« 行列の基本変形と1次方程式(2)~逆行列が存在しない場合など | トップページ | フィクションの価値を示した日テレ~『明日、ママがいない』第4話 »

嵐・松潤が主人公の小説、『僕たちは、抱きあったことさえ』(by川上未映子)

2月と言えば、バレンタインデー♡ バレンタインと言えば、チョコレート。チョコ

と言えば、月9でチョコ作りに励んでる松潤♪ ってことで、今日は1ヶ月以上

も前の新聞小説で軽く感想を書いとこう。レビューと言えるレベルのものを書

く時間的余裕はないけど、前の2本の記事へのアクセスが毎日、と言うより

毎時間続いてるし、私もずっと残りの小説3本が気になってるのだ。

   

ちなみに、先行記事2本は次の通り(アップした順)。小説5本の全体的な話

については、これらの記事で既に書いてあるので、ご存知ない方はどうぞ。

元日の朝日新聞の全面広告特集で、8ページ使って一挙掲載されたものだ。

松潤の小説の下は、明治「きのこの山」と「たけのこの里」の広告になってた。

      

   嵐・櫻井翔が主人公の小説、『フェニックスのリア王』(by平野啓一郎)

   嵐・二宮和也が主人公の小説、『Eの874』(by伊坂幸太郎)

     

(☆追記: その後、もう2本アップした。

   嵐・相葉雅紀が主人公の小説、『僕は駿馬』(by山崎ナオコーラ)

   嵐・大野智が主人公の小説、『追跡者』(by阿部和重) )

     

       

           ☆          ☆          ☆

さて、私は男だし、ファンではないけど、松潤と言えば昔からドラマで顔と名

前を覚えてる。10年・夏の『夏の恋は虹色に輝く』と、11年・冬の『ラッキー

セブン』。嵐の5人のメンバーの中では、一番馴染みのあるタレントなのだ。

特に、瑛太との激しい蹴りの応酬は、格闘技ファンとして楽しめた。

         

とはいえ、ここで扱う短編小説だと、どちらかと言えば主人公の彼より、作家

の川上未映子の方が馴染みがある。作品は芥川賞の『乳と卵(らん)』しか知

らないけど、受賞後の活躍は目や耳に入ってたし、朝日新聞に月1回連載中

のコラム『おめかしの引力』も、妙な文体とおバカな内容が笑えるのだ♪

      

たとえば先月(1月30日)のタイトルは、『ヴィトンにひれ伏す』(笑)で、その

まんまのちょっと自虐的な内容。12月の『贈られ上手VS.マッチョ親父』の

冒頭だけ、引用してみよう。

   

   「ダイヤモンドに目が眩んですんでのところで耐えきった、みたいな

    話を先月は書き、そしてダイヤモンドに限らず、なぜか欲しいもの

    は自分で買わないとすっきりしないというこの心性っていったい

    なに、というところからの続きなのだった」。

     

この、おしゃべり女の軽いトークをそのまま文章にしたような面白い口語体

と、何とも通俗的で身近な内容。これは、『乳と卵』にも見られたもので、彼

女の大きな特徴だろう。

      

ただ、櫻井の小説を書いた平野もそうだけど、松潤の小説を書いた川上も、

ちょっと書き方を変えてる気がする。一般向けの広告の小説で、おまけにお

正月だからなのか、ごく普通の読みやすい文体になってるのだ。内容はいつ

も通り(?)、ごく身近なものだけど、その扱い方までごくフツーになってる。

      

だから正直、最初に読んだ時には、アレッて感じで肩透かしをくらったような

感触があった。もちろん、コラム(orエッセイ)や『乳と卵』が女性という「性」を

前面に押し出してるのに対して、この小説は男性が主人公だけど、それにし

てもあまりに普通すぎる気がしたのだ。。

          

      

          ☆          ☆          ☆

しかし、よく読み直してみると、松潤のイメージを上手くとらえてる気がするし、

いかにも小説的・劇的な展開を描いた他の4本とは違う魅力を放ってるとも

言える。

        

要するに、恋愛&失恋物語であって、あらすじは簡単にまとめられる。美容師

の松潤が3年前、自分目当てに毎月来る客の女の子と食事して、すぐ恋人同

士になる。その後、平凡なすれ違いや衝突が増えて、1年前にお別れ。ところ

が、その後も月末の水曜夜、彼女は予約を入れて来店。彼は当惑しながら、

他人のように髪を切り続けてる・・・というお話だ。

         

