« 21時半に帰宅、月9を少ししか見れなかった夜 | トップページ | 「三段論法」と伝統的論理学~『ビブリア古書堂』第3話の解説 »

キムタク=木村拓哉のパンツ、「Gravevault」(グレイブボールト)が正解か・・

リハビリ RUN 14km,1時間08分30秒,平均心拍152

       

細かい話を手短にまとめるだけになるけど、多くの人が関心を持ったこと

でもあるし、一応、新しい記事の形で最新事情を説明しておこう。

       

当サイトでは、年末の人気バラエティ、『さんま&SMAP 美女と野獣2012』

で、キムタク=木村拓哉の絶賛パンツとされたものを、GUNZEBODY

WILDだろうと推測、直ちに記事をアップした。再現映像とキムタクの台詞

からの推測だから、単なる仮説として提示したわけだが、今に至るまで丸

1ヶ月間、多くのアクセスを頂いた中で、訂正コメントはゼロだった。

    

そこで更に、半ばお遊びとして、そのボディワイルドの下着(ボクサーパン

ツ)を実際に買って、カッコ付きの「キムタクのパンツ」(もちろん仮説)とし

別記事で紹介したわけだが、昨夜遂に、訂正コメントを頂いたので、早

速ネット情報で検証。なるほど、もっともな話なので、有力な新しい仮説

してご紹介しよう。

   

ちなみに今現在(2013年1月23日の朝)、ツイッター検索でさえ、僅かな

ツイートしか見当たらないから、まだほとんど知られてない話なんだと思う。

この記事をアップして、以前の2つの記事にリンクを付ければ、すぐに話が

拡がるだろうから、後は「集合知」による検証を待てばいいと思う。まあ少

なくとも、キムタク本人は今後も口にしないと思うが、元はバラエティのコネ

タだし、当たり障りの無いお遊び的な謎解きとしては適度な話題だろう。。

         

    

          ☆          ☆          ☆

さて、キララさんから頂いた訂正コメントは、以下の通り。

      

     木村さんのパンツは 今色々なブランド名が噂に挙がって

     いますが全部違います ドラマ共演者でパンツを貰った

     川村陽介さんがトークショーでブランド名を言っています

     Gravevaultです 30年間心地よいベストな生地を研究し続

     けて生まれた極上の生地だそうです。

     

川村陽介とは、ドラマ『南極大陸』で登山ガイド役だった、ホリプロの俳優。

その彼が、2012年3月16日(金)に、ニコニコ生放送向けの番組『ニコ

ミュの楽屋♯16~走れ!美女毛ジャンクション~』に出演。その時、キム

タクから貰った赤いパンツを紹介したらしいのだ。越冬隊全員が(たぶん

色違いで)貰ったとのこと。今現在、おそらくただ一人の方が、個人ブログ

で丁寧なレポート記事をアップしていらっしゃる。

     

川村はその時、「グレーブボール『ド』」と言ったらしいが、「高い」し、「すっ

げー履き心地が良くて」という説明から、まず確実に「Gravevault」(グレイ

ブボール『ト』)というブランドの物だろう。元の単語は何語か分からないが、

英語の合成語、または造語として直訳するなら、「厳粛なる跳躍」という意

味だろうか。

     

1976年、昭和51年設立の株式会社ターキー(本社・東京)が立ちあげた

メンズ・アンダーウェアの老舗高級ブランドで、こだわりは生地、縫製、ナイ

ロン素材。価格帯は1枚3000円~5000円程度。昔の感覚だと特に驚

きはないと思うが、いまや100円ショップで買えるデフレ時代。役者の川村

も、こんな高級品は自分では買えないと語ったようだ。

        

        

           ☆          ☆          ☆

ちなみに私自身は以前、1枚だけ3800円くらいのシルクのパンツを買っ

たことがあるが(ブランドなど不明)。見た目はキレイだけど、履き心地と

耐久性はいま一つだった。外見重視の勝負パンツでない限り、やっぱり

履き心地が一番だろう。キムタクの絶賛も、履き心地の気持ち良さがポ

イントだったわけだ。

      

グレイブボールトのパンツは色とりどりで、バラエティ番組『美女と野獣』の

再現映像とも合ってる。ただ、値段が高いから、撮影には1枚1000円ほ

どで買えるグンゼで間に合わせたのかも知れない。制作費削減が叫ばれ

る時代なのだ。まあ、ここ1年くらいは少し状況が変わって来た感もあるが。     

     

残る問題は3つある。まず、ニコニコ生放送の確認。見た人はかなりいるよ

うだが、キムタクのパンツの話と結びつけた人が今まで(ほとんど)いなかっ

たのは不思議だから、一応確認は必要だろう。ちなみに私自身は動画はほ

とんど見ない(特にニコニコは)。

             

