« 睡眠2時間、21時40分帰宅で見るテレビは・・♪ | トップページ | 『ゴーイング マイ ホーム』、ロッテルダム国際映画祭に正式招待☆ »

クーナを食う、父の死と同一化~『ゴーイング マイ ホーム』最終回

RUN 14km,1時間04分39秒,平均心拍156

     

素晴らしい☆・・・とドラマに感動した後に、予想外のPCトラブル発生であた

ふた (^^ゞ これは素晴らしくないね。折角、ちょっと打ち込んでた記事が全

部消えたし、管理ページの入力画面の設定まで消えてしまった。多分、PC

をスリープさせてる間にTVアンテナのUSBプラグを抜いたせいだろう。また

一段と、地デジが嫌いになったね♪

     

今夜の『ゴーイング マイ ホーム』最終回。2分遅れくらいで、良多(阿部寛)

が寝室で目覚めた所から見始めたんだけど、普段は10分とか30分とか遅

れて見始めることが多かった。仕事やランニングの後の時間帯だから仕方な

いんだけど、もっと毎回、真面目に最初から見てれば良かったね。

    

ま、「後悔というのは、かつてそこに愛があった証拠」なんだろう♪(第8話)。

「かつて」と言うより、「今までずっと」と言う方が正確だね。現在も愛が続いて

るからこそ、後悔するわけだ。。

       

    

             ☆          ☆          ☆

さて、今回もっとも素晴らしかったのは、冴江(山口智子)の喪服姿だ・・・って

話ではない♪ 私はウエディング・ドレス姿の方が萌えるのだ・・・って話でも

なく、『ロンバケ』のバニーガール姿が最高だって話でもなく、本編ラストシー

ン。良多にクツクツと温かいスープを作ってあげるシーンだ。このドラマ全体を

象徴する、決まった!って感じの技ありシーン。まさか最後が、「クーナを食う」

ショットとは夢にも思わなかった。ものすごく、いいね♪

          

このシーン。まず、「くだらない」ことで「笑う」所から入っていく。もちろんこれ

は、父・栄輔(夏八木勲)が死に向かう時、つまり「我が家に戻る」(=ゴーイ

ング・マイ・ホーム)時と同じ構図だ。息子が作った「ペロンチョ・ペロペロ」の

くだらないCMに笑ったのが、栄輔の現世での最後であり、天国へのドアで

もあった。そしてまた、くだらないことで笑うことこそ、人生の核心でもある。

         

良多がマンションのベランダのドアノブを外から修理してると、ノブが取れて

しまって、パジャマ姿でベランダに取り残される。何で寒い冬の夜にそんな事

やってんだ!って所がまた、くだらなくて笑えるのだ。仕方なく外からドアを叩

いて冴江を起こした後、夫婦仲良く、身体が温まることを楽しむことになる。

    

そう。もちろん、「私、作る人」「僕、食べる人」となって、女性差別CMとして

フェミニスト達に訴えられるのだ。古っ! ちなみに昭和50年(1975年)だ

から、平成ブロガーはもちろん知らない♪

       

そもそも、作るのがお仕事となってる冴江にとって、身体が冷え切った夫に温

かいスープを作るのは、むしろ誇らしくて楽しいこと。また映画フィルムっぽい

美味しそうな映像で、何を作ってるかなと視聴者に思わせた後、良多が驚く顔

で一段と期待が膨らむ。次の瞬間、カメラがとらえたのは、ホワイトソース系の

スープで溺れる阿部サダヲ・・・ではない。既に彼は溶けてしまって、赤いトン

ガリ帽子だけが残されてたのだ♪ 本当はニンジンのカットかな。

       

       

            ☆          ☆          ☆

もちろん、これは単に小人のクーナの帽子をイメージしただけではない。直接

的な伏線としては、お葬式に来た菜穂(宮﨑あおい)の息子・大地(大西利空)

がわざわざ栄輔のために持って来てた、雪だるまがあった。白い姿に赤いト

ンガリ帽子。これがイメージ的に白いスープと赤い三角ニンジンへとつながる。

実際、直後のエンドロールで雪だるまがあらためてハッキリ映されてた。

     

