« ホームで女性救出、40人で32トンの電車を傾けた力の物理学的計算 | トップページ | 日曜・深夜=月曜・未明のお仕事中のつぶやき(自転車など) »

昭和・高度成長期の「太陽」、黒部ダム~朝日新聞『映画の旅人』

RUN 10km,48分09秒,平均心拍153

     

昨日の朝日新聞・朝刊別刷beに、またパズル「絵むすび」(難易度4)が掲

載されたから、解説記事へのアクセスが増えてるけど、ちょっと書き過ぎな

んだよな。ま、今回は、3ヶ月前の記事に追記する程度に留めて、もっと珍

しい話を書いてみよう。

    

昭和の高度成長期を代表する建造物の一つ、黒部ダム☆ 思わず「プロジェ

クトX!」と叫びたくなるね♪ 「風の中の~すばる~♫」 いや、NHKの再放

送を見たって話じゃなくて単に、朝日のパズルの少し前で特集してたからっ

ていう、単純なキッカケだ♪

     

長く続いた大型特集「うたの旅人」が3月で終了、「映画の旅人」がスタート。

たまたまドラマ『ガリレオ』にハマった時期と重なったから、今までほとんど読

んでなかったこともあって、試しに読んだら面白かった。と言うより、懐かしい

んだよなぁ。旅の思い出が。。

    

     

         ☆          ☆          ☆

朝日が扱ってた映画は、『黒部の太陽』(1968,昭和43年)。恥ず

かしながら、名前しか知らなかったけど、石原裕次郎と三船敏郎の2大ス

ターが共演したヒット作ね。

           

配給収入が約8億円、観客動員数が約700万人。これって、映画のチケッ

トが100円ってこと?(笑)。消費者物価指数の推移を調べると、それ以降、

物価は3倍になってるから、今だと300円? う~ん、こっそり裏口から入っ

た観客までカウントしたのかな。コラコラ♪ ま、文部省推薦だから、特別料

金とか無料で見た子供が多いのかも。 

   

この映画、大人の事情や制作費の問題で、上映までが大変だったみたいだ

し、その後も映画館で見て欲しいって意向でビデオ化されず。3時間16分が

長すぎるからか、テレビ放映もほとんど無いみたいだ。ようやく今年の3月、

石原プロ創立50周年ってことで、Blu-rayとDVDで発売。

   

      

           ☆          ☆          ☆

映画については語れないし、朝日の記事も映画そのものより、その背景の

130728e

 説明になってる

 から、ここでも

 黒部ダムそのも

 のに向かうとし

 よう。長野県か

 岐阜県かと思っ

 たら、富山県の

 南東なんだね。

 左はGoogle

 Earth。

            

当初は、黒部川第四発電所に水を供給するダムってことで、黒四ダムとも

呼ばれてたらしいけど、今はフツー、黒部ダム。関西電力の水力発電用な

わけね。いまだに高さ186mは日本一。総工費513億円だから、今で言う

と1500億円くらいか。1956年8月に着工、1963年6月完成。作業員延

べ人数、1000万人。

      

私自身は2回行ってて、いずれも立山・黒部アルペンルートを使ったから、

まずはその図を転載しとこう。ウィキメディア、CKcenter316氏の作品。

   

130728f

   

2回とも左から右、つまり北西から南東に進んだこともあって、個人的には

黒部ダムの左側(北西側)の方が思い出深いんだけど、朝日の記事のメイ

ンは右端の関電トンネルだった。申し訳ないけど、ダムと黒部湖を見た直後

に通ったから、さようなら黒部って感じで記憶にない (^^ゞ

       

    

         ☆          ☆          ☆

5.4kmの関電トンネルは工事用の輸送路なのに、「破砕帯」のせいで地獄

だったらしい。断層運動で砕かれた岩石のすき間に地下水が浸み込んだ軟

弱な地盤だから、掘っても掘っても崩れ落ちるし、地下水が洪水のように出て、

一時はルート変更へと傾いた。

      

しかし関電の太田垣士郎・社長は、「現状突破や! なにがなんでもやれ!」

と一括。7割成功の見通しがあれば勇断をもって実行、それでなければ本当

の事業はやれない・・・という哲学を持ってたというお話。う~ん、高度成長期

だね♪ 今だと通じない理屈かも。まあでも、大きな事をやろうと思ったら、そ

れだけ大きなリスクを背負うのは確か。ハイリスク、ハイリターンが原則だ。

  

結局、水抜きのトンネルを掘りまくり、地盤固めの薬液を注入。82mの破砕

帯を突き抜けるのに7ヶ月かかったらしい。1日あたり、40cm! 当然、他

の場所でも苦労したから、殉職者は計171人。その内、23人が関電トンネ

130728b

 ルとのこと。

   

