« 参院選後の月曜の朝、サラッと短い感想♪ | トップページ | 「ゲリラ豪雨」の後、湿度100%のジョギング・・ »

幻想的な装置としての写真・看板・海~『SUMMER NUDE』第3話

前回・第2話のレビューでは、フジファブリック『若者のすべて』を前面に出

してみたけど、まさか第3話の冒頭から長々と流されるとは思わなかった。

おかげで、ウチのアクセス解析はいきなり一時ストップ♪ やっぱり、あの

曲には不思議な魅力があるんだろうね。歌詞、メロディー、そして伝説となっ

たボーカル。。

        

あと、テレビ見ながらネットを使う人が多いのも、よく分かる。と言っても、正

確には「多い」と言うより、「少なくない」って感じだろう。割合的にはそれほ

どでもない感じだ。

       

ちなみに私の場合、ドラマを見ながら、時々アクセス解析でリアルタイムの

反応をチェックしてるけど、検索アクセスとかは番組終了後の方がフツー。

途中はずっとメモを取ってるし、テレビを見なくなってる私にとって、CMも新

鮮だから。

    

今回、「消臭力(ショウシュウリキ)」のCM(1分!)には感心して見とれちゃっ

たほど♪ 柳原可奈子と桐谷美玲を足して2.5で割ったようなあのコ、「さく

らまや」ね。まだ14歳なのに芸歴は長いのか。初めて見たわ。同い年のミ

ゲルもイケメンで可愛いし(笑)、「実にすばらしい」by ガリレオ湯川。ダンス

の特訓は1ヶ月とのこと。斬新なCMを連発するエステーも、いいね☆ とか

言いつつ、ウチで使ってる商品は大手の小林製薬だったりする♪       

         

     

           ☆          ☆          ☆

で、肝心のドラマの方はどう?、とファンの方々に私がたずねたいほど(笑)。

いや、ネットの噂だと(by「リアルライブ」)、山P=山下智久の裸が増えると

かいう話だったから、みんな期待してたんじゃないの♪ 来週以降かな。 

            

前クールでまさかの快進撃となった『ラスト・シンデレラ』だって、三浦春馬の

サービス・ショットの効果が大きかったはず。『サマーヌード』も、「エロP」全

開で「夏の裸」を見せた方が、視聴率は簡単に上がるかも♪ あるいは朝日

と孝至(勝地涼)の濡れ場とか入れれば、新たな視聴者も獲得可能だ(笑)。

   

物語的には今回、ちょっとチャレンジャーだった気もする。これはもう、トレン

ディ・ドラマへの回帰とか言われるレベルを遥かに超えてるね。脚本家の金

子茂樹の特徴なのか、あるいは『プロポーズ大作戦』から引き継いだもの

なのか、話がシュール(仏語:sur)、超現実的になってる。

  

前回のラストで香澄(長澤まさみ)が登場したから、今回は早くも地元にこっ

そり帰って来るのかな・・・と思ってたら、「みさき潮風ビール」の巨大看板の

連続攻撃。これでもか!って感じで、季節ごとのカットをつないで来るから、

本当に笑ってしまった♪ 

           

あれは演出の側面が大きいのかな。私は、見てるドラマや映画の本数は

多くないけど、初めて見た気がする映像だね。むしろ、マンガやアニメみた

いな感覚。何しろ相手は看板。2次元と3次元の中間くらいの存在なのだ。。

         

     

         ☆          ☆          ☆

ここで、あらためて5~6年前の「前作」と比較してみると、『プロポ』の場合

は過去へのタイムスリップ(&やり直し)という虚構を使いつつ、証拠写真に

よって不思議な現実感を醸し出してた。タイムスリップを終えて元の世界に

帰ると、古びた写真が少しだけ変化してたわけだ(懐かしい・・)。

        

『サマーヌード』の場合は、過去への飛び抜けた執着という、あり得なくもな

い現実を使いつつ、看板写真によって不思議な虚構感を醸し出してる。つま

り、夏希(香里奈)や孝至じゃなくても「いい加減にしろよ」と言いたくなるよう

な未練が、海のそばの巨大看板にひたすら見とれる姿、行為によって、アー

ト=芸術へと昇華されるのだ。「おはようございます」という律儀な挨拶付き

の、ちょっとコミカルなアート♪

    

だからこそ、香澄をライバル視する波奈江(戸田恵梨香)も、朝日に愛想を

尽かすどころか、アートに参加しようとする。つまり、朝日の横でひたすらラ

イバル女性の看板を眺めることで、自らが一連の絵画の被写体になるわけ

だ。時にはカップヌードルと共に。看板を見る2人の姿を、少し離れて見つめ

るのは、周囲の人達でもあり、自分たちの想像力でもあり、カメラ・スタッフさ

んでもある♪ 

       

