« 嵐・二宮和也が主人公の小説、『Eの874』(by伊坂幸太郎) | トップページ | 1・17&『シャレオツ』仏語ピーポー(pipeau)の意味&厳寒腹痛25km走 »

『僕のいた時間』第2話、軽~い感想♪

年末からの引越しパニックが続く中、ようやく今週になってテレビを見れる状

況になった。いやぁ素晴らしいね、カラーテレビって☆ 文明の利器だわ(笑)。

半世紀遅れかよ!

              

そうは言っても、正直まだテレビをじっくり見る余裕なんて無いんだけど、そろ

そろ冬ドラマでもチェックしてみようかなと、検索開始。激遅のダイヤルアップ

回線だと、あちこち飛び回って詳しく調べることも出来ない中、見る気が湧い

たドラマは唯一つ。良質の『僕』シリーズでお馴染み、橋部敦子脚本の『僕の

いた時間』だ。

         

7年前、自転車が活躍するってこともあって真面目に見た『僕の歩く道』は、

地味ながら秀作だった。橋部という脚本家も、優秀な人だなと思ったから、

今度も少なくとも大ハズレはないだろう。

    

      

         ☆          ☆          ☆

『僕の歩く道』の主役は自閉症の青年(草彅剛)で、『僕のいた時間』は筋委

縮性側索硬化症=ALS(Amyotrophic Lateral Sclerosis)の青年(三

浦春馬)。ALSは、天才物理学者ホーキング博士で有名な難病でもある(実

は違うという説もあり)。

      

病気もの、難病ものというのは、どうしても型にハマった物語になりがちで、

話の大きな流れが最初から分かってしまうから、演技力とか演出、ディテー

ル(細部)の出来が大切になる。

      

それは、1月8日の朝日新聞・朝刊「試写室」にも書いてた事だけど、昨夜の

第2話を見た限りでは、まずまずの出来かな。まだ病気の兆候しか現れてな

い地味な展開で、凄くいいとも思わなかったけど、さほど不満もない。橋部ら

しい繊細なやり取りも少しあった。

       

三浦春馬と言うと、同じフジテレビの女性向け人気エロドラマ(笑)、『ラスト・

シンデレラ』のイメージがまだ強い。今回、澤田拓人(三浦)が本郷恵(多部

未華子)とベッドで楽しむ様子とか、シャワーシーンの裸体とか、『シンデレラ』

のちょっとエッチなノリを意識したものだろう。

      

おそらくラストは、拓人が恵に高級ブランドのハイヒールを渡すはず。すると、

恵が虫眼鏡で細かく調べて、偽物だと見破るのだ♪ そりゃ、『東京バンドワ

ゴン』だろ!・・っていうボケ突っ込みは、一部の読者の方々へのご挨拶だっ

たりする(笑)。

      

       

         ☆          ☆          ☆

私は初回を見てないし、今回も10分遅れで見始めたけど、主人公の拓人

はそこそこの規模の家具店に就職したばかりの、使えない新入社員らしい。

       

家具というのは2つの意味があるわけで、まずは、人を包んで心地良い生

活をもたらすものの象徴。それを提供するプロの側だった拓人が、いずれ、

提供してもらわないと生きられない状況になる。何とも皮肉で辛い運命だけ

ど、単なるフィクションではなく、世界のあちこちで似たような「悲劇」が起き

てるんだろう。

   

ちなみにウィキペディアには、1年間に人口10万人当たり1~2人程度が

発症と書いてるけど、日本の患者数は現在1万人弱かな(特定疾患医療

受給者証交付件数)。他も合わせると、実は難病患者というのはかなりの

数や割合に達するらしい。

         

一方、家具は身近な重いものの象徴でもある。私も今回の引越しで、高さ

2mの書棚とかベッド、本格的オーディオラック、カーペットなどを移動させる

時は全力を振り絞るハメになった。

   

・・・っていう個人的な出来事はさておき、ドラマの話に戻ると、これまで空間

のレイアウトを考えながら自由に動かせた家具が、やがて動かせなくなる。

それどころか、自分の腕も上がらなくなるから、自分の身体が重い家具のよ

うな異物になってしまうのだ。その運命全体も、重い家具のようにのしかか

るわけで、職業の設定はなかなか巧妙だ。

    

       

