« 『僕のいた時間』第2話、軽~い感想♪ | トップページ | 昭和初期の女性ランニング小説、岡本かの子『快走』~2014センター試験・国語 »

1・17&『シャレオツ』仏語ピーポー(pipeau)の意味&厳寒腹痛25km走

(16日) RUN 25km,2時間05分56秒,平均心拍153

          

今日も寒かったぁ。。。と思いつつ帰宅して、ホッと一息♪ 夕刊を開くと、そ

うか。阪神・淡路大震災がトップね。午前5時46分、追悼のお祈りの写真が、

厳粛なセピア色の輝きを放ってる。あれからもう19年か。朝のテレビニュー

スで横倒しになった高速道路を見た衝撃は、今でもハッキリ思い出せる。

     

2番目の写真も、元・陸上部としては目が留まってしまう。亡くなったご長男

が使ってた陸上競技用スパイクを、父が追悼式典に持ち寄った姿。2人で一

緒に練習した思い出があるから、大切な大切な形見だね。息子さんの足音が

聞こえたとのこと。

    

阪神、東日本と来て、あと2回、首都圏と東海を経験することになるのかな。

1週間は自分で生き伸びろってことだから、飲食物の買い置きを時々する

んだけど、やっぱり手元にあると飲み食いしちゃうのだ (^^ゞ ダメだね。

    

   

          ☆          ☆          ☆

一応、新居は震度6まで大丈夫ってことになってるものの、そんなに信頼でき

る話とも思えないし、震度7が来たらおしまい。って言うか、ウチには津波は来

ないけど、火事が問題らしいね。自分の家が大丈夫でも、近所から火の粉が

飛んで来たらアッと言う間に燃え上がるんだろうな。超大切な物は、防火設備

が整った貸金庫に入れとかないと! 

        

ちなみに、生き伸びると言えば、フィリピン・ルバング島から生還した小野田さ

ん。たまたま夕刊の阪神大震災記事の左に、訃報が載ってた。91歳まで現

役でご活躍してたとの事。南の島で29年間(!)もサバイバル生活を続けるっ

て、ホントに凄い生命力だな。既に16年前に他界した横井庄一さんはグアム

で28年間(!)。

     

こうゆう偉業を見ると、大地震の後、たかが1週間生き伸びるくらいの事はやっ

てみせなきゃね。・・・とか言いつつ、買い置きしてるペットボトルのスポーツド

リンクが邪魔だったりする (^^ゞ 飲み物の圧縮って出来ないのかね。衣類の

圧縮袋みたいに。ともあれ、1.17の犠牲者の方々に黙祷。。

        

    

          ☆          ☆          ☆

一方、キムタク=木村拓哉のラジオ『ワッツ』。溜まったものを出して、抜い

て、スッキリする(爆)・・とか称して、またリスナーの色んな話に応答してた。

   

その中で、私が気になったのが、SMAPの新曲『シャレオツ』の歌詞、「誰が

ピーポーピーポー」の意味。リスナーによる解説を公式HPから引用すると、

「フランス語で『pipeau』、意味は『笛』。『ハッタリを言う』といった意味です。

なので歌詞の意味としては『誰が適当なことを言っても、悪いけどほっとい

て」っていう感じでしょうか」。

       

「pipeau」なんて特殊な仏語は、オンライン仏和辞典でもあまり載せてないく

らいだから、もちろん私も知らなかった。そこで早速、日本語と仏語で検索。

より正確な意味や事情が理解できたと思う。

      

      

          ☆          ☆          ☆

元の意味は、漁師が鳥をおびき寄せる時の笛で、手元のロワイヤル仏和中

辞典でも、仏語のウィクショナリー(ウィキの辞書)を見ても、そんな意味しか

載ってない。ただ、現代的な俗語として、「気に入ってもらうためのウソ」を指す

用法があるようだ。下は現代フランスを紹介するサイト、「linternaute.com」

よりキャプチャーさせて頂いた。

          

140117a

      

C’est du pipeau」(セ・デュ・ピポ=それはピポだ)で慣用句。意味は

気に入られるためのウソ(をつくこと)」。語源は、猟師が鳥をおびき寄せる

ために使う笛。これは筋の通った説明だ。フランス語のウィキペディアでは

簡単に、「ウソ」と説明してあった。

         

「ハッタリを言う」という訳語はおそらく、ツイッターの拡散から来てるのだと思

う。ハッタリとは「自分を大きく見せるためのウソ」の事だから、ある意味正し

いけど、それは用法の一部分だろう。それならむしろ、元の意味を活かして、

「ホラ(法螺)を吹く」と訳す方が上手いと思うが、ポイントは、「大きく見せる」

ことと言うより、相手に気に入られることのはず。元々、周囲の鳥たちに気に

入られるための笛なんだから。

      

歌詞の意味の解釈も、ちょっと違ってくる。元々、この曲のスタートは「全然

問題ない」の繰返しで、後の歌詞でも「だって嘘はついてないでしょ」となって

る。つまり、ピーポーはまず第一に、「自分の強がり」のことなのだ。だから、

それを指摘されて、「悪いけど放って置いて」という歌詞につながってる。も

ちろん、相手の突っ込みもピーポーと言えなくもないけど、それは二次的な

意味に過ぎないだろう。。

     

           

         ☆          ☆          ☆

最後に、昨夜の走りについて。丸2日休んだ後だし、左の踵のひび割れも

ほぼ快復。25km走くらい楽勝だろうと思ったら、とんでもなかったな (^^ゞ

そんなにハーハーした訳でもないし、それほど心拍が上がった訳でもないけ

ど、終盤は腹が痛くなって止まりかけたほど。

     

生活の乱れが体調の乱れにつながってるし、昨夜は走ってる間にどんどん

冷え込んだのだ。各種の天気情報から推測すると、おそらく気温4度から0

度まで下がったって感じじゃないかな。上4枚、下2枚(笑)の厚着だし、風も

無かったのに、終盤は寒くて寒くて、無理やり腕を激しく振ったほど。

     

結局、最後まで止まらずに腹痛を我慢して完走。トータルでは1km5分02

秒ペース。こんな遅さで平均心拍は153に到達してるし、まだまだ論外だわ

な。とりあえず、早めに30km走まで持って行きたいもの。ま、それより荷物

の片付けの方が優先事項だけどね (^^ゞ 

  

明日はいよいよセンター試験。面白い問題に期待しつつ、それでは今夜は

この辺で。。☆彡

    

             

  往路(2.4km)    13分26秒  心拍130  

  1周(2.14km)    11分13秒     144    

  2周           10分47秒      154         

  3周           10分51秒      153    

  4周           10分35秒      156    

  5周           10分27秒      158

  6周           10分27秒     158

  7周           10分26秒     158

  8周           10分39秒     157

  9周           10分45秒      158

 10周(0.94km)    4分59秒     155

 復路           11分23秒      159

計 25km 2時間05分56秒 心拍平均153(84%) 最大169(ゴール時)

              

                                   (計 2496文字)

|

« 『僕のいた時間』第2話、軽~い感想♪ | トップページ | 昭和初期の女性ランニング小説、岡本かの子『快走』~2014センター試験・国語 »

「ランニング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『僕のいた時間』第2話、軽~い感想♪ | トップページ | 昭和初期の女性ランニング小説、岡本かの子『快走』~2014センター試験・国語 »