« 原子核と放射線~高校物理の教科書の問題と解説(2) | トップページ | 気温2度のハーフマラソン、寒さ対策の服装とか »

12年11月の全走行距離&屋外用ストーブ「ガンガン」とか♪

通勤JOG 2km,12分程度

     

まず、念のためにお知らせ。今、気付いて慌てたけど、昨日(29日)の物

理記事をアップした後、トップページの「全記事一覧」に載せるのを忘れて

たらしい (^^ゞ あれは手作業で、その日の記事を完成させた後に毎日更

新してるんだけど、昨日は眠過ぎて忘れちゃったようだ。記事そのものは

当然忘れずにアップしてある。ページの右サイドのカレンダーや「最近の記

事」は自動的に更新されるので、アレッと思ったらそちらを見て頂きたい。

    

ちなみに一応、記事をアップしてたという証拠画像を貼っとこう。30日の

0時過ぎのアクセス記録に、29日の記事がちゃんと書かれてる。ま、この

時点ではまだ未完成で、記事末尾に「現在執筆中」と書いてあったけど♪

タイトルの下の「リモートホスト」は、個人情報なのでギリギリ隠しておいた。  

もちろん、見ても分からないけどね。。

           

121130

        

    

          ☆          ☆          ☆

さて、気を取り直して、本文スタート。あぁ、眠いし寒い・・・って言うか、寝不

足だと余計に寒く感じるね。4時間睡眠の今日は、まだ11月なのに、使い

捨てカイロなんて物をポケットに入れて、お仕事に向かったのだ。あの寒

い中で手だけ暖かい感覚が、いいね。考えてみれば、焚火ってものも、主

に手を温めてたよな。。

   

ってことで、やや強引に、「屋外暖房」の話に運んだわけ♪ 私は海岸沿

いの田舎街の出身で、満潮の時は家から海まで10mも無かったと思う。だ

から小っちゃい頃は、海のすぐそばの空き地でやってる焚火にあたること

もあった。石油缶かドラム缶で色んな物を燃やして、手をすり合わせたり、

身体の向きを変えて背中を温めたり。まあ、田舎でも一応、環境問題とか

規制があるから、焚火はすぐ見なくなったけど、街中のキャンプファイヤーっ

て感じで好きだった。今だと、警察か消防署に通報されるのかな (^^ゞ

          

    

         ☆          ☆          ☆

何でこんな話をしてるかって言うと、キムタク=木村拓哉のFMラジオ『ワッ

ツ』で、屋外暖房の話が出てたからなのだ。ドラマの撮影で、固形燃料を

使った「ガンガン」と呼ばれる器具を使ってるとか言ってたけど、検索して

もなかなかいい情報はヒットしない。

             

まあ、そうゆう言い方がここ10年くらい(?)、一部で使われてるのは確か

みたいだけど、ネットで見る限り、マイナーな呼び名だ。ロケがあるテレビ

業界では、フツーなのかも。実際に撮影とか演技してる時より、待ち時間

が大変だろうね。

        

名前はともかく、固形燃料を使う暖房器具(or ストーブ)は確かに売ってて、

値段も大きさもピンからキリまである。安いのは1000円くらいで、山とか

アウトドア用の単なる「燃料台」みたいなものだから、ひょっとすると100円

ショップにもあるのかも知れないね。実は今日、普通だと1000~2000

円くらいのある有名な商品(のパクリ)を、100円で買って来たのだ。違っ

た、105円か(笑)。もちろん、大ハズレの粗悪品の可能性も十分あり。

        

ま、その話はまたいずれするとして、屋外ストーブね。高いのは、ホントに

ストーブって感じの形と大きさで、値段も5万円とか。火の粉が飛ばず、風

を防げて、沢山の固形燃料をセット出来るってことだろう。これをドラマの

制作現場で「がんがん」とか呼んでるってことかね。ま、『Priceless』の撮

影で、ダンボールが燃えて火事になったりしたら、スタッフは厳しく処分さ

れるだろうけど、視聴率は一気に燃え上がるのかも♪

          

おそらく、『南極大陸』の撮影でも使ったんだろうけど、屋外暖房ってものは、

焚火にせよストーブにせよ、みんなの一体感を作るのに役立つと思う。文

字通り、輪になって、軽いおしゃべりを楽しみながら、心も体もあったかくす

る。その点は、屋内のエアコンと比べればハッキリ分かるだろう。エアコン

は、人を一ヶ所に集めてくれないし、火ってものが持つ神秘的で熱いエネ

ルギーも感じさせてくれないのだ。

   

エアコン以上に、人を集める効果が無いのは、使い捨てカイロ (^^ゞ 完全

にバラバラの個人が温まるだけだもんね。ってことで、節電も考慮するなら、

時代はストーブなのだ。実際、売れゆき好調っていうニュースを見かけた。

    

ただし、固形燃料のストーブは、長時間、大がかりに使うと燃料代が高くつ

くらしいから、石油ストーブかカセットボンベを使うものね。みんなで囲める

円柱形タイプで、地震自動消化装置付きでも、1万円台で売ってる。ドラマ

撮影の雰囲気に浸りたいディープなファンの方々にお勧めしとこう。エアコ

ンが効いた部屋の真ん中に形だけ置いて、「なんちゃってストーブ」とか♪

      

ちなみにラジオは23時34分くらいで消したので、念のため(笑)。『Mon

sters』が子どもにウケてるって話の流れで、美青年が「分かりやすいも

んね。単純だから」って感じのことを無邪気に喋ってたから、私はウケて

しまった・・・とか書くと「誤解」されそうだから、止めとこう♪ 書いとるわ!

