« 第2次・引越しパニック開始&ハーフジョグ連発 | トップページ | まさかの暑さの中、最後の難関32.2km走 »

3・11東日本大震災から3年~主要データ・情報のまとめ&感想

(☆2015年3月追記: 4周年記事をアップ。

   3・11東日本大震災から4年、福島県の放射線・放射能の減少 )

 

 

          ☆          ☆          ☆

あれから、もう3年と言うべきか、まだ3年と言うべきか。。今日も個人的に

は、引越しの片付けに全力を注ぐべきだけど、最近ウチでも震災関連記事

が減ってるから、久々に軽く書いとこう。風化にあらがうという意味でも。。

 

あらためて、東日本大震災の被害全体を見渡すと、死者が圧倒的に多い

のは宮城県で、ほとんどは津波が死因だ。主な被災地である東北3県につ

いて、死者をまとめると、次のようになる。細か過ぎる数値は頭に入りにくい

し、変化するから、大まかにまとめてある。圧倒的に多いのは宮城だ。

 

            直接的な死者       震災関連死

   宮城県     10000人弱        1000人弱

   岩手県      5000人弱         500人弱

   福島県      1600人強        1600人強

 

原発と放射能・放射線関連のニュースで、一番話題になってる福島県は、

実は一番死者は少ないし、いまだに放射線被爆による公認の直接的死者

は一人もいないとされてる(未公認や今後の増加は別)。

 

ただし、福島に目立つのは震災関連死の多さで、これは福島第一原発の

事故による大規模の長期的避難が関わってるのだろう。ちなみに、震災関

連死とは、避難所や避難中における疲労・ストレスとか、病院の治療が不

十分になったことによる既往症の悪化などが死因のものだ。

 

 

          ☆          ☆          ☆

その避難者数については、先日の復興庁の発表によると、次の通りだ。

 

      宮城     90000人弱  

      福島     85000人強

      岩手     35000人弱

      全国    270000人弱

 

注意すべきは、この県名の意味で、これは元々の居住地ではなく、現在の

所在地を指すらしい。福島の場合、県外への避難者が5万人弱なので、も

ともとの福島県民の避難者数は約13万人だろう(85000+50000-α)。

 

そう思って福島県HPで調べてみると、13万5000人になってた。つまり、α

(県外から福島に避難した人数)はほとんどゼロということか。福島県の北東、

つまり宮城県や岩手県などから避難しやすい場所で、放射線量が高めなこ

とが主な理由だろう。

 

全国で27万人弱という数字はもちろん巨大で、重い事実だけど、全人口の

約500分の1と考えると、日本全体の状況は十分しっかりしてるとも言える。

つまり、500人が1人を支えればいいわけだ。東日本に絞ると、300人で1

人を支えるような形だろうか。。   

 

 

            ☆          ☆          ☆

ところで、津波や地震による直接的被害については、ほとんど論争は起き

ない。誰でも、被害者に対して気の毒に思うし、基本的には自然災害で、し

かも歴史的に時々あったことだから、激しい非難も目立たない。

 

ところが、原発と放射線・放射能の場合は、半ば(?)人為的な事故だし、

日本では初めて、世界的にもチェルノブイリしか前例がない。おまけに、身

体への影響が生じるまでに数年かかるし、その影響関係が分かり辛いか

ら、エネルギー問題、脱原発、反核も含めて論争になる。

 

どんな立場を取るにせよ、基本的なデータや理論というものが一応あるわけ

で、それ自体を批判するにせよ、まずは知っておく必要がある。たとえば朝日

新聞は、脱原発のメディアだが、基本的な事実報道については十分信頼でき

るし、かなり中立的だと思う。そこで、3周年特集として連日の全面記事を続け

てるシリーズ、「東日本大震災3年」を見てみよう。時間の関係で、4回分に絞

ることにする。

 

 

         ☆          ☆          ☆

まずは第3回、原発について(3月5日・朝刊)。大見出しは、「事故原因 なぞ

のまま」。この見出しはもちろん、「原因さえ謎のままなのに再稼働などあり得

ない」といった感じの脱原発的主張につながりやすいものだ。

 

謎といっても、地震発生直後の4日間に1号機~4号機で何が起きたか、時系

列に沿ってかなり詳しくまとめてある。そこから先の究明には、まだ数年~数

十年の時間がかかるし、なぜ起きたか、どうすれば防げたか、その辺りで論争

もあるらしい。直接的原因は津波か、地震そのものか。あるいは、津波の到達

時刻は何時何分か、冷却装置の操作や注水などは適切だったか、等々。

 

ただ、よく分からないから避けるという方針は、現実の社会ではほとんど見ら

れないことだ。例えば地球温暖化についても、いまだによく分からない訳で、

多くの科学者が大まかに一致して、人間による二酸化炭素(CO2)を減らそう

としてるわけだ。あるいは医療の世界でも、検診や治療の有効性、安全性に

ついてはハッキリしないことが多いけど、分かってる範囲のことをなるべく理

解した上で選択するのが実情。

 

