« 脳震盪でフラつく中、路上から武道館の女性歌手を目撃 | トップページ | 折り紙の一刀切り(ワンカット)5~簡単な数字(3,4,6,8,9) »

3・11から2年、福島県・猪苗代スキー場の写真日記

WBC、ワールド・ベースボール・クラシック、日本は1位通過で決勝ラウン

ドへ。開始前は色々言われてたけど、意外なほど強いし、意外なほど視聴

率も取ってるね。

 

私としては、名古屋ウィメンズマラソンで、あの野口みずきが復活したのが

嬉しかった♪ 積極的なレース運びで、2時間24分05秒の3位。全盛期に

はまだ遠いけど、今の日本ではトップクラスに躍り出た形だ。優勝した木崎

良子の2時間23分34秒もまずまずだし、懐かしい響きもある早川英里の

2時間26分17秒(5位)もお見事。ちなみにゲストの安田美沙子も、練習

不足の中、4時間13分24秒で笑顔のゴールを果たしたようだ。

 

 

          ☆          ☆          ☆

一方、2流市民アスリートの方は、日・月の1泊2日で、毎年恒例の雪上ト

レーニングに出かけてたのだ。場所は福島県の猪苗代スキー場。本当は

去年、意地でも行きたかったけど、都合がつかなくて1年延期。でも、象徴

的な日でもあるし、福島に行って良かったと思う。では、詳しくご報告。基本

的には、震災記事と言うより旅行&スポーツの写真日記なので、念のため。

6000字超の長文だ。

 

まずは出発から。イベントの時は毎度の事だけど、今回は一段と眠かっ

た。3月10日の早朝に家を出発。睡眠時間、30分!(^^ゞ 家で寝てた

方がいいよなぁ・・・とか、甘えたことを考えながら、何とか頑張ったのだ。

ちなみに10日分の短い記事は、その出発直前に書いたもの。毎日更新っ

ていうのは、普段はともかく、こうゆう時はかなり大変だ。

 

スキー場到着は午前11時ごろ。福島県の紹介も兼ねて、地図で位置を

130312a

 確認しとこう。

 ウィキメディア

 で公開されてる、

 Lincun氏の

 作品を借用した。

 

 福島県の中央、

 やや左寄りに猪

 苗代湖があって、

その北側に伸びるのが猪苗代町(まち)。図の黄色い部分だ。右上の区画

が福島市、左下の区画が会津若松市、右下が郡山市。

 

 

          ☆          ☆          ☆

130312b

 猪苗代湖の北に

 は磐梯山(ばん

 だいさん)があ

 り、湖との間に

 猪苗代スキー場

 が広がる。左は、

 宿泊したスキー

場直営ホテル、「ヴィラ・イナワシロ」のパンフより借用。ほぼ中央の山腹に

見える、削った跡が、猪苗代スキー場。左端に見えるのが多分、猪苗代リ

ゾートスキー場だ。名前も場所も似てるけど、経営母体は違うらしい。

 

湖から東に80kmほどの所には、福島第一原発がある。気になったとい

うより、単なる勉強のために、猪苗代スキー場の放射線量も調べてみた。

もちろん日時と場所、高さによって細かく違うが、雪が積もる前は大体、毎

時0.15μSv(マイクロ・シーベルト)くらいで、首都圏の2~3倍。と言って

も、1年間住んでも1mSv(ミリシーベルト)にも達しないから、まず影響は

ない(屋内16時間、4割の線量で計算)。

 

興味深いのは、雪が積もり出すと、急激に線量が下がってること。最初、ケ

タを1つ間違えてるのかと思ったほど低くて、地表2m、つまり積もった雪の

表面あたりで、毎時0.02μSv。これは首都圏の半分以下くらいだ。とい

うことは、地面に積もった放射能(セシウム)からの放射線を雪が遮ってる

ということだし、雪自体にもほとんど放射能(=放射性物質)は無いというこ

とにもなる。

 

データは猪苗代町HPのものが一番新しくて詳しいので、放射線情報が気に

なる方はどうぞ。ちなみに福島県全体だと、線量が高いのは、北東の4分の

1くらいだと思えば分かりやすい。逆に言うと、残り4分の3、南東・南西・北

西はさほど高くないわけで、要するに原発との位置関係、地形、風向きの問

題なのだ。。

 

 

