« 不変の変化という、不変の夢~小阪淳&高橋源一郎&酒井啓子「論壇時評」(朝日新聞・12年9月) | トップページ | 秋の忙しさ、第1波はようやく何とかクリア・・ »

昨夜9000字書いたから、今夜はほんの一言♪

通勤 JOG 2.5km,15分

     

眠い・・・社会人が平日に9000字書くっていうのは、いくら少しずつ準備し

てたとはいえ、夜通しブログを打ち続けるってことなのだ。眠いわ! おま

けに明日も土曜出勤、この後も家で一仕事しなきゃいけない状況だから、

もうおしまい・・・と済ませたいんだけど、ほんの一言だけオマケしとこう♪

    

今日はランニングする時間はとても無いから、通勤ジョギング2.5kmが精

一杯。明日も無さそうだから、明後日から遅れを取り戻すしかないね。で、

ブログに何の話を書こうかなと思った時、一番の候補はフェイスブックのネ

タ。昔の恋人のフェイスブックをチェックする人は成長しない(笑)、とかいう

研究結果が海外で発表されたらしい。そのまんまかよ♪ 逆に「成長する」っ

て結果なら興味深いけど、何のヒネリもないわな。これで論文が採用されちゃ

うわけか。あの業界、審査が甘い気がするね。

        

時間があれば、詳細に英語論文(無料ネット公開中)を読んで記事を書き

たいのに、残念ながら全く余裕なし。一応、保存はしたから、後でサラッと読

んでみるつもりだ。ちなみに朝日新聞デジタルだと、調査サンプルは「平均

年齢21.4歳の男女464人」としか書いてないけど、84%は女性だ。皆さ

ん、ご注意あれ♪ 

  

私自身は、Facebookは登録しかけて中止した。実名が基本ってことだか

ら、実験的にペンネームで登録してすぐ退会しようと思ったんだけど、やっ

ぱり気が引けたわけ。根が正直なもんで♪ 実名だと、少なくとも今現在、

やる気はしない。「テンメイのRUN&BIKE」の運営だけで大変だしね。テン

メイ・ブランドを世界のtenmeiにするのが、ささやかな夢なもんで。。とか言

いつつ、英作文の勉強は全然してなかったりする (^^ゞ

         

   

          ☆          ☆          ☆

一方、超手抜き記事用のネタ探しで、今週もラジオを聴いたんだけど、キム

タクは「飛ばしてた」ね。今週も「下タネ」を・・・って寒いわ♪ はいはい、下

ネタね。先週は一番の「オカズ」が痴女ものとか、マニアックな趣味を披露し

てたけど、今週は純な少年への性のお勧めとして、どさくさまぎれに「お母さ

ん」とか言いたそうにしてたのだ。オイオイ! ま、確かにお母さんもスッキリ

するかも知れないけど・・・ってコラコラ (^^ゞ 

   

流石に曖昧な表現にしてたけど、私は聴き逃さなかったのだ。「行間」まで

読み取るのは、国語の授業の頃から得意だったもんでね。ちなみに私は、

それは全く無理だな。そこまで聞いてない? あっ、そう♪  

      

美青年の方も、またマニア入ってたね、思い切り。女性が全く付いて行け

そうもない話でも、付いて来てくれるんだろうな。実はマヤ文明の「maya」っ

て言葉が本当に「時間」って意味なのか、ネットでちょっと探ったんだけど、

信頼できそうな確かな根拠はまだ発見してないから、態度保留ってことで。

「時空を超えたロマン」とか言うと、私は『ギャルサー』最終回のレビュー、

感謝すべき遭遇、時空を超えた銀河」を思い出した。宣伝かよ♪ 

   

なお、先週の記事で「挫折を知らない」って言葉に軽く突っ込みを入れたら、

美青年ファンの方から「模範的な反論」を頂いた☆ 愛にみちた、微笑まし

くて礼儀正しいコメントなので、まだ読んでない方にはお勧めしとこう。何気

ない文章に見えても、自分の言葉で書いてるし、完成度が高いと思う。ま、

分析や解釈は無粋だから、あえてしないけどね。まさに「感謝すべき遭遇」

となった・・・って、また記事の宣伝かよ♪ 

     

いや、今度のキムタクの月9で、藤木直人も出るから、ファンの方々への

ご挨拶ってことで。『ギャルサー』は私の評価が非常に高いドラマでもある

のだ。それでは、今夜はあっさり終了。。☆彡

             

                                  (計 1529文字)

|

« 不変の変化という、不変の夢~小阪淳&高橋源一郎&酒井啓子「論壇時評」(朝日新聞・12年9月) | トップページ | 秋の忙しさ、第1波はようやく何とかクリア・・ »

「ランニング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不変の変化という、不変の夢~小阪淳&高橋源一郎&酒井啓子「論壇時評」(朝日新聞・12年9月) | トップページ | 秋の忙しさ、第1波はようやく何とかクリア・・ »