« つぶやきモードで、ダルの筋トレ論&『タテ社会の人間関係』 | トップページ | 金曜の夜、まだ仕事が終わらない・・ »

いじめの定義と、小学校の思い出~テンメイ回想録8

今夜は雨で、自転車は無理だし、いきなり友達から小難しげな思想の質問

なんてものも来襲♪ 時間が無くなったから、いま話題のいじめをめぐって、

10ヶ月ぶりに「テンメイ回想録・下書き」をアップしよう。

     

記事タイトルは「回想録」とだけ書いてるけど、あくまでいずれ完成させる予

定の長大な回想録の「下書き」にすぎない。もちろん、ネットの一般公開用

だから、個人情報保護のために書かない事も色々ある。でも、意図的なウ

ソは全く無し。書いてる内容は全て本当の事か、私の記憶違いや誤解だ♪

ちなみに前回の回想録7、「コーヒーに入れないクリープ(Creap)なめて♪

には、クリープ関連の検索アクセスが時々入ってたりする(笑)。

         

    

         ☆          ☆          ☆

さて、滋賀県大津市の中学生いじめ自殺問題が波紋を広げる中、今日は

宮崎県で、男子高校生を川で溺れさせて動画撮影したなんていうニュース

も飛び込んで来た。ここまで来ると、いじめという言葉を越えてしまってるけ

ど、そもそも「いじめ」とは何なのか。まず、定義を簡単に考えてみよう。

       

手元の定番の中型辞書『広辞苑』(岩波書店、第四版、1991)で「いじめ

(苛め)」の項目を見ると、「いじめること。特に学校で、弱い立場の生徒を

肉体的または精神的に痛めつけること」、と書いてある。その左横の「いじ

める」の項目を見ると、弱いものを苦しめる」となってる。Yahoo!で『デジ

タル大辞泉』(小学館)や『大辞林』(三省堂)を見ても、ほぼ同様。

     

一方、ウィキペディアを見ると、ちょっと興味深い話が書かれてた。文科省

の定義が、しばらく前に少し変更されたと言うのだ。早速、文科省HPで

チェックすると、「いじめの定義」というpdfファイルを発見。新旧を比較し

てみよう。ウィキは2007年から変わったと書いてるが、06年中の調査

から変更されたようだ。

     

   (旧・定義)

     自分より弱い者に対して一方的に、身体的・心理的な攻撃を

     継続的に加え、相手が深刻な苦痛を感じているもの。

   

   (新・定義)

     当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、心理的、

     物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じてい

     るもの。

      

   

          ☆          ☆          ☆

どちらも、「いじめられた児童生徒の立場に立って」判断すると書き添えて

あるが、大きな変更が4つある。

    

まず、「一方的」という条件が消えたこと。少しやり返した場合も含めるとい

うことか。次に、「身体的」という言葉が「物理的」になってる。これは、金銭

を奪うとか、持ち物を隠すという行為を含めるためらしい。三番目は、「継

続的」という条件も消えたこと。1回限りでもいじめになり得るということか。

そして四番目は、「深刻な苦痛」が「精神的な苦痛」になったこと。深刻で

なくてもいいし、やられた側の心の苦痛を重視するという意味だろう。たと

え外見的に大した事ないように見えても。

    

この新定義、配慮は分かるが、1回限りなら単なる「暴力」や「嫌がらせ」

だし、心理的・物理的攻撃という言い方も冗長だ。文末の「もの」という言

葉も曖昧。さらに、いじめは学校の生徒に関するものとは限らないし、本

人がいじめと思ってるかどうかもビミョー。逆に、本人たちがいじめと思っ

てても、実は単なる「いたずら」レベルに過ぎないということもあるだろう。

「いじめ」という言葉が、軽く広くなり過ぎると、役に立たなくなる。そこで、

私としては、次のように定義しておこう。

       

   (いじめの定義)

     ある人を、一定の関係を持つ他人が、継続的に苦しめること。

     当事者(被害者や加害者)自らが感じたり訴えたりしなくても、周

     囲が明らかに認知できる場合は、いじめと考える。逆に、たとえ

     当事者が感じたり訴えたりしても、周囲がいじめではないと考え

     ることも可能だが、こちらの場合はなるべく当事者を優先する。 

         

     

          ☆          ☆          ☆

そうするとまず、私自身は、「いじめられた」ことが一度もないことになる。一

度や二度程度の嫌がらせや暴力なら、何件か思い当たるが、継続的なも

のはないし、そもそも件数も少ない。

    

例えば、昨日の記事に書いたような、地域(ムラ)の「タテ社会」で、遊んで

る途中に年長の子どもから幼稚な嫌がらせを受けて、泣いた覚えはある。

小学校の3年くらいまでだろう。ただ、継続的ではなかったし、私も周囲も

大した事とは思ってなかった。私は、泣かされると凄まじい叫び声を上げ

て、激しく当たり散らしてたから、「いじめ」にくい子どもだったと思う♪ 扱

いが面倒だし、私もある程度やり返すし、周囲の大人たちに気付かれてし

まうからだ。

       

一方、「いじめた」経験については、ビミョーな感じがある。私は子どもの

時から、基本的に「悪いこと、卑怯なことはしない」人間だから、クラスでい

じめがあった時も参加はしなかった。積極的に止めもしなかったけど、い

じめたのと同じ、とは思わない。加害者と傍観者は、無関係ではないけど

別物だ。それを同じだというのは、教育的・倫理的な配慮や理想論であっ

て、現実にも法的にも全く別物として扱われてる。加害者は「悪者」、傍観

者は「あまり良くない者」だ。

    

