« ココログ、激重で執筆困難・・(TVつぶやき) | トップページ | 大ベストセラーのママ向けSM小説、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』 »

川口マラソン、準備完了♪&『ゴーイング』第7話とか

RUN 18km,1時間20分57秒,平均心拍155

    

ホーッ。。総選挙前の政界の動きがダイナミックだな。維新・橋下と太陽・石

原が合流したのに続いて、滋賀県知事・嘉田由紀子が立ち上げた「日本未

来の党」に、小沢の「国民の生活が第一」と「脱原発」党が合流するらしい。

         

これは脱原発派の票が集まりそうだね。ま、嘉田の表現だと「卒原発」か。

「卒」はイメージ的に柔らかい言葉だけど、中身は単なる脱原発。そもそも、

少し前まで橋下を支えて来た脱原発の論客・飯田哲也が、「未来の党」の

代表代行だし。

    

この時点でいわゆる「第3極」は、維新、未来、みんなの3つにまとまった。

これだと、みんなの党が苦しいから、結局は未来に合流するのかも。しかし、

ここまで動きが激しいと、有権者も迷うけど、マスメディアの票読みも大変だ

ね。自民党の第一党は動かないとして、二番手以降が読みにくい。特に維

新は何ともビミョーな位置だから、まだ何か「技」を繰り出してくるのかも。。

      

   

           ☆          ☆          ☆

一方、『ゴーイング マイ ホーム』第7話は、12分遅れくらいで視聴開始

(退院シーンから)。いやぁ、やっぱ飛び抜けた「連続映画ドラマ」だ。一瞬

たりとも見逃せない濃密な出来栄え・・・とか言いつつ、毎回しばらく遅れて

見始めてたりする (^^ゞ

    

時間があれば、一つ一つのシーン&カット、台詞に解説をつけたいくらいだ

けど、私はレース直前だから、そろそろ早寝早起きモードに移行しなきゃマ

ズイわけ。今年の川口マラソンは、スタート時間が40分も早くなってるから、

当日はまだ暗い早朝に出発することになる。

    

そうゆう訳で、ドラマにはチョコッとだけコメントすると、至る所に細かい笑い

がちりばめられてるのは毎度のこととして、今回の主役は懐かしのタカラ人

生ゲーム・・・じゃなかった♪ 萌江(蒔田彩珠)と栄輔(夏八木勲)だね。

        

謎の女の子・萌江が、急に普通のいい子になって来た感じ♪ 死んだめぐみ

ちゃんとケンカしてたわけネ。本も借りたままで、文字通り取り返しがつかな

いから、現世と異界との橋渡し役として、クーナを探し求めてたのか。めぐみ

ちゃんが好きだったハンバーグを沙江(山口智子)と一緒に作るシーンがホ

ノボノして可愛かった。

   

その直後の映像は、暗くてよく見えなかったけど、クーナの像にハンバーグ

をおそなえしてたのかな? 黒あんで包んだおはぎにも見えた・・・って言う

か、イメージの重複を狙った映像かも。

      

        

          ☆          ☆          ☆

一方、栄輔は、単に窓辺のイスに座ってるだけで、存在感が圧倒的。今ま

でかなり見逃してるから、退院の事情が分からないけど、もうじき死ぬから

最後 or 最期に家に戻ったってことかね。実家に戻り、その後で魂の故郷

に戻るってことで、二重の意味の「帰宅」、「ゴーイング・マイ・ホーム」だ。

       

両親や親戚一同が、俳句や仕事の話で盛り上がってる時、萌江が1人で

栄輔のもとに向かって、手招きに応じて正座したシーン。神様・・・は教会

が作っただけらしいから(笑)、仏様と向き合うみたいなシーンで、短くて

何気ない会話に、禅問答みたいな深い味わいがあった。

           

クーナに会うには、「信じること」。この栄輔の言葉は、萌江に対して二つの

効果をもたらす。クーナを信じること。そして、おじいちゃん=栄輔を信じる

こと。おじいちゃんなら、死んだ後に神様と会って、ウソつき萌江ちゃんの

舌を抜かないように頼んでくれるはず♪ 唐突に出た、「死んじゃうの?」、

あぁ、もうすぐな」っていう言葉のやり取りと表情が素晴らしかったね。萌

江は「神」妙な顔、栄輔は生き仏様の微笑み。。

        

他にも、良多(阿部寛)と沙江のラストの会話は、いいね♪ お隣さんが良

多へのお願いとして、ツリーになってくれ(笑)と言ってたとかいう沙江の話。

アドリブにも見えたな。「それ、言ってないでしょ」、「(手ぶり付きで)スカイツ

リー♪」、「言ってないでしょ♪」。新井浩文とジャーナリストの仲の悪さも微

笑ましいし、ステテコ姿(?)の西田敏行を冷たくあしらう宮崎あおいも、プ

チ女王様って感じで妖しい魅力を放ってる(笑)。

      