続いて、川村の発言が勘違いでないことの証明。と言うのも、川村がパン

ツのブランド名を答える時、少し間があったようだから、ハッキリとは覚えて

なかったはず。その場でパンツをチェックしたのなら、そのパンツがキムタ

クに貰ったパンツであるかどうかが問題だ。単に、「洗濯物の一番上にあっ

た」ものらしいので。そして最後は、ドラマの出演者は人数が多いはずだか

ら、全員が同じブランドだったのかどうかの証明。他のブランドを貰った人が

いても、不思議ではないだろう。

        

なお、私は単なる一般人ブロガーなので、会社との金銭的・物品的利害は

まったく無い。いわゆるステマ(=ステルスマーケティング=隠された宣伝)

とは無縁なので、悪しからずご了承を。もちろん、ネットで発言する人間の

マナーは大切だから、直ちに自分でも調べて、新記事をアップしたわけだ。

         

     

P.S. 『週刊女性』1月29日号(1月15日発売)に、イタリア・Santoni社

     の「BETONES」(ビトーンズ)だという説が掲載されたという不確

     定情報が流れてるが、各種検索をかけても、信頼できそうな情報

     はネット上に見当たらない。目次に、芸能スクープワイドの一つとし

     て、「拓哉(カラフルパンツ)と書いてることだけは確認できた。この

     程度なら、Gravevault説の方が有力だ。

    

     (追記: 読者の方が『週刊女性』の記事を見たそうで、やはり断

          定記事ではなかったみたいだ。)

           

P.S.2 13年春、SMAP初の5人旅行(有馬温泉・向陽閣)だと、イトー

      ヨーカドーで「ボディクーラー」を買ってたようだ。少なくとも1人は、

      ロングボクサー・タイプ。

  

P.S.3 13年12月6日のラジオ『ワッツ』でも、リスナーから「シャレオツ

       (=オッシャレ)なおパンツ」を聞かれて、一つのブランドだと答え

      てた。半端ない手触りだそうだ♪

     

P.S. 1年後の13年12月22日、再放送(再編集版)があったようで、13

     時55分くらいから、この記事や関連記事に大量のアクセスがあった。

     

     

          ☆          ☆          ☆

最後に、靴ずれ&疲労のリハビリ・ランニングについて。日曜日に、新しい

靴でいきなり30km走なんてやったら、左足の裏のキックする部分に靴ず

れが発生。歩く時もまだちょっと痛いから、潤滑剤としてクリームを少し塗っ

た上で、慎重に走ってみた。

     

すると、靴ずれは意外と痛まなかったんだけど、右足の指の表側にダメー

ジを受けてたみたいで、キックする時、つまり靴先が曲がる時にちょっと痛

んでしまった。まあ、大した事ないから、靴ヒモを調整して足が慣れれば大

丈夫だろう。30km走による脚全体の疲れはまだかなり残ってたから、鼻

呼吸のキープはかなり息苦しかったけど、何とか14km我慢。トータルで

は、1km4分54秒ペースとなった。遅いわりに心拍がやたら上がってしまっ

たけど、1km5分半のジョグでいいと思ってたことだし、良しとしよう♪ 

         

やっぱり靴の弾力が凄いね。バネがついてるみたいで、勝手に気持ちよ

く進んでくれるのだ。それでは、今日はこの辺で。。☆彡   

        

    

  往路(2.45km)   13分01秒  心拍132  

  1周(2.14km)   10分53秒     148     

  2周            10分30秒     155         

  3周           10分19秒     158    

  4周           10分11秒     161    

  5周(0.54km)   2分40秒       165

 復路           10分57秒      160

計 14km 1時間08分30秒 心拍平均152(83%) 最大170(ゴール前)

             

                                 (計 3094文字)    

|

« 21時半に帰宅、月9を少ししか見れなかった夜 | トップページ | 「三段論法」と伝統的論理学~『ビブリア古書堂』第3話の解説 »

「ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

「ランニング」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

テンメイさん、つい気になって、ネットで調べてしまいました(笑)
本家(ターキー)さんより、amazonnや楽天のショップの方が写真の
撮り方が冴えています。

ボディを使ったり、表、裏(ヒップ側)を見せたり、少し画像が大きく
なったり、色違いが出てきたり、工夫がしてあって面白かったです。
でも良く見れば、やっぱり本家の方が、さすがに商品説明は丁寧で、
読んでいて楽しいです。

今はサラサラのナイロン素材なども出てきているのかな、触ってみたい^^
伸縮素材のポリウレタン14%(24%のものもあり)だから、かなりのフィ
ット感があるのかなと感じます。伸び伸びジーンズなどでも、ポリウレタン
の配合率がそんなに高くないのですが、蒸れないのでしょうか? 
素朴な疑問です(笑)

こちらでは、まだ「さるまた」がないか?・・・というおじいさんもいて
ずいぶん違います(笑)

