« 『宮本武蔵』ドラマ第二夜と原作小説(by吉川英治)、感想と比較 | トップページ | 最後は短いジョギング、レース準備完了(のつもり♪) »

フレッシュネス・バーガーの英語PV、ウケた♪&春一番の陽気でハーフ

RUN 21.1km,1時間45分19秒,平均心拍160

     

いやぁ、企業の宣伝努力には頭が下がるね♪ ウチでは2年半前、女性に

人気のフレッシュネス・バーガーのステマ記事・・・じゃなくて体験記事を書

いてる。素材、味、雰囲気、確かに女性にウケそうなものになってた。

    

そのフレッシュネス・バーガーが2012年11月から3ヶ月、「BE NATURE!

~欲望に素直になろう~」というキャンペーンを実施。その英語版PV(プロ

モーション・ビデオ)を電通・東日本が作成して、去年の6月、「カンヌ・ライオ

ンズ2013」(広告の祭典)で受賞。さらに9月にはアジアのフェスティバル

「Spikes Asia」でも受賞して、世界的にビデオが流通してるらしい。

      

元々、1年以上前のキャンペーンとはいえ、まだ店舗数の少ない関東中心

のチェーン店だし、知らない人も多いはず。騙されたと思って、あるいは英語

の楽しい勉強だと思って、次のビデオを見て頂きたい。僅か1分40秒の広

告アート、特に女性にはお勧めしよう♪ 海外向けだから、日本のテレビで

はほとんど流れてないと思うし、日本人が見ても日本文化の勉強になる。

         

   Liberation Wrapper (女性を解放する包み紙)

     

       

          ☆          ☆          ☆

簡単に要約すると、大きいハンバーガーが女性に売れないのはなぜか?

その理由を探ると、日本古来の「おちょぼ口」(OCHOBO MOUTH)礼讃

に辿り着く♪ 

    

140318b

 女性は小さい口が上品で

 大きい口は下品だと考え

 られる慣習があるから、

 大きいハンバーガーを避

 けるのだ。しかし、これは

 女性の欲望の束縛であっ

 て、「おちょぼ口の呪い」

(SPELL OF OCHOBO)(笑)から解放すべきだろう。。

            

という訳で、キャンペーン中に配布されたのが、おすまし顔をプリントした

140318

 お隠しバーガー

 袋というソリュー

 ション(解決策

 ・・・笑)。当時

 の日本のツイッ

 ターだと、悪評

 だらけだけど、

 このビデオは良

く出来てるし、再評価してもいいと思う。

   

140319

 ・・・・・・って感じの

 話なら、どこにで

 もあるだろう。こ

 こからがマニアッ

 クサイトの本領♪

 私は、世界中の大

部分の人がこのビデオを誤解してることに気付いたのだ。

           

      

         ☆          ☆          ☆  

このビデオでは、英語のナレーション(日テレ女子アナ・上田まりえ)で、大

きいクラシックバーガーの女性に対する売り上げが直ちに前月比「213%

へとアップ」した、と語ってる。「was up to 213%」。見事なリザルト(結

果)。おそらく、一時的な上昇だろうけど♪

           

140318c

 要するに、2倍強

 になったって意味。

 ただ、テロップで

 大げさに「213

 %UP」と書いて

 るから、世界中で

213%上昇」という勘違いが拡散してるのだ。

    

「213%UP」という英語表現自体は、文法的・語用論的にギリギリ許される

かも知れないけど、非常にミスリーディングな(誤解を招きやすい)表現だろ

う。実際、大勢の人が間違えてる。

          

これだと、元の売り上げ(100%)と上昇分を足して、313%、つまり3倍強

になったと思われてしまう。もし本当にそうなら、313%とか3倍と強調する

140319b

 はず。成果を大

 きくアピールす

 る数字だから。

      

上はほんの一例で、英国「Mail Online」が「triple」(3倍)と誤解してる様子

をキャプチャーさせて頂いた。あえて、リンクは付けない事にする。経済系、

マーケティング系のサイトも総崩れに見える。

        

    

         ☆          ☆          ☆

ちなみに今現在、信頼できる売上データはネット上に見当たらないから、フ

レッシュネスさんや電通さんが、根拠と共に私の解釈の間違いを指摘して来

たら、直ちにこの記事で謝罪&修正するけど、まずあり得ないと思う。それに、

もしそうなら、PVのナレーションが間違ってる事になってしまう。

            

この種の数学的な誤解や、誇大広告気味の書き方は、非常によくある事だ

から、数学好きとして一度書いときたかったわけ。ま、ほとんど読み流される

だろうけど (^^ゞ それにしても、まだまだ日本って、欧米から見ると「極東」の

異国なんだね。芸者とか、好きだよなぁ。日本人でもなかなか接する機会が

無いのに。ま、昨日の『宮本武蔵』の吉野太夫にはちょっと萌えたけど♪

    

       

P.S. 意外なことに、言論プラットフォーム「アゴラ」さんが、この記事に

     対して「今日のリンク」を張ってくださってる。コメントは無いけど、

     ネタ自体は完全に流行遅れだから、最後の指摘を評価してくだ

     さったのかな。

     アゴラさん、どうもです。そちらは時々、読ませて頂いてますよ♪

           

      

           ☆          ☆          ☆

一方、ランニングについてはごく簡単に。昨日の武蔵の記事は、追記を重

ねて7000字近くまで膨れ上がってるから、もう今日は手抜きなのだ。

    

簡単に言うと、全然ダメな走りだった (^^ゞ ヤバイね。レース前、最後のマト

モな走りなのに。今日は、関東でも春一番が吹いて、昼間の気温は「20度

へとアップ」。ちなみに、「20度アップ」ではないので念のため♪

     

私が走った時の気温は17度くらいで、上にTシャツと長袖を着たのは失敗

だった。長袖1枚かTシャツだけで良かったね。雨がパラつくかも知れなかっ

たから、あえて2枚着たんだけど、結局20粒(笑)くらいしか雨は降らず。心

拍は最初から急上昇で、すぐ「165へと上昇」してしまった。「165上昇」した

んじゃないから、念のため♪ もうエエわ!

         

結局、レース前なのにかなり無理して、トータル1km5分ペースを死守。疲

れを残したのは失敗かな。走る前から脚が重かったのに。。(^^ゞ さて、これ

で明日をどうするかが難しくなった。休んだ方がいいんだろうけど、ちょっとだ

け走っちゃうかも。それでは、今日はこの辺で。。☆彡

    

  

  往路(2.4km)   12分41秒    心拍139    

  1周(2.14km)   10分50秒       154     

  2周           10分36秒       159         

  3周           10分37秒       162    

  4周           10分35秒       163    

  5周           10分38秒       163

  6周           10分39秒       164

  7周           10分36秒       164

  8周(1.32km)    6分38秒       165

  復路          11分30秒         165

計 21.1km 1時間45分19秒 心拍平均160(88%) 最大171(ゴール前)

               

                                    (計 2475文字)

|

« 『宮本武蔵』ドラマ第二夜と原作小説(by吉川英治)、感想と比較 | トップページ | 最後は短いジョギング、レース準備完了(のつもり♪) »

「ランニング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『宮本武蔵』ドラマ第二夜と原作小説(by吉川英治)、感想と比較 | トップページ | 最後は短いジョギング、レース準備完了(のつもり♪) »