« また徹夜明け・・・コンクラーベ(根比べ)の思い出とか♪ | トップページ | レース前、最後の長距離走&半年ぶりの亀梨ラジオ »

美輪明宏『ヨイトマケの唄』の背景~朝日新聞be・うたの旅人

(☆13年3月30日追記: シリーズ最終回の記事をアップ。

  卒業式ソングの新定番、「旅立ちの日に」~朝日・うたの旅人(最終回) )

    

    

          ☆          ☆          ☆

2010年・大晦日のNHK『紅白歌合戦』、植村花菜が延々と『トイレの神様』

を歌った時も話題になったが、2012年の『紅白』ではもっとインパクトのあ

る曲が延々と6分間、1人で歌われた。美輪明宏本人の作詞・作曲、『ヨイ

トマケの唄』。

   

私もブログ記事ですぐに褒めたし、紹介役だったキムタク=木村拓哉の目

もウルウル。そのキムタクの天敵で、辛口テレビウォッチャーとして有名な

今井舞も、確かこの曲だけは絶賛してたと思う(たぶん『週刊文春』)。ネッ

トでの評判も、総じてかなり良かった。

               

と言っても、実はYouTubeに溢れる違法動画の再生回数だけ見ると、それ

ほどの数でもない。ということは、一部の人達の心に突き刺さって、その他

多くの人からも静かに受容されたということだろう。高齢者の方などは、昔

から何度も見聞きして、特に驚きが無かったかも知れない。元々、定評ある

曲で、他の歌手によるカバーも多いとのこと。私自身は、この曲も、美輪の

黒っぽい真面目な外見も、全く初めてだったから、かなり驚いたけど、一瞬

でテレビに引き込まれた。

        

この曲を深く取り上げたのが、今日(3月16日)の朝日新聞・朝刊、別刷

be。大型企画「うたの旅人」の1本として、今回はこの「うた」と共に、九州

へと取材旅行(中島耕太郎記者)。と言っても、美輪(本名・丸山)の出身

地・長崎市ではなく、筑豊炭田の中心地・福岡県飯塚市だ。この企画の旅

先は毎回、適度なヒネリが入ってる。。

      

    

        ☆          ☆          ☆

130316a

  まずは、位置を確認しと

  こう。左はウィキメディア

  で公開中の九州の地図

  で、DEMIS Mapserver

  が出典。私が加えた上

  側の丸が、ほぼ筑豊炭

  田の辺りだ。左下の丸は

  長崎市。同じ北九州でも、

  100kmほど離れてる。

       

  さて、「ヨイトマケ」という言葉

  の説明は、紅白の前くらいか

ら、あちこちに書かれて来たが、念のため、ここでも引用しとこう。

     

    「よいっと巻け!」は、工事現場の機械化が進んでいなかったころ、

    綱を引いて槌(つち)を上下させて、地盤を突き固める作業の時に

    使われた掛け声だ」 (今日の朝日の記事)

     

つまり、50年ほど前の一般的な工事風景の様子であって、「父ちゃんのた

めなら エンヤコラ 母ちゃんのためなら エンヤコラ」といった掛け声的な

労働歌も、昔からあったんだろう。ウィキペディアのこの曲の項目を見ても、

そんな感じのことが書いてあった(関連項目の箇所)。

   

美輪の曲の作詞には、2つの個人的経験が重ねられてるらしい。まず、小

学校のクラスで「最も汚らし」かった友達の母親の姿。「○○○のためなら

エーンヤコーラ」と本当に歌いながら働いてたそうだ(原文では、○○○は

友達の名前)。もう一つの個人的な話は、苦労してエンジニアになった別

の友人の姿。これは特に、歌詞の後半と関わるエピソードだ。

           

