« 『ガリレオ2』最終回の数式、浄水器と管内の水の乱流&層流 | トップページ | ひどい風邪、さらに悪化・・・ »

スイングバイによる軌道修正~『ガリレオ2』最終回・聖女の救済(後編)

(☆14年6月20日追記: 映画レビューを新たにアップ。

   真解=深海の光を目指す水ロケット~『ガリレオ 真夏の方程式』 )

 

 

          ☆          ☆          ☆

ちょっと驚いた。。旧シリーズの最終回ラストみたいな、ゾクゾクするような

理数系ネタ連発も無く、トリックも予想通り、つまり原作と同じ。ドラマ独特の

コネタ、紫色の傘も、光浦かよ♪って感じの不発。ま、数式が完全に読み取

れて、最後の人工衛星のスイングバイ実験も面白かったからいいか・・・っ

て程度の印象だったのに、長い総集編エンドロールを見てたらふと、ウルウ

ルしてしまったのだ (^^ゞ 

 

この2ヶ月ちょっと、途方も無いエネルギーを『ガリレオ』に注いで来たもん

ね。特に毎回、放送終了直後の数式解読作業はホントに大変だった。と

言っても、撮影スタッフの努力の10分の1くらいに過ぎないだろうけど♪

ちなみに、最終回の数式は、昨日アップした次の記事で解説してある。

 

  『ガリレオ2』最終回の数式、浄水器と管内の水の乱流&層流

 

 

          ☆          ☆          ☆

それにしても、「実に惜しい」。。新シリーズ『ガリレオ2』の最終章、聖女の

救済(後編)は、視聴率19.1%と健闘。私の予想(18%台)より少し高め

だけど、全話の平均視聴率は19.9%となってしまった。スタッフも苦笑い

かな。あと僅か0.1%で20%だったのにね。まあでも、「実に素晴らしい」

総合成績だと思う☆ 旧シリーズ(21.9%)との単純平均なら、20.9%。

まだ20%台をキープしてるのだ。

 

ラストは、湯川学(福山雅治)の取説(=取扱説明書)を完全にマスターした

らしい岸谷(吉高由里子)の誘導に従って、湯川が微笑む。「実に面白い」♪

これならもう、仮に映画『真夏の方程式』がいま一つの興行成績になったと

しても、福山『ガリレオ』は続いて行くだろう。1クール使った『ガリレオ3』か、

スペシャルか、映画かはさておき。

 

仮に、原作者の東野圭吾が『ガリレオ』シリーズの執筆を止めるとしても、大

人のやり取りで何とでもなるはず。何しろ、東野どころか、普段の脚本家・福

田靖も関わってない『内海薫SP』でさえ、15.3%の数字を上げたほど。作

家や役者、個別の人気に依存しない、共同制作プロジェクトとしての『ガリレ

オ』の人気が定着してるのだ。少なくとも、日本においては。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

さて、今回は第2シリーズの最後だから、総括とか、まとめのような話を書き

たいんだけど、その前にやはり、2週にわたった最終章「聖女の救済」の話

を書くべきだろう。

 

まず、原作との比較の問題。当サイトのアクセス解析を見る限り、ドラマと原

作の違いが大きく話題になったのは、第4章と最終章だ。第4章の場合、原

作が地味で、トリックも物理と言うより化学だから、ドラマは苦心の作だった

と思う。

 

一方、最終章に関しては、「物語=ストーリーとしては」、東野の原作の方が

かなり上。そこそこ満足な出来の最終回を見終わった後でも、やはりそう思

うから、前回に続いて、まだ読んでない方にお勧めしとこう。中核となる犯人

とトリックは同じでも、周辺の情景の描き方が全く違うのだ。

 

とはいえ、「映像作品として」の出来はまた別に評価すべきだし、脚本家・福

田靖の苦労もよく分かる。原作は、新シリーズにほとんど出て来ない内海(柴

咲コウ)や草薙(北村一輝)に光が当たる話だから、設定上、大幅な書き換

えが要求されるわけだ。

 