一方、より本質的な背景は、父が死んだことで初めて、良多が深い愛に気付

いたことだ。特に大きなキッカケとなったのが、死後硬直で伸びてるように感じ

られた(?)父の遺体のヒゲ。手で感じ取ったヒゲの感触で、幼い頃の父との

「触れ合い」を鮮明に思い出すことになった。

     

テレビで一緒に、札幌オリンピック(1972年)の選手(金メダルの笠谷幸生

かな)を見ながら、父の支えのもとでジャンプする真似をしたり、あごひげに

触ったり。その記憶を思い出してしまうと、「もっと話しとけばよかった・・」と涙

が溢れ出る。静かに現れた冴江は優しくフォロー。後悔は愛の証しだね・・♪

         

ラストシーンに戻ると、ベランダの良多は結局、天国のドアの前に、「現世の

マイホームへのドア」をくぐり抜けたことになる。そのドアは、自分が壊しかけ

てたもので、そのために寒い思いもして来た。そこを優しく妻が受け止めて、

特製のクーナ・スープをご馳走する。これを自分の身体に取り入れることは、

目に見えない大切なものをしっかり受け入れることでもあるし、微妙な関係

にあった父と和解することでもあるのだ。

   

そう、これこそ象徴的な、父の体内化。5年半前、キムタク主演の傑作ドラマ

『華麗なる一族』の第8話レビュー「死と再生」で書いたお話だ。

        

       

            ☆          ☆          ☆

やや長くて複雑なので、ここでは繰返しは避け、中核だけに絞るとしよう。要

するに、人間社会の掟=法の根源は、父を殺してみんなで食べることにある

という話。もう少し一般化した言い方に直せば、死んだ父を身体に取り入れ

ることが、周囲の家族たちに安定した生き方をもたらす、ということなのだ。

精神分析の創始者フロイトが、論文『トーテムとタブー』で詳細に主張した。

           

『ゴーイング』の最終回、あるいは終盤は、要するに「父の死」とその「体内化」

を描く物語だ。第8話だったか、栄輔が縁側で冴江に、自分の葬式の料理を

頼むシーンがあった。今思えば、あれは「自分を材料にした料理」のお願い、

つまり、自らを周囲に体内化してもらう準備ということになる。

    

父の体内化は、孫の萌江(蒔田彩珠)から見れば、「大きな父」(grandpa=

おじいちゃん)の体内化。具体的には、おじいちゃんの好きだったクーナ、つ

まり目に見えない大切な存在を、もはや現実世界に見てしまうことなく、普

段は自分の心の中にそっとしまい込むことを指す。時々は思い出していい

し、その思いを父・良多と共有すればいいのだ。

    

また、死んだお友達への思いを母・冴江と共有することで、母と子も親しみ

が増す。結局、こっそり借りてたクーナ人形も返却し、小人の物語『ホビット

の冒険』とも距離を置いて、現実の母の横に潜り込んで甘える。しばらく甘

えてなかったから、やや甘え過ぎくらいで丁度いいだろう。彩珠ファンも喜び

そうだし♪ おじいちゃんの体内化は、父との同一化、母との同一化ともつ

ながり、坪井家の笑顔につながるのだ。つまり、ゴーイング・マイ・ホーム。

我が家に戻ったことになる。

   

ちなみに、父の死と体内化に大切な役割を果たすのは、罪の意識、罪悪感

だ。萌江なら、クーナ人形を「こっそり借りた」こと、学校でのトラブルなど。良

多なら、長い間続いた父との微妙な関係。冴江なら、家庭を多少犠牲にし

て、仕事を続けたこと。罪の意識は、必ずしも悪いものではない。それは、そ

の後の生をプラスの方向に導く役割も果たしてくれるのだ。。 

    

      

