« 数年ぶりに寝坊で遅刻か・・と諦めそうになった月曜♪ | トップページ | エナジードリンク等のカフェイン含有量と、急性&慢性中毒 »

Jumpin’ Jack Flash、あやつり人形の閃き~『Priceless』第1話

ザ・ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)が歌う、『ジャンピン・

ジャック・フラッシュ』(Jumpin’ Jack Flash,1968)は、誰でも色んな

所で耳にしてる曲だろう。ストーンズは62年結成、今年で50周年超大

物ロックバンドだが、誰もが知ってるのはやっぱり、この曲と、『サティスファ

クション』(Satisfaction,65)、初期の2作品だと思う。

 

『ジャンピン』が、昨日スタートした月9ドラマ『Priceless』の主題歌に採用

されたというのは、まさに「プライスレス」、値段が付けられないほど凄いこ

とだと、キムタク=木村拓哉も語ってる。スタッフのプライスレスな交渉努力

や、破格のプライス(価格)提示があったんだろうけど、ドラマの内容がこの

曲に合ってることも当然影響したはずだ。

 

この曲の歌詞(もちろん英語)の意味をネットで調べてみると、断片的な情

報は色々あるものの、まとまった説明は意外と見当たらない。そこで今回の

レビューは、この歌詞を軸にして書いてみよう。ちょっと『華麗』第7話の「デ

スペラード」(イーグルスの名曲)を思い出す所かも。なお、ドラマ終了直後

の一口評価は、なぜか同期の桜の人気ブログ「アンナdiary」で公開中(笑)。

 

 

          ☆          ☆          ☆

歌詞とドラマの解釈の前に、特にファンが(内心かなり)気にしてると思われ

る、初回低視聴率について、簡単にコメントしときたい。96年の山口智子

との名作『ロング・バケーション』以降、キムタク主演ドラマは16年間ずっと、

第1話視聴率20%以上をキープしてたらしいが、今回16.9%に終わって

しまった。私は裏の野球を知らなくて、スマスマの番宣SP生放送の前でもあ

るし、内容的にも20%前後と予想してたから、正直、低さにちょっと驚いた。

 

その野球のデータを確認しとこう。巨人が巻き返して、日本シリーズ進出に

逆王手をかけてのクライマックス・シリーズ第6戦。19時から21時24分頃

まで(?)の平均視聴率は20.1%と高く、瞬間最高視聴率は試合終了1分

前の21時18分、30.6%。社会人の帰宅時間を考えても、ドラマと重なる

21時台だけなら25%程度の視聴率があっただろうし、放送した日テレと同

系列の人気チーム、巨人が勝ったから、試合終了後5分ほどの視聴率も高

かったはず。ドラマにとっては、かなり不運だったと言える。

 

そもそも最近、普段の野球の視聴率はそれほどでもないし、このCS(クライ

マックス・シリーズ)でも、第1戦は12.1%、第2戦は8.1%に過ぎない。そ

こから、巨人の勢いに連れて、11.5%、14.4%、17.5%と急反発して、

最後は20.1%。という事は、熱心な野球ファン以外を急激に取り込んで行っ

たわけだろう(ゲストの亀梨目当てとか♪)。この展開は、フジテレビの制作

スタッフにも計算外だったと思う。

 

ただ、No.1を延々と走り続けて来たSMAP・木村拓哉も、11月13日で遂

に40歳になる。いつまでも圧倒的な人気を保てるはずはないし、録画や生

活スタイルの多様化の影響もあるわけで、主演ドラマの全話の平均視聴率

が今時10%台後半なら、十分な実力だと思う。その意味で第2話以降、グッ

と踏ん張ればいいのだ。去年の『南極大陸』(18.0%)や、一昨年の『月の

恋人』(16.8%)くらい、あるいは16%死守が一つの目安だろう。ちなみに

今年も、主演ドラマ視聴率グラフの更新を開始した。

 

