« 11日ぶりにジョギング&連休3日目は自宅でお仕事・・ | トップページ | 猛暑の居ぬ間にジョギング♪ »

若者のすべて、最後の花火(HANABI)~『SUMMER NUDE』第2話

6年前の『プロポーズ大作戦』第2話で登場、ドラマ全体のメインテーマ的

な役割も果たしたのが、MONGOL800(モンゴル・ハッピャク=モンパチ)

の『小さな恋のうた』(2001年)だった。懐かしいサビの部分を再掲しよう。

 

   「ほら あなたにとって大事な人ほど すぐそばにいるの ♫

 

もちろん、直接的には、ケンゾー(山下智久)にとっての幼馴染、レイ(長澤

まさみ)を意味してたわけだが、それなりに一般性のある話だろう。人は、特

に若い内はつい、遠くを見てしまうわけだが、むしろ近くに大切なものがあ

るかも知れない。「灯台下(もと)暗し」という有名なことわざの、一つの解釈

でもある。

 

この挿入歌の歌詞をあらためて読み直してみたら、重要なことに気付いた。

サビのラストで曲のラストでもある歌詞は、「響け恋の歌」なんだけど、「恋

の歌」が本当に「すぐそば」に「響」いたのかどうか、分からないのだ。

 

もちろん、すぐそばにいる大事な人だから、既に十分ステキな瞬間を共有し

てるわけだけど、ひょっとすると「最後の最後」、届き損ねたのかも知れない。

そんなことを考えたのは、今夜の『SUMMER NUDE』第2話で、また印象

深い曲が流れたからだった。。

 

 

           ☆          ☆          ☆

その曲こそ、フジファブリック『若者のすべて』、2007年。まずは、Youtube

の公式動画(VEVOによる配信)へのリンクを貼っておこう。4分56秒、フル

で見せてくれてる。著作権などは既に、利害関係者の間で処理済みだと思う。  

 

   http://www.youtube.com/watch?v=IPBXepn5jTA

 

英国・BUSH社が1959年発売、一世風靡したアンティーク・ラジオ「TR82」

のベイビー・カラー(=パステル・ブルー)から、たまたまこの曲が流れ出した

130716a

 途端、今回のドラマの流

 れはすべて吹っ飛んだわ

 けだ。

 

 左は色違いの写真で、こ

 れが普通の色みたいだ。

 ウィキメディアでパブ

リックドメイン(公的所有)として公開されてる。レトロでオシャレだね♪

 

ケンゾー=朝日(山P)が、レイ=香澄(長澤)への思いを断ち切って、すぐそ

ばにいる野ブタ・まり子=波奈江(戸田恵梨香)の方に目を向けようとした時、

古いラジオから、香澄が好きだった懐かしい曲、『若者のすべて』が聴こえて

来たのだ。

 

この曲の歌詞は微妙な内容で、全体的には別れた恋人のことを思い出す切

ない歌詞にも聞こえるが、香澄が力説した解釈によると、別れた2人が最後

に再会するということらしい。そこまで思い出してしまうと、朝日はもう、未練

を断ち切れないだろう。『プロポ』と違って妖精も助けてくれないし♪ 

 

結局、今回のドラマは、香澄の朝食準備で始まって、香澄の好きな曲で終了。

どちらも、朝日を「目覚め」に導いたわけで、波奈江は健闘むなしく逆転負け

に終わったようだ。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

『小さな恋のうた』は明るい曲調だったが、『若者のすべて』は何となく、儚さ

や物悲しい雰囲気を漂わせてる。実際、調べてみると、インパクトのある情

報が出て来た。作詞・作曲&ボーカル担当の志村正彦が、2年後の2009

年のクリスマス・イブに29歳の若さでこの世を去ってたのだ。公式発表は、

病名不詳(by ウィキペディア)。。     

 

ということは、まさにこの曲は、志村という才能溢れる「若者のすべて」、「

後の花火」みたいな曲と言えなくもない。不確定情報だが、ネットの複数の

場所に書かれてる噂話によると、ミスチル・桜井和寿はこの曲に(いい意味

で)嫉妬、『コード・ブルー』の主題歌『HANABI』を作ったという話だ(信頼で

きる出典はまだ見当たらず)。

 

