« キムタクの下ネタ&ロシア隕石のインパクト | トップページ | ツイッターの日時その他の謎、スキー&スノボツアー決定など »

巨大隕石が人間に当たる確率&血マメのリハビリ・ハーフ走

RUN 21.1km,1時間47分39秒,平均心拍152

        

あぁ~、美味しい♪ 走った後のペッパー・ポテトチップ。ハーフ21kmで

1200kcalほどカロリー消費したから、お菓子3袋は食べてもいいね。コラ

コラ! 一気に食べると食後の血糖値が急上昇するから、丸1日かけて3

袋食べなきゃダメなのだ。そうゆう問題かよ。都合のいい事に、バタークッ

キーなんて物を発見。もちろん、コーラもグビグヒ飲まなきゃね。

        

さて、今夜の私の関心は、自分の左足裏の血マメに集中してたんだけど、

ブログ執筆欄の右サイドの「注目のニュース」を見ると、「隕石の重さ1万 t

にNASA修正」なんて見出しがある。ウ~ン、半ば理数系のマニア心をくす

ぐるね♪ これはもう、リスク計算するしかない。巨大隕石にぶつかる不運

の確率を。。

     

     

         ☆          ☆          ☆

滅多に起きない不運やリスクについて、「隕石にぶつかるような」ものって

言い回しは以前からあると思うけど、ネットで調べてみると意外に用例が少

なかった (^^ゞ Googleの検索オプションで語順まで一致するものを探すと、

3000件弱しかない。まあ、「隕石が衝突するような」だと24万件ヒットする

から、良しとしとこう。

       

隕石と言っても、小さい物まで含めるとそもそも正確なデータは無いはずだ

し、隕石かどうかの判定も難しい。私は小さい頃、たまたま友達が後ろから

投げた石が頭にぶつかって、大量出血して2針縫った経験があるのだ (^^ゞ

友達に悪気は全く無くて、海に投げようとしただけ。単に運動神経が鈍いだ

けだった(笑)。ただし、頭は良かったから、ありがちなパターンかも。

     

話を戻すと、ここで計算するのは、今回のロシアみたいな巨大隕石と衝突

する確率だ。昨日の時点では、直径数m~10m程度とか推測されてたけ

ど、日本時間の今日になって、直径15m、重さ7000 t (トン)っていうNA

SAの情報が到着。さらにその後、直径17m、重さ1万 t へと上方修正さ

れた。こうなるともう、地球に最接近した小惑星に近い大きさだから、その

通り過ぎただけの小惑星の方は、小さな話題にしかならない。可哀想に♪

        

問題は、落下した巨大隕石の方だ。NASAによると100年に1度くらいと

いう話だから、一生に1度、こうゆう事件があると仮定しよう。直径17m

隕石がどのくらいの地表面積と衝突するのか分からないけど、破片も含め

て大まかに、100倍の直径の面積とぶつかることにしておけば、文字通り

「当たらずとも遠からず」だと思う。つまり、直径1700m=1.7kmだから、

半径は0.85km。円の面積は0.85×0.85×3.14≒2.3km²

       

      

          ☆          ☆          ☆

一方、地球の表面積は、ウィキペディアによると約5億km²。これは、球の

表面積の公式、4πr² ともほぼ合ってる(πは円周率、rは半径)。また、世

界人口は約70億人。ということは、1km²当たり約14人の割合。 よって、

2.3km²あたりだと約30人。

     

結局、一生に一度の巨大隕石人間に当たる確率は、

    30(人)÷70(億人)≒「1億分の0.4

                 ≒ 0.000000004

       

実は、世界人口はこの確率と関係なくて、要するに2.3km²÷5億km²って

計算なんだけど、その点はこだわらないことにしとこう。とにかく、年末ジャン

ボ宝くじの1等(1000万分の1)が当たる確率の1/25だから、ジャンボ隕

石はまず当たらない♪ 

          

ちなみに、30人とぶつかるという計算値が大き過ぎると思うかも知れない

が、隕石の大きさを100倍で計算してるのがまずポイント。あと、もし市街

地なら100人以上になったはずで、人口のまばらな分布の影響もあるの

だ。上の計算は、全人口が地表に平均的に分布してると仮定してある。

      

   

         ☆          ☆          ☆

という訳で、心配症の方々に安心をもたらした所で(笑)、個人的な気がか

りの話に移ろう。私にとっては、前回の30km走で出来てた血マメの方が、

隕石よりも重大なのだ♪ 既に起きた事だから、出会う確率100%になる。

調べてみると、過去にもこの時期に起きてたから、要するにフルマラソン向

けの長距離走の影響だね。

         

前回の終盤、小石で左足が痛んだと書いたけど、実は自分の足の小さな

豆って言うか、硬くなった皮膚だったらしい。そこは、カッターでちょこっと切

れば何ともなくなったけど、その前側に直径4cmくらいの巨大血豆が出来

てた。道理で、走り終わって靴を脱いだ後まで痛いなと思ったわけだ。

     

血マメの内出血はすぐ止まったし、皮も破れてないんだけど、圧迫されると

痛みがあるし、皮膚が僅かに硬化した部分はあちこちある。そこだけ、少

しカッターで削って、3日ぶりのランニングに出かけてみた。ちなみにカッ

ターは昔から使ってる技で、危ないから、決してお勧めはしない。まあでも、

わざわざ病院に行く人間はいないだろうから、みんな似たようなことをやっ

てると思う。ヤスリで削るとか、爪ではぎ取るとか。今回は、イボコロリを使

うほどではなかった。

         

     

         ☆          ☆          ☆   

まだ30km走のダメージがあるし、元々不調だし、1km5分半でもいいか

らハーフを走り切ろうと思って、序盤はゆっくり。その間に身体が温まって、

有酸素運動システムが作動。中盤からは自然にペースアップして、キレイ

に21.1km走り切ることが出来た。気温0度で北風も3mあったのに、タ

イツ2枚履きだったからか、寒いのは最初の10分だけだったね。

      

トータルでは1km5分06秒。ま、ペースのわりに心拍が高過ぎるけど、感

触は良かったし、OKとしとこう。新シューズのGT2000を履いたんだけど、

ゆっくりだからか、全く足が痛まなかった。ちょっと馴染んだのかも♪ 明日

はホントは休む予定だったのに、月火が雨の予報なんだよなぁ。明日の夜

の最新予報を見て、判断することにしようか。では、今日はこの辺で。。☆彡

         

    

  往路(2.45km)   13分15秒   心拍138  

  1周(2.14km)   11分29秒      146     

  2周           11分28秒      147         

  3周           11分11秒      150    

  4周           11分02秒      152    

  5周           10分40秒     156

  6周           10分33秒     157

  7周           10分31秒     160

  8周(1.22km)    5分59秒      161

 復路           11分32秒      159

計 21.1km 1時間47分39秒 心拍平均152(83%) 最大169(ゴール前)

               

                                  (計 2564文字)

|

« キムタクの下ネタ&ロシア隕石のインパクト | トップページ | ツイッターの日時その他の謎、スキー&スノボツアー決定など »

「ランニング」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キムタクの下ネタ&ロシア隕石のインパクト | トップページ | ツイッターの日時その他の謎、スキー&スノボツアー決定など »