 私が初めてダム

 を訪れた時にも、

 ダム自体より慰

 霊碑の方が強烈

 に心に突き刺さっ

 た。「尊きみは

 しらに捧ぐ」。

合掌。。写真はウィキメディア、Kahusi氏の作品。右端に、犠牲者の方々の

名前が刻まれてたと思う。

    

    

          ☆          ☆          ☆

一方、ダムそのものは当然、ド迫力で、プチ高所恐怖症の私は、放水を上か

ら見る時、マジでビビってしまった (^^ゞ いや、正直言って、壁に寄りかかっ

た途端にポキッと折れちゃいそうで♪ 失礼な話だけど、「あり得ない」ってこ

ともないだろう。

         

ただ、今後も約250年はダムとして機能するというお話。凄い耐久力だね。

当時はコンピューターの性能も低かったはずなのに、物理学や土木工学の

計算、恐るべし。。マニアとしては、後で理論を調べちゃうかも(笑)。

     

130728c

 左写真も、Ka

 husi氏より。

 110mの高さ

 から毎秒10

 トン! わざと

 霧状にして、下

 への影響を緩和

 してるらしい。

 写真の右下にあ

る展望台が懐かしいね。確か、しばらく階段を登った気がする。近所だったら

週に1回くらい行ってもいいかも♪ 壮大な眺めだった。もちろん、お約束の

写真も撮ったけど、どこに行ったか分からない (^^ゞ

      

130728d

 2回目に行った

 時、黒部湖の遊

 覧船に乗ろうと

 したんだけど、

 湖に霧が立ち込

 めてたから中止。

 箱根の芦ノ湖で

 乗ろうとした時

 なんて、湖があ

ることさえ分からないくらいの濃霧だったもんね。ま、旅に当たり外れは付き

ものか。

  

上の写真は、ウィキメディア、Σ64氏の作品。この左側が、関電トンネル・ト

ロリーバスの乗り場だったかな。右奥の方から、ダムの上を歩いて来たと思

う。ちなみに、黒部の手前のロープウェーとか、古びた駅の数々も情緒があっ

た。なかでも、やっぱり室堂(むろどう)のホテル立山が良かったね♪ 

        

確か、1人・1泊3万円くらいで、高いなとは思ったけど、印象はGood☆ 

ホテルの前をゆったり散策するだけでも、景色と空気がいいから楽しいし、

食事も美味しかったと思う。従業員のサービスもOK。不満は強気の料金だ

け・・・って、こだわるネ(笑)  

    

そう言えば、アルペンルートの最初のケーブルカーも、傾斜が急で迫力あっ

たね。とにかく、立山・黒部は壮大、昭和の高度成長期も偉大なのだ。とり

あえず今回は、陰の側面には触れないってことで、「太陽」だけを見ておこう♪

           

    

           ☆          ☆          ☆

おっと! ここでPCトラブル発生。これはもう、いい加減にしとけっていう、

天の命令だね。天命♪

   

今朝はホントは、昨日に続いて自転車に乗るつもりだったのに、夜の間、断

続的に雨が降ったから、ランニングに変更。気温が23度まで下がってくれ

たし、自転車だと水たまりや泥ハネがイヤなもんで♪ スポーツ車は泥ヨケ

を付けてないから、雨の直後は悲惨なのだ。

       

で、「ランニング」と書いたけど、実はこれ、1ヶ月半ぶり (^^ゞ 心臓の不調

と風邪に加えて蒸し暑さもあって、ずっと「ジョギング」ばっかだった。かなり

疲れも溜まってるし、前日の日焼けがヒリヒリしてたから、今朝は10kmの

ランで早めに終わらせることに決定。アップさえせず、すぐスタスタ走り出し

た。口呼吸で走るのも超久々(自転車は別)。 

    

昨日の自転車の余韻もあって、脚の筋肉がギクシャクしてたけど、思ったよ

りは少しマシな走りで、ハーハーゼーゼー、素早く帰宅。トータルでは1km

4分49秒ペース。遅いけど感触はそこそこだったから、良しとしよう。

        

今日は日曜なのに、また家でお仕事。今週はトータル2万字。タイムは日付

け変更後に追記(笑)。ではまた来週☆彡

                

                                    (計 3056文字)

    

  

☆追記  では、翌週になったので、とりあえず外した部分を復活させよう♪

       まず、最後の2行の直前にあった段落から。

   

         ちなみに1週間ほど前から距離の誤差を修正して、以前より

         100m長く走ってるから、トータルだと30秒、1kmのペース

         だと3秒くらい遅くなってる。つまり、以前なら1km4分46秒

         ペースなのだ・・・って言うか、ずっと間違ってたらしいけど (^^ゞ

        

       続いて、末尾にあった測定データも復元。

      

         往路(2.40km)   12分05秒   心拍139

         1周(2.14km)   10分25秒      153     

         2周           10分17秒       157      

         3周(0.92km)    4分23秒       156

         復路           11分01秒       161

  計 10km  48分09秒  平均心拍153  最大心拍167(ゴール時)

