« お客様は神様か~三波春夫とスカイマーク(朝日新聞「耕論」) | トップページ | 字数制限で200字しか書けない夜♪ »

接客に感激した宿、有馬グランドホテル&北海道・フルノート☆

ココログのシステムが怪しいから、一時的に復旧してる今の間に、今日の

記事をさらっとアップしとこう。

    

昨日、「お客様は神様か」なんて風変わりな記事を書いたのは、私が読者と

いうお客様を毎日(毎秒)相手にしてるブロガーだからってこともあるけど、

以前ホテルでバイトしてたからでもある。従業員側の接客サービスとか、お

客さんの言動に対するチェックが細かいのだ。

       

最近は回数も日数も減ったけど、スポーツとブログに熱中し始める前、私は

そこそこ旅行を楽しんでた。10回以上行ってる北海道から、4回行ってる沖

縄まで、自転車・バイクも含めて、日本中あちこち旅してるけど、野宿を除い

て一番時間をかけるのは宿選び。施設・部屋・アクセス・料金といった部分

は調べられるけど、調べにくいのが接客サービスだ。

                

最近はネットのクチコミ関連情報やランキングが充実してるから、わりと調べ

やすくなってるけど、以前は旅行会社やガイドブック、宿自体の一口コメント

みたいなものを手がかりにするしかなかったのだ。そうすると、大抵はいい

事しか書かれてないから、実際に宿に行くとアレッ・・と思ったりもする。

     

中でも一番ガッカリしたのは、信州・斑尾高原スキー場の近くのあるペンショ

ン。細かく書くと宿が特定されるから、あえて情報はボカしとこう。事前情報

では親切で事情通のオーナーという話になってた。ところが、実際に2泊し

てみると、減点だらけで、加点は僅か。おまけに、悪天候で半分は滑れな

かったし、ゲレンデの一番下側のリフトまで止まるっていう珍しい事態も重

なって、余計に後味が悪くなった。

     

話がズレるけど、スキー場選びで重要なのは、晴天率(お天気)とか、リフト・

ゴンドラ稼働率だ。これを加味すると、北海道ならニセコよりルスツの方が

上だし(安さならニセコ)、信州なら志賀高原だろう。どちらも色んな時期に

何度も行って、何十泊もしてるけど、十分満足できた♪

        

          

          ☆          ☆          ☆

で、最後に本題に入るとしよう。私が接客サービスに大満足した宿、2つの

ご紹介。最近はそうゆう事を書くと、「ステマ」(ステルス・マーケティング=

隠れた宣伝)とか言われる時代だけど、ウチは7年間の毎日更新を通じ

て、常に是々非々、いいものはいい、悪いものは悪いとして来たブログだ。

好きなドラマでも、ダメな部分はハッキリ指摘。逆に、基本的に好みでない

ものでも、いい点はちゃんと指摘してある。

          

アフィリエイト(リンク付き商品広告)さえ導入してない非営利の趣味のサイ

トだから、宣伝のお世辞を言うはずはない。昨日の記事と関連させると、

「お客様は神様」どころか、宿は別にお客様でも何でもない。単なる、個人

的な思い出の旅行先なのだ。

    

その中で、プロフェッショナルなサービスだなと感心したのは、兵庫県・有馬

温泉の有馬グランドホテル。夏に1泊しただけだから、たまたま担当の部屋

係に恵まれた可能性もあるけど、館内全域にわたって非常に教育が行き

届いてたし、マニュアルにない即興の応対も良かった。単なる雑談とか、こ

こに書きにくい話でも、感じ良く応答してくれるのだ。おそらく特に客室係は、

お客さんからそこそこの「感謝の気持ち」を受け取ってるだろう♪

          

最初にホテルに着いた時から、ホテルを出るまで、あらゆる応対が親切・

丁寧で行き届いてる。言葉、表情、動き。部屋はもちろん、ロビーで記念

写真を撮る時、廊下を移動する時、ちょっと質問した時。今、試しに2種類

のランキングをネットで見ると、有馬温泉内で片方が1位、もう片方が4位

だった。4位と言ってもかなり上で、クチコミ数は1~3位より大幅に上だか

ら、一般的にも人気があることが分かる。

   

