« 今シーズン初の転倒!、出血&打撲・・ | トップページ | ケガにも負けず、小雨にも負けず・・帰宅後は懐かしの24時間TV »

ケガで沈滞の土曜、久々にキムタクのラジオ『ワッツ』の話とか

痛くて眠れない・・・とまで書くと大げさだけど、眠りづらかったのは確かだね。

トライアスロンの途中でスキーして、合間にグリコ・プリッツとポッキーを食べ

る夢を見たほど(実話・・笑)。右肩の出血はようやく止まったけど、打撲の

痛みがかなり残ってて、ちょっと動かしたり、力を入れたりするだけで、激痛

が走るのだ。

 

まあ、1週間連続で走り続けてたから、ちょうど1日くらい休もうかと思ってた

所。今日はもう、お休みにしよう。では、また明日・・・って訳にいかないのが

毎日更新ブロガーの定め (^^ゞ 天が与えた運命=テンメイなのだ♪ 

    

正直、PCのキーボードを叩くだけでも右肩がちょっと痛むし、相変わらず

日焼け&皮膚炎があちこち痒いから、軽い話で終わりにしたい。仕方無い

から、久々にジャニーズ・ラジオの記事でも書いとこう・・・と言うか、ラジオ

記事しか書けないと言うか。「でも・しか」状態なのだ。ラジオに失礼だろ!

     

「でも・しか」と言えば、カモシカ(寒っ!)。ここ1ヶ月の真面目なトレーニング

で、カモシカ以上の美脚になってた私の脚は、転倒で傷モノになってしまっ

た。これじゃあ、もう、お嫁に行けないわ・・・って、男だろ! いや、まあ、こ

うゆう時は、無性にどうでもいい事を書きたくなるわけよ。人間の性(さが)

なのだ♪ 一般論かよ!

        

    

          ☆          ☆          ☆

さて、ここ1ヶ月ほど、頭の中からラジオが消えてたから、キムタク=木村拓

哉の『ワッツ』を思い出して聞き始めたのは、23時15分頃。既に半分終わっ

てたけど、この番組はHPが細かく更新されるから、聞かなくても聞いたフリ

を出来るのだ。コラコラ♪ 

     

マジメな話、やっぱ実際のラジオの方が「情報」量が多いね。ただし、ここで

いう情報とは、フツーの人が聞き流すような部分のこと。昨日の放送で言う

と、キムタクが秋からの新ドラマ『続・ターミネーター2』・・・じゃなくて、『安堂

ロイド』について何か喋ろうとした時(キャストかな?)、周囲のスタッフから

ストップがかかったらしいのだ。

   

この時の反応が、「実に面白い」(by ガリレオ湯川)♪ フツーならあっさり

指示に従う所なのに、30秒以上くらい、ブツブツと不満を語ったのだ。何な

の、これ?、見えない枠みたいなものがあって・・・とか。言葉は慎重に選び

ながらも、制約の強さに対する不満は明らか。で、こうゆう「実にキムタク」な

クセのある部分は、公式HPには載らないわけ。

       

しかし、録音のはずのラジオからは、発言が削除されてない。この辺りが、

超大物タレントの所以(ゆえん)だね。他だと、明石家さんま、ビートたけし、

和田アキ子とか。自分自身で一定の線はちゃんと守りながらも、他人が引

いた線からは多少ハミ出る資格と実力を持ってる。別格扱いされるポジショ

ンであって、凡人には羨ましい限り。。

   

   

          ☆          ☆          ☆

で、肝心の『安堂ロイド』については、台本の最初辺りに、「よっしゃ、やって

やるぞ!」って気にさせる言葉が書いてあったそうだ。省略して引用しとこう。

  

 「この作品に関わるみなさんへ

    

    この作品は・・・全ての人達がアイデアを出し合わないと成立しない

    作品だと思います。

    ・・・全員、誰かがあなたを欲して、このチームにいるのです。

    ・・・クリエーターとして、全員が本気になって欲しい・・・マックスを

      ぶつけて・・・ベストを尽くして・・・。

    ・・・“限界に立って命は道を探し、命は道を見つける”、と言います。

    ・・・よろしくお願いします」。

     

   

ウ~ン、必死な思いは伝わって来るね。確かに、物語的にもCG的にも、な

かなか「成立し」にくい大変な企画だから。これ、最初の全体の打ち合わせ

みたいな場での言葉なら、珍しくないかも知れないけど、台本(第3話まで

の準備稿)の冒頭に文章で書くっていうのは、珍しいんだろうね。

             

まあ、私が読んだら、「限界に立つと、命は間違った道を見出すことも多いか

ら、ゆとりを少し保つことも大切」、とか思う所かも。もちろん、口には出さない

けどね♪ これぞ、小市民の小市民たる所以なのだ。マジメな話、適度な余

裕=「あそび」の部分っていうのは、クリエーション=創造においても、リスク

管理においても、決定的に重要。言い方を変えるなら、ギリギリの手前で回

避して適度な余裕を保つことまで含めて、本気でやるべきなのだ。

     

あと、『ロイド』関連で違うネタだと、「ドラえもん」みたいに机の引き出しから

出て来るって、要するにトヨタCMとのタイアップってことね。なるほど、大人

の事情、恐るべし。。

         

ちなみにキムタクは、ドラえもん関連だと、「どこでもドア」と「暗記パン」が欲し

い、とのこと。主役にとって、台詞の暗記は大変だろうね。ちなみに残念なが

ら、私は『ドラえもん』って、あんまし知らないのだ。むしろ、『セーラームーン』

にして欲しいかも♪ あぶないわ! 『サザエさん』じゃ、SFにならないか(笑)。

        

    

          ☆         ☆          ☆    

ちなみに、今から「ドラマの結末」をたずねる質問をラジオですると、「確実

に削除」されると強調してた♪ だから、ウチではズバリ書いてしまおう(笑)。

「確実に実現」されることを。

          

殺されたはずの沫嶋黎士は、何らかの形で必ず「再生」して、安堂麻陽=

柴咲コウとの愛を再び確かめ合う。トヨタのキャンペーンが、「ReBORN」

=再生だし、東日本大震災からの復興=再生の途上だし。

         

そこでは、7つの要素や仕掛けが考えられる。①タイムスリップ、②アンドロ

イド、③多世界・パラレルワールド、④仮想現実=ヴァーチャル・リアリティ

(VR)⑤再生医療、⑥子供、⑦偽装(実は死んでなかったとか)。

         

これらをどう組み合わせるか。ベテラン脚本家・西荻弓絵その他のアイデア

に期待しよう。実はこの後、「美青年」ラジオについても書くつもりだったけど、

もう時間とパワーが残ってないから、省略ってことで。ま、美青年については、

ドラマ・レビューをそこそこ真面目に書いてるしね♪ 久々に(笑)。

ではまた明日。。☆彡

                

                                    (計 2428文字)

|

« 今シーズン初の転倒!、出血&打撲・・ | トップページ | ケガにも負けず、小雨にも負けず・・帰宅後は懐かしの24時間TV »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今シーズン初の転倒!、出血&打撲・・ | トップページ | ケガにも負けず、小雨にも負けず・・帰宅後は懐かしの24時間TV »