美輪本人は、2歳で母親と死別。記憶は、死に顔しかないそうだが、これ

は後になって作られたイメージかも知れない。ウィキを読むと、美輪の少年

時代の苦労を強調した説明になってるが、朝日は必ずしもそうゆう論調で

は書いてない。そもそも海星中学(長崎の私立)から国立(くにたち)音楽大

学附属高校(東京の私立)に行ってるのだから、少なくとも中退まではそれ

ほど生活には困ってなかったはずで、成績も優秀だったんだろう。その後

も、美少年シャンソン歌手として、人気者だったようだ。。

     

     

           ☆          ☆          ☆

そんな華やかな側面も持つ美輪が、地味な『ヨイトマケの唄』を作るキッカ

ケになったのは、50年代後半の筑豊地方での仕事。35年生まれだから、

20代の前半ということになる。ちょうどその頃、石炭から石油へのエネル

ギー転換が進み始めて、特に筑豊炭田では急速に街の衰退が進んだらし

い。炭鉱そのものも、石炭の濫掘や設備酷使で疲弊してたとのこと。

           

用意されたタクシーで行き着いた先は、石炭の粉で黒ずんだ街。収容人数

100人ほどの小屋で、痛んだ床に細いヒール(女物か?)をめりこませ、ロ

マンチックで甘美な世界を歌ってる時、ふと客席に戦慄、恥ずかしくなった

そうだ。石炭で黒い手や、顔のしわの黒光り、子どもたちの疲れた瞳。「こ

の人たちの前で歌える歌が、私にはない」。。

        

この時から、『ヨイトマケの唄』など、社会的な歌を作るようになったとのこと。

と言っても、ヨイトマケは64年のリサイタルで発表、レコード発売は65年だ

から、筑豊炭田での出来事からは5、6年ほど時間が経ってる。朝日はまっ

たく書いてないし、ウィキの説明も曖昧だが、おそらく60年前後くらいに、同

性愛を公言したようだ。当時の時代背景を考えると、少なくともプラスには

働かなかっただろう。最近の日本なら、一部芸能人にはプラスかも知れない。

    

同性愛公言との関係は、時間的にも内容的にもよく分からないが、とにか

く美輪が低迷から再び(?)脚光を浴びたのは、ヨイトマケのヒットだったら

しい。ウィキには40万枚という数字もある。ただ、古い話だということもあっ

て、説明の信頼性はちょっと微妙ではある。

         

例えばウィキには、『木島則夫モーニングショー』で10万通を超える投書が

あったと書いてるが、そこには先日、「要出典」との注意書きが付けられた

(3月3日)。今日の朝日では、2万通と書いてある。テレビ朝日の元になっ

た局・NETの番組でもあるし、当時のテレビの普及度(63年に1600万台)

を考えても、2万という数字の方が本当らしく感じられる。1億台以上のテレ

ビが普及した今現在の、ネット動画の再生回数でさえ、数千~数十万回な

のだ。もちろん、明白な根拠ではないが。

       

    

          ☆          ☆          ☆

こうしてみると、美輪とヨイトマケの唄の関係は、かなり複雑だということが

分かる。少年時代のプライベートな思い出2つは、自分ではなく友人の話だ

し、転機となった筑豊でも、美輪は派手な格好で華やかな曲を歌ってた。

だからこそ、一気に逆方向に向かったのかも知れない。

      

紅白では、暗いステージに黒い衣装で出て、いつもの金髪ではなく黒いか

つら。テレビカメラの切り替えも僅か2回で、貧しくも美しい労働者の世界

を、男として歌ってる。歌詞、メロディー、声を震わせる独特の歌い方、思

い切り込められた感情。どれを取っても、今時、非常に珍しいもので、しか

も人間の生の本質を突いた内容だから、少なからずの人々の心を打った。

       

とはいえ、昔は反発その他も色々あったようで、華やかな衣装を捨て、素

顔に白シャツでヨイトマケを歌った美輪に、「そんな歌はやめろ!」とトマト

を投げた客もいたらしい。「ストーンと人気を失って苦しい時代になった」。

      

