« 2013年、検索ワード&フレーズ・ランキング | トップページ | 嵐・二宮和也が主人公の小説、『Eの874』(by伊坂幸太郎) »

10や100に近い数同士の掛け算テクニック&寒風ハーフ・ジョグ

(13日) 厚着JOG 21.1km,1時間50分18秒,平均心拍145

          

アレッ?、文字入力がおかしくなった。。モニター右下の「言語バー」が消えた

のだ (^^ゞ モニター下のタスク・バーへと最小化されたとか、縦置きになった

とかいう話じゃなくて、どこにもないし、アルファベットの入力しか出来ない。

珍しいって言うか、疲れるね。仕方無いから、「困った時の再起動」。。

     

・・・おぉっ、直ったかな?♪ では気を取り直して、1月12日の朝日新聞・朝

刊に掲載された、「桜井進の数と科学のストーリー」について簡単に解説&コ

メントしてみよう。年末年始、私が引越しパニックや帰省で新聞どころじゃなかっ

た時、「宿題」を掲載してたらしい。97×96を暗算で計算する方法を考えよ、

とかいう話だったのかな。

         

私は3ケタ×2ケタまでなら普通に暗算できるから、宿題なんて関係ない・・・

とか書くとウケが良くないだろうから(笑)、工夫して暗算する方法について考

えることにしよう。97×96というのは、100に近い数同士の掛け算、正確に

言うと、(100-1ケタの数)×(100-1ケタの数)ということだ。

     

桜井が示したアイデアを活かして、私が数式変形を書くなら、次の通り。

      

   97×96=(100-3)×(100-4)

         =100×100-100×(3+4)+3×4

         =100×{100-(3+4)}+3×4

     

よって、答の100以上の部分、つまり上2ケタは、100-(3+4)=93

     答の100未満の部分、つまり下2ケタは、3×4=12

したがって、97×96=9312

  

う~ん。。たまたまアクセス解析を見てたら、検索アクセスが目に留まったか

ら、記事にしてみたけど、ビミョーな話だね (^^ゞ 正直、フツーに暗算能力を

鍛えた方が遥かに有用だと思う。まあ、数式変形と計算テクニックの関係を

示したかったんだろう。。

    

   

          ☆          ☆          ☆

これならむしろ、前置きとして桜井が書いてる、7×9の計算の方が面白い。

つまり、10に近い数同士の掛け算。まず、上と似た式変形を書いてみよう。

終盤だけ、もう一工夫してある。ちなみにこちらについては、桜井は数式を

書かず、代わりにやり方だけ示す「指のイラスト」が描いてた。

       

   7×9=(10-3)×(10-1)

       =10×10-10×(3+1)+3×1

       =10×{10-(3+1)}+3×1

       =10×{(5-3)+(5-1)}+3×1

   

よって、答の10以上の部分、つまり2ケタ目は、(5-3)+(5-1)=6

だから、左手で3本、右手で1本、指を折った時、折ってない(=立ったまま)の

指の合計になる。

     

一方、答の10未満の部分、つまり1ケタ目は、3×1=3。これは左右の折っ

た指の本数を掛けたもの。結局、答は、

    

う~ん・・・小学校の算数の授業(3~6年)なら、使えるかも知れないね。分

配法則とカッコの使い方の学習。まあ、実際の暗算にはほとんど使われない

だろうし、ちょっとヒネった式変形だから、理屈を教えるのが大変だけど (^^ゞ

むしろ、大学の教育学部の入試で、記述試験の問題に使う方が面白いかも。

あるいは、教員の試験で実技に使うとか♪ 

    

桜井は最後、9世紀前半に活躍したイスラムの数学者アル・フワーリズミー

の名前を出してるけど、この「代数学の父」とか著書「インドの数の計算法」

がネタの出典ってことかな。サイエンス・ナビゲーターの語り口は、独特の

パフォーマンスだね♪ 私としては、ちょっと距離を保った上で楽しませて頂

こう・・・って言うか、ブログのネタにさせて頂こう。。        

      

    

            ☆          ☆          ☆

あぁ、もう時間がないから、走りについては簡単に。3連休最終日の今日・・・

って言うか、日付け変わって昨日はまた寒かったね。スタートしかけて、止め

そうになったほど (^^ゞ ただ、日曜はお休みで、火曜も仕事が忙しくて走れ

ない。おまけに水曜は雪の予報が出てるから、月曜に走っとくしかなかった

のだ。

    

当然、上4枚、下2枚の厚着になる♪ 下2枚って言うのは、タイツ(CW-X)

の2枚履きで、膝回りは安定するけど、当然ガチガチで走りにくい。おまけに、

土曜のハーフの疲れがまだあったから、ハーフ・ジョグ1時間55分の予定で

走り出してみた。

       

気温2度はともかく、北風が4mくらいあったんじゃないかな。周回コースの

途中で、向かい風になった時はもちろん、追い風になった時も背中が寒く感

じたほど。まあでも、雨や雪じゃないし、2時間弱なら身体が冷え切ることも

ない。実際は、むしろ身体が温まるに連れて自然にペースアップ。目標より

5分近くタイムを短縮できた。

     

トータルでは1km5分14秒ペース。心拍は145に留まってるし、こんなもん

でしょ。先月下旬の引越しパニックで落ちた体力が、6割くらい回復した気が

する♪ しかし、青梅は30km、板橋Cityは42.195km。もっと距離を伸

ばして行かなきゃいけないネ。と言っても、荷物の片付けを優先して (^^ゞ 

それでは、また明日。。☆彡

        

    

  往路(2.4km)   13分19秒    心拍133    

  1周(2.14km)   11分48秒       138     

  2周           11分38秒       142         

  3周           11分26秒       143    

  4周           11分18秒       145    

  5周           11分05秒       149

  6周           10分55秒       150

  7周           10分41秒       153

  8周(1.32km)    6分41秒       155

  復路          11分29秒         153

計 21.1km 1時間50分18秒 心拍平均145(80%) 最大165(ゴール時)

                   

                                      (計 2215文字)

|

« 2013年、検索ワード&フレーズ・ランキング | トップページ | 嵐・二宮和也が主人公の小説、『Eの874』(by伊坂幸太郎) »

「ランニング」カテゴリの記事

数学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013年、検索ワード&フレーズ・ランキング | トップページ | 嵐・二宮和也が主人公の小説、『Eの874』(by伊坂幸太郎) »