         ☆          ☆          ☆   

では、スキー&スノボツアーの話に戻ろう。最近、全国的に暖かかったけ

ど、この日の猪苗代は強烈な寒さ! ちょうど強い低気圧が通過した直後

で、強風注意報が出てたし、気圧配置も冬型になってたのだ。

 

130312c

 雪も舞う中、慌

 ててホテルに飛

 び込むと、思っ

 たよりキレイな

 外観で、フロン

 トの対応もネッ

 トの一部の評価

 とは反対に、民

 宿的な温かさ。

130312d

 福島弁を無理や

 り抑えて、丁寧

 に語る感じがい

 いのだ♪ 後で

 分かったけど、

 フロント係は色

 んな従業員が交

 替して担当して

 るようで、この

時は日曜の昼間だからか、たまたまパートのおばちゃんみたいな女性だっ

た。ちなみに上側の写真の「1961」という数字は、ホテルの建築年らしい。

 

やや狭い更衣室で着替えた後は、荷物を休憩室に置く。この写真は翌日の

130312e

 帰り際に撮った

 ものだからガラ

 ンとしてるけど、

 この1時間半前

 も到着時も、か

 なり埋まってた。

 貴重品は、頼め

 ばフロントが預

 かってくれるん

だろうけど、荷物の管理は事実上、なし。スキー場の宿はほとんどこのパター

ンだけど、被害は無いのかね? 検索しても、盗難報告は僅かみたいだ。

 

ちなみに確か、私のお気に入りの北海道ルスツ・リゾートだと、以前は荷物

を預かってくれた気がする。一昨年行った時は、無料の大型コインロッカー

だったかな。ま、いずれにせよ、しっかりしてる訳で、やはり格が上なのだ。

 

 

          ☆          ☆          ☆

で、昼飯は抜きって言うか、お菓子だけで済ませて(笑)、いよいよゲレンデ

130312f

 へ。大きく分け

 て2つのエリア

 からなるスキー

 場で、中央エリ

 ア側の猪苗代ス

 キー場が東のミ

 ネロ・エリア側を

 吸収合併した形

130312g

 らしい(上はゲ

 レンデマップ)。

 宿から中央のス

 キーセンターま

 では、スノボの

 ブーツで2分、

 スキーブーツだ

 と3分程度。後

 で気付いたけど、

単にスキー場の左端の初心者リフトに乗るだけなら、宿から「0分」(公式HP)

だった。写真は翌朝、晴れてる時に、センターの左脇から撮ったもの。手前

には、道路とバス専用駐車場がある。

 

センターからゲレンデに出ると当然、寒さは一段と厳しい。吹雪って感じで

もないけど、冷たい強風に粉雪が少し混ざる感じで、微熱もあったのか、と

にかく寒い。最初は、中止して休憩室で寝ようかなとも思ったけど、リフトは

ほとんど普通に動いてたし(一部は低速運転)、結構みんな平気で滑ってる。

元気いいね (^^ゞ と言いつつ、私も結局、滑ったけど♪

 

130312h

 センター前の初

 級者用リフトに

 乗って、降りた

 地点から撮った

 写真が左。と言っ

 ても、これも翌

 朝のもの。中央

 右側にうっすら

 見えてるのが、

130312i2

 猪苗代湖だ。

 

 リフトの反対側か

 ら写したのが左

 写真。雪質はそ

 こそこ良く見え

 るかも知れない

 が、実際はイマ

 イチで、手に取っ

て見ると、細かく砕いた氷に近かった。まあ、そんなに悪いわけでもないし、

3月10・11日の南向き斜面だから、こんなもんだろう。ちなみに、右端にチ

ラッと見えてるのは、シャイで控え目な私の右腕とスノーボード(笑)。

 

 

          ☆          ☆          ☆

雪質はそこそこと言っても、スキーならコケないけど、スノボで転倒すると下

が硬くて痛い! 最初、まだ慣れてない時にストンと尻もちをついたら、軽い

脳震盪(のうしんとう)みたいな感じになって、ほとんど寝てない頭がますま

すフラフラして来た。

 

だから、その後はなるべくダメージを減らそうとしたんだけど、それが逆効果

だったかも知れない。無理にブレーキをかけるから、硬めの斜面だと滑って

不安定になるし、頭をかばって無理やりお尻でドスンと着地したら、今度は

腰の骨(骨盤)を強打。仕方ないから、センターで20分ほど休憩した (^^ゞ

こんな事、スキーの初心者時代も含めて、一度も無かったんじゃないかな。

スノボの場合、不安定で、コケるのも面白さの一つみたいな所があるしね。

 