『若者』の歌詞は、「真夏のピークが去った」後を描いたもの。もちろん「真夏」

とは二重の意味で、8月半ばまでという文字通りの意味もあるし、最も輝い

た時期という象徴的意味も含んでるわけだ。

 

『サマーヌード』の脚本=物語と同じく、数年前に主人公2人は別れたらしい。

その最後の瞬間かどうかはさておき、印象深い思い出となったのが、数年前

の最後の花火。それ以来、毎年この時期になると、思い出してしまうのだ。ほ

とんど絶望しつつも、再会への一縷(る)の望みを密かに抱いて。。

 

   「ないかな ないよな  きっとね いないよな ♫

 

 

          ☆          ☆          ☆

ここまでは、山下達郎の名曲『クリスマス・イブ』みたいな淋しい歌詞(きっと

君は来ない・・)だが、曲の最後近くで突然、光が射して来る。

 

   「まいったな まいったな 話すことに迷うな ♫

 

どうやら、今年の最後の花火は、数年ぶりに、彼女と一緒に見ることになった

らしい。ただし、「最後の最後の花火」だから、何ともビミョーで、色んな解釈の

余地が残ってる。

 

現実主義者の私がフツーに読むと、これで本当に最後。この後は何とか未

練を断ち切って、2人別々の道を歩み始め「たい」・・・という願望が6割だと

感じるけど、世の中の大多数の人(特に月9視聴者の女性)はハッピーエ

ンド教の信者だから(笑)、元サヤのやり直し狙いだと解釈するのかも。

 

私の見間違いでなければ、ドラマの最後辺り、曲が流れた後で、香澄が車の

中から(?)空を見上げてた気がする。噂のハイエースかな。オイオイ! ウ

チにはここ1週間、合計で10人くらいの方が、「香澄 ○んだ」という検索ア

クセスでいらっしゃってたから、今頃は「生きてた!」とかツイートしてらっしゃ

るのかも♪

 

『若者のすべて』の歌詞の一番最後は、「同じ空を見上げているよ」。これは

「最後の最後の花火」を見てる様子とも読めるし、その直前、2人それぞれ

の揺れる思いを表してるとも読める。いずれにせよ、同時にほぼ同じような

ものを見上げながら、思いは微妙にズレてるわけだ。ズレとは、重なったも

のの間の違い=差異のことを言う。

 

130716b

 左写真は一昨年の神

 宮外苑花火大会で私

 が撮ったもので、最後

 に近い花火だったと

 思う。文字通りの意味

 か、象徴的な意味か

 はともかく♪ 単にキ

 レイなだけじゃなく、煙

で光が遮られてる辺りが、非常にリアルだろう。現実世界に、単にキレイな

だけのものは存在しない。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

それにしても、礼=香澄は別格として、波奈江を応援する私としては、ラジオ

から曲が流れる前までの流れについ、ウルウルしてしまった。まさに「乙女」

だったね。今どき、あんな可愛いコ、昭和回顧展にでも行かなきゃ見れない

かも♪ コラコラ。。

 

イタリアのチーズ、「モッツァレラ」(下の写真)を掛け声にして、朝日が波奈

130716c

 江を撮った写真を受け

 取ってから、10年ぶり

 に傘を借してもらって家

 に帰った所まで。「1点」

 どころか2点取った波奈

 江の気持ちは痛いほど

 よく分かるけど、3点取っ

た日本はイタリアに4点取られて逆転負けしたのだ(先日のコンフェデ杯♪)。

ちなみに写真はウィキメディアで公開中、Jon Sullivan氏の作品。

 

問題なのは、雨というものの持つ二義性だ。それは、朝日と波奈江の出会い

のキッカケでもあるが、一般的には良くないことの象徴でもある。来週は、本

当の土砂降りがやって来るんだろう。かりそめのビニール傘くらいだと、骨が

折れてしまうかも。。

 

しかし真面目な話、私なんて中学や高校の頃の事まで結構覚えてるから、

こっちがよく覚えてるのに、相手が「さっぱり分からない」って顔をすることが

よくあるけどね (^^ゞ あっ、これは半ば、『ガリレオ』ファンの方々への御挨

拶ってことで♪   

 

