« 『東京バンドワゴン』最終回、323字の感想♪ | トップページ | 引越しのXデーが決定、ヤバイ・・&ジョグに近い20km走 »

沫嶋ロイドとして一時帰還した黎士~『安堂ロイド』最終回

失敗した。。例の「お引越し」関連に追われて、最初の5分見逃してしまった

のだ。冒頭から、白セーラー美少女(桐谷美玲)が大活躍だったのかな。いま

や「LQ」(ラスト・クイーン)なんて略語で呼ばれてる、ARX Ⅸ - THE LAST

QUEEN。ミニスカ美脚ハイキックがロイド(木村拓哉)にヒットしたのかね♪

    

前々回のキムタクのラジオ『ワッツ』によると、超~強いって話だったから、21

時05分以降の活躍程度じゃ物足りないのだ。って言うか、カメラ・アングルが

イマイチだな。AVってものの抜き所が分かってない♪ テレビ・ドラマだろ!

     

旧ヴァージョンのアスラ・システムさえ起動できなくなったロイドは、亜裕太じゃ

なくてカドシロ(平岡祐太)と同じく、最後の切り札、自爆戦術で対抗。以前、ピ

ンク・ナース・・じゃなくてサプリ(本田翼)が使った武器だね。ロイドの場合、イ

ンドでインストールされたのかも。

          

かつての日本軍の特攻隊はそれほどの戦果をあげてないらしいけど、カドシ

131216a

  ロは敵を倒して、ロイドはLQ

  (ラスト・クイーン)と共に空中

  爆発。スペースシャトルの事

  故2回を思い出させるような

  映像になってた。

      

  左上はウィキメディア公開の

パブリック・ドメイン(公的所有画像)で、NASAの事故映像。一方、左下は

131025a

  前に物理的解説記事で使った

  もの。桐谷セーラーが「歴史の

  ベイパーコーン」なんて言葉を

  死亡フラッグ(=予告の目印)

  として口にしてたね。ほぼ音速

  の飛行機の後ろに出来る雲、

  「水蒸気の円錐形」だ。

       

     

         ☆          ☆          ☆

ところでたまたま今日・・・って言うか、日付け変わって昨日、かつてのグリコ・

森永事件を思わせる、「黒子のバスケ」事件の「容疑者」が逮捕されたらしい。

1年以上も警察や社会を翻弄したあげくに、「ごめんなさい。負けました」と白

旗を上げたとの報道が出てた。PC遠隔操作事件と違って、あっさり「犯人」確

定でゲーム終了かな。まあ、容疑者と犯人は区別する必要がある。

       

それに対して、小悪魔的な魅力の白セーラー&白ハイソックス美少女が、素

131216d

  直に「ごめんなさい。負けました」なん

  て言うはずはない。実際、旧型のロイ

  ドでさえ、100年後にキューブ(立方

  体)型のメモリーチップが海底から引

  き上げられて、5Dプリンターで復活

  したんだから。左はウィキのパブリック・

ドメイン画像、Jan Homann氏の作品。

            

当然、美少女のチップも生き残ってるはず。「I’ll be back」(必ず戻って

来るからネ♪)。映画『ターミネーター2』の場合、溶鉱炉でチップが溶かされ

たけど、今回は深海にキラキラと沈んだだけ。ピンピンしてるだろう。ちなみに

先日のラジオ『ワッツ』によると、キムタクの朝はビンビンらしい♪ ボソボソッ

と恥ずかしそうにつぶやく所が可愛かったのだ・・・ってアブナイわ!

      

下の写真は、初めて使ってみた「ブログ・フォト」さんの無料提供写真。タグと

呼ばれる文字記号の列を発行してもらって、それをブログに埋め込むと、画

像が表示されるのだ。私のPCだと見えるけど、皆さん、ちゃんと見えるかな。

某マニアック・サイトに似た感じの、綺麗なパステル系の青緑色だね♪      

       

        
(c) .foto project

    

    

          ☆          ☆          ☆

という訳で、ウチでは早くから予想してたように、映画かSPドラマで続編が作ら

れるはずだ。そこで当然、セーラー美少女も「テヘペロ♪」と復活。すると、桐

谷関連のCMも沢山集まって、TBSも助かるのだ(笑)。そもそもまだ、麻陽

(柴咲コウ)がウエディング・ドレスを着てないし、沫嶋七瀬(大島優子)の冷酷

な別人格・黎子も消えてないはず。山本美月の大看板も出来てない・・・って、

そりゃ、『SUMMER NUDE』だろ!

