« ブログの日程調整用、超手抜き記事 | トップページ | 王国ブラジルの底力、善戦チリに薄氷のPK勝ち・・ »

純白の普段着、ファンキーな結婚~『続・最後から二番目の恋』最終回

  人生とは 自分の未来に恋をすること

  一人でするのがつまらなければ 

  だれかと一緒に 未来に恋をしよう 

  友であれ 恋人であれ 夫婦であれ 家族であれ 

  隣りに気の合う誰かがいてくれさえすれば 

  人生はさらに ファンキーになるはずだ・・・♪

 

 

             ☆          ☆          ☆

完結かどうかはともかく、ドラマの「形」がきちんと出来てたね♪ さすが、脚

本・岡田惠和&演出・宮本理江子の『ビーチボーイズ』コンビだ。形式美とか

様式美というものを理解してる。もちろん、繊細なディテール(細部)と共に。

 

宮本が3年半前、『ビーチボーイズ』の竹野内豊を主役にして作った月9『流れ

星』も、地味ながら心に沁みる、素敵な恋愛ドラマだった。原作は『クラゲマリッ

ジ』、クラゲの結婚。ドラマのラストには、水槽の白いクラゲがヒロイン・上戸彩

に重ねられた映像。一目で感心した私はすぐ、それを主題にしてレビューした。

 

   クラゲ流星群のウエディングドレス~『流れ星』最終回

 

ちなみに純白は女性のための色で、男の場合、日焼けした筋肉質の身体を

覆うTシャツくらいしか、様にならないものだ。シャイな私も、実は店員にそそ

のかされて、純白のパーティー用(?)スーツを買ってしまったことがあるが、

一度しか着てない。その日も途中で家に帰って着替えたくなったほど♪

 

最終回の『続・最後から二番目の恋』では、吉野千明(小泉今日子)は最初か

ら、純白の普段着(サマーニット)を身に付けてた。今まで、白黒が基本だった

のに、最後はやっぱり白。ナチュラルな花嫁、普段着の輝きを放つキョンキョン。

 

物語も最初から最後まで、「結婚」を意識した要素を散りばめた流れ。一緒に

暮らす、プロポーズ、料理、洗濯、お風呂、結婚観。。「ノーメイク、ノーライフ」

とか言いつつ、ノーメイクの素の笑顔も見せてた。もちろんあの台詞は、コー

セーの化粧品「エルシア」への気遣いにすぎない♪

 

 

           ☆          ☆          ☆    

そしてラストシーン。主題歌『T字路』とエンドロールが流れる直前は、長倉和

平(中井貴一)の両親の記憶と同じく、ソファーで仲良く寄り添う姿。もう、途中

から完全に読めてた。両腕で抱きつく千明の白が、優しく抱いて受けとめる和

平の白いシャツと融け合ってる。後ろには、朝の自然な光の輝きと、心地良い

そよ風の象徴としての扇風機。脇には、緑。

 

まさに、純白に輝く普段着のウエディングドレスを着たラストなのだ。日常的

な幸せの絶頂。ちなみに、前夜は絶頂には達してないと思う。和平がベロベ

ロに酔っ払ってたから無理なのだ♪ なまくら和平。コラコラ。

 

マジメな話、さんざん仲良し家族の全体を描いた上で、最後は2人きりの世界

を創り上げたのは流石の美意識だった。と言っても、2階のHな万里子(まりこ:

内田有紀)は朝までずっと、嫉妬心メラメラで聞き耳を立ててたはずだけど。。♪

 

「愛する人を家族に奪われる」というのは、クリスマスイブ恒例、『明石家サンタ』

の不幸話にも出て来るパターン。遥か古代に遡るなら、ギリシャ悲劇の最高傑

作「エディプス王」の構造でもあるのだ。。

 

 

           ☆          ☆          ☆   

ところで、これは「結婚」を意味するのだろうか。もしそうなら、「最後から一番

目の恋」、つまり「最後の恋」になったということだろうか。それでも「ファンキー」

なのか。前シリーズの最終回の言葉に反して。

 

ラストシーンの千明のモノローグは、確かにそうゆう意味にも受け取れる。

 

  吉野千明48歳 長倉和平52歳 足して100歳

  こうなったら 目指せ 2人合わせて200歳

  人生まだまだ ファンキーだ♪

 

あと50年、夫婦の恋愛関係を保つためには、一条さん(織本順吉)秘蔵の週

刊誌の特集が必要だろう・・・って軽口はさておき、そもそも「結婚」とは何か。。

 

