« 12年10月の全走行距離&つぶやき | トップページ | 方舟の針路、風任せにしない~小阪淳&高橋源一郎&小熊英二「論壇時評」(朝日新聞・12年10月) »

今夜は記事の準備のみ、と題するつぶやき♪

・・・って言うか、もう最近、毎日キーボード打ちまくりなんだけどね (^^ゞ お

かげで、キーの間にかなりポップコーンのかけらが溜まってる気がする・・・っ

て、取れよ! じゃなくて、食べながら打つなよ、と自分突っ込みする所か♪

     

今日から11月ってことで、街はもうクリスマス・イルミネーションなんだね。

早っ! 流石にこの秋は、自粛ムードがほとんど無い。ま、いい事かも知れ

ないけど、忘れちゃいけない事もあるわな。私はしばらく前から、また震災

関連記事を書こうとしてるんだけど、なかなか余裕が無いのだ。多分、1週

間以内に書けると思う。

         

ちなみに今でも、震災記事へのアクセスは結構続いてるのだ。最近だと、

8月末にアップした、魚・貝・海藻の放射能記事がそこそこ読まれてる。本

当は、そんなものが読まれなくなる方がいいんだけど、あと数年は無理だ

ろうね。セシウム134の物理的半減期は約2年だけど、セシウム137は

約30年。長い長い、地道な闘いが続くのだ。

         

今年もまた、福島産の米(コメ)から、1kg当たりの基準値を超えるものが

見つかってるとのこと。まあ、基準値自体が去年の1/5にすぎない100

ベクレルへと変更されたし、全体から見るとごく一部のお米なんだけどね。

ちなみに前回は須賀川市(第一原発の西、約60km)、今回は福島市(同・

北西、約60km)だ。県南部や西の端辺りからは出ないことを祈ろう。。

          

    

          ☆          ☆          ☆

一方、シベリアで、雪男(イエティ)のものである確率60~70%の体毛が

見つかったなんていう、興味深いニュースも入ってるけど、書いてるヒマは

ない。今夜は、記事の準備をしなきゃいけないのだ。平日だと、準備と執

筆を一晩で終えるのは難しいから、二晩に分けるってこと。総合マニアッ

ク・ブロガーの道も、長い長い地味な作業の連続なのだ。あぁ、飲み会の

誘いも次々に入ってるのになぁ。。

    

さて、もう今夜はこのくらいで止めることにしよう。ホントは、先月の走行距

離が僅か230kmに終わった直後だし、ランニングをしたいんだけどなぁ。

全く、ブログさえ無ければ、今頃マラソン2時間半は切って・・・ないね (^^ゞ

ウソは絶対に書かないと公言してるから、こんな箇所でさえ真実にこだわ

るのだ。

   

おぉ、ここ半年くらいで最短記事になったかも。では、今日は超アッサリと、

この辺で。。☆彡

     

   

P.S. 笑える記事を発見したので、オマケ♪ 「数学考えると頭痛・・・

     本当だった」(朝日新聞デジタル)。米国とカナダの研究者が、数

     学嫌い14人とそうでない14人で実験。脳科学でお馴染み、fMRI

     (機能的磁気共鳴断層撮影)を使用。嫌いな人は、数学の問題

     を解いてる時ではなく、数学だと分かった時に、激しく痛みを感じ

     てるらしい。私なら逆に、快感物質が大量に分泌されてるかも♪

        

     論文は電子雑誌PLOS ONE(プロスワン)で、すぐ無料で読める。

     Ian M.Lyons, Sian L.Beilock

     When Math Hurts : Math Anxiety Predicts Pain

     Network Activation in Anticipation of Doing Math

     (数学で痛みを感じる時 : 数学の問題を解くのだと予期した時、

      数学への不安が、痛みのネットワークの活性化へとつながる)

        

 

P.S.2 前に軽く話題にした本、『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかった

      か』(増田俊也、新潮社)が、大宅壮一ノンフィクション賞と新潮ド

      キュメント賞を受賞☆ 確かに、これは傑作だ。

       

                                 (計 1436文字)

|

« 12年10月の全走行距離&つぶやき | トップページ | 方舟の針路、風任せにしない~小阪淳&高橋源一郎&小熊英二「論壇時評」(朝日新聞・12年10月) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12年10月の全走行距離&つぶやき | トップページ | 方舟の針路、風任せにしない~小阪淳&高橋源一郎&小熊英二「論壇時評」(朝日新聞・12年10月) »