         ☆          ☆          ☆

ラストシーン関連はこのくらいにして、あらためて最終回の全体を振り返ると、

相変わらず良多の姉・多希子(YOU)と母・敏子(吉行和子)のやり取りは笑

えた♪ 霊柩車を高い外車にするか安い国産にするかとか、既に死んでる

栄輔の乗り心地とか。遺影用の写真を合成するって話も、私には面白かっ

たけど、ひょっとするとフツーに行われてる事かも知れないね。中高年女性

2人のおしゃべりに落ち着き感を与えてた渋い脇役が、多希子の夫(安田

顕)だった。

     

今回登場した栄輔の弟(?)も、いい味出してた。特に、治(西田敏行)と菜

穂を前にして、敏子がクーナ=クミ(久美?)の話を持ち出した時、治たちが

カブトムシのことだと苦しい言い訳をしてたら、そうは言わないぞとか、遠くか

ら突っ込みを入れてジャマしてた♪ 葬式のお経の最中でも、冴江の母・時

子(りりィ)のことを栄輔の女か?とか言ってたし、最後は酔っぱらって、栄

輔そっくりのイビキをかいて、みんなをビビらせてたし。

    

まあ、栄輔にとって、クーナとは半ばクミのこと。思い出の中の、永遠の愛。

今頃、天国で仲良くしてるだろう・・・と菜穂がからかう度に、治が本気で心配

するだろう♪ 線香1本から立ち上る煙のアップ映像も味わい深かったね。

ミスチル=Mr.Childrenの曲『花の匂い』の歌詞を思い出してしまった。姿

は変わっても、人はすぐそばに生き続ける。線香の煙であれ、紫色のリンド

ウの花であれ、ヒゲの感触であれ。治と菜穂も言ってた通りなのだ。

    

   “永遠のさよなら”をしても あなたの呼吸が私には聞こえてる

    別の姿で 同じ微笑みで あなたはきっとまた会いに来てくれる

                            (作詞 Kazutoshi Sakurai)

          

    

           ☆          ☆          ☆

なお、このドラマ。ここまで極端な低視聴率で、とりわけ山口智子へのバッシ

ングが続いてたが、私は全然OKだったと思う。スタイルの変化を除けば♪

コラコラ。髪型はあと数年、あの独特のロングヘアでOKだね。

         

昨日の記事にも書いたが、土曜日の朝日新聞・夕刊では、2012年の放送

全体を回顧する記事で、論評者3人のうち2人が、『ゴーイング』を「私の3点」

の一つに挙げてた(早大・岡村美奈子、東大・丹羽美之)。以前には、朝日の

担当記者たちも絶賛。読売のドラマ担当者たちも高評価。もちろん私も、最

近だと飛び抜けて素晴らしい連続映画ドラマだったと思う。

      

ちなみに、同じ関西テレビが製作して、同じ時間帯にフジが放映した、4年半

前の大人向けドラマ、『あしたの、喜多善男』も、平均視聴率7.2%だったけ

ど、2008年の全日本テレビ番組製作者連盟のドラマ部門・最優秀賞に輝

いたし、ウチのレビューへのアクセスも続いてる。

              

『ゴーイング』も今後、違いがわかる人達の間で評価され続けるだろう。ゴン

チチの控え目な音楽も良かったし、監督・脚本の是枝裕和の実力をあらた

めて誇示する作品となった。恥ずかしながら、今まで知らなかったけど (^^ゞ

        

ともあれ、スタッフ&キャストの皆さん、素敵なドラマをどうもありがとう。特に

番組の本当に一番最後、ドングリ(=大切なもの)を抱えた姿で映った姿も

可愛かった蒔田彩珠は、新人子役として光り輝いてた。『喜多善男』の吉高

由里子みたいにブレイクするといいね。

    

なお、たまたま今日、将棋界の父とも言うべき米長邦雄・元名人が他界した。

隠れ将棋ファンとしては、彼の泥沼流の粘り腰を体内化するとしよう。

          

それでは、いずれSPでの復活を期待しつつ、今日はこの辺で。。

      

   

   