そこで、人気・実力ともにトップクラスの天海祐希を使うことにしたのはいい

けど、5月8日にまさかの軽い心筋梗塞。5月13日に退院して、静養した後

とはいえ、脚本家その他、スタッフはみんな気を使っただろう。何しろ、天海

が倒れた後、舞台の脚本を作ってた三谷幸喜が、「僕のせいで・・・」と悔や

む声まで伝わってたんだから。。

 

 

         ☆          ☆          ☆ 

本人も『ガリレオ』ファンだという話の、大物の天海をヒロイン・綾音に抜擢

することで、原作の重要な脇役2人、あるいは3人も、(ほとんど)消えるこ

とになった。綾音の助手であり、殺された夫・真柴と不倫関係にもあった、

若山宏美(ドラマの若い先生=山口紗弥加とは別キャラ)。そして、最初に

夫・真柴と付き合ってた、津久井潤子(ドラマでは全くの脇役)。若山宏美の

お腹の子供まで含めれば、3人になる。

 

あまりネタバレ的な話は書きたくないので、最小限に留めると、若山&お腹

の子は、聖女=綾音が救済する対象でもあるし、聖女=綾音を救済する

主体でもあるのだ。一方、津久井潤子と綾音の関係も複雑だけど、要する

に津久井潤子は、聖女=綾音を救済する警告シグナルを発してたとも考え

られる。こういった解読によって、前回のレビューに書いたような「聖女の救

済」というタイトルの意味は、さらに厚みや深みを増すわけだ。      

 

ドラマの場合、これら2人、あるいは3人が(ほとんど)消えてるし、内海や

草薙もいないので、紫色の傘をつなぎのコネタとして、残るメインは湯川=

福山雅治と綾音の関係となる。

 

この、かつての片思い関係にある2人を、もう少し熱く=厚く描ければ、物

語としての味わいが増してたと思うだけに、その点はちょっと残念だ。2人

の中学時代のエピソードとか、今現在の思いとかが伝わらないまま、「好き

だった」という事実だけ繰返し持ち出されても、感情移入は難しい。折角の

北海道・幌向中学校での告白シーンも、物語の流れとしての必然性は薄い。

 

まあ、映像の力というものは確かにあるけどね。廃校寸前の田舎の中学校

や自然、あるいは、湯川が中学生みたいな笑顔を見せてた恐竜博物館とか。

 

 

          ☆          ☆          ☆

原作との違いは、同じトリックの分かりやすさの違いにもつながる。原作の

場合、浄水器や水道管の類に、全くヒ素が見つから「なかった」(過去形)と

いう点が強調されてるからこそ、「完全犯罪」ということになるのだ。もちろ

ん、2階のベランダの花が度々(?)枯れるなんて分かりやすい伏線もなし。

だからこそ、最先端の科学施設SPring-8や、草薙、津久井潤子のエピ

ソードが光ることになる。

 

ドラマの場合、綾音の犯行を裏付けるのは、状況証拠以外に、湯川に対

する告白(非公式な自白)と、2階の花ということになる。ただ、花がすぐ枯

れるようなヒ素の濃度なら、フツーの鑑識課や科捜研(科学捜査研究所)

で何とか出来そうなものだし、どうして岸谷=吉高が突然、絶望して号泣

するのか、不思議な気もしてしまうのだ。まあ、吉高の出世作『あしたの、

喜多善男』最終回でも、『内海薫SP』ラストでも、ヒロインは泣いたから、ド

ラマの形と言うものかも知れない。

 

逆に、ドラマのいい点を探すなら、具体的な映像だろう。綾音が浄水器にヒ

素を仕掛けるシーンとか、1年間もの間、夫その他に浄水器を使わせない

ようにする努力とか。夫が夜中、トイレに起きた際にも、浄水器を見張って

る姿には説得力があった。聖女の名にふさわしい、気の遠くなるような忍

耐力。それを、手間ヒマかかるタペストリーの形で見せたのもいい。美しさ

さえ感じてしまう、壮大な犯行計画なのだ。

 