 

           ☆          ☆          ☆

ところで、男としてはやっぱり、『リッチマン』の井浦新・・・じゃなくて光(窪田

正孝)の姿が切ないね。実は波奈江にとって、すぐそばにいる大事な人は、

むしろ光かも知れないのに、ドラマの進行上、まだ気付いてないフリを続け

てるわけだ♪ コラコラ。

 

ウチの近所だと、あの種のレンタル屋は意外としぶとく生き残ってる。朝日み

たいに、延滞料金を払い続けてくれる客がいるってことか。でも、1日300円

程度だと、50人以上はいないと経営が成り立たないはずだけど。   

 

とにかく、あらためて感じたのは、脚本家・金子茂樹のテクニック。色んな要

素や伏線を散りばめて、上手く回収してるのだ。雨の使い方でも、夏希(香里

奈)や元・婚約者の絵文字メールとも絡めてあるし、『プロポーズ大作戦』初

から続く、水という要素の使用にもなってる。

 

アマガエルの登場は、脚本ではなく、石井祐介による演出かも。新鮮な映像

だったね。ま、梅雨時とか、道の真ん中に突然いるとビクッ・・と驚くんだけど♪

 

 

           ☆          ☆          ☆

なお、実は今週は、日刊サイゾーの「『ビーチボーイズ』の焼き直し?!」と

いう批判への応答をメインにしようと思ってたんだけど、『若者のすべて』を

聴いた途端に気が変わってしまった。

 

色々似てるのは、ウチの第1話レビューでも具体的に指摘したことで、今回

なら決定的に似てたのが、夏希が指輪を海に投げたシーン。あれは『ビー

チボーイズ』だと、広海=反町隆史が初回で腕時計を捨てたシーンと、最終

回で「広い海」に泳ぎ出したシーンを意識したものだろう。

 

実際、夏希が投げた直後に少し流れたコーラスは、『ビーチボーイズ』の爽

やかなBGMとそっくりだった。パクリと言うより、平均視聴率23.7%を取っ

た過去の月9へのオマージュ(敬意を込めた模倣)だ。夏の定番として、再

放送が凄く多いのも特徴で、私がたまたま見た時も、再々々々放送くらい

だったと思う。3年前、DVD化もされてるので、傑作としてお勧めしとこう。

 

 

         ☆          ☆          ☆  

隠れ将棋ファンとしては、波奈江の今後の将棋対局も気になる所(笑)。金

持ちの娘としては、「成り金」を使うのが得意みたいだけど、わざと成り金に

ならないという戦術もある。あぁ、でもこれは脚本には使えないか。分かる人

が少ないだろうから♪ 『ガリレオ2』の最終章で、原作の「虚数解」という言

葉を登場させなかったのと似たような話だろう。

 

テレビというメディアは、少なくとも地上波キー局の場合、どうしても分かり

やすさを重視するわけだ。ガリレオの数式は非常に特殊な例外として♪ 

 

そうそう、最後に個人的な思い出も込めて、話を一つ加えとこう。『若者の

すべて』で花火のモデルになったのは、作者・志村の地元、山梨県の河口

湖の花火らしい(by ウィキ)。私もたまたま1回、バイクのツーリングで見て、

凄くキレイだったのをよく覚えてる。山に囲まれて暗いから、花火の一瞬の

輝きが引き立つのだ。もちろん、終わった後、一抹の淋しさも含めて。。

 

なお、山Pが歌う主題歌『SUMMER NUDE ’13』でも、冒頭でいきなり

「最後の花火」が登場するが、このカバー曲についてはまたいずれってこと

にしとこう。それでは、今日はこの辺で。。☆彡

 

 

 

P.S. 8月2日、フジテレビ『僕らの音楽』に、山P、勝地、窪田の3人が

     出演。BGMで、『若者のすべて』のピアノ・ヴァージョンが流れたら

     しい。アクセスが増えたので、ツイッター検索してみたら分かった。

 

