« 記事2本の準備だけして、超久々にMDウォークマン聴いて♪ | トップページ | 『リッチマン、プアウーマン』最終回、軽~い感想♪ »

「ダンス・ミュージック」とは~現代的な言葉の意味と歴史

まずはツカミの軽いコネタとして、写真を1枚載せとこう。バブル期に、「ドレ

120917

  スコード」(黒服店員によ

  る服装チェックの基準)や

  「お立ち台」で一世風靡し

  たMAHARAJA(マハラ

  ジャ)のウチワだ♪ 夏の

  朝、トレーニングを終えた

  後、歩いてクールダウンし

  てたら、たまたま赤い郵便

  ポストの上に置かれてたか

  ら、拾ってパタパタあおいだ

  わけ。調べてみると、97年

に有名な麻布十番店が閉店した後、03年に六本木で復活して05年にまた

閉店。その後、再び「マハラジャ六本木」として復活してるらしい。いまや耳に

することが少なくなった「ディスコ」というものが、意外にしぶとく生き残ってる

のは一応知ってたけど、マハラジャの再復活は知らなかった。

      

ちなみに、今現在「クラブ」と呼ばれてる店舗の一部は、実質的には以前の

ディスコに近いと思われる。風営法(=風俗営業法)の強化で、「ディスコ」

(ダンスする店)を名乗ると、風俗営業店として0時閉店になってしまうから、

単なる飲食店を装って0時過ぎにも営業するため、「クラブ」を名乗るわけだ。

でも、警察がどう見るかは別問題で、0時過ぎに営業してるクラブが風営法

違反で摘発されたりしてる。厳しい取り締まりの背景には、売買春やドラッ

グ取引の問題があるようだ。

    

他の有名ディスコを調べてみると、ジュリアナ東京(JULIANA’S TOKYO)

は91年~94年(僅か3年・・)。それに代わる形で94年末に登場したヴェル

ファーレ(velfarre)は、07年に閉店。11年には跡地のビルに、ニコニコ動

画のイベント施設「ニコファーレ」がオープンしたが、ディスコやクラブに特化

したものではない。

              

現存する大規模なものとしては、東京・新木場のイベントスペース「STUDIO

 COAST」で週末に開催されるクラブイベント「ageHa」(あげは)が代表の

ようだ。2400人収容だから、1500人だったヴェルファーレの1.6倍もの

規模になる。と言っても、海外だと桁違いで、1万人のホールや、20万人レ

ベルの野外フェスまであるようだ。。(「美青年」、興奮気味に語る・・・笑)。

      

    

           ☆          ☆          ☆

ディスコやクラブの話から入ったのは、今現在、「ダンス・ミュージック」につ

いて語る時、そういった店や風俗を抜きにすることは出来ないからだ。

  

もちろん、ダンス・ミュージックとは、ダンスするための音楽を表す普通の言

葉(元は普通の英語、dance music)だから、もっと遡って、ワルツ、タン

ゴ、スウィング・ジャズ、ロックンロールなどを考慮してもいいし、『東京音頭』

だって立派な「japanese dance music」だろう♪ 世界レベルだと、80

年前後のディスコでは、ABBAのヒット曲、『ダンシング・クイーン』(76年)が

人気だったと聞いた覚えもある。この夏、NHKのFMラジオで半日にわたっ

て放送されたらしい『今日は一日 ダンスミュージック三昧』のプレイリストに

は、色んなジャンルの大ヒット曲がズラッと並んでて興味深い。

    

ただ、おそらく80年代後半くらいから、ダンス・ミュージックという言葉が特

別な意味を持ち始めたようだ。日本語のウィキペディアを見ると、「テクノ

(ダンスミュージック)」という項目があって、これがどうも、「ダンスミュージッ

ク」という言葉の現代的な意味に近いと思う。 

    

実際、先日の「美青年のラジオ」(笑)で、クロス・テーマの「ダンスミュージッ

ク」について説明した内容は、ほぼウィキの「テクノ」に相当する。台本を書

いたのが、放送作家かディレクターか、音楽評論家か分からないけど、番

組的には、ダンスミュージックというものを、そう見てたのだ。。

   