      

そんな事より本質的なのは、あれで沫嶋黎士が帰って来たことになるのか?っ

ていう疑問だ。アンドロイドの身体からロイドのデータを抜き取って、黎士の脳

データを入れて、生体活動モードで起動 or 作動させただけだから、あれじゃ

「沫嶋ロイド」になっただけだろう。山下達郎&竹内まりやの『Your Eyes』、

小田和正『woh woh』といった甘いラブソングが流れる中、麻陽は半ば、ロ

イドと浮気したと言ってもいい♪

     

沫嶋黎士は結局、最後のシーンの世界でどうゆう扱いなのかもハッキリしな

い。最愛の麻陽との結婚式をキャンセルしてまで、「インドの山奥で、修業し

て」るってことか♪ レインボーマンかよ・・・って、古っ! ほんじゃ、例の教授

は聖者ダイバ・ダッタってことね。いや、今ウィキペディアで調べたんだけど♪ 

          

古いと言えば、ロイドが借りてた身体を黎士に返すってパターンは、ウルトラ

マンがハヤタ隊員に身体を返したエピソードへのオマージュ(敬意を込めた

模倣)だ。ただし、ウルトラマンは利息としてハヤタに命を与えたのに、ロイド

は元本しか返済してない♪ ちゃんとした借用証も提示してないから、都議会

で叩かれるだろう。イノセかよ! ウルトラセブンの場合は、地球人の身体を

借りたんじゃなくて真似しただけだから、別パターンになる(細かい・・)。

      

    

          ☆          ☆          ☆

一応、今シリーズの最終回だから、6年半ぶりにタイムスリップやパラレル

ワールド(並行世界)についても、簡単に図で解説しとこう。前は、美青年の

人気ドラマ『プロポーズ大作戦』の時に、記事2本で詳しく説明したのだ。あ

の時、食いついてくれたブロガー仲間のOさん、お元気ですか~?♪

      

未来に行くとか、過去に戻るという、SF的な時間旅行の発想は、根本的に、

未来や過去が「今現在」、「どこか」に存在するという仮定を持ってる。それは、

この世界の内部だけでもいいけど、説明に都合がいいのは、並行世界を考

えることだ。この世界とほぼ同じ世界が、並行して無数に存在するという想定

を図示してみよう。広い意味での「多世界解釈」と言ってもいい。

       

131216e

  左は、無数にある並

  行世界の内、3つだ

  け並べたもの。右向

  きの時間軸に沿って、

  世界が波打って変化

  する様子を描いてる。

  

  この世界(=世界1)

  から100年後の未来

  にタイムスリップすると

  いうのは、100年後以

  降の変化が少しだけ違

う「世界2」へと移動(or ワープ)すること。そこから100年前に戻るというの

は、元の世界1ではなく、2013年以降が少しだけ違う「世界3」へと移動す

ることだ。図では、波の大きさ=振幅の変化で、違いを示しておいた。

     

こう考えることによって、タイムスリップによる奇妙な影響を避けることが出来

る。未来や過去を変えてしまったら、タイムスリップした自分自身に深刻な影

響が出てしまうという、男の子の頭をウニにしてしまう悩みが消えてしまうの

だ。似て非なる別世界へのタイムスリップなら、そこで何かを変更しても、自

分への影響はない。ただし、無数の並行世界の共存を考えることで、余計に

頭が爆発する恐れはある(笑)。

    

ちなみに、女の子は既にスクロールして、この文章を読んでないから大丈夫

だ♪ ま、公式ガイドブックによると、柴咲コウはこの種の話が好きらしいけど。

って言うか、キムタクが好きな話だから、柴咲も関心を持ってるってことかも。

何にせよ、ガリレオ=福山雅治が五寸釘を買ったことだけは確かだ(笑)。嫉

妬は人を、「実に非-論理的」な行動へと駆り立てるのだ。。

    

    

         ☆          ☆          ☆

最後に、脚本について。ドラマだと、途中から新人の泉澤陽子へと変わった

みたいだけど、なぜか角川文庫のノベライズでは、Ⅱ巻まで西荻弓絵の名前

になってる。ノベライズの内容はドラマとほとんど同じだから、何とも不思議な

のだ。実は西荻中心の共同作業で、新人に「花を持たせた」ってことか。

      

まあ、脚本家の分担がどうなってるのかはさておき、評価はちょっとビミョー

なものがある。低視聴率の影響もあったのか、特に中盤以降、感情移入しや

すい恋愛&勧善懲悪物語へとシフトし過ぎた感じだし、完成度や斬新さという

点でも、SF小説や漫画、アニメと比べてどうなのか、疑問は感じるのだ。爆笑

問題の太田光からキムタクへのメールで触れられてたらしい、ベルグソンの

哲学(時間と自由)とでは、比較のしようもない。

         

『エヴァンゲリオン』と比較してもどうかと思うし、物理概念の説明や「阿修羅」

の説明を見ても、正直、物足りなさはあった。逆に、平凡で簡単な「思い」や意

志の大切さを強調する時など、個人的にスルーしたくなったほど。もちろん、予

算や時間の制約が強い中、映画のようなド派手な映像で脚本を補うことも出

来てない。。

         