まあでも、結局は4時くらいまで安全運転で滑り続けて、ホテルの部屋へ。

スキー、スノーボード、ブーツのロッカーは、鍵付きのものが部屋ごとに用意

されてる。ただ、ブーツのロッカーは木の枠の隙間が大き過ぎて、スキーブー

ツ以外なら隙間から取れる状況だった (^^ゞ ま、当たり前のことながら、古

くからの施設はスキー用に出来てるってことね。

 

リフト券付きの格安パックだから、部屋は期待してなかったけど、キレイで

広めの和室だったから、ラッキーって感じ♪ 一方、夕食はバイキングって

ことで期待してたら、こちらはハズレ気味 (^^ゞ カレー、豚の角煮、スパゲ

ティ、サーモンフライ、サラダなどで、「夕食はカレー、サラダ」と書いてくれた

方が良かった・・・とまで言うと、言い過ぎだね(笑) 食後のコーヒーも無し。

 

温泉は、ネットで掃除が行き届いてないとかいう情報も見てたけど、私が見

た限りでは問題なし。不満は、貴重品ロッカーがないことくらいかな。部屋の

金庫に入れるってことだろうけど、わざわざ部屋に戻るのも面倒だから、貴

重品を濡れないようにして、浴室に持って入った♪ 私がよくやる事だ。

 

130312k

 写真はホテルの

 パンフレットよ

 り。磐梯猪苗代

 はやま温泉ね。

 「はやま」は地

 名の葉山。効能

 はともかく、お

湯のにおいや色はあまり無かった。

 

もちろん(?)、ラジウム(or ラドン)温泉ではなく、ナトリウム塩化物泉。お湯

の温度は、熱いのが苦手な私にはピッタシ。小さいサウナもある。浴室の換

気が良過ぎるのか、先に湯船で温まってないと寒く感じた。シャンプー&リン

ス、ボディシャンプー、コンディショナーは、良さそうなものがちゃんとあるし、

シャワーのお湯の出方も問題ない。露天風呂はないけど、着替えの場所は

それなりの広さがあったし、1200Wのドライヤーもある(2つかな?)。お風

呂の入口の前には、冷たいお茶と水を飲める場所もあった。

 

なお、温泉大浴場は3つあるようで、私が入ったのは「ラベンダー」。他に「カ

モミール」と「ミント」があるから、男女も含めて、日替わりのローテーションな

んだろう。

 

 

         ☆          ☆          ☆

続いて、翌朝。途中は省略(笑)。あっ、そうそう。フロントが2階にあって、

130312s

 その上の3階に

 はミニ図書館と

 無料PCがあるっ

 て話だったんだ

 けど、このPC

 が壊れてたし、

 本体の通風孔は

 ホコリまみれ。

 使用不可の貼り

紙もないから、要するに放置プレイなのだ。使えたら、簡単なブログ記事でも

アップしようかと思ってたのに、ちょっと残念だったね。

 

本は、従業員やお客さんが持ち寄ったものらしいけど、夏目漱石全集な

んてものまであった。『ビブリア古書堂』かよ♪ ちなみに、『論理学入門』

は無かったと思う(笑)。ゲーム機も古いのがちょっとあったけど、誰も遊ん

でなかった。

 

130312q

 で、情報が無かっ

 た朝食。期待せ

 ずに食堂に行っ

 てみると、夕食

 とは違って席が

 決まってないし、

 案内係もなし。

ただ、再びバイキングで、しかも私には夕食より上(笑)に感じられたから、

ラッキーだった。一応、和食、洋食とあって、デザートもホットコーヒー(ネス

カフェ・エクセラ)も自由。窓から入る朝の日射しも、心地よかった。

 

130312t

 部屋に戻って、

 大きな液晶テレ

 ビ(シャープの

 アクオスかな)

 で3・11震災

 特集をちょっと

 見た後、フロン

 トでチェックア

 ウトを済ませて、

快晴のゲレンデへ。直前の天気予報だと曇時々雪だったから、超ラッキー。

風もほぼ収まって、寒さも和らいだ。写真は部屋から撮ったもの。ところで

この日、ふと気付いたのが、スキー場の復興キャンペーンだった。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