P.S. 最終回の前日、17日に、オランダのロッテルダム国際映画祭へと

     正式招待されたとのこと♪ しかも、全話上映! 流石、私が「連続

     映画ドラマ」と言い続けて来た作品だ。どうも、おめでとう☆

         

P.S.2 最後の「クーナのスープ」のレシピ♪ カリフラワー、長ねぎ、じゃ

      がいも、にんじん、バター、塩、鶏ガラスープ、牛乳、生クリーム。

      色々と入ってたんだね。量は公式HPをご覧あれ。

     

cf. 平凡な日常への、非凡な視線~『コーイング マイ ホーム』第1話

   再び長距離25km、今度は快走♪&『ゴーイング』第3話

   話題のセクシーCM&『ゴーイング マイ ホーム』第4話

   ハーフのスピード走&『ゴーイング』第5話&PC遠隔操作事件

   性の禁止と侵犯&事前にあさりを仕込んでる潮干狩り場♪ (第6話)

   川口マラソン、準備完了♪&『ゴーイング』第7話とか

   『ゴーイング マイ ホーム』第8話の感想とか

   レースから9日目、ようやく再始動&『ゴーイング』第9話

   『ゴーイング マイ ホーム』、ロッテルダム国際映画祭に正式招待☆ 

    

     

           ☆          ☆          ☆

最後に、今日の走りについても簡単に。12月2日の川口マラソンで満足な結

果を出した後、仕事に追われてることもあって、ロクに走ってない (^^ゞ 明ら

かに体力が落ちてて、通勤ジョギングでさえ脚が重く感じ始めてるから、今夜

はハーフ21kmの予定だったのに、時間が無くなった。ドラマの最終回の前

だから、僅か14kmが精一杯。。

    

と言っても、レース用シューズで飛ばすようなノリでもないから、普通のシュー

ズで適度にスタスタ。我ながら遅いよなぁ・・と思ってたら、丁度いいバトル相

手が抜いてくれたから、さっそく追走。あちらはすぐ止めちゃったけど、私は

1km4分半くらいのペースを持続した。ま、14kmにしては遅いけど (^^ゞ

   

トータルでは1km4分37秒ペース。もう18日なのに、走行距離がヤバイね。

金曜日まで色々とあおられるから、終末・・じゃなくて週末から頑張るとしよう。

そう言えば、マヤ文明が予言する(?)終末がもうすぐなのか(笑)。ま、終末

より、世界の珍騒動のニュースに期待しよう♪

   

それでは、今日はこの辺で。。☆彡

    

             

  往路(2.45km)   12分40秒  心拍138  

  1周(2.14km)   10分06秒     155     

  2周             9分25秒     164         

  3周            9分41秒     162    

  4周            9分30秒      163    

  5周(0.54km)    2分32秒      164

 復路           10分46秒      156

計 14km 1時間04分39秒 心拍平均156(85%) 最大169(ゴール時)

     

                                     (計 5213文字)

|

« 睡眠2時間、21時40分帰宅で見るテレビは・・♪ | トップページ | 『ゴーイング マイ ホーム』、ロッテルダム国際映画祭に正式招待☆ »

「ランニング」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/56348453

この記事へのトラックバック一覧です: クーナを食う、父の死と同一化~『ゴーイング マイ ホーム』最終回:

» いつも目の前で青い鳥が歌っていたんだよ(生田斗真)ジョリジョリとするゴーイング・マイ・ホーム~我が家路を往く(阿部寛) [キッドのブログinココログ]
先発した「ゴーイング マイ ホーム」が全十話で最終回を迎え、次週は「遅咲きのひまわり」が最終回である。 2012年の秋ドラマも次々とフィナーレを迎えて行く。 今季の火曜日のフジテレビのドラマは実に見事なアンサンブルだったと思う。 「ゴマホ」も「遅ひま」も「心の拠り所」の話である。 大雑把に言えば、「... [続きを読む]

受信: 2012年12月19日 (水) 04時26分

« 睡眠2時間、21時40分帰宅で見るテレビは・・♪ | トップページ | 『ゴーイング マイ ホーム』、ロッテルダム国際映画祭に正式招待☆ »