私自身は、『PRICELESS』初回凄く良かったと思うし、キムタクに対す

る好感度最近、上がって来た。理由は、ブログのつぶやきネタとして、時々

ラジオの『ワッツ』を「流し聞き」するようになったから。あのTバックに対する

情熱に感動したわけでもないし、「タンガ」(紐が少し太めのTバック)好きの

趣味が合うって訳でもない♪ 4年半前のドラマ『CHANGE』の初回の台詞

を借りるなら、まるで「素うどん」みたいな自然体の魅力、素(す)の美味しさ

が分かって来たからだ。

 

・・・とか言いつつ、実は今後のドラマで、スッチーじゃなくてCAやレースクイー

ンのタンガ姿が映るのを期待してたりする♪ あるいは、「無」と書いた応援

用ウチワを持った、制服姿の美人社員とか(笑)。「無」とはもちろん、SMAP

のライブの観客の内、「ショーツ・レス」な女性を指す記号。10月12日の『ワッ

ツ』における、キムタク自身の指令なのだ・・・って、細かいわ!  

 

 

          ☆          ☆          ☆

では、ストーンズの『ジャンピン』に戻ろう。歌詞というものは、意味よりも音

やイメージを重視することもあるし、別に作者本人の説明が特別重要という

訳でもない。基本的には、読み手、聞き手が1人1人、自由に解釈すれぱい

いのだ。

 

とはいえ、やはり作者の説明には、他の人がまったく思い付かない面白い話

が入ってることがあるし、謎解きの鍵を与えてくれることもある。今回がまさ

に、その例だった。

 

まずミック・ジャガー(Mick Jagger)、キース・リチャーズ(Keith Richards)

が共同で作ったらしい歌詞の、冒頭部分4行を引用させて頂こう。既にネット

上に無料で溢れてるものだし、作者明記の上でレビューの一部に使うのは、

著作権法上、問題ないと判断する。翻訳は、なるべく元の英語を活かした私

自身のものだ。

 

   I was born in a cross-fire hurricane

   And I howled at my ma in the driving rain,

   But it’s all right now,in fact,it’s a gas!

   But it’s all right.I’m Jumpin’ Jack Flash ・・・    

 

   俺は 十字砲火みたいなハリケーンの中で 生まれたんだ

   猛烈な雨の中 母親のもとで 泣き声をあげてたよ

   でも 今じゃ全然OKさ ホント 最高だぜ♪

   全然OKさ 俺様は ジャンピン・ジャック・フラッシュなんだから

 

 

引用した箇所で分かりにくい部分は2つで、まず「gas」。これは、天然ガスの

ガスを示す普通の単語で、手元の小学館『プログレッシブ英和中辞典・第二

版』を見ると、元々はギリシア語の「chaos」(大気)。そこから、ガス→毒ガ

ス→無駄話、ホラ話→「非常に素晴らしいもの」、と意味が激変したようだ。

 

歌詞の「it’s a gas」は、「すごいぞ」という意味の慣用句らしい。辞書の翻

訳が古いから、今だと「最高」とか「ヤバイ☆」と訳した方がいいと思う。ただ、

「素敵(ステキ)」と訳すのは、女性言葉になるから、文脈や状況にあまり合っ

てない気がする。

 

マイナスの意味だった「ガス」が、一気にプラスの意味に転じてるのは、日本

語の「ヤバイ」を考えれば分かりやすいだろう。けなす言葉が、若者の俗語

の中で、褒め言葉へと転じたわけだ。文字通りには「値段が無い」ことを示す

はずの「priceless」が、非常に高価な、という意味になってるのも、広い意味

で似た変化かも。悲惨な状況を、あえて「最高だぜ♪」と笑い飛ばすのも、似

た感じだろう。

 

なお、gasには、「すごく楽しいこと、もの」とか「面白がらせる」という意味も

あるから、上の和訳では「最高だぜ♪」と、音符マークを付けておいた(感嘆

符「!」の代わり)。ちなみに、「priceless」にも「とても面白い」という意味が

あって、それはドラマの性格のコミカルな一面でもあるわけだ。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

