« ココログと同じシステムの老舗ブログ、OCN「ブログ人」がサービス終了へ・・ | トップページ | 『続・最後から二番目の恋』第6話、軽~い感想&雷雨後ラン »

PCL-R(サイコパシー・チェックリスト改訂版)、英語付き

今日はランニング日誌+αの予定だったが、突然の雷雨で走れなくなった

から、代わりに心理学関連の時事ネタを扱うことにしよう。

 

「PC」という略語はほとんどの場合、「パソコン」を表す。一方、「PCL」という

略語は、「Psychopathy Check List」(サイコパシー・チェック・リスト)のこ

とらしい。今話題の、「サイコパス」(psychopath : 精神病質者)にどの程度

当てはまるのかを評価する項目一覧のこと。ちなみにサイコパシーは語源的

に、「魂(psycho)が苦しむこと(pathy)」を意味する言葉。精神病質と訳す

より、カタカナのままの方が誤解が少ないと思う。

 

唐突に異常心理学の用語が出て来たのはもちろん、事態が急展開したPC

(パソコン)遠隔操作事件の片山祐輔被告の言葉を受けてのもの。彼は以

前、「真犯人はサイコパス(反社会的人格)だと思う」と語ってたが、5月20日

になって、「それは自分。嘘が平気でつける」と語ったらしい(産経新聞HP、

ITmediaなど)。

 

この「サイコパス」という言葉、社会的にはかなり大まかに使われてると思う

し、片山被告も別に厳密な自己診断をしたわけではないはず。ただ、心理学・

精神医学的には一応、知る人ぞ知るチェックリストというものがあるようだか

ら、日本語と英語のウィキペディアその他で確認してみた。

 

 

         ☆          ☆          ☆

この種の話の大前提として挙げるべきことは、素人判断は危険、ということ

だろう。しっかりした教育や訓練を受けた専門家向けのものを、素人が自分

や他人に使う「生兵法」は「ケガのもと」。実際、翻訳本は日本でも、ワーク

ショップ受講&資格取得者のみが購入できるらしい。

 

ただ、そんな注意書きは、人間的な判断なら何にでも付くものであって、サ

イコパスの時だけ特別扱いする理由は差し当たり見当たらない。実際、現

在の精神疾患(or 障害)の世界的な診断基準であるDSMでも、チェックリ

ストは至る所で紹介されて、「参考」とされてるわけだ(うつ病、その他)。

 

もちろん、サイコパスの場合、素人が普通の他人に対して適用して語るの

止めた方がいいだろう。というのも、うつ病などよりネガティブ(否定的)な

ニュアンスが強い言葉だから。ただ、自分に対して試しに適用してみるのは、

自己責任の範囲で構わないだろうし、刑が確定した犯人やフィクションの登

場人物に対して使うのもいいと思う。

 

では、本人が素人判断で認めたらしい容疑者・片山被告について、我々が

考えてみるのはどうか。これはまだ、裁判の途中だし、非常に流動的な状況

だから、ここでは行わないことにする。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

では、その専門家向けリストの中身について。代表的なのが、ヘア(R.D.

Hare)というカナダの学者による「PCL」(サイコパシー・チェックリスト)で、

英語版ウィキの「Hare Psychopathy Checklist」という項目にまとまった

説明がある。元々は1970年代に開発されて、91年に改訂版のPCL-R

(Revised)が公開されたとの事。

 

基本的に20項目について、どの程度当てはまるかで、0点、1点、2点の

3段階評価を行い、合計点を重視するようだ。以下、日本語と英語で項目を

列挙しよう。

 

日本語ウィキ英語ウィキは、なぜか完全には対応してないので、「Encyclo-

pedia of Mental Disorders」(精神障害百科事典)も合わせて考慮した

が、3つとも僅かに違うので、DSMのような唯一の決定版がないような状況

なのかも知れない。2003年に第2版へとアップデートされたことや、「2因子

モデル」、「3因子モデル」などへの深化が関係してる可能性もある。項目の

8は、日本語ウィキの訳「冷淡で共感性の欠如」が変なので、少し変更した。

その他も、英語を元にして一部変更してある。

 

 

   1. 口達者/表面的な魅力 (glib and superficial charm)

   2. 誇大的な自己価値感  (grandiose sense of self-worth)

   3. 刺激を求める/退屈しやすい (need for stimulation)

   4. 病的な虚言  (pathological lying) 

   5. 偽り騙す傾向/操作的(人を操る)  (cunning and manipulating)

   6. 良心の呵責・罪悪感の欠如 (lack of remorse)

   7. 浅薄な感情 (shallow affect)

   8. 冷淡さ/共感性の欠如 (callousness and lack of empathy)

   9. 寄生的な生活様式  (parasitic lifestyle)

  10. 貧弱な行動コントロール能力  (poor behavioral controls)

  11. 放逸な性行動  (sexual promiscuity)