シルクの商品は、夏はさらっとしていいけれど、冬はひんやりするからか
な?この頃は見かけなくなりました。私も肌が弱いので、一時シルクに凝っ
たことがあって^^でも、洗濯はしわがよりやすいし、おひさまに当てれば
変色するし、耐久性はないし・・・値段の割には手入れが面倒ですよね。
>グンゼのGUNZEのBODYWILDだろうと
ピンク色確かめてきました(笑)かなりの勝負パンツですね。
>「肌に吸い付くようなフィット感」なのは分かってた。
>ただ、実際に履いてみと、手触り以上に「お尻触り」がいいのだ♪
グンゼは、ポリウレタン5%で「お尻触り」がいいのだからいったいどんなんだろう~~?と興味深々なんだけど、私の周りには、そんな高いパンツを買う人がいない(笑) 残念!!

>やっぱり靴の弾力が凄いね。バネがついてるみたいで、勝手に気持ちよく進んでくれるのだ。
そんなに違うのですね。靴ずれもダメージも早く良くなりますように~~♪

投稿: orugann | 2013年1月25日 (金) 00時19分

> orugann さん
    
こんにちは。釣られちゃいましたね♪
以前の傘とか、素材ネタには食いつきがいいかも。
     
この訂正記事もそこそこ読まれてますが、
前の2本の方が遥かに読まれてたし、
今でも前の記事だけ読む人が多いんですよ (^^ゞ
ちゃんと前の記事の一番上にリンクをつけてるのに。。
  
製造元のサイトが一般に味気ないのは、
ファッション業界全体に言える気がします。
要するに、プロ相手の商売だからでしょう。
それに対して販売側のサイトは、一般客相手だから、
丁寧で分かりやすく作られてることが多い。
   
まあ、中には手抜きの販売サイトもあるし、
ほとんど無内容な商業ブログもありますけどね。。
  
で、本家ターキーの商品説明。
ナイロンとポリウレタンの比率!
いやぁ、恐れ入りました。違いが分からない(笑)。
なるほど、ポリウレタンは伸縮性、抗張性が強いのか。
ただし、水や経年劣化に注意と。ホホーッ。。
  
ちなみに僕は、昔スーパーで、「ナイロン袋ください」と
言って、「ビニール袋ですか?」と問い返された人間です(^^ゞ
と言っても、「ビニール袋」にビニールは使われてないって
話をさっき読みましたが♪
  
ポリウレタンは蒸れるって話も初めて知りましたが、
それより気になるのが、経年劣化。
新しいビジネスシューズは、通勤ラン用に軽くて
クッションのいい物を買ったんですよ。
本革なんだけど、底はちょっと安っぽいなと思って
今、靴箱を調べたら、ポリウレタン製品だから
経年劣化による破損(!)に注意と書いてました(^^ゞ
    
いやぁ、全く気付かなかったと言うか、気にしてなかった。。
まあしかし、今まで履いてた靴の底の硬質ゴムは、
硬くて重いですからね。一長一短か。。   

   
で、「さるまた」? 久々に聞いてモヤモヤしたから、
また調べちゃいました♪
股引(ももひき)が長くて、猿股は短い。
すててこが中間ね。で、どれも根本的に素材が違う。
厚めで、白かラクダ色か、要するに昔っぽいと。
どれも、ヘソまで覆う長さがあるのも特徴ですね。
   
シルクは、イメージだけって気がしたから、
それ以降はまったく無視してます♪
ちょっと極端すぎる態度かも。
まあでも、一般人の日用品には向かないでしょう。
   
ボディワイルドのピンクを、直接確かめたんですか。
それは、僕の下半身を触るようなもんですね(笑)。
ちなみに僕が買った後、その売り場のボディワイルドは
すべて消えました。たまたま商品入れ替えしたのかな。
今はBVDの地味なパンツばっか。
それでいて、値段は変わらない。。
   
ナイロンがほとんどでも、編み方によって
お尻触りが良くなるんでしょう。
ま、単なる紙でさえ、バネみたいなものを作れますからね。
   
女性のストッキングの素材はどうなのかなと思って
調べると、比率=組成が見当たりませんが、
ナイロンとポリウレタンの混紡なんですね。
ナイロン100%は大昔の話なのかな。。
    
最後に、アシックスのランニングシューズ。
底はゴム=ラバーのようです。
ポリウレタンとの比較については、また後ほど
調べることにしましょう♪
素材の記事でも書こうかな(笑)
       
足のご心配どうも。何とか、ごまかして走ってます。
それでは、また。。shine

投稿: テンメイ | 2013年1月27日 (日) 12時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 21時半に帰宅、月9を少ししか見れなかった夜 | トップページ | 「三段論法」と伝統的論理学~『ビブリア古書堂』第3話の解説 »