私はあのシーン、何かに似てるなと思ってたけど、さっきようやく気付いた。

日本映画の世界的巨匠・小津安二郎の名作『東京物語』(1953年)で、

主人公の老人(笠智衆)が夫婦揃って海をじっと眺める岸壁のシーンに似

てるのだ。もちろん、そこに巨大看板はないが、巨大な海が開けてる。自ら

の人生と重なり、包み込むような存在として、看板と海は同じ効果を持つ。

手元の小道具は、『サマー』がビール、『東京物語』だとウチワ。共に、夏の

風物詩だ。

    

別のものと結びつけるのなら、かつての秀作ドラマ『野ブタ。をプロデュー

ス』で山Pとコンビを組んでた、亀梨和也の唯一のフジ月9、『サプリ』の最

終回も思い出す所。海と看板と2人(亀&伊東美咲)が融け合う、素敵な

シーンだったね・・・っていうのは、半ばファンの方々への御挨拶だ(笑) 

ご満足なら「いいね」ボタンをクリックして頂きたい・・・って、無いだろ!♪

         

     

         ☆          ☆          ☆    

話を少し戻すと、『東京物語』的な海の描き方を強調してたのが、『サマー』

とも似てる月9の名作、『ビーチボーイズ』だった。反町と竹野内ももちろん

いいけど、私が非常に好きなのは第4話。竹野内の元・上司(平泉成)が、

民宿ダイヤモンドヘッドに泊まりに来て、連れ戻そうとするお話。反町と上

司が並んで、まったり釣りをするシーンは、夏の海と共に輝いてた。そこに

描かれるのは、ドラマ的な物語ではなく、アート的な絵画なのだ。

     

・・・って話なら、いくらでも書けるんだけど、この程度にしとこう。それより、

波奈江ね。朝日に撮影してもらう準備として、エステ、ネール、岩盤浴、ロ

ケハンMAP作り♪ これはもう、昭和の女のコって言うより、大正時代ま

で遡る必要があるかも。ま、当時、エステは無いと思うけど。ちなみに「エ

ステー」の創業は昭和21年、『エスパー(光速)』は昭和42年らしい(笑)。

そりゃ、話がズレ過ぎだろ。

    

看板の前で波奈江と過ごした年月を思い出した朝日が、「お前さぁ、いつも

隣にいるよな」と言うと、「うん、それくらいしか出来ないから」とか波奈江が

嬉しそうに答える。そして、「夏希も一緒に飲もうよ♪」。ここで流れ出した

コーラスが、ほぼ完全に『Beachboys』なのだ。確か、最終回のラストも、

英語の歌詞入りの美しいコーラスで終わった気がする。

      

『サマー』のコーラスは前回、夏希が指輪を投げた後に流れてた。今回は、

コーラスが流れた直後、朝日は自転車でレンタルビデオ店に向かい、『48

時間 Part2』のDVDを遂に返却した。香澄への未練の「終わりの始まり」。

ということは、次にコーラスが流れる時は、朝日が波奈江を捨てて夏希に走

る時だろう。コラコラ♪ 

   

いや、真面目な話、香澄と夏希という2人の強敵がいるから、波奈江と朝日

のラブラブ・モードは続かないはずなのだ。いずれ波奈江は、光(窪田正孝)

にこう言うだろう。「いつも隣りにいるよね」♪ その数時間後、魚屋の息子は、

高級さを表す褒め言葉のつもりで、こう言うはずだ。「マグロみたいだね」。で、

料理する前に終了とか。オイオイ!

      

   

         ☆          ☆          ☆

結局、朝日と夏希、光と波奈江が結ばれるから、香澄=長澤としてはケガす

るような付き合いしかない。コラコラ♪ ホームラン・ボールで割れたガラスで

腕から血が出るエピソード。普通に考えれば、単にボールが身体に当たるだ

けで十分なはずだけど、わざわざガラスで腕を切るシーンまで映したのは、

何かの伏線かね。夏の爽やかな恋愛ドラマだから、あんましディープな方向

に行くはずもないけど。

            

ディープと言えば、日テレの水曜ドラマ『Woman』の評判がやたらいい。視

聴率は平凡だけど、同じ坂元裕二脚本の『それでも、生きてゆく』よりは少し

高いね。女性=Womanと、ディープな視聴者の心をとらえたってことか。

時間がないけど、1回見てみたい気はする。

     

