« パズル「絵むすび」、論理的な解き方2~ニコリ作・朝日新聞be | トップページ | 廃線後の線路のレール上を走る自転車、ガッタンゴー in 神岡 »

SMプレイと虐待トラウマ~『フィフティ・シェイズ・ダーカー』

15年7月8日追記: 映画批評をアップ(約6000字)。

    鉛筆を唇にあてて夢見る女の子

             ~映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』レビュー

 

 

         ☆          ☆          ☆

いまや世界で8400万部(!)を超える大ベストセラーになったという、ママ

向けSM小説3部作、『フィフティ・シェイズ』。その第一弾である『フィフティ・

シェイズ・オブ・グレイ』(早川書房)について、3ヶ月前に簡単な感想記事を

書いたら、予想以上のアクセスが続いてる。

 

  大ベストセラーのママ向けSM小説、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』

 

正直、それほど男性ウケする内容とは思えないので、やはり女性にウケて

るんだろう。少し見方をズラすと、あまり男性ウケしないから、書き手が少な

くて、ネット情報もそれほど多くないのだと思う。

 

意外なことに、日本のウィキペディアにはいまだに項目が無いし、英語版

のウィキでさえ、第一弾『グレイ』の項目があるのみ。第二弾『ダーカー』

(原書は2011年9月)、第三弾『フリード』(同・12年1月)の項目は無い

し、『グレイ』の項目に全てがまとめられてる訳でもない。やはりこれは、

変わった官能小説だ。。

 

(☆15年1月28日追記: その後、『ダーカー』の英語版ウィキは14年6月、

                 『フリード』の項目は14年8月に作成されてた。

                 また、『グレイ』の項目を読むと、既に1億部を突

                 破してるらしい。)

 

 

         ☆          ☆          ☆

あらためて確認しとくと、「フィフティ・シェイズ」(fifty shades)とは、五十

の陰=彩(あや)。直接的には、主人公の一人であるドミナント(dominant

=支配者)の美青年・グレイ(Grey)の性格が、「五十通り」に歪んでること

を表してる。

 

さらに言うなら、作者のE.L.Jamesは英国の女性で、英国では「grey」

という綴りが「gray」(グレー=灰色)を表すらしい。すると元のタイトルは、

灰色の五十通りのニュアンス、といった感じの意味にもなる。灰色とは、苦

悩する男性・グレイを表すと共に、彼をそういった状況に追い込んだ不幸

な境遇や世の中全体をも表すだろう。

 

つまり、第一部では金・名誉・美貌・権力を誇示するドミナント(支配者)と

して描かれてたグレイは、実はサブミッシブ(submissive=服従者)でも

ある。だからこそグレイは、第二部において、自らにとってのサブミッシブ

であったはずの若い女性・アナの前にひざまずいて、涙までこぼすのだ。

 

SとMの関係は常に反転可能で両義的なものだというのは、精神分析学

その他、心理学が昔から示してたことだし、実際の世の中を見ても確かに

そう感じる。その意味でやはり、このマミー・ポルノは基本を押さえてある。

 

さらに三部作全体で見ると、幼児期の虐待からの回復を鮮やかに描いて

るのだ。つまり、まず『グレイ』で歪んだ性癖を描き、『ダーカー』(darker)

では彼の「より暗い」領域に入って行く。BDSM(Bondage・Discipline・

Sadism・Masochism=束縛・調教・サド・マゾ)にのめり込ませた幼児期

のトラウマ(Trauma=心的外傷)と、それ以降の成長過程。そしておそら

く最後、『フリード』において、彼はアナの手助けで「解放される」(フリード=

freed)はずだ。

 

裏返せばそれは、処女の女子大生だったアナスタシア・スティールが、立

派な素人セラピストへと成長することでもある。ただし、それだけでは普通

過ぎるので、SMというセクシャルな仕掛けを導入し、大当たりしたというわ

けだ。前回の記事では、私はあまり評価しなかったが、『ダーカー』を読ん

だ後では、かなり評価が上がってる。精神医学的な回復&成長物語として

なら、かなり面白く出来上がってる部類だろう。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

では、その第二部、『フィフティ・シェイズ・ダーカー』の中身を見て行こう。邦

訳は2月26日に出版されたばかりだ(池田真紀子・訳)。まだ読んでない人

が多いだろうから、以下はかなりのネタバレ的内容になる。くれぐれも、ご注

意あれ。。

 