 

            ☆          ☆          ☆  

日本語で「結婚」と言うと、辞書を見ても、男女が夫婦になることとされてる。10

年以内に、「男女」という性の制限が消える可能性はあるが、いずれにせよ、

ほとんどの場合、制度的な夫婦になることを示す言葉だ。

 

しかし、結婚を示すフランス語の「mariage」(マリアージュ)に、「一体化、結び

つき」という意味があるのは、5年前の亀梨和也のワイン・ドラマ、『神の雫』で

具体的に書いてある。同様に、結婚を示す英語の「marriage」(マリッジ)にも、

「密接な融合」という意味があるのだ。

 

   ピンクとブルーのマリアージュ~『神の雫』第5話

 

結局、千明と和平は、より合わせた1本の白い糸のように一体化し、結ばれた

わけで、その意味で「結婚」したと言っていい。50年後を目指して、今後もずっ

と一緒、仲良しのままという点も間違いない。

 

ただ、制度的な結婚は別問題だし、「最後の恋」かどうかも全く分からない。魅

力的な千明にも、モテまくりのお地蔵様にも、まだまだ別のチャンス=機会が

沢山あるだろう。だから、あくまでこれは最後の前、「最後から二番目の恋」。

したがって、前シリーズの説明通り、ファンキーな人生が続くのだ。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

ここで、「ファンキー」とはどうゆう意味なのかを改めて考える前に、ドラマの終

盤、リビング・ルームのシーンを具体的に確認してみよう。そこでは、「最後か

ら二番目の恋」というコンセプトがしっかりキープされてた。

 

まず、「恋」だから、他の家族は誰もいなくなって、2人きりの世界になってる。

猫は別として♪ 熱くない、生ぬるい長倉和平がいいし、だからモテる。そう、

千明が妙な褒め方をした後、「ずっと私のそばにいろよな!」と命令。すると

和平は、「いますよ。隣に住んでるんですから」とか、茶化しながらも承諾。

同じ命令を和平がすると、今度は千明が茶化しながら承諾。何を命令して、

何を承諾したのか、微妙な線を保ってる。

 

そして、決定的なのは、プロポーズのやり取り。千明が、いまだにプロポー

ズなんてされたことない、悔しかったらしてみろ!、と和平に命令。すると、

 

    オレと結婚しろ! 吉野千明!

    いやだね!♡

    断りやがって。。

    そうゆう事じゃないでしょ♪

    分かってて言ってんだよ♪

 

 

           ☆          ☆          ☆

ギリギリの会話が絶妙だ。つまり、千明の希望通りに和平がプロポーズして、

それを千明が断ってないのはまず間違いないけど、断ってないということさえ

ボカした表現になってる。和平も、何を「分かってて」、何を「言ってん」のか、

ボカしてあるのだ。

 

もちろん文脈を考えれば、「いやだね」も、「断りやがって」も、単なる仲良しカッ

プルの言葉遊び。本心では、千明がありがたくOKして、和平も喜んでる。普通

はそう考える所だろうが、別の解釈も一応可能。「真面目にプロポーズしないで

よ」、「分かってて、遊びでプロポーズしたんだよ」、という、距離をおいた会話と

も受け取れるわけだ。

 

あくまでファンキーな関係をキープ。だから、夫婦の安定感とは違う、恋人同士

のワクワク、ドキドキ感を持ったままでいられる。

 

ちなみにこの記事の冒頭に引用した、千明のモノローグも同様。誰かと一緒

に、自分の未来に恋をしよう。そう読みたくなる所だけど、1人で自分の未来

に恋をするのもアリ、という風にも読める。

 

 

           ☆          ☆          ☆

たまたま昨日、書店で、27日に発売されたばかりのノベライズ本(蒔田陽平、

扶桑社)を見つけたからチェックすると、アドリブではなく、(ほとんど)岡田の

脚本通りのやり取りのようだ。『ゴーイング マイ ホー』の是枝裕和もそう

だが、実力派のベテランが書く脚本には凄いものがある。

 

その後のスイートな会話も絶妙。ギリギリで宙吊り状態のままなのだ。

 

   他の男と結婚することだけは絶対に許さねぇ! 分かったか!

