« 歩いて泳いで走ったよ♪~太宰治『走れメロス』の移動速度&距離 | トップページ | 『明日、ママがいない』第5話&日テレ番組審議委員会、軽~い感想 »

リクルートCM「人生はマラソンじゃない」&青梅前の流しラン

(11日) RUN 18km,1時間26分57秒,平均心拍158

      

普段、テレビをあんまし見なくなってる私としても、五輪となると別♪ 4年に

1度のスポーツの祭典は、W杯(サッカー以外)や世界選手権とは別次元の

価値を持ってる。

   

で、ソチの冬季五輪のテレビ放送はそこそこ見てるんだけど、たまたま実家

に帰ってたこともあって、これまではNHKが大部分だった。ところが10日の

夜、自宅に戻ってたまたま民放で五輪を見てると、奇妙なCMが始まって、

市民ランナーでもある私の目はクギ付けになった。と言うか、CMだというこ

とさえ、しばらく分からなかったから、何これ?って感じだったのだ。

     

やや古風な美男子(笑)が大規模なマラソン大会でスタート。「人生はマラ

ソンだ」。ネット情報によると、俳優は池松荘亮とのこと。スロー映像の躍動

感はともかく、今どき何とも古典的で平凡なCMだよな・・・と思ってたら、い

きなり展開が転回する♪ 昭和から平成への時代変化と言ってもいい。 

       

ランナーが急に立ち止まり、コースを外れて、一人で好きなように走り始める

のだ。つられるように、ほとんどのランナーが自由に走り始める。「人生はマ

ラソンじゃない」。要するに、同じコース、同じゴールではないと言いたいらしい。

「すべての人生が、すばらしい」。

    

そしてようやく、何のコマーシャルなのかが分かる。リクルートポイント。要す

るに、リクルートカードで買い物をして、『じゃらん』で旅行、『HOT PEPPER』

でエステサロンに予約、色んな形で人生を楽しんでくださいってことだろう。す

べてのリクルート利用は、すばらしい♪ 

   

それなら、リクルート以外も素晴らしいはずだけど、とか突っ込みを入れてる

人もいらっしゃるだろう・・・とか、他人事のように書いとこうか(笑)

           

    

           ☆          ☆          ☆ 

一応、ネットの公式動画から聞きとった台詞を全文掲載しとこう。ドラマや映

画の場合、全文掲載すると著作権の問題が生じるらしいが、これは企業CM

だから大丈夫だと信じる。別に宣伝費用として500円くださいとは言わない♪

        

 「今日も走り続ける。誰だってランナーだ。時計は止められない。

  時間は一方向にしか流れない、後戻りできないマラソンコースだ。

  ライバルと競い合いながら、時の流れという一本道を、僕らは走り続ける。

  より速く、一歩でも前に、その先に未来があると信じて、

  必ずゴールはあると信じて。

  人生は、マラソンだ

           

 「でも、本当にそうか? 人生ってそうゆうものか? 

  違う! 人生はマラソンじゃない!

  誰が決めたコースなんだよ! 誰が決めたゴールなんだよ!

  どこを走ったっていい。どこへ向かったっていい。

  自分だけの道があるんだ。

  自分だけの道? そんなもん、あるのか? 分からない。 

  僕らが、まだ出会ってない世界は、途轍もなく広い。 

  そうだ、生み出すんだ!

  悩んで、悩んで、最後まで走り抜くんだ!

  失敗してもいい。寄り道してもいい。

  誰かと比べなくていい。道は一つじゃない。ゴールは一つじゃない。

  それは、人間の数だけあるんだ。

  すべての人生が、すばらしい。誰が人生をマラソンと言ったんだ。

  リクルートポイント始まる。

  まだここに無い出会い、リクルート♪

  

   

            ☆          ☆          ☆

もしこのCMが、夏季五輪のマラソンの時に流れてたら、私は絶賛してたと思

う(笑)。もちろんその場合は、また中止への圧力が加わるから、リクルートグ

ループとしても冬季五輪で流すしかなかったのだ♪

         

このCMは明らかに大げさでコミカルだし、後半の平成日本的な主張も少し

も珍しくない。だから、SNSその他で突っ込まれるのは当然、織り込み済み

で制作してるはず。要するに、それほど悪いイメージではないまま話題にな

れば、CMとしては勝ちなわけで、その意味では、こうして釣られた私も負け

だろう (^^ゞ 『じゃらん』で旅行したことも度々あるし、リクルート・スーツの初々

しい女子大生も好きだし♪ そりゃ、関係ないだろ!