               

                                (追記込み 3358文字)

|

« ホームで女性救出、40人で32トンの電車を傾けた力の物理学的計算 | トップページ | 日曜・深夜=月曜・未明のお仕事中のつぶやき(自転車など) »

「ランニング」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

さすがテンメイさん、芸が細かい(笑)字数です。20000字は
自主規制なんですね^^
黒部ダムのブログ記事を読んでから、新聞読みました。

>プチ高所恐怖症の私は、放水を上から見る時、マジでビビって
しまった (^^ゞ いや、正直言って、壁に寄りかかった途端に
ポキッと折れちゃいそうで♪ 
わかります^^写真だけでも凄い迫力で^^くらくらしそうです。

>今後も約250年はダムとして機能するというお話。凄い耐久力だね。
>思わず「プロジェクトX!」と叫びたくなるね♪ 「風の中の~すばる~♫」
ホント浮かびますね~~♪それにしても技術者の信念や会社の社運を
かけての大工事、惚れ惚れしますね。

なんだか「断層」の言葉が出て来てドキッとしました。関西電力だし・・・
日本の地盤は緩いんだろうな・・・と感じてしまいました。
テンメイさん、夜とはいえアスファルトの上は暑い・・・公園だったら
緑の木々を渡る風はさわやかなのでしょうか^^ 心筋梗塞もご用心ですね。

投稿: orugann | 2013年7月29日 (月) 22時09分

> orugann さん
   
こんばんは night
そろそろ17000字の自主規制に
変えなきゃいけないなぁと思ってますが、
なかなか上手く行きません (^^ゞ
  
この記事は、執筆序盤でもう「ヤバイかな」と
思ってましたが、あんまし省きたい箇所も
ないから、そのまま継続。2万字をオーバー。
400字以上削るのは至難の技でした♪
  
元々の新聞記事の情報量が多い上に、
自分の文章を加えるんですからね。
4000字前後は簡単に行っちゃいます。
  
   
で、この記事の後に新聞を読んだんですか。
それは光栄ですね♪ 実に素晴らしい bell
昨日、朝日新聞社から、この記事目当ての
検索アクセスが入ってました。担当者でしょう。
コメントも含めて、喜んで頂けたと思います present
  
ダムは未体験でしたか。
お金と時間が多少かかりますが、
観光ルートとしてはよく出来てると思いますよ。
   
高齢者や身障者にはキツイでしょうけどね。
登り下りが多かったり、足場が悪かったり。
ま、昔はそれが当たり前だったわけですが。
   
写真からも分かる通り、ダムの放水側の壁は
垂直じゃなくて、内側(=湖側)に食い込む
ようになってるんですよ。
だから、上から放水口をのぞこうとすると、
壁から身を乗り出す形になるわけ。
思わずゾクゾクッとしました (^^ゞ 
  
実は、黒部ダムの工事中に、フランスで
ダムが決壊。死者400人以上の大災害☆
それをキッカケとして、技術や理論が向上、
黒部の設計変更も行われたそうです。
世界レベルの大変な道のりですね。。
  
    
断層と関西電力。あぁ、なるほど。。
心配はごもっともですが、活断層の問題は、
僕は騒ぎすぎだと思ってます。朝日新聞とか♪
他に、もっと危ないものが沢山ありますからね。
例えば富士山噴火の方が、数十倍くらい危ないはず。
  
原発の影響の大きさや長さを考慮しても、
あまりにバランス的に不公平。
ダムも鉄道も自動車も、大勢死んでますからね。
しかも大部分はすぐに死亡。
  
原発の放射線被曝だと、発がんして死亡すると
しても確率は低いし、10年後くらいです。
その辺り、いずれまた記事を書くかも知れません。
    
日本の地盤がどうかは分かりませんが、
「人間の地盤」は一般にかなり緩いでしょう。
それを前提として、何とか生きてるわけです。
いつ崩れるか、分からない中で run 
 
  
アスファルトの上の暑さ。。
流石、スポーツ好きだけあって細かいですね♪
マラソン中継でよく話題になりますが、
確かに、気温だけじゃ暑さは分かりません。  
ただ、街中と比べると、公園は爽やかですよ clover
雨の後の湿度はちょっと高いかも。
      
心筋梗塞や脳梗塞は「いきなり最終回」だから
怖いんですが、心身共に健康的な生活を
心がけるしかありませんね。
お互い、気をつけましょう。
  
と言いつつ、もう夜明け前だったりします(^^ゞ
あぁ~~、仕事が終わらない。。
って感じで、ではまた。。shine

投稿: テンメイ | 2013年8月 1日 (木) 04時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホームで女性救出、40人で32トンの電車を傾けた力の物理学的計算 | トップページ | 日曜・深夜=月曜・未明のお仕事中のつぶやき(自転車など) »