一方、「gas」より遥かに重要な語句はもちろん「Jumping Jack Flash」。

これについては、英語版ウィキペディアの説明の出典とされてる、キースの

2003年の説明が興味深い。ファンサイトらしき「Time Is On Our Side」

に引用されてる、「Track Talk」(曲作りのエピソード)だ。引用元は不明。

 

121023

 

要点だけ簡単にまとめると、夜更かし後の早朝、キースの家で2人でウトウト

してた時、外で大きな物音がしたから、ミックが「何だ、あれは?」と怒って質

問。するとキースが、「jumpin’ Jack」(飛び跳ねてるジャックだよ)と答えた。

ジャックとは、単なる植木屋=庭師のこと。その時、2人に「flash」(フラッシュ

=閃き)が生じて、また曲作りを再開したそうだ。

 

つまり、「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」とは元々、長靴(boots)を履いて

飛び跳ねる騒々しい植木屋のおかげで生じた閃きのこと♪ まさに、「全然

OK、最高だぜ」って感じの、バカバカしいお笑いエピソードだ。

 

そこから、この曲の歌詞が出来る際には、もちろん、音の一致やイメージも

大きかったはず。先頭に母音のアがある、「ジャン」、「ジャッ」、「フラッ」、「ガ

(ス)」の連呼。おそらく、雨模様の日だったんだろうから、「フラッシュ」が閃

光という意味になって、冒頭の歌詞のハリケーン(嵐)につながるのも自然な

ことだ。そこまで行くと、「ジャンピン・・・フラッシュ」で稲妻と訳してもOK。     

 

他には、当時のローリング・ストーンズの境遇も指摘されてる。前年の67年、

ミック、キース、ブライアン・ジョーンズの3人が麻薬で逮捕されたらしい。逆

境に負けず、笑い飛ばすようにして立ち上がる自分たちの姿が、曲の歌詞

に投影されたとも考えられるだろう。雑草のように強靭な生命力。と言っても、

実際のミックは、中流家庭の育ちらしいけど♪

 

 

           ☆          ☆          ☆

一方、出来上がった後の歌詞とドラマを見比べるなら、「Jumping Jack

は「あやつり人形」という意味になる。直接的にはもちろん、金田一(キムタ

ク)の腹違いの兄・大屋敷統一郎(藤木直人)が、弟を裏で操ることを指して

121023b

  る。情報漏洩スキャンダルの

  工作とか、自宅爆破とか。あ

  るいは、溝に100円玉を落と

  したこととか・・・って、それは

  単なるミスだろ♪ 藤木は、

  折角のキムタクとの共演が

  敵役となったことについて、

  「寂しいです(笑)」と語ったそ

  うだ(毎日新聞デジタル)。

 

ちなみに上は、ウィキメディアで公開されてる、Albert Roosenboom氏の

作品だ。悪役としての藤木の雰囲気もあるし、ポール・マッカートニーにも見

えるね。『もう一度君に、プロポーズ』で話題になったハーメルンの笛吹き男

(or カラフルさん)にも似た感じだ。    

 

ところで金田一とは、香取慎吾&山P『MONSTERS』の笑える刑事の名前

でもあるけど、ここでは、「金が大事」→「金大事」→「金田一」と変化させたお

遊びじゃないかな。実際、大屋敷の名前も明らかにお遊び的ネーミングだ。

「ミラクル魔法瓶」という大きなお屋敷(=会社)の統一を狙ってるんだから。

 

金田一は、おんぼろアパート・幸福荘のばあちゃん・鞠丘一厘(夏木マリ)の

操り人形とも考えられる。実は『ジャンピン』の歌詞に、「歯が無くてヒゲがはえ

121023c

  たみたいな醜い老婆」が登場

  してるから、あの極端な風貌

  は歌詞に合わせたものだろう。

  『野ブタ。をプロデュース』

  キャサリン役でも、夏木マリ

  は魔女&天女みたいな位置

  付けになってた。

 