   

           ☆          ☆          ☆

それでも、キムタク主演のテレビドラマでこれだけの挑戦をやり遂げたという

点は高く評価すべきだろう。

         

同じTBSの日曜劇場『華麗なる一族』で、キムタクが敗北して自殺する主人

公を好演したのが6年半前。私は、あれ以降のキムタクのドラマだと、『安堂

ロイド』がベストだと思う。飛び抜けて低い視聴率は、もっとも斬新な挑戦への

勲章なのだ。これで、次の作品は一般ウケや視聴率を狙いに行くだろうから、

なおさら『ロイド』の冒険が際立つことになるだろう。

    

タイムスリップはまだまだ不可能としても、我々は未来や過去を想像・想起で

きるし、現在以降を自力で変えることも出来る。また、変える責任もある。あえ

て過去のドラマ界の流れを断ち、新たな未来を創り出そうとチャレンジした『安

堂ロイド』には、素直に拍手を贈りたい。スタッフ&キャストの皆さん、どうもお

疲れさま♪

         

続編では、「沫嶋ロイド」ではなく、沫嶋黎士と麻陽が結婚。桐谷健太と山口紗

弥加も結婚して、遠藤憲一が孫を抱っこしてるだろう。名取裕子は再婚せず、

次々と若い男の子をホテルに誘いこんでるはずだ♪ 「LOVEだねぇ~」って

いうのは一部読者の方々へのご挨拶だ(笑)。

       

桐谷セーラーや本田サプリの新コスチューム、あるいはサービス・ショットに

も大いに期待しつつ、それでは今回は、この辺で。。☆彡

    

    

    

cf. 制作費70分の1、SF映画に挑戦するドラマ~『安堂ロイド』第1話

   雨が止んだ夜中に12km走&『安堂ロイド』第2話

   ハーフ走、1km4分半まで回復♪&『安堂ロイド』第3話

   アンドロイドも開く、パンドラの箱~『安堂ロイド』第4話

   「ラプラスの魔」と人間の意志(仏語原書に即して)~『安堂ロイド』第5話

   『安堂ロイド』第6話、軽~いつぶやき♪

   ほろ酔いジョギング(コラコラ!)&「十八」(ジュワッチ) (第7話関連

   『安堂ロイド』第9話、サンスクリット語のasura(阿修羅)の意味など

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   プラントル・グロワートの特異点とベイパーコーン

                            ~『安堂ロイド』物理的解説

   『安堂ロイド』公式ガイドブック、軽~い感想♪

             

                                  (計 4303文字)

|

« 『東京バンドワゴン』最終回、323字の感想♪ | トップページ | 引越しのXデーが決定、ヤバイ・・&ジョグに近い20km走 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/58764362

この記事へのトラックバック一覧です: 沫嶋ロイドとして一時帰還した黎士~『安堂ロイド』最終回:

» 神に代わって、お仕置きよ!・・・うわあ、やられたあ(木村拓哉) [キッドのブログinココログ]
おちゃめな妹と遊んであげる・・・すべてのお兄ちゃんに捧ぐドラマだったのか・・・。 まあ・・・そういう考え方もあるな。 物騒な妹を持つと苦労するんだよな。 俺の妹が人類を抹殺するわけがない・・・と思ってると抹殺しようとしたりするんだな。 どんだけ、物騒な妹なんだよ。 ロイドの製造年数47年、妹クイーン... [続きを読む]

受信: 2013年12月16日 (月) 16時47分

» 安堂ロイド A.I .knows LOVE? 最終回 [ぷち丸くんの日常日記]
ラストクイーン(桐谷美鈴)が未来のポリスクラウド、公安上層部、政治家たちを操っていたようです。 ロイド(木村拓哉)は、みんなの想いを受け取ってその力でラストクイーンに向かって行きますが・・・ 相手は最新型だし、アスラシステムも持っているし、ロイドはめちゃくちゃピンチです。 あわやと言うところをサプリ(本田翼)に助けられますが、ラストクイーンのシールドが張られているので、逃げ...... [続きを読む]

受信: 2013年12月17日 (火) 14時52分

» 『安堂ロイド』 最終回 [美容師は見た…]
「歴史にお前は存在させない。 この体はただの機械ではない。 安堂麻陽の思い。沫嶋黎士の思い。 そして今、この世界に生きている人の思いで、 俺は生かされている。 俺はその全ての思いで、お前を倒す」 ロイド「この世界の人間に、生き続ける価値なんてあるか?」 ... [続きを読む]

受信: 2013年12月19日 (木) 18時10分

« 『東京バンドワゴン』最終回、323字の感想♪ | トップページ | 引越しのXデーが決定、ヤバイ・・&ジョグに近い20km走 »