『グレイ』では、ヒロインである女子大生アナの日常生活から話がスタートし

たが、今回はいきなり、「ダーク」な重い場面から始まる。薬(ドラッグ)に溺

れた売春婦と、その小さな男の子のもとに、ヒモである男がやって来る。こ

の男が、実の父親かどうかはともかく、男なのにバックル付きのブーツを履

いて、ベルトで母親を叩くのだ。続いて、テーブルの下に隠れてる男の子を

探し出す所で、グレイの悪夢が覚める。ここまでがプロローグで、英語なら

アマゾンHPで読める。

 

さらに、ここまでの流れから容易に予想できるように、男は子どもをタバコ

の灰皿代わりにして、グリグリ押しつけて火傷を負わせたようだ。消えずに

残った痕を見せたくないから、その男の子はやがて、自分を見るな、触る

なと命令することになる。それが、五十通り(フィフティ・シェイズ)に歪んで

成長した、あるいは成長しそこねてアダルト・チルドレンとなった、グレイな

のだ。

 

 

          ☆          ☆         ☆

彼の幼児体験の影響は、直後のアナとの会話でも遠回しに表現される。

この小説、よく読むと、軽い婉曲表現に満ちてるのだ。

 

第一部『グレイ』の最後は、本気で強く叩いて欲しいというアナの願いに

従って、グレイがアナを叩き、耐えられないと悟ったアナが、別れを決意

する。彼からの卒業と大学からの卒業が重ねられた後、第二部の冒頭

では、新人OLアナが。彼からの誘いに再び応じてしまう。この間、僅か

数日しか経ってない♪

 

そして、アナが友人ケイトのハイヒール・ブーツを借りて履いてた時、グレ

イの目が暗く光るのだ。この時点では、幼い頃の父親のブーツを思い出

させるものだろうと感じるのだが、『ダーカー』の終盤までには、どうやらも

う一つの意味がありそうだと気付くことになる。つまり、十代の少年グレイ

を支配した年上の美女、エレナ・リンカーンの象徴ということだ。ハッキリと

は書かれてないが、女王様と言えば定番アイテムがハイヒールのブーツ

だろう。とりわけ、BDSMの世界では。ちなみにグレイのハイヒールへの

こだわりは、他の場所にも書かれてた。

 

幼い頃のグレイには、暴力的な男(父でないと語ってる)のブーツが目の

前に君臨した。少年時代には、エレナの女王様ブーツが君臨した。そし

て今、目の前には、サブミッシブ(服従者)に仕立てようとして上手くいか

ない女性、アナのブーツがある。グレイの目が「より暗く」(ダーカー)なっ

た後、あっさりアナの前でひざまずいてしまうのは、自然な流れだろう。

 

ただし、一時的な服従だし、比較的ノーマルなアナとしても、支配者の側

に転じる気は毛頭ないわけだ。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

ここで、五十通り(フィフティ・シェイズ)とまでは言わないものの、グレイの

歪みを要素に分解してみよう。

 

まず、かなり単純な模倣、あるいは反復がある。幼い頃、心に固着してし

まった父親の姿のように、支配的な男性として女性を服従させるのだ。あ

る意味、退行と言ってもいいし、強迫的なロールプレイ(役割演技)と言っ

てもいい。次に、自己否定とか無力感。つまり、幼い頃、何も抵抗できな

いまま虐待されてしまった経験(自分&母)が、そのまま残ってしまってる。

 

続いて、母親へのアンビバレント(両面価値的)な強い思い。言葉の本来

の意味での、マザー・コンプレックス。つまり、母はどうしようもない状態に

なってたし、自分を助けてもくれなかったから、憎むべき対象である。しか

しそれでも、自分は母が好きだったし、暴力的に支配される母を見て、幼

心に可哀想だとも思っただろう。倒錯的快感も混ざってた可能性がある。

 