   分かりました ♡ そんな予定もございませんが♪

 

それでいて、最後はちゃんと「大人のラブシーン」で終了。千明の挑発、逆ナン

パに乗るようにして、和平が抱きとめて、後ろから、立ったまま「あすなろ抱き」。

深読みしないように♪ で、途中は編集でカットして、いきなり朝になる。結局

どうなの?と、全国の視聴者が悶々と興奮して楽しめるわけだ。

 

まあ、真実を見抜く心眼を持ってる大人なら、明らかなことだろう。「猫は見た」、

あるいは、「万里子は聞いた」ってこと。目覚めたばかりの、えりな(白本彩奈)

や、男優の携帯番号を手に「荒野」を目指す典子(飯島直子)も、コッソリのぞ

き見してるかも。。♡

 

 

         ☆          ☆          ☆

それにしても、「ファンキー」とはどうゆう意味なのか。それは、峠を攻めるこ

とだ。そりゃ、ヤンキーだろ! 既に前シリーズの最終回、「最後から二番目

と考えた方がファンキー」という台詞を受けて、私は次のように書いておいた。

 

   Yahoo!で『デジタル大辞泉』(小学館)を読むと、野生的躍動感にあ

   ふれてるとか、けばけばしいとか。けばけばしいと言うと否定的に聞こえ

   るけど、もうちょっと滑稽親しみやすい語感の言葉だと思う。クラブや

   ディスコ(今でもある)で声をかけまくる男はファンキー過ぎるとして、「も

   う1回、本物の恋がある」と思った方が、確かに人生のノリは明るくなる。

 

今回、あらためて英語の「funky」の意味をチェック。「型破りの」、「素晴らしい」

といった意味があるのは予想通りとして、語源にハッとさせられた。「輝く」とい

うのが元の意味なのだ(by Wiktionary)。

 

輝くという状態は、単に非常に明るい状態だけでなく、キラキラした動きとか変

化、ダイナミックなきらめきを感じる。見る側にとっては、ときめきをもたらすもの。

 

最後から二番目の恋と考える方が、次を夢見る輝き、ときめきにつながるから

ファンキー。千明の存在は時々、和平の心の時計を型破りのスピード感で動か

すから、ファンキー。そして、自分の部屋で、千明との実らぬ恋を思い描き続け

る万里子も、独特のファッションも、ファンキーなのだ。

 

私は前シリーズの終盤から見始めたから、その前はほとんど知らない。ただ、

オフィシャル・ガイドブックの名言集で確認すると、和平と金太郎(佐津川愛美)

&秀子(美保純)との三角関係も、ファンキーと呼ばれたらしい♪ 確かにそれ

は、置物みたいなお地蔵様の日常に、型破りの輝きや躍動感をもたらしてくれ

ただろう。千明ほか、野次馬たちにとっても。。

 

 

            ☆          ☆          ☆

さて、ではこの続編ドラマは、「最後のドラマ」なのか、「最後から二番目のドラ

マ」なのか♪ 分からない所がまたファンキーだが、ちょっと考えてみよう。

 

まず、先日行われたファン・ミーティングで、『北の国から』みたいな人気シリー

ズとして続けて欲しいと頼まれた中井貴一は、「続きをやるとするなら、次は

(北海道)富良野で」と応答。するとキョンキョンは、あの有名な主題歌を口ず

さんで会場を盛り上げたそうだ(毎日新聞・まんたんウェブ)。

 

一方、この時にキョンキョンは最終回の撮影直前で、「灰になるまで燃え尽き

たい」とも語ってる。もちろんこれは、超有名マンガ&アニメ、『あしたのジョー』

のラストだ。美青年の主演で2011年にも映画化されたし、ボクシングに興味

ない女性でも流石に知ってるだろう・・・というのは、一部読者の方々へのご挨

拶だったりする♪ 総合マニアック・ブロガーという商売は、多方面への気遣い

が不可欠なのだ。商売じゃないだろ!

 

あしたのジョー(矢吹丈)は最後、白い灰になって、リングのコーナーで座った

まま目を閉じ、うなだれる。死んだ、死んでないという、ファンの熱い論争があ

るけど、テレビアニメとしては10年後に一応、『あしたのジョー2』として甦った

のだ。元のアニメの不足を補う形で。。

 

 

           ☆          ☆          ☆

『最後から二番目の恋』の場合、千明と和平だけ見ると、これで完結でもいい

と思う。まさに2人が激しく闘った後、白い灰になったわけで、終わりの形が出

来てるのだ。The End。

 

でも、さんざん重い病気だと言われて来た、死亡フラグ立ちまくりの真平(坂口

憲二)が何事もないままになってるし、万里子が応募した同性愛(レズビアン)

