« 管理ページが重過ぎて疲れたし、今日は超~短めで | トップページ | 全記事一覧(13年1月~3月) »

マイレージの距離1マイル、陸里(約1609m)でなく海里(1852m)

個人的な予想通り、首都圏の雪は先月より遥かに少なくて、電車と駅が少

し混乱した程度だった。ちょっと物足りなく感じたほど♪ 先月の大雪なん

て、2週間後まで街中に残ってたもんね。。

   

さて、今夜はちょっとだけサッカー観戦。単なる親善試合だけど、アクセス

解析を見ると、ゴール横の看板に見えるダマシ絵の解説記事がちょっとウ

ケてたから、自分でもテレビで再確認してみた。いやぁ、理論的によく分かっ

てるのに、どうしても芝生に敷いた布が本物の直立した看板に見えるね。

ごく一部の映像は、CGで補ってたような気もする。とにかく、折角見たから

早速、僅かな感想を追記しといた。ま、試合が終わった途端、プチ流行が

終わるんだけど (^^ゞ

    

ちなみに昨日の夜遅くには、NHKのEテレの影響で、ノーベル賞の婚活

理論がプチヒット♪ これまた一言、追記しといた。やっぱりまだまだ、テ

レビの影響は圧倒的だと思う。視聴率の低下も、かなり表面的な現象で、

録画率の高さとかが大きく影響してるらしいしね。。(朝日新聞1月31日・

朝刊)

        

      

        ☆          ☆          ☆

そんな感じで、総合マニアック・ブログは、既に書いた記事のお手入れだ

けでも時間を取られるのに、また別のマニアックな話にズブズブとハマっ

てしまったのだ♪ こうなったら、記事を書かなきゃ元が取れないね。ま、書

いても読まれても、1円にもならないタダ働きの連続だけど (^^ゞ ちなみに

アメーバの有名人ブログは、ペニオクと関係なくても、契約料や商品宣伝の

成功報酬で儲かるという話が出てた(週刊実話のネット記事、1月10日)。

     

とにかく、単なる小市民が今回ハマったのは、「マイル」(mile)という単位

なのだ。これ、普通の日本人には馴染みがない単位だったはずだけど、

飛行機関連のマイレージ・サービスを通じて一気に一般化した感がある。

   

私自身は、高校陸上部で中・長距離走をやってた頃から、マイルには引っ

掛かってたのだ。と言うのも、日本ではフルマラソンが人気だけど、欧州で

は中距離の競技場観戦が人気。特に、日本では聞かない1マイル・レース

が人気って話だったけど、1マイルが「約」1609mっていう中途半端な規

定が許せなかったわけ♪ 約1.6kmなんて概算はなおさらだ。 

             

1609mだけでもハンパなのに、「約」なのだ。正確には、1609.344m。

覚えてる日本人はほとんどいないだろう。フルマラソンの42.195kmや、

ハーフの21.0975km、円周率の3.141592までなら覚えてるけどね。。

       

    

         ☆          ☆          ☆

その、モヤモヤするマイルに今回こだわったキッカケは、月曜日の大気汚

染の記事。中国の地上から微粒子が上空に舞い上がって、偏西風に乗っ

て日本に来襲する。この距離と時間をチラッと考えた時、飛行機の距離を

見て、マイル表示を1.6倍して、およそのkm数に直したのだ。2地点間の

単純な直線距離よりは、少し長くなる。

     

kmの数字を書きながら、「アレッ、確かマイルって何種類かあったよな・・」

と思ったけど、眠いからとりあえず記事をアップ。翌日、試しに調べたらやっ

ぱり、「違ってた」・・・と言うより、「違うような」のだ。

           

ウィキヘディアの「マイレージサービス」の項目に、目立つ形でこう書かれ

てる。「・・・一般的に単位はマイル(陸上マイル≒1609mではなく海里=

1852m)」。普通の陸上マイル(陸里)を m に換算するより、海里だと

15%も長くなる。逆に m をマイルに直す時、海里だと約18%も短くなる。

      