ちなみに、石炭とか炭鉱というと、日本社会では寂れた昔話のようなイメー

ジもあるが、世界的には今でもエネルギーの主力となってる。日本でも、家

庭では見かけなくなったが、ここ10年の発電で見ると、天然ガスと石炭に

よる火力発電と原子力発電が三本柱だったのだ。もちろん3・11以降、原

発は急減したが。

     

とにかく、筑豊を始めとする日本の炭鉱が寂れたからといって、世界的に

炭鉱や石炭が過去のものとなってるわけでは全くない。今でも十分、「黒い

ダイヤ」であって、天然ガスや石油より埋蔵量が長持ちするという情報もあ

る。問題は、地球温暖化の原因とされてる温室効果ガス・CO2(二酸化炭

素)の発生量が多い点だろう。。

     

    

          ☆          ☆          ☆

最後に、ふと気になったのが、美輪の語る友達のエピソード。鼻水を、母

親が口で吸い出してたというのだ。素朴で無償の愛というテーマの原型だ

ろうが、そういえば最近、鼻水を露骨に垂らした「鼻たれ小僧」というもの

を見かけることはない。花粉症は別物だろう。

      

ネットで軽く調べると、衛生環境や栄養状態(蛋白質など)の改善、免疫機

能の上昇などが一応挙げられてるが、信頼できそうな医療系サイトは発見

できてない。鼻炎や風邪の大衆薬の進歩&普及は関係してるかも知れな

いが、ティッシュペーパー(ポケット型など)の普及はあまり関係ないだろう。

ま、昔の鼻たれ小僧より、今の花粉症患者の方が遥かに人数が多いこと

だけは確かだと思う。いまやマスクは、日本独特の慣習とか文化の一つ

となってるほどだ。

     

なお、美輪が強調する「無償の愛」というものは、また別の機会に考えてみ

たい。私は、その言葉に値する美しい思いや行為があるという事について

は素直に認めるが、では本当に無償、無報酬で何も求めてない、美しい魂

の表れなのかというと、少し違うだろうと考えてる。美輪が、なぜ母親を歌っ

たのかという点も興味深い所だ。というのも、エンヤコラと頑張るのは、父

親の方が普通だろうから。

      

それにしても、「土方」や「ヨイトマケ」が差別表現とされてた(or されてる)

とは知らなかった。「土木」という言葉も何となく避けられてる気がするが、

土木建築は社会の基本だし、肉体労働は人間の基本だろう。

          

では、今日はこの辺で。。☆彡

              

    

       

P.S. この日の朝日beでは、もう一つの大型企画「フロントランナー」で、

     サザンオールスターズでもお馴染み、桑田佳祐が登場(神庭亮介

     記者)。大震災からの被災地の復興と、食道がんからの自らの復

     興を重ね合わせてた。

      

     デビュー曲『勝手にシンドバッド』以降、文法無視で日本語を解体、

     「桑田語」を駆使してたが、近年は日本人として、日本語に回帰し

     てるそうだ。無期限活動休止のサザンも、35周年ということで、

     「ファンに誠意を見せるチャンスかな」、と締めくくってた。

   

P.S.2 13年8月21日、NHK『真夏の夜の美輪明宏スペシャル』で、紅

      白の裏話を紹介。キムタクによる曲紹介は、美輪自身から受け取っ

      た手書きの文章を、咀嚼して喋ったものらしい。美輪は非常に喜ん

      だようだ。

               

                                 (計 3999文字)

|

« また徹夜明け・・・コンクラーベ(根比べ)の思い出とか♪ | トップページ | レース前、最後の長距離走&半年ぶりの亀梨ラジオ »

社会」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« また徹夜明け・・・コンクラーベ(根比べ)の思い出とか♪ | トップページ | レース前、最後の長距離走&半年ぶりの亀梨ラジオ »