« 2つ目のX’masプレゼントは大量アクセス、キーワードは・・ | トップページ | 気温1度&北風のハーフ走、腕が凍えたかも・・ »

『明石家サンタ2012』、さんま&八木をスタートから応援♪

(☆2016年12月25日の追記: 最新記事をアップ。

 『明石家サンタ2016』~ノンスタ石田、「車が当たらなくて良かった」 )

    

     

        ☆          ☆          ☆

7年ちょっと前にブログを始めた時から、毎年記事を書いてる、『明石家サン

タ 史上最大のクリスマスプレゼントショー』。2012年のイブは、冒頭から

司会の明石家さんまと八木亜希子を温かく応援する回となった♪ まあ、私

も含めて以前からのファンの多くは、さほど動じなかっただろう。素人相手の

電話の生放送は、なかなか大変なのだ。

 

毎年説明してるが、これは22年間も続いてる長寿番組で、基本的にはクリ

スマス・イブの深夜に放送される2時間程度のトーク番組だ。私は初期は知

らないけど、ウィキペディアによると、最初から、さんま&八木のコンビでやっ

て来たらしい。楽しいはずのイブに、視聴者の「不幸」話を電話で聞いて、面

白かったら、さんまが鐘を鳴らしてプレゼントを贈るっていう、屈折した企画

だ。ごく稀に、八木が無理やり鳴らすこともある♪

 

芸能人も結構見てるようで、自分でフジテレビに電話をかけて来る。多分、

ギャラは無いはずだから、鐘が鳴らないか「ハズレ」だったら自己PRになる

だけ。ただ、流石にブロなのか、芸能人は鐘が鳴る確率が高い気がする。

 

ここしばらくは、ほぼ安定したスタイルで、最初は番組オリジナルの『ジング

ルベル』をBGMに、お台場・フジテレビ前のレインボーブリッジを映して、そ

こから司会2人の映像に切り替え。軽くトークした後、可愛いミニスカサンタ

姿のアシスタント4人と共に、豪華なプレゼントを紹介する。今年は北村舞

(5年連続)、高山えみり(3年連続)、木谷友里、長山真由美の4人が、賑

やかな『もろびとこぞりて』と共に、Xmasムードを演出してくれた♪ 

 

松尾伴内、村上ショージ、野球の木田優夫(トナカイ)も、レギュラーのちょ

い役だ。屋外の村上の隣でもう1人、女の子がサポートしてたけど、名前

はエンドロールに見当たらず。去年と同じコだったかも。CM明けに綺麗な

ツリーを映すのも、結構ポイントだろう。。☆

 

 

           ☆          ☆          ☆

今年のスタートは、さんまと八木のトークはまずまずのノリだったけど、わざ

わざ導入したさんまの帽子の動くオモチャが故障してたし、見物(?)のスタッ

フがあんまし集まってなかったらしい。三連休の最終日で、翌日が平日だか

らだろう。私だって、眠くて疲れてるのに無理して見たわけだ。ブログのまと

め記事の予定が無ければ、途中で寝てたかも。。(^^ゞ

 

さて、今年はスタートでさんまが勘違いして、いきなり流れが変になった。敢え

て珍しいパターンに挑戦したのが仇(あだ)になった格好だ。去年、番組に登場

して、村上ショージの映画の出演権をプレゼントしてもらった子どもの家に電

話する所から始めたんだけど、さんまが他の子どもと混同して、関係ない台詞

と結びつけようとしてしまった。それで、電話に出た父親と話がすれ違ったわけ。

要するに、スタッフも含めて準備不足だ。

 

去年の「もう(ネタが)無いんですよ」っていう哀しげで可愛い台詞は、別の子

どものもので、この子の方が大活躍だったから、さんまの頭に焼き付いたん

だろう。去年の記事を読み直すと、2人はハッキリ書き分けられてた。

 

