« 『安堂ロイド』第9話、サンスクリット語のasura(阿修羅)の意味など | トップページ | 丑三つ時まであおられる中、世界的ヒットの幽霊動画CMに爆笑♪ »

大変な急用が襲来・・&『喧嘩商売』が『喧嘩稼業』となって再開

いやぁ、ホントに参った。。今日って言うか、日付け変わって昨日は、元々

仕事で不愉快な事があったから、家にすぐ帰る気がしなくて、22時半に帰

宅。すると、ポストにとんでもない用事が入ってたわけ。昨夜が3時間睡眠

だから、すぐ寝ようと思ってたのになぁ。。ガックシ。。_| ̄|○ って感じで、

隙あらばこの顔文字なのだ♪

       

どうも、冴えない事が連発してるね。例えば、久々にわりとマジメに書いた

昨日のドラマ記事。サンスクリット語なんて妙なものを色々と調べてるから、

見た目より遥かに手間ヒマがかかってる。ところがドッコイ庄一 by 綾瀬はる

か、皆さん、ほとんど気にならなかったようで、検索サイトでのランクはトップ

クラスなのに(asura関連の検索)、僅かな検索アクセスしか入ってない  ^^;

一発当てようと狙ったのに、大外れ~って感じ。  

        

ま、ドラマと関係ない検索アクセスは今後ずっと稼げるし、自分が面白くて

勉強にもなったから、いいけどネ。わりと最近の似た例だと、評価が高かっ

たドラマ『Woman』の挿入曲『遠き山に日は落ちて』についてマニアックな

記事を書いた時、ドラマファンのアクセスは僅かだった。でも、その後、ドラ

マと関係ないアクセスがかなり入り続けてるのだ♪ こうゆう記事は貴重だ

から、いずれ図書館で調べて、もっとマニアックな続編を書くかも。。

   

    

          ☆          ☆          ☆  

マニアックな続編と言えば、私が唯一読み続けてる『週刊ヤングマガジン』

で、待望の人気マンガが再開した♪ 3年前までのタイトルは『喧嘩商売』

(2005~10年)だったけど、新シリーズ(第二部)は『喧嘩稼業』。

          

木多康昭が本格的に描くのは、基本的にはホントに「何でもあり」(ヴァーリ

トゥード)の面白過ぎる格闘界。そこへ更に、あんまし(orほとんど)関係ない

コネタがチョコチョコ混ざってて笑えるのだ。下ネタ、時事ネタ、プライベート、

etc。かなり頭のいい、女好きのマンガ家だと思う。特に女子高生とか(笑)

       

彼の独特のセンスを表す例として、ウィキペディアからエピソードを一つ挙げ

てみよう。私は気づかなかったけど、今年の春、講談社のヤンマガHPで、木

田本人による再開のメッセージが掲載されたらしい。

  

   「シベリアに抑留された日本兵がたった半年で

    シベリアに戻ってくると思う方がどうかしている」  (笑)

      

色んな解釈が可能だけど、要するに以前の5年間の連載が大変すぎたから

ずっと逃げてた、という意味だろう。締切前、ホテルに「缶詰め」されたりした

んだろうね。私から見ると、シベリア抑留どころか、リッチな生活で羨ましい

かも。と言っても、人気マンガ家の生活の実情なんて、想像しにくいけどね。

      

肝心の第二部の内容は、要するに異種格闘技の世界トーナメント開始。既

にクセ者揃いの16人と、別格のチャンピオン的存在・田島彬の参加が決定、

いよいよって所で、主人公の高校生・佐藤十兵衛が無理やり乱入しようとし

てるのだ。出場者の一人、ボクシングの世界チャンピオン・石橋強をケンカ

に巻き込んで倒して、自分が代わりに出場する狙い。

         

フツーの格闘マンガなら、闘い自体や訓練をしっかり描くだろうけど、この

マンガはそれら以外の描写(策略とか)にも独特のクセやこだわりがあって、

やみつきになる♪ 私も含めて、以前の読者はみんな戻って来るだろう。ま

だ読んだことのない格闘技好きのマニアックな方にもお勧めだ(特に男子)。

      

   

         ☆          ☆          ☆

ちょっと気になるのは、3年の逃亡or抑留生活(笑)の間に、人物の絵がちょっ

と変わってること。まあ一応わかるし、すぐ慣れるだろうけどね。とにかく毎週

月曜日の連載が楽しみになった♪ 内容的にはまた数年の連載になるはず

だから、途中で再び逃げないよう、編集者にはしっかり抑留して欲しいもの。

お金はもう、コミック24巻の印税で余ってるはずだから、やっぱ色仕掛けが

効くと思う。

       

ってことで、大変な用事に向かうとしよう。眠っ! ではまた明日。。☆彡

            

                                   (計 1629文字)

|

« 『安堂ロイド』第9話、サンスクリット語のasura(阿修羅)の意味など | トップページ | 丑三つ時まであおられる中、世界的ヒットの幽霊動画CMに爆笑♪ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『安堂ロイド』第9話、サンスクリット語のasura(阿修羅)の意味など | トップページ | 丑三つ時まであおられる中、世界的ヒットの幽霊動画CMに爆笑♪ »