上の絵もウィキメディアからで、作者はCruikshank氏だ。人形の股間に目

が行ってしまった、そこの貴女(あなた)! それは単なる、燕尾服の後ろで

しょ。細すぎるから・・・って、そうゆう理由かよ♪

 

 

          ☆          ☆          ☆

操り人形と言うと、ギクシャクと不自然な動きが特徴的だが、『プライスレス』

金田一=キムタクは非常に自然で、少なくとも7年前にブログを始めて以

降、これほどナチュラルで力の抜けた、素うどんみたいな木村拓哉を見た覚

えがない。ある意味、『ロンバケ』の瀬名に近いとも言える。あの時も、ヒー

ローになったのは終盤だけ。他は「お休み」(バケーション)に近い若者だった。

 

ただ、わりとシリアスな直球だったロンバケと違って、このドラマは徹底的に

コメディ、笑いとばす話なのだ。笑っちゃうしかない状況の中で、フラッシュ=

閃きを積み重ねて、最後に大きくジャンピング。まるで大ヒット曲『ジャンピン』

を偶然作った時みたいに。もはや、大きな流れは完全に決まってる。

 

だから、既に最終回のエンディングも決定だ。藤木と共に、兄弟仲良く電車

賃詐欺で300円ずつ稼いで行くのだ・・・って、コラコラ♪ そうじゃなくて、腹

違いの兄弟が力を合わせて、ミラクル魔法瓶を運営するのだ。おそらく兄が、

弟の引き立て役に回るんだろう。つまり、いい人としての操り手へと成長す

る。で、香水の香りを漂わせた美人社員達を2人で山分けして、セクハラで

訴えられ、マスメディアの「フラッシュ」を浴びるのだ。オイオイ!

 

 

          ☆          ☆          ☆ 

ちなみに22日の朝日新聞・朝刊のテレビ欄コラム、「試写室」では、男性記

者の河村能宏が、「無一文でもかっこいい」と題して、キムタクの姿への注目

を促してた。カッコ悪そうな役柄でもカッコ良く見せる。あるいは、そう見える。

これこそ大スターの証しでもあるし、制作スタッフの技量でもあるだろう。

 

おっと、時間が無くなったから、最後に脚本古家和尚を褒めとこう。凄く上

手く作ってたと思う。話や要素のつながりが精密で、テンポもいい。『ゴーイン

グ マイ ホーム』初回の是枝裕和監督の脚本も非常に技巧的だったけど、

古家の方が一般ウケするテレビ的分かりやすい面白さになってるのだ。

 

それはもちろん、テレビ的な説明過剰と言えなくもない。たとえば、冒頭から

繰り返されたホームレスの映像の挿入。これは、ガリレオ・シリーズの名作

映画『容疑者Xの献身』なら、ほんの一瞬だけ被害者を映し、謎解きやエンド

ロールの心に沁みる映像につなげてたわけだ。

 

あと、そうそう。キムタクの後輩、藤ヶ谷太輔は可愛くて、好感もてたね。スマ

スマのビストロの、何とも素朴でウブな様子にも、母性本能をくすぐられてし

まった・・・って、男だろ! アブナイわ。       

 

とにかく、キムタク主演作品だと、『華麗なる一族』以来大満足な出来だっ

た。来週も当然、広島カープ・北別府投手のサイン入りボールの行方を見る

予定。おそらく命中して、ブルドーザーのおもちゃは粉々に壊れるはずだ。コ

ラコラ。瑤子(蓮佛美沙子)や、第3話からの路上アイドル(AKB48・小嶋陽

菜)など、サービスショットにも期待しよう♪

 

では、『Princess』(笑)という間違い検索を期待しつつ、今日はこの辺で ☆彡

 

 

 

