« 幻の第48回・青梅マラソン参加賞&スノボ疲れジョグ | トップページ | 『明日、ママがいない』第8話、一口つぶやきの感想 »

風邪の半歩前か・・・めまいで数学記事は延期、代わりに暗号問題♪

もうダメ・・・♡ いや、ハートは要らないだろ♪ 今日はもう、本当の手抜き

つぶやきでおしまいにしよう。昨日から、明らかに体調が悪い。今朝もなか

なか起きれなかったし、その後もずーっと頭がボーッとしたままなのだ。もう

寝ようかな。今夜この後、何かあったっけ?(笑)

   

さて、まずは念のために、もう一度「お知らせ」☆ 既に昨日書いたように、

ココログのシステム障害の後遺症で、一部の方がブログを見ると表示が崩

れるらしい。その場合はF5キーを押して更新・再読み込みするか、ブラウザ

のキャッシュ(一時保存ファイル)をクリアすれば直るとのこと。まあ、誰でも

すぐ思い付く対処だろう。

    

それはさておき、今夜はローテーション的に、数学系の記事を書く予定だっ

た。元々は、行列とパズルを組み合わせた内容にしたかったんだけど、余裕

がないから、行列だけの記事を一通り準備。ところが、これを真面目に書い

てると、明日以降の仕事に悪影響が残るなと気づいて、延期することに決定。

社会人は当然、ブログよりお仕事なのだ。エライ!・・って言うか、フツーだね。

フツーの人にとっては♪

     

    

          ☆          ☆          ☆

予定変更の元をたどると、体調不良の他に、友人が出して来た「暗号」へと

たどり着く♪ これで昨日、かなりの時間を使っちゃったから、ズルズルと悪

影響を引きずるハメになったわけ。いや、ハマった私の自己責任と言われる

と、苦笑するしかないけど (^^ゞ

     

その問題を、ここに書いてみよう。ただし、個人情報が絡むので、少し形を変

えてある。以下の話を読んでも、私と友人2人(出題者ともう1人)以外には、

誰のことか分からないはずだ。

   

出題者の仮名は、「いがや たかほ」(猪谷貴穂)としておこう。アルファベット

なら、「igaya takaho」。この友人のメールアドレスのユーザー名(@の左側)

が、「a3a-13au3a」になってた。

    

もちろん、仮名にも合わせて、多少変えてある。ハイフンが姓と名の区切り目

かどうかも分からないし、順番の変更(転置式暗号)や、飛び飛びの配置(分

置式暗号)もあり得る。複合的な暗号かも知れない。。

      

    

          ☆          ☆          ☆

この暗号の規則は?、と問題を出されたから、ちょっと考えた私は、聞き返

した。「ひらがなの名前かアルファベットの名前との、1対1の対応か?」と。

そうでなければ、いくらでも規則は作れるから、真面目に解読する気がしな

い。すると友人は、「イエス」と答えたから、私は悩みこむことになったわけ。

すぐ解けないと、私の知的評価が大幅に下がるらしい(笑)

      

ちなみに、「1対1の対応」というのは、名前が1つ与えられると暗号が1つ

に定まり、逆に暗号が1つ与えられると名前も1つに定まる、という意味だ。

たとえば、アルファベット順(abc・・・)に1文字後ろにズラすだけの、単純な

「換字式」暗号なら、   

   元の名前「igaya takaho」 ⇔ 暗号「jhbzb ublbip」

名前から暗号へ、また、暗号から名前へ、1対1に対応する。

    

で、私はひらがなとアルファベットの暗号規則を色々と考えて、どうしても解け

ないからギブアップ。と言うか、これは問題自体が変だと判断した。すると友人

が、意外な事を言って来たから、ハァッ?と思って、論争に発展したのだ(笑)

     

という訳で、皆さんもお試しあれ。ただし、自己責任で、1時間以内に留めた

方がいいと思う♪ それでは、また明日。。☆彡

                

                                    (計 1403文字)

|

« 幻の第48回・青梅マラソン参加賞&スノボ疲れジョグ | トップページ | 『明日、ママがいない』第8話、一口つぶやきの感想 »

数学」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

a3a-13au3a←→igaya takaho
テンメイさん、降参です!!

投稿: gauss | 2014年3月 8日 (土) 00時43分

> gauss さん
  
こんばんは。こちらではご無沙汰でした。
  
ちゃんと各種の注意書きを付けてましたが、
ハマっちゃいましたか♪
これについては、後ほど暗号関連の記事を
書いて、また触れたいと思ってます。
とりあえず、2つの重要な情報をお知らせしましょう。
   
まず、元の名前を「ta igaya」と短縮すること。
この時点で1対1が崩れますが、僕のせいじゃないので♪
  
あと、文字記号と文字記号の対応関係に、
日本語で注意書きをプラスする必要があるでしょう。
それが無いと、暗号から元の文への対応が
1対1でなくなってしまいます。
    
この2つの情報があれば、もうお分かりでしょう♪shine

投稿: テンメイ | 2014年3月 8日 (土) 20時48分

ヒントを頂いたのですが、、
頭が溝にはハマッてしまい、その溝に沿ってしか働きません!!
暗号関連の記事を待ちます・・・

投稿: gauss | 2014年3月10日 (月) 12時21分

> gauss さん
  
おはようございます。
溝にハマっちゃいましたか♪
数学の問題に悩む時に、よくありますよね。
同じパターンの発想から抜け出せない状況。。
   
脱出する1つの手段は、しばらく時間をおくこと。
ただ、最初は気になるし、あまり時間が経つと、
逆に問題を忘れちゃいます♪
   
そこで、もう1つ、大ヒントを差し上げましょう。
アルファベットで、原文の子音字1つを、
暗号では2つで表すことがあるのです。
   
ただし、そのままだと解読が1つに定まらないので、
対応規則を言葉で補う必要があるでしょう。
   
なお、暗号記事は2週間くらいかかるかも知れません。
他に優先すべき記事が色々あるもんで。
それでは、今朝はこの辺で。。shine

投稿: テンメイ | 2014年3月11日 (火) 07時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幻の第48回・青梅マラソン参加賞&スノボ疲れジョグ | トップページ | 『明日、ママがいない』第8話、一口つぶやきの感想 »