« 小学校時代の「春」~テンメイ回想録9 | トップページ | ひとりで揺れる時の振幅~小阪淳&高橋源一郎&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・13年2月) »

昨夜、回想録を書いた後、ハマった話とか♪

今夜は長めにリハビリ・ウォーキングするか、硬派の記事を書くつもりだっ

たのに、もう短いつぶやき記事しか書けなくなっちゃったね。いやぁ、ハマっ

た、ハマった、ズブズブと。。 (^^ゞ やっぱ私は、自分の過去が好きなんだ

な。子どもの頃から、未来より過去を向いてた。これから得るものより、自

分が失ったものに魅かれる小学生だったのだ。もちろんそれは、心の中で

は失ってない、ということの裏返しでもある。

        

ただ、失ってないからと言って、思い出せるかどうかは別問題。昨夜、記事

を一通り書き上げた時点では、小学校時代の女の先生と女の子の名前が

思い出せなかったんだけど、その後しばらくして、女の子1人の下の名前を

想起。今夜になって更に、女の先生1人の名字も思い出せた♪ やれば出

来るじゃん! 

        

と言っても、まだ思い出せない名前の方が多くて、ちょっとイラついてるけ

ど (^^ゞ 思い出せない事を思い出そうとする努力って、「隔靴掻痒」(かっ

かそうよう)、靴を隔てて足の痒みを掻く作業に似てるかも。そのもどかし

さがまた、一種の快感だったりするのだ(笑)。アブナイわ!

        

    

          ☆          ☆          ☆

で、女性の名前に「ハマった話」かって言うと、そうではない。小学校時代

に好きだった本の名前が1つ、ふと頭に浮かんで来たから、試しに検索し

てみると、少ないながらも写真や情報が見つかったのだ。いやぁ、凄いね、

ネットって。

   

私が最初に、その種のネットの威力を感じたのは、ブログを始める数年前

だったかな。ふと、ある昔のテレビドラマで流れてた曲が気になって検索し

てみたら、ちゃんと情報が見つかったのだ。確か、その時点では、中身の

ある事は1人しか書いてなかった気がするね。超マニアックなコネタ。今、

その情報が何だったか、実は思い出せないんだけど(笑)、HDDかDVD

のどこかに眠ってるはずだ。以前はマメにバックアップしてたから、その気

になれば探し出せるはず。

         

話を本に戻すと、実は、思い出した本の名前は、好きだった2つの本のタ

イトルが混ざったものになってた。いわゆる、「圧縮」による間違いだね。

その内の1つが超懐かしい本だったから、ズブズブとネットにハマった訳♪

残念ながら今、ここには書けない。ま、20年後なら書けそうだけど(笑)。

子どもにとっては高価だったから、見つけてから買うまで、何週間か何ヶ

月も迷った覚えがある。

    

ところで、20年後にこのブログが残ってる可能性って、どのくらいかね。

ココログの存続の問題もあるし。って言うか、自分が生きてる可能性もビ

ミョーだろう。心臓が不調だしね。。

     

     

         ☆          ☆          ☆

それはともかく、実はもう1冊、今夜になって思い出して、またハマったの

だ (^^ゞ 色鉛筆とかマンガ執筆とか思い出してたら、そのネタ本の1冊を

ふと思い出したわけ。年賀状にも使ったはず。

            

マンガ執筆の参考書はもちろん何冊も持ってたけど(思い出せない・・)、もっ

と一般的に、イラストの練習みたいなこともやってて、そのテキストが、さっ

き書いた本と同じ場所で買ったものだったと思う。出身地の同じ本屋で、本

の内容はまったく違うのに、なぜか同じ棚にあった。たぶん、小型の特殊な

大きさが似てたからじゃないかな。

       

で、このイラスト本と、その本屋のことを調べてたら、ウォーキングも硬派

の記事の執筆も延期になったわけ (^^ゞ しかし、このイラスト本。驚いた

ことに、私が生まれるずっと前に初版が出て、今でも売ってるらしい。表紙

は違うけど、中身はほとんど同じとかいうお話。道理で、レトロな雰囲気だ

と思ったわ。これは是非、大型書店で探してみよう。安くて小さな本だから、

もしホントにお目当ての本だったら、すぐに買う予定。で、色鉛筆も買って、

ブログ記事にイラストを描き添えるとか♪

   

全然、違うブログのノリになって来るね。まあでも、最近はいろんな本に

イラストや漫画が使われてることだし、それもアリでしょ。で、アクセスが

急減したら慌てて止めるとか(笑)。

    

って感じで、今日はもうおしまい。今週は既に12000字も書いてるもんで。

それでは、また明日。。☆彡

             

                                 (計 1674文字)

|

« 小学校時代の「春」~テンメイ回想録9 | トップページ | ひとりで揺れる時の振幅~小阪淳&高橋源一郎&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・13年2月) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小学校時代の「春」~テンメイ回想録9 | トップページ | ひとりで揺れる時の振幅~小阪淳&高橋源一郎&菅原琢「論壇時評」(朝日新聞・13年2月) »