« 文字数カウントをたった2日忘れたら・・ | トップページ | 『ガリレオ2』第7話の数式、ロッキングチェアの慣性モーメント&回転・直線運動か »

心臓がまた少し回復♪&野口2「辞めます」&ホノルル

(26日) 心臓リハビリ RUN 14km,1時間07分50秒,平均心拍150

     

休みのない週末、連続2回目。早くも仕事をズル休みしたくなって来た (^^ゞ

コラコラ。それならむしろ、ブログやランニングを休むべきだろ!っていうの

が正論だろう。

            

スリランカの昔の国名は? セイロン。お腹が痛い時は? セイロガン♪

似てないわ! 余裕がない時ほど、どうでもいい事を書きたくなっちゃうね。

ダメダメ。さらっと記事を書き上げて、すぐ寝なきゃヤバイのだ。

   

   

          ☆          ☆          ☆  

さて、今日っていうか昨日は、朝から夜までずっと気温20度くらいあった

のに、なぜか私は肌寒かった。そりゃ、シャツとパンツだけで寝たからか♪

家の中も外も、いろんな温度の情報を集めたけど、決して涼しくなかったの

は間違いない。だから、また微熱が出て肌寒いのかなと思ってた。

        

となると当然、走りもダメだろうと思うことになる。時間に追われる中、妥

協して14kmだけ走ることにしたんだけど、いきなり心拍150とか出そう

だな・・・と諦めモードで出発。

           

ところが、公園に向かう往路の前半だけで、心拍の低さを実感。やっぱり、

ジワジワ下がって来たね♪ 13くらい高かった心拍が、木曜の夜には10

高い程度まで回復。今夜はさらに、7高い程度まで回復した感じで、やた

ら気持ちがいい。

    

時々わざとダッシュして、心拍を157(運動強度80%)まで上げても、ス

ローダウンするとすぐ150近くまで下がってくれる。これこれ! 元々、こ

の程度のスピードなら、心拍は150程度に収まるはずなのだ。脚もかな

り余裕あったけど、板橋Cityマラソンの後、丸2ヶ月もゆっくり走って来た

から、念のため自重。それでも、思ったより早く帰宅できたし、すごく爽快

だった。息はハーハー気味だったけど、苦しいってほどではない。

       

トータルでは1km4分51秒ペース。嬉しい・・・と言うほどでもないか (^^ゞ

3分51秒ならともかく、まだ5分弱にすぎない。暑くなる前に、4分半ペー

スまでは戻しときたいな。しかしやっぱ、わざと超低速でジョギングするよ

り全然楽しいね♪ 走り終わってすぐ、心拍は100以下まで急減してくれ

たし、次回の走りにも期待できそうだ。って言うか、そろそろ自転車に乗

らなきゃヤバイんだけどな。。(^^ゞ

       

        

          ☆          ☆          ☆

一方、朝日新聞・土曜朝刊の別刷beで連載されてるシリーズ「逆風満帆」。

一昨日は野口みずきの第2回で、不調のどん底、09年・夏の様子からス

タートしてた。北京五輪の出場断念から1年後。やる気のない様子を見た

広瀬・副監督が「はっきりせえ」と問い詰めると、野口は「辞めます」。

    

すると広瀬は、野口の首根っこをつかまえて、「お前が辞めるんだったら、

俺も辞める」と怒った。そこで野口が体罰だと訴えて、広瀬がクビになった

のだ・・・って話ではない♪ 「さっきの言葉はすいません」と、野口が素直

に撤回したのだ。

         

深い信頼関係があれば、いざという時、男性指導者が女性の首根っこをつ

かまえて怒るくらい、体罰だと騒ぐほどのものではない。朝日新聞の幹部は、

自社の記事に載せたやり取りを熟読すべきだろう。私は前から、体罰の全

否定まではしない、と主張して来た。もっと言うなら、今現在の世の中でも、

全否定とは程遠いのが現実だ。 

      

   

          ☆          ☆          ☆  

その後、前回書いたように、左足付け根の腱に部分断絶が見つかり、地味

な筋トレ療法を開始。手術かと思ったら、チューブを引っ張るだけらしい。

ま、逆に言うと、リスクを取って手術するほどの症状でもなかったんだろう。

野口の場合、全盛期から筋トレを重視してたしね。

         