話を戻すと、ケガした香澄が怒るどころか、「このボール、ちょうだい♪ サイ

ンして」と、少年にニコニコ語りかけるシーン。長澤らしい、カワイイ演技だね。

頭に血が上った朝日をなだめて笑顔にさせたのもいいんだけど、やっぱ山

Pは好青年なんだよな。怒り狂った演技が、可愛く見えてしまった(笑)。ま、

『ルート66』で天然もバレちゃってるし。

     

それにしても、今後の香澄の扱いが、今回のエピソードでますます難しくなっ

た感はある。ケガの話に加えて、街を出る時の様子。街にも朝日のもとにも

戻る気はないっていう、強い意志を見せてたわけか。

           

でも、いずれ必ず、朝日と一緒に、「最後の最後の花火」を見ることになる

はずだし、その前にDVDも見るんじゃないかな。まだ残り7話か8話あるか

ら、時間的には余裕あるけど、複雑なラブストーリーのまとめ方には、今後

かなりのパワーが必要かも。。

    

         

           ☆          ☆          ☆

最後に、今回プッと吹き出して笑ったのは、波奈江が夏希に対して、「助っ人

外国人」とか言った箇所♪ 香里奈の顔って、どうしてもハーフかクォーター

に見えちゃうけど、ネットで調べた限りだと、純粋な日本人らしいね。メイクと

かの影響も大きいのかな。高校の卒業アルバムの写真は、フツーに日本人っ

ぽくて、むしろ今よりキレイに見えた。日本男児の私としては、大和撫子好き

なもんで。

       

さて、注目の第3話視聴率はどうかな。13%欲しい所だけど、はたして。。

演出が若手の宮木正悟ってことで、ちょっと過去の2話と違う感があったの

も事実。あと、そうそう。山Pの自転車にサイドスタンドがちゃんと付いてたの

が素晴らしい☆ あれ、クロススペース・・・じゃなくてクロスバイク風にしてる

けど、元はロードバイクだから、付けない方が普通なのだ。そうすると、壁に

立てかけたり、寝転がしたりすることになる。

      

地に足のついた写真家・朝日としては、サイドスタンドもしっかり地面につけ

るってことで♪ 好感持てるね。それでは、今日はこの辺で。。☆彡

    

     

      

P.S. 第3話は10.8%。ここが踏ん張り所だ。    

            

cf. 水・風・指輪、再びきらめくケンゾー♪~『SUMMER NUDE』第1話

   若者のすべて、最後の花火(HANABI)~『SUMMER NUDE』第2話

   水ロケットの向こう側まで跳躍する視線~『SUMMER NUDE』第4話

   帰ろうとするイルカ~『SUMMER NUDE』第5話

   第二幕、香澄vs夏希の始まりか~『SUMMER NUDE』第6話

   朝日の送別会、夏希の結婚写真~『SUMMER NUDE』第7話

   どこでもある、どこでもドア(奇跡の扉)~『SUMMER NUDE』第8話

   そこしか無い、電車のドア(現実の扉)~『SUMMER NUDE』第9話

   街の雨、心の涙、ビーチの水飛沫~『SUMMER NUDE』第10話

   この夏、裸になったもの~『SUMMER NUDE』最終回

                 

                                     (計 4403文字)

|

« 参院選後の月曜の朝、サラッと短い感想♪ | トップページ | 「ゲリラ豪雨」の後、湿度100%のジョギング・・ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです←というより誰?っていうくらいですね(笑)
でもその間、毎日?覗いてました♡
体調のほう戻られたようで、よかったです(^^)

今回のドラマ、視聴率よりはテンメイさんの評価若干良い風に感じるのですが、、、あってますか?

私はやっぱり彼のファンなので、どうしても客観的に見れないです。
だからテンメイさんのレビュー気になっちゃうんですよね(笑)

最後はテンメイさんの予想通りのカップルになるんだろうなぁ〜とわかっていても、波奈江ちゃんに感情移入しちゃってます。

何回も見返して同じところ「お前いつも隣にいるよな、、」「それしか出来ないから、、」のところで号泣、、f^_^;

一途に好きになれるって幸せだなぁって思うけど、一途に思われるのは辛いんじゃないかなぁ〜

彼のファンとしては、最後は結局誰とどうなるとかでなく、自分の夢を追い求めることに目覚めるとかがいいなぁ (≧∇≦)