の脚本の行方も気になる。フツーに考えるなら、見事に優勝、500万円(?)を

ゲットして、千明のプロデュースで映像化される所だろう。で、千明はそのまま

(カメオ?)出演。三角関係の敵役として、和平も出るとか♪ 

 

脚本の仕上げは、ハルカ先生(益若つばさ)が手伝ってくれるはず。そもそも、

今まで千明たちが作って来たドラマ『ビター・シンデレラ』でも、市長(柴田理恵)

が活躍するはず。そこでは、超スイートな『最後から』と違う、苦みを含んだビ

ターな恋物語が展開されるだろう。

 

典子&広行(浅野和之)の荒野夫婦の今後も気になるし、若いミュージシャン

と同棲し始めた祥子(渡辺真起子)、名古屋で元カレとひとまず同棲するらしい

啓子(森口博子)もまだまだファンキー♪ 少なくとも、あと1回スペシャルを作

るのは簡単だと思う。続編の平均視聴率12.9%、最終回13.8%。それなり

の実績も残してる。

 

したがって、岡田はまた脚本を書くのだ。そして最後はまた、千明と和平のプ

ロポーズのやり取り。「もう一度君に、プロポーズ」。で、アホ部長が「他局のド

ラマとカブってるから変更しろ」と言って来るとか♪ 

 

 

           ☆          ☆          ☆

まあ、金八先生=和平の有難いお話にもあったように、部長には部長の現場

があり、スタッフにはスタッフの現場がある。みんな、それぞれの現場で頑張っ

てるのだ。

 

視聴者としては、再び『最後から』の現場が復活することを夢見ながら、それ

ぞれの現場に戻って、ファンキーに生きるしかない。フィクションの世界もいい

けど、自分の未来に恋をしよう。できれば、誰かと一緒に ♡

 

そろそろ私も、ネットという現場から、実生活という現場に戻る時間だ。ホント

はこの後、『T字路』の歌詞の分析・解釈とか書き添えようと思ってたんだけど。

最後はやはり、この言葉しかないだろう。

 

  お達者で・・・♪ ☆彡

 

 

       

cf. アラフィフの明るい切なさ~『続・最後から二番目の恋』第1話

   『続・最後から二番目の恋』第2話、超軽~い感想♪

   『続・最後から二番目の恋』第3話、超軽~い感想

   『続・最後から二番目の恋』第4話、軽~い感想

   『続・最後から二番目の恋』第5話、僅か1600字の感想

   『続・最後から二番目の恋』第6話、軽~い感想&雷雨後ラン

   『続・最後から二番目の恋』第7話、軽~い感想♪

   『続・最後から二番目の恋』第8話、軽~い感想♪

   『続・最後から二番目の恋』第9話、軽~い感想

   『続・最後から二番目の恋』第10話、2300字の感想

 

    ・・・・・・・・・・・・・・・

『続・最後から二番目の恋』オフィシャル・ガイドブック感想&ブラジル・ネイマール

 

                                      (計 5837字)

|

« ブログの日程調整用、超手抜き記事 | トップページ | 王国ブラジルの底力、善戦チリに薄氷のPK勝ち・・ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/59891912

この記事へのトラックバック一覧です: 純白の普段着、ファンキーな結婚~『続・最後から二番目の恋』最終回:

» まるで誰かの夢みたいでファンキーな時計(小泉今日子) [キッドのブログinココログ]
夢の中の時間感覚は時に乱れている。 幼い頃、学生時代、大人になった日々、人生の黄昏がぐだぐだである。 時々、そのふわふわした感覚が覚醒時に起きれば・・・それは危ういわけである。 ドラマは基本的にそういう曖昧な時間を含有している。 終わりのないような物語、いつもと変わらぬ日常に・・・このドラマはリアル... [続きを読む]

受信: 2014年6月29日 (日) 03時47分

» 『続・最後から二番目の恋』 最終回 [美容師は見た…]
まさか、続の続なんて考えてませんよねぇ。万理子の脚本もどうなるか…千明たちのドラマ撮影クランクアップもまだですし。典子のNG25回宅配ピザシーンも観たいじゃないですか(笑)それまで達者に暮らすとしますか~(。ˇε ˇ。)シャンプーボトルの話にせよ、普通の日常生活が自然な... [続きを読む]

受信: 2014年7月 2日 (水) 09時39分

« ブログの日程調整用、超手抜き記事 | トップページ | 王国ブラジルの底力、善戦チリに薄氷のPK勝ち・・ »