ちなみに、クラスのいじめというのは、小学校6年の時のこと。親の職業と

当人の外見、2つの点で「ヴァルネラビリティ」(vulnerability; 傷つけられ

やすさ)を持ってた女の子が受けてたもの。クラスの男子の一部がいじめ

てたんだけど、それほど陰湿でも過激でもなかったと思う。

         

ただ、そのコにとっては結構辛かっただろうし、結局は担任の先生が激怒

して、一気に収まった覚えがある。人気はあったけど、体罰が強烈な先生

だったから、みんな恐かったんだろう。圧倒的な力を持つ先生一人に、み

んな揃って「いじめ」られるのが。。♪

       

     

          ☆           ☆          ☆

話を戻すと、私が「いじめた」かどうか。いじめてないとキッパリ胸を張り

たい所だけど、今から思うと「あれはイジメに近かったかな・・」という経験

が2回あるのだ。

      

最初は、小学校低学年。2年か3年かな。クラスに、個人的に嫌いな女の

子がいて、時々口ゲンカみたいな対立があったんだけど、ある時、私がそ

の子の手の指をケガさせてしまったのだ。血は流れてないし、骨折でもなく、

筋を痛めたようなことだったと思う。

        

でも、流石に自分でもやり過ぎたと思ったし、すぐ先生に怒られて、それ以

降はこの子には関わらなくなったはずだ。別に「無視」とかいうほどのこと

ではない。肌の合わない仲間と距離を保つ権利くらい、誰だって持ってる

し、悪いことでもないだろう。この事件、暴力に継続性はないし、私としては、

少なくとも当時の基準だと「ケンカ」のエスカレートだと思うけど、今なら「い

じめ」と言われるかも知れない。後で民事訴訟の時効の年数を調べとくべ

きかも。。(^^ゞ

        

ちなみに、女の子のスカートめくりは何度かやったし、物を隠すこともたま

にあったけど、単に女の子の気を引くための幼稚な行動であって、別に下

着を見たかったわけでもない。その程度で「いじめ」と言われたら、逆に「男

の子いじめ」だろと言い返したくなる。そもそも、私が悪いのではなく、男の

Y染色体のDNAが悪いだけなのだ♪

         

     

          ☆          ☆          ☆

もう1回は、小学校6年だと思うけど、5年かも知れない。いつも一緒に遊

んでた友達の1人、F君は小太りで少し大人しめ。身体的にも精神的にも、

それほど「弱い」子どもではなかったけど、時々「からかう」対象ではあった。

             

と言っても、たまに体型をからかったり、テストの点が私より悪かったこと

をからかう程度で、暴力も無ければ、金銭を奪い取ったりもない。物を隠

したことはあったかも知れないけど、たかが子供のお遊びレベル。「いた

ずら」にすぎない。そもそも、私は彼の家によく遊びに行ってて、向こうの

母親がいる状況で仲良く遊んでたし、母親同士もよく知ってる仲だった。

    

ところが1度だけ、「遊び」がエスカレートしたのだ。何のゲームだったか

思い出せないけど、F君が弱いゲームがあって、負けた者が「しっぺ」(=

にっぺ)されることになってた。しっぺとは、人差し指と中指を揃えて、相手

の手首をビシッと1回叩くこと。検索すると、しっぺもにっぺも沢山出て来

るから、全国どこでもやってる子供の罰ゲームだろう。デコピンみたいな

ものだけど、デコピンは私の地域では全く流行ってなかった。

      

で、そのゲームでF君の負けが多かったから、結果的にみんなでF君の手

首にしっぺをすることになったのだ。彼は痛がってるのに、私達は笑って

面白がってる。構図的には完全に「いじめ」かも知れないけど、たかがしっ

ぺ=にっぺだし、可愛い「罰ゲーム」に過ぎない。

   

今でもそう思うけど、事実としては、F君は手首が腫れて病院に行ったよ

うで、母親から学校に連絡。私たちはごく軽く「注意」されて、すぐに止め

たし、その後もF君とは仲良く遊んでた。ただ、これは集団で何日間か継

続してやったから、イジメと言われればウ~ン・・という感じだ。まあ、彼は

男だし、長年の遊び友達。民事訴訟や賠償請求の心配はないだろう♪

         

   

        ☆          ☆          ☆

という訳で、結論としては、私は「いじめられた」ことも「いじめた」こともない

幸せな人間なのだ・・・そう思い込むことこそ、幸せな性格かも知れない (^^ゞ

中学以降も、ビミョーな体験が何度かあるけど、それはまた続きで書くこ

とにしよう。

   

とにかく、「いじめ」かそうでないかの判断は微妙な時もあるけど、明らか

なものは迅速かつ適切に処置すべきだ。当事者双方も、周囲の教師や

親たちも。場合によっては、「監視と処罰」も必要だろう。フランス現代思

想の四天王の一人、ミシェル・フーコーの書物を熟読しなければダメとい

うことだ♪ ま、邦訳だと売れ線の副題を前面に出して、『監獄の誕生』に

なってるけどね。編集者さん、新潮社さん、儲かってまっか?って感じだ。

       

実は、監視や処罰といった行為も、別の観点から「いじめ」とみなせるか

も知れない。特に処罰の方法は重要で、いずれまた考えてみよう。意外

なほど長くなってしまった。それでは今夜はこの辺で。。☆彡

            

                              (計 4060文字)

|

« つぶやきモードで、ダルの筋トレ論&『タテ社会の人間関係』 | トップページ | 金曜の夜、まだ仕事が終わらない・・ »

社会」カテゴリの記事

回想録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つぶやきモードで、ダルの筋トレ論&『タテ社会の人間関係』 | トップページ | 金曜の夜、まだ仕事が終わらない・・ »