    

   

          ☆          ☆          ☆

最後に、今月の全走行距離は、

       RUN 262km ; BIKE 0km

   

あぁ・・・、また自転車がゼロになってしまった (^^ゞ 去年の11月は、一応

ちょっとだけ乗ったのにな。一気に寒くなったし、やっぱ秋は忙しいもんで。

仕事もきついし、ハーフマラソンの大会もあるし。あと、秋ドラマを週に2本

も見るハメになったのが痛かったね。いや、見なきゃいいだけなんだけど、

ブロガーとしては、なかなか踏ん切りがつかないのだ。週3本じゃないの

かって? えーっと・・・10月末までは3本だったかな。。(笑)

      

自転車ゼロの言い訳はともかく、ランニングはまたボチボチかな。今年は

3年ぶり(?)に、脚の大きな故障がない秋だったから、距離以上に中身

が充実してたと思う。ハーフ21km以上を8本も走ってるもんね。しかもそ

の内2本は30km☆ 逆に言うと、他はロクに走ってないんだけど (^^ゞ 

       

ま、泣いても笑っても、福岡国際は明後日の日曜日なのだ。あっ、ボケが

通じないか♪ 福岡じゃなくて川口だろ!って突っ込みが欲しいわけ(笑)

福岡国際は、ロンドンで惨敗した藤原 vs ロンドンに出れなかった公務員

ランナー・川内の対決なのだ。元・世界記録保持者のゲブレシラシエは、

単なる顔見せの高額アルバイトでしょ。

     

それにしても、鼻が痛くて、どうしてもパブロンを時々飲んじゃうね。1日に

2錠を2回って感じ。ノドは何とか持ちこたえてるから、本格的な風邪の半

歩前で粘るとしよう。ではまた。。☆彡     

                                 (計 2636文字)

        

121130g

     

      

121130h     

|

« 原子核と放射線~高校物理の教科書の問題と解説(2) | トップページ | 気温2度のハーフマラソン、寒さ対策の服装とか »

「ランニング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「自転車」カテゴリの記事

コメント

テンメイ様、こんにちは。

ガンガンですか・・・。なつかしいですねえ。
これは通称で・・・要するに
焚き火のことなのでございます。

冬場にロケなどで暖を取る時に
廃材などを一斗缶にいれて
ガンガン燃やすからだと言っていた人が
いましたが・・・
語源はさだかではありません。
一斗缶はコントとかアクション映画などで
ガンガンたたくのにも用いられていますし
なんといってもカンですから
そのあたりの流れもあるかもしれません。
とにかく・・・みんながそういうので
もう「ガンガン」なのです。

最近ではものを燃やすことが
いろいろあれだったり
炭の方が合理的かつ上品なので
遠赤外線効果・・・とかね。
そういう「製品」があり
現場で使用されているわけですが
結局、「ガンガン」なので
総称としてガンガンと呼ばれているのでしょうね。

昔は焚き火用にボロボロになった一斗缶は
いつだって物置に転がっていたものですが・・・。
そして路地裏で爺さんがゴミを燃やして
ボヤとか出していたものでございます。
しみじみ・・・。typhoon

投稿: キッド | 2012年12月 3日 (月) 14時21分

> キッドさん
   
こんばんは moon2
意外な記事へのコメントどうもです。
考えてみれば、意外でもないことですね♪
  
テレビ業界の屋外暖房、「ガンガン」impact
あまりにネット情報が少ないから、試しに
よく分からないまま記事を書いてみました。
ラジオのリスナーだけでもかなりいるはずだし、
知ってる人が書き込んで来るのを期待してたんですよ。
そう言えば、身近に業界人がいらっしゃいましたね flair
   
なるほど! ガンガン燃やすだけじゃなく、
ガンガン叩くとか、カンカン(缶々)ですか。
特に、叩く音って発想は出て来なかったなぁ。。
  
流石に今時、テレビ業界が大っぴらに焚火するのは
難しいでしょうから、代わりを工夫してるんでしょうね。
案外、用具の会社からの提供もあるのかも。
実は、有名番組の製作会社に同級生がいるので、
会ったら聞いてみたいと思います。
   
   
ゴミを燃やしてボヤ。。あぁ、昔は聞いたかな。。
健康への悪影響については、今度調べてみたいと
思いますが、火事はヤバイですね (^^ゞ
特に冬場は、空気が乾燥してるし、風もあるし。
    
しみじみしたコメントを読んでると、
ふと「たきび」っていう童謡を思い出しました。
ウィキペディアを見ると、著作権がまだ有効だから歌詞が
書いてませんでしたが、代わりに面白コネタを発見。
  
消防庁からのクレームで、教科書に掲載する時は、
挿絵に火消し用の水が入ったバケツを描くとか (^^ゞ
ごもっともな配慮というか、現代的というか。。
   
ともあれ、貴重な情報ありがとうございました。
ではまた。。shine

投稿: テンメイ | 2012年12月 4日 (火) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原子核と放射線~高校物理の教科書の問題と解説(2) | トップページ | 気温2度のハーフマラソン、寒さ対策の服装とか »