話を今年に戻すと、その後、電話に出て来た子どもが、父親か誰かに仕込

まれたっぽいギャグでまたスベる。「長州、チャーシュー、皆の衆」。映画出演

関連のフジの取材で、母親の年齢詐称がバレたって話もいま一つで、弛緩し

た空気が流れてしまった。

 

続いて、村上ショージ関連の子どもを使う意図で、最初って言うか、2人目の

不幸話の電話をまた子どもにかける。「ショージさんが好きなのに、テレビに

出てない」ってお話で、前の子どもで盛り上がってればウケたかも知れない

のに、あっさり不合格になってしまった。ちょっと可哀想だったね。。    

 

 

            ☆          ☆          ☆

要するに、去年ウケた子どもネタの成功体験が完全に裏目に出たわけだけど、

まあ今までも変な空気になったことは何度もあるから、私はさほど気にしなかっ

た。さんま自身のノリが最初から悪かった時と比べれば、マシだろう。笑うとい

うより、番組の応援を楽しむっていう見方もあるのだ♪

 

3人目は、30歳の女性。離婚して、名字が旧姓の「新妻」に戻ったってお話♪

短くてシャープで、いいね♪ さんまもすぐ合格にして、「新妻けんじ」とか「嫁

に来ないか」とか、軽口を飛ばしてた。調べてみると、76年の新沼謙治のヒッ

ト曲の話だ。商品はスマホ家族4人分で、女性は既に持ってるし、子どもはま

だ幼いから、あんまし喜んでない (^^ゞ でも、番組スポンサー企業のhtcの賞

品だから、さんまは真面目にフォローしてた。

 

4人目は、34歳か35歳の女性。太ってるつもりはないのに、妊娠した当初か

ら注意されて、お産の時に出血多量でタンカで運ばれる途中、救急隊員が「重

い・・」ともらすのを聞いて笑ったとか♪ これ、友達同士の話なら気軽に笑え

ると思うけど、前置きが長かったこともあって、テレビ的には「不合格」。体重を

言えば合格だったのに、ツイッターが炎上するからダメってことで言わなかった。

 

この体重ネタも、その後の出演者の話で上手く使えなかったのだ。5人目は25

歳の女性で、体重は?とさんまに降られて、ウフフフフ♪ ここで、「ツイッターが

炎上するので」とか言えば、最後まで使えたのにネ。ネタは、離婚裁判したら、

たまたま高嶋政伸&美元の直後の場で、マスコミの報道陣に囲まれたってお話。

これ、普段のさんまなら不合格だと思うけど、なぜか合格。ま、お姉さんとの妙

な笑い声が良かったのかも。

 

賞品は、アニメ『ワンピース』のフィギュア。最後に、「八木さんのファンです」と

言うから、さんまが「どこがエエの?」と聞いて、お約束の「別に♪」。昔から続

く、このお決まりの言葉遊びが出ないと、明石家サンタらしくないのだ。八木も、

当初は不満そうにしてたのに、最近は自分で面白がってる。ちなみに最初は、

ある男性視聴者がボソッと口にしたのがキッカケで、後の人が次々に口にして

盛り上がった。私も笑い転げたのを覚えてる。

        

   

             ☆          ☆          ☆

6人目は28歳で、また体重を聞かれて103kgと答えたから、冗談かと思った

らホントらしい♪ 彼氏にバイクを借りて乗ってる時、前の車にぶつかりそうに

なってブレーキをかけたら、バイクがつんのめって(いわゆる「ジャックナイフ」)、

前に吹っ飛ばされた。つまり、ブレーキのミスで、バイクの後ろ側だけが浮き上

がった状況。追いかけるようにバイクが自分に向かって来たから、彼氏に怒ら

れるのが怖くて身体で受け止めたら、自分が複雑骨折。ま、生きてただけでも

ラッキーだろう。合格で、新登場の賞品である「現金1万円」を手にした。安っ!

