、農村と都市の格差とか書こうと

思ったら、字数制限が来てしまったからここで終了 (^^ゞ

    

   

          ☆          ☆          ☆

最後に、昨日は昼間の暑い中、多摩川&浅川で自転車71km。その結

果、6月の全走行距離は、

        RUN 168km ; BIKE 142km

     

少ない! ただ、ランは長めの距離が多かったし、6月に2回自転車に乗っ

ただけでも3年ぶり(笑)。ツール・ド・美ヶ原に出なくなって以降、ダメだね。

今日がレース日で、ツール・ド・フランスの開幕日とも重なったわけか。

   

なお今週は計20000字となった。ではまた ☆彡

                                 (計 1860文字)

       

120701a

         

    

120701b

|

« 未来を「一から」創り出すこと~小阪淳・高橋源一郎・平川秀幸「論壇時評」(朝日新聞・12年6月) | トップページ | 久々に2日連続の自転車、小雨が気持ちいい♪ »

「ランニング」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 未来を「一から」創り出すこと~小阪淳・高橋源一郎・平川秀幸「論壇時評」(朝日新聞・12年6月) | トップページ | 久々に2日連続の自転車、小雨が気持ちいい♪ »