« 「やはりノーベル賞への近道はマラソン」と書く予定だったのに・・ | トップページ | 風邪の二歩手前、ボーッと過ごした土曜日 »

夜までお仕事中に一言、iPS細胞・臨床応用問題とか

通勤 JOG 2.5km,15分程度

    

危なかった・・・実は私も、昨日の読売新聞の報道に驚いて、記事に書きそ

うになったのだ (^^ゞ まだハッキリしないし、何とも不可解な珍しい騒動だ

けど、少なくとも今、次のことだけは言えるはず。

   

   「ノーベル賞で話題のiPS細胞について、世界初の臨床応用を日本

    人研究者・森口尚史が米国で行ったと、読売が11日の朝刊で報道。

    しかし、本人の証言があるだけで、客観的根拠が見つかってない」。

     

真実なら吉報とか朗報と言っていいこのニュース。iPS細胞の臨床応用を

心待ちにしてる患者の方々がどう受け止めたのか、まだ伝わってない(追

記: その後、読売が伝えた)。でも、私も含めて、これまでの報道を知って

た人はかなり驚いたと思う。

            

と言うのも、臨床応用はまだかなり先の話だとされてたから。特に、人間の

心筋細胞の移植なんて、10年くらい先だなと感じてた。それを緊急時の特

例ですぐやるって辺りが、米国の凄さ、ハイリスク・ハイリターンの挑戦者精

神(読売の続報の見出しは「死の間際、これしかなかった」)。そう思ってた

ら、途方もない虚言と誤報の可能性が高まって来たのだ。

       

心不全治療の実施機関とされたマサチューセッツ総合病院、出身大学の東

京医科歯科大、経歴と関わるハーバード大や東京大、東大附属病院。東大

先端研。さらに、報告が行われるはずだった国際会議(ニューヨーク幹細胞

財団主催、トランスレーショナル幹細胞学会)や専門雑誌・ネイチャー・プロト

コルズ。色んな機関・組織と関わる話で、ウソがいつまでも通じるはずはない

し、冗談で済む話でもないんだけど、一体どうゆうことなのかね。まあ、読売

新聞もあわてて調査してるらしいから、今後の説明を待つことにしよう。

     

まだ、再逆転で実は正しかったなんて展開も一応あり得るけど、テレビ朝日

の取材風景の動画を見た限り、本人の反論はかなり弱々しい。ただ、ちゃ

んとテレビや新聞の取材には応じてる所がまた、何とも不思議なのだ。ま

あ、2010年の読売の報道(iPS細胞による薬の研究)も根拠がないようだ

し、医師免許も持ってないそうだから、苦しいのは間違いない。新聞記者も

同じ人なのかも。既に、東大の一部のHPは本人紹介ページを削除してるけ

ど、まだ残ってる所もある。東大もあちこちで動揺してるんだろうね。

      

しかし、つい先日も偽医師問題が騒がれたばっかだし、3・11以降、科学

者の信頼感はかなり下がってる。折角、ノーベル賞で持ち直したかと思った

途端、この妙なスキャンダル。科学や医療全体のイメージに関わるから、徹

底的に追及&対処して欲しいと思う。半ば理系のマニアック人間として。。

      

  

(追記: 読売が、明確に誤報と認める謝罪記事を掲載。有名な科学雑誌

      『Nature』の電子版は、山中氏の論文が盗用された可能性を指

     摘。日本時間13日の夜に、本人の記者会見があるとのこと。)

     

     

           ☆          ☆          ☆

最後に、今週のTバック(笑)。いやぁ、先日以来、キムタクが飛ばしまくって

るから、ファンの女性もつい、受け止めてしまうらしい。アレね。もちろん、ラ

イブの要望だ♪ Tバックやタンガをはいてる女性は、応援用のウチワに

「T」と書くらしい。「TakuyaのためのTバック or Tanga」って意味。最近の

会場だと、激増してるってお話。股間の食い込みの感触がクセになってると

か語る女性の報告も、紹介されてた。超~嬉しそうに(笑)。

             

で、今夜はまた味の素スタジアムでの野外コンサートを前にして、木村拓哉

が新たなアレを飛ばした。あっ、指令ね♪ ノーパンの女性はウチワに「無」

と書くこと☆ いやぁ、キムタクの性格だと、「Ta」と書いた方が萌えると思う

けどなぁ。「TakuyaのTanga」。私も「無」より「Ta」の方が遥かに萌えるの

だ。聞いてない? あっ、そう♪

    

それでは、今夜はこの辺で。エッ、美青年? 男女の脳の違いを研究して

るとかいう黒川伊保子の声がちょっと可愛かったかな♪ 声だけね。そりゃ、

失礼か。「ピンクのお姉さん」(笑)も悪くなかったし、美青年の声や語り口も

いいわな。普段のラジオより、公開録音の方が落ち着いてた。

     

クロステーマの内容については、ここではノーコメントにしとこう。後で、個人

的に話すってことで・・とか書いても誰も信用しないわな。あぁ、それにしても、

もうすぐ「年末」か・・(爆)。

      

    

           ☆          ☆          ☆

なお、今夜の走りは通勤ジョギング2.5kmのみ。客観的証拠はないけど、

私はウソとか不正と無縁の人間なのだ。昨夜の25km走の疲れは、意外

と感じなかった気がするね。

            

ちなみにノーベル賞の山中伸弥教授は、11月25日の大阪マラソン2012

に出場するというお話(主催者招待のチャリティーランナー)。あの顔はもう、

みんな覚えてるはずだし、応援が凄いだろう。他に、同じ身分で、NMB48・

福本愛菜(初マラソン)、コブクロ・小渕健太郎(同)、元・野球選手の古田。

    

では、まだお仕事中だから、そろそろホントにこの辺で。。☆彡   

                     

                                  (計 2050文字)

|

« 「やはりノーベル賞への近道はマラソン」と書く予定だったのに・・ | トップページ | 風邪の二歩手前、ボーッと過ごした土曜日 »

「ランニング」カテゴリの記事

医学・医療」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「やはりノーベル賞への近道はマラソン」と書く予定だったのに・・ | トップページ | 風邪の二歩手前、ボーッと過ごした土曜日 »