これが松潤のイメージと重なるのは、私がドラマで感じた彼のキャラに近いか

ら。つまり、才能や実力に恵まれて、それなりに人気もあるけど、それほど器

用に生きられるタイプでもなく、その場の状況や運命の中で必死にもがき続

けてるって感じなのだ。私はまだ見てないけど、今期の月9『失恋ショコラティ

エ』も、おそらくそんな物語と役柄だろう。

     

ただし、小説に対する本人の感想(最後のページに少しだけ掲載)に、主人

公が自分と似てるといった感じの話は入ってなかった。その点は、櫻井や二

宮と少し違ってると思う。ずっと松潤を見続けてるファンの女性の目線だと、

どうだろうか。。

          

      

          ☆          ☆          ☆

では、もう少し細かく小説を見てみよう。まず、題名の『僕たちは、抱きあった

ことさえ』。これは直接的には小説のラスト、最後の段落から来た言葉だ。

   

   「髪を切り終わったあと、いつも少しだけ陶子と目があう。鏡越しに

    見つめあう短い時間がある。そのどうしようもない距離に打ちのめ

    されながら、僕たちは裸で抱きあったことさえあったのに、と思う」。

      

この場合、「抱きあったことさえ」あったのに、今は妙によそよそしい関係に

なってしまった・・・という流れとなる。すると、抱きあった過去が、今でも彼

の中にまざまざと残存してることになるだろう。何なら、未練と言ってもいい。

    

でも、題名には少し違う意味も込められてる。それは、「抱きあったことさえ」

忘れてしまったかのような関係になってしまった。あるいは、「抱きあったこと

さえ」遠い過去のものにしてしまった・・・という意味。この場合は、恋愛の残

存と言うより、残存の消失、消滅を示してることになる。

     

もちろん、誰もが経験してるように、恋愛が終わった後には、残存と消失の

両方の過程が併存する。ただし、おそらく男性では残存、女性では消失の方

が大きいだろう。その意味でも、男を描く女性作家のこの書き方は、興味深

いのだ。男の主人公では残存の方が大きいけど、女の登場人物(=陶子)

や作家自身においては、消失の方が大きいと思う。。

         

     

          ☆          ☆          ☆

でも、彼女の中で過去が消失してるのなら、どうしてまた美容室の彼のもと

に来るのか。それはむしろ、過去の残存とか未練の証拠じゃないか。。そう

思われるかも知れないが、三重の理由から、私はそう思わない。小説の中

身、男という立場、そして、個人的経験。。

     

まず、小説の中身。わかりやすいのは、別れる直前を思い出す中盤のこの

文章だ。「僕は最後まで別れたくないと言ったけれど、どうしようもなかった」。

男性読者なら誰しも、思わず苦笑する所だろう♪ 女が一旦、別れを決心

すると、テコでも動かない(死語かも)。もちろん例外もあるだろうけど、男と

してはそう感じてしまうし、よく言われることでもある。

       

もし、彼女が未練や執着でまた美容室に来てるのなら、それを示すチャンス

はいくらでもあるし、元サヤの可能性もいくらでもあるはず。ところが彼女は、

敬語で必要なことだけ喋り、斬り終わった最後の瞬間以外、目も合わせよう

ともしないのだ。1年もの間。。

        

決定的なのは、髪を切る、あるいは切ってもらうという行為。最後の段落の

直前の文章も引用してみよう。

     

   「・・・ただ流されるままにこうして彼女の髪にふれて、ただ過ぎて

    ゆく時間のぶんだけを指さきにとり、それをはさみの先で切り落

    とすことしかできないのだ」。

     

毎月伸びる、1cm~1.5cm程度の髪の毛は、時間の比喩になってるし、

それを切り落とす行為は、少しずつ確実に過去を捨てて行く、意識的で機械

的な作業だ。これを強要する彼女は、元カレにしてみればかなり苦々しい存

在。「いったいどういうつもりなのかと僕は腹を立てたこともあった」。

     

ここでありがちな失敗は、まだ俺のことが好きなんだな、と思ってしまうこと

(笑)。大体、確率的に90%は誤解だろう。しめしめ・・とニヤけてると、フツー

は致命的な誤解で、再び痛い目にあうのだ。男にとって、女はホントに恐ろ

しい。女にとっても、かな♪  

        

    