P.S. 22日に見逃してた最初の2、3分を、28日の再放送でチェックした。

     最初が、死ぬ間際の父親の「北別府はまだか・・」って言葉で、藤木

     に喋った遺言が、北別府=金田一=キムタクの話だったわけね。

     と言うことは、最終回の終盤の重要なセリフが決定した。金田一が

     社長室に入って、父の写真か何かの前で、ボソッと静かに呟くのだ。

     「北別府が、来たべっぷ・・・な~んてネ」♪

 

 

cf. 頭痛が痛いし、単なるつぶやきで♪(『Priceless』第2話など)

   ほんの一口つぶやき~『Priceless』第3話

   体調不良のつぶやき~『Priceless』第4話&秋ドラマとか

   21時半に帰宅、ぱみゅぱみゅ19歳&安田成美45歳に萌えた夜♪

                                (第5話の関連記事)

   ココログ、激重で執筆困難・・(TVつぶやき)  (6話)

   寝不足で倒れそうな月曜の夜、SKE48「ナナロボ」に爆笑  (7話)

   最年少ジャニーズ Sexy Zone、ちょっと可愛いかも♪  (8話)

   睡眠2時間、21時40分帰宅で見るテレビは・・♪  (全体的コメント)

 

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

   奇跡のリターンがもたらす輝き~『ロングバケーション』第1話

   完璧な重層的リターンという奇跡~『ロングバケーション』最終回

 

   夢見る息子vs現実を見る父~『華麗なる一族』第1話

   なぜ明日の太陽を見ないのか~『華麗なる一族』最終回

   『華麗なる一族』最終回、ドラマと原作の比較

 

   キムタクは素うどんかたぬきで♪~『CHANGE』第1話

   CHANGEはまだ始まってない~『CHANGE』最終回

 

   脳科学コメディーの綱渡り~『MR.BRAIN』第1話

   『MR.BRAIN』最終回、軽~い感想♪

 

   国際映画ドラマというチャレンジ~『月の恋人』第1話

   キムタク=木村拓哉主演ドラマ、視聴率の推移&『月の恋人』第4話

   2つの月が照らす太陽のハート~『月の恋人~Moon Lovers~』最終回

 

   鉄の悲劇から、犬の感動物語へ~『南極大陸』第1話

   やる気が出なくても走り回る日々&『南極大陸』最終回

 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   起訴か不起訴か、検事の倫理と現実~『HERO 2』第1話

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』、軽~い感想♪

 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   木村拓哉の『全力坂 完全版』、アスリートにもお勧め☆

   『さんま&SMAP!美女と野獣クリスマス2010』、笑えた♪

   SMAP×SMAP『いま僕たちに何ができるだろう』、軽~い感想♪

 

                                  (計 6830文字)

|

« 数年ぶりに寝坊で遅刻か・・と諦めそうになった月曜♪ | トップページ | エナジードリンク等のカフェイン含有量と、急性&慢性中毒 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

あらためて「月の恋人」記事のキムタクのドラマの視聴率を見ました。
今回が最低ラインになるのかと驚きました。

38歳でホストを断られるのがおかしくて・・・微妙なお年頃なのねと
納得してしまいました。
素直に面白かったです。残高30円には「え~~?」だけど、浪費家
というより「お金は生かして使わなければ」の精神なのでしょうね~~
ノリのいい男をそのままに演じてる^^軽さがいいですね。

>悪役としての藤木の雰囲気もあるし、ポール・マッカートニーにも見えるね。
ポール・マッカートニーにそっくりです。悪意を秘めてる?子供なのに不思議な
絵ですね。背中に羽根が生えてるかとまじまじと見てしまいました。

深くて凄い分析記事を読みながら、次回は何の話だろう~~♪ 楽しみです。
テンメイさん、期待しています。

投稿: orugann | 2012年10月24日 (水) 23時07分

> orugann さん
   
こんばんは。毎度どうもです cute
視聴率記事まで見て頂けましたか。
あれ結構、手間がかかるんですよ (^^ゞ
   
毎週グラフを作って交換しなきゃいけないし、
平均視聴率の計算も面倒だし。
初回の時間延長まで考慮して、自分で計算してます。
ネットにもあるけど、間違ってることもあるから。
   

