« まさかの暑さの中、最後の難関32.2km走 | トップページ | ウルトラマンの円谷プロ監修、居酒屋「怪獣酒場」♪ »

芦田、パパがいる♪~『明日、ママがいない』最終回

素晴らしい☆ あらゆる意味で、絶賛に値するドラマだね。大騒動も含めて、

間違いなくドラマ史上に残る作品。正直言うと、ドラマのオンエア中はずっと

走ってたから、帰宅後に公式サイトの無料動画で見たんだけど、大満足だっ

た。オチも綺麗に決まったね☆ 脚本的にも、演出的にも。

      

ラスト、夕陽のセピア色に染まったコガモの家を、あえて人物抜きで映した

後、机の上にプリクラが映る。そして、ズームイン。ドラマを見慣れてる人な

らもう当然、そこにポスト(芦田愛菜)の本名があるのは分かったはず。

           

今までドキュン(DQN)とだけ言われてた本名は何と、「キララ」(笑)。キラ

キラネーム、そのまんまかよ! 漢字じゃなくてカタカナだから、読みやす

くて、いいね♪ お役所も学校の先生も喜んでくれるだろう。もちろん、あま

りドキュン過ぎる名前ではなく、幸せに「輝く」名前って所がポイントなのだ。

          

    

         ☆          ☆          ☆  

このオチにはちゃんと、前フリも3つ付いてた。まず直前、エンドロールが流

れ始めた時、他の女の子達はあだ名と本名の両方を書いてあった。ドンキ/

真希(鈴木梨央)、ボンビ/優衣子(渡邉このみ)、ピア美/直美(桜田ひよ

り)。ところがポストは、単にポストと書かれてるだけ。

   

あと、その前、魔王(三上博史)の愛の告白(笑)の最後。「お前は、愛とい

う名前じゃない。お前は・・・」で視聴者に本名を期待させといて、出て来た

言葉は「俺の娘だ。・・・・・・娘だ」。名前の代わりに「俺の娘」と呼んだら、

その後のシーンに本名が出て来るのは当然。その流れを作りつつ、「パ

パ」宣言を印象付けてる。

  

おまけに、せっかく仲良くプリクラを撮ったのに、その写真をギリギリで映し

てなかった。3重の前フリを用意した上で、一番最後にキララ登場♪ 大昔の

松竹映画の怪獣なのだ。そりゃ、ギララだろ! やはり、松田沙也(with野島

伸司)の脚本はテクニカルだし、猪股隆一の演出も良かった。

        

ドンキが施設を離れる時、魔王を「コウノトリさん♪」と呼んでからかったの

も良かったね。先週のクライマックスを軽くリスペクトしたわけで、前から書

いてるように、実は回を隔てて素材を再利用するドラマというのは少ない。

大部分のドラマは、ネタを使い捨てにしてるのだ。

       

   

          ☆          ☆          ☆

これで、ポスト(=赤ちゃんポスト)、ドンキ(実母が凶器として使った鈍器)、

ボンビ(=貧乏)という、3つの刺激的な名前が片付いて、みんな「親」と幸

せに暮らすことになった。さて、あだ名が問題だとこだわってた慈恵病院は

この結末、どう思ったのかね。もう見てないのかな。

    

埼玉新聞HPで3月8日、県里親会理事長と県児童福祉施設協議会会長の

インタビューが掲載されてたけど、そこに書かれてる批判は第1話を見ただ

けでも書けるような内容に過ぎなかった。

         

せめて、第6話くらいまでの内容に具体的に触れた上で、批判すべきだろう。

例えば、6話の後半で、自分たちが「話し合いさえ出来ないモンスター」扱い

されたのは許しがたいとか、「一度、心に受け止めるクッションを持ちなさい」

とは我々への皮肉なのか、とか♪ 真面目な話、大きな目で見ると、虚構の

ドラマの内容より、現実の声高の抗議や中止要請の方が、施設関連の印象

に大きく影響するはずだ。

      

このドラマが、抗議に対して、作品の中で強烈に反論してる点については、

3月9日に上智大の碓井広義が書いた、わりと冷静で中立的な論評でも

触れてない。あと、碓井は日テレが謝罪してドラマを改善したという風に書

いてるが、2月上旬の回答書における謝罪の言葉は、文章全体の中では

さほど重みを持ってない。

    

おまけにあの時、「お詫び」したのは「子どもたち」に対してだけだし、実は

「記載されたような事実が存在するのであれば」という条件付きの謝罪で

あって、事実の存在や重みを積極的には認めてないのだ。

     

事の本質は、極端に高圧的な抗議に対する毅然とした拒否。だからこそ半

月後、日テレの社長がこれ以上の謝罪はしないと名言。その際、以前の回

答のことを「見解」とか「対応」と呼んで、「謝罪」とは呼んでないのだ。微妙な

表現は、正確に読み取る必要がある。

    