映像で光ってたのは、沙江が義母(吉行和子)と一緒に、もちピザ(?)を作

るシーン。あそこだけ、映画のフィルムを使ってたんじゃないかな。あるい

は、デジタルでそうゆう感じに仕上げてたのかも。そして、CM明けだったと

思うけど、宮崎が自転車に乗って郵便局(?)に行くシーンの最後。宮崎が

手前に消えた後、犬か猫がトコトコと街を歩く様子を4秒くらい映してた。こ

うゆうのが、普通のテレビドラマだと絶対にない純文学的な映像なのだ。。

       

なお、阿部寛に第2子が誕生してたらしい(次女)。おめでとう・・・って言う

か、5年前に結婚してたのか。15歳年下ってことは、当時は28歳の女性

(元OL)を手に入れたわけね。さすが人気者だな。脚立にもなるし(笑)。

      

    

P.S. 第7話視聴率は、前回と同じく5.9%。ようやく下げ止まったか。。

   

cf. 平凡な日常への、非凡な視線~『コーイング マイ ホーム』第1話

   再び長距離25km、今度は快走♪&『ゴーイング』第3話

   話題のセクシーCM&『ゴーイング マイ ホーム』第4話

   ハーフのスピード走&『ゴーイング』第5話&PC遠隔操作事件

   性の禁止と侵犯&事前にあさりを仕込んでる潮干狩り場♪ (第6話)

   『ゴーイング マイ ホーム』第8話の感想とか

   レースから9日目、ようやく再始動&『ゴーイング』第9話

   クーナを食う、父の死と体内化~『ゴーイング マイ ホーム』最終回

      

     

           ☆          ☆          ☆

そろそろ時間だね。話変わって、今日の走りについて。日曜の朝がハーフ

マラソン(21.1km)のレースだから、5日前の火曜くらいが最終調整にな

る。本番より少し短めの、18km走がお決まり。金曜のタイムトライアルそ

の他の疲れがかなり残ってたから、最悪の場合はジョギング16kmくらい

でもいいかなと思ってたけど、いざ走り出してみると、意外なほど脚は元気

だった♪

    

と言っても、左膝の外側左足首をほんのちょっと痛めてることもあって、

あくまで慎重なランニング。腕振りは強め、無理のない程度にストライド(歩

幅)を伸ばして、レースのハイペースを意識しながら、1km4分40秒ペー

スを目標に周回。実際は、他のランナーとのプチバトルが数回挟まったこ

ともあって、トータル1km4分半ピッタシで終了した。

      

もうちょっと控え目にした方が良かったかも知れないけど、まあ上出来の仕

上がりでしょ・・・と書いとこう♪ ホントは途中で一瞬、左足首の前側痛め

て減速してたりする (^^ゞ 大した事ないと思うけど、ちょっと不安かも。それ

にしても、気温9度は寒かった。

     

これで後は、ゆっくり身体を休めて、超回復のピークを日曜の朝に持って

行けばOK。そのためにも、そろそろ寝なきゃね。では、また明日。。☆彡

   

              

  往路(2.45km)   11分59秒  心拍139  

  1周(2.14km)    9分36秒     156     

  2周            9分30秒     159         

  3周            9分25秒     161    

  4周            9分48秒     157    

  5周            9分40秒     158    

  6周            9分24秒     160

  7周(0.26km)    1分12秒      163

 復路           10分24秒     157

計 18km 1時間20分57秒 心拍平均155(84%) 最大170(ゴール時)

                    

                                    (計 2929文字)

|

« ココログ、激重で執筆困難・・(TVつぶやき) | トップページ | 大ベストセラーのママ向けSM小説、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』 »

「ランニング」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/56206343

この記事へのトラックバック一覧です: 川口マラソン、準備完了♪&『ゴーイング』第7話とか:

» ジェラシー姉妹(真木よう子)VS蜘蛛の巣とおもちピザのブルース(宮﨑あおい) [キッドのブログinココログ]
幸せそうな家族が通り過ぎて行く。 その家族の幸せを覗いてみたい人とそうでない人がいるだろう。 幸せそうな家族は幸せそうに散歩をする。 けして、幸せを見せびらかしているわけではないだろう。 しかし、時にはそう見える時がある。 そういう時に無性に誰かを傷つけたくなる人は危険な人と言えるだろう。 人が人を... [続きを読む]

受信: 2012年11月28日 (水) 05時27分

« ココログ、激重で執筆困難・・(TVつぶやき) | トップページ | 大ベストセラーのママ向けSM小説、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』 »