« 全記事一覧(06年7~9月) | トップページ | 週末、徹夜でお仕事した直後の一言 »

時速2kmか1kmか、桜前線のスピードを計算♪&ハーフ・ジョグ

(4日) JOG 21.1km,1時間53分14秒,平均心拍156

   

 「3月の風と 4月の雨で 5月の花が咲く

    

4月4日の朝日新聞・朝刊、天声人語に載ってた英国のことわざだ。いいね♪

早速、元の英語をネットで検索。次の英文を発見した。

     

 「March winds and April showers bring forth May flowers

    

実は日本の場合、6月の梅雨、7・8月の猛暑まで考えると、あんましキレイ

な話にはならなかったりする。でも、そうゆう突っ込みは一般ウケしないし、

特に女性にイヤがられるから、書くのは止めとこう♪ 書いとるわ!

          

軽口はさておき、私の英作文能力だと上の英文は出て来ないな (^^ゞ シャ

ワーとブリング・フォースか。あぁ、今年は英語の記事を10本書くとか言っ

た気がするのに、まだ1本も書けてないのだ。英作文の勉強しなきゃ!

    

      

          ☆          ☆          ☆

・・・とか言いつつ、半ば理数系のマニアック・ブロガーとしては、どうしても

数字関連の話に気を取られてしまうのだ (^^ゞ 

       

同じ天声人語の冒頭、つかみの箇所に、「日本列島・・・桜前線の歩みは、

時速にすると約2キロの計算になるという・・・2カ月近くをかけて・・・」と書い

てあった。へぇ~、お散歩の半分くらいのスピードだね、と納得してるようじゃ、

マニアック・ブロガーにはなれない(笑)。なれなくていい? あっ、そう。

   

まず気になるのが、「・・・という」、という書き方♪ これは、あんまし自分で

調べたり考えたりしてないことを表してる。そして、計算。私は直ちに暗算

て、ちょっと変だなと思った。

    

時速2kmなら、1日(24時間)で48km。2ヶ月(60日)だと2880km。こ

れは日本列島の両端の「道路距離(フェリー込み)」や「鉄道距離」に近い長

さであって、桜前線は道路や鉄道をクネクネ曲がって進むわけじゃない(笑)。

      

空中を進むんだから、むしろ直線距離で考えるべきだろう。その場合、日本

列島だと2000km弱。沖縄まで合わせると2500kmになるけど、沖縄の

開花は1月だから、ちょっとだけ話が別なのだ(後述)。

   

    

          ☆          ☆          ☆

という訳で、まず時速2km説の根拠を探してみると、鹿児島~青森間の距

1400km(直線)を1ヶ月で進むから、という説明がすぐ出て来た。1日あ

たり47kmだから、24時間で割って、時速2km弱。これなら計算が合ってる

けど、天声人語の「2カ月」という話とは別になってしまう。

   

一方、テレビ東京の久保田キャスターのブログを見ると、時速0.83km

=830mという数字を出してる。これは、東京-青森間の直線距離577

kmを、開花日(ソメイヨシノ)の平均の差である29日で割って求めたもの。

計算は合ってるけど、元のデータの取り方が時速2km説と違うのだ。

  

この時速計算の差を生みだすポイントは2つ。まず、鹿児島の開花が実は

それほど早くない。四国の高知県の方が早かったりするのだ。もう1つは、

東京と青森では緯度も気温もかなり違うから、桜前線の速度が遅いことだ。

      

    

(☆追記: 4月9日の朝、テレビ朝日の依田司・お天気検定だと、時速1.4

       km、赤ちゃんのハイハイ速度と説明したらしい。鹿児島と釧路

       距離1750km52日で割ったようだ。)

     

      

           ☆          ☆          ☆

では、「正解」は何なのか。元々、天声人語は日本列島の話だったから、北

側の端を青森で止めるのはおかしい。沖縄はあまりに特殊で早過ぎるから、

九州から北海道までで考えるのが自然だろう。

    