    

           ☆          ☆          ☆

しかし、「テクノ」と言われて、あぁ、あれねと、分かった気になることも出来な

い。と言うのも、元々これは単に、テクノロジー(technology: 技術、特に科

学技術)を指す言葉の前半であって、日本でも海外でも、「テクノ」という言葉

は意味が広いし、考え方も統一されてないからだ。

    

私が、英語版ウィキも含めて色々調べた中で、一番しっくり来る簡単な説明

&分類は、三省堂『大辞林』の「テクノ」の項目にある意味だ。1番目の意味

は当然、「科学技術の」、「技術の」。2番目の意味は、「テクノポップ」。3番目

が、テクノポップをさらに無機的にしたダンスミュージックで、80年代後半以

降、「ハウス・ミュージック」の流れから派生したもの。

      

要するに、この3番目の意味が、テクノ=ダンスミュージックだ。それに対し

て2番目が、普通の日本人が思い描きそうなテクノで、ここには坂本龍一で

お馴染みのYMO(イエロー・マジック・オーケストラ)や、テクノポップの世界

的元祖とも言うべき、ドイツのKraftwerk(クラフトワーク)も含まれる。シンセ

サイザー(電子音を作る装置)やシーケンサー(自動演奏する装置)を使った、

ピコピコと無機的な音楽の類だ。器械自体も、またそれを操る人間の技も、

テクノという名にふさわしいだろう。。

                  

    

           ☆          ☆          ☆

ここまで簡単にまとめて整理し直すと、次のようになる。ディスコやクラブと

いった、ダンス関連の若者文化の中、「テクノポップ」を無機的にした「ハウ

ス・ミュージック」が80年代半ばに登場。その流れを受けた今の音楽が「テ

クノ」、いわゆる「ダンスミュージック」だ。

   

  テクノポップ → ハウス・ミュージック → テクノ=ダンスミュージック

                     

ちなみに、日本版ウィキは、テクノポップとテクノの関連を認めたくないよう

だが、私は明らかだと思うし、『大辞林』もそうなってる。実際、テクノポップ

の代表的な曲の一つ、ドイツのKraftwerk(クラフトワーク)の『tour de 

france』(ツール・ド・フランス,83年6月)は、既にかなり「ハウス」に近い

要素を備えてる。電子音、無機的な旋律、短い単位の反復、アップテンポ。

後は、ドラムマシンでビートを強調、踊りやすく、陶酔しやすくアレンジすれ

ばいい。そのままでも、DJの技によっては、今のクラブで通じると思う。

      

ただし、テクノポップとハウスを単純に1対1で結びつけるのはかなり粗雑な

話であって、テクノポップの前史(電子音楽、ミニマル・ミュージックなど)も

あるし、ニューウェーブや前衛的音楽(トーキング・ヘッズ『リメイン・イン・ラ

イト』など)も考慮すべきだろう。あるいは、普通のポピュラー・ソングも含め

た、ダンス用12インチシングル・ヴァージョン(Remix)も注目すべき点の一

つだし、同時期から世界的に普及したHIP-HOP(ヒップホップ)も忘れるこ

とが出来ない(ブレイクダンスなども含めて)。

      

まあでも、ここでは差し当たり、上の図式を提示するに留める。となると、

残るのは、「ハウス・ミュージック」というものの存在だ。これがまた、微妙

な内容を含んでるのだ。。

    

    

         ☆          ☆          ☆

「ハウス」とは、今の日本語で言うと「クラブ」、つまりディスコのこと。1977

年から83年までシカゴに存在したディスコ、「ウェアハウス」(Warehouse)

に、人気DJのフランキー・ナックルズ(Frankie Knuckles)がいて、独特

の技で音楽を流してたらしい。

             

その音楽が、周囲から「ハウス・ミュージック」と呼ばれるようになったんだ

けど、音楽そのものは、その後のハウス・ミュージックとはちょっと違って

たようだ。それが、シカゴからデトロイトその他に広がる中で、80年代の

半ば以降に、今のようなハウスとして確立して行った。つまり、電子音、無

機的で抑揚の少ない機械的な旋律、短い単位の反復、アップテンポ、ドラ

ムマシンによるビートの強調、などを特徴とする楽曲が成立したのだ。

      