実は前日から、妙に若者が多いなと思ってたのだ。もちろん、平成ブロ

ガーの私も含めて(笑)。小学生も多いし、20歳くらい以下の客が目立

130312l

  つなと思ってたら、ふとポ

  スターが目に入った。写真

  の女の子が可愛かったの

  だ・・・って話じゃなくて、何

  と19歳はリフト無料。タダ

  なのだ! 良かったぁ・・と

  まで書いたりはしないけど、

  否定もしない♪

 

  「マジ(=ホント)」と「マジッ

  ク」を掛け合わせた、

  「雪マジ!19」。『じゃら

ん』のキャンペーンってことだけど、当然、スキー場とか自治体などもかなり

負担してるはず。他にも、「雪マジ!ふくしま」っていうキャンペーンがあって、

こちらは完全に福島主催の観光イベントで、20~22歳は平日のリフト券が

無料! おまけにアルツ磐梯スキー場だけ(?)、イベント会場で土日の無料

券も配布してるらしい。

 

さらに、猪苗代スキー場の場合、下から見て左端の初心者リフトは無料開

放。トヨタのキャンペーンみたいな、「Re:born Club」という会員クラブに

登録すればいいのだ(手数料500円)。普通のリフト券も大幅に割引。「リ・

ボーン(再生)=リボン」。誰が最初に考えたのかはともかく、可愛いネーミ

ングだね。福島の再生にもふさわしい。復興予算も使われてるのかも。

 

正直、短期的な採算は合わないだろうけど、再生や過疎化防止への強い

思いは伝わって来た。道理で、客が若いはずだ。そう言えば、ゲレンデや

スキーハウスで流れる音楽も、かなり若者っぽいものになってた。音質も

スキー場にしてはマトモだったと思う。去年行った、首都圏近くのお手軽

スキー場、神立高原に似たイメージもあったね。ま、神立じゃ、福島弁は

聞けないけど(笑)。猪苗代のスキーハウスでバイトしてた女子高生(?)

の喋り方が可愛くて萌えたのだ♪ 

 

 

           ☆          ☆          ☆

130312m

 この日の滑りの

 方は、相変わら

 ず頭も腰もちょっ

 と痛かったし、

 両方かばってた

 ら腕と肩まで痛

 くなったので、

 さらに控え目に

 せざるを得なく

なった (^^ゞ ま、そうは言っても、休みながら15時半まで滑ったけどね。

 

上の写真はリフトから写した、中央の中級者向け斜面。リフトに乗ったまま

デジカメを操作する緊張感が好きだったりする(笑)。まだカメラや携帯を落

としたことはないけど、スキーのストックを1本落としたことならある。コース

130312p

 上だったから、

 すぐ拾えて助かっ

 た。

 

 左は昼食をとっ

 た、ゲレンデ食

 堂。10%引き

 が小市民の喜び

 だったかも♪ 

私が接したスキーハウスの従業員は、みんな感じ良かったけど、特にゲレ

食はアットホームな雰囲気で、マニュアル的でない柔らかさがあったね。

体調が良くないので、お昼もいつもより長めってことで、まったりと。。

 

 

           ☆          ☆          ☆

130312o

 私は基本的には、

 ほとんど全ての

 コースを滑りた

 がる人間なのに、

 今回は脳震盪が

 心配で、上の方

 には行かなかっ

 た。東のミネロ・

 エリアも、ちょっ

と滑っただけだし天気が曇ったから、写真は撮ってない。

 

情報不足だなと思って、ミネロの上部から写した写真をウィキメディアから

頂いて来た (^^ゞ Famifamifami氏の作品で、左側はコブかな。ミネロと

中央、2つのエリアを最上部で結ぶ連絡路は、かなり細いという話だ。ミネ

ロの下側から中央エリアに戻る連絡路も、何となくハズレっぽいから回避。

チョコッと斜面を歩いて登れば、すぐに戻れた。

 

スキーブーツでさえ、私はコース1つ分、登った思い出がある。ギリギリまで

滑ってて、連絡リフトが終了しちゃったもんで(笑)。あれは志賀高原の、焼

額山から一ノ瀬への帰路だったかな。ま、周囲には仲間も結構いらっしゃっ

て、ボヤいたり苦笑したりしながら一緒に登ったのは、素敵な思い出かも♪

 