こうした複雑な思いが、若き億万長者へと成長した後のグレイにも潜んで

るので、つい母親に似た女性を愛し、かつ支配してしまう。その最たるもの

が、アナだったわけだ。そうすると『ダーカー』の序盤で、友人男性・ホセが

アナを撮った写真を、グレイが買い占めた意味も分かるだろう。単なる男

の嫉妬ではなく、「母親」の写真を買い占めたということになる。そう言えば、

グレイのヨットにも、「育ての母」の名前(グレース)が付けられてた。それを

知ったアナは、複雑な反応を示していた。

 

さらに言うなら、グレイが支配者として、服従する女性を叩くことは、要する

に自分を叩くことでもある。支配者に逆らえなかった幼い無力の自分を、

目の前の女性へと投影して叩き、罰すること。その思いを、普通の性的欲

望と重ねると共に、自分自身はもはや痛い思いをしなくて済む。

 

ただし、15人ほどいたらしい服従女性はやはり、「本物」ではなかったから、

関係(あるいは契約)はすぐにアッサリ終了した。ところが幸運にも。ようや

く「本物」に巡り合えたのだ。自分を愛してくれると共に、BDSMの趣味も

適度に共有してくれて、しかも自分に服従してしまうことはない、絶妙な位

置を保つ素敵な女性。それこそ、アナ・スティールだった。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

精神分析的には、グレイは、歪み過ぎたエディプス・コンプレックスに苦悩

し続けてる。つまり、両親への複雑な思いが、あまりに強くて複雑なので、

正常な大人への成長が出来ないままなのだ。あるいは、ファルス(男根=

男性性)の欠如をめぐる複雑な思い、去勢コンプレックスに苛まれ続けて

ると言ってもいい。

 

この美青年を救うのは、最終的にはヒロインのアナだが、媒介役として登

場する医師(ドクター)は、やや変わった治療法を提案している。SFBT。

ソリューション・フォーカスト・ブリーフ・セラピー(Solution Focused Brief

 Therapy)で、「解決志向短期療法」と訳されてた。

 

現代の精神医学は薬で治療するし、普通の心理療法は患者(クライエント)

の過去(と現在)を重視する。それに対して解決志向短期療法では、患者

の未来をどう決定し、どうやってそこに向かうか、その点にフォーカス(焦点)

を絞り、未来志向で少しずつ対話を進めて行くらしい。プラトンからヘーゲル

に至る哲学の歴史も踏まえてのことか、「弁証法的アプローチ」という言葉

も使われてた。

 

『フィフティ・シェイズ』の物語全体も、文章的には長編だけど、時間的には

まだあまり経過してないと思われる。わりと「短期」間にグレイとアナが結婚

し、子どもも生まれ、グレイが過去の束縛からフリーになる(フリード)。一

方、グレイの過去については、直接的には少ししか語られないわけで、その

意味では、グレイに対するアナの支え自体が、解決志向短期療法(SFBT)

とも言えるだろう。    

 

本物の(狭義の)SFBTという談話療法については、英語版ウィキに興味深

い説明がある。例えば、こんな風変わりな質問&応答が行われるらしい。

 

  カウンセラー: 「この後、今夜あなたが眠ってる間に奇跡的な変化が

            起きて、問題が解決したとします。あなたが翌朝、そ

            の事に気付くとすると、何が改善のしるしでしょうか?」

 

    患者:   「分かりません・・・・・・あぁ、例えば、誰かに悪口を言わ

           れても心が乱れないということでしょうかね」

 

この時、差し当たりの目標として、「悪口を言われても心が乱れない自分」

というものが置かれる。では、心を乱す代わりに何をするのか、といった感

じで、より良き未来の自分を志向していくようだ。。

 

 