そもそも究明すべき事は、3・11の原発事故の原因以外にもいくらでもある

わけで、限られたパワー(人、物、金、時間)の配分を考えると、適当な落とし

所を見つけるしかない。科学的に、と言うより、社会的・人間的に。

 

 

         ☆          ☆          ☆

続いて第4回、電力について(3月6日・同)。大見出しは中立的で、「問われ

る日本の電源」。ただし、左サイドに3人並べた専門家は、一番上が再稼働

反対の反原発派、中央が緩やかな脱原発派、一番下が原発維持派であっ

て、朝日の主張が表れた順番になってる。

 

この3年、電力が足りたか不足したかというと、一応足りたわけで、先日の

都知事選でも小泉がその点を強調してた。ただ、電力会社(特に原発の割

合が高い関電)に言わせれば、ギリギリの「綱渡り」で危ないということだろ

うし、産業界に言わせれば節電と海外進出で何とかしてる(だけ)ということ

だろう。

 

ちなみに、ここ1年での電力需給を見ると、北海道と東北を除けば、最大の

使用率は95%以上。かなり際どいのは確かで、大規模な停電が起きるリス

クは考慮する必要がある。「今まで起きてない」というような反論は、大震災

前の原発でも言えることに過ぎない。「50年近くも大事故はない」状態だっ

たわけだ。だからこそ、絶対安全という(単なる)神話も成立した。

 

 

          ☆          ☆          ☆

想定外のトラブルは、原発に限らず存在する。気になるのは、以前は3割を

占めてた原発の穴埋めをしてる火力発電。今現在、9割に達してるが、しば

らく使ってなかった発電所(計280万kw)を稼働させてるし、定期点検の先

のばしも行ってるとのこと。もし原発なら、騒ぎになるはずだ。二酸化炭素の

排出量は3億トンから4億トンへと増加、国内の森林の光合成を帳消しにす

る計算で、温室効果ガスの削減目標も下げることになった。

 

火力発電の燃料に使うLNG(液化天然ガス)の輸入額は、数兆円規模で増

加。電気料金は家庭向けで8%前後、企業向けで14%前後、値上げされて、

さらに値上げされる可能性もある。これだけでは燃料費の高騰を補えず、電

力会社が債務超過に陥る可能性も指摘されてるので、何か対策が必要なの

は確かだ。電力会社のコスト低減、原発の再稼働、更なる大幅な節電など。

 

自然エネルギー(当面は太陽光)の場合、買取の高さは電気料金に上乗せ

されるから、増やせばいいという話でもない。発電設備の長期的な耐久性、

安全性の検証もこれからのはずだ。控え目に見ても、まだ数年は論争や

模索が続くだろう。日本に限らず。。

 

 

           ☆          ☆          ☆

さらに、第6回は被爆について(3月8日・朝刊)。大見出しは、「子の甲状腺

 募る不安」。こうなると、メインの記者の名前が分かってしまう♪ お馴染み

の、大岩ゆりだ。

 

データから見て、この大見出しの付け方はどうなのか、やや微妙だが、差し

当たりあくまで心理的「不安」が募るだけだから、ある意味、中立的で正確

な表現になってる。リスクが高まるとか、患者増加といった話ではないのだ。

 

そのデータ。福島県内の、事故当時18歳以下だった子ども全員、計37万人

の甲状腺検査がまもなく終了するらしい(一巡目)。二巡目は数年後に行う。

甲状腺とは、ヨウ素からホルモンを作るノドの器官で、事故直後の1ヶ月くら

いの間に、放射性ヨウ素(I 131、半減期わずか8日)の影響を受ける。

 

昨年末、27万人のデータで見ると、悪性の疑いが75人(男28人、女47人)

で、ほぼ全員が手術することになるらしい。ただ、ほとんどは進行が遅くて致

死率が低いタイプで、普通のガンのイメージとは違うし、全国の他の地域と

比べても、ハッキリした差は見られない。例えば弘前市や甲府市の検査結果

は、福島県よりも少し悪いように見えるほど。

 

チェルノブイリのデータを見ると、86年の事故当時、児童や胎児だった10

万人中、大まかに見て年間20人前後がガンになってる。今までのトータル

の死者は十数人(朝日の数字)。さて、このデータをどう見るか。

 

ちなみに、一般の日本人は10万人中、年間10人ほどが甲状腺ガンになる

とのこと。子供の場合の比較が分からないけど、要するに10万人中、年間

で数人が余計にガンになり、1人くらいが余計に死ぬという計算になる。他

の病気や事故と比べて、私には特別多いとも思えないが、感じ方が分かれ

る所かも知れない。もちろん、もし他のデータを取るのなら、話は別になる。

 