 

7人目は、吉本芸人のノン・スタイル井上。不細工ランキング、私服ダサイラン

キング1位(笑)で、前髪も不評とか♪ 合格で、ローリング・ストーンズ関連商

品のセット。ワンピースのフィギュアの方がいいとかワガママを言うと、珍しくさ

んまが「やるわ」とか言ってた。キムタク絡みで(?)さんまも沢山持ってるらしい。

 

8人目は41歳の男性で、自分から体重73kgだと言うと、さんまは「体重要り

ません」とか言いつつ、「素晴らしい☆」と絶賛。自分より前に出たネタを考え

てる所がいいのだ・・って言うか、この番組なら基本だけど♪ 男性が「えーっ

と・・」と話し始めた途端、さんまが勝手にボソボソ、「羊(ひつじ)」とか突っ込

む。知らないギャクだな。「めぇー」って鳴き声から来てるのかね (^^ゞ

 

ネタは、女性と別れた後、結婚相談所に行って、相性95%の人を紹介しても

らったら、元の女性だったとか。ちょっと弱いけど、これも合格。賞品はノート

PCで、素直に喜んでた。この直後、さんまが八木に、「(結婚すると)色んな

事あるやろ」と突っ込んだのに、2回連続してシカト♪ 大物芸人の意地悪な

フリを女子アナが平気で無視するって辺りも、番組の味わいの一つなのだ。

 

9人目は31歳の女性で、体重を聞かれて、ウフフフフ♪ これ、少し前の女

性を受けて、わざと笑ったのかも知れないね。子どもの卒園式に、うさぎの着

ぐるみの不審者が来たから、警察に連絡。実は、女性の父が孫を喜ばせよう

としたらしい。これ、話の流れがすぐ見えちゃったけど、現場を想像すると笑

えるな。合格で、賞品は宇宙飛行士の模擬体験。ちょっとビミョーかも。ちな

みにさんまは、宇宙には土産物屋も饅頭もないから興味ないらしい(笑)。

 

 

           ☆          ☆          ☆

10人目は33歳の男性、体重66kg。ドラマ『Priceless』にエキストラで参加

して、その場で警備員に「大抜擢」♪ 期待してみんなに言いふらしたのに、

オンエアではギリギリ映ってなかったとか。これは、さんまにとってはフツーの

事らしくて、不合格。最後、「八木さんのファンなんですけど」。「どこが?」。「特

には・・」♪ わざと「別に」と言わずにヒネったんだろうけど、上手く新しい流れ

を創り出せなかった。まあでも、ナイス・チャレンジだと思う。

 

11人目は、今年ブレイクしたスギちゃん。さんまの『からくりテレビ』で、自宅の

最寄駅を映されたせいで、自宅を突きとめられて、ファンの対応に困ってるら

しい。夜中に「ワイルド、出て来いよ!」と言われると、服脱いで出て行くとか♪

それより笑えたのが、ファンのイタズラ。自転車の6段変速ギアを、一番重いギ

アに固定されてしまって、ヒーヒー言ってるらしい(笑)。18段ギアならもっと笑

えたかも。合格で、賞品はROLEXの腕時計。喜びつつも、ワイルドな芸人と

しては、「叩き割ってやる」♪ 

 

ちなみに、さんまは「マイルド」らしい。「どこが?」(笑)。あと、若い頃、1階の

部屋に猫を投げ込まれたとか。さんまに猫・・・昭和だね。サザエさんみたい♪

 

12人目は、経営するバーからかけたらしい男性。八木とタメ年とか。店の名

前をフランス語でオ・クレール(eau claire=透き通った水かな)とつけたら、

お客さんがミスター・オクレを連れて来ることになって・・・って所で、なぜか突

然、終わりにされてしまった。

 

場所(大阪?)も秘密、途中のさんまのギャグの引用(個性が死んじゃう)も

ウケなかった所へ、ダメ押し的に、八木ネタでも滑ったからかな。「八木さん、

ニュース見てます」、「好きなの?」、「エヘヘ、いいです」。この曖昧な受け答

えが、八木にとっても不満だったらしい。「どこが?」、「別に♪」でないとダメ

みたいだ。

 

 

