« 何事もメリハリが大切、今日は手抜きデー♪ | トップページ | 夜までお仕事中に一言、iPS細胞・臨床応用問題とか »

「やはりノーベル賞への近道はマラソン」と書く予定だったのに・・

RUN 25km,1時間58分22秒,平均心拍156

    

何だ・・・難しいもんだね。ビミョーだった山中教授がノーベル賞を取って、最

有力とも言われた村上春樹は取れなかったのか。折角、「またマラソンで

ノーベル賞☆」とか、「ノーベル賞への近道はマラソン♪」とか、ブログ記事

のタイトルを考えてたのにな (^^ゞ 今更、他の話題を書く気もしないから、

強引に押し倒す・・・じゃなくて押し通すことにしよう。

    

正直言って、村上春樹の小説はそんなに好きでもないし、思想的立場も微

妙なんだけど、マラソン・ランナーとか、トライアスリートって所には親近感

を持ってた。年齢はもう63歳だけど、50歳の山中氏より体力は上じゃない

かな。少なくとも、マラソンの自己ベストは大差だと思う。

      

先日の記事に書いたように、山中氏は4時間ちょっとだけど、村上春樹は

確か3時間半を切ってるはずで、ネットで検索すると、91年にニューヨーク・

シティ・マラソンで3時間27分40秒という情報が出て来る。ウィキペディア

には書いてないし、メディアや公式サイトの文章ではないけど、たぶん合っ

てるんじゃないかな。前にどこかで読んだインタビューで、3時間半を少し

だけ切ったことがあるような話をしてたのだ。

          

「作家最速記録」とかいう話もネットにあるけど、こちらはちょっと分からない。

無名の若手作家とか、作家の卵みたいなランナーが、遥かに速いタイムを

出してても不思議はないだろう。。

       

    

           ☆          ☆          ☆

私が春樹の小説を初めて読んだのは、本なんてあんまし読まない友人の

紹介だった。珍しく、「これ、いいよ♪」と貸してくれたから読んでみると、何

とも不思議な内容で、独特のものはあるものの、私には合わないなって感

じだった。少し前、友人3人と一緒に話した時も、春樹が好きだという声は

ゼロ。ただ、それでも一応みんな読んでるし、何冊か買ってる辺りが、超人

気作家の実力ってもんだろう。

           

いずれ、あらためて読み直して、1本くらいレビューを書きたいなとは思っ

てる。今なら、もっと面白さや深みが感じ取れるかも知れない。まあ、ノー

ベル賞が中国の作家・莫言(ばくげん : モー・ヤン)に授与されたのは、東

アジアのバランス的にいいかも知れないね。中国であんまし知られてない

作家らしいけど、あちらの方々もちょっと余裕が出るだろう。

     

一応、今回も、元の英文を引用して、翻訳してみよう。医学・生理学賞と違っ

て、やたら文章が短いのは、どうしてだろう。

        

121011

   

  

   2012年・ノーベル文学賞

      モー ヤン

   2012年ノーベル文学賞は、中国(人)の作家・モーヤンに授与される。

   彼は、幻覚的な現実主義によって、民話と歴史と現代を融合している。

       

   

う~ん、これだけの理由なら、日本の作家にもいくらでも当てはまりそうな気

がするけどな (^^ゞ 専門家は「とても面白い読み物」だと語ってるけど、全

国の本屋さんはガクッと来ただろうね。今更、すぐ返品するのも変だから、

強引に春樹フェアで平積みにするか、あるいはアカデミー賞を逃した映画み

たいに、「ノーベル賞・ノミネート作家」とかポップ(宣伝用の紙)に書くのか。

    

案外、落選が続いた方が、全体の売上は増えたりして♪ ま、世界的な人

気と評価は間違いないから、近いうちに受賞するだろう。。

       

    

          ☆          ☆          ☆

最後に、ノーベル賞とは何の関係もない2流市民アスリートの今夜の走り

について。あぁ、もう眠くて書くのが辛くなって来た (^^ゞ 3ヶ月半ぶりに長

距離走をやると、ドッと疲れるね。ハーフ21.1kmまでなら、わりと平気な

のに、25km以上はすごく長く感じる。フルマラソン42.195kmなんて、

ホント、年に1回しか走る気しないわな。

      

とにかく、昨日と一昨日がほぼ連休状態だったから、今日は25km頑張っ

て来たわけ。最近、走りの調子だけは上がってるから、渋々って感じでも

なく、わりと積極的にスタートした。と言っても、完走が目標だから、序盤は

当然抑えめ。おまけに、なぜか今夜は心拍が高めだったから、中盤までは

余裕を持って安全走行。終盤はちょっと顔を歪めながら、何とかそこそこ

のスピードをキープした。

     

トータルでは1km4分44秒ペース。ま、4分50秒くらいでいいと思ってたか

ら、合格点でしょ。別にハーハーゼーゼー飛ばした訳でもないしね。もうちょっ

と距離に慣れたら、25kmのスピード走もやってみようと思ってる。しかし、

自転車シーズンの間に、やっぱ足首が弱ってるな。ミシッといきそうだから、

気をつけて走らなきゃ! この時期に疲労骨折とかなったら、12月の川口

マラソンに間に合わないのだ。

   

帰宅した途端に雨が降り出したから、この辺りだけ湿度が高かったのかも

知れないね。妙に疲れて、もうマジで眠い。。ちなみに、活動休止して2年

経っても大人気の宇多田ヒカルが、熊野古道(くまのこどう:熊野の三山へ

の参詣道)をお遍路中に靭帯を損傷したってニュースは、ちょっと笑えたか

も♪ やっぱりポイントは、心と身体と自然なのだ。

         

信仰や超越性、聖なるものは、それらへのトッピングってことで。そりゃ、

バチ当たりか (^^ゞ では、また明日。。☆彡

      

          

  往路(2.45km)   12分52秒  心拍134  

  1周(2.14km)    10分19秒     151     

  2周           10分25秒     152         

  3周           10分00秒     156    

  4周           10分04秒     157    

  5周            9分52秒     159    

  6周            9分52秒     160    

  7周            9分54秒     160

  8周            9分52秒     162

  9周           10分02秒     163

 10周(0.84km)    4分00秒     163

 復路           11分11秒     162

計 25km 1時間58分22秒 心拍平均156(85%) 最大170(ゴール時)

             

                                  (計 2292文字)

|

« 何事もメリハリが大切、今日は手抜きデー♪ | トップページ | 夜までお仕事中に一言、iPS細胞・臨床応用問題とか »

「ランニング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何事もメリハリが大切、今日は手抜きデー♪ | トップページ | 夜までお仕事中に一言、iPS細胞・臨床応用問題とか »