1年間にわたる綾音の努力はあまりにあり得ないから、原作では「虚数解」

と呼ばれてた。簡単で基本的な例だと、2次方程式「x²=-1」の解。実数、

つまり現実=本物の数の世界では、解は無しとなるが、高校数学では虚数

単位 i を用いて、+i、-i という「虚数解」を考える。i は、「imaginary」(想

像上の)の頭文字だ。

 

ドラマでは単に、現実ではあり得ない、といった台詞で終わってた。まあ、国

内だけで2000万人もの視聴者を考えたテレビ的配慮として、仕方無いだ

ろう。本と違って、遥かに多くの人がオンエア中に理解できるように作るから、

小説とは全く事情が違うのだ。

 

前回のレビューで注目した、「聖女の救済」というタイトルに関しては結局、

自白によって、「聖女が自らを救済する」という当たり障りのない解釈になっ

てた。湯川や警察・太田川(澤部佑)らが聖女を救済したといっても同様の

話で、原作にあった強烈なヒネリは消えてる。

 

原作では、様々な含みの中、聖女が1年間だけ夫を必死に「救済」したとい

うシニカル(冷笑的)な意味がメインだが、ドラマではそれは「執行猶予」と

いう分かりやすい言葉に変更されてた。やはり、テレビはテレビなのだ。。

 

 

           ☆          ☆          ☆

最後に、ラストの人工衛星の実験と重ねつつ、新シリーズのドラマ全体を振

130627a

  り返ってみよう。スイング

  バイ(swing-by)によ

  る軌道修正だ。

 

  左の2枚の図はウィキ

  ペディア、ミュール氏の

  作品。赤丸が惑星、白丸が

130627b

  人工衛星だ。惑星が緑

  の矢印に沿って、恒星

  の周りを公転してる時、

  人工衛星が後ろから

  回り込むと、加速され

  る。逆に、前から回り

  込むと減速される。この

記事末尾のP.S.2も参照。ドラマの黒板にも、似た図が書かれてた。

 

湯川が発進させた人工衛星(金属球)は、テーブルの上の惑星3つの周り

で左回りに軌道修正されて、見事に元の位置(おそらく地球)に戻ってた。

重力、つまり万有引力の代わりに、磁力を使ってるんだろう。何とも分かり

やすくて興味深い映像で、これはテレビの強みを上手く活かしてる。

 

ここではもう、あの物理的な解説を書いてる余裕はないから、ポイントだけ

書くことにしよう。要するに人工衛星は、巨大な惑星の力を借りて、自然か

つ滑らかに元の位置へと戻ってる。途中で宇宙の放射線によるビット反転

(1が0に、0が1になるエラー)が生じてしまうリスクも克服しつつ。これこそ、

新シリーズの比喩なのだ。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

人工衛星、つまり『ガリレオ2』は、3つの点で新たな旅を開始した。まず内

海=柴咲の代わりに、岸谷=吉高というクセのあるキャラの登場。2つ目

は、湯川=福山のキャラを少し軽めにしたこと。そして3つ目は、見せ場で

ある数式書きなぐりシーンとは別に、エンドロールの壁やホワイトボードで、

数式の一部を見せたこと。湯川がドラマ内で書いてない数式や、単なる美

術スタッフさんのお遊びまで含めて。

 

その人工衛星の軌道を修正したのが、巨大な惑星3つだ。テレビ視聴者、

原作愛読者、そして、未来の可能性も含めた、世界の視聴者。特に、3番

目の「世界」という要素は忘れがちだからこそ、注目する必要がある。『ガ

リレオ2』は、ドラマ開始の直前に、アジアを越えて欧米にまで進出するこ

とが決定してるのだ。北米では既にスタートしてるし、欧州は今日、6月26

日から放送開始の予定。    

 

では、巨大な惑星3つの力によって、人工衛星「ガリレオ2」の軌道はどう

修正されたか。岸谷のエリートという設定はすぐに消滅、生意気さも弱めら

れて、むしろ可愛さ、可憐さ、いじらしさが強調されるようになった。最終回

の終盤がその集大成で、大泣きするし、バカにしてた先輩・太田川にすが

るし、湯川に対しては最後、イタズラっぽく巧みに誘導して、雷殺人事件へ

と誘導してた。

 