          ☆          ☆          ☆  

なお、世俗的興味が向かいやすい性的な描写は、『ダーカー』よりむしろ『グ

レイ』の方が目立ってた気がする。『ダーカー』ではむしろ、精神医学的な話

や、周囲からの様々な嫉妬(男&女)などが描かれてるので、『グレイ』の方

が発行部数が多いのは自然なこと。英語版ウィキが『グレイ』しか扱ってない

のも理解できるだろう。

 

まあ、折角、本の表紙に仮面を描いてることだし、仮面舞踏会のシーンくら

いはもう少しエロスを表現して欲しかった気はする。普通のSM小説なら、

「おそらく」もっと過激なエピソードが組み込まれる所「だろう」♪ その辺り

は、今後の映画化に期待するべきかも知れない。

 

男性読者として、ちょっと思ったのは、解放された後のグレイにとって、今度

は女房と子どもが手枷・足枷になるのではないか、ということ。まあ、それは

健全なBDSM、束縛&攻撃プレイなのかも。ちなみにアナも、グレイの医師

も、合意に基づく健全なSMプレイには賛成してた。

 

特にアナのお気に入りは、紐でつながれた2つの銀の球を入れた状態で

叩かれることらしい♪ 名前はアナ・スティール(Ana Steele)だが、アナ

ル(anal)の奪取(steal)については少し待って、という感じだった。この辺

りも、女性向けSM小説の特徴の一つかも知れない。

 

ここまで来たら、3月22日刊行予定の第三部『フリード』も読んで、レビュー

したいと思ってる(☆追記: 4月上旬に延期)。ただ、既に物語の全体が見

えた気もするので、意外性が無かった場合、レビューと言うより単なる短い

感想記事で済ませるつもりだ(15年2月現在まだ延期中)。解放された2人

が自由にプレイする様子が刺激的なら、話は別だけど♪

 

それでは、今回はこの辺で。。☆彡

 

 

 

P.S. 15年2月11日のベルリン映画祭での上映では、評価が分かれてる

     ようだ。公式動画から予想されるように、かなりソフトな内容らしい。

     続編2本は既に確定してるようで、『ダーカー』公開2016年の予定。

 

P.S.2 17年の夏になってようやく、既に日本で『ダーカー』の

      映画が公開されてることに気づいた。『グレイ』と違って、

      あまりにも話題になってないが、6月23日に公開開始。

      関東では早くも公開終了。

 

      一方、海外では、評価はさておき、まずまずヒットしてる

      ようだ。全世界の興行収入は現在、約400億円。日本

      のデータは見当たらないが、この100分の1くらいか。。

 

 

 

cf. 大ベストセラーのママ向けSM小説、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』

 

                 (計 5441文字)

       (追記 174字 ; 合計 5615字)

|

« パズル「絵むすび」、論理的な解き方2~ニコリ作・朝日新聞be | トップページ | 廃線後の線路のレール上を走る自転車、ガッタンゴー in 神岡 »

心理学」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

うんうんと頷くいながら一気に読みいってしまいました!。多くの読者とくに男性がこの物語はつまらない、全然SMじゃないと文句をたれたレビューしかなく私は途中で読むことを断念してしまいましたが、的を当てた解説がとても納得しました!

投稿: マリアナ | 2015年8月14日 (金) 11時29分

> マリアナ さん
   
はじめまして。コメントありがとうございます。
おそらく女性の方でしょうね。
   
男性と女性で、性的な好みはかなり違うので、
普通の男性向けSM小説を期待した読者にとっては
確かに拍子抜けの緩さだと思います。
  
まあでも、女性が書いた女性向けSMだというのは
最初から分かってること。
男性としては、視点を変えて読む必要があるでしょう。
   
その点、女性は素直に楽しめるようですね。
あまり知らないBDSMの世界と、普段から関心の
高い恋愛・精神医学・心理学の世界との融合。
   
ウチのレビューも満足して頂けたようで、嬉しいです♪
わざわざ、どうもでした。。shine

投稿: テンメイ | 2015年8月16日 (日) 01時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パズル「絵むすび」、論理的な解き方2~ニコリ作・朝日新聞be | トップページ | 廃線後の線路のレール上を走る自転車、ガッタンゴー in 神岡 »