          ☆          ☆          ☆

一方、私は個人的に、逆の立場に近いものをちょっとだけ経験したことがあ

る。相手の女のコが私に好意を示してくれてた時、私は平然と、そのコのわ

りと近くに行き続けた。それは、私が好意を伝えたかったからではなく、実用

的な理由があったからなんだけど、そのコからすると、「いったいどういうつ

もりなの」と思っただろう。

      

実際、間接的にそうゆう質問が来て、私は実用的な理由だけを正直に答え

た。事実、そのコに対して自分を積極的にアピールしたいとか、会いたいと

いった気持ちではない。ただ、それとなく「元気で頑張ってるよ」と存在を示

したかった思いも、無いことはなかった。

           

・・・なんていう個人的な思い出話を書いてると、自分でハマってしまうし、読

者にはスクロールされるだろうから(笑)、そろそろ終わりにしとこう。実は、

美容師の女の子とのエピソードもあるんだけど、それも差し当たりはパス♪ 

いずれまた、個人的な別記事(「テンメイ回想録」シリーズとか)で書くかも

知れない。美容室WのEさん、幸せに暮らしてるかな。。

              

           

         ☆          ☆          ☆

ちなみに小説は、恋愛とその後を描くだけでなく、もっと一般的に人生、生き

ることの比喩にもなってる。

   

   「・・・つづけていることの意味を理解しなければと思う。

    でも僕には、そうすることができない

    ・・・ただ流されるままに・・・」。

         

ときには、過ぎ去った過去との「どうしようもない距離に打ちのめされながら」、

やがて、すべてが消えてしまうわけだ。「抱きあったことさえ」、そして、生きて

いたことさえ。

      

もちろん、そうした人間的な感傷も含めて、存在そのものが消えるのだから、

決して単なる悲劇ではないし、喜劇でもない。すべては淡々とした、宇宙の

営みの一部分、ひとかけらなのだ。諸行無常、色即是空。。

    

        

            ☆          ☆          ☆     

なお、小説に対する松潤自身の感想は、次の通り。

   

   「他には何も入り込むことができないぐらい完成された繊細な世界。

    でも、もしこの作品が映像化されるなら、主人公を演じることは

    面白そうだと思った」。

   

   「髪を切る/切られるという関係を、こんなに艶のある言葉で表現

    できるなんて驚くしかない。別れたあとに過ぎた時間の分だけ、

    その象徴のように伸びていくかつての恋人の髪。それを切る自分。

    丁寧につくられた上質な靴のように、ずっと見ていたい、ふれてい

    たい世界だと感じた。見れば見るほど細部まで美しくて」。

     

   

確かに、主人公も作家も人気者だから、本人主演のドラマ化や映画化といっ

た話が出ても不思議じゃないだろう。って言うか、松潤って靴フェチなわけね♪

あぁ、結局4000字超のレビューになってしまった。眠っ! 

それでは、今日はこの辺で。。☆彡

              

                                     (計 4261文字)

|

« 行列の基本変形と1次方程式(2)~逆行列が存在しない場合など | トップページ | フィクションの価値を示した日テレ~『明日、ママがいない』第4話 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

テンメイさんの感想、興味深く読みました。
やっぱり日本のものを日本語で読む方が好きです。
背景も含めて頭にも心にも心地よく入ってくる感じがします。

松潤自身の感想もけっこういいですね。

投稿: Corvallis | 2014年2月 5日 (水) 05時40分

> Corvallis さん
  
こんばんは note
意外な記事へのコメント、嬉しいです。
ひょっとして、元の小説を読んでたんですかね。
    
日本人はやっぱり、日本と日本語が好き。
幼い頃から、心と身体にしみついてます japanesetea
   
その意味でも、最近の極端な英語教育重視には
疑問を持ってます。
英語は確かに特別大切な外国語ですが、
それを使うのはあくまで日本人。
そもそも、実用的な英語力なら、
機械翻訳が急速に発達してますしね。
   
それに対して、小説を味わえるような
高度な日本語力こそ、重視すべきもの。
それは日常会話の繊細なやり取りにも活かせます。
  
   
一方、松潤の感想、確かにいいから、読んだ後に
構成作家の名前を探したけど発見できず (^^ゞ
まあ、顔もなかなか賢そうですよね♪
  
それでは、またのご登場をお待ちしてます shine

投稿: テンメイ | 2014年2月 6日 (木) 05時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行列の基本変形と1次方程式(2)~逆行列が存在しない場合など | トップページ | フィクションの価値を示した日テレ~『明日、ママがいない』第4話 »