ただし、その両端で考えるというより、一番早い場所と遅い場所で考えるべ

きなのだ。桜前線はかなりクネクネした曲線であって、南西から北東へとキ

レイに進むわけじゃない。

     

日本気象協会HPで今年の開花日と平年差(ソメイヨシノほか)をチェックす

ると、開花が一番早いのは、高知県の南西の宿毛(すくも)市。平年だと3月

9日。一方、一番遅いのは、北海道の東の根室市で、平年だと5月18日。

ちょうど、70日の差だ。

   

140405

 この間の直線距離をグーグ

 ルマップで測ると、1600

 kmだから、1日あたりで約

 23km。よって時速は1km

 弱。これが「正解」だろう。

  

 久保田キャスターによると、

 ロボット掃除機と同じくらいの

 スピードらしい(爆)。全国で

散った花びらを、ルンバが掃除して行くイメージでいいのかも♪ バッテリー

の充電時間までは考えないってことで。。

   

    

           ☆          ☆          ☆

もちろん、「直線距離じゃなくて、宿毛から鹿児島を経由して根室に向かうべ

きだ」という説には一理あるけど、そこまで考えるのは文字通り、ヒネリ過ぎ

だと思う♪

    

一方、沖縄から考えるのは一応ごもっともな話で、もちろん計算してみた。沖

縄と言っても色々あるけど、大まかな開花日は1月20日頃としていいと思う。

すると、根室まで2500kmを118日で移動するから、1日に約21km。時速

0.9km弱

    

という訳で、宿毛から考えても沖縄から考えても、日本列島における桜前線

の歩み時速1kmとすべきだろう。天声人語の筆者さんには、訂正か反論

を期待しよう。いや、ホントに大新聞にウチのことを書かれると、ビミョーだけ

どね (^^ゞ 沖ノ鳥島はどうしたとか、北方領土はどうしたかとか、色々と「細

かすぎて伝わらない」ツッコミが来ちゃうだろうから(笑)。

          

なお、桜前線の「北上」スピードを求めるには、緯度の差と地球の半径を使

えばいいが、元々かなり大まかな話にすぎないから、そこまでマジメに計算

する必要はない。北向きから時計回りに45度ズレてるのが、上の時速1km

の向きだとみなして、1÷√2、つまり√2÷2を計算すれば十分だろう。答は

時速0.7kmくらいだ。

    

    

         ☆          ☆          ☆

あぁ、こんな事に時間を使ってる場合じゃないから、後は超手抜きにしよう。

雨で昨日走れなかったから、中3日、つまり4日ぶりに雨上がりの公園を走っ

て来た。サボリ過ぎだから、ハーフが目標。

    

走り始めてすぐ、完走は確信♪ ただ、心臓がまだ炎症を起こしてるようで、

やたら心拍だけ高い。あんまし、しんどくはなかったけど、ジョギングなのに

平均心拍156になってしまった。高っ! トータルだと1km5分22秒ペース。

    

ちなみに今夜というか昨夜もやっぱり、花見客の数はイマイチ。キレイに咲

いてるのに、雨と風のせいかな。場所取り用の青いシートがコースをふさい

でる姿が、ちょっと物哀しかったかも。では、また明日。。☆彡

       

         

  往路(2.4km)   13分46秒    心拍143    

  1周(2.14km)   11分48秒       150     

  2周           11分36秒       153         

  3周           11分23秒       156    

  4周           11分14秒       158    

  5周           11分18秒       160

  6周           11分14秒       161

  7周           11分19秒       161

  8周(1.32km)    7分05秒       163

  復路          12分31秒         161

計 21.1km 1時間53分14秒 心拍平均156(88%) 最大168(ゴール前)

             

                                       (計 2776字)

|

« 全記事一覧(06年7~9月) | トップページ | 週末、徹夜でお仕事した直後の一言 »

「ランニング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全記事一覧(06年7~9月) | トップページ | 週末、徹夜でお仕事した直後の一言 »