            ☆          ☆          ☆

13人目は、ベテラン芸能人のせんだみつお。久々に聞いた名前だね (^^ゞ

たまにもらった地方の仕事で、「プロ顔負けの素人」扱いされたとか、引退者

扱いされたとか。ネタ的にはフツーなんだけど、流石に話し方にキレがあった

し、先輩(65歳)ってことで合格。賞品は、さんまの麹漬け1年分♪ それで

もちゃんと御礼を言って、八木にも挨拶して、メリークリスマスと言う辺りが、

流石にベテランだと感心した。ここまで丁寧な芸能人は数少ない。

 

14人目は野球審判が本業(笑)のタレント、さいたまんぞう。知らない。。 (^^ゞ

せっかくギャラ120万円のCMの仕事が入って来たのに、1週間前にキャンセ

ルされたとか。合格したのに、賞品ボードで選んだ4番パネルは「ハズレ」♪

このネタを来年(のこの番組で?)使うと言ってた。

 

15人目は体重103kg(♪)の女性、23歳。「五十肩」と診断されたって話で、

スパッと合格。短くてキレがあって、いいね。賞品は温泉旅館宿泊。ちなみに

さんまの友達の浅田美代子は、肩を回しながら「脚が痛い」と言うらしい(笑)。

 

16人目は24歳の女性。大阪なまり。体重は、ウフフフフ♪ 2年前に別れた

彼氏が来月、たまたま妹と結婚するってお話で、すぐ合格。賞品はロータイプ

のソファーセット。一生、黙ってるつもりとか。まあ、いずれバレると思うけど、

横取りされた訳じゃないし、大丈夫でしょ・・・っていうのは甘い考えか (^^ゞ 

女の感情は、複雑で怖いのだ。

 

 

           ☆          ☆          ☆

17人目は吉本芸人のBコース・ナベ(渡辺謙司)。3人組が解散で離ればな

れ、彼女(チュートリアル・徳井の妹)とも離れて、網膜も剥離。漢字一文字

なら「離」って話で、合格。賞品は、木田グッズ(餃子&ラーメン)。

 

残り1分なのに、さんまが強引にチャレンジした18人目は女性。蒸発した父

が女装して帰って来たって話で不合格。途中で画面の下にエンドロールが流

れ始めたし、ロクに挨拶もないまま終了。たまに数分後に一瞬だけ映す、番

組終了後の様子も無かったと思う。

 

正直言って、ブログに書いて来た過去7年間の中では一番緩い回だった気が

する。最初の2人の子どもって言うか、1人目の扱いがミスだったね。さんま

はショージのせいにしてたけど、もちろん自分の凡ミスだと分かってたはず。

だから、合格判定がちょっと甘めだった気もする。

 

まあでも、長年の番組ファンなら、いい時も悪い時も、笑って応援し続けるも

のだろう。要するに、好きなのだ。「どこが?」。「別に♪」。という訳で もちろ

ん来年も見る予定。それでは、今年はこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf. 『明石家サンタ 2015』~天国のお父さんも爆笑・・・ワロてるか!♪

   『明石家サンタ 2014』~30回記念、剛力彩芽で「イッちゃった」♪

   『明石家サンタ2013』爆笑、軽~い感想♪

   明石家サンタ2011、さんま&八木コンビ健在♪

   明石家サンタ2010、さんま&八木の超軽いノリに爆笑♪

   明石家サンタ2009 さんま&八木の絶妙トークに爆笑♪

   明石家サンタのXマス、今年もまったりと♪ (2008年)

   まさに史上最大のXmasプレゼント♪~『明石家サンタ・2007』

   『明石家サンタのクリスマスショー』、面白かった♪ (2006年)

        

                  (計 5602文字)

|

« 2つ目のX’masプレゼントは大量アクセス、キーワードは・・ | トップページ | 気温1度&北風のハーフ走、腕が凍えたかも・・ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2つ目のX’masプレゼントは大量アクセス、キーワードは・・ | トップページ | 気温1度&北風のハーフ走、腕が凍えたかも・・ »