« レース前、最後の長距離走、ぼちぼち&オマケ♪ | トップページ | 『宮本武蔵』ドラマ第二夜と原作小説(by吉川英治)、感想と比較 »

『宮本武蔵』第一夜、短い感想&原作小説との比較

あぁ、今週は2万字制限まで残り1800字弱になってしまった (^^ゞ 昨日の

システム障害お知らせ記事で900字使ったのが誤算だね。日曜に3000

字残す予定だったのに。

 

さて、今回のスペシャル・ドラマの原作となった、吉川英治の人気小説『宮本

武蔵』については、今までも何度か触れてるけど、私が少年時代に一番真剣

に読んだ本なのだ。今でも少年だけど・・・って軽口はさておき、相当な長編

小説なのに3、4回読んでるし、初めてラストシーンを読んだ時は正座してた

はず(実話・・・笑)。特に最後の美しい一文は、繰り返し読んで考え、頭と心

に刻み込んだ。

 

引きつけられた一番のポイントは、孤高の道を歩み続けた武道家の物語っ

て所だけど、この小説は武道というよりもっと広く、人間全体を深く扱ってる。

出世欲、愛、憎しみ、淋しさ、嫉妬、ライバル心、親心、攻撃性、通俗性、日

常生活、精神的修養・解脱、等々。

 

例えば、ドラマと違って冒頭からすぐ、「女」という存在の魅力と怖さが強調さ

れてるのだ。お甲(高岡早紀)と朱実(夏帆)。その意味でも、私にとっての

教科書になってた。

 

そこで早速、原作との違いを示したいけど、先に第一夜の総評を一言書い

とこう。大部分の視聴者は、小説ではなく、ドラマやキムタク=木村拓哉に興

味があるんだろうから。

 

 

         ☆          ☆          ☆

まず、予想より面白くて引き込まれたのは事実。ラジオ『ワッツ』の情報に

よると、キムタクは殺陣シーンであちこちケガもしたようだし、実際、冒頭か

らいきなり迫力ある闘いを見せてくれてた。冬だから寒さとの闘いもあった

はずだし、時代劇は色々と大変なのもよく分かる。

 

あと、ファン向けのサービスショット、萌えシーンも満載だね♪ 上半身、裸

で男っぽい姿も見せてるし、乳首ショットも強調♪ 緊縛宙吊りシーンと共に、

全国で録画リピートとか静止画キャプチャーされてるはず(笑)。

 

それはそうとして、やっぱり一番感じたのは、全く時間が足りないんだなって

こと。『華麗なる一族』と比べると分かりやすい。あれは約10時間で原作をド

ラマ化したもので、私がブログを始めた8年半前からだとキムタクの最高傑

作だろう。実際、視聴率も評価も高かった。

 

一方『宮本武蔵』は、『華麗』の2.5倍くらいの小説を5時間でドラマ化。2.5

倍の内容を半分の時間で表現すると、5分の1の薄さになる。当然、大幅な

省略が必要。

 

このドラマの脚本(佐藤嗣麻子)の場合、木村ファンと時代劇ファンに配慮

したのか、剣の闘いに大幅な時間を費やしてるから、他の人間的な部分が

大胆にカットされてた。

 

ドラマだけで考えても、例えばお通(真木よう子)の武蔵(たけぞう)に対する

恋心はどこから来たのか、分かりにくいと思う。一目惚れみたいな描き方だ

けど、原作ではきちんと流れがあるのだ。

 

 

          ☆          ☆          ☆

字数も時間も無いから、早くも原作との比較、相違点の指摘に移ろう。では

まず、お通の恋心。

 

原作では、たけぞう(当初17歳)もお通(16歳)も両親がいない淋しい子供

だと強調。特にお通は孤児(みなしご)で、許嫁(いいなずけ)の又八(ユー

スケ・サンタマリア)が唯一の家族みたいなものだった。

 

その又八に裏切られ、淋しくて仕方ない時、沢庵和尚(香川照之)の温かさ

が身にしみる。一方、ドラマと違って元からよく知ってる幼馴染のたけぞうが

帰って来て、彼に対してもお通の心が動く。又八への思いの「転移」でもある。

 

その状況で、沢庵がたけぞうを杉の木に吊るし、見せしめにした上で殺そ

うとした。沢庵に殺す気は無く、懲らしめてるだけでも、女のお通には残酷

すぎる仕打ちに見えたのだ。

 

だから沢庵への親しみが消え、たけぞうへの思いが増す。目の前のたけぞ

うは、男らしく武士らしく、殺すなら早く殺せと覚悟を決めてるし、芯の通った

潔い姿が太い杉の木と重なるのだ。男根的な象徴が成立した所で、お通は

太い幹にすがりつく。

 

そこに雨まで降り出して、可哀想、私しか助ける人はいない、という思いが

募る。更に翌日の夜、たけぞうが沢庵の説法に負け、生き直したいと叫び

始めたから、お通はこの人と共に私も生き直そう、と思うのだ。

 

 

          ☆          ☆          ☆

少し前、お通とも仲良しだった、たけぞうの姉・お吟が、お杉(倍賞美津子)

の策略で捕えられる。これもお通とたけぞうを結びつける出来事になってた。

 

あぁ、もう今週は2万字だから終了 (^^ゞ なお原作では佐々木小次郎(沢村

一樹)の登場はかなり後だ。ではまた ☆彡

 

                                     (計 1826文字)

 

 

P.S. 第二夜は6500字の本格的レビューを書いた。

     『宮本武蔵』ドラマ第二夜と原作小説(by吉川英治)、感想と比較

 

cf. 宮本武蔵、真実の歴史と虚構の物語の間で・・

 

                                 (追記込 1907字)

|

« レース前、最後の長距離走、ぼちぼち&オマケ♪ | トップページ | 『宮本武蔵』ドラマ第二夜と原作小説(by吉川英治)、感想と比較 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/59299333

この記事へのトラックバック一覧です: 『宮本武蔵』第一夜、短い感想&原作小説との比較:

» 人は何を求めるのか?・・・宮本武蔵(木村拓哉) [キッドのブログinココログ]
宮本武蔵は・・・求道者である。 特に「吉川英治版」はその傾向が強い。 宮本武蔵は・・・最強の剣豪である。 しかし・・・それを誰もが御存じではないだろう・・・。 そう言う意味で・・・地上デジタルとなったテレビに宮本武蔵が登場するのは素晴らしいことだ。 今から、およそ四百年前・・・宮本武蔵は「五輪書」を... [続きを読む]

受信: 2014年3月18日 (火) 00時07分

» 木村版 宮本武蔵 [笑う社会人の生活]
SPドラマ「宮本武蔵」を見ました。 テレ朝にて 15、16日 2夜連続でやってました 題名通り、宮本武蔵の半生のストーリーで 過去にもあったとはいえ・・・ 今作は何といっても、木村拓哉が演じるわけで やはり、今回もキムタクらしいというか そこが変わらずだけ...... [続きを読む]

受信: 2014年9月30日 (火) 22時37分

« レース前、最後の長距離走、ぼちぼち&オマケ♪ | トップページ | 『宮本武蔵』ドラマ第二夜と原作小説(by吉川英治)、感想と比較 »