P.S.2 2年後の2015年6月22日、久々の大量アクセスが入ってるので

      調べてみると、フジテレビ『スカッとジャパン』で歌詞テロップ付きで

      流れたとのこと(ツイッター情報)。反応の良さが、この曲の根強い

      人気を物語ってる。

 

 

cf. 水・風・指輪、再びきらめくケンゾー♪~『SUMMER NUDE』第1話

   幻想的な装置としての写真・看板・海~『SUMMER NUDE』第3話

   水ロケットの向こう側まで跳躍する視線~『SUMMER NUDE』第4話

   帰ろうとするイルカ~『SUMMER NUDE』第5話

   第二幕、香澄vs夏希の始まりか~『SUMMER NUDE』第6話

   朝日の送別会、夏希の結婚写真~『SUMMER NUDE』第7話

   どこでもある、どこでもドア(奇跡の扉)~『SUMMER NUDE』第8話

   そこしか無い、電車のドア(現実の扉)~『SUMMER NUDE』第9話

   街の雨、心の涙、ビーチの水飛沫~『SUMMER NUDE』第10話

   この夏、裸になったもの~『SUMMER NUDE』最終回

 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   山P=山下智久『SUMMER NUDE』、

                 自転車(ロードバイク)の車種(&カメラ機種) 

 

                                   (計 4892文字)       

|

« 11日ぶりにジョギング&連休3日目は自宅でお仕事・・ | トップページ | 猛暑の居ぬ間にジョギング♪ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

テンメイさん、こんにちは!

河口湖にはドライブの思い出がありますわ。
その後一度も行ってないのでちょっといい感じで
記憶に残ってます。
テンメイさん的にはツーリングと花火だったのね。
バイクがあるとふらっと遠出も軽くできちゃいますね。
車よりも小回りも利くし、フットワークも軽い感じで
すぐに飛べるような感じでしょうか。
後ろに誰か乗ってたのかしら^^

>『リッチマン』の井浦新・・・じゃなくて光(窪田
正孝)の姿が切ないね

おお~・・私も窪田君がいい味出してると思ってました。
そっか~、井浦さん。。彷彿させます。ホントだわ。
配役的に、ふと隣を見ると丸く収まるようにできてるのね(笑

香澄で始まり、香澄で終わった2話。
あのセリフだと、歌詞の通りに
朝日の元に戻りそうですね。

でもやっぱり波奈江の胸キュンの乙女な感じが
今週は圧倒的な感じでした。
朝日には負けても、恵梨香ちゃんの存在感は
圧勝ってなところかな~(笑


投稿: エリ | 2013年7月17日 (水) 17時51分

テンメイさん、ちょっと一言で再登場、スミマセン。
先日の私のコメント欄ですけど
普通のお勤め人風「高橋克典」の件、
ようやくわかりました(笑
「特命係長」でしょう?
見たことないんで、全くよぎりもしなかったです。
あちらのドラマでは、広告代理店の社員だったようですね。
こちらでも特命よろしくイロイロ楽しませてくれるでしょうか?

投稿: エリ | 2013年7月18日 (木) 17時14分

> エリさん
   
こんばんは! 河口湖 mist
意外な箇所にノッて来ましたね♪
   
ドライブって、自動車で高速かな。
首都圏から日帰りか1泊でちょうど
いい観光地ですよね car
世界遺産で、一段と人気でしょう。
横に誰か乗ってたのかしら ^^
     
      
僕はいろんな乗物で色んな道を通って
行ってますが、道中が一番ノンビリ
できたのは、やっぱり電車です(鈍行♪)。
  
ま、2人きりの空間は作れませんが。
あっ、電車で無理やり作ったこともあったか♪
斜め前に他人がいたのに(爆)
恐るべし、自分!heart04 
   
ただ、河口湖は1人だったかな。
少なくとも、後ろには乗せてません。
折角のシチュエーションだったのに。。      
    
バイクはホント、身軽ですよ。200kgだけど♪
道が狭くても気にならないし、渋滞の
すり抜けも出来るし、まさかの行き止まりでも、
降りれば適当に反転できるし。
  
ま、日焼け、風圧、排気ガスの問題はありますが。
山で急に雨が降って来たことはザラにあるし (^^ゞ
エアコン&音楽もなくて、代わりは風ってことで。
雨で濡れた後の風は、精神を鍛えてくれます(笑)
  