マイナス・ポイントは、細かいのが2つだけ。まず、デフレの今時にしては、

値段が高めなこと。ま、伝統ある温泉街の大ホテルだから、こんなもんか

な。もう一つは、大きな屋外プールで本気で泳いだら、壁にタッチする時

に突き指したことだ(笑)

         

   

           ☆         ☆        ☆

もう一件の大満足した宿は、北海道・ニセコひらふのペンション、「フルノー

ト」。旅行会社のパンフレットで、オーナーの人柄の良さを褒めてた所だけ

ど、宿に着くまでは期待してなかった。

   

ところがここも、到着から出発まで2泊3日、非常に心地良い対応を頂い

た。有馬グランドホテルとは違って、個人的な知り合いの別荘に来たよう

な、アットホームで気さくな応対。実際、今ネットで見てもそんな感じの情報

が出る。オーナーの「父さん」もお元気な様子で何よりだ♪   

    

ここが大満足だったのは、私の不注意による大失敗も関係してるから、そ

の点は割り引いて考えて頂いてもいい。オーナー手造りの立派なログハウ

スに泊まったんだけど(窓からゲレンデが見える)、キーホルダーが長い木

製で、私はそれを預けずに、ウェアのポケットに入れたままスキー場に行っ

てしまった。巡回バスの時間に追われたのだ。

              

運が悪いことに、ちょうど新しいウェアを買ったばかりで、ポケットのファス

ナーは、引き上げると開くタイプになってた。普通と逆だから、私はつい、

ポケットを閉めようと思ってファスナーを引き上げたのだ。すると開いてし

まうから、滑ってる間に長い木製キーホルダーはポケットからはみ出る。

夕方、宿に戻って、アッ・・!と驚くわけ。

      

暗くて広いゲレンデで探し回るのも無理だから、オーナーに正直に話して、

弁償しますと申し出た。するとオーナーは、顔をひきつらせることもなく、ニ

コニコ笑って、「チェックアウトの時でいいですよ♪」と言ってくださった。

    

それなのに私は翌日また、スペアキーまで落としてしまったのだ (^^ゞ この

時は流石に怒られることを覚悟して、5000円~1万円くらいの弁償は覚

悟してたんだけど、オーナーの応答はほとんど同じ。マスターキーを渡して

もらって、流石にそれ以降は私も、ちゃんと預けるようにした。

        

で、宿を出る時。三度、ペコペコ頭を下げて謝ると共に、弁償を申し出たら、

「じゃあ、1000円だけ頂けますか♪」って感じの応答だった。2000円だっ

たかも知れないけど、手造りのキーをスペアまで落としたにしては安いし、

値段以上に、非常に感じが良かったのだ。一方的にこちらに非があるの

に、常にニコニコと大らか。最後は「もし良ければ、また来てくださいね」と

まで優しく言ってくださった。恐縮の極致。。

      

「お客様は神様」どころか「オーナー様は神様」って感じだったのに、それ

以後は行ってないから、お詫びを兼ねて、ささやかながらここで感謝の気

持ちを示しとこう☆ 食事やバイト君に関しては普通だったから、私の絶

賛はあくまでオーナー個人の人柄と接客に対するものだ。料金は安いし、

今ではライブジャズも聴ける♪

      

それにしても、なぜ鍵を2日も続けて落としたのか。ファスナーが逆ってこ

と以外にも理由があったけど、極度にプライベートな話だから、ご想像に

おまかせしよう。特別なことに気を取られてたのだ。鍵を失くすなんて失敗

は、自分の家や自転車とかでもほとんどない。

        

ってことで、今日はこの辺で ☆彡

         

                                 (計 2870文字)

|

« お客様は神様か~三波春夫とスカイマーク(朝日新聞「耕論」) | トップページ | 字数制限で200字しか書けない夜♪ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お客様は神様か~三波春夫とスカイマーク(朝日新聞「耕論」) | トップページ | 字数制限で200字しか書けない夜♪ »