試しに、ハウス初期を代表する1人、DJ・Ron Hardy(ロン・ハーディー)の

83年12月のプレイをYouTubeで聴いてみると、ドイツのGeorge Kranz

(ジョージ・クランツ)の大ヒット曲「Din Daa Daa」(ディン・ダ・ダ)が流れて

る(84年1月に全米1位、その後も影響力をキープ)。やはり、米国のシカゴ

でハウスが成立して欧州に広がったとかいう通説は、ちょっと注意が必要だ

ろう。またいずれ、自分でじっくり実証的に調べてみたい。

          

   

          ☆          ☆          ☆

で、結局、今の「ダンスミュージック」ってどんな曲?、と思った方は、美青

年がジムに流れるのを聴いて気に入った曲のPV(プロモーション・ビデオ)

を、Youtubeで見ればいい。LMFAOの『Party Rock Anthem』。再生

回数、なんと5億回近く☆ 最初の1分半は前置き映像だから、飛ばしても

いいだろう(コラコラ・・)。

        

10秒弱の単調なビートの反復に乗って、フツーの若者たち(を装ったプロ)

が激しく身体を「振動」させてる。電子的で機械的な大音量のビートに、身体

が自然とシンクロナイズしてるわけて、その感覚は個人的にもよく分かる。

         

このシンクロを「振動」と呼んだのは、いわゆるダンス=踊りとはちょっと違う

からで、おそらく2つの条件から発生したものだろう。まず、ダンスの特別な

訓練を受けてないこと。もう一つは、ディスコやクラブの狭さと暗さだ。

           

訓練されたダンスを周囲に見せるのではなく、素人が自分で、あるいは仲間

内で激しく音楽にノる。共振する。世界レベルでそれにピッタシだったのが、

いわゆるダンス・ミュージックということだ。日本独自の流行(ユーロビートや

パラパラなど)はまた別扱いとして。。

    

    

          ☆          ☆          ☆

ちなみに、「美青年のラジオ」でもう一つかかった曲は、MARTIN SOLVEIG

の『THE NIGHT OUT (A TRACK MIX)』。これも公式PVがYoutube

にあるから、参考までにリンクを付けとこう。こっちは少しだけメロディアスな曲

になってる。再生回数は400万回強だ。

            

美青年の新アルバム『エロ』だと、6曲目『Hit the Wall』や7曲目『BABY 

BABY』、10曲目『Turn Off The Lights』が、ダンスミュージックっぽい

作りになってる。

      

ところで、実は今、フジテレビのドラマ『リッチマン』最終回を見ながら書いてる

わけだが、21時スタートの放送が24分ほど経った頃、主人公が再出発に向

けて気合を入れる所で、ダンスミュージックっぽい音楽が長めに流されてた。

ダンスミュージックは「明日への活力」だとまとめた美青年の「方程式」にピッ

タシの例だろう。

           

なお、私個人は、ダンス・ミュージックという言葉は遥かに広く、ダンス音楽全

体を示すものだと考えてる。美青年も言ってたように、昔から人間は踊ってた

わけで、長い歴史を見渡せば、テクノはここ30年ほどの流行なのだ。「トラン

ス」で陶酔するのもいいし、『スケーターズ・ワルツ』で優雅に舞うイメージを描

くのもいい♪ いや、小学校の昼休憩に音楽委員としてよく流してたのだ(担

任の先生のリクエスト)。

    

それでは、今日はこの辺で。。☆彡

              

                                   (計 4445文字)

|

« 記事2本の準備だけして、超久々にMDウォークマン聴いて♪ | トップページ | 『リッチマン、プアウーマン』最終回、軽~い感想♪ »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 記事2本の準備だけして、超久々にMDウォークマン聴いて♪ | トップページ | 『リッチマン、プアウーマン』最終回、軽~い感想♪ »