         
「後ろに誰か」。。いい所を突いて来ましたね note
ツーリングだけでも、そこそこ乗せてます。
男も含めて(爆) 懐かしい。。 
    
男の2人乗りで可愛いペンションに泊まっちゃった
時は、オーナーがビックリしてました (^^ゞ
エロビデオも撮ったし。僕があえぎ声を出してます happy02
ちなみに本番はありません。そりゃ、蛇足か(爆)
    
女の子を乗せる時は、よほどバイク自体が
好きなコじゃないと、長距離はキツイようですね。
バイクだと、姿勢を維持しなきゃいけないから。
   
マンガとかだと、女の子が男に抱きついてますが、
あれは前が見えなくて怖いし、退屈だし、
男の方も運転しづらいんですよ。
   
だから普通、女の子は、左右の手のひらだけで
男のお腹まわりを軽く持つから、長時間だと大変。
と言っても、泊まりがけで行ってますけどね♪    
自動車よりは一体感があるでしょう。
で、ホントに一体になると。コラコラ spa
   
    
あ~、そうゆう話を書き始めたら記事に
なっちゃうから、この辺でとりあえず中断♪
    
窪田と井浦。。僕は最初、そっくりだと思ったけど、
みんなあんまし思わないようですね。
いまだに検索アクセスは1人かな (^^ゞ
エリさんが支持してくれて嬉しいです cute
ま、最終回で波奈江と一体になるでしょう♪
    

で、何気に面白いこと書いてますね。
「朝日には負けても・・・」(笑)
波奈江をホメると見せかけて、朝日のプッシュ。

ただ、朝日の映りに関しては、初回の方が
カッコ良かった気がしました。
自転車の映し方も、初回の方が爽やか bicycle
  
エッ、全部カッコ良くて、全部爽やか?
ハイハイ♪ じゃあ、そうしときましょう(笑)
   
   
最後に、わざわざ再登場してまで
書き込んで頂いたコメント。
面白い発想ですね。思い付きませんでした(^^ゞ
  
って言うか、「特命係長」を見てない?
あれは見なきゃダメです♪ B級ドラマの傑作☆
特に、格闘シーンが良かったですね。昼も夜も。
エビちゃんのボケも可愛かったし virgo
    
いや、そちらへのコメントで、港区の店長じゃ
普通の勤め人になりませんか?って感じのことを
書いたのは、個人的な流れがあったんですよ。
  
直前にたまたま、話題の「ブラック企業」の記事を
ネットで読んでたから、港区の店長って設定が、
アパレルとか居酒屋の正社員に感じられたわけ。
  
そう言えば、今回の高橋はオーナー店長かな。
流石はエリさん☆ 経済感覚が鋭いですね♪
アベノミクスの評価は如何でしょう(笑)
     
ちなみに高橋は、かなりのバイク好きみたいです。
たまたまテレビで伊豆をツーリングする
番組をやってて、ホントに楽しそうだったし、
サマになってました。
結婚後は流石に、機会が減ってるでしょう。
  
あ~、またバイクの話を書きたくなったから、
そろそろこの辺で。。♪shine

投稿: テンメイ | 2013年7月19日 (金) 01時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/57800211

この記事へのトラックバック一覧です: 若者のすべて、最後の花火(HANABI)~『SUMMER NUDE』第2話:

» ファンキービート(山久智久)とチェリーパイ(戸田恵梨香)のSUMMER NUDE [キッドのブログinココログ]
七月の第三月曜日は「海の日」である。 そうなったのは2003年からで・・・ハッピーマンデー制度だ・・・1996年に施行された時は七月二十日だった。 地域によっても変わるが基本的に小中学校の夏休み開始直前である。 それに対して・・・これも地域差があるわけだが「海開き」は概ね七月一日である。 つまり、ド... [続きを読む]

受信: 2013年7月16日 (火) 17時30分

« 11日ぶりにジョギング&連休3日目は自宅でお仕事・・ | トップページ | 猛暑の居ぬ間にジョギング♪ »