          ☆          ☆          ☆

それとペアになる設定が、恵のボランティア活動だろう。これが「仕事」でな

くボランティア、自発的な無償の心遣いだという点も、なかなかよく出来てる。

というのも、今後の恵は、病が進行する拓人に対して、広い意味でのボラン

ティア活動を続けることになるからだ。

     

ボランティアにせよ、看護・介護関連の仕事にせよ、キレイ事では済まないも

ので、今回やってたような些細なケンカや衝突は、今後も生じることになる。

当然、お互いの側に迷いも生じて、別れ話にもなるはずだ。

       

で、その隙を突いて、恵を狙う拓人の先輩・繁之(斎藤工)が接近。・・と言う

より、もっと早めにあの先輩の悪巧みが登場しそうだね。スマホで恵の名前

を見る目が怪しく光ってた。まあでも橋部作品だから、最後にはあの悪役の

先輩も、それなりにいい人になるんだろう。

      

それは、かなりアブナイ人になり切ってた拓人の弟・陸人(野村周平)でも同

様。あそこまでアブナイと、逆に滑稽さが笑えたりもする♪ そこもまた、橋部

脚本の特徴かも知れない。『僕の歩く道』でも、時々ビミョーな味わいの笑い

が混ざってた。

      

いずれにせよ、あの頭脳だけ優秀で非常に感じの悪い弟も、やがて兄を助

けるために必死になるはずだ。医学部生とて、外国の専門論文まで検索し

まくるとか。その合間には、弟と弟を溺愛する母親・佐和子(原田美枝子)と

の妖しいシーンも登場するかも。例えば、ベッドで抱き合ってる2人のもとへ

拓人がやって来て、なかなか立ち去ろうとしないとか(笑)。今回の逆ってこ

と♪ 何らかの「倍返し」も可。

         

       

         ☆          ☆          ☆

最後に、私が今回一番感心したのは、脇役のシーン。夜道で、拓人の親友・

守(風間俊介)が恵の親友・陽菜(山本美月)にアプローチする時の会話だっ

た♪ 録画も詳細なメモもないけど、すれ違いや誤解も含めて、かなり繊細

で面白いやり取り。細かすぎて伝わらない漫才って感じになってた。

    

今後はメインの2人、拓人と恵の間でも、光る会話を見せてくれるだろう。事

件ものやスーパードクター・水戸黄門もの(笑)は見る気がしないし、今期は

もう、このドラマ1本でいいかな・・と思い始めてる所だ。

           

多部未華子が、『東京バンド』より可愛く映ってるのも、いいね♪ その3倍以

上萌えるのはもちろん、あのランドセルを背負った美少女小学生・すみれ(浜

辺美波)だ(笑)。そこかよ! なお、演出は『コード・ブルー』の葉山裕記(浩

樹から改名)。視聴率は、初回11.2%、第2話9.4%。序盤はやや苦戦と

いった所か。

     

それにしても、「僕のいた時間」というタイトル。明らかに、「僕のいなくなった

時間」を暗示してるけど、僕のいない状況というのは、死んだ後なのか、ある

いは、もっとポジティブな状況だろうか。普通は3~5年で呼吸筋麻痺により

死亡という話だけど(ウィキ)、深みのあるオリジナルな答を期待しよう。

       

ちなみにホーキング博士は、発症から50年も経つのに「健在」らしい。いい

ね♪ では、今日はこの辺で。。☆彡

           

                                  (計 2696文字)

|

« 嵐・二宮和也が主人公の小説、『Eの874』(by伊坂幸太郎) | トップページ | 1・17&『シャレオツ』仏語ピーポー(pipeau)の意味&厳寒腹痛25km走 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/58956704

この記事へのトラックバック一覧です: 『僕のいた時間』第2話、軽~い感想♪:

» 君(多部未華子)と僕が抱き合った時間(三浦春馬) [キッドのブログinココログ]
すっかり・・・忘れていたのだが・・・(金)「夜のせんせい」があるのだった。 もう・・・レビュー枠がないんだよなあ。 「戦力外」と「ショコラ」と「せんせい」で迷うのだなあ。 女子高サッカーをだらだらと見るように・・・五輪もだらだらと見たいしなあ。 年末年始のいろいろなものもかなり処理しきれてないしなあ... [続きを読む]

受信: 2014年1月17日 (金) 02時15分

« 嵐・二宮和也が主人公の小説、『Eの874』(by伊坂幸太郎) | トップページ | 1・17&『シャレオツ』仏語ピーポー(pipeau)の意味&厳寒腹痛25km走 »