投稿: hiro | 2013年7月23日 (火) 22時01分

> hiro さん
  
はじめまして・・と言いそうになりますね♪
調べてみると、半年ぶりのコメント present
  
毎日のように覗いて、何も書き込まずに
我慢してると、健康に良くないですよ(笑)
月1回くらいを目標に、頑張ってください。

マジメな話、ブロガー仲間以外で定期的に
コメントしてくれる方は、貴重な存在 ring
体調の心配までして頂き、どうもどうも cute
まだ時々、ゴホゴホと咳をしてますけどネ。
   
          
で、僕の評価がちょっと良く感じる?
気のせいでしょ(笑) コラコラ。
   
前からよく書いてますが、ドラマの舞台が
海になるだけで、2割増になります♪
生まれも育ちも瀬戸内海ですからね wave
   
あと、『ビーチボーイズ』関連だと2割増。
美青年関連だと、読者に配慮して2割増(笑)。
『プロポ』関連でも2割増。
ただし、長澤まさみの熱愛報道で3割引 happy02
    
ってことで、2+2+2+2-3=5。
合計、5割増の評価になってるんですよ♪
  
つまり、2分の3倍になってるから、
本来の評価はレビューの3分の2ってこと(笑)
   
第2話まではともかく、第3話を見た後は、
ちょっと視聴率が心配になりました(^^ゞ
広くみんなが楽しめるドラマとは言いにくい
方向に進んでる気がしますからね。
香里奈と海の家の存在感がちょっと中途半端だし。
       
ただ、一番大切なのは、自分の感想。
自分がいいと思えば、それだけでOK note
おまけに、テンメイさんも久々に真面目に
レビューしてるしね(笑)
いつまで続くか分からないけど。コラコラ♪
         
ファンなら、山PのPV(プロモーション・
ビデオ)だと思えば十分でしょ。
僕は、疲れ切った月曜の夜、夏の海と
自転車の映像を見てるだけでも十分です bicycle
   
  
物語的にはここまで、どう見ても
波奈江がヒロインですよね。
報われない一途な乙女の片思いだけど、
意外とベタベタせず、爽やかで可愛い。
  
「それしか出来ないから」。。
ウ~ン、僕が横でそうゆう事を言われたら、
肩を抱き寄せてキスくらいしちゃうかも♪
で、その後はあっさり距離を取るとか。オイオイ!
    
一途に思われると言っても、色々あって、
波奈江みたいなコなら、男も辛くはないでしょ。
ま、気にはなりますけどね。
気持ちはありがたいけど、そろそろ他の男を
見つけて幸せになれよって感じで。
   
という訳で、朝日もちょっとだけ優しくした後、
波奈江を光に譲るわけです♪
で、2人で『ローマの休日』のDVDを見た後は、
マグロのお料理 heart04
    
 
最後に、ごもっともな意見ですね☆
「自分の夢を追い求めることに目覚める」。。
    
なるほど、自転車のプロになるとか。違うわ!
一流カメラマンってことね♪
ヒゲ伸ばして、ゆっくり喋ればなれますよ。
そりゃ、渡部陽一か(笑)
    
夢路線は、ロマンチックな男の僕としても
賛成ですが、脚本的にはビミョーかも。
あぁ、最後に女3人を振り切って、
外国に武者修行に出るとかね。
なるほど、それはアリかな。
  
そう言えば、『ビーチボーイズ』の最終回の
後(SP)も、外国の海に行くんですよ。
で、最後はまた日本のビーチではしゃぐわけ。
   
そうか。それでもう、最終回予想は決定です(笑)。
朝日が外国に旅立って、数年後に帰国。
ラストはみんなでビーチではしゃいで終了。
もちろん、サマーヌード、夏の裸でね♪
    
スタッフさん、これ、使っていいですよ・・
と呼びかけといて、それではまた。
近いうちに。。♪ shine

投稿: テンメイ | 2013年7月25日 (木) 06時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/57847745

この記事へのトラックバック一覧です: 幻想的な装置としての写真・看板・海~『SUMMER NUDE』第3話:

» 特大ホームランボール(長澤まさみ)とハートに刺さったガラスの破片のSUMMER NUDE(山下智久) [キッドのブログinココログ]
恋愛ドラマの基本はエピソードである。 胸を焦がすエピソードを作るために脚本家は頭を悩ます。 主人公は三年前に理由を告げずに去った恋人を忘れられない男である。 一体、何が忘れられないのか。 それこそがポイントなのだ。 主人公と昔の彼女はおそらく一年ほどのつきあいである。 ミスみさきになった女子大生。 ... [続きを読む]

受信: 2013年7月25日 (木) 00時18分

« 参院選後の月曜の朝、サラッと短い感想♪ | トップページ | 「ゲリラ豪雨」の後、湿度100%のジョギング・・ »