130312n

 最後は、再び温

 泉でゆったりく

 つろいで、夕日

 の福島県・猪苗

 代を後にした。

 私自身も色々と

 いい経験になっ

 たし、福島のス

 キー場に行こう

130312r

 かなと思ってる

 方々の参考にな

 れば幸いだ。観

 光客やボランティ

 アにせよ、住民

 にせよ、人がい

 なければ、「リ・

 ボーン=再生」

 はあり得ないの

だから。

 

それでは、今日はこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf. 富良野スキー場・写真日記 (2006)

   快晴の安比スキー場で雪上トレーニング♪ (2007)

   安比高原スキー場のイルミネーションは綺麗☆ (2008)

   志賀高原スキー&スノボ旅行♪ (2009)

   スキー&スノボツアー、今年は苗場&かぐらスキー場♪ (2010)

   北海道ルスツ・スキー場、ゲレンデ・ホテル・イルミネーション☆ (2011)

   快晴の新潟・神立高原、スキー&スノボツアー♪ (2012)

   軽井沢プリンスホテル・スキー場、写真日記♪ (2014)

   晴天率が高いはずの軽井沢スキー場、2年連続の曇&ガス・霧(2015)

 

                                   (計 6321文字)

|

« 脳震盪でフラつく中、路上から武道館の女性歌手を目撃 | トップページ | 折り紙の一刀切り(ワンカット)5~簡単な数字(3,4,6,8,9) »

旅行・地域」カテゴリの記事

スキー」カテゴリの記事

コメント

こんばんわー

スクランブルエッグ、多すぎじゃないです

脳震盪(のうしんと)のとの字がハングル語に見えた
骨盤打ってまだ滑るって・・・なんかテンメイ様、自分をもっと
労わりましょう。
私、物凄く疲れてて、毎日自分が何してるかわかりません。

私の人生とテンメイ様の人生は相反します。
私は毎日寝て暮らしたいです。

雪は暖かい部屋で見るもの。
雪の中に出て行くのは絶対嫌です

投稿: みに子 | 2013年3月16日 (土) 00時39分

> みに子さん

おはようございます
  
「スクランブルエッグ、多すぎじゃないです」って、
文末に「?」とか「か」を忘れたのかな♪
まあ、鋭い着眼点ではありますネ☆
  
実は、スクランブルエッグを皿に少し入れた後、
フツーならその上に他の物を乗っけるんだけど、
他の物が無かったわけ (^^ゞ
で、代わりにスクランブルエッグを大盛りにしたと
    
ま、朝食バイキングらしくて、いいでしょ♪    
ちなみに、粒マスタードが多めなのは、好きだから ♡
  
      
「のうしんと」って、最後の「う」が無いから、
アルシンドみたいでしょ・・・って、古っ!
あっ、カツラのCMにも出てた、
サッカーJリーグの懐かしの人気選手ね。
   
「脳震盪(のうしんとう)」の「盪(とう)」が、
朝鮮の表音文字のハングルに見えたと。
左上・右上・下の3点セットはそれっぽいですね。
ちなみに今の韓国でも、一部で漢字は使われてます。
北朝鮮も、韓国以上に漢字教育を行ってるとか。
    
  
で、「私とテンメイ様は相思相愛です」?
急に迫られても・・って、似てないだろ!
  
「私はテンメイ様と毎日寝て暮らしたい」?
性活・・じゃなくて生活ってものは、メリハリが大切。
起きて、動いて、食べて、「寝る」。
色々そろって、初めてご飯が本当に美味しくなるし、
遊んだり寝たりも快楽になる。
たっぷり我慢して初めて、解放が悦びになるわけです。
      
ま、誰でもほとんど毎日寝てますけどね♪
あと、ほとんど毎日してます・・って、何を?
   
        
雪は、スキーやスノボで身体を温めつつ、間近で
見て触るもの。身体で直接、経験するわけです
窓ガラスやモニター越しに見てる時点で、
既に世界との距離が出来ちゃってる。
身体が社会と触れ合うことは、
心が社会と触れ合うことへとつながるのです。
   
「・・って感じのウンチクを友達が言ってました」
とか先生に話せば、ニッコリ頷いてくれるでしょう♪
    
        
あっ、そうそう。昨日、久々にラジオ聴きましたよ ^^
まだ2回目だけど(笑) ではまた。。

投稿: テンメイ | 2013年3月17日 (日) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 脳震盪でフラつく中、路上から武道館の女性歌手を目撃 | トップページ | 折り紙の一刀切り(ワンカット)5~簡単な数字(3,4,6,8,9) »