« アラフィフの明るい切なさ~『続・最後から二番目の恋』第1話 | トップページ | 車線変更のウインカーは3秒前、右左折は30m手前~道路交通法&キムタク♪ »

ゲーテの格言「人が旅するのは、到着するためではなく、旅するためである」、ドイツ語出典

最近、こんなマニアックな記事を連発してるから、疲れて仕方ないよな (^^ゞ

その中でも、これは難しかったと言うか、面倒だったと言うか。世界中のネッ

トで、あやしい情報が拡散してるから、本物になかなか到達できなかったの

だ。英語ならまだしも、ドイツ語だしね。

        

さて、突然どうして、ドイツを代表する文豪ゲーテ(1749~1832)が登場

したかというと、「美青年」のラジオのクロステーマが旅で、番組の終盤に

(おそらく)台本の格言を読んだからだ。

    

  「人が旅をするのは、到着するためではなく、旅をするためである

   

こうゆう格言を聞いた時、「いや、到着するためにもフツーに旅するでしょ♪」

とか、突っ込んではいけない(笑)。素直に、いいねボタンを押す方が一般ウ

ケするのだ・・・・・・という私の見方に賛成の方は、いいねボタンを押して頂き

たい。無いだろ! 

  

ま、アメリカ横断旅行の番組『ルート66』の話とか、テーマ曲『愛、テキサス』

とか、懐かしかったね・・・というのは一部読者へのご挨拶だ。ここで早めに

書いとかないと、読み飛ばされそうだから♪

        

    

          ☆          ☆          ☆

軽口はさておき、前から指摘してるように、このラジオの放送作家は誰か知

らないけど、ほとんど調べずに表面的なネット情報をそのまま引用するクセ

がある。まあ、どうせファンは美青年の声を聴きたいだけだから、内容なんて

大した問題じゃないかも知れないけど、一般人マニアック・ブロガーが聴くと、

すぐに調べ直したくなってしまうのだ♪ 

      

で、今回は結果的に、正しいとは言いにくいけど、間違いとも言いにくい。先

に結論を書いとこう。まだ確率も完成度も80%くらいの情報だけど、少なく

ともあちこちに拡散してる情報よりは正解に近いはず。

      

上の格言は、ゲーテ自身が書いたものではなくて、彼の友人・ヘルダー夫婦

の間でやり取りした手紙に書いてあるのだ。夫のヘルダーは詩人として有名

な大物。1788年9月12日に、妻のカロリーネが夫に書いた手紙の引用が、

ゲーテ関連情報をまとめた本に書いてある。Google booksで発見した。

       

140419

     

   ゲーテが最近ある時、語ってました。

   「人が旅するのはもちろん、到着するためではなく、旅するためなのだ」

 (Man reist ja nicht,um anzukommen,sondern um zu reisen.

      

このドイツ語が拡散する内に、少し形が変わってたリする。書名は、『Goethe 

Begegnungen und Gesprache BdⅢ 1786-1792』(ゲーテ 出会

いと会話 第三巻)。

   

文脈が分からないから意味も確定できないけど、例えば、「人が生きるのは、

天国や極楽にたどり着くためではなく、この世で生きるためなのだ」と解釈す

ることは可能。もちろん、普通の旅の意味だと考えて、「旅は旅すること自体

が楽しいのだ」と解釈してもいい。

    

     

           ☆          ☆          ☆

私は自力で上の文章にたどり着いた後、確認のためにこの情報を検索。す

ると、東京ゲーテ記念館のQ&Aで、ほぼ同じ説明がされてた。ただし、記念

館にしては、それほど長くない説明の中に、入力ミスらしき間違い(?)が3箇

所もあるのが気になる。ヘルダーのミドルネームと、ドイツ語2つのつづり。答

えた人は専門家だけど入力した人が一般人、ということかな?

       

だから、そこに書いてある、「ゲーテ自身が書いた言葉ではありません」とい

う説明の信頼性もやや微妙だけど、私もあちこち調べて同じ本の同じ箇所に

たどり着いたから、正解に近いとは思う。

         

少なくとも、ゲーテの『格言と反省』(Maximen und Reflexionen)に書いて

あるとかいうネット情報については、かなり探し回ったのに、現物や詳しい情

報がまだ確認できてない。この本の書籍内検索がGoogleで出来るし、現物

もインターネット・アーカイブで見れるけど、該当箇所が出て来ないのだ。信頼

できる解説もまだ発見できてない。

   

日本の高名なドイツ文学研究者、高橋健二の『ゲーテ格言集』や『ゲーテの言

葉』と組み合わせて検索しても、実質的な情報は見当たらなかった。

       

   

          ☆          ☆          ☆

ただし、この本は1833年だから、前のまとめ本からの引用が入っていて

も不思議はない。いずれにせよ、ヘルダー夫人の言葉の方が50年近く古い

から、やはり夫人の手紙の言葉だろう。実際、別のドイツ語の研究書にもそ

れが出典とされてた。

    

そしてもちろん、ヘルダー夫人の説明正しい可能性は高いから、例の

ゲーテ自身のものとしても間違いではないと思う。正確ではないけど。

                

ちなみに、英語やドイツ語のウィキクォート(引用の電子百科事典)には載っ

てなかったので、念のため。オランダ語らしきウィキクォートで、たまたま発見

しただけだ。ドイツ語の検索で疲れ切ったたから、今日はこの辺で。。☆彡

                

                                     (計 1980字)

|

« アラフィフの明るい切なさ~『続・最後から二番目の恋』第1話 | トップページ | 車線変更のウインカーは3秒前、右左折は30m手前~道路交通法&キムタク♪ »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アラフィフの明るい切なさ~『続・最後から二番目の恋』第1話 | トップページ | 車線変更のウインカーは3秒前、右左折は30m手前~道路交通法&キムタク♪ »