普通はこんな事を調べないだろうし、調べてもここで止めるだろう。実際、

ネットで検索すると、かなりのサイトがウィキのこの文章を引用して終わっ

てるのだ。しかし、マニアック・ブロガーはここでも2点、引っ掛かった。ま

ず、ウィキのその文、強調してるわりには情報源が示されてない。また、

「一般的には・・・」と書いてるから、場合によっては例外がある可能性が

残されてる。

   

そこでまず、「一般的には」日本版より出来のいい英語版ウィキを見ると、

海里だという話は書かれてない。ますます怪しいと思って、国内のサイト

を見ると、JALもANAも国交省も書いてないし、ある航空専門サイトには、

全く逆の説明まで書かれてた。「航空会社のマイレージサービスのマイル

は国際マイル(1mi=1609.344m)を使用している」。。

      

    

         ☆          ☆          ☆

こうなるともう、止まらない♪ そもそもマイレージの場合、マイルというの

はフライト(搭乗)の距離だけでは決まらないし、フライト以外の買い物とか

でも溜まるわけだけど、元々「マイレージ」(mileage)という英単語はマイ

ル数を示す言葉。当然、JALもANAも、飛行機の「区間距離」について

HPで色々説明している。

                        

要するに、IATA(イアタ=国際航空運送協会 : International Air 

Transport Association)のTPM(運賃計算に使用する区間距離 :

Ticketed Point Mileage)を基準にして、羽田-大阪なら280マイル

と決めてるのだ。

   

そこで、IATAの英語サイトに飛んで、TPMのマニュアルを探すと、高価な

販売品になってて、無料情報が無い。どうも、毎年4月と10月に更新され

て、10月分を元にJALは区間マイルを改定してるようだ。ところが、その

TPMマニュアル、ネット上を探し回っても情報が出て来ないどころか、国

立国会図書館にさえ無いらしい。超稀少本だね。。 (^^ゞ

      

    

         ☆          ☆          ☆

英語のサイトをあちこち調べてもダメだったから、遂にネットは断念。最後

は、人力に頼ることにした。問い合わせの電話だ。

   

私がこんな事をするのは、3年ぶりだと思う。ブルボンの美味しいチョコクッ

キーの名前、「アルフォート」が何語でどんな意味なのか。ネットで怪しげな

情報が広まってたから、電話で聞いてみると、やっぱりネット情報は全て間

違いだった。間違いがすぐに拡散してしまう所が、ネットの怖さ、特にツイッ

ターの怖さでもある(リツイートなど)。

     

とにかく、航空会社への問い合わせ電話の結果、やっぱり海里(nautical

 mile)との事だった。ただ、IATAのマニュアルを確認しての返答ではなく、

社内の取り決めみたいだったから、マニアとしてはまだ少し気になってる♪

まあ、日本の2社は海里で間違いない。羽田-大阪の280マイルに1.852

を掛けると、519km。国交省HPによると514kmだから、ほぼ合ってる。

もし陸里だと、大幅に違う値になってしまうのだ。

        

しかし、一番基本の単位の根拠をどこにも書かないなんて、物理や数学の

世界じゃ、あり得ないことだけどね。関係者の方々、なるほどと思ったらHP

に追記して頂けるとスッキリする。もちろん、国際マニュアルの該当文章を

引用しながら。。

    

ってことで、毎日更新のマニアック・ブロガーは寝るヒマが無くなって、ヤバ

イのだ (^^ゞ って言うか、実はまだ仕事中だったりする(笑)。では、今夜

はそろそろ、この辺で。。☆彡

              

                                (計 2860文字)

|

« 管理ページが重過ぎて疲れたし、今日は超~短めで | トップページ | 全記事一覧(13年1月~3月) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 管理ページが重過ぎて疲れたし、今日は超~短めで | トップページ | 全記事一覧(13年1月~3月) »