「何度か心が折れた」野口を支えたのは、ファンの方々の手紙。すべて読ん

で、手書きで返信するらしい。すごく珍しいんじゃないかな。ま、私もブログ

に頂いたコメントにはほとんど全て、丁寧にレスを返してるけどね♪ 単な

る市民ブロガー&アスリートだと、誰も褒めてくれないから、自分で褒める

しかないのだ (^^ゞ レスというのは、記事よりも配慮が必要だしね。

     

結局、「信じて努力すれば奇跡は起こる。物語みたい」ってことで、医者も

驚く完治が野口に訪れたのが、今年1月。故障を表すMR I の影が消え

たらしい。痛みも不安も消え、希望に変わり、3月の名古屋で世界選手権

の切符を獲得。全盛期の6割の練習、調整期間は通常の3分の1の1ヶ

月。「まだまだこんなもんじゃない」と、広瀬は自信を示してるそうだ。

     

今回のラストは、「もう一人の金メダリストのところに向かっていた」。って

ことは、高橋尚子かな。男を紹介してもらったんだろう。コラコラ♪ 野口と

高橋の関係って、全く知らないから、次回(最終回)も楽しみだね。ま、雲

の上の天上界より、地底の自分の方が大切なんだど。。

             

    

         ☆          ☆          ☆

最後は、もう時間も字数も残ってないから、簡単に。ネットのニュースで、

タレントの田中律子がホノルル・トライアスロン完走と書いてたから、早速

調べてみた。この時期にやるのか。。って言うか、懐かしい名前だね♪

去年、私生活に大きな変化があって、その直後に仕事絡みでホノルルに

挑戦したらしい。

    

標準的な「オリンピック・ディスタンス」で、スイム1.5kmが58分43秒(脚

がつったとの事)、バイク40kmが1時間48分02秒、ラン10kmが1時間

25分37秒。速くはないけど、十分立派だと思う☆

            

で、今年だけど、何の種目に出たのか、ニュースにも本人のブログにも情

報が見当たらないから、英語の公式サイトでリザルトをチェック(日本版は

まだだった)。なるほど、スプリント・ディスタンス(SPR)、半分の距離だった

訳ね。そうゆうのは、ちゃんと書いた方がいいと思うけどな。特に、スポー

ツ新聞HPは。案外、本人のブログしかチェックしてなかったりして♪

       

とにかく今年は、スイム750mが31分、バイク20kmが44分53秒、ラン

5kmが35分27秒。スイムのペースは去年の方が上だけど、他は流石

に今年の方がかなり上。いくら練習不足とはいえ、距離が半分ならラクで

しょ。ブログの写真も、凄く楽しそうな笑顔だった。

   

         

          ☆          ☆          ☆

それにしても、半分の距離のスプリントなら私もやりたいな・・・と思ったけ

ど、そうそう。海のクラゲが嫌なのだ (^^ゞ 塩水もあんまし美味しくないし。

やっぱり、先にラン&バイクの「デュアスロン」に出るべきだな。トライアス

ロンと比べると、遥かにマイナーで淋しいけど♪ 

         

しかし、ハワイのホノルルは1年中、人気だね。12月のマラソンも、9月の

自転車(センチュリーライド)も。常夏の島、海、スポーツ、リゾート、そして、

アバンチュール(死語?)。。♪ いいねボタンを2回押しとこう。

それでは、また明日。。☆彡 

        

           

  往路(2.45km)   12分28秒   心拍135

  1周(2.14km)    9分53秒      152     

  2周           10分31秒      154         

  3周           10分32秒      153    

  4周           10分24秒      155    

  5周(0.54km)    2分34秒      154

 復路           11分28秒       150

計 14km 1時間07分50秒 心拍平均150(82%) 最大159(終盤)

                   

                                  (計 2861文字)

|

« 文字数カウントをたった2日忘れたら・・ | トップページ | 『ガリレオ2』第7話の数式、ロッキングチェアの慣性モーメント&回転・直線運動か »

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文字数カウントをたった2日忘れたら・・ | トップページ | 『ガリレオ2』第7話の数式、ロッキングチェアの慣性モーメント&回転・直線運動か »