また、湯川=福山のキャラは、最終的には、少し元に近くなってる。つまり、

「論理的」で重みのある、真面目で落ち着いた変人・物理学者。ただし、栗

林や岸谷を微かにからかう程度の軽さは身に付けたようだ。ラストも、2人

の仲の良さを(嫉妬混じりに)からかってた。

 

そして、数式。最終回では、タペストリーの裏側の壁にきっちり書かれた様

子が本編で映された代わりに、エンドロールの壁が消えた。その方が物理

ドラマとして自然だし、親切でもある。おまけに数式の内容はちゃんと、浄水

器や水道管、排水管などの内部における水の動きを示してた。スピードが

速くて整ってない「乱流」と、遅くて整ってる「層流」、両方をカバー。沢山の

水が流されてヒ素の痕跡が消えたとする仮説の、湯川的な表現なのだ。第

5話の「無意味」な数式と比べると大差だろう。

 

 

         ☆          ☆          ☆

スイング「バイ」とは、惑星の「そばで」、惑星の力「によって」、スイング=揺

れること。その際、人工衛星は、惑星と衝突することなく、上手く引力だけを

利用して、また離れて行く。

 

色々と言われ続けた『ガリレオ2』も、終わってみれば、視聴者と正面から「衝

突」することなく、上手く軌道修正した形だ。加速できたかどうかはさておき、

少なくとも、あまり減速してないし、細かい軌道修正にもほぼ成功。世界レベ

ルの評価がどうなのかは、まだよく分からないけど、細かい言葉の説明や論

理より、大まかな感情表現や映像表現の方が伝わりやすいのは確かだろう。

 

だからこそ、赤い花(バラ)は枯れてたし、綾音の複雑な背景は自転車事故

の悲惨な映像になってたし、別の容疑者は目立つ紫の傘を差してたし、湯川

&綾音のしんみりした会話は、教会や故郷の自然の中で映し出されてた。最

後は、世界的にウケそうな人工衛星の実験を成功させた後、ヒロインと主人

公の笑顔の連鎖で終了。上手く、帰還した形と言っていい。

 

 

          ☆          ☆          ☆

さて、次の『ガリレオ』の旅立ちはいつ、どうなるのか。とりあえず、映画や海

外の反響に注目しよう。もし欧米で人気が出るようなら、ウチの数式記事の

ポイントだけでも英訳することは一応考えてる(将来的に♪)。

 

(☆6月28日追記: 既に英語の数式記事(非常に短い要約)を1本アップ。

            Yukawa's physics formulas in "Galileo 2" episode 1

 

「実に面白い」、「さっぱり分からない」、「非-論理的」、「現象には必ず理由

がある」、「仮説は実証して初めて真実になる」といった、ドラマ独特の台詞

の微妙なニュアンスや面白さを外国に伝えるのは大変だろうが、物理学と

数式は世界共通。単純な翻訳で相互理解が可能なのだ。

 

私としては、『ガリレオ』というドラマを惑星として、ブログという人工衛星を上

手く軌道修正、スイングバイできたと思ってる。つまり、日記ともスポーツとも

数学とも人文系とも違う、自然科学の方向への適度な進路変更だ。ブログ

というより、私自身をスイングバイしたと言ってもいい。

 

ちなみに福山雅治は、吉高由里子のすぐ「そば(by)」で、セクハラまがいの

冗談をフル「スイング」で見せてるそうだ♪ 映画『真夏の方程式』、プレミア

ム上映式での発言だ。案外、スイングバイと言うより、既に両者は「接触」し

てるのかも知れない。

 

その場合、誕生する新たな命がスイングする揺りかごが、人気者・福山の

疲れを救済することになるだろう。ちょうど原作小説ラストで、新たな命が、

周囲の人達みんなの救済へとつながるように。

 