スポニチによると、最終回でもテロップなどによるオンエア上の“公開謝罪”

はなかったとの事。スポンサーその他、企業CMが一斉に撤退する中、よほ

どの自信と信念がないと、そんな態度は保てない。そしてもちろん、その自

信は正しいわけだ。最終回までトータルで見た時、とても中止されるような

内容ではないし、そんな事は悪評高き第1話を見ただけでも十分に分かる

だろう。

     

    

          ☆          ☆          ☆

話を名前に戻すと、ロッカー(三浦翔平)とオツボネ(大後寿々花)の本名

は公式サイトの相関図でもまだ書かれてないし、ウィキペディアにも無し。

子ども達のために「美人すぎる市議」を目指すらしいアイスドール(木村文

乃)の今後も気になるし、1人で旅立った魔王の妻・香織(鈴木砂羽)のそ

の後も気になる。

   

今後、1回だけSPを作れば、もっとキレイに話が片付くと思うけど、流石に

しばらくは無理か。アッ、高須クリニックの1社提供とか♪ 

    

もちろん、ロッカーとアイスドールのサービスシーンも入れてくれるだろう。

わざわざ婚約解消なんて話をした後、手を握り合ったんだから、結婚もア

リ。そういえばコガモの家は、何となく教会のような建物になってた。

   

オツボネの眼帯も、目の手術で取ればいいのに。魔王の足も、サッカーの

ゴールポストを数回蹴りつけただけなら、何とか治せそうなものだけどね。

で、サッカー青年に戻って、ジョリピー(城田優)の子どもになるとか♪ 年上

だろ!

       

      

          ☆          ☆          ☆

それにしても、予想以上に過激な結末だった。私は当初から、ポストと魔王

は対立してるどころか、見つめ合ってる熱い仲だと指摘してたけど、最後に

「パパ」になるとは思わなかった。もちろん単なる「父親」という意味ではない。

条例違反とかで逮捕されそうな関係まで含めた「パパ」だ(笑)。

  

「明日、ママがいない」の最後が、「芦田、パパがいる」♪ 上手い、ザブトン

2枚☆ あの契約の誘い・・・じゃなくて熱いプロポーズは良かったね。

  

   「いいか。1度しか言わないから、よく聞け。

    寂しい。お前がいなくなると、俺が寂しいんだ!」

       

もちろんこれにも、ちゃんと流れが作られてた。まず、ポストが先生(吉沢

悠)&瞳(安達祐実)の家に、死んだ娘・愛の代わりとして行くようになって

から、魔王は奇妙なほど不機嫌だった♪ 

   

それが、「愛」のためだと分かってるからこそ、ほとんど喋らない大人しい

ロッカーが、魔王に指摘する。ポストの赤い髪どめを差し出しながら、

   

   「戻ります。あなたが言えば。

   産んだのが親じゃない。赤ちゃんから、育てたのはあなただ。

   だからあの子は、あなたによく似てる。とてもよく・・・」

   

そして実際、魔王が告白して抱き締めると、「一発OK」。変な意味ではない。

コラコラ! しかし、いくらパパ&美少女の恋人関係だからって、まさか遊園

地で仲良くコーヒーカップに乗るとは思わなかったね♪ ちなみに、東京ディ

ズニーランドのコーヒーカップ(アリスのティーパーティーかな)で、ハンドル

を全力で回して本気で目が回ったのは私だ(笑)。子どもか!

    

    

          ☆          ☆          ☆

おっと、もう時間も字数も無いから、今朝はこれで終わりにしよう。今回、一

番笑ったのは、せっかく迎えに来てくれたジョリピーに対して、ボンビが駄々

をこねるシーン。ホラー映画が好きでもいいのか、とかボンビが言うと、オツ

ボネが「ゾンビ」と呟いてボケたのがツボだった♪ ボンビその他がご一緒

に「ジョリピ~~~♡」とやった時、アイスドールまで照れながらやってたのも

微笑ましかったね。

     

ホホーッと思ったのは、「プライドは自分自身でしか守れない」というアイス

ドールの言葉。そう言えば、他のものはフツー、他人でも守れるわけか。自

分で守るのも難しいけど、いい意味のプライドはずっと大切にしたいと思う。

「子どもを壊すくらいなら、大人が壊れろ!」っていうのも、過激だけど正論。

子どもの方が弱くて、壊れた後の影響が強く残るからだ。

     

初回から最終回まで、涙あり、笑いあり、教訓あり、本当にいいドラマだった。

プライドを守り通したスタッフ&キャストの皆さん、そして日テレ上層部の方々、

どうもお疲れさま。コトリンゴの不思議な魅力を持った主題歌、『誰か私を』も、

ピッタシの曲だったね。

   

