« 秋のお別れ続き、今度は私自身か・・・&ラジオ、お手紙 | トップページ | アンドロイドも開く、パンドラの箱~『安堂ロイド』第4話 »

美脚ドラマ2本・『東京バンドワゴン』第4話&休養ラン

(2日) JOG 14km,1時間12分24秒,平均心拍142

    

ダメだ・・一昨日、突然浮上したプライベートの「お引越し」話で頭が一杯。丸

2日、半ば混乱、半ばボーッとした状態が続いてる (^^ゞ 何しろ、前夜はホ

ントにその夢をずっと見続けて何度も目が覚めたから、極度に浅い眠りに

なってしまった。

   

昨日は、自販機でカルピスソーダを買って家に戻ったら、なぜか無い。お釣

りを取るだけで頭が一杯で、肝心のドリンクを置き忘れたわけ (^^ゞ 余りの

下らなさに自分で苦笑しながら、往復10分歩いて取りに行くハメになった。

こんな時にドラマなんて見ても、頭をスーッと素通りしてしまう。

    

ただ、5週連続だった土曜出勤が今週は休みで、フツーに3連休だから、超

珍しく、金曜深夜のドラマを2本続けてチラ見してみた(映像中心)。直接の

キッカケは、惜しげもなく美脚を見せて頑張ってる長澤まさみが、同性ウケ

してないって話をネットで見たから。夏の『SUMMER NUDE』でも、「最後

の花火」を美青年と見ることもなく、中途半端なお別れで終了。それなら、

異性の私が応援してあげようっていう、純粋な気持ちで見たのだ♪

       

    

          ☆          ☆          ☆

長澤主演の深夜ドラマ『都市伝説の女』(テレビ朝日)は、去年の春のPart1

だと平均視聴率9.7%を獲得☆ これ、時間帯(23時15分~24時15分)

を考えるとかなり高視聴率だろう。女性視聴者がゼロとすると(笑)、男性の

みの視聴率は20%近いことになる♪ 今回のPart2は、第3話までの平均

が7.8%だから、2割下がってるけど、まだ一応、健闘の部類だろう。

           

さて、今週の『都市伝説』は第4話。元々、私は事件ものをほとんど見ない

し(『ガリレオ』は理数系ドラマ扱い)、ラジオもネットで聞いてたから、ものす

ごく不真面目なチラ見をしただけ。まあでも、制作サイドもそんな事は計算

済みだと思う。金曜の夜中の男性向けドラマなんて、仕事で疲れて、ちょっ

とアルコールも入って、風呂上がりにボーッと見るのがフツーだろう。

     

ネタとなった「伝説」は、今期の異色のドラマ『クロコーチ』でも主題とされて

る三億円事件(1968年)。警察が悪者扱いされてた気がするけど、私の印

象に残ったのは、月子(長澤)の白バイ姿のみ♪ 流石にその時はわりと真

面目な服装だったけど、他はオールインワンのミニ、かなり短めのショート

パンツ2種、あとは公式サイトのトップを飾るピンクのミニワンピースかな。

たまたま、これまた私が好きで女性ウケの悪そうな(笑)市川由衣も出てた

から、目の保養にはなった。このコ、いつも悪役で可哀想。。(^^ゞ

   

    

          ☆          ☆          ☆

『都市伝説』で一番気に入ったのは、本編よりエンドロール。派手な衣装の

長澤が、美脚ユニット・Perfumeの曲とCGに合わせて、ロボット風のダンス

を笑顔でキコキコと踊ってくれる。その、ぎこちなさがまた可愛いんだけど、

女性視聴者には分からないんだろうね(笑)。

           

ま、私にもジャニーズの魅力はあんまし分からないから、似たようなものか♪

と言っても、私はあくまでクール。長澤のファンではないし、来週以降、もしま

た見るとしても、やっぱし単なるチラ見だろう。例えば、お引越し用に荷物を片

付けながらとか。。 

         

公式サイトには、月子=長澤のファッションチェックのページもちゃんとあっ

て、画像保存も簡単に可能。数がちょっと物足りないけど、いいね♪ ま、全

体的に、「次のドラマ」よりは普通の作品だと思った。。

     

    