なお、既にかなりの要素を拾い上げて書いて来たが、今まで無視して来た

要素を全体的に認識し直すことで、新たなガリレオ像が浮かび上がる可能

性は十分あると思う。ちょうど恐竜の化石発掘現場で、骨だけでなく丸ごと

CTスキャンすることで、全身を浮かび上がらせるように。

 

とりあえず、長旅の疲れを癒やすとしよう。スタッフ&キャストの皆さん、どう

もお疲れさま♪ それでは、今回はこの辺で。。☆彡

 

 

 

 

P.S. 7月6日まで、フジテレビ・オンデマンドで、動画が無料配信されてる。

     音楽とアルバムに関するもので、4本合計で約25分のお宝映像だ。

       福山雅治、ドラマ「ガリレオ」と音楽「Galileo+」

 

 

P.S.2 スイングバイの加速と減速は、「定性的には」次のように考えれば

      「分かりやすい」。人工衛星が惑星の後ろから回り込む時、しばら

      くの間、衛星は惑星を後ろに引っ張って公転速度を下げることに

      なる。だから、惑星の運動エネルギーが減り、エネルギー保存則

      によって、衛星の運動エネルギーが増す。つまり加速するのだ。。

 

 

cf. 宗教、科学、自然と人間~『ガリレオ2』第1話・幻惑す

   心の同期と「慣性の法則」~『ガリレオ2』第2話・指標す

   揺れ動く、見えないもの~『ガリレオ2』第3話・心聴る

   曲がった男のストレートな切れ味~『ガリレオ2』第4話

   接近することの効果と限界~『ガリレオ2』第5話

   閉じたものを開くこと~『ガリレオ2』第6話

   脇役と主役、よそおう人々~『ガリレオ2』第7話

   虚像=花火を演じる舞台としての生~『ガリレオ2』第8話・演技る

   エリートがみだす凡人の心の歯車~『ガリレオ2』第9話・撹乱す

   誰が何を救うのか~『ガリレオ2』第10話・聖女の救済(前編)

 

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

   男子の中で泣く女~『ガリレオXX・内海薫』愚弄(もてあそ)ぶ

 

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 『ガリレオ2』第1話の数式、誘電体のマイクロ波加熱における電力半減深度

 『ガリレオ2』第2話の数式、不覚筋動による水晶振り子の強制振動

 『ガリレオ2』第3話の数式、

          パルス電磁波のフレイ効果による耳の奥の弾性波か

 『ガリレオ2』第4話の数式、流体中の回転ボールを曲げるマグナス効果などか

 『ガリレオ2』第5話の数式、

       近似のニュートン法による√2の数値解析(&バルマー系列)

 『ガリレオ2』第6話の数式、

             ホログラム記録&再生における光波の複素数表示

 『ガリレオ2』第7話の数式、

            ロッキングチェアの慣性モーメント&回転・直線運動か

 『ガリレオ2』第8話の数式、花火の光の入射角&3つの像の位置関係か

 『ガリレオ2』第9話の数式、超音波による圧力・密度変化(&ビルの高さ)

 『ガリレオ2』第10話の数式、ゼラチン絵の具の濃度や溶解反応速度か

 

                                 (計 6928文字)

|

« 『ガリレオ2』最終回の数式、浄水器と管内の水の乱流&層流 | トップページ | ひどい風邪、さらに悪化・・・ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。最終回からだいぶ時間がたってしまい、今更ながらなのですが・・
 ガリレオ最終回、とても見応えありました。結局「虚数解」という言葉は出てきませんでしたが、この点はテンメイさんのおっしゃるとおりだと思います。

 今作のガリレオは、前作と比べると全体的に謎解き部分が弱いような気がして、実は少し不完全燃焼気味だったのですが、振り返ってみると結構面白い回もあって、いざ終わってしまうと、かなり喪失感がありますね。テンメイさんと同じで、私も最終回のエンドロールの映像を見てウルウルしてしまいました(^^;)
 やっぱりガリレオは私にとって「実に面白い」ドラマです。推理ドラマは数多くあれど、科学とエンターテインメントがこれほど絶妙に融合したドラマは他にはないと思っています。原作はあと2つ「猛射つ」と「透視す」が残っているので、ぜひスペシャルドラマかパート3をやってほしいですね。
 そのときはまた、テンメイさんの数式の解析を期待していますね!3か月間、いろいろと楽しく、参考になる情報を提供して下さり、ありがとうございました(^^)