心から拍手を送りつつ、それではこの辺で。。☆彡

    

    

   

P.S. 『明日、ママがいない』に関する1月の放送番組審議会の概要がよ

     うやくHPにアップされてた。9人が、1人あたり1つか2つツイートして

     るような簡単なまとめ方で、元の発言はちょっと違うのだろうけど、「審

     議」というより、当時の世論の多数派に合わせて簡単に批判してるよ

     うに見えてしまう。

   

     9人もいて、誰一人擁護しないのなら、審議会の委員の選考が偏っ

     てる可能性が高い。あるいは日テレがあえて批判を求めてるのかも。        

     ちなみに「R25」は昨日、「最終回目前で評価上昇」という、やや好意

     的な記事を載せてた。

        

   

P.S.2 最終回視聴率は12.8%で、全話の平均視聴率も同じ数字。地味

      なテーマで、叩かれまくった状況の中で、今どき十分な健闘だ。

      

P.S.3 脚本家の松田沙也が、ドラマ開始後に中断してたツイッターを、最

      終回の直後に再開。感謝の言葉を書いてる。拡散が前提となって

      る業界人のツイートだから、以下、コピペさせて頂いた。なお、その

      ツイートを知らせるスポニチの記事も、やや好意的なものだった♪

        

140314

    

    

P.S.4 オツボネ=大後寿々花が公式ブログで、13日の夕方に感想記

      事をアップ。芸能人ブログとしては珍しいくらい、しっかりした内容

      になってる。ま、ちょっとエントリー(記事数)が少ないけど♪ 逆に

      安達祐実のブログでは、軽く何度も触れてあった。

       

     

P.S.5 オツボネのすぐ後、J-CASTが好意的な記事をアップした。あと、

      今まで書き忘れてたけど、朝日新聞は早くから冬ドラマ・レビュー

      の第1位にランクしてた。会員登録後に全文読める形になってる。

        

      

P.S.6 日テレの大久保社長は3月31日の定例会見で、(最終話に寄せ

      られた意見の内)「78%が肯定的」だったと明らかにしたそうだ。

      また、回を重ねるごとに肯定的な意見の割合が増えて来たとのこ

      と。産経HPより。

    

P.S.7 放送倫理・番組向上機構(BPO)、「放送と青少年に関する委員

      会」の汐見稔幸委員長は4月8日、明日ママを審議対象にしなかっ

      たことについて、「全体として視聴者に受容される内容になっていっ

      た」とコメント。また、「(批判が)放送局と視聴者双方の表現の自由

      を制限する方向に向かわないようにすることが、今回の教訓」とも

      述べた(読売新聞HP)。

      

      産経HPでは、あだ名や暴力的発言について、「『ドラマの効果上必

      要だったから解決したわけではない』と苦言を呈した」と書いてるが、

      このままだと意味不明な言葉に聞こえてしまう。「から」の後で区切

      れてるのか、あるいは「解決した」の後なのか。「解決」とは何のこと

      なのか。。  

       

    

cf. 『明日、ママがいない』第1話、有料動画で見た感想

   『明日、ママがいない』、第2話だけ見た短い感想

   『明日、ママがいない』、慈恵病院HPの見解&第3話

   フィクションの価値を示した日テレ~『明日、ママがいない』第4話

   『明日、ママがいない』第5話&日テレ番組審議委員会、軽~い感想

   『明日、ママがいない』第6話、つぶやき的な感想

   『明日、ママがいない』第7話、つぶやき的な感想♪

   『明日、ママがいない』第8話、一口つぶやきの感想

              

                                   (計 4684文字)

|

« まさかの暑さの中、最後の難関32.2km走 | トップページ | ウルトラマンの円谷プロ監修、居酒屋「怪獣酒場」♪ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/59283787

この記事へのトラックバック一覧です: 芦田、パパがいる♪~『明日、ママがいない』最終回:

» 黄金色の橋の上で(桜田ひより)それでは皆さん御一緒に(渡邉このみ)正気になったらさようなら(安達祐実)優しくされたら泣いちゃうかもね(芦田愛菜) [キッドのブログinココログ]
大人の手は大きい。 子供の手は小さい。 病院の待合室で一心不乱にスマホを操作する二児のお母さん。 まさか・・・出会い系で客をとったりしてないだろうな・・・といらぬ心配をする。 それはウシジマくんの見すぎである。 子供たちは本棚の絵本を出してはしまう。 病気だけど元気だ。 でも手は小さいのです。 椅子... [続きを読む]

受信: 2014年3月14日 (金) 00時54分

« まさかの暑さの中、最後の難関32.2km走 | トップページ | ウルトラマンの円谷プロ監修、居酒屋「怪獣酒場」♪ »