           ☆          ☆          ☆

続いて、その「次のドラマ」、『殺しの女王蜂』(テレビ東京)。これは単に、『都

市伝説の女』の直後にあったから、試しにチラ見しただけだ。同じ美脚ドラマ

として、視聴者が流れて来るのを狙ったってことか。

   

主演って言うか、主な登場人物のほとんど(笑)が、オスカーが誇る長身美脚

ユニット、モデルガールズの8人。その内の5人は、キャバレー「アシナガバチ」

所属の殺し屋集団「アシナガ」=足長♪ そのまんまかよ! 平均身長175

cm、平均股下84cmはいいとして、全員9頭身は大げさだな。7.5~8.5、

平均8頭身だろう。ま、8じゃ普通過ぎてインパクトが弱いから、わざと「9」に

したんだろうけど、消費者を惑わす誇大広告とか不正表示かも。あっ、男は

そんな数字、気にしないか♪

      

プロポーション(比率)はさておき、約6000名のオスカー所属モデルから選

抜されただけのことはあって、全員キレイなのは確か。21歳から32歳まで、

年齢構成の幅が大きいのも面白いね。ちょっと不運だったのは、K-POP美

脚ガール達の人気がピークを越えた時期のデビュー(2012年5月下旬)と

なったこと。個人活動は別として、ユニットとしての活動は実質、あと1年くら

いかな。あるいは、AKBやモー娘みたいにメンバー交代していくとか。

     

    

          ☆          ☆          ☆

ドラマの内容は、40分のお色気深夜番組だし、こんなもんでしょ。『都市伝

説』と比べると、ハッキリとセクシー路線に特化してるから、物語なんてオマケ

でもいいのだ♪ 毎回、メンバーの1人がヒロインになるってことか。コスチュー

ムがあまりにバラバラでB級過ぎて、個人的には見づらい気もするけど、今

はこうゆう方がウケるのかも。ゲームとかアニメの登場人物のノリかな。彼女

たち以外の出演者(特に男)はやたら地味で、思わず応援したくなった。

       

ここから這い上がるのは大変って言うか、ここに残るだけでも大変なんだろ

うな。あっ、深夜の地上波テレビに1回出るだけでも凄いのか。ま、他人の

心配してる場合じゃないね (^^ゞ 

   

ちなみに私は、ラジオの通行人インタビューで1回登場したことならある。20

秒くらいの出演で、ちゃんと録音した(笑)。ギャラは0円だけど、実は放送さ

れなかった事も喋ってて、「これ、放送できないでしょうけど・・・」と私が前フリ

して喋ったら、スタッフが「それはちょっと・・・」と苦笑したのが印象に残ってる。

    

要するに私は、取材対象のネガティブな話もしたんだけど、放送で使われた

のはポジティブな話のみ。ま、そんなもんだろうネ。メディアはやっぱり、報道

であっても、録りたいものを録る。切り口や焦点は最初から決まってるのだ。。        

     

    

           ☆          ☆          ☆

では、今朝はこの辺で。。ダメ? あっ、そう♪ 『東京バンドワゴン』第4話、

2分遅れで一応見た。印象に残ったシーンは、長~いリムジンで到着した

空港(?)で一瞬映ったように見えた、LCC(格安航空会社)のスッチーじゃ

なくてCAかな(笑)。そこかよ! いやぁ、ミムラは典型的な美人なだけに、

ダイエット不足が惜しまれるのだ(失礼・・)。あれ、役作りもあるのかね。

    

そのミムラが演じる藍子、大学教授との不倫で花陽(かよ:尾澤ルナ)を生ん

だだけじゃなくて、本を盗んでたわけね。本妻への感謝の言葉が記された、

教授の初の著書。で、それを本妻の娘である槙野すずみ(多部未華子)が

ひそかに探してたと。見つからないから、藍子が描きかけてた父(=教授)の

絵を切り裂いたってことでいいのかな。どっちもどっち、重い応酬。。

    

藍子がすずみに対して、「お返し致します」と本を差し出したシーンも、何とも

重い味わいがある。返したのは、父=教授から母=妻への愛の証しであっ

て、藍子は教授を返したわけじゃないし、花陽の存在は今更消せない事実。

おまけに、父=教授は既に死んでるから、2人の女を愛した男のまま。

    

