« 『明日、ママがいない』第5話&日テレ番組審議委員会、軽~い感想 | トップページ | 青梅マラソン、また雪で中止か・・&ラジオ♪ »

ソチ五輪、また銀メダル☆&青梅マラソン準備完了

(12日) スローJOG 12km,1時間11分55秒,平均心拍133

       

素晴らしいね☆ スノーボード・男子ハーフパイプの10代コンビ銀・銅もカッ

コ良かったけど、市民ランナーとしては、ノルディックスキー・男子複合個人

ノーマルヒルの銀メダルに興奮した♪ 

      

ジャンプは縁遠いけど、距離スキーは雪のマラソンだもんね。私もいずれ一

度はやってみたいと思ってる。5kmのクロスカントリーなら何とかなるんじゃ

ないかな。板を真っ直ぐ動かすクラシカルじゃなくて、普通のフリー。スキーで

スケーティングするのは元々好きだし、得意なのだ。平地や軽い登りはもちろ

ん、緩斜面を滑ってる途中でもスケーティングで加速してる。

         

で、その複合・銀メダルの渡部暁斗(わたべあきと)選手。最初、テレビ映像

で顔と声に接した時、落ち着いてるから30代かなと思ったら、25歳だった

(笑)。サッカーの長谷部(30歳)に似てるかも。まあでも、インタビューの内

容をよく聞くと、20代半ばの若さも感じる。謙虚さや冷静さの中にも、強烈な

自負心がハッキリ表れてるのだ。結果も残したし、全然いいと思う。

   

意外なことに、この競技20年ぶりのメダルってことで、かつてのトップ選手・

荻原健司はテレビ出演で興奮してたらしいし、その弟の次晴の男泣きは視聴

者に好評だったらしい。自分がやってた競技で後輩がメダルを取って、思い

切り泣けるっていうのも、いいね♪ 私は、母校の陸上部・後輩の活躍を聞い

て、凄いなと感心はしたけど、涙は一滴も出なかった (^^ゞ

      

    

          ☆          ☆          ☆    

笑えるのが、職場(北野建設)の先輩でもある荻原健司から渡部へのアドバ

イス。「トイレが三つ並んでいたら真ん中を使う」、「写真を撮る時は真ん中に

立つ」♪ 控え目な性格の私には無理な注文だ。特に、トイレは端の方が安

心できるわな・・・とか書いても、女性読者には分からないのかも(笑) いや、

子供の時だと、お互いチラッとチェックして「勝負」するわけよ。ジャンプ台の

長さと角度、飛距離とか。。(爆)

     

共感できたのは、ゴール後の顔を流れ落ちてた汗。冬の雪道で、顔に直接

冷たい風を浴びるから、かなり本気でハーハー走らないと汗は流れ落ちな

い。せいぜい、汗が滲むか浮かぶ程度なのだ。あの登りのスケーティングっ

て、ワックスの高性能を差し引くとしても、凄いスピードだよな。フツーの人な

ら、登れないか、登らないはずだ♪ しんどいもんネ。経験者は語る。。

          

まだ複合ラージヒルもあるから、「真ん中」=金メダルも狙えそう。フィギュア・

スケートの個人もあるし、1個くらいは金を見たいもんだね。トリノの荒川静香

のイナバウアー以来、3大会ぶりに。あの時は私も、生(ナマ)で興奮してた。

もちろん、テレビ視聴ね♪

       

    

          ☆          ☆          ☆

一方、絶対に「真ん中」にはなれない市民ランナーの、水曜夜の走りについ

て。いや、高校1年の時の学校の1500m走では1番だったけど、誰も聞い

てないか (^^ゞ 細かすぎて伝わらない自慢なのだ。マラソン大会は高2、高

3と、2位に終わったし。しかも、絶対に負けたくないバスケット部の奴に連

敗して・・・・・・ブツブツ♪

  

数年前(?)の昔話はさておき、前日にイマイチの18km走をやって脚が疲

れてたから、この日は超スローペースで調整。1km6分くらいのペースを目

安に、近所で軽く周回した。この遅さで気温5度なら、ちょうど良かったね。ま、

上に4枚着てたから汗かいたけど (^^ゞ 箱根駅伝とか、よくランニング1枚で

やるわな。私が高校時代の冬の駅伝でも、上は長袖だった気がする。下は流

石に短パンだったけど。

     

結局、トータルでは1km6分ピッタシのペース。ま、積極的休養だからOKで

しょ。まだ街には雪が残ってるのに、明日・・・じゃなくて今日からまた雪かも

知れない。青梅マラソンのコースがちょっと心配になって来た。半ば、山だか

ら、雪が残ってると走りにくいし、下りが危ないのだ。

   

もうすぐ男子フィギュアの開始だから見たいけど、滑走順が遅すぎて寝ちゃう

かも♪ もう寝不足で、寝不足で。。それでは、また明日。。☆彡

    

    

  往路(1.16km)   7分20秒   心拍116     

  1周(1.24km)  7分54秒      124                

  2周           7分54秒      130       

  3周           7分47秒      132     

  4周          7分43秒      134 

  5周          7分32秒      134     

  6周          7分20秒      138      

  7周          7分12秒      138

  8周          6分48秒      143

  復路(0.9km)    4分25秒      143

計 12km 1時間11分55秒 心拍平均133 最大154(ゴール前)