38歳のホスト、挑戦だけでも素晴らしい☆
ま、需要は少しくらいあると思うけど、やっぱり
中高年女性も若いホストに向かいがちですからね。
ジャニーズ人気を見れば、すぐ分かること。
その点、ベテランSMAPの踏ん張りも見事です。
   
残高30円ってのは、案外マシな方かも。
キャッシングとか消費者金融とか、使ってないから。
僕もなるべく現金で済ませてます。
ネットは、クレジットカードが速くて便利ですけどね。
   
お金は活かして使わなければ。。全くその通り!
まあ、色んな備えもある程度は必要だけど、
使わないお金は単なる紙切れか金属ですからね。
野球選手のユニフォームをヤフオクで高く買って、
お金が活きるのかどうかはビミョーだけど♪
あぁ、当分ヤフオクやってないなぁ。。
   
キムタク=金田一は、軽さが本質で、良かったですね。
脚本、演出、演技で、その軽さが面白く表現されてた bell
どこにでもいるって言うか、あちこちにいるタイプだけど、
今後は少しずつ、光る部分も出して行くんでしょう。
   
ま、あんまし輝くと、また昔のヒーローものになるから、
なるべく地味に笑わせてくれる方がいいな。
ホントは最後も、社長にはならずに、現場復帰で
普通に働く方がいいと思ってます。

そうすると、藤木の扱いが難しいですけどね。
最後に藤木だけが会社のトップだと、
悪巧みに成功した悪役みたいにも見えちゃうから。
      
  
で、悪役と言えば、絵のポール・マッカートニー(笑)
似てますよね♪ 向こうだと、ありがちな顔なのかな。
無邪気な残酷さを秘めた感じの笑顔で、
ちょっと不気味な所が逆に魅力的☆

次回は、ボールで屋台が壊れて弁償する話でしょう happy01
残念ながら、少なくともレビューは書かないつもりです。
月末恒例の硬派の記事、数学記事、震災記事とか、
色々と予定が溜まってるもんで。
   
総合マニアック・ブロガーは、1円にもならない、
まさにプライスレスな仕事に追われ続けるわけです。
ネット社会のあやつり人形なのかも。。(^^ゞ shine

投稿: テンメイ | 2012年10月27日 (土) 02時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/55957182

この記事へのトラックバック一覧です: Jumpin’ Jack Flash、あやつり人形の閃き~『Priceless』第1話:

» 『PRICELESS』 第1話 [美容師は見た…]
「うーん。金稼ぐって大変っすね」ホント。500円を稼ぐなんて感覚や大変さ、自覚なかったですね~。空き缶を自転車の前と後ろと横にもぶら下げて、起用に乗りこなす人を見ては、「いくらになるんだろう」って思ったことありますけど、まさか自分がそうなるなんて思ってもみな... [続きを読む]

受信: 2012年10月23日 (火) 23時43分

» PRICELESS?あるわけねぇだろ、んなもん!?・・・きんかくしちみ千円、辛味を感じる舌プライスレス(木村拓哉) [キッドのブログinココログ]
マネーゲームはこの脚本家のライフ・ワークらしい。 「ダンドリ娘」を除けばほぼデビュー作である「LIAR GAME」(2007年)は「ゲーム」の方に目が行きがちであるが、結局、大金に目が眩んだ人々の物語である。 「ガリレオ」(2007年)第七章では慰謝料をめぐる殺人トリックの話。 「ハチワンダイバー」... [続きを読む]

受信: 2012年10月24日 (水) 00時04分

« 数年ぶりに寝坊で遅刻か・・と諦めそうになった月曜♪ | トップページ | エナジードリンク等のカフェイン含有量と、急性&慢性中毒 »