だから結局、藍子の台詞は、「少しだけお返しします。後はお返しできません」

という意味なのだ。決して、「LOVEだねぇ」と我南人(玉置浩二)が口にして

丸く収まる話ではない。そもそも、すずみ以上に、母=妻の心が切り裂かれ

たままで、あの絵の向こうにその姿が透けて見えるわけだ。愛する夫が遥か

年下の女子学生に手を出して、子どもまで作ってた。ということは多分、一度

や二度のふとした過ちではない、本気の浮気のはず。。

     

     

          ☆          ☆          ☆

そうゆう、LOVE=愛の重さ、苦しさ、割り切れなさまで、ちゃんと描いてた辺

りはいいと思う。ただ、それに見合うだけの、すずみと青(亀梨和也)の愛が

描けてないと、亀梨主演のドラマには見えて来ない。ま、私は第2話を見逃

してるし、第3話も序盤は見逃してるから、その辺りがどうなってたか、分か

らないけどね。もちろん、主演ドラマに見えなくてもいいと、亀梨自身が思っ

てるふしもある。

   

では、実質的な主演とも言うべき我南人=玉置はどうだったか。あちこちで

書かれてるように、玉置がドラマに出続けてるだけでも凄いこと(笑)。いつ

いなくなるか、いつ、切れた演技を見せるか、そのハラハラ感だけでも楽し

めるのだ♪ もちろん、普通に演技してても、やっぱし味がある。

    

青が補導された時の、LOVE TIMER(玉置 in 安全地帯)の演奏も、待っ

てましたって感じで、青=亀梨の演技も繊細だったけど、第1話のラストと

比べると、ちょっと弱かったかな。歌、演奏、脚本、演出、演技。特に、観客

が中途半端。ギャグとしたら弱いし、マジメに取ると変な反応だろう。警察署

の前での抜き打ちライブなんだから。

    

渋谷で時々、似たパフォーマンスがあるけど、渋谷警察署からは少し離れた

普通の場所(109、スクランブル交差点、公園通り、代々木公園・・)。だか

らこそ、観客もわりと安心して楽しめるのだ。

       

まあでも、全く独自路線を突っ走ってる実験的なホームドラマだし、こうゆう

のは温かく見守るべき作品だろう。折角の古本屋なんだから、今後はもう少

し、本や文学の話を入れて欲しい気もするけど、家族や人間関係が拡大す

るから、そんな余裕はないのかも。ホーム=家庭の中心は家族、周辺は身

近な人間だから、それで筋は通ってるわけか。。

      

   

P.S. 『東京バンドワゴン』第4話の視聴率は6.3%まで低下。裏の日本

     シリーズ第6戦が、田中マー君完投もあって28.4%取ってるから、

     仕方無いだろう。。

    

P.S.2 視聴率の分析記事をアップ。

      プロ野球・日本シリーズがドラマ視聴率に与えた影響&休養ラン

     

     

           ☆          ☆          ☆

もう時間が無くなったから、走りについては一言だけ。25km走から1日お

いて、ゆっくり14km走っただけ。平均心拍142の休養ランで、1km5分

10秒ペース。痛みもないし感触は良かった♪ 次はまたハーフかな。迫る

川口マラソン・・って言うか、迫る「お引越し」問題。どうしよう。。

      

人生、LOVE以外の事が多いのだ。やたら時間の長い「ドラマ」だし。なお、

今週は計2万字ちょうど。ではまた来週。。☆彡

         

     

  往路(2.40km)   13分25秒   心拍128

  1周(2.14km)    11分35秒       136  

  2周           11分16秒      142

  3周           10分57秒      147

  4周           10分36秒      151

  5周(0.64km)    3分11秒      153

  復路           11分25秒       151

計 14km 1時間12分24秒 平均心拍142 最大心拍157(ゴール前)

      

                (計 3944文字 ; 翌週の追記込みで4420字)

|

« 秋のお別れ続き、今度は私自身か・・・&ラジオ、お手紙 | トップページ | アンドロイドも開く、パンドラの箱~『安堂ロイド』第4話 »

「ランニング」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/58504422

この記事へのトラックバック一覧です: 美脚ドラマ2本・『東京バンドワゴン』第4話&休養ラン:

« 秋のお別れ続き、今度は私自身か・・・&ラジオ、お手紙 | トップページ | アンドロイドも開く、パンドラの箱~『安堂ロイド』第4話 »