« サボリまくりの罰、再び25km走 | トップページ | 『明日、ママがいない』第1話、有料動画で見た感想 »

池上彰&細川元首相、都知事選出馬をめぐるやり取りの解釈など

今日は特に書くことが見つからないから、間近に迫った都知事選の話でも

書こうかと思ったが、時間も無いし、普通に報道されてる事以上の話を書け

そうにない。そこで、少し脇道に逸れて、細かい部分に突っ込んでみよう。

都知事選そのものではなく、その出馬をめぐるやり取りが個人的に興味深

かったのだ。「細かすぎて伝わらない」ネタかも知れない♪

      

事の発端は、産経新聞HPの1月10日の記事、「都知事選 細川氏からの

出馬打診に池上彰氏が逆提案 『細川さんが出た方が・・・』」。私はたまたま

ネットで流し見して、意外な話だなと思ってたのだ。これではまるで、池上が

細川陣営を応援(orサポート)してるみたいだけど、そんな話はこれまで聞い

たことが無い。池上のことはあまり知らないが、中立的な人気ジャーナリスト

の姿の裏で反原発の活動家だったのか?、と思ってしまった。

       

池上本人の弁明によると、それは誤解だということらしい。しかし、まずは産

経の文章を見てみよう。現在もまだ公式サイト上で無料公開されてる記事か

ら、そのまま引用する。

   

   「細川氏周辺によると、細川氏は今年に入ってジャーナリストの

    池上彰氏(63)と会談し、出馬を打診したが、池上氏は逆に

    『細川氏が出た方がよい』などと立候補を促したという。細川氏

    らは『池上氏が最適の候補者だ』として、引き続き出馬を要請し

    ている」

     

   

          ☆          ☆          ☆

これに対して、池上彰が反論したのが、『週刊文春 1月30日号』(23日発売)

の連載「そこからですか!?」。産経は記事を書く前に、自分に対して取材しな

かったそうで、裏付け取材という基本が出来てない記者に対する不満を2ペー

ジにわたって書いてた。

   

この種の話題で、本人への取材がどれほど有効かは微妙な所だが、一応

本人にも聞いてみるのは、確かに基本「かも知れない」。ただ、池上自身も、

記者を批判する際、担当記者に直接確認した形跡がない。これは、池上が

何かを批判する時によくある構図なのだ。その批判が自分自身に跳ね返る

点をほとんど考慮してない(一度だけ考慮してたのを読んだ)。

        

ちなみに私自身は、本人への取材は「絶対に必要」なものとは思ってないし、

単なるブロガーの私が池上に聞いても返答はないだろうから、取材してない

わけだ。だから、「池上が産経の記者に取材してない」こと自体は別にいい

のだが、それでいて、「記者が自分に取材してないのを批判する」のは不整

合だろう。。

    

    

           ☆          ☆          ☆

一方、記事の内容と事実の違いについて。池上によると、事実は次のような

ものだったらしい。細川らと会談したのは事実で、都知事選出馬の話も確か

にした。細川が都知事選出馬を池上に促したのも事実。ここからが重要だ。

    

池上は断った後、「細川さんこそ、最近週刊誌が出馬するのではないかと書

いていますが、どうなんですか」と言ったらしい。これは「問い返した」だけな

のに、産経の記事では「促した」ことになる、という主張なのだ。「促した」とい

うのは、細川をかつぎ上げたい同席者達の(間違った)解釈か、同席者また

は記者の(意図的)歪曲だろうという書き方だった。

    

しかし、自分が出馬を促された後、「細川さんこそ・・・」と応答したのなら、問

い返したと言うより、「促し返した」と解釈する方が普通だろう。産経の記事は、

池上にとっては不本意だろうが、第三者的に見てそれほど間違ってるわけ

でも歪曲してるわけでもない。少なくとも、メジャーな週刊誌の連載を2ページ

丸ごと使って批判するほどの落ち度でもない。

            

そもそも産経は一応、「周辺によると・・・促したという」と書くことで、単なる伝

聞だという点は示してある。おまけに池上が書いた記事の冒頭では、細川を

批判する読売新聞だけを偏ってるとして批判。細川を支持する朝日や毎日に

は何も言わないのだから、細川サイド、反原発よりに見えてしまうのは事実だ。

        

では、池上はどう答えれば良かったのか。特に正解は見当たらないが、例

えば「細川さんこそ・・・」という代わりに、次のように言えば誤解が減っただ

ろう。「細川さんは、本当の所、どうなんですか。出馬するのではないかと

週刊誌が書いていますが」。

     

決定的に違うのは、「こそ」と「は」だ。「細川さんこそ」と言うと、自分に対する

出馬要請をそのまま返したことになるが、「細川さんは」なら、質問を返した

だけだということが分かりやすいわけだ。。

       

        

          ☆          ☆          ☆

という訳で、万が一にも無いだろうが、もし超多忙な池上さんがこの記事をお

読みなら、簡単な反論をお待ちしています♪ テレビはほとんど見てません

が、朝日新聞の連載、「新聞ななめ読み」は結構読んでますよ。あと、「引き

続き出馬を要請」という話はどうなったんですか? 

    

ちなみに以前、勝間和代のエッセイを批判した時も本人に呼びかけたが、残

念ながら応答は無かった。まして、ネット上の交流にあまり積極的ではないら

しい池上(byウィキペディア)だと、やり取りはほぼ不可能だろう。

          

なお、今週の『クロススペース』では、美青年が12歳の女の子に「可愛い」

と萌えてた(笑)。風船ガム100個のプレゼントが、「夢がある」とか「一番」

という話だったから、ファンは早速、風船ガムを200個送るべきだろう。ホン

トに喜んでもらえるかどうかはさておき♪ 

  

・・・っていうのは一部の読者の方々へのご挨拶なのだ。ではまた明日。。☆彡

   

    

P.S. 都知事選は大方の予想通り、舛添要一が圧勝。細川と宇都宮の票数

     を足しても、舛添に届いてない。左派系など、細川を持ち上げてた一部

     週刊誌が何と書くのか、興味深い所だ。TOKYO MXの選挙特番では、

     池上が舛添に「飛び入り」質問。舛添は事前に、池上のインタビューを

     断ってたのだと、池上が番組で暴露したらしい。日刊ゲンダイは池上の

     「聞く力」を絶賛してるが、このメディアは反・舛添、親・細川の姿勢だか

     ら、注意する必要がある。

              

                                     (計 2405文字)

|

« サボリまくりの罰、再び25km走 | トップページ | 『明日、ママがいない』第1話、有料動画で見た感想 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サボリまくりの罰、再び25km走 | トップページ | 『明日、ママがいない』第1話、有料動画で見た感想 »