        

ただ、無粋を承知で言うなら、前半のマラソンのイメージが古過ぎるし、事実

誤認とも言える。そもそもマラソンというのは、フルマラソン42.195kmの大

会に限っても、世界中で年間に数百回はあるはず。コースもゴールもすべて

違うし、気象条件も参加者も違う。

          

おまけに、フルマラソン以外の大会とか、大会以外のランニング、ジョギング

も含めれば、マラソンと呼びうるものは無数にあって、人それぞれなのだ。

「誰がマラソンを一つだと言ったんだ」♪ 

         

     

         ☆          ☆          ☆

一方、「すべての人生は、すばらしい」という、個性重視、全人間肯定の主張

は、一昔前なら、「相田みつを?」とか言われてたはず♪ ちなみにこれは、

ドラマ『たったひとつの恋』の綾瀬はるかの天然ボケ的な台詞だ。

  

「すべての人間は、人として尊重されるべき」とか、「すべての人生には価値

がある」というのならまだ分かるが、「すべての人生は素晴らしい」とまで言う

と、偽善とまでは言わないが、それは言い過ぎだろ、と感じてしまう。

       

実際、このCMの後半に出て来る「すべての人生」の映像に、あまり「素晴ら

しいとは思えない」ものは映されてない。あえて例示はしないが、世の中には

素晴らしいとは思えない人生が溢れてるのだ。もちろん、それも何らかの視点

で「素晴らしい」と言えなくはないかも知れないが、「すべての人生」の価値に

ついて本気で考えるのなら、少なくともこのCMの後半に映されなかった人生

は何なのかを具体的に思い浮かべるべきだろう。

    

なお、CMで映されてる素晴らしい人生は、トレイル(野山の細道)ラン、バイク

の二人乗り、結婚、ダイビング、飛び込み、花火、乾杯、病人、ラグビー、勉強

など。明らかに、ある程度の賛同を得やすいものを選んでるのが分かる。昨

日、記事にした太宰治「走れメロス」も、昼寝した後の激走が素晴らしいのであっ

て、寝たまま親友が死刑になってたら、少しも素晴らしくはないはず♪

       

いずれにせよ、どんな人生でも、「ゴール」はある意味、一つしかない。向かう

先はある意味、一方向しかない。その事をCMが映さないのは何故なのか、

これもまた考えてみるべき本質的問題なのだ。。

    

  

cf. 「奇跡を信じるな」の再考  (Championの2006年のCM)   

     

     

          ☆          ☆         ☆

最後に、今日・・・じゃなくて昨日の走りについて。青梅マラソン前、最後の

マトモな走りってことで、本来なら18kmのスピード走の予定だった。ところ

が、例の帰省中のヨロヨロ走りで脚が疲れてて、中1日だとあんまし回復し

てない。これはダメだろうな・・・と思いつつ、一応レースシューズを履いてス

タート。ただし、寒いから下はCW-Xの2枚重ね履き♪

       

往路から呼吸が乱れて、脚が重かったし、公園到着後もさっぱりスピードが

出ない (^^ゞ これは1km5分ペースさえ怪しいかも・・・と思ってたら、周りの

ランナー達が手助けしてくれた。前を引っ張ってくれたり、後ろからプレッシャー

をかけてくれたり。特に後半は、後ろにピッタリつかれたので、心拍165を超

えたほど。それでもたかが、1km4分40秒ペースしか出てなかったりする♪

    

結局、トータルでは1km4分50秒ペースで、何と先週の30km走より遅く

なってしまった (^^ゞ 出来れば、1km4分30秒切りで気持ちよく準備完了

としたかったのにね。ま、どうせ青梅30kmは板橋Cityマラソンへの通過点

に過ぎないし、あんまし気にしないことにしよう。本当の勝負は、3月23日な

のだ。

   

すべての走りは素晴らしい・・・とは全く思わない♪ いい走りと悪い走りは、

人それぞれ、時に応じてあるだろう。それでは、今日はこの辺で。。☆彡

   

   

P.S. スノーボード男子ハーフパイプ、平野歩夢(15歳)銀メダル☆、平岡

     卓(18歳)銅メダル☆、おめでとう!

     女子ジャンプ・ノーマルヒル、高梨沙羅、伊藤有希、山田優梨菜の3選

     手、試合後のインタビューは金メダルだった♪ 女子も4年後には、ラー

     ジヒルが出来るといいね。 

     杉浦友紀アナは、プラチナメダルかダイヤモンドメダルってことで(笑)

          

      

  往路(2.4km)    12分23秒  心拍140  

  1周(2.14km)   10分36秒     151    

  2周            10分25秒     156         

  3周           10分26秒      158    

  4周           10分01秒      164    

  5周            9分59秒     166

  6周           10分20秒     163

  7周(0.36km)    1分46秒     160

 復路            11分02秒      164

計 18km 1時間26分57秒 心拍平均158(87%) 最大170(ゴール前)

            

                                      (計 3419文字)

|

« 歩いて泳いで走ったよ♪~太宰治『走れメロス』の移動速度&距離 | トップページ | 『明日、ママがいない』第5話&日テレ番組審議委員会、軽~い感想 »

「ランニング」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歩いて泳いで走ったよ♪~太宰治『走れメロス』の移動速度&距離 | トップページ | 『明日、ママがいない』第5話&日テレ番組審議委員会、軽~い感想 »