              

                                     (計 1832文字)

|

« 『明日、ママがいない』第5話&日テレ番組審議委員会、軽~い感想 | トップページ | 青梅マラソン、また雪で中止か・・&ラジオ♪ »

スキー」カテゴリの記事

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

テンメイさん 認知されて期待されすぎるとプレッシャーになるし、ほどほどになんて
うまくいきませんよね(笑) プレッシャーを楽しむくらいでないと真ん中は狙えないか
もしれません。とにかくロシアの大応援団を見ていると観客の力を感じます。

>複合・銀メダルの渡部暁斗(わたべあきと)選手
>謙虚さや冷静さの中にも、強烈な自負心がハッキリ表れてるのだ。結果も残し
たし、全然いいと思う。
カッコイイですよね。「やっぱり俺自身は日本を代表してるんだ」という意気込み、
精神力の逞しさが凄いと思います。もちろん技術の重要なことは当たり前ですが、
3位と4位では違いが如実に現れすぎます。8位まで入賞なんだけど、いっそ表彰
台に8人並べると、どうでしょうか~~ 圧巻ですよね(笑)

>青梅マラソンのコースがちょっと心配になって来た。半ば、山だから、雪が残って
ると走りにくいし、下りが危ないのだ。
日陰は凍っているときもあります。雪の影響が少ないといいですね。女子は野口
みずきさんや高橋尚子さんも優勝しているんですね^^ 「フレーフレー」ロシアの
大応援団にはかないませんが応援しています。

投稿: orugann | 2014年2月14日 (金) 11時54分

> orugann さん
  
こちらにもコメント頂き、どうもです clover
  
折角、応援して頂いたのに、青梅マラソンは中止 snow
個人的には、前回の6年前のエントリーに
続いて、2回連続の中止ですからね sad
たまに「雨男」と呼ばれてますが、「雪男」かも。。
  
青梅マラソンは、東京の伝統ある大会だし、
フルやハーフじゃなく、30kmって所も特徴。
だから、市民マラソンなのに、トップランナーも
混ざって本気で走るんですよね run
  
野口の記録は多分、国内の30kmの日本最高です。
国外の日本最高は、野口がベルリンのフルマラソンで
日本記録を出した時の30km通過タイム。
やっぱり彼女、スピードを持ってるんですよね☆
まあ、小さい身体で強烈にキックしてるから、
故障にも苦しむんだろうけど。。
   
 
一方、ソチ五輪。眠いですよね (^^ゞ
昨日って言うか、今日の未明も、本当は寝るはず
だったのに、青梅が中止だと予想して見ちゃいました♪
ま、金メダル取ったからいいけど crown
   
世界の真ん中を狙う人達は、全く別次元ですね。
正直、特に冬は才能と環境が大きいと思います。
今回の日本選手団も、北海道・新潟・長野だらけ。

渡部は長野、スノボ銀メダルの平野は新潟。
スノボ銅メダルの平岡、フィギュアの羽生、
高橋とかは、親が必死にサポート。
もちろん、本人の努力も大きいでしょうけど、
やっぱり別世界の輝きに感じます。
そこへ行くと、マラソンは圧倒的に身近♪
   
ロシアの応援団は、確かに映像で目立ちますが、
長野五輪の時の日本と比べると少ないでしょ♪
開催地の位置もあるだろうけど、日本人の
五輪好きが大きい気がします。
お祭り人間の僕も含めて (^^ゞ


国を代表して活躍する選手の気合は、
爽やかで気持ちいいですね yacht
スポーツに国境はないとか、国籍変更の現状とか
あるけど、国の代理戦争だから盛り上がるんでしょ。
五輪にせよ、サッカーW杯にせよ。ノーベル賞もそう。
    
一般的に言うと、やっぱり「違い」が重要だと思います。
国の違い、性の違い、好みの違い。
違うからこそ互いに魅かれ合うし、自己確認も出来る。
  
メダルも同じこと。3選手とか3グループだけ輝くから、
そこを目指してみんな切磋琢磨する。
表彰台に8人並ぶと、輝きが薄れる気がします。
   
3人だけ台に昇ってメダル、後の5人は賞状。
9人目以降は何にも無し(笑)
なかなか良く出来たシステムだと思います。
   
ちなみに葛西のブログを見ると、正直に書いてました♪
「こんな賞状じゃ嫌じゃーーー
 メダルが欲しいーーー」 happy01 
   
メダルの数である「3」の起源・由来・理由は何なのか。
ちょっと知的興味が湧きますね♪
親子という特別な人間関係の基本的人数とか、
真ん中が突き出た山の形を作るための最低人数とか。
    
さて、次はいよいよ、女子フィギュアの金メダル virgo
眠いけど応援しましょう♪ shine

投稿: テンメイ | 2014年2月15日 (土) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『明日、ママがいない』第5話&日テレ番組審議委員会、軽~い感想 | トップページ | 青梅マラソン、また雪で中止か・・&ラジオ♪ »