« 記事の準備だけで終わった夜、あとはアレとか♪ | トップページ | いじめの定義と、小学校の思い出~テンメイ回想録8 »

つぶやきモードで、ダルの筋トレ論&『タテ社会の人間関係』

今日はもう、ブログ記事を書く余力が無い。って言うか、もう既に1600字

近く書いてるのだ。アップから4ヶ月後に、またツイッターやfacebookで紹

介して頂いた、甲状腺被曝記事への加筆が600字弱。『もう一度君に』視

聴率記事のコメント欄のレスが1000字。どっちも手間ひまかけてるから、

文字数以上に時間と精神力を使ってる。特に放射線関連は、正確さにも

表現にも、繊細な配慮が必要なのだ。

    

ってことで、今日はもうおしまい・・・と書きたい所を粘るのが、持久系アスリー

ト・ブロガーってもの♪ いや、ブログに時間かけ過ぎだから、ホントはまた

軽く自転車に乗りたかったんだけどな。まだ左足首の捻挫でヨロヨロ歩きの

状態だから、普段走り回ってる私としては超運動不足なのだ。それどころか、

ストレス発散のために、いつも以上に食べちゃったりしてる (^^ゞ あぁ、ホン

トに大失敗だった。。

      

   

         ☆         ☆          ☆

で、じゃあ粘って何をつぶやくのか。コネタやミクロネタは豊富なんだよな♪

まず、我が道を行く大物、ダルビッシュ。折角ギリギリで選ばれた大リーグ

のオールスター・ゲームは、残念ながら登板機会が無かったらしいけど、そ

れより気になったのが、筋トレに関する発言。日本の野球界で、筋トレに対

する冷たい見方があることを痛烈に批判してるのだ。

   

  「体が違うのではない。こっちはそもそも(日本とは)トレーニングの

   内容が違うから、(選手の身体は)でかい。日本人は単純に、トレー

   ニングをしないから」。

    

  「筋肉がついたら体が重くなるとか、動きが悪くなるとか、訳の分か

   らないことを言う人がいる。だから抜け出せない。日本はそういう

   変な固定観念に縛られすぎて、全く野球が伸びていない。ここ何

   十年も・・・」。

                            (スポニチ,7月11日)

   

内容のポイントは昔からある話だけど、言い方が強烈だね。飛び抜けた

実績と人気があるからこそ言える言葉。ここ何十年ってことは、エリート

集団である野球選手を、1万人以上もバッサリ斬り捨てたことになる♪

        

   

         ☆          ☆          ☆

しかし、確かにこの手の話は、昔から聞き覚えがあるな。たとえば、代表

的な反論は、「普通のトレーニングの中で必要な筋肉をつければ十分だ」っ

て感じの主張だろう。しかし今現在、野球界でホントに筋トレを避けてるの

かね? ダルが言いたいのは、まだまだ足りないってことかな。あるいは、

個人的にかつての自分のコーチ達を批判してるとか♪

      

大きくみると、スポーツ界全体で、筋トレは着実に増えてるし、定着してる

と思う。スピードが重要なものだけ見ても、男子短距離も格闘技も筋肉モ

リモリ。サッカーも結構やってるはず。それどころか、女子マラソンの野口

みずきだって、バーベル上げてる所がテレビに映ってたほど。

   

ちなみに私自身は、ここ数年ほとんどやってないけど、その前は数年、週

に1、2回、ジムで自転車用の筋トレやってたし、高校卒業後1年くらいは、

ベンチプレス(仰向けに寝て行う練習)でバーベルを持ち上げたりもしてた

(格闘技向け)。高校陸上部時代も、器具を使わないスクワットや腹筋・背

筋・腕立て伏せは結構やってて、それなりにマッチョだったのだ。当時はす

ぐ上半身裸になってたもんね。今思えば、かなり恥ずかしいかも。。(^^ゞ

    

   

         ☆          ☆          ☆

あぁ、ほんの前置きのつもりが、結構書いてしまった。仕方ないから、もう

一つだけ簡単に書いて、おしまいにしよう。

   

さっき、お蕎麦を食べながら、居眠りモードで昨日(7月10日)の朝日新聞・

夕刊を見てたら、ちょっと興味深い話が書いてあった。昔の有名人へのイ

ンタビュー企画かな。「時の回廊」シリーズで、今回の見出しは、「中根千枝

 『タテ社会の人間関係』」、「場を重んじる構造 今も」(聞き手は編集委員

・村山正司)。女性で初めて東京大学教授になった社会人類学者で、2001

年には文化勲章受章。

   