  12. 幼少期の問題行動  (early behavior problems)

  13. 現実的・長期的な目標の欠如(lack of realistic long-term goals)

  14. 衝動性  (impulsivity)

  15. 無責任  (irresponsibility)

  16. 自分の行動に責任が取れない 

            (failure to accept responsibility for own actions)

  17. 多数で短期の婚姻関係(many short-time marital relaionships)

  18. 少年非行  (juvenile delinquency)

  19. 仮釈放の取消  (revocation of conditional release)

  20. 多種多様な犯罪歴  (criminal versatility)

 

 

           ☆          ☆          ☆

ちなみに15と16はどちらも無責任ということだが、15が自分以外(家族な

ど)、16が自分についてという意味だろう。

 

私が自己採点してみると、3~7点くらいで、多めに計算しても10点には届

かないから、サイコパスには程遠いと思ってもいいだろう。『百科事典』には、

30点以上精神病質の診断に値すると書いてあり、日本語ウィキには更に、

「20点未満であるとサイコパスではないとみなされる」と書いてあった。そもそ

も、日本も含む東アジアでは非常に少ないという説もある。個人より社会を

重視するから、と説明してしまうと、簡単すぎる気もするが。

 

最後に、サイコパス病気かどうかについて、次の日本語ウィキの説明は曖

昧で分かりにくいので、補足しとこう。

 

  「サイコパスは異常であるが病気(いわゆる精神病)ではなく、ほとんど

  の人々が通常の社会生活を営んでいる。そのため、現在では精神異常

  という位置づけではなく、パーソナリティ障害とされている。」

 

パーソナリティー障害とは普通、「精神疾患」とされてるのだから、上の説明だ

と、異常なのか異常でないのか、病気なのか病気でないのか、非常に分かり

にくい。要するに、「医学的には病的な状態と言えるが、重い病とは限らず、

病院や薬、カウンセリングなどを必要とせずに普通に暮らす人が多い」という

ことだと思う。

 

その内、程度=点数の高い人達が、反社会的な「困った人達」ということだろ

うけど、確かに身の回りですぐ思い当たる人は1人もいない。せいぜい、一部

の犯罪者が当てはまるくらいだろうか。もちろん、反社会的人間だからといっ

て、犯罪者であるとは限らない。統計的な割合はさておき。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

ちなみに、当サイトで度々扱って来た『DSM-Ⅳ-TR』(精神疾患の診断・

統計マニュアル 新訂版)における、「反社会性パーソナリティー障害」との

比較は、時間が無いのでとりあえず省略する。去年、発行されたばかりの

『DSM-5』(英語)はまだ見てない。歴史的に重い精神疾患を表して来た

精神病」という言葉との比較も、また別の機会に回すとしよう。

 

なお、片山被告側は精神鑑定を要求してるが、刑事責任能力は認めてるそ

うだ。それでは、今日はこの辺で。。☆彡

 

 

 

P.S. 14年11月26日の『ホンマでっか!?TV』で、異常犯罪と人格特徴

     の関係について扱われたらしい。続々とこの記事へのアクセスが入っ

     てる。   

 

P.S.2 15年6月24日、香山リカがサイコパスについて注目すべき文章を

       発表したので、翌日ただちに応答記事をアップした。

  元少年Aと『絶歌』、香山リカの「サイコパス」という見解(SPA!)を読んで

 

P.S.3 15年7月1日、日本の実際の事件をもとにしたドラマが放映された。

   サイコパス&マインドコントロールの迷宮~『世界仰天』ドラマ・成海朔2

 

 

cf. 適応障害の診断基準~DSM-Ⅳ-TR

   PTSD(外傷後ストレス障害)の診断基準~DSM-Ⅳ-TR

   パニック障害&発作、広場恐怖の診断基準~DSM-Ⅳ-TR

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   うつ病の診断基準と抗うつ薬~NHK『ためしてガッテン』

   うつ病の診断基準2~気分変調性障害

   うつ病の血液診断と遺伝子変化

   うつ病の診断基準3~双極Ⅰ型障害(躁うつ病)

   うつ病の診断基準4~双極Ⅱ型障害(軽い躁うつ病)

   新型うつ病の一つ、非定型うつ病について

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   心理療法を無料で全国民に~朝日新聞「欧州の安心 イギリス」

   大胆かつ繊細な試論~香山リカ『雅子さまと「新型うつ」』

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   統合失調症の診断基準、統計、および歴史的経緯

 

                                    (計 3793字)

|

« ココログと同じシステムの老舗ブログ、OCN「ブログ人」がサービス終了へ・・ | トップページ | 『続・最後から二番目の恋』第6話、軽~い感想&雷雨後ラン »

心理学」カテゴリの記事

医学・医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ココログと同じシステムの老舗ブログ、OCN「ブログ人」がサービス終了へ・・ | トップページ | 『続・最後から二番目の恋』第6話、軽~い感想&雷雨後ラン »