 

         ☆          ☆          ☆ 

時間が無くなったので、最後は簡単に。第7回、線量について(3月9日・同)。

大見出しは、「自然減衰効果で半減」。放射線量も放射能(=放射性物質)

量も、日常生活と関わる部分ではかなり減ってる(汚染水は別)。朝日の記

事では、食べ物の中の放射能も含めて、キレイにグラフで減少を示してた。

福島産の農産物の価格もかなり回復して来たようだ。

 

モニタリングポストなどで測定する各地点の空間線量に関しては、除染や風・

雨水などによる減少もあるけど、全体的に言えるのは、物理的半減期による

減少。これを自然減衰と呼んでる。

 

セシウム137と134が元々は半々だったとして、137は半減期30年だから

ほとんど減ってない。一方、134は半減期2年だから、3年間で(1/2)の

(3/2)乗になってる。つまり、

 

    1÷(2の3/2乗)=1÷√(2の3乗)

                =1÷2√2

                =√2÷4

                ≒1.41÷4

                ≒0.35

 

だから、セシウム137と134のトータルでは、

     0.5+(0.5×0.35)=0.675

 

つまり、約68%だから、32%の減少になる。朝日の記事では、原子力規制

庁が自然減衰を34%としてると書いてるから、実際はセシウム134の方が

もともと多めだったのかも知れない。

 

 

           ☆          ☆          ☆

いずれにせよ、風や雨の効果も含めて、47%の減少。つまり、半減してる

という話だ。ただ、既にセシウム134はかなり減ってるから、今後の自然減

衰は目立たなくなる。いまでも福島県民の間では、年間1mSv(シーベルト)

基準の達成を求める声が強いそうだけど、3mSv前後で妥協する方が現実

的かも知れない。

 

その程度の場所は世界のあちこちにあるし、ハッキリした害も示されてない。

ICRP(国際放射線防護委員会)が1990年の勧告(Pub.60)から示し続

けてるデータによると、100mSvの緩やかな被爆で、1000人の内の5人

が余計に致死性ガンになる。2007年勧告(Pub.103)でもほぼ同様。

 

LNT(直線しきい値なし)仮説に従って、低線量でも比例すると考えると、3m

Svなら10万人の内の15人。この程度のリスクは他にいくらでもあるし、実

際に日本人の医療被爆の平均も3.9mSvあるのだ。

 

1mSvにこだわることで故郷への帰還が何年も遅れるのなら、どちらがいい

のか、住民の間でしっかり話し合うべきだろう。特に高齢者が多い場合は、

数mSvの外部被曝によるマイナスは更に少なくなるし、何年も待ち続ける余

裕も無い。

 

あと、数mSvにこだわると、風評被害も残りやすいというマイナスを考える

べきだと思う。相馬市の女子中学生へのアンケートだと、結婚で不利益な扱

いを受ける不安を持ってる生徒が4割いたとのこと。リスクの強調は、風評

の強化にもつながり、メリットの喪失も招く。トータルでの落ち着いた考察が

広まることを期待しよう。

 

 

          ☆          ☆          ☆

いずれにせよ、今後も被災地のことを忘れるわけにはいかないし、新たな

巨大災害に備える必要もある。その辺り、また別記事を書きたいと思う。な

お、ガレキ処理の進捗率は、宮城98%、岩手96%、福島56%。少なくと

も福島以外では、思ったより順調のようだ。関東、特に千葉県などの放射

性ゴミの処理についても、今後の進捗を望みたい所。

 

それでは、今日はこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf.被曝する年間放射線量すべての計算方法(自然・医療、外部・内部、屋外・屋内)

  ラジウム温泉の放射線について~低線量被曝の影響

  朝日の甲状腺被曝87ミリシーベルト報道の意味~実効線量と等価線量

  WHO(世界保健機関)による被曝線量の推計(全国、年代・経路別)

  文科省が10都県で確認、ストロンチウム(Sr)90の実効線量係数など

  湖や海、水浴場における放射線(外部&内部被曝)の計算

  魚・貝・海藻など、水産物の放射能(セシウム)について

  確率的影響と確定的影響~放射線被曝の二分法の再考

  外部・内部・甲状腺、福島県の放射線被曝について~3・11から2年

  日本人の自然放射線と医療被ばく線量(『新版 生活環境放射線』2011) 

  汚染水のトリチウム(三重水素)、実効線量係数と年間の内部被曝線量

                                (その他、多数の記事あり)

 

                                     (計 5345文字)

|

« 第2次・引越しパニック開始&ハーフジョグ連発 | トップページ | まさかの暑さの中、最後の難関32.2km走 »

科学」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第2次・引越しパニック開始&ハーフジョグ連発 | トップページ | まさかの暑さの中、最後の難関32.2km走 »