表題の本(1967年)は100万部突破のベストセラーで、十数カ国の外国

語版も出たらしい。ところが、肝心の「タテ社会」という概念はしばしば誤解

されてるとの事。タテとは、上意下達や権力構造とは別物だし、そもそも「タ

テ社会」という言葉も編集者がタイトルに付けただけで、本文では使ってな

いそうだ。

    

   

         ☆          ☆          ☆

「社会構造」、つまり社会に内在する、個人と集団の間の変わりにくくて基

本的な関係を分析する際、彼女が設定した概念が、「資格(属性)」と「場」。

たとえば、記者が資格で、新聞社が場。

  

どんな社会にも、資格と場の両方があるけど、日本では場の共有が非常

に重視される。「ウチの会社」、家(イエ)、村(ムラ)など。しかも、様々な場

を通じて、共通性も見られる。一方、インドやイギリスでは資格が重要で、

例えばカーストや階級も資格によるもの。

      

さて、日本のように場が大事な社会では、集団参加の新旧が重要であっ

て、そこから生じる上下の順番のつながりを、「タテ」と呼ぶ。入社の年次、

会合の席順などの儀礼的なシステム。当然、出身校の同窓会の卒業年

度とかも、そうだろう。

           

タテの序列を守る傾向は自然に現れる、という説はいいとして、集団の排

他性を招くという流れには、二重の理由がありそうだ。まず、集団の外か

ら見ると、集団内のタテの関係は分かりにくくて厄介だから。また、外から

集団に近づくと、タテ関係の一番下あたりに位置づけられてしまうから。

       

重要なのは、「タテ関係は権力行使とは必ずしも相関していません」という

点。タテのトップは単なる順番であって、権力行使につながる実力は、むし

ろ中堅が持ってる方が多いとのこと。大企業を考えると、そうでもない気が

してしまうけど、イエやムラなら確かにそんな気がする。

    

逆に、資格による集団では、実力者がトップに出やすいし、極端な独裁も

可能になる。結局、場が大事なタテ社会が上下の権力行使に結びつくと

は限らないし、むしろ資格による集団(ヨコ社会?)の方が権力行使と結

びつくかも知れない・・・等々。

    

   

         ☆          ☆          ☆

知的刺激に富む話だけど、疑問も湧いて来る。タテ社会が必ずしもタテの

権力行使につながらないとしても、つながりやすいのは事実ではないか。

   

一方、資格を重視する集団というもののイメージがつかみにくいのも気に

なる。カーストや階級だけ例に挙げられても、遥かに疎遠な世界だし、同

じ資格の者が集まった集団の中で、本当に実力差が最重要視されてるん

だろうか。元に戻って、場を重視する集団の中では、本当に集団参加の新

旧が最重要視されてるだろうか。最重要視の「最」は私が付け加えたもの

だが、これが無いと、2集団の対比が曖昧になってしまう。

   

まあ、数学みたいな人工的で形式的な学問ではないから、現実の非常に

複雑な社会を、少し理解しやすくする枠組を提示するだけで十分なのかも

知れない。いずれにせよ、元の本を読むことも含めて、もっと勉強する必

要があるだろう。50年近く前の本だから、現代史を学ぶ必要もある。

     

ちなみに、単行本から45年経過して、日本社会も多少は変わって来た

けど、基本的にはあまり変わってないと言いたそうな感じで、最後は3・

11以降お馴染みの、「原子力ムラ」の話で終わってた。まあ、これは、

反原発の立場に立つ朝日新聞の編集によるものかも知れない。本物の

学者なら、原子力ムラなどという平凡な概念やイメージには疑問を抱い

て、自ら再考するだろう。

   、  

あぁ、結局3000字も書いてしまった。では、今日はこの辺で。。☆彡

            

                               (計 3022文字)

|

« 記事の準備だけで終わった夜、あとはアレとか♪ | トップページ | いじめの定義と、小学校の思い出~テンメイ回想録8 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 記事の準備だけで終わった夜、あとはアレとか♪ | トップページ | いじめの定義と、小学校の思い出~テンメイ回想録8 »