投稿: miki | 2013年7月 6日 (土) 17時36分

> miki さん
   
こんにちは。まさに「真夏」ですね sun
最終回から12日目のコメント、どうもです♪
  
放送の余韻が残る時期のコメントとしては、
たぶん最高記録でしょう ^^
1週間後くらいだと結構あるんですけどね。
僕の記事が既に6日遅れだったりするし(笑)
   

実は、「虚数解」が本当に「現実にはあり得ない」
ものかどうか、考える余地は十分ありますが、
今回はスルーしときましょう♪
   
ただ、現代数学ではそもそも、計算というものは
人工的な決め事であって、現実の表現ではありません。
その意味では、実数解も虚数解も、人工的世界の
中のよく似た存在として同等とも言えます。
   
逆に言うと、東野が原作で「虚数解」という言葉を
出したのは、彼が物理系の人間だからでしょう。
物理とか自然科学は、やはり現実がスタート地点
ですからね。宇宙論や超弦理論とかを除けば。。
     
  
で、mikiさんもエンドロールでウルウルしましたか♪ ring
僕は子供の頃から、お別れってものに弱くてね。
特に、愛し合う2人の切ないお別れとか。
  
まあ、『ガリレオ』の場合、『真夏の方程式』の
後にもまだ続くのはほぼ間違いないから、
単なる一時的なお別れ。
ただ、『ガリレオ3』や次の映画がまた5年後くらい
なら、岸谷=吉高とはお別れかもしれませんね。
で、また『岸谷スペシャル』が別に作られるとか(笑)
    
  
『ガリレオ』にこだわる僕の姿を見て、ミステリー・
ファンとか事件もの好きと誤解する方が時々
いらっしゃいますが、全然違うんですよね。
  
mikiさんも言うように、『ガリレオ』は科学と
エンターテインメントの融合作品。
数式や実験をまじえた物理ドラマというだけでも
珍しいのに、ちゃんと面白い物語も出来てる。
湯川学が光るキャラだし、福山もハマリ役ですね。
   
福山もまだまだやりたがってるようだし、
その気持ちは東野にも伝わってるようです。
ドラマも映画も数字=結果を出してるし、
数年後の新作に期待しましょう♪
   
それまでには、僕ももう少し
レベルアップしとくつもりです。
ま、そんな先までブログが続いてるかどうか、
あんまし自信はありませんが (^^ゞ
   
すぐ式を解読しなきゃいけない、すぐ記事を
書かなきゃいけないと思うと、純粋に作品を
楽しむことも出来ませんからね。
ま、ある意味、スリリングなゲームではありました♪

  
こちらこそ、貴重なコメントを度々頂き、
どうもありがとうございました。
次は『真夏』のロケットの物理記事を計画中(笑)
    
ではまた。。shine

投稿: テンメイ | 2013年7月 7日 (日) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/57670122

この記事へのトラックバック一覧です: スイングバイによる軌道修正~『ガリレオ2』最終回・聖女の救済(後編):

» ガリレオ、シーズン2 [笑う社会人の生活]
ドラマ「ガリレオ」を見ました。 フジにて 月曜9時にやってました 2作目となる「ガリレオ」です 基本構成は同じく 毎回 ガリレオこと湯川学が事件を解決していくという! 今回は新たに岸谷美砂を相棒にして見せていきます う〜ん 毎話のストーリーがちといまいちだっ...... [続きを読む]

受信: 2013年7月 3日 (水) 20時28分

« 『ガリレオ2』最終回の数式、浄水器と管内の水